アコムの限度額、私はいくら借りれるの?増額できる?

acom-credit-limit

限度額とは、自分が借りられる最大の金額のこと。
消費者金融の限度額は、銀行ローンに比べると低くなることが多いです。
アコムも、銀行ローンのような限度額が手に入ることは滅多にありません。

しかし、だからといってアコムでは10万円しか借りられないのかと言われたら、もちろんそんなことはありません!

限度額についての解説はもちろん、増枠の方法までご紹介しますので、ぜひご覧ください。

アコムの限度額

最大限度額

アコムでキャッシングできる最大限度額は800万円です。2016年7月に従来の500万円から800万円に限度額がアップしました!

消費者金融の限度額は500万円が多数、銀行のカードローンでは上限が800万~1000万ということを考えると、銀行カードローンに匹敵するくらいの大きな限度額のカードローンになったんですね。
しかし、消費者金融であっても銀行であっても、初回の借入で限度額まで借りられることはまずないため、最大限度額の違いを神経質なまでに気にする必要はないでしょう。

だいたい最初はいくら?

まず、各社の利用限度額を比較してみましょう。

消費者金融
会社名 最高限度額
アコム 800万円
アイフル 800万円
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円

銀行
会社名 最高限度額
三井住友銀行カードローン 800万円
三菱UFJ銀行バンクイック 500万円
みずほ銀行カードローン 800万円
オリックス銀行 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円

消費者金融の限度額はほぼ横並びで500万円。そんな中、アコムとSMBCモビットは消費者金融にしては800万円と高めです。
銀行カードローンは全体的に限度額が高いですが、三菱UFJ銀行はその中では低めの設定ですね。

しかし、上記はあくまで借入の最大限度額であって、実際に借りられる金額とは違います。
アコムの実際のデータを見てみましょう。

2016年3月期第3四半期データ
年収 初回貸付単価
200万円以下 11万5000円
200万円超~500万円以下 14万5000円
500万円超~700万円以下 18万6000円
700万円超~1000万円以下 22万4000円
1000万円超 29万6000円
全体平均 14万3000円

特筆すべきは、年収1000万円超であっても初回に借りられる平均は29万6000円ということです。
これだけ年収があっても30万以下なのです。
アコム利用者の年収は200万円超~500万円以下が半数を占めていますから、初回の借入金額はおよそ14万円という人が多いことがわかります。

しかし「14万円じゃ足りない……!」という場合もありますよね。ここで、限度額がどうやって決まるのかをしっかり見ていきましょう!

限度額ってどうやってきまるの?

限度額ってどうやってきまるの?

①年収

個人の借入総額が「年収の3分の1」を超えてはならないという、貸金業法により設けられた総量規制という制限があります。そのため、消費者金融のような貸金業者から、年収の3分の1を超える借入はできません。つまり年収が300万円の場合は、100万円以上借りることはできないというわけなんです。

②現在の借入総額

②現在の借入総額

総量規制で勘違いしやすいのは、消費者金融1社で借りられる総額が「年収の3分の1」ではないということです。
他の消費者金融でも借入をしていれば、それらすべてを合わせた総額が年収の3分の1以内ではなくてはならないのです。

(例)

  • 年収300万円
  • 消費者金融A社で20万円借入
  • 消費者金融B社で10万円借入
  • 計30万借入

年収300万円÷3=100万円
100万円-30万円=70万円

この例だと、あと借りられる上限は70万円ということです。
借入状況は信用情報機関というところで管理されているため、借入額を偽ってもバレてしまいますのでご注意を。

③信頼度

③信頼度

アコムに申し込む際には、勤務先情報や年収、保険証の種類など、さまざまな個人情報を入力することになります。
勤務先に関しては、安定している公務員や、誰もが名を知っている大手企業は審査の際に有利と言えます。逆に自営業や個人事業主は、たとえ年収が高くても、「安定」という点ではサラリーマンよりも劣るでしょう。
また、アコムに申し込む際には「保険証の種類」もチェックされます。
公務員が加入する「共済保険」や、会社員が入る「社会保険」「組合保険」に比べて、パートや個人事業主などが入る「国民健康保険」の評価が低くなってしまうのは仕方がないことです。

もちろん、安定した収入があればパート・個人事業主であっても融資の対象となりますが、借りられる限度額は、チェックされる個人情報によって変わってくるということです。
アコムは過去の膨大な取引実績によって蓄積されたデータを分析した、独自の与信・審査ノウハウを持っています。
(※与信とは「信用を与える」という意味で、この場合は申込者の返済能力や信用度などを審査して、どのくらいの融資枠を与えるか決めることを指します)

アコム独自のシステムと他社借入状況、過去の金融事故の有無など、すべてを総合的に判断した上で、限度額は決められます。
そのため、一概に「正社員で持ち家だから限度額はいくら」などとは言えないということです。

アコムで増枠する方法

アコムで増枠する方法

①申込む前にチェックしたいこと

  • これまで延滞していないか
  • 延滞があれば、「返済能力がない」と判断され、追加融資は難しいでしょう。まずは延滞の状態を解消することが先です。

  • 年収の1/3以内に収まっている金額か
  • 総量規制があるので、年収の3分の1を超える増額はできません。

  • アコムで借入して6ヶ月経過しているか
  • アコムで契約後、すぐに借入金をアップさせるのは難しいです。借入から6ヶ月が経過していて、かつ、その間一度も延滞がないことが一つの条件となります。
    返済をきちんとできる人物かどうかを見極めるには一定の期間が必要ということです。

②申込方法

②申込方法

アコムで増額申請するには、以下の方法があります。(もちろん増額には審査があるので、申請すれば絶対に増額してもらえるとは限りません)

ネット 電話 窓口 自動契約機
受付時間 24時間(※1) 9時~18時(土・日・祝含む)※2 平日9時30分~18時 年中無休8時~21時(※3)

※1 書類提出が必要な場合、審査回答は8時~22時頃まで
※2 会員用の「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」は平日9時~18時までの受付だが、「新規申込者のフリーコール(0120-07-1000)」なら土・日・祝でも対応してもらえる。ただし、審査可能時間は9時~18時
※3 一部店舗は営業時間が異なる。また、年末年始は営業していない

窓口・自動契約機(むじんくん)の場所はこちらから調べられます。→店舗・ATM検索

増額を申し込む方法には、それぞれメリットがあります。
ここで、希望別に見てみましょう。

急いで増額したい ネット・電話
誰にも知られずに増額したい! ネット・電話
担当者に相談しながら申し込みたい 電話・窓口・自動契約機

担当者に相談しながら手続きを進めたいなら、電話・窓口・自動契約機ということになります。
とにかく急いで増額したい、ということであればネット・電話での申し込みが早いでしょう

ネット・電話での申し込みは以下のような手順になります。

~ネットからの申し込みの流れ~

公式サイトから、会員ページにログイン

「極度額等の変更のお申し込み」から増額を申し込む

増額可能かどうか表示される
 (基本的に24時間審査可能だが、サーバーメンテナンス等で利用できない場合もある)
 ※収入証明書の提出が必要な場合は、担当者が書類を確認した後に審査結果が伝えられる。審査時間8時~22時頃まで(書類の提出自体は、画像アップロードやアプリで可能)

~電話からの申し込みの流れ~

会員用の問い合わせ先「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」に電話(新規申込者用のフリーコール(0120-07-1000)でも可能)

増額希望であることを伝える

  • 年収
  • 他社からの借入状況

など、担当者から以前の届け出情報と変更の有無を確認される

その場で増額可能か審査を受ける

結果が伝えられる

ネット・電話だとすぐに結果がわかるので、急いで増額したい場合に最適です!

ただ、追加の借入によって総借入額が50万円を超えると、収入証明書(給与明細書や源泉徴収票など)の提出が必要となってきます。これは貸金業法により課せられているので、未提出で済ますことはできません。
審査自体は書類がなくてもしてもらえますが、正式な審査結果が伝えられるのは必要書類を提出したあとになるため、どうしても時間がかかってしまいます。
そのため、先に書類を準備してから増額申し込みをしたほうがいいでしょう。

また、窓口・自動契約機(むじんくん)に増額の申請に行く場合は、本人確認書類(免許証・健康保険証・パスポート)を忘れないようにしてください!

CHECK限度額増額のメリットは?

まとめ

銀行のローンに比べると、やはり消費者金融って最大限度額が低いので、初回の借入額もアコムで借りた場合は、14万円程度です。これが、現実的な数字となります。
ただし、途中で増額もじゅうぶん可能であるため、まずは延滞なくしっかり返済していき、アコムの信用度を上げていくことが重要です。




カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。