キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【21時まで即日OK】今すぐ10万円借りたいならプロミスがベスト!その理由も

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    「今のピンチを脱するために、とにかくすぐ10万円が必要!」

    まさにそんな状況に置かれた方のため、いろんな会社が提供しているのが各「キャッシング」(現金借入)サービスです。
    中でも「プロミス」「アコム」といった消費者金融会社の取り扱うキャッシングサービスは「速さ」「簡単さ」「審査への通りやすさ」に優れていますので、一番の申込先候補となってくれることでしょう。

    今回はとにかく「今10万円ほしい」というあなたのため、考えられる対策をごく簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    「とにかく10万円を簡単に借りたい」なら「プロミス(三井住友銀行グループ)」がベスト


    詳しいことは分からなくとも「とにかく安全に・早く10万円を借りたい」のなら、「プロミス」を選んでおけば間違いないでしょう。
    まずはそう言える理由について、簡単に解説していきます。

    <事前にチェック!クレジットカードのキャッシング枠>

    もしもあなたが「キャッシング枠付きのクレジットカード」をお持ちであれば、新しく審査を受けることなしに必要な借入を済ませられる可能性があります。

    まずは手持ちのクレジットカードの会員ページにアクセスし、現在の利用限度額(利用可能枠)をチェックしてみましょう。
    もしもいくらか「キャッシング枠」があれば、その範囲内で自由な借入が可能。詳細は各カード会社の公式情報をご確認頂くこととなりますが、基本的にはどのカード会社でも、「コンビニATMを使った出金」に対応しているかと思います。

    詳細クレジットカードのキャッシング枠とその確認方法について

    ★クレジットカードのキャッシング枠の審査は「プロミス」等の審査に比べ、時間が掛かる上に難易度も高いです。また多くの場合で借入金利に大きな違いもありません(いずれも年18%くらい)。
    キャッシング枠をお持ちでないのであれば、この方法は諦めた方が良いでしょう。

    ①プロミスは「消費者金融に求められること」すべてをクリア

    大手消費者金融会社(キャッシング専門の会社)は他にもいくつかありますが、その中でも初心者にお勧めしやすいのが「プロミス」
    その理由をまとめると以下の通りです。

    ★「プロミス」のメリット

    早い
    簡単
    • 申し込み~借入まですべてをインターネット上で済ませられる
      (もちろん店舗に出向いても良い)
    バレない
    便利
    • ほとんどの金融機関口座に対し、24時間振込対応
      (メンテナンス時間などを除く)
    安全
    • 三井住友銀行グループ
    おトク
    • 他の消費者金融会社(アコム等)に比べ0.2%低金利
      (ただしおトクさ最優先なら銀行等を選ぶべき)
    • 初回30日間無利息(=金利0%)
    審査に通りやすい

    とにかく「消費者金融会社に求められるポイントは全部満たしている」と言っても過言ではありません
    そのため申込先に迷ったなら、ここを選んでおいて困ることは無いでしょう。

    ★ちなみにカードローンの借入限度額(上限額)は審査結果に応じ、金融機関が設定することとなりますが……。
    少なくともこれまでアンケート調査に協力して下さった「プロミス」申込者55名のうち、「審査に通過したが限度額が10万円未満だった」と回答された方はいらっしゃいませんでした。
    よってプロミスの場合、審査にさえ通過できれば「10万円」はほぼ確実に借りられると言って良いでしょう。

    CHECK【証拠付】プロミス審査経験者7名の詳細口コミ:初めての借入~ブラックまで

    ②あえてデメリットを挙げるなら、銀行に比べ金利が高いことくらい

    「プロミス」についてあえてデメリットを挙げるとするなら、「銀行に比べ金利が高い(上限17.8%/年)」「少し他社借入に厳しい」という点でしょう。

    とは言え金利の高さは「すぐに借りてすぐに返す」ことが可能ならほぼ気になりませんし、他社借入についても既に他の会社(銀行含む)から年収の30%に達するようなお金を借りていないなら、そこまで神経質になる必要はありません。
    (ちなみにここで言う「他社借入」はほぼカードローン・フリーローンに限定され、自動車ローンや住宅ローン、奨学金などは考慮されません)

    また、はじめてキャッシングを利用する上でたまに聞かれるのが「怖い思いをするのでは?」という不安ですが……。
    少なくともこういった大手業者を利用するにあたって、理不尽に怖い思いをすることはまずありませんのでご安心ください。

    要は「現在特に他社でお金を借りていない」「極力早い段階で返済ができる」のであれば、デメリットをほとんど気にせず「プロミス」を利用できるわけですね。

    ★金利(年利)17.8%のプロミスの場合、一ヶ月あたりに発生する利息(サービス料)は「借入額の約1.483%」です。
    (10万円を借りると1ヶ月あたり1,483円前後の利息発生/実際には誤差あり)

    早く返せばその分利息も支払わずに済みますから、できる限り積極的に返済を進めていけると良いですね。
    ちなみに10万円を借り入れる場合の、1ヶ月あたりの「最低返済額」は4,000円です。

    詳細カードローンの金利・利息と返済の仕組み、追加返済(毎月の返済金額)の重要性について

    ★はじめてプロミスを利用する場合、初回借入日の翌日から30日間は「無利息期間」が適用されます。
    金利0%となるこの期間中であれば返済した分だけ借入を減らせますし、もし全額返済が可能であれば1円の利息も支払わずに解約してしまうことも可能です。

    <プロミス以外の消費者金融会社はどう?>

    もちろん「プロミス」以外にも申込先候補となる大手消費者金融会社は存在します。

    参考大手消費者金融5社比較

    上限金利郵送物なしでの借入24時間
    振込※1
    備考
    プロミス17.8%
    (30日間無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    OK
    レイクALSA18.0%
    (60日間無利息または180日間5万円無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    OK
    • 全ATMの手数料無料
    • 他社より若干審査厳しい
    アコム18.0%
    (30日間無利息)
    郵送物回避には来店必須
    口座による
    アイフル18.0%
    (30日間無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    不可
    SMBCモビット18.0%条件厳しめ詳細非公開
    • 無利息サービスなし
      ※1 メンテナンス時間、日曜夜間などの例外あり。また一部金融機関口座は対象外
      申込~借入までに掛かる時間は5社とも「最短1時間」程度(土日祝日を含む)
      ※特に記載のない限りコンビニATM利用時には手数料(110円または220円)発生、スマホATM対応

      単に「早く、簡単に借りる」ことだけを目的とするなら、どの会社を選んでも構いません

      ここでは特に大きなデメリットのない「プロミス」のみを紹介させて頂きましたが……。
      「ATM手数料無料」「<60日間無利息>または<180日間5万円以下無利息>」に魅力を感じるなら「レイクALSA」、その他自宅近くに店舗のある会社などを選んでも問題ありません。

      CHECK消費者金融会社の徹底比較!

      ③おおまかな契約の流れと必要書類

      ここでは参考程度に、「プロミス」(またはインターネット契約に対応している、その他の消費者金融)契約の流れを紹介させて頂きます。

      プロミス「インターネット契約」の流れ

      インターネット(または電話)から申し込み
      即日融資を狙うなら21時までに申し込み完了
      一次審査(おそらく機械審査)
      通過後は書類提出を促すメールが届く
      インターネット上、もしくはスマートフォンアプリで
      必要書類の写真を提出
      ※携帯電話へ申込確認の電話が入る可能性あり
      原則として勤務先への電話確認(在籍確認)あり
      (相談次第で回避可)
      本審査通過メール
      (ここまで申し込みから最短30分)
      メールに添付のURLからネット上で契約手続き
      カード発行希望の選択など
      契約完了
      振込融資または「スマホATM」での借入が可能に
      (ここまで最短1時間程度)
      ローンカードの郵送(希望者のみ)
      ※希望によっては無人店舗または有人店舗窓口を使った申込・契約も可能です。
      「プロミス」契約に必要な書類の一覧を見る(クリック/タップで開きます)

      ★「プロミス」必要書類の詳細(他の大手消費者金融会社も大差なし)

      提出が必要な方該当する書類
      本人確認書類全利用者運転免許証
      無ければパスポートまたは健康保険証

      ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと
      来店契約の場合、「健康保険証」のみでの申込不可。以下の住所確認書類を追加で用意すること

      住所確認書類
    • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
    • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
    • 以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

    • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
    • 社会保険料の領収書
    • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
    • 現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

      収入証明書類限度額50万円超の場合
      またはプロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合
      以下のいずれか1点

    • 源泉徴収票(最新のもの)
    • 確定申告書(最新のもの)
    • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    • 税額通知書(住民税決定通知書/最新のもの)
    • 所得(課税)証明書(最新のもの)
    • 勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
      勤務先の休業中に審査を受けたい場合
    • 最新の給与明細書
    • 社会保険証、組合保険証など勤務先の確認できる保険証
    • その他、応相談

      その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
      ※主に消費者金融会社、またはクレジットカードのキャッシング枠
      何かやるべきこと(書類提出など)があれば電話やメールで連絡が入りますから、特に申込~契約の流れを覚える必要はありません。
      とは言え極力スムーズに契約を結ぶためには、金融機関からの連絡を見逃さないよう気を配っておけると良いですね。

      ★審査や契約の過程についてもっと詳しく知りたい、という場合には以下のページを参考にしてみてください。

      CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
      CHECKプロミスに聞いた!現在の審査時間は「9時~22時」:即日融資対応は何時まで?
      CHECKプロミスは時間や曜日を「ほぼ」問わない即日振込に対応!例外時間&その対策も
      CHECK【証拠付】プロミス審査経験者7名の詳細口コミ:初めての借入~ブラックまで
      CHECKプロミス申込者55名に聞く!審査に落ちた理由はほぼ他社借入?
      CHECKプロミスの審査は甘い?アンケート調査から見る審査傾向:年収70万の通過例も
      CHECKアルバイトのプロミス申込者4名に聞いた!審査時の年収、限度額、在籍確認他

      時間や手間をいとわないなら、銀行から借りるのもアリ


      プロミスやアコムは「銀行グループ(子会社)の消費者金融会社」なのですが……。
      今は一個人であっても、銀行から直接お金を借りることはさほど難しくなくなりました
      そのため「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」といった都市銀行に加え、全国各地の地銀(あるいは信金など)のカードローン商品も、もちろん申込先の選択肢に入ります。

      ここからはそんな「銀行カードローン」利用を検討するにあたっての、メリット・デメリットについてお話ししていきます。

      ①銀行から借りるメリットはやはり「低金利」と「安心感」

      借入先に消費者金融ではなく銀行を選ぶ理由は、やはり「安心感」そして「低金利」の2つでしょう。特に普段から口座を使っている銀行であればいくらか気軽に申し込めますし、「銀行」の名が付くローンであればそのほとんどが、消費者金融に比べ3%以上低金利となります。
      (主に借入額100万円未満の際に適用される上限金利/最高金利を見て比べた場合)

      ここでは参考として、全国の大手銀行カードローンの基本情報をまとめてみました。

      ★大手銀行カードローンの基本情報

      上限金利借入までの必要日数契約方法
      三菱UFJ銀行「バンクイック」
      ※来店契約(運転免許証必須)で郵送物回避可
      14.6%最短1営業日(来店時)
      • 来店(運転免許証必須/テレビ窓口)
      • 郵送
      三菱UFJ銀行「マイカードプラス」14.6%2週間程度
      • 郵送
      三井住友銀行カードローン
      ※来店または口座所持で郵送物回避可
      14.5%最短1営業日
      • インターネット
      • 来店(ローン契約機)
      みずほ銀行カードローン14.0%数営業日~
      • インターネット
      • 来店(窓口)
      • 郵送
      りそな銀行カードローン12.475%数営業日~
      • インターネット
      • 来店(窓口)
      • 郵送
      横浜銀行カードローン14.5%最短1営業日
      • インターネット
      • 郵送
      • FAX
      千葉銀行「クイックパワー<アドバンス>」14.8%数営業日~
      • インターネット
      • 郵送
      • FAX
      千葉銀行「プレミアクラス」
      ※高難易度
      5.5%2週間程度
      • 来店(窓口)
      • 郵送
      静岡銀行「セレカ」14.5%最短1営業日
      • インターネット
      常陽銀行「キャッシュピット」14.8%最短1営業日
      • インターネット
      • 郵送
      • FAX
      七十七銀行「77カードローン」
      ※軽い勤続年数・収入制限あり
      11.0%数営業日~
      • インターネット
      • 来店(窓口)
      • 郵送
      • FAX
      七十七銀行「77スマートネクスト」14.8%数営業日~
      • インターネット
      • 郵送
      • FAX
      京都銀行「カードローンW」11.975%1週間~
      • 来店(窓口)
      • 郵送
      福岡銀行カードローン14.5%1週間~
      • インターネット
      • 来店(窓口)
      • 郵送
      特に記載のない限り、郵送物の送付は避けられません。

      金利にバラつきはありますが、いずれも上限15%未満。上限金利18%程度の消費者金融会社に比べれば、月当たりの利息を2割ほど抑えられる計算となりますね。

      参考銀行カードローンと消費者金融会社の利息比較

      10万円を30日間借入10万円を借り、月1万円ずつ返済した場合の総支払額例
      三井住友銀行カードローン
      (金利14.5%)
      1,191円107,263円
      プロミス
      (金利17.8%)
      1,463円109,091円

      ②ただし即日審査・即日融資には対応していない上、借入先によっては契約に手間も掛かる

      消費者金融会社に比べ、おトクに借りやすい銀行カードローン。
      ですが上の表をご覧になっても分かる通り、銀行カードローンは消費者金融会社に比べ借入までに時間や手間が掛かりやすくなっています。

      2017年までは消費者金融顔負けのスピード融資を行う銀行も多かったのですが……。
      2018年からは全銀行に、審査の際「申込者が反社会勢力と関わりが無いか確かめる」ための警察庁データ照会が必須となってしまいました。
      そしてどうやらこの照会、最低でも1日ほどの時間を要する上、平日の夕方くらいまでしか行われていないようなんですね。そのため現在、銀行カードローンにて即日融資を受けることはできません

      また

      • 自宅への郵送物回避がほぼ不可(三井住友銀行、三菱UFJ銀行バンクイック除く)
      • 地方銀行等だと、インターネット契約に対応していないことも多い(=郵送や来店での手続き必須)

      といったユーザーサービス面での問題も少なくないため、「とにかく早く・簡単に借りたい」という希望とは相性が悪いかも。

      このあたりは「どちらを選んでも一長一短」と言わざるを得ませんので、重視したいメリットに合わせて申込先を決めるのが良いでしょう。

      ★主な銀行カードローンとプロミスの比較

      上限金利必要時間郵送物回避
      三井住友銀行
      ※口座開設不要
      14.5%最短1営業日条件付きで可
      (来店または同銀行口座所持)
      楽天銀行
      ※口座開設不要
      14.6%1週間程度不可
      みずほ銀行14.0%数営業日~不可
      プロミス17.8%最短1時間程度可(特に希望しない限り郵送物なし)

      まとめ


      • とりあえず急いで10万円を借りたいなら、今のおすすめは「プロミス」
        消費者金融会社らしくスピーディかつ低難易度で借りられるのはもちろん、他社に比べても「家族へのバレにくさ」「24時間振込サービス」等の面で優れる
      • いつもの銀行を使ってお金を借りても良いが、金利の低さで優れる一方で時間や手間が掛かりやすい点は知っておきたい

      一見数が多く、選びにくそうなキャッシングサービスですが……。
      「デメリットの少なさ」あるいは「いつも使っている金融機関」といったポイントを中心に据えれば、おのずと候補は絞られてくるはずです。
      あとは「お金が必要なのはいつか」「郵送物を避けたいか」等を考慮した上で、あなたに合った申込先を見つけてみてください。

      監修者からのコメント
      飯田道子先生 飯田道子先生
      /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

      初めての借入に不安はつきもの。そんな不安が吹き飛んでしまいそうなのがプロミスです。アンケートの結果を踏まえても審査に通れば全員が10万円以上の融資に成功しています。希望しなければ郵送物はありませんし、即日融資が可能なのは嬉しいですね。とはいえ金利は高め。できるだけ低金利での借り入れを目指すなら、銀行に申し込みましょう。ただし郵送物は不可避で融資に時間がかかります。金利やスピード等を考慮して、借入先を選んでみては?

      CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
      CHECK【初めてのプロミス】問合せに基づく即日借入の条件とよくある不安・疑問について
      CHECKおすすめの銀行カードローンとその選び方
      CHECK自宅への郵送物を避けられるカードローンについて


      この記事でチェックしたカードローン情報

      プロミス (基本情報)
      実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
      保証料なし審査時間最短30分
      融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
      備考
      • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
      • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
        ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
      • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
      • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
        深夜早朝でも振込みキャッシングOK

      

      カードローン診断ツール

      「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
       
      そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
       
      匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
       

      【Q】今日・明日中に借りたい

      アンケートにご協力お願いします

      カード名*
      審査結果*
      コメント