キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【アコムVSアイフル徹底比較】違いは「利便性」と「在籍確認」「カード無し契約」

    【アコムVSアイフル徹底比較】違いは「利便性」と「在籍確認」「カード無し契約」
    「名前を知っている会社でお金を借りてみたいけれど、<アコム><アイフル>はどう違うの?」

    答えから言うとこの2社、無関係な会社ではあるものの取り扱っているカードローンの内容はそっくり。と言うより、金利や貸付条件(利用できる人)といった基本情報の面では全く同じと言っても過言ではありません。
    が、よくよく調べていくと「借入や返済の便利さ」「審査の際に必要になる<在籍確認>の対応」などの細かな違いが見えてきます。

    今回は大手消費者金融会社「アコム」「アイフル」について、その共通点と違いを分かりやすくまとめました。
    読み終えていただければ、あなたが申し込むべきカードローンが分かります。

    アコム (基本情報)
    実質年利3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断あり(3秒)
    備考
    • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日の翌日から30日間)
    • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
    • カードにクレジット機能が付けられる

    アコムとアイフル徹底比較!カードローンの基本スペック編

    まずは、アコム・アイフルがどういったカードローン(限度額の範囲内で何度でも借りられるローン)を取り扱っているのか、簡単に見てみましょう。

    ①金利や無利息サービス等、基本情報はほぼ同じ

    結論から言うと、アコムとアイフルが取り扱うカードローンの、基本的な内容はほぼ同じです。

    ★アコム・アイフルの取り扱いカードローン比較

    アコム「カードローン」アイフル「キャッシングローン」
    金利
    3.0%~18.0%※1
    (審査による)
    利用限度額
    1万円~800万円※2
    (審査による)
    審査スピード
    最短30分
    融資スピード
    最短1時間程度
    その他
    契約日の翌日から30日間無利息サービス
    ※1 初回契約時の多くは上限となる18%が適用
    ※2 総量規制により、年収の3分の1を超える借入不可。実際、初回契約時は10万円~50万円程度が適用されることが多い

    上の5項目について、「アコム」「アイフル」の間に違いは一切ありません
    と言うわけで、基本スペック(借入条件)だけを見れば「どちらの会社を選んでも全く同じ」ということになります。

    ★カードローンにおける金利と利息(手数料)の概要と、その計算方法については以下のページをご覧ください。

    CHECKアコムの金利と利息について
    CHECKカードローンの金利・利息の総まとめと早期返済の重要性

    ②申し込み条件も全く変わらず、審査難易度にも大差は無さそう

    また、「アコム」「アイフル」の間には申し込み条件についてもほとんど同じものとなっています。

    ★2社の申し込み条件比較(公式HPより引用)

    アコム20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    アイフル満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

    どちらの会社も公式HPにて「パート・アルバイトOK」等を公言していること等を見ても、2社の審査難易度に大きな違いは無いと言って良いでしょう。
    これを裏付けるように、月刊消費者信用者に掲載されている2社の審査通過率はどちらも50%程度と、近しいものになっています。

    というわけで基本スペックの上で特に違いの無いこの2社。
    単に「とにかくお金を借りたい」という状況であるなら、2社のうちどちらを選んでも差し支えないということになります。

    ★ただ、実際の利用者からは「既に他社で借入がある状態なら、アイフルの方が通りやすい」といった意見が寄せられています。
    審査について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKアコムは低収入・アルバイトでも通過例多数:審査の内容や所要時間は?
    CHECKアイフルの審査通過条件を体験談から読み解く!審査は柔軟な上、ネット契約可能

    <審査に自信があるのなら、アイフル「ファーストプレミアムカードローン」は要チェック>

    「アコム」「アイフル」が取り扱いカードローンの基本情報に、大きな違いが無いとはすでにお話しした通りですが……。
    これはあくまでメインとなるカードローン商品を利用する場合の話。というのも「アイフル」は一般的なカードローン商品「キャッシングローン」の他に、「ファーストプレミアムカードローン」という別商品を取り扱っているんですね。

    この「ファーストプレミアムカードローン」は語感の通り、ちょっと特別かつ上質なローン商品。
    と言うのもこのローン、通常のアイフル「キャッシングローン」はもちろん、一般的な銀行カードローンをも大きく下回る低金利「3.0%~9.5%」を実現させているんです。
    (一般銀行カードローンの上限金利は14.5%くらい。都市銀行の中で最も低金利なりそな銀行でも、上限金利は12.475%)

    ただしその分審査難易度は高く、申込みには最低でも300万円、高い確率での審査通過を狙うなら400万円くらいの年収が求められるところ。年収200万円未満のアルバイトでも十分に審査に通過できる「キャッシングローン」(一般ローン)に比べると大きな違いがあります。

    が、もしもこの条件を満たしているのなら、非常に優秀なローンであることは確か。
    審査に自信があるのなら、ぜひとも検討してみてください。

    「バレずに借りる」ことを意識したいなら「アイフル」の選択がベター

    金利や限度額といった、基本スペックの面でこそ大きな違いの無い2社ですが……。
    契約の流れ、借り入れ・返済方法といった細かな点を見ていくと、少しずつ違いが見えていきます。そしてそれは「借入のバレにくさ」についても例外ではありません。
    2018年7月現在、「同居の家族」そして「勤務先」に借り入れがより知られにくいのは「アイフル」の方となっています。

    ①2018年4月から「来店不要&郵送物なし」のWEB完結に対応!

    アイフルは2018年4月より、「来店不要&郵送物なし」WEB完結契約に対応。

    この「WEB完結」契約を利用する場合、利用明細はもちろん、ローンカードすらも送られてきません。そのため「WEB完結」ユーザーは、銀行振込もしくは「セブン銀行スマホATMサービス」で借入を行うことになります。
    (セブン銀行スマホATMサービス……スマートフォンアプリ中のQRコードを使い、ローンカードなしで取引を可能にするサービスのこと。詳細公式HP)

    カードが存在せず、郵送物も送られてこない「WEB完結」は、言うまでもなく家族に借り入れを隠したい場合に最適。
    その如何は置いておいて、とにかくこの「同居の家族へのバレにくさ」という点ではアイフルの方に軍配が上がります

    ちなみに、5つの大手消費者金融系カードローン(アコムアイフルプロミスレイクALSASMBCモビット)のうち、WEB完結にいまだ対応していないのはアコムのみですね。(2018年7月現在)

    ★アコムであっても来店なしの契約は可能ですが、この場合自宅にローンカードが郵送されます。

    ★アコムであっても無人契約機を使って契約、その場でカードを受け取って帰ることで郵送物の差し止めは可能です。

    ②在籍確認(勤務先への電話)の融通も利きやすい

    アコムに限らず、大手消費者金融会社と比べた際の「アイフル」最大のメリットは「在籍確認に融通が利きやすい」という点でしょう。

    在籍確認とはあなたが申し込み内容通りの会社に勤めていることを金融機関が確認する審査の一過程で、主に電話を使って行われます。つまり審査中、あなたの勤務先にアコムやアイフルから電話が掛かってくるわけですが……。(社名や用件が第三者に伝えられることはありません)
    アイフルはこのあたりの柔軟性が高く、事前に相談しておけば「社会保険証の提出」といったその他の方法で在籍確認を行ってくれるんですね。この際、勤務先に電話は掛かってきません。

    アコムにおいても相談次第で同じ対応を取ってもらえることはありますが、アイフルに比べ成功率は低い模様。
    「何とかして勤務先への電話を避けたい!」という場合には、アイフルを選ぶのがベターとなります。

    各社の在籍確認について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK在籍確認の概要とその会話例
    CHECK「アイフル」に聞いた!在籍確認の電話の避け方とその詳細
    CHECK「アイフル」に聞いた!在籍確認の電話を避けたい場合の対応について
    CHECK在籍確認の電話なしで借りられるカードローンのまとめ

    ★在籍確認時、第三者に「アコム」「アイフル」といった社名や用件が伝えられることはありません。
    よって、この過程のせいで借入が発覚する可能性は低いです。

    「インターネット返済が可能」「店舗数が多い」といった点ではアコムが優秀

    大手消費者金融会社のうち、唯一「WEB完結未対応」ということで後れを取っている「アコム」ではありますが……。
    「アイフル」と比べた際に際立つメリットが無いわけではありません。特に「インターネット返済が可能である」ことは重要なポイントと言えるでしょう。

    ★2社の借入・返済方法比較(◎……常時手数料無料)

    アコムアイフル
    借入インターネット申請
    +銀行振込

    ※楽天銀行口座があれば24時間対応
    電話申請
    +銀行振込
    ATM
    (「WEB完結」時除く)
    セブン銀行
    スマホATMサービス
    ×
    店頭窓口
    返済インターネット
    (Pay-easy)
    ×
    ATM
    (「WEB完結」時除く)
    セブン銀行
    スマホATMサービス
    ×
    口座振替
    銀行振込
    店舗窓口

    アコムの「インターネット返済」は、あらゆる金融機関のインターネットバンキングから利用できる分、非常に使い勝手が良いです。
    手数料が無料と言うこともあり、毎月の返済をインターネットから行いたいと言う場合にはアイフルよりアコムの方が優秀と言えますね。(ただしプロミスレイクALSAも同様にインターネット返済可)

    CHECK「アコム」における毎月の返済方法とその金額
    CHECK「アイフル」毎月の返済額・返済方法と利息を減らすコツ

    その他、全国的な設置店舗数はアイフルよりアコムの方が大分多くなっています。

    ★2社の設置店舗数比較(2018年7月現在)

    アコムアイフル
    無人店舗数1020件
    +三菱UFJ銀行20店舗
    893件
    有人店舗窓口数22件25件

    「WEB完結」を利用せず、自動契約機などでカードを手に入れたい場合、アコムの店舗の方が見つけやすいことが多いでしょう。
    ちなみに、最も申込み~借入までのスピードが速くなるのは「無人店舗申し込み」となります。
    (=近場に店舗がある金融機関の方が、早くお金を借りやすい)

    即日融資を受ける方法について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKアコムに聞いた!即日融資を受けるための条件とタイムリミット
    CHECKアイフルに聞いた!即日融資のタイムリミットと最もスピーディな契約方法

    CHECKアコムの無人店舗「むじんくん」の設置場所とその使い方
    CHECKアイフル無人店舗「契約ルーム」の設置場所と即日契約について

    「アコム」「アイフル」以外の他社を使った方がいいのはどんなとき?

    ここまでは「アコム」「アイフル」の共通点と相違点を解説してきましたが、あなたの希望によっては当然、その他の金融機関を選ぶべきということも考えられます。
    ここでは、「アコム」「アイフル」に無いメリットを持つカードローンを簡単に紹介していきます。

    ①「来店なし&郵送物なし」の契約により強いのは「プロミス」

    もしもあなたが来店なし・郵送物なしの「WEB完結」を希望しており、「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」の口座を持っているのなら、アイフルよりも「プロミス」を利用するのがベター。
    と言うのも、プロミスではこの2つの金融機関を相手に24時間365日反映の振込キャッシングを実現させているからです。
    (=インターネット上の手続きですぐに口座にお金が入る)

    インターネット返済に対応していることもあり、当該口座を持っているのなら使い勝手は「アイフル」より断然上。
    「アプリローン」の導入もあって、現状最も「WEB完結」に強いのは「プロミス」となっています。

    CHECK「プロミス」のメリット・デメリットと利用の流れ
    CHECK「プロミス」で即日融資を受けるための方法とその選び方
    CHECKプロミス「アプリローン」について

    ★ただし、アイフルに比べると在籍確認の電話を回避できる可能性は低くなります。

    CHECKプロミスに聞いた!在籍確認の仕様とその電話の回避方法

    ②小口の借入なら「レイクALSA」がおトク

    「WEB完結対応」「インターネット返済可」と会員サービスに優れる「レイクALSA」(旧・新生銀行レイク)。
    さらにこのカードローンは「5万円まで180日間特典サービス」を導入しており、少額(とくに5万円以下)の借入であれば、他の会社に比べて非常におトクに借りることができます。

    【特典期間・条件について】

    • 初めて新生フィナンシャルを利用する方
    • 初回契約翌日から特典適用
    • 契約額1万円~200万円まで
    • 特典期間経過後は通常金利適用。
    • 30日間特典、60日間特典と併用不可。

    少しばかりの金額を融通したい、という場合には、こちらのカードローンが第一の申し込み先候補となるでしょう。

    CHECK「レイクALSA」のメリット・デメリットと利用の流れ、無利息サービスについて
    CHECK各金融機関の「無利息サービス」徹底比較!

    ③低金利で借りたいのなら銀行を選ぶのがベター

    アコム・アイフルにおける上限金利(契約時に適用されやすい、最も高い金利)はいずれも18%。
    これは10万円~100万円未満を借りる際の法定上限金利にあたります。つまり、10万円~100万円未満を借りるとき、アコム・アイフルより高金利な、合法の金融機関は存在しないわけです。

    カードローンの利息(手数料)は「借入額」「金利」「借入日数」で決まります。
    同じお金を同じ期間借りるのなら、絶対に金利が低い方がおトク
    短期間・少額の借入であればあまり問題にはなりませんが、借り入れが長引きそう、あるいはまとまったお金を借りたいのなら、何とかして金利の低いカードローンを選びたいところです。

    一般的な銀行カードローンは、アコム・アイフルに比べて幾分か低金利です。(多くは上限14.5%前後)
    最近はパート・アルバイトでも利用できる低難易度銀行ローンも増えてきましたので、無駄な出費を減らしたい場合にはこちらもチェックしてみてください。

    CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧
    CHECKあなたの街で最も低金利に借りられるカードローンの探し方

    CHECKカードローンの金利・利息に関する基礎知識

    まとめ

    アコムアイフルの間に、「金利」「限度額」「申し込み条件」といった基本スペックの差は一切ない
    どちらも即日融資に対応しているので、単に「お金を借りたい」という目的を果たすためならどちらを選んでもOK
    ★ただし「同居の家族」「勤務先」に借り入れを隠したい場合には、WEB完結対応&在籍確認の融通が利きやすい「アイフル」を選ぶのがベター
    大手中、唯一WEB完結に対応していない「アコム」のメリットは「インターネット返済対応」「店舗数が多い」こと
    ★その他、「プロミス」「レイクALSA」など独自の利点を持つカードローンもチェックした上で、申し込み先を決められると◎

    5つの消費者金融会社の中でも、特に似通った特徴を持つ「アコム」と「アイフル」。
    この2社の中から申し込み先を選ぶのなら、その決め手は「バレにくさ」あるいは「インターネット返済」「近くに店舗があるか否か」となってくるでしょう。

    CHECK「アコム」のメリット・デメリットと利用の流れ
    CHECK「アコム」で即日融資を受けるための方法とその選び方
    CHECK「アコム」毎月の返済方法とその金額

    CHECK「アイフル」のメリット・デメリットと利用の流れ
    CHECK「アイフル」の即日融資、そのタイムリミットと申し込みについて
    CHECK「アイフル」毎月の返済方法とその金額

    CHECK消費者金融会社の徹底比較!
    CHECK即日キャッシングのできる時間は何時まで?大手金融機関5社に即日融資のリミットを聞いた!(来店編)
    CHECK大手消費者金融会社に聞く!即日融資ができるのは何時まで?(WEB契約編)


    この記事でチェックしたカードローン情報

    アコム (基本情報)
    実質年利3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断あり(3秒)
    備考
    • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日の翌日から30日間)
    • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
    • カードにクレジット機能が付けられる

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント