専業主婦はアコム「レディースローン」も利用不可!その理由&専業主婦OK他社ローン

「日常の支出のためにアコムを使いたい。
けれど、専業主婦の名義でもローンは組めるのかな?」

結論から言うと、自分自身で収入を得ていない専業主婦は「レディースローン」を含め100%、アコムを利用できません。理由は簡単で、アコム自身が専業主婦の申し込みを認めていないからです。
とは言え、その他の金融機関に目を向ければ専業主婦でも自分名義でローンを組めることは珍しくありません。

今回は日常の資金不足にお悩みのあなたのために、「専業主婦がアコムを利用できない理由と、その他の申し込み先候補」をまとめました。
読み終えていただければ、あなたが今取るべき行動が分かるはずです。

★パート・アルバイト、内職などで収入があれば、自分の名義でアコムを利用できる可能性があります。
この場合は「アコムのメリット・デメリットと利用の流れの総まとめ」ページをご覧ください。

自分自身に収入の無い専業主婦は、どうやってもアコムを利用できない

冒頭でも触れた通り、自分自身に収入の無い専業主婦は「レディースローン」(アコムの女性向けサービス)を含め、どうやってもアコムを利用できません
その理由は「アコムが専業主婦の利用を認めていないから」。これ以上でもこれ以下でもないんですね。
▲▼アコム公式HPより1
▲▼アコム公式HPより
▲▼アコム公式HPより2

というわけで、専業主婦が申し込みを行うのは未成年の場合と同じく、審査落ち(正しくは審査段階にも進めず、申し込みが棄却される)にしか繋がりません。
どうしても専業主婦が自分名義でカードローンの契約を結びたいのなら、アコムは諦めて専業主婦OKの金融機関を選ぶしかないんですね。

ちなみに、上記は「プロミス」「アイフル」「レイクALSA」といったその他の大手消費者金融会社にも共通します。
(「レイクALSA」は前身の「新生銀行レイク」時代は専業主婦OKだったものの、現在は利用不可)

<配偶者貸付という制度はあるけれど……>

アコムが専業主婦の申し込みを受け付けていない理由として、総量規制が挙げられていることがあります。
(総量規制……貸金業法における、個人の年収の3分の1を超える貸付を禁止する制限の通称)

貸金業法には「配偶者との年収を合算し、それに総量規制をかける」(=2人の年収の合計の3分の1までを、2人で借りられる)という「配偶者貸付」という制度が存在しますが……。
アコムはこれの利用を認めていないということで、アコムが専業主婦に貸付を行っていないのは「法律に制限されているから」ではなく「アコム自身の意志」と言えるわけです。

……とは言え、配偶者貸付を利用するためには婚姻関係を証明する書類の提出を求められるなど、かなり面倒な手続きが必要となります。
貸金業法が厳しくなり、総量規制が敷かれるまではアコムも専業主婦相手に融資を行っていたようなので、「改正貸金業法のために専業主婦に貸さなくなった」というのもあながち間違いでは無さそうです。

「レディースフタバ」など、ごく一部の中小消費者金融会社ローンは「配偶者貸付」を導入しています。
ただし前述の通り書類の準備が面倒、かつ以下で紹介する銀行ローンに比べても高金利で条件が悪いので、申し込みはあまりおすすめできません。

銀行など、消費者金融(カードローン会社)以外を選べば専業主婦名義で借りられることも

さて、専業主婦はどうやってもアコムやその他の大手消費者金融会社(カードローン会社)を利用不可。
ただし、銀行や信用金庫といった「消費者金融会社」(正しくは貸金業者)に含まれない金融機関を選べば、専業主婦でも自分名義でローンを組むことはさほど難しくありません

というのも、貸付額や配偶者貸付について厳しい制限を設けているのは「貸金業法」だけ。 「銀行法」や「信用金庫法」に縛られ、貸金業法と関係のない会社を選べば問題なく借入を済ませられるわけですね。

専業主婦が自分の名義で組める、最も大手のカードローンは「三菱UFJ銀行バンクイック」でしょう。

三菱UFJ銀行「バンクイック」

金利 上限14.6% 限度額 10万円~
審査スピード 最短1営業日 申込みから借入可能になるまでの日数目安 最短1営業日
その他
  • 三菱UFJ銀行の口座不要
  • 運転免許証が無いとカード受け取りに時間が掛かる(1週間~)

後は、各地方銀行も専業主婦への貸付を行っていることが多いですね。

横浜銀行カードローン

金利 上限14.6% 限度額 10万円~
審査スピード 最短1営業日 申込みから借入可能になるまでの日数目安 最短1営業日~
その他
  • 横浜銀行の口座は必須

千葉銀行「クイックパワー<アドバンス>」

金利 上限14.8% 限度額 10万円~
審査スピード 原則2、3日~ 申込みから借入可能になるまでの日数目安 数日~
その他 ・千葉銀行の口座は必須

まずは、あなたが預金口座をお持ちの地方銀行や信用金庫、その他JAなどのカードローンの申し込み条件をチェックしてみると良いでしょう。

ちなみに、銀行・信用金庫などへ申し込みを行う場合、多くの場合で旦那さんなどの同意は不要。かつ、法律上の制限もないので婚姻関係を証明する書類なども必要ありません
(多くの場合は免許証、マイナンバーカードなどの本人確認書類だけでOK)

ただ、銀行カードローンは何かと自宅に郵送物が届くことが多いので、家族に内緒で借入を行うことはおすすめしかねます。事前に何とかして了承を取っておきたいところです。
(バンクイックであれば、「テレビ窓口」でのカード受け取り+DM等を送らない旨の申請で郵送物のストップ可、ただし「テレビ窓口」でのカード受け取りには運転免許証が必要)

CHECK全国47都道府県の地方銀行カードローンまとめ
CHECK信用金庫のカードローン商品について
CHECKJA(農協)が取り扱うカードローンについて

★銀行カードローンであっても、専業主婦の申し込みを認めていないことはあります。この場合はアコムと同じく、申し込みは不可能です。(三井住友銀行みずほ銀行福岡銀行など)

★現在、すべての銀行カードローンは即日審査/即日融資に対応していません。
信用金庫でなら即日審査を受けられる可能性はありますが、消費者金融会社のように「申し込み当日の融資」は困難となる点についてはあらかじめご了承ください。

<良い条件で借りるためには、どうしても旦那さん等の助けが必要>

カードローンは、「1.9%~14.6%」三菱UFJ銀行バンクイックの例)といったように金利に開きが設けられていることが多いです。
ただし、専業主婦が申し込みを行う場合にはまず最大の金利、バンクイックの場合は14.6%が適用されるとお考え下さい。

というのも、多くの銀行カードローンは返済能力と、それに応じて決まる利用限度額をもとに適用金利を定めます。
自身に収入が無く、どうしても返済能力の面で他人に頼らざるを得ない専業主婦の方に対して、100万円を超えるような限度額を設定することはほぼないんですね。
(実際、「専業主婦は30万円まで・50万円まで」といった制限を設けている銀行も多い)
利用限度額と適用金利はほぼ反比例しますので、専業主婦の利用者に適用される金利はおのずと高いものとなるわけです。

結局のところ、同じカードローンでも大きな限度額をもらったり、低い金利で借りたりするためには申込者本人に安定した返済能力が必要となります。
より良い条件でお金を借りたい場合には、安定収入のある旦那さんやご家族に申し込みを行ってもらうのがベストでしょう。

CHECKあなたの街で最も低金利に借りられるカードローンの探し方
CHECK年収400万円以上向き:ハイクラス・カードローンについて

まとめ

アコムはレディースローンを含め、専業主婦の申込みに一切対応していない
「配偶者貸付」制度も導入していないので、アルバイトをはじめて収入を得るなどしない限りどうやっても自分名義で利用は不可能
★とは言え、消費者金融会社(貸金業者)以外に目を向ければ専業主婦OKのローンは少なくない
特に地銀や信用金庫は専業主婦であっても簡単に利用できることは多いので、まずは口座を持っている身近な金融機関をチェックしてみよう

アコムの利用こそ不可能なものの、「専業主婦がカードローンを利用する」こと自体はさほど難しくありません。
まずはあなたがすでに口座を開いている金融機関、あるいはお近くに店舗のある金融機関の、カードローン申し込み条件をチェックしてみると良いでしょう。

カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。