1分で分かる!アコム申込前の必読デメリット:審査難易度や家族・職場バレも

    【ネット契約は苦手】「アコム」申込前に知っておくべき3つのデメリット

    「自宅近くにあるアコムの無人店舗。
    簡単にお金が借りられるとは言うけれど、このまま申し込んでいいのか何となく不安…」

    一般的に、決してイメージが良いとは言えない消費者金融サービス。申し込みにあたって、漠然とした不安を抱えている方は少なくないだろうと思います。

    そこで今回は、実際に「アコム」で借りた方の口コミ評判・体験談と他社情報を元に、アコムのメリット、そしてデメリットを分析し、分かりやすくまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが申し込むべき先が「アコム」か、そうでないかが分かります。

    事前にチェック!申込み条件

    アコムを利用できるのは、以下の条件をすべて満たす方のみとなります。

    • 20歳~69歳である
    • 仕事をして収入を得ている(無職、専業主婦など不可)
    • すでに貸金業者から、年収の3分の1に達するお金を借りていない(総量規制

    あらかじめご承知おきください。

    アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • ご本人に安定した収入がある方

    • 来店契約のみ

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです
      (2020年11月度新規貸付率44.5%/アコムマンスリーレポートより)
    • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP

    1分でチェック!あなたが申し込むべきは「アコム」?それとも別のカードローン?

    1分でチェック!あなたが申し込むべきは「アコム」?それとも別のカードローン?

    まずはあなたがこのまま「アコム」への申し込み検討を続けるべきか、簡単にチェックしておきましょう。

    1分でチェック!アコムの特性
    ▶アコムを選ぶべきは、金利(貸付条件の良さ)よりも「スピード」「審査の柔軟さ」を重視したい人
    ┗ただし似たメリットを持つライバルは多い
    ▶ただし他の大手消費者金融に比べ「来店なしのインターネット契約」は苦手な傾向あり
    ┗特に地銀・信金ユーザー等には使い勝手が悪い
    ▶他社との差別化点は「店舗の多さ」「クレジットカードの発行対応」の2つ
    つまり…
    1番「アコム」に向いているのは、

    • アコムの店舗が近くにある人
    • 審査難易度の低いクレジットカードを作りたい人

    正直なところ、今の「アコム」はあまり万人向けとは言えません
    他の大手消費者金融会社に比べると、「来店なしでのインターネット契約」が苦手という点は大きなデメリットと言って良いでしょう。

    …が、

    • 近くにアコムの店舗がある
    • 低難易度クレジットカードに申し込みたい

    といった場合には、他の大手よりも「アコム」を選ぶ意味があると言えます。

    CHECK4.「アコム」との契約に必要な書類と即日融資の流れ

    ★あなたに「アコム」より合った申込み先が存在しそうなら、以下のページより詳細をご確認ください。

    参考:アコム以外の申込み先候補
    できるだけ低金利で借りたい
    来店なしで便利に借りたい

    CHECK6.アコムと他社カードローンの簡易比較

    アコム
    金利3.0%~18.0%
    (月~1.5%程度)
    限度額1万円~800万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典契約日の翌日から30日間無利息
    ※「初回借入日の翌日」ではないので注意
    自宅郵送物以下の場合なし/回避可
    (1)来店契約時
    (2)ネット契約+口座登録
    みずほ銀行、りそな銀行等は未対応(詳細:公式HP
    勤務先への電話
    在籍確認
    原則あり
    (担当者個人名)
    ※事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間最短1時間程度
    24時間振込土日含む時間外振込対応は4銀行のみ
    詳細:公式HP
    審査傾向
    • 低年収、ブラック状態、多重債務者いずれにも比較的寛容(詳細:当該ページ
    備考
    • 三菱UFJ銀行グループ
    • インターネット返済対応(手数料無料)

    申込前に知っておきたい、口コミ評判や他社サービスから見たアコムの「デメリット」

    申込前に知っておきたい、口コミ評判や他社サービスから見たアコムの「デメリット」

    ここからは、「アコム」申込前に押さえておきたい「デメリット」について、もう少し詳しく解説を加えさせて頂きます。

    アコムへの申込みを決めているのでこの項目を飛ばす

    ①やはり1番気になるのは月1.5%程度の高金利

    以前「アコム」利用者にアンケート調査を行ったところ…。
    その「デメリット」「気になる点」として最も多くの方が挙げていたのが、金利面でした。

    アコムの提示金利は年3.0%~18.0%。ですが初回契約時は十中八九「年18%」の上限金利が適用されます。これを月あたりに直すと、大体「借入額に対し毎月1.5%程度の利息(手数料)」が発生する計算になりますね。

    例:10万円を1ヶ月借りると、月あたり1,500円前後の利息が発生

    この金利自体は消費者金融会社の中では一般的なもので、取り立ててアコムの条件が悪いというわけではありませんが…。

    「毎月1.5%の利息」を支払うことに抵抗があるのなら、アコムの利用は避けた方が良いかもしれません。

    アコム

    • 年代:20代
    • 職業:アルバイト

    年収が低く、本当に借りれるのかが不安だったがオペレーターさんがやさしく、審査結果もすぐに出て安心した。

    やはり審査が比較的緩い金融機関なので金利は高いですが、どうしてもお金が必要な場合はとても強い味方になりました。

    アコム

    • 年代:30代
    • 職業:会社員

    金利が高すぎるし、返済額の調整が自由にできない。かなり不自由。インターネット決済が容易にできることのみが利点。

    アコム

    • 年代:20代
    • 職業:会社員

    審査が早く、余程のことがない限り簡単に借り入れができるのが良いが、やはり金利が高い。返済方法も複数あり、ネットバンキングでの返済が可能なので楽です。でもご利用はあくまでも計画的に。

    ★ちなみに一般銀行カードローンの上限金利は「14.5%」ほど、月あたり利息は借入額の1.208%程度となります(アコムの8割くらい)。

    またあなたに十分な返済能力があるのなら、アコムよりやや審査難易度が高い代わりに、金利条件の良いローンへの審査通過も狙えることでしょう。

     CHECK【上限10%未満】おすすめ低金利カードローンランキングの決定版!【口座不要】
    CHECK全110の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    ②インターネット契約時(来店なし)での即日融資は他社に比べて苦手

    正直、金利に関してはどの消費者金融会社を利用する場合でも似たり寄ったりなのですが…。

    「アコム」最大の弱点と言えるのが、インターネット契約やカードレス取引に弱いということ。

    「プロミス」等に遅れ、アコムも2020年にやっと「来店なし+郵送物なし」のカードレス契約に対応したのですが…。

    実際に問い合わせを行ったところ、「来店なし」で即日融資を受けるタイムリミットは他社に比べかなり厳しく設定されているようでした。

    【管理人】山本
    インターネット申込だと、何時頃までに申し込めば今日中に借入できますか?
    オペレーターの回答
    当日のご融資をお振込みでご希望の場合、お振込先の金融機関にもよりますが…。
    たとえば楽天銀行さんへのお振込みでしたら、お申し込み後、ご本人さまの確認書類のご提出を19時までにお願いしております。

    お急ぎであれば、お申し込み後にこちらのお電話にご連絡いただければ優先でのご審査をさせて頂けますので、そちらもご検討ください。

    (2021年2月問い合わせ分)

    アコムは以前、ネット申込でも22時くらいまで契約に対応していたはずなのですが、いつの間にか審査時間は非公開となっている上、契約対応時間も短縮されているようですね…。

    19時までに本人確認書類の提出を済ませるためには、この時間までに仮審査に通過する必要があります。
    よってアコムにおいて「来店なし」で即日融資を受けるためには、遅くとも17時~18時頃までに申込みを済ませる必要があるでしょう。

    この時間制限は、他の大手消費者金融会社に比べ明らかに厳しいものとなります。
    しかも後述の振込制限により、お手持ちの口座によってはより厳しい条件が課せられることとなるでしょう。

    各社の「来店なし」即日融資タイムリミット
    平日土日祝
    アコム17時~18時
    ただし指定口座※なしなら15時半頃
    17時~18時頃
    (楽天銀行)
    16時~17時頃
    (その他指定口座※)
    即日融資不可
    (指定口座なし)
    プロミス20時頃20時頃
    (土祝)
    17時頃
    (日曜)
    レイクALSA19時頃19時頃
    (土祝)
    16時頃
    (日曜)
    アイフル18時頃18時頃
    (土祝)
    16時頃
    (日曜)
    ※三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行

    ★ただし来店契約の場合は「曜日を問わず、20時半頃までの来店」という比較的簡単な条件で即日融資を狙えます。
    店舗契約が可能なら、申込み当日に契約を結ぶことは難しくないでしょう。

    ③大手4行+楽天銀行ユーザー以外は銀行振込での借入を利用しづらい

    「来店なし」での即日融資が苦手なアコム。
    これが初回契約時だけならまだ良いのですが…。

    あなたが普段使っている口座が、

    • 三菱UFJ銀行
    • 三井住友銀行
    • みずほ銀行
    • ゆうちょ銀行
    • 楽天銀行

    のどれにも該当しない場合、インターネットを通した振込キャッシングは利用しづらいと言わざるを得ません。

    と言うのも「アコム」が上の5行以外への振込融資に対応してくれるのは、「平日9時~17時半」だけだからです。
    これについても他社との比較をご覧頂くのが早いでしょう。

    アコムと他社の振込対応時間比較
    アコムほぼ24時間
    (楽天銀行宛て)
    平日はほぼ24時間
    土日は9時~20時
    (指定4行※宛て)
    平日9時~17時半のみ
    (その他口座宛て)
    プロミス
    レイクALSA
    アイフル
    SMBCモビット
    多くの金融機関に対しほぼ24時間振込対応
    (日曜18:50~等の例外あり)
    ※三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行

    基本の借入方法を「ATM出金」とするのなら、振込サービスを利用しづらいことはあまり問題にならないのですが…。

    特に「来店なし+郵送物なし」のカードレス契約を希望する場合、指定口座を持っていない場合の振込制限は痛いと言わざるを得ないでしょう。

    ④みずほ銀行や楽天銀行などのユーザーは「来店なし+郵送物なし」の両立が未だ不可

    アコムは2020年後半に、やっと「来店なし+郵送物なし」のカードレス契約に対応。
    その利用条件は、「返済用口座をインターネット上で登録すること」となっているのですが…。

    公式HPをよく見てみると、

    • みずほ銀行
    • 楽天銀行
    • りそな銀行
    • PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)

    などの銀行口座は、「そもそもネット上での口座登録に対応していない」「口座登録は可能だが郵送物の回避不可」といった制限が設けられている模様。
    要は上に挙げたような銀行口座を使っている場合、「来店なし+郵送物なし」の両立ができないわけですね。

    …ということで、結局のところ「長時間の振込キャッシング」「来店なし+郵送物なしの両立」を利用できるのは、

    • 三菱UFJ銀行
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行

    のユーザーに限られるという形になります。

    地銀や信金などの口座を使った24時間振込や「郵送物なし」契約に対応している他社に比べると、このあたりのサービス導入は遅れていると言わざるを得ません。

    CHECKアコム公式HP「インターネット口座振替対応金融機関一覧」

    ★来店申込み/来店契約であれば、お手持ちの口座の種類は問われず、郵送物も発生しません。

    ⑤特に相談などを行わない場合、勤務先に電話が掛かってくる(在籍確認)

    「アコム」へ申込みを行うと、その審査の過程であなたの勤務先に電話連絡が入ります。

    「在籍確認」と呼ばれるこの過程はカードローン審査を受ける上で非常に一般的であり、特に「アコム」に限ったデメリットというわけではないのですが…。

    • アコムと似たような審査傾向(ブラックや多重債務者に比較的寛容)
    • アコムよりインターネット契約に強い

    といった特性を持つ「アイフル」が、現在「原則として在籍確認なし」を掲げていることを考えると、アコムの「原則として在籍確認を行う」という点は不安材料になり得るでしょう。

    CHECK5.アコムの審査中に掛かってくる「在籍確認(勤務先確認)」の電話って?

    デメリットを踏まえた上で「アコム」を選ぶべきはどんな人?他社と比べたアコムのメリット

    デメリットを踏まえた上で「アコム」を選ぶべきはどんな人?他社と比べたアコムのメリット

    ここからは、上に挙げたデメリットを踏まえた上で、それでも「アコム」を選ぶメリットについてお話しさせて頂きます。

    ①単純に「店舗数が多い」というのは大きなアドバンテージ、即日融資も毎日20時半までOK

    アコムと他社を比べた上で、最も分かりやすいアドバンテージと言えるのがその「店舗の多さ」

    特に比較対象として挙げられる「アイフル」の無人店舗数が812であるのに対し、アコムの無人店舗数は938となっています(2021年2月現在確認できる最新情報に基づく)

    単純に他社に比べ、「近くに店舗がある可能性が高い」というのは大きなメリット。インターネット契約が苦手なアコムであれば尚更のことと言えるでしょう。

    ちなみにアコムの無人店舗を使う場合、「毎日20時半」頃までの来店で即日融資を狙えます。

    CHECK「アコム」契約の流れ(来店申込みの場合)
    CHECKアコム公式HP「店舗・ATM案内」

    ②「アコム」はショッピング枠付きのクレジットカードを、消費者金融で唯一独自発行

    アコムは消費者金融会社の中で唯一、独自のクレジットカード(ACマスターカード)を発行しています。

    「SMBCモビット」にも「Tカードプラス」という一見似たようなカードはありますが、そちらの発行元は「三井住友カード」社。
    消費者金融会社ならではの審査基準で発行されるクレジットカードはこの「ACマスターカード」のみと言うわけですね。
    (アイフル子会社のライフカードという信販会社はありますが)

    「ACマスターカード」は決して、クレジットカードとして優れた機能を有するものではありませんが…。

    何らかの事情(ブラック状態等含む)で一般的なクレジットカードの作成が難しい状況にあるのなら、重要な申込み先候補となってくれることでしょう。

    ACマスターカード券面

    ACマスターカード
    年会費無料
    還元率0.25%
    国際ブランドMastercard
    その他
    • リボ払い専用
      ┗追加支払い方法は都度入金のみ(増額引き落とし不可)
    • ETCカード発行不可
    • 必ずキャッシング枠(通常のカードローンと同じ)が付く
    • 審査結果によってはローン専用カード(普通のアコムのカード)が発行される

    ★ただし逆に言うと、普通のクレジットカードを作れる状況ならまず「ACマスターカード」は選択肢に入りません。

    ★一部の自動契約機は「ACマスターカード」の発行に対応していません。来店申込みを検討している場合には、あらかじめ対応状況をご確認ください。

    CHECKアコム公式HP「店舗・ATM案内」

    ③金融ブラックや多重債務者といった少し問題のある方でも、比較的審査に通りやすい

    アコムの審査は、大手消費者金融会社の中で比べても寛容な方。
    具体的に言うと、

    • 年収100万円未満
    • ブラック状態
    • 多重債務者

    といった状況であっても、十分審査に通過できる可能性があります。

    参考:「アコム」審査通過例(抜粋)
    属性契約内容
    • 年収40万円
    • パート(1年)
    • 5年以内に長期延滞(ブラック状態)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収190万円
    • アルバイト(3年)
    • 他社借入20万円(アイフル)
    • 5年以内にクレカ等超延滞(ブラック状態)
    • クレジットカード支払い延滞「中」
    • 金利18%
    • 限度額20万円
    • 年収350万円
    • 契約社員(0年)
    • 他社債務2社計100万円
      ┗銀行50万円
      ┗リボ残高50万円
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 直前にプロミスで審査落ち
    • 年収400万円
    • 会社員(5年)
    • 他社債務3社計130万円
      ┗銀行20万円
      ┗貸金業2社50万円
      ┗リボ残高60万円
    • 2年以内に1ヶ月以上のクレカ等延滞
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 直前にモビットで審査落ち

    決して余裕がある状況とは言えなくても、「プロミス」「レイクALSA」等の他社に比べ申し込みやすいというのは嬉しいポイントの1つと言えるでしょう。

    CHECK43名の審査結果から分析!アコムの審査に通る5つの条件と即日融資の受け方

    ④インターネット返済対応はじめ、大手消費者金融会社らしいサービス面は◎

    大手の中でも比較的審査が寛容とされる「アコム」…ではありますが、実はこのメリットはライバル業者「アイフル」とも共通します。

    となると意識したいのが「アイフル」との違いですが、これについて、

    • 店舗数の多さ
    • クレジットカード発行対応

    以外に挙げられるのは「インターネット返済対応である」ことでしょう。

    アコム(その他プロミス、レイクALSA)はインターネットバンキングを通した、手数料無料での返済に対応しています。

    これに対し、アイフル(とSMBCモビット)の返済方法は、毎月の自動引き落としを除くと

    • ATM入金
    • 銀行振込

    の2つのみ。

    いずれの方法も手数料が発生しやすいことを考えると、「手数料無料でいつでも返済できる」というのは大きなアドバンテージと言えそうですね。

    大手消費者金融会社の返済方法比較
    アコム
    プロミス
    レイクALSA
    ★自動引き落とし
    ★インターネット返済
    ☆ATM入金
    (スマホATM含む※)
    △銀行振込
    アイフル
    SMBCモビット
    ★自動引き落とし
    ☆ATM入金
    (スマホATM含む※)
    △銀行振込
    ※カードの代わりにスマートフォンアプリを使い入出金を行う取引。カードレスで利用可
    ★手数料無料
    ☆一部ATM利用時のみ手数料無料
    △振込手数料負担あり(金額は利用する銀行等による)
    結局私はアコムを選ぶべき?

    ここまで挙げた「アコム」のメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

    アコムのメリット
    • 店舗数が多い
    • クレジットカード発行対応
    • ブラック状態や多重債務者でも比較的利用しやすい
    • インターネット返済対応
    アコムのデメリット
    • 高金利(月1.5%程度)
    • インターネット契約、カードレス契約が苦手
      ┗「来店なし+郵送物なし」と長時間振込を両立できるのは「三菱UFJ」「三井住友」「ゆうちょ」銀行ユーザーのみ
    • 在籍確認は原則電話
    ★:他の消費者金融と比べた場合、特に目立つ点

    デメリットを踏まえてなお「メリット」の方に魅力を感じるのなら、そのまま「アコム」への申込みを進めて問題ないでしょう。

    反対にどうしてもデメリットの部分が気になるのであれば、他社カードローンの選択を検討したいところです。

    CHECK6.アコムと他社カードローンの簡易比較

    「アコム」との契約に必要な書類と即日融資の流れ

    「アコム」との契約に必要な書類と即日融資の流れ

    ここからは「アコム」への申込みを決めたあなたのため、必要な準備や即日融資の流れについて簡単に解説していきます。

    ①「アコム」カードローン契約に必要な書類

    「アコム」の必要書類は以下のように、契約方法や提出方法によってやや異なります。

    「アコム」カードローン契約の必要書類
    スマホアプリから提出
    以下からいずれか1点
    (1)運転免許証
    (2)健康保険証
    (3)パスポート
    (4)マイナンバーカード
    インターネット(スマホアプリ以外)で提出
    以下からいずれか2点
    (1)運転免許証
    (2)健康保険証+住所確認書類(公共料金の領収書など)
    (3)パスポート
    (4)マイナンバーカード
    またはいずれか1点+住所確認書類(公共料金の領収書など)
    自動契約機を使ったスキャン提出(来店申込みの場合)
    以下からいずれか1点
    (1)運転免許証
    (2)健康保険証+住所確認書類(公共料金の領収書など)
    ┗健康保険証のみを提出、後日郵送物送付による住所確認も可
    (3)パスポート
    ┗2020年2月3日以前に発行された、住所が記載されているものに限る
    (4)マイナンバーカード
    ※本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合、上の書類に加え「住所確認書類」(公共料金領収書など)が必要となります。
    ※その他収入証明書、勤務先確認書類などが必要になる場合があります。

    「来店なし」で契約したい場合には、必要書類が少なくて済む「スマホアプリ」を利用できると良いですね。

    CHECKアコム公式HP「お申し込みに必要な書類」

    ②「アコム」契約の流れ(インターネットの場合)

    「アコム」にてインターネット契約を結ぶ流れは以下の通りです。

    「アコム」ネット申込み~ネット契約の流れ

    インターネットから申し込み
    お急ぎの場合はアコムに連絡
    (0120-07-1000)
    審査開始
    ※電話確認が入る可能性あり
    自動返信メールの指示に従い
    必要書類のアップロード
    (即日契約のためには
    19時までの提出完了が必要)
    書類提出と前後する形で在籍確認
    メールや電話で仮審査結果連絡
    インターネット上で契約手続き
    振込でキャッシング
    銀行ごとの振込対応時間に注意)
    後日カードの郵送
    一部金融機関利用者を除き回避可)

    先述の通り、アコムはインターネット契約が苦手な傾向あり。
    即日融資を受ける条件はお手持ちの銀行口座や申込みの曜日によって大きく異なりますのでご承知おきください。

    ちなみに「アコム」にて利用できるカードレス借入方法は「銀行振込」だけです(2021年2月現在)。

    口座別・アコム「来店なし」で即日融資を受ける申込タイムリミット目安
    平日土日祝
    楽天銀行17時
    ~18時
    17時
    ~18時頃
    三菱UFJ
    三井住友
    みずほ
    ゆうちょ
    16時
    ~17時頃
    その他15時半頃即日融資不可

    CHECKアコム公式HP「振込によるお借入」

    ③「アコム」契約の流れ(来店申込みの場合)

    アコムの無人店舗に設置してある自動契約機(むじんくん)を使い、申込み~契約を行う場合の流れは以下の通りです。

    「アコム」来店申込み~契約の流れ

    必要書類を持ってお近くの「むじんくん」へ
    ※即日融資希望なら20時半頃までに入店
    自動契約機を使い申込み手続き
    その場で審査
    ※その場でまたは後日に在籍確認あり
    契約内容の確認
    契約手続き
    カード受取
    併設のATMを使い借入
    (ここまで最短1時間弱/郵送物なし)

    面倒な制約が多いインターネット契約に対し、こちらは「曜日を問わず20時半までに来店すれば即日融資を狙える」という単純明快さが魅力的。

    お近くに店舗があるのなら、来店申込みを選ぶのが何かと無難でしょう。各ATMで使えるカードもその場で手に入りますから、借入方法にも困りません。

    CHECKアコム公式HP「店舗・ATM案内」

    ただし来店申込みの場合、仮に審査の過程で追加書類の提出を要求されると、その場で契約を結べないというリスクがあります。

    万全を期すためには上に挙げた「本人確認書類」に加え、「源泉徴収票」「2ヶ月分の給与明細書」等(勤務先と収入の両方を示せるものが望ましい)を持っていけると良いですね。

    参考:アコムへの問い合わせ結果より

    【管理人】山本
    自動契約機へ向かう場合、何時頃までに出向けば当日中の契約が可能でしょうか?
    オペレーターの回答
    自動契約機の営業受付は21時までとなっておりますので、それより少し早い20時半頃までにお申し込みいただければ本日中のお手続きが可能かと思います。

    アコムの審査中に掛かってくる「在籍確認(勤務先確認)」の電話って?

    アコムの審査中に掛かってくる「在籍確認(勤務先確認)」の電話って?

    先にも少し触れましたが、アコムの審査において必須となるのが「在籍確認(勤務先確認)」
    これはアコムが「申込者が、その申込情報通りの勤務先に勤めていること」を確認する過程のことで、主に電話を使って行われます。
    要はアコムが、あなたの勤務先に電話を掛けてくるわけですね。

    と言うと、非常に大変なことのようですが…。
    この在籍確認の際、アコムが社名や用件を第三者に伝えることはありません
    電話は「○○(担当者個人名)と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」というように、お客さんや知り合いを装う形で掛かってきます。

    ということで、この電話のせいで「アコム」やキャッシングの利用が知られる心配はほぼ必要ないと言って良いでしょう。

    ★それでもどうしても電話を避けたい、という場合には、

    • 事前相談+勤務先確認書類の提出
    • 原則として在籍確認を行わない「アイフル」の選択

    といった対応が可能です。

    ★勤務先が休業日で在籍確認が取れないという場合には、

    • 一旦審査通過とし、後日改めて電話確認
    • 勤務先確認書類の提出

    といった方法で対応してもらえるとのこと。
    どちらが適用されるかは、アコム担当者の判断や相談内容、勤務先確認書類の提出が可能かどうか等によって変わってくるでしょう。

    【管理人】山本
    勤務先の休業中に即日融資を受けることはできますか?
    オペレーターの回答
    そういった場合ですと一旦その場で契約の手続きをいたしまして、後日お電話をお掛けするですとか…お客様によっても異なるのですが、そういった対応を取らせて頂く場合もございます。
    オペレーターの回答
    ただこちらは担当者の判断にもよってきますので、今の時点では何とも…という形になりますね。

    CHECKアコムに聞いた!在籍確認の詳細と電話の避け方

    アコムと他社カードローンの簡易比較

    アコムと他社カードローンの簡易比較

    ここではいまだ申込み先を絞り込みかねるというあなたのため、主なカードローンを簡単に比較させて頂きました。

     

    主なカードローンの簡易比較
    上限金利特性など
    アコム18.0%
    • クレジットカード発行対応
    • 来店なしでの即日融資がやや苦手
    • 振込対象が限定的
    • ブラックや多重債務者に比較的寛容
    • 30日間無利息
    プロミス17.8%
    • 来店なし契約、即日振込に特に強い
    • 30日間無利息
    • 郵送物の回避は容易
    レイクALSA18.0%
    • 来店なし契約、即日振込に強い
    • 60日間無利息または180日間5万円以下無利息(Web申込時)
    • 郵送物の回避は容易
    アイフル18.0%
    • 来店なし契約、即日振込に強い
    • ブラックや多重債務者に比較的寛容
    • 原則在籍確認なし
    • 初めての方最大30日間無利息
    • 郵送物の回避は容易
    SMBCモビット18.0%
    • ブラックには厳しいが多重債務には寛容
    • WEB完結なら在籍確認電話なし(諸条件あり)
    みずほ銀行カードローン14.0%
    • 郵送物の回避不可
    • 口座開設必須
    楽天銀行スーパーローン14.5%
    • 郵送物の回避不可
    • 口座開設不要、任意の口座で返済可
    三井住友銀行カードローン14.5%
    • 来店契約時のみ郵送物なし
    • 口座開設不要
    三菱UFJ銀行「バンクイック」14.6%
    • 来店契約時のみ郵送物なし(要運転免許証)
    • 銀行の中では審査に通りやすい
    • 口座開設不要
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」9.5%
    • 高難易度の上位カードローン
      最低年収300万円~
    • 来店なし契約、即日振込に強い
    • 原則在籍確認なし
    • 初めての方最大30日間無利息
    • 郵送物の回避は容易
    消費者金融系カードローン
    銀行系カードローン
    ※ゆうちょ銀行はカードローン取り扱いなし

    ご覧の通り、各カードローンにはそれぞれ他社と比べた際のメリット・デメリットが存在します。

    まずはあなたがカードローン選びで何を最重視したいか決めた上で、申込み先候補を絞り込んでいけると良いですね。

    CHECK1分で分かる!消費者金融の比較とあなたに合ったカードローン:審査が甘い、在籍確認なし他

    「アコム」ライバル他社と比べたメリット・デメリットのまとめ

    「アコム」ライバル他社と比べたメリット・デメリットのまとめ

    アコムのメリット
    • 店舗数が多い
    • クレジットカード発行対応
    • ブラック状態や多重債務者でも比較的利用しやすい
    • インターネット返済対応
    アコムのデメリット
    • 高金利(月1.5%程度)
    • インターネット契約・カードレス契約が苦手
      ┗「来店なし+郵送物なし」と長時間振込を両立できるのは「三菱UFJ」「三井住友」「ゆうちょ」銀行ユーザーのみ
    • 在籍確認は原則電話
    即日融資の申込みリミット目安
    【来店申込み+契約】

    • 曜日問わず20時半までに来店

    【インターネット申込み+契約】

    • 下表参照
    ☆:他の消費者金融と比べた場合、特に目立つ点
     

    参考:アコム「来店なし」で即日融資を受ける申込タイムリミット目安
    平日土日祝
    楽天銀行17時
    ~18時
    17時
    ~18時頃
    三菱UFJ
    三井住友
    みずほ
    ゆうちょ
    16時
    ~17時頃
    その他15時半頃即日融資不可

    特にインターネット契約・カードレス取引面でのデメリットが気になる「アコム」。
    …ではありますが、「店舗数の多さ」「クレジットカード発行対応」といった差別化点の存在は見逃せません。

    現状の「アコム」はやや人を選ぶところのある申込み先となっていますが…。
    「アコム」ならではの利点に魅力を感じたなら、そのまま申込みを進めて良いだろうと思います。

    CHECK43名の審査結果から分析!アコムの審査に通る5つの条件と即日融資の受け方

    アコム
    金利3.0%~18.0%
    (月~1.5%程度)
    限度額1万円~800万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典契約日の翌日から30日間無利息
    ※「初回借入日の翌日」ではないので注意
    融資スピード最短1時間程度
    自宅郵送物以下の場合なし/回避可
    (1)来店契約時
    (2)ネット契約+口座登録
    みずほ銀行、りそな銀行等は未対応(詳細:公式HP
    勤務先への電話
    在籍確認
    原則あり
    (担当者個人名)
    申込み~融資の所要時間最短1時間程度
    24時間振込土日含む時間外振込対応は4銀行のみ
    詳細:公式HP
    審査傾向
    • 低年収、ブラック状態、多重債務者いずれにも比較的寛容(詳細:当該ページ
    備考
    • 三菱UFJ銀行グループ
    • インターネット返済対応(手数料無料)

    この記事でチェックしたカードローン情報

    アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • ご本人に安定した収入がある方

    • 来店契約のみ

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです
      (2020年11月度新規貸付率44.5%/アコムマンスリーレポートより)
    • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい