アコムの金利の仕組みが一目でわかる!返済シミュレーション&おトクに借りる方法

アコムの金利の仕組みが一目でわかる!返済シミュレーション&おトクに借りる方法

「アコムで借りたら、到底支払いのできないようなお金を請求されそうで怖い!」「金利18%ってどれくらいなのか、まったく想像がつかない……。」
カードローンの借入・返済の仕組みはとてもわかりづらいので、そんな不安を抱くのも当たり前のことです。

そこで、今回は「○○円借りたら、△△円の利息(手数料)が生まれて、結局××円返済することになる」といった、一目でわかる返済シミュレーションを3パターン用意してみました。

CHECK5万円を借りた場合のシミュレーション
CHECK10万円を借りた場合のシミュレーション
CHECK30万円を借りた場合のシミュレーション 

アコムはれっきとした正規・合法の金融機関なので、あらかじめ決められた、「アコムの返済ルール」を超えたお金を請求されることはありません

今回は借り入れ後の返済シミュレーションを紹介しながら、アコムの「返済ルール」を解説します!
さらに、契約後に金利を下げる方法など、「アコムの金利」に関連するすべての事柄を詳しくまとめてみました。
アコムの金利の「仕組み」を理解して、よりおトクにアコムを利用していきましょう!

アコム (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
  • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
  • カードにクレジット機能が付けられる

アコムの公式サイトで詳細をチェックする!

アコムの金利(実質年率)は3.0〜18.0%

利用者は誰だって、ローンの金利は低い方が嬉しいもの。
ですが、アコムの「3.0%~18.0%」という金利は審査によって割り当てられます。つまり、審査に通るまで適用される金利が分からない、というわけですね。

① 金利に幅があっても、契約時に適用されるのはほぼ「18.0%」

と言うと、「自分は安定した収入のある社会人だし、間を取って10%くらいの金利で借りられるのでは?」と考えてしまいがちですが……。
残念ながらはじめてアコムとの契約を結ぶとき、寄せられた体験談を見ても適用される金利は収入に関わらず18%となることがほとんど。
これはアコムに限らず、審査に応じて金利を決定する金融機関(プロミスアイフルなど)に共通する特徴となっています。

そのため、アコムを利用する際には「金利は18%である」と考えておきましょう

ちなみに、18%という金利で「10万円を借り、毎月1万円を返済したとき(11回払い)」、発生する利息(サービス料)は全部で「約9,000円」となります。

CHECK3.アコムの金利を下げる方法はないの?

★18%という金利は、消費者金融(キャッシング専門会社)の中では平均的なもの。
ただし、一般的な銀行(上限14.5%程度)に比べるとやや高金利となります。

★審査の結果100万円以上の限度額をもらえた場合には、利息制限法により上限金利は15%となります。
ただし、50万円を超える限度額をもらうためには収入証明書の提出が必須となる上、アコムを含む消費者金融ではじめから大きな限度額を与えられた体験談は多くありません。

<「金利」「利息」の関係をわかりやすく解説!>

まずはじめに、金融機関へ支払う手数料・サービス料のことを「利息」(あるいは利子)、「利息」を計算するために使う数字のことを「金利」と呼びます。
金利が高いほど利息は大きくなりますので、利用者にとっては金利は低いほどおトク、となるわけですね。

「利息」は以下の式によって計算されます。(覚える必要はありません)

借入残高×金利(小数)÷年間日数×借入日数


詳細カードローンの金利と利息、返済の仕組み

アコムの適用金利は「3.0%~18.0%」
例えば30万円をそれぞれの金利で借りたとすると、30日あたりの利息(サービス料)は以下のようになります。

★金利3%のとき
30万×0.03÷365×30=約739円
★金利18%のとき
30万×0.18÷365×30=約4438円


どの金利が適用されるかによって、支払い額が大きく変わってくることが分かりますね。
実際の借り入れ期間はより長期間になりますので、支払い額の差もそれだけ大きくなっていきます。

②現在の金利は「利息制限法」「出資法」で制限されており、安心して利用できる

消費者金融と言うと、金利が高く返済が終わらない、取り立てが厳しい、といったマイナスイメージを持たれてしまいがち。
確かに、法改正前にはそのような側面もあったと聞きますが……。

現在、アコムを含む消費者金融会社は「利息制限法」「出資法」「貸金業法」などの厳しい法律に制限されています。
そのため、大手金融機関が以下の金利を超えて貸し付けを行うことはまずありません

★利息制限法、出資法で定められている法定金利

借入金額10万円未満 20%
借入金額10万円~100万円未満 18%
借入金額100万円以上 15%

インターネットで検索を掛けると「アコムの金利が29.2%で……」といった記載を見かけることもありますが、いずれも情報は2007年以前のもののはず。
現在、アコムが規定で定めている18%を超える金利で貸付を行うことはありません
(返済が遅れたときに発生する、年20%の遅延損害金を除く)

★18.0%の金利で借りると、どれくらいの利息が発生するかというと……
「10万円を30日借りるごとに1,479円の利息が発生」するものとなります。
ここで支払う利息が、お金を借りるためのサービス料というわけですね。

★自宅に訪問する形での取り立ても現在は明確に禁止されています。
もしも利用者が支払いを踏み倒した場合には、裁判など正しい法的措置が取られることになります。
詳細カードローンの返済遅れとその後の流れ

<「過払い金」って何?>

実は2007年6月まで、最大29.2%もの高金利で貸付を行っていたアコム。
これは当時の法律が現在と異なり、18%を超える金利での融資に罰則が設けられていなかったからです。(グレーゾーン金利)

このときの支払いすぎた利息、つまり「金利が18%だったら支払う必要のなかったお金」こそが「過払い金」と呼ばれるもの。
ですから、金利の改正後(2007年6月18日以降)に契約を結んだ方に過払い金が発生することはありません

これから契約を結ぶ場合、もしくは2007年6月以降に契約を結んだ場合、利息が返ってくることはありませんのでお気を付けください。

アコムで借りたら、結局どれくらいのお金を支払うことになるの?

それでは、実際にアコムで借りたら完済までにどれくらいの時間と利息(サービス料)が必要になるのでしょうか?実際に計算してみました。

①事前にチェック!「元利定率リボルビング方式」ってどういう意味?

返済シミュレーションを見ていく前に、アコムの返済方式を知っておきましょう。

アコムの返済方式は「元利定率リボルビング方式」。それぞれの言葉の意味は以下の通りになります。

★元利定率リボルビング方式の用語解説

元利 支払い額の中に利息が含まれる
(支払い額から利息が差し引かれた金額が、借入残高の清算に充てられる)
定率 借入残高×一定の割合(後述)で支払い額が決まる
リボルビング方式 分割払い

例えば、前にも言った通りアコムで審査の結果、金利18%と設定されたならば、10万円を30日借りたとき、利息は1,479円。
アコムの返済方式は「元利」ですから、このときアコムに5,000円を支払う(=返済する)と、借入残高は5,000-1,479=3,521円減ることになるわけですね。

★金利18%で10万円を30日間借り、5,000円を返済した場合の内訳

事前にチェック!「元利定率リボルビング方式」ってどういう意味?

この仕組みを覚えておかないと、「返済してるのに借り入れが減らない!」といった悩みの種になってしまいます。

また、アコムが採用している「定率」、つまりいくら返せば良いのかを計算する時の係数は以下の通り。

★アコムの返済額の決まり方

限度額が30万円以下の場合 借入残高×0.042
限度額が30万円超過~100万円の場合 借入残高×0.03
限度額が100万円を超える場合 借入残高×(0.01~0.03)
※契約内容に応じ設定
いずれも1,000円未満は切り上げ

このため、アコムで15万円を借りているときは
15万×0.042=6300、1000円未満を切り上げて毎月の返済額は「7,000円」となるわけですね。

アコムの返済方式、ばっちり把握していただけましたか?
それでは、それぞれのシミュレーションを見ていきましょう!

②5万円を借りた場合のシミュレーションと、支払いの基本

アコムで5万円を借りた場合のシミュレーションは以下の通り。

★4月1日にアコム(金利18%)から5万円を借り、毎月末に最低返済額で支払いを行う場合

支払い額 当月の利息 返済に充てられる金額
(支払い額ー利息)
返済後の借入残高
2017年
4月30日
3,000円 739円 2,261円 47,739円
5月31日 3,000円 706円 2,294円 45,445円
6月30日 2,000円 672円 1,326円 44,119円
7月31日 2,000円 674円 1,324円 42,795円
8月31日 2,000円 654円 1,346円 41,449円
9月30日 2,000円 613円 1,387円 40,062円
10月31日 2,000円 612円 1,388円 38,674円
2021年
3月31日
797円 10円 697円 0円
計算結果 総返済回数:48回(4年0ヶ月)
総返済金額:65,703円
(うち利息15,703円)
初回30日間無利息サービスは考慮しないものとしています。
※実際の支払いとは誤差があります。

見ての通り、借りたのは5万円なのに完済までに4年もの年月が掛かってしまいました。

これは、アコムにおける毎月の返済が「借入金額×0.042(1,000円未満切り上げ)」で計算されるせい。(借入残高30万円以下のとき)
借入残高が減ると毎月の返済額も少なくなるため、それだけ完済に時間が掛かるというわけですね。

上のシミュレーションだと、「6月30日」に返済に充てられる金額が大きく下がっていることが分かります。これは、この月の返済額が1,000円少なくなったせい。

それでは、毎月の返済額をはじめの「3,000円」のまま支払いを続けると、支払い結果はどのように変わってくるのでしょうか?実際に計算してみました。

★4月1日にアコム(金利18%)から5万円を借り、毎月末に3,000円の支払いを行う場合

支払い額 当月の利息 返済に充てられる金額
(支払い額ー利息)
返済後の借入残高
2017年
4月30日
3,000円 739円 2,261円 47,739円
5月31日 706円 2,294円 45,445円
6月30日 672円 2,328円 43,117円
7月31日 659円 2,341円 40,776円
8月31日 623円 2,377円 38,399円
9月30日 568円 2,432円 35,967円
10月31日 549円 2,451円 33,516円
2018年
11月31日
956円 14円 942円 0円
計算結果 総返済回数:20回(1年8ヶ月)
総返済金額:57,956円
(うち利息7,956円)
※30日間無利息サービスは考慮しないものとしています。
※実際の支払いとは誤差があります。

毎月、最低返済額でのみ返済を行った場合に比べ返済回数、利息ともに大きくカットすることができました。利息総額は、最低返済額のみで支払いを行った場合に比べちょうど半分くらいとなっていますね。

それでは、ちょっと極端な例を見てみましょう。

★4月1日にアコム(金利18%)から5万円を借り、毎月末に10,000円の支払いを行う場合

支払い額 当月の利息 返済に充てられる金額
(支払い額ー利息)
返済後の借入残高
2017年
4月30日
10,000円 739円 9,261円 40,739円
5月31日 622円 9,378円 31,361円
6月30日 463円 9,537円 21,824円
7月31日 333円 9,667円 12,157円
8月31日 185円 9,815円 2,342円
9月30日 2,376円 34円 2,342円 0円
計算結果 総返済回数:6回
総返済金額:52,376円
(うち利息2,376円)
※30日間無利息サービスは考慮しないものとしています。
※実際の支払いとは誤差があります。

毎月1万円の返済を行ったこのシミュレーションは、毎月3,000円の返済を行った場合に比べさらにおトクになりました。

★アコムから5万円を借りた場合の支払い回数・支払い総額比較

支払い回数 支払い総額
毎月最低返済額
(1,000円~3,000円)を返済
48回(4年) 65,703円
毎月3,000円を返済 20回(1年8ヶ月) 57,956円
毎月10,000円を返済 6回 52,376円

もう、法則性がお分かりいただけましたね?
このように毎月の返済額を大きくして、支払い回数を減らすことができれば、同じ金利でも支払額を節約することができるんです。

アコムに限らず、カードローンを利用する際にはできる限り毎月の返済額を多めにしたいもの。
それが難しい場合はせめて、「最低返済額が変わっても、借り入れ当初の最低返済額をキープしたまま返済を続ける」ことをおすすめします。

CHECKアコムの返済方法と毎月の最低返済額

③10万円を借りた場合のシミュレーション

それではここからは、簡単に計算結果のみを紹介していきます。

★アコム(金利18%)で10万円を借りた場合の返済シミュレーション

支払い回数 支払い総額
毎月最低返済額のみで返済 65回(5年5ヶ月)※ 136,723円
借入当初の最低返済額
(5,000円)で返済
24回(2年) 119,772円
毎月1万円を返済 11回 109,158円
※アコムの規定により、最長支払い回数は31回(借入額30万円のとき)となるため、実際に65回払いを行うためにはアコムへの相談が必要となります。

「支払い回数が多いほど、支払い総額が増える」関係性がより分かりやすくなりましたね。
このように、ローンの支払いに重要なのは金利よりも支払い回数(借り入れ期間)となります。

④30万円を借りた場合のシミュレーション

★アコム(金利18%)で30万円を借りた場合の返済シミュレーション

支払い回数 支払い総額
毎月最低返済額のみで返済 103回(8年7ヶ月)※ 439,022円
借入当初の最低返済額
(13,000円)で返済
29回(2年5ヶ月) 370,993円
毎月2万円を返済 18回(1年6ヶ月) 342,404円
※アコムの規定により、最長支払い回数は31回(借入額30万円のとき)となるため、実際に103回払いを行うためにはアコムへの相談が必要となります。

こちらは30万円を借りた場合の支払い総額比較。もとの借入残高が大きいと、それだけ支払い総額に差がでやすくなります。
大きなお金を借りるときほど、毎月できるだけ大きなお金を返済することを心がけられるとよいですね。

<はじめてアコムを使うなら、契約日の翌日から30日間だけ金利は0%>


もしもあなたがはじめてアコムと契約を結ぶのなら、「契約日の翌日から30日間」だけ一切利息が発生しません。つまり、金利が0%になるというわけですね。
ですから、無利息サービス中に返済したお金は、全額借り入れの清算に充てられることになります。
(例:30万円を借りているところ、無利息サービス中に5万円を返済すると借入残高は25万円に)

上のシミュレーションでは、長期利用や2回目以降の借り入れを想定して計算を行いましたが……。
もしも無利息サービスを利用可能であれば、シミュレーションよりちょっとおトクにアコムを利用することができますよ。

★無利息サービスを利用するためには、返済方法を「毎月指定日返済」ではなく「35日ごと」に設定する必要があります。
詳細アコム公式HP「ご返済期日について」

アコムの金利を下げる方法はないの?

支払いの工夫によって返済額を下げることはできるものの、それでもやはり金利は低いに越したことはありません。
何とかして、アコムでの適用金利を下げる方法はないのでしょうか?

①100万円以上の限度額をもらえれば、金利は最大でも15%に

アコムでの金利を下げる最も確実な方法は、「100万円以上の限度額をもらう」こと。

正規の金融業者であるアコムは必ず利息制限法を守ります。
この法律では、「借入額が100万円以上のとき、15%を超える金利で貸付を行ってはいけない」と設定されているため、100万円以上の限度額をもらえれば、確実に金利は下がるわけです。

ただし、100万円以上の限度額をもらうためには最低でも300万円以上の年収と、アコムからの十分な信用、収入証明書の提出が必須となります。

限度額は申し込み時の審査で決まってしまいますが、あとから限度額を上げてもらうこともできます。
これを増額と言います。
ただし増額には審査が必要なこともあり、年収300万円未満の場合やアコムとの取引期間が短い場合には、限度額の増額によって金利優遇を狙うのは難しいでしょう。

★限度額の増額を希望する場合には、アコムのコールセンターへ相談を行ってみましょう。
コールセンター:0120-629-215(毎日9:00~18:00)

CHECKアコムの限度額増額について 

②アコムと取引を続けていけば、金利を優遇してもらえる可能性も

実はアコムとの取引を続け、「他の会社に逃がしたくない、良いお客さん」だと思ってもらうことで金利を優遇してもらえることがあります。
契約内容が変わることになるため、増額と同じく再審査が必要となりますが、こちらは年収300万円未満でもチャンスあり。

もしもこれまでにアコムから限度額増額の案内を受けたことがあるのなら、あなたはアコムにとって「良いお客さん」だと思われている可能性が高いです。
コールセンターへ電話を掛けて、金利引き下げの交渉を行ってみても良いでしょう。

コールセンター:0120-629-215(毎日9:00~18:00)

ただし限度額が100万円となる場合とは違い、実際に金利が何%優遇されるかは審査結果が出るまでわかりません

③確実に低金利で借りたいなら、はじめから金利の低い銀行系ローンを選ぼう

「100万円以上の限度額をもらう」「優良顧客になって、金利の引き下げを交渉する」のどちらも、あまり確実性はありません
正直に言ってしまうと、確実に金利を引き下げたいのなら銀行カードローンへ借り換えを行うのがベスト。
例えばおまとめ・借り換え対応の楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%ですから、アコムから借り換えを行うと実に3.5%も金利を下げることが可能です。

確実に金利を下げたいのであればこちらも検討してみてくださいね。

CHECKおまとめ・借り換え対応のおすすめローン
CHECK比較的審査難易度が低いおまとめ・借り換えに利用できるローン

★アコムに比べると、やや審査難易度が高い可能性があります。(ただし、年収200万円未満のアルバイトでも利用可能です。)

三菱UFJ銀行「バンクイック」など、アコムが審査を行う銀行カードローンは多々存在しますが、審査基準は各金融機関によって異なりますのでお気を付けください。

アコムの金利に関する、よくある質問と回答

最後に、アコムの金利に関するよくある質問にお答えしていきます!

①すでにアコムを契約済みです。現在の金利の確認方法を教えてください。

ATMまたはインターネット会員サービスで発行される利用明細、あるいは契約書から確認可能です。
もしもどちらも見当たらなければ、コールセンターへ問い合わせを行ってみましょう。

コールセンター:0120-629-215(毎日9:00~18:00)

②「遅延損害金」「遅延損害金利率」って何ですか?それは高額ですか?

遅延損害金とは返済が遅れたその日から発生するペナルティ、遅延損害金利率とはそれを計算するもととなる数字のことを言います。それぞれ延滞者バージョンの利息、金利というわけですね。

アコムの遅延損害金利率は20%です。
返済が遅れたら、通常の金利(3%~18%)が20%に引き上げられる、というわけですね。
(通常の利息と、遅延損害金が同時に発生することはありません。)

遅延損害金も通常通り、ATMで支払いが可能です。
ただし、返済が遅れている間、もしくはアコムから承認が降りない間は新しくお金を借りることはできません。

CHECKカードローンの返済遅れとその後の流れ

③プロミスの方がやや上限金利が低いですが、アコムからプロミスへの借り換えは有効ですか?

プロミスの上限金利は17.8%と、アコムより0.2%だけ低く設定されていますが……。

0.2%の金利では「10万円/30日あたり、約16円」の利息差しか生まれません。
借り換えを行った方がおトクであることには変わりありませんが、あえておすすめするほどの違いでもなさそうです。 
どうせ借り換えを行うなら、3%以上金利を下げられる銀行カードローンを選択しましょう。

CHECKプロミスとアコムの金利と支払い総額比較
CHECKおまとめ・借り換えに利用できるおすすめローン

★はじめてプロミスを利用する場合であれば、「初回借入日の翌日から30日間」の無利息サービスを利用可能です。

まとめ

★アコムの金利は「3.0%~18.0%」。ただし、初回契約時に適用されるのは「18%」だと考えておこう
★毎月の返済額をできるだけ大きくして、借り入れ期間を減らすほど利息総額を節約できる
★アコムの金利を下げるためには「アコムにとって良いお客さん」であることが必須。
確実に金利を引き下げたいのなら、銀行カードローンへの借り換え検討も

決して低金利とは言えないアコムですが、毎月の返済を工夫することで支払い総額は大きく削減することができます。
おトクにアコムを利用するためには、「最低返済額(最少返済額)が下がっても、毎月の返済額を変えない」ことを意識しておくと良いでしょう。

CHECKアコムの毎月の返済額と返済方法、その他返済期日などについて
CHECKアコム、契約後のキャッシング方法とその手数料
CHECKアコムユーザー向け:インターネット会員サービスの使い方


この記事でチェックしたカードローン情報

アコム (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
  • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
  • カードにクレジット機能が付けられる

アコムの公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。