【10万円借りたい】審査なし・年収100万円未満ブラックでも使える方法とそのリスク

    【10万円借りたい】審査なし・年収100万円未満ブラックでも使える方法とそのリスク
    「何とかして今、10万円ほど手元に必要。
    けれどとてもローンの審査になんて通れる状況じゃない…」

    結論から言うと、「信用が要らない(=無審査の)」金策ほど利用リスクは高いです。
    が、背に腹は代えられない状況に置かれた方も決して少なくはないでしょう。
    また「自分はマトモな業者の審査に通れない」…と思い込んでいるだけの方も珍しくはありません。

    そこで今回は何らかの事情あってお金を必要とするあなたのため、

  • デメリットがあったとしても無審査で借りられる方法
  • 年収や信用情報に問題があっても借りられる方法
  • 問題が小さい場合の安全に借りられる方法
  • について簡潔にまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    1分でチェック!状況別の「10万円を借りる」主な方法

    1分でチェック!状況別の「10万円を借りる」主な方法
    基本的に、安全な借入方法を利用できるかどうかはあなたの信用(客観的に見たとき、借りたお金を返せそうかどうか)によります。
    …とは言え実際、あなたがどれくらいの「信用」を持っているかは判別しづらいですよね。

    ということで、まずは主な金策と、それに求められる信用や条件を簡単にまとめました。

    ★主な「10万円を借りる」方法とその条件
    銀行カードローン等
    【安全】
    • 金利低め
      (月1.2%程度)
    • 意外と年収200万円未満のアルバイトでも審査に通れる
      ┗ただしブラック状態だと厳しい
    • 借入まで1週間~掛かることが多い
    • 未成年、無職不可
      ┗申込先を選べば専業主婦はOK
    消費者金融系カードローン
    【安全】
    • 金利は月1.5%程度
    • 申込先を選べば「年収100万円未満のブラック」でも審査に通れたりする
    • 最短1時間融資
    • 未成年、無職不可
    質屋
    【安全】
    • 金利は借入額等による
      ┗10万円以下なら一般に消費者金融より高金利
    • 完全無審査
      ┗無職でも多重債務者でも滞納中でもOK
    • 担保にできる品物が必要
    • 18歳未満は不可
      ┗店によっては全未成年者不可
    • 最短30分以内で融資
    行政の支援制度
    【安全】
    • 無金利またはごく低金利
    • 審査はあるが、民間の業者とは基準が大きく異なる
      ┗コロナ禍を理由とした収入減等なら、比較的審査に通りやすい
    クレジットカードショッピング枠等の現金化
    【規約違反】
    • 「借入」ではない
    • 完全無審査
      ┗ただし決済枠があることが前提
    • クレジットカード会社などにバレると利用停止等
    • 非推奨
    ソフト闇金
    【違法】
    • 「明朗会計」をアピールし違法金利を課す業者のこと
    • 利用は非推奨
    個人間融資
    【違法ではないがハイリスク】
    • SNS等を通しお金を融通してくれる人を探す方法
    • 何が起きるか分からないので非推奨
    闇金
    【違法】
    • 「無審査キャッシング」「誰にでも貸します」等をうたうのは大体これ
    • 高金利を支払ったところでトラブルになりがちなので非推奨
    ※その他クレジットカードのキャッシング枠(要審査)、生命保険を担保とした借入、定期預金を担保とした借入等の手段あり

    当たり前ではありますが、安全な方法が取れるならそれに越したことはありません。

    ブラック状態や年収100万円未満という状況でも、意外と正規業者のカードローンは利用可能
    あなたが収入を得ている成人なら、最低限の利用条件は満たしています。
    まずは安全な借入方法からチェックしてみましょう。

    CHECK意外と「ブラックかつ年収100万円未満」でも正規のカードローン審査に通れたりする
    CHECK特にブラック状態などの事情がないなら、年収が高くなくても銀行等から借りられる

    一方、

  • 無職である(専業主婦を除く)
  • 未成年者である
  • カードローン滞納中など、どうやっても審査に通れない状況にある
  • といった場合には、何らかのデメリットのある金策が視野に入ってきそうです。

    CHECK「完全審査なし」で10万円を借りる方法はある?5つの手段のメリットとリスク

    参考主な「ブラック」入り要件
    (1)何らかの後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、分割払い等)の支払いを2ヶ月以上延滞し、その解消・解約から5年以内である
    (2)何らかの後払いサービスで、5年以内に強制解約処分を受けた
    (3)5年以内に債務整理をした
    ┗任意整理の場合は「残債の清算から」5年間ブラックとなる場合があるため注意
    ※1ヶ月~2ヶ月未満程度の延滞は「ブラック未満のキズ」として記録される場合がありますが、カードローンの審査であればさほど影響しません。
    ※上とは別に、「現在進行形でカードローン延滞中」での審査通過は厳しくなります。
    (ただしクレジットカード、携帯料金等の延滞であれば、申込先によっては問題ないことも多い)

    「完全審査なし」で10万円を借りる方法はある?5つの手段のメリットとリスク

    「完全審査なし」で10万円を借りる方法はある?5つの手段のメリットとリスク
    まずは、

    • 無職である(専業主婦を除く)
    • 未成年者である
    • カードローン滞納中、破産手続き中など、どうやっても審査に通れない状況にある

    といった状況に置かれている方のための、何らかのデメリットのある金策についてお話しさせて頂きます。

    ★上に挙げた条件に該当しない場合(ブラック状態の方等含む)には、正規業者のカードローン等をご利用ください。

    ①質入れできるものがあるなら「質屋」の利用が最も安全

    無審査での借入には何かしらの危険やデメリットが伴うもの。
    都道府県などの許可を得て営業する、正規業者「質屋」を利用する場合もその例外ではありませんが…。

    「質屋」を利用する上のデメリットは、(金利の高さに目をつぶれば)「担保になる価値がある物品が必要」という一点に尽きます。
    逆に言うと、これさえクリアできるなら正規の方法で、安心して借りられるわけですね。

    担保として預けられる(=「質入れ」の対象となる)のは、

  • ブランドバッグ
  • 高級時計
  • などが一般的とされますが、最近は「ゲーム機」「電化製品」等にも対応してくれるお店が多いです。

    「価値ある物品」さえ用意できれば申込者の信用や支払い能力は一切問われませんので、条件付きではありながら「安心して利用できる最後の金融機関」と言っても良いだろうと思います。

    ★ただし質屋で10万円を借りるためには、「売った時に10万円+αの価値を持つ」物品の預け入れが必要です。

    質屋のシステムや使い方について詳しくは、以下の個別ページをご覧ください。

    CHECK1分で分かる!質屋でお金を借りるための説明書:返済猶予や低金利借入のテクニックも

    ②クレジットカードやキャリア決済枠の現金化は、「借入」ではないがリスク大

    ここからは、リスクの大きい金策を、利用は推奨できないものとしてご紹介いたします。

    あなたが特に「質入れ」できる物を持っていない、かつ「クレジットカードのショッピング枠」「携帯キャリアの決済枠」(docomo払い等)をお持ちなら、これを買い取ってくれる業者を利用するという手がないわけではありません。
    いわゆる「現金化」ですね。

    主な利用の流れとしては、

    • お手持ちのクレジットカード等を使い、業者指定の物品(あるいはAmazonギフト等)を購入
    • 手数料を差し引き、購入した物品を買い取ってもらう
    • あなたの手元には「決済枠-手数料」の差額が残る

    …といった形となります。
    手数料はまちまちですが、クレジットカードを使う場合であれば購入額の10%前後が一般的でしょうか。

    一見すると業者は手数料を獲得でき、あなたは現金を獲得できるwin-winの関係に思えますが…。

    こういった「現金化」取引は、すべてのクレジットカード会社や携帯キャリアの規約によって禁止されています。

    法律にこそ触れないものの、こういった行動を複数繰り返せば、カード会社の自動追跡システム等によりカードの利用停止等に追い込まれる例は少なくありません。

    利用は自己責任とも言えますが…。
    クレジットカードや携帯電話を失うリスクは、10万円の代償としては大きすぎるでしょう。

    ③最近話題の「ソフト闇金」って?当然おすすめできる方法ではない

    一応「違法」ではないクレジットカードショッピング枠等の現金化に対し、どう考えても法律に反しているのが「ソフト闇金」と呼ばれる業者です。

    ソフト闇金とは、簡単に言うと「もともと違法金利を提示し、明朗会計な取引をうたう」業者のこと。
    要は普通の闇金(後述)と違い、「高金利以外の問題(個人情報の売却、押し貸し等)はありません」というわけですね。

    法律の後ろ盾がないことから、当然おすすめできる方法ではありません。
    ソフト闇金の指定期間内で確実に返済が可能なら、正規のカードローンの審査を受けたほうがいいでしょう。

    CHECKソフト闇金とは?証拠付き・借入体験談とその利用リスク

    ④何が起こるか分からない「個人間融資」は下手をすればソフト闇金より危ないかも

    その他、最近はSNSやインターネット掲示板などで「お金を貸してくれる・借りてくれる」人を募集するような個人間の取引も見られますが…。

    こちらは一個人を相手にする分、ソフト闇金より「何が起こるか分からない」部分が大きく、個人的にはおすすめできません。

    個人間融資では、その信用を担保するため本人確認書類などを貸し手に提示するのが一般的。

    「誰ともわからない、なぜかお金を貸してくれる人」に個人情報等を渡すことで、取り返しの付かない事態に発展することは十二分に考えられるでしょう。

    参考個人間融資ってどうなの?現状は詐欺やヤミ金と紙一重

    ⑤「誰にでも貸します」「無審査・即日キャッシング」は言うに及ばず非推奨

    その他、個人間融資とは別に「誰にでも貸します」「無審査・即日キャッシング」といった文面をインターネット上、あるいはチラシ等で目にすることがあります。
    これはいわゆる「闇金」のものですね。

    先述の「ソフト闇金」(の中でも優良とされるものに限る)との違いは、

    • お金を期限内に返したところで「押し貸し」やいやがらせ等の問題を起こすことがある
    • 仮にお金を返せないと、口座売却などの犯罪に手を染めることを求められる
    • 個人情報が知らないところで売却されている場合がある

    …といったところ。
    「いくら高金利でも期限内に返せばいいんだろう」…というわけではありませんので、こういった業者を利用するのはやめましょう。

    闇金と手を切るために弁護士などの専門家に頼る羽目になれば、余計お金も掛かりますしね。

    CHECK【ヤミ金の手口と体験談】暴利より大きなリスクと危険性!すぐ返せばOK…は誤り

    意外と「ブラックかつ年収100万円未満」でも正規のカードローン審査に通れたりする

    意外と「ブラックかつ年収100万円未満」でも正規のカードローン審査に通れたりする
    ここからは、「審査上の不安要素はあるが、100%審査に通過できないわけではない」という方のための借入方法についてお話しさせて頂きます。

    ①これまで確認できた、属性や信用情報に問題のある方の審査通過情報

    さて、まずは実際に、正規・合法のカードローン審査に通過できたという方の状況をご覧頂きましょう。

    ★これまで確認済みの審査通過例
    属性契約内容
    SMBCモビット
    • 年収30万円
    • アルバイト(0年)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    アコム
    • 年収40万円
    • パート(1年)
    • 5年以内にクレカ等の長期延滞
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    アイフル
    • 年収50万円
    • 学生アルバイト(1年)
    • 金利18.0%
    • 限度額10万円
    アイフル
    • 年収180万円
    • アルバイト(1年)
    • 他社債務計78万円(43%)
      ┗アコム63万円
      ┗ショッピングリボ15万円
    • 金利18%
    • 限度額6.4万円
    キャネット
    • 年収180万円
    • 派遣社員(1年)
    • 他社債務1社13万円
    • 5年以内にクレカ等の強制解約処分
    • 5年以内にクレカ等の長期延滞
    保証人を付ければ融資可
    アコム
    • 年収250万円
    • 会社員(2年)
    • 5年以内にクレカ等の強制解約処分
    • 5年以内に債務整理
    • 金利18%
    • 限度額16万円
    • 直前にモビットで審査落ち
    アイフル
    • 年収264万円
    • 会社員(8年)
    • 他社借入3社計250万円
      ┗常陽銀行50万円
      ┗プロミス50万円
      ┗筑波銀行150万円
    • 金利18%
    • 限度額22万円
    キャネット
    • 年収270万円
    • 会社員(1年)
    • 1年半前に自己破産、その他長期延滞など
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    フクホー
    • 年収350万円
    • 会社員(3年)
    • 5年以内に自己破産
    • 他社借入2社60万円
    • 金利18%
    • 限度額20万円
    大手消費者金融(正規・合法)
    中小消費者金融(正規・合法)

    こう見てみると、正規・合法の会社であっても意外と審査に融通が利くことが分かりますね。
    また例外はありますが、審査にさえ通れれば大体10万円の借入枠は確保されます。

    もちろん年収100万円未満の方、ブラック状態の方誰しもが審査に通過できているというわけではありませんが…。

    あなたが上に挙げた方と近い状況にあるのなら、あえてリスキーな手段を取る必要もないでしょう。
    まずは正規の金融機関へ申し込みを行いたいところです。

    ②各消費者金融会社の審査傾向一覧

    これまで実施した多数のアンケート調査などを元に主な消費者金融会社の審査傾向をまとめると、以下のようになります。

    ★各消費者金融の審査傾向+α
    アコム
    • ブラック状態に比較的寛容
      ┗ただし5年以内の破産は不可
    • ブラック+他社借入ありでの通過を複数確認
    アイフル
    • 他社債務に比較的寛容、ブラックの通過報告もあり
      総量規制にさえ触れていなければ、債務総額が年収の80%超でも通過可能性あり
    • 在籍確認なし
    レイクALSA
    • ブラックでの通過報告もあるが、成約率(≒審査通過率)が他社より低いので原則非推奨
    • ユーザーサービスは◎
    プロミス
    • 複数の他社借入に厳しい
    • ブラック+他社借入ありは確認できている限りすべて審査落ち
    • ユーザーサービスは◎
    SMBCモビット
    • 信用情報問題に厳しい
    • 他社債務には比較的寛容
      ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
    キャネット(北海道)
    • 破産5年以内でも対応
    • 中小には珍しく、国保での通過例が多い
    • 関東等からも申込可
    アムザ
    • 破産5年以内でも対応
    • 中小には珍しく、アルバイトOKの明記あり
    • 在籍確認なし
    スペース
    • 破産5年以内でも対応
    • おまとめ、大口融資に強い
    • 審査に時間が掛かりやすい
    大手消費者金融(正規・合法/原則破産者不可)
    中小消費者金融(正規・合法)

    基本的にはあなたの、審査上の不安要素に応じた申込先を選ぶと良いでしょう。

    ★上に挙げた申込先候補はいずれも法律上の「貸金業者」にあたります。
    そしてこれらの業者では法律の制限上、貸金業者(消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠)からすでに年収の3分の1に達するお金を借りている場合、返済能力にかかわらず審査に通過することは原則としてできません
    あらかじめご承知おきください。

    CHECK【多重債務者の即日融資】総量規制対象外/例外となる4つの条件とその他の手段

    「カードローン滞納中」「他社借入多数」という状況なら「債務整理」の検討が現実的か

    ブラック状態、低年収といった状況でも審査に通過できることのある各消費者金融会社ですが…。

    残念ながら、

  • 他社からのカードローンを延滞中
  • 債務整理の手続き中
  • すでに総量規制の制限に達している
  • 審査上の問題あり+国保(中小業者の場合)
  • …といった状況だと、どこの業者の審査にも通れないことが一般的です。

    この場合には借入を諦めてなんとか別の手段を探すか、債務整理(無審査)を検討するのが妥当なところでしょう。

    CHECK【2社を任意整理した体験談】掛かった費用と手続きの流れ、その後の信用情報

    特にブラック状態などの事情がないなら、年収が高くなくても銀行等から借りられる

    特にブラック状態などの事情がないなら、年収が高くなくても銀行等から借りられる
    あなたの収入が決して高くないとしても、

    • 成人である
    • アルバイト等の形で収入を得ている、または配偶者の扶養に入っている
    • いわゆるブラック状態でない

    …といった状況であれば、審査の甘さだけではなく「貸付条件やサービスの良さ」を理由に申込先を選ぶことができるでしょう。
    主な申し込み先候補は以下の通りです。

    ★主なカードローン申し込み先候補
    レイクALSA
    • 上限金利18%
      (月1.5%程度)
    • 最短1時間融資
    • 60日間無利息または180日間5万円無利息
      ┗ネット申込みの場合
    • 郵送物回避◎
    • ユーザーサービス◎
    プロミス
    • 上限金利17.8%
      (月1.48%程度)
    • 最短1時間融資
    • 30日間無利息
    • 郵送物回避◎
    • ユーザーサービス◎
    三井住友銀行カードローン
    • 上限金利14.5%
      (月1.20%程度)
    • 最短翌営業日融資
    • 来店時のみ郵送物なし
    • 口座開設不要
      ┗ただしあった方が便利
    楽天銀行スーパーローン
    • 上限金利14.5%
      (月1.20%程度)
    • 借入まで1週間~
    • 口座開設不要、かつ任意の口座で返済可
    三菱UFJ銀行バンクイック
    • 上限金利14.6%
      (月1.21%程度)
    • 最短2営業日融資
    • 来店時のみ郵送物なし
      ┗要運転免許証
    • 口座開設不要
      ┗ただしあった方が便利
    その他普段使っている銀行のカードローン等
    • 上限14.5%程度が一般的
    • 申込先によっては融資に時間が掛かったり、来店契約を求められるので注意
    大手消費者金融(特にサービスがよいもの)
    銀行カードローン

    「今日中に借りたい」「家族などに知られず借りたい」とお考えなら「レイクALSA」「プロミス」
    金利の低さを重視したいなら銀行カードローンへの申し込みが有力となるでしょう。

    ちなみに上に挙げたようなカードローンの最低限度額は、10万円というのが一般的です。
    (=審査にさえ通れれば、最低でも10万円は借りられる)

    CHECK忖度なし!おすすめ低金利おまとめローンランキング:審査結果&金利10%未満の成功例も
    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他
    CHECK【年収100万円~】銀行カードローン申込者50名に聞いた!審査の甘い銀行と体験談

    参考三菱UFJ銀行「バンクイック」審査通過データ(抜粋)
    属性契約内容
    • 年収100万円
    • パート
    • 金利14.6%
    • 限度額10万円
    • 年収220万円
    • アルバイト(10年)
    • 他社借入2件計60万円
    • 金利14.6%
    • 限度額10万円
    • 年収400万円
    • 会社員(5年)
    • 他社債務3社180万円
      (貸金業者2社80万円、リボ100万円)
    • 金利14.6%
    • 限度額50万円

    【コロナ禍】業者から借りられないときに使えるかもしれない、行政の支援制度って?

    【コロナ禍】業者から借りられないときに使えるかもしれない、行政の支援制度って?
    その他、あなたが何らかの事情あって民間の金融機関の審査に通過できないような状況ならば、行政の支援制度を使えるかもしれません。

    特に生活が傾いた理由が新型コロナウイルス感染症にあるのなら、現在の「生活福祉資金貸付制度」は利用しやすいだろうと思います。

    ★生活福祉資金貸付制度の対象
    低所得者世帯必要な資金を借りられない世帯
    主に市町村民税が非課税となっている世帯
    障害者世帯障害者手帳(身体・精神)、養育手帳の交付を受けた人が暮らす世帯
    高齢者世帯65歳以上の高齢者が暮らす世帯
    特例新型コロナウイルス感染症拡大を受け収入が減少し、緊急かつ一時的な借入が必要な世帯
    【2021年11月末まで】
    新型コロナウイルス感染症拡大を受け収入が減少し、収入減少が長期にわたるために借入が必要な世帯
    【2021年11月末まで】

    生活福祉資金貸付制度について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK【体験談から見る】生活福祉資金貸付制度とは:審査で断られた場合の対策もチェック

    ★病気(精神的なもの含む)や怪我などで生活に十分な収入を得ることが難しい場合などには、生活保護への申し込みも視野に入ります。

    CHECK1分で分かる!生活保護受給者の義務とデメリット:相談・申請方法~よくある質問も

    その他「住居確保給付金」など、生活困窮者に対する支援制度は多数存在しますので、お住まいの自治体の福祉窓口に問い合わせなどを行ってみるのも良いでしょう。

    【審査あり・なし】10万円借りたい場合の申込先候補まとめ

    【審査あり・なし】10万円借りたい場合の申込先候補まとめ

    ★主な「10万円を借りる」方法とその条件
    銀行カードローン等
    【安全】
    • 金利低め
      (月1.2%程度)
    • 意外と年収200万円未満のアルバイトでも審査に通れる
      ┗ただしブラックだと厳しい
    • 借入まで1週間~掛かることが多い
    • 未成年、無職不可
      ┗申込先を選べば専業主婦はOK
    消費者金融系カードローン
    【安全】
    • 金利は月1.5%程度
    • 申込先を選べば「年収100万円未満のブラック」でも審査に通れたりする
    • 最短1時間融資
    • 未成年、無職不可
    質屋
    【安全】
    • 金利は借入額等による
      ┗10万円以下なら一般に消費者金融より高金利
    • 完全無審査
      ┗無職でも多重債務者でも滞納中でもOK
    • 担保にできる品物が必要
    • 18歳未満は不可
      ┗店によっては全未成年者不可
    • 最短30分以内で融資
    行政の支援制度
    【安全】
    • 無金利またはごく低金利
    • 審査はあるが、民間の業者とは基準が大きく異なる
      ┗コロナ禍を理由とした収入減等なら、比較的審査に通りやすい
    クレジットカードショッピング枠等の現金化
    【規約違反】
    • 「借入」ではない
    • 完全無審査
      ┗ただし決済枠があることが前提
    • クレジットカード会社などにバレると利用停止等
    • 非推奨
    ソフト闇金
    【違法】
    • 「明朗会計」をアピールし違法金利を課す業者のこと
    • 利用は非推奨
    個人間融資
    【違法ではないがハイリスク】
    • SNS等を通しお金を融通してくれる人を探す方法
    • 何が起きるか分からないので非推奨
    闇金
    【違法】
    • 「無審査キャッシング」「誰にでも貸します」等をうたうのは大体これ
    • 高金利を支払ったところでトラブルになりがちなので非推奨

    一口に「10万円を借りる」といっても、利用できる方法はその人の状況によって異なります。

    まずは自身の置かれた状況を振り返ってみた上で、できる限り条件の良い、安全な方法を選んでいけると良いですね。

    


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。