アコムの限度額、私はいくら借りれる?増額できる?27人に聞きました!

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    アコムの限度額、私はいくら借りれる?増額できる?27人に聞きました!
    「今必要なお金を借りたいけれど、自分の収入で希望額を借りられるか不安…」

    カードローンの限度額(利用可能額)は審査によって決まるため、そんな悩みを抱える方も少なくはありません。
    「急いでお金を借りたい」という方の需要を集める「アコム」のような会社であれば、尚更と言っても良いでしょう。

    そこで今回は実際の「アコム」利用者27名(うち増額審査経験者11名)について、

    • 入会当初の限度額(利用可能額)
    • 入会後の「増額」審査の結果

    を伺い、「実際、アコムではいくらくらい借りられるのか」を詳しくまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたがアコムへ新規/増額申込みを行うべきか否かが分かります。

    アコムの最高限度額は800万円、ただしこれはアテにならない

    アコムの最高限度額は800万円、ただしこれはアテにならない

    アコムの公式HPなどに書かれている最高限度額(契約額/利用可能額)は「800万円」
    というと非常に大きな金額ですが…。

    結論から言うとこの数字は全くもってアテになりません。少なくとも当サイトでのアンケート調査において、300万円以上の契約を結べた方は未確認。
    …というより初回契約者の限度額の多くは「10万円~50万円」となっています。

    「800万円」というのはあくまで「アコムが貸しうる最大の金額」であり、普通の人には手が届かないものとまで考えてしまっても良いでしょう。

    アコムの限度額はどうやって決まるの?

    アコムの限度額はどうやって決まるの?

    「800万円」の上限限度額がアテにならないというと、気になるのは「実際自分はいくら借りられるのか」ですよね。

    ①利用限度額(借入可能額)は「審査」によってアコムが決める

    アコムに限らずほとんどのカードローンにおいて、その利用限度額は「審査」によって決められます。要はあなたの限度額はアコムが決める、ということですね。

    アコムから提示された限度額を減額することはできますが…。
    アコムが「50万円まで」と言っている中、「どうしても100万円借りられませんか」と交渉することはほぼ無意味と言って良いでしょう。

    ②上限限度額は原則として「年収の3分の1」

    アコムは法律上、「貸金業者」というグループに属します。

    そしてこの貸金業者が縛られるのが「貸金業法」という法律。この法律では、「貸金業者からの貸付合計額が、個人の年収の3分の1を超えてはいけない」というルール(総量規制)が設けられています。

    このルールのため、あなたはアコム…というより貸金業者(主に消費者金融、クレジットカード会社)から年収の3分の1を超えるお金を借りることはできません

    例えば年収300万円の方なら、貸金業者から借りられるのは、合計「100万円」までということですね。

    …とは言えこの制限はあくまで「法律の制約に接さない上限額」であり、希望者全員が年収の3分の1まで借りられる、というわけではありませんのでご承知おきください。

    ★すでに貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社)からお金を借りている場合、アコムと契約できる法的上限額は小さくなりますのでご注意ください。

    例:年収300万円の方がすでに「アイフル」で70万円を借りている場合、アコムで30万円を超える借入不可

    ★緊急医療費など、特定の目的をもった借入であれば、総量規制の制限が適用されない場合があります。

    CHECK【多重債務者の即日融資】総量規制対象外/例外となる4つの条件とその他の手段

    ★以下の債務は総量規制の対象となりません。

    貸金業者でない、銀行や信用金庫などからの借入
    「借入」扱いにならないショッピングリボ、ショッピングローン等

    基本的に、総量規制の対象となるのは「消費者金融からの借入」「クレジットカードのキャッシング枠」とお考え下さい。

    ③50万円超の契約には収入証明書類が必要

    あなたが収入を証明できる書類(源泉徴収票、2ヶ月分の給与明細など)をお持ちでない場合、年収や返済能力にかかわらず50万円を超える契約を結ぶことはできません。これも「貸金業法」の制約によるものですね。
    あらかじめご確認ください。

    ★「他の貸金業者からの借入額+アコムとの契約額」が100万円を超える場合にも、収入証明書類が必要となります。

    ★審査状況によっては限度額にかかわらず収入証明書類の提出を要求されることがあります(自営業者、個人事業主に多い)。

    実際の審査口コミ・体験談に基づく「初回限度額」の目安

    実際の審査口コミ・体験談に基づく「初回限度額」の目安

    アコムにおける限度額は、
    年収の3分の1以下(他社借入が無い場合)
    50万円超の契約には収入証明書が必要
    というルールの下、「審査」によって決まります。

    ここからはそんな、限度額に関する審査傾向について見ていきましょう。

    ①初回限度額は50万円以下が一般的だが、返済能力があればそれ以上の契約も可

    結論から言うと、アコムにおける初回限度額は「10万円~50万円」が一般的。特に年収300万円未満の方がはじめてアコムと契約を結ぶ場合、多くがこの限度額帯に位置すると考えて構いません。

    とは言え一定の返済能力(目安として年収300万円~)があれば、50万円、あるいは100万円を超える契約も可能。
    後掲のアンケート調査結果において、最も高い限度額は203万円でした(年収約600万円の方の回答)。

    ライバル企業に当たる「プロミス」は申込者の信用や年収にかかわらず、初回から50万円超の限度額を滅多に与えないことを考えると、アコムは比較的収入に応じた高額を借りやすいと言ってよいでしょう。

    ★が、アコムで最初から高限度額の契約を結べるくらい返済能力があるのなら、もう少し審査難易度が高く、貸付条件の良いカードローン(アイフル「ファーストプレミアムカードローン」など)も視野に入ってくるだろうとは思います。

    参考【上限10%未満】おすすめ低金利カードローンランキングの決定版!【口座不要】

    ③参考:アコムが公開している年収別の平均初回貸付額データ

    実はアコム、株主などへ向けたIR情報の中で「年収別の初回貸付単価(貸付額)」の平均値を公開しています。

    2020年9月公開分の初回貸付額の平均値
    年収200万円以下13.6万円
    年収200万円超
    ~500万円
    18.9万円
    年収500万円超
    ~700万円
    24.2万円
    年収700万円超
    ~1000万円
    27.4万円
    年収1000万円超35.5万円

    あくまで「貸付額」の平均値ですので、限度額の平均値よりは低い数字と思われますが…。

    「年収が高い人ほど高い契約を結びやすい」のは確実と見て良さそうですね。

    ちなみに同じデータにおいて、アコムと新規契約を結んだ方の実に67.2%の方が「年収200万円超~500万円」の層に属していました。(次いで年収200万円以下が23.3%)

    アコム利用者27名の属性と初回限度額の一覧

    実際に行ったアンケート調査から「アコム」の審査に通過できた27名の回答をピックアップ、「どれくらいの属性(ステータス)の方が、どれくらいの契約を結べているのか」を一覧にさせて頂きました。

    いずれも回答の際に「契約が事実と確認できる画像」を頂戴していますので、情報の信憑性はそれなりに高いだろうと思います。

    年収順に掲載させて頂きましたので、あなたに近い属性の方の情報をご確認ください。

    ★特に記載がない場合、他社借入/信用情報問題がない方の回答となります。

    ACマスターカード(アコムのクレジット機能付きカード)利用者の回答については「ショッピング枠」限度額も記載させて頂きました。

    アコム利用者の属性と契約内容一覧
    属性契約内容
    • 年収40万円
    • パート(1年)
    • 配偶者の被扶養者
    • ブラック状態(クレカ等の長期延滞)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収100万円
    • アルバイト(3年)
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収116万円
    • アルバイト(5年)
    • リボ残高30万円
    • 限度額10万円
    • 年収145万円
    • アルバイト(1年)
    • 他社借入1社20万円(銀行)
    • 金利18%
    • 限度額20万円
    • 年収200万円
    • アルバイト(5年)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収240万円
    • 会社員(1年)
    • 金利18%
    • 限度額6万円
    • 年収240万円
    • 会社員(6年)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収250万円
    • 会社員(2年)
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 年収300万円
    • 会社員(0年)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収300万円
    • アルバイト(1年)
    • 金利18%
    • 限度額20万円
    • 年収300万円
    • 会社員(3年)
    • 金利14%
    • 限度額100万円
    • 年収300万円
    • 会社員(1年)
    • 他社借入1社50万円(貸金業者)
    • 金利18%
    • 限度額20万円
    • 年収300万円
    • アルバイト(1年)
    • ブラック状態
      (携帯料金の長期延滞)
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収300万円
    • 派遣社員(10年)
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収320万円
    • 会社員(5年)
    • 他社借入1社20万円(銀行)、リボ残高20万円
    • 金利18%
    • 限度額20万円
      +ショッピング枠30万円
    • 年収347万円
    • 会社員(1年)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収350万円
    • 会社員(6年)
    • リボ残高50万円
    • 金利18%
    • 限度額60万円
    • 年収360万円
    • 会社員(1年)
    • 金利18%
    • 限度額70万円
    • 年収400万円
    • 会社員(1年)
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 年収400万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入1社50万円(貸金業者)
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務3社計110万円
      ┗銀行20万円、貸金業者30万円、リボ60万円
    • 金利18.0%
    • 限度額10万円
    • 年収420万円
    • 会社員(5年)
    • 他社借入1社80万円(銀行)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収500万円
    • 会社員(5年)
    • 金利15%
    • 限度額100万円
    • 年収500万円
    • 会社員(4年)
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 年収500万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入?社200万円(銀行)
    • 金利14%
    • 限度額160万円
      +ショッピング枠60万円
    • 年収600万円
    • 会社員(7年)
    • 金利15%
    • 限度額203万円
      +ショッピング枠100万円
    • 年収800万円
    • 会社員(7年)
    • 他社借入1社50万円(銀行)
    • 金利12%
    • 限度額20万円

    あえて提示された金額より低い限度額で契約した
    返済能力は問題なかったが、収入証明書を用意していなかった

    といった方もいくらかいらっしゃるでしょうから、この調査結果を鵜呑みにすることはおすすめできませんが…。
    「これくらいの属性なら、これくらい借りられる」という目安にはなるだろうと思います。

    アコムの審査傾向を見るに、貸金業法と関係のない債務(銀行カードローンやショッピングリボ)はあまり重視していないようですね。
    アコムは比較的、他社借入があっても審査に通りやすい(+十分な返済能力があれば高額契約も可)と言って良いだろうと思います。

    CHECK証拠付き!口コミ・体験談から見る【アコム】の評判と審査基準&申込前の注意点
    CHECKアコムで即日融資を受ける条件・流れと申込みのタイムリミット【来店あり/来店なし】

    契約後にアコムで増枠(利用限度額の増額)をするには

    契約後にアコムで増枠(利用限度額の増額)をするには

    ここからは既に「アコム」会員であるあなたのため、利用限度額の増額(増枠)についてお話しさせて頂きます。

    ①一番確実な方法は「アコムからの増額案内に従う」こと

    アコムの利用限度額を増額する最も確実な方法は、「アコムからの増額案内に従う」こと。

    あなたが問題なく「アコム」を利用し続けていれば、早ければ数ヶ月ほどで増額案内が届きます。

    電話で案内が入ることも多いのですが…。
    これからの増額申込みを希望しているのならインターネット会員ページ(またはスマホアプリ)にログインし、増額が可能というお知らせが入っていないか確認してみると良いでしょう。

    CHECKアコム公式HP「アコムの会員サービス」

    ★利用限度額の増額のためには、契約内容変更に伴う審査(増額審査)を受ける必要があります

    アコムから増額案内が入っていたとしても、必ず増額審査に通れるわけではありませんのでご承知おきください。(特にアコムとの契約後、他社借入を増やした場合など)

    ②案内が無くともインターネットや電話、自動契約機から増額申込みは可能

    あなたがアコムからの増額案内を受けていなかったとしても、

    • インターネット(またはスマホアプリ)
    • 電話(0120-629-215)
      ┗平日9時~18時のみ対応
    • 自動契約機
    • アコムATM
    • 有人店舗窓口

    といった手段を用いた増額申込みが可能です。

    案内が入っている方に比べると審査通過は難しくなるかもしれませんが、どうしてもお金が必要な事情があるなら検討してみても良いでしょう。

    ただし増額見込みがないとインターネットを通した申し込みは不可

    一部の「アコム」利用者は、インターネット(スマホアプリ含む)を使った増額申込みを受け付けてもらえません
    これはおそらく、アコム側で「増額見込みなし」と判断されているからでしょう。

    この場合であっても、電話や自動契約機を使った増額申込みは一応可能ですが…。
    コンピューターに弾かれている状況であれば、期待は薄いと言わざるを得ません。

    「増額申込」ボタンをクリックできない「アコム」アプリ画面(アコムユーザー提供)

    ▲「増額申込」ボタンをクリックできない「アコム」アプリ画面(アコムユーザー提供)
    どうしても借入が必要な状況にあるのなら、他社借入に寛容な会社(SMBCモビット※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます高額契約の報告も多いインターネット銀行など)で新規申し込みを行うのが最も確実な手段となるでしょう。

    ③増額審査結果は早ければ「その場」で確認できる

    アコムでの増額審査結果は、申込み方法を問わず「早ければその場で」「遅くとも1日以内には」完了します。

    土日含め毎日審査を行っていることもあり、アコムは急ぎの増額需要にも対応してくれやすいと言えるでしょう。
    仮に審査に通れなくても、すぐに結果が出てくれれば次の金策に移れますしね。

    アコムの「増額審査(増枠審査)」についての口コミ・体験談

    アコムの「増額審査(増枠審査)」についての口コミ・体験談

    ここからは実際のアンケート調査より、

    • アコムで増額できた2名
    • アコムの増額審査に落ちてしまった1名

    の回答/体験談をピックアップし紹介させて頂きます。

    ①入会から半年以内で2倍以上の増額に成功した例

    まず紹介させて頂くのは、アコムへの入会から6ヶ月未満で大幅増額に成功された方の回答。

    アコム

    • 増額審査体験談(1)

    入会~増額申込までの期間5ヶ月前後
    増額案内あり(1ヶ月以上前)
    属性入会時
    • 年収500万円
    • 会社員(4年)
    • 他社借入なし
    増額時
    • 変化なし
    契約内容入会時
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    増額時
    • 金利18%
    • 限度額110万円
    感想など
    電話で申込み、その場で増額となった。
    返済はコンビニのATMでもできるため、非常に活用しやすいです。

    「増額審査に通過できるのは入会後半年から」…というのはよく聞く説ですが、少なくともアコムから増額案内を受けている状況であれば、入会半年以内でも増額を成功させられるようですね。

    この方の場合は総量規制にもまだ余裕がありますし、審査上のマイナス点もありませんので、契約を続ければさらに限度額を増やすことも可能だろうと思います。

    ②限度額10万円→30万円の増額に成功したアルバイターの例

    続いてはアルバイターとして増額審査に通過された方の体験談。

    アコム

    • 増額審査体験談(2)

    入会~増額申込までの期間1年程度
    増額案内あり(1ヶ月以内)
    属性入会時
    • 年収200万円
    • アルバイト(5年)
    • 他社借入なし
    増額時
    • 年収200万円
    • アルバイト(7年)
    • 他社借入なし
    契約内容入会時
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    増額時
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    感想など
    引越し費用で10万必要だった。スムーズでかなり助かった

    どうしても正規雇用者の方に比べると、信用が低いと判断されがちなアルバイターですが…。
    問題なく「アコム」を利用し続けられたなら、増額案内を受けることも難しくはないようですね。

    ③収入と一緒に他社借入を増やしてしまったため審査落ちとなった例

    続いて紹介するのは増額審査に落ちてしまった方の例。

    アコム

    • 増額審査体験談(3)

    入会~増額申込までの期間2年程度
    増額案内なし
    属性入会時
    • 年収300万円
    • 会社員(0年)
    • 他社借入なし
    増額時
    • 年収400万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入50万円(プロミス)
    契約内容入会時
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    増額時
    • 変化なし
      (増額審査落ち)
    感想など
    結果がすぐ来たので、機械的に弾かれたと感じた

    入会~増額審査までに年収は100万円アップ。
    入会から2年が経過しているということで、これだけなら問題なく増額審査に通れそうなものですが…。

    残念ながらこの方は、アコムと初めて契約を結んでから2年の間に50万円の他社借入を作ってしまいました。

    年収が増えたにもかかわらず「機械的に弾かれた」という感想を見ても、増額審査を受ける上で「新しく増えた他社借入」はかなり大きなマイナス点になると考えて良さそうです。

    11名の増額審査(増枠審査)結果一覧

    11名の「アコム」増額審査経験者にアンケート調査を実施、上にピックアップした方も含めて属性・審査結果情報をまとめさせて頂きました。

    11名の「アコム」増額審査結果
    増額案内審査結果入会~
    増額
    属性
    あり否決
    10
    →10
    1年弱
    • 年収40万円
    • パート
    • ブラック状態
    あり10
    →30
    1年
    • 年収200万円
    • アルバイト
    なし否決
    10
    →10
    2年
    • 年収300万円
      →400万円
    • 会社員
    • 他社借入なし
      →1社50万円
    あり100
    →130
    1年
    • 年収300万円
    • 会社員
    あり30
    →50
    1年
    • 年収300万円
    • 派遣社員
    あり30
    →50
    2年
    • 年収300万円
    • アルバイト
    あり10
    →26
    1年
    • 年収347万円
    • 会社員
    あり否決
    50
    →50
    9年
    • 年収400万円
      →500万円
    • 会社員
    • 他社借入なし
      →2社100万円
      ┗うち50万円銀行
    あり10
    →20
    6ヶ月程度
    • 年収420万円
    • 他社借入80万円(銀行)
    あり50
    →110
    5ヶ月程度
    • 年収500万円
    • 会社員
    なし50
    →70
    1年
    • 年収800万円
    • 会社員
    • 他社借入80万円(銀行)

    増額審査落ちとなってしまった3名のうち、もともと属性が極端に低い1名を除くと審査落ち理由はやはり「新しく増えた他社借入」にある模様。

    ただ、逆に言うと「アコムからの増額案内あり+他社借入を増やしていない」状況なら、高い確率で増額に成功できると見て良いでしょう。

    11名中9名が増額案内を受けていたと考えると、アコムはかなり積極的に増額案内を行っているようですね。

    アコムより高限度額を獲得しやすい他社カードローンと「借り換え」について

    アコムより高限度額を獲得しやすい他社カードローンと「借り換え」について

    さて、ここからは参考情報として

    • アコムより高限度額を獲得しやすいカードローン
    • アコムからの「借り換え」

    について触れさせて頂きます。

    ①ある程度の属性があるなら、インターネット銀行等の方が高限度額を獲得しやすい

    あなたがある程度の属性(目安として年収300万円~の正規雇用者)であるのなら…。

    アコムよりも銀行、特にインターネット銀行や地銀(あるいは信金)のカードローンを選んだ方が、高い限度額を獲得しやすいです。

    貸金業者でない銀行や信金は「総量規制」の制約に縛られないため、年収の3分の1を超える融資が可能。
    中でもインターネット銀行や地域密着型の金融機関は高額契約に積極的であり、年収の2分の1程度の限度額を与えることもさほど珍しくはありません。

    ある程度審査に自信があり、高額契約を希望しているのなら、最初からこういった申込み先を選ぶのも良いだろうと思います。
    金利もアコムより低いですしね。

     CHECK47名の回答から見るネット銀行カードローンの審査傾向と通過条件&申込先の選び方
    CHECK全112の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    ②すでにアコムを利用中なら「借り換え」も視野に入るか

    もしもあなたが、

    すでにアコムを利用中、かつ借入金利を下げたい
    利用限度額を増額したいが、増額審査に通れない
    年収の3分の1超を借りたい

    といった状況にあるのなら、上に挙げたようなネット銀行/地域密着型金融機関のカードローンを使い「借り換え」を行うのも良いでしょう。

    例:アコムから50万円を借りている状況で、「住信SBIネット銀行」カードローンの審査に通過、150万円の限度額獲得
    →うち50万円を使いアコムに返済、残り100万円は自由に使える

    もちろんむやみな借入はおすすめしかねますが、実質的な増額と金利引き下げを両立させられる(可能性がある)と考えれば、検討する余地はあるだろうと思います。

     CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン
    CHECK48名にアンケート!審査が甘いおまとめローンと属性別・おすすめ申込み先候補

    ③ただし銀行カードローンは返済期間が延びやすいので注意

    借入/借り換え先にネット銀行等を選べば、アコムより低い金利で、アコムより高限度額での契約を狙えますが…。

    注意すべき点としてまず挙げられるのが、こういった銀行系のカードローンは毎月の返済額がやたら安いということ。
    これは一見するとメリットのようで、放っておくとアコムより低金利にもかかわらず、アコム以上の利息を取られるという危険に直結します。

    典型的な銀行カードローンである「三菱UFJ銀行バンクイック」を例に挙げて計算してみました。

    典型的な銀行カードローンとの比較
    毎月の返済負担合計支払額
    三菱UFJ銀行
    「バンクイック」
    (上限金利14.6%
    ※金利(年1.8%~14.6%))
    など
    10,000円
    →8,000円
    →6,000円
    →4,000円
    →2,000円
    ※借入残高により変動。上記の返済額は借入利率 年8.1%超の場合
    984,199円
    (206回/17年2ヶ月)
    アコム
    (金利18.0%)
    一律15,000円698,426円
    (47回/3年11ヶ月)
    差額アコムの方が計285,773円安い

    この例を見ても分かる通り、「毎月の引き落とし額は安いほど良い」「返済管理に自信がない」とお考えの方は、銀行への借り換えは避けるのが無難と言わざるを得ないでしょう。

    金利の低さが利点となるのは、あくまで「同じお金を、同じように返済していく」場合の話となります。

    ★その他、ほとんどの銀行/信金のカードローンは自宅への郵送物を避けることが出来ません
    家族に借入を隠したいという場合にはご注意ください。

    返済管理に自信がないなら「フリーローン」を選ぶのも◎

    あなたが、

    • 返済管理に自信がない
    • 1回借りられればそれでいい

    とお考えなら、カードローンではなく「フリーローン」を選ぶのも良いかもしれません。

    こちらはカードローンと同じく使い道自由でありながら、「一度借りたら回数分割払いで、返済のみを行う」タイプのローンですね。
    カードローンに比べると貸し手側のリスクが低いため、いくらか高額な契約を結びやすいという利点もあります。

    CHECK【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方
    CHECKフリーローンは低金利なほど良い…とは限らない?地域別フリーローンとその選び方

    ★フリーローンを提供しているのは主に地方銀行や信用金庫となります。

    よくある質問1:増額審査の際、在籍確認は行われますか?

    アコムより高限度額を獲得しやすい他社カードローンと「借り換え」について

    ここからは、アコム利用者からよく挙がる疑問についてお答えさせて頂きます。

    まずは増額審査中の在籍確認(勤務先確認)についてですが…。
    実際にアコムへ問い合わせを行った結果が以下の通りです。

    【管理人】山本
    利用限度額の増額審査を受ける際、在籍確認は必要でしょうか?
    オペレーターの回答
    原則としては不要ですのでご安心ください。
    【管理人】山本
    申し込みの時から勤務先が変わっている場合も同様でしょうか?
    オペレーターの回答
    基本的には必要ないんですけれども、会員情報が変更されているという場合には届け出(会員情報の更新)をしていただく必要がありますのでそちらだけお気をつけ頂ければと思います。

    「原則としては」「基本的には」という点が気にならないではありませんが…。
    とにかく転職時を含め、増額審査時に在籍確認は行われないのが一般的なようですね。

    よくある質問2:増額審査の際、必要な書類はありますか?

    以下の場合には収入証明書類の提示が必要となります。

    アコムで収入証明書類が必要となる場面

    • 希望限度額が50万円を超える
    • 他の貸金業者からの借入額+アコムとの契約額が100万円を超える
    • 前回の収入証明書類の提出から3年以上経過している
    • その他、アコムから要請があった場合

    収入証明書類として認められるのは、

    • 源泉徴収票
    • 税額決定通知書
    • 所得証明書
    • 確定申告書
    • 直近2ヶ月分の給与明細(+賞与があれば直近の賞与明細)

    のいずれか。所得証明書は(住民税を払っていれば)市区町村役所で即日発行が可能です。

    CHECK【職業別】すぐ分かる!収入証明書類の入手方法とよくある質問

    ★上の条件に該当しない場合、追加書類の提出は原則として不要です。

    よくある質問3:増額審査は土日祝日も行われていますか?

    実際に問い合わせてみました。

    【管理人】山本
    増額審査は土日も行っていますか?
    オペレーターの回答
    はい、土日もやっております。

    土日も平日と変わらず、増額審査に対応してくれるようですね。

    アイフルの増額審査対応は平日のみ
    プロミスやレイクで土日祝日に増額審査を受けるには自動契約機に向かう必要がある

    といった点を考えると、これはアコムユーザーにとって嬉しい点と言えるでしょう。

    ちなみにアコムの増額審査対応時間は以下の通りです。

    アコムの増額審査対応時間
    インターネット申込み8:00
    ~21:50
    アコムATM申込み
    電話申し込み9:00
    ~18:00
    自動契約機9:00
    ~21:00
    有人店舗窓口平日9:30
    ~18:00
    ※年末年始を除く

    まとめ

    まとめ

    新規入会者▶あなたの限度額(利用可能額)は「年収の3分の1まで」の範囲でアコムが決める
    ▶アコムの初回限度額は10万円~50万円が一般的。ただし安定収入があれば100万円~の契約も可
    増額「アコムからの増額案内あり+他社借入を増やしていない」なら高確率で増額に成功できる
    ┗ただし他社借入を増やしているとかなり厳しいかも…
    ▶増額審査は最短「その場」ですぐに完了(遅くても1日以内)。
    土日も対応&在籍確認なしは嬉しいポイント
    備考インターネット銀行地域密着型の金融機関であれば、アコムより高限度額を獲得しやすい(安定収入がある場合に限る)
    ┗ただしアコムより返済管理が重要

    アコムでの限度額はアコムが決めます。小手先のテクニックで限度額を上げることはできません。
    そのため、アコムで希望額を借りることが難しそうなら他社(ネット銀行等)を選んだ方が無難と言わざるを得ませんが…。

    各アコムユーザーの情報などをご覧になって、希望額の借入に期待できそうであれば、そのまま「アコム」への申込みを決めてしまっても良いだろうと思います。

    CHECKアコムで即日融資を受ける条件と申込みのタイムリミット【来店あり/来店なし】
    CHECK証拠付き!口コミ・体験談から見る【アコム】の評判と審査基準&申込前の注意点

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    アコムの新規借入は、一般的に50万円までです。
    ただし、年収の3分の1までしか借りられませんし、他社借入がある場合はその金額を考慮して融資額が決定します。
    何がなんでも借りなければならないなら、限度額以下の借り入れを申請すると確実性は高まります。
    増額に関しては、増額案内が届いたとしても、現況の利用状況によっては審査落ちもあります。反対に、コツコツ返済し信頼を積み重ねていくことで、属性に関係なく増額できる可能性はあるようです。
    

    


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい