アコムの審査に必要なのは高収入ではなく真摯さ:月収5万円ブラックでの通過例も

アコムの審査に必要なのは高収入ではなく真摯さ:月収5万円ブラックでの通過例も
「アコムを使ってみたいけれど、自分の収入で審査に通れるか不安……」

結論から言うと、収入が低くても毎月数千円を返済していける能力があれば、十分にアコムでの審査通過を狙えます。
と言うのもアコムの審査結果は銀行のそれとは違い、収入や信用情報といったデータよりも担当者の裁量(自己判断)で決まりやすいんですね。

今回はアコムへの申込みを検討中のあなたに向け、およその審査通過条件や審査を受ける際の注意点をまとめました。
読み終えていただければアコムでの審査通過可能性を、できる限り高めることができるでしょう。

★審査の流れやよくある質問については、「アコムの審査の総まとめ」ページをご覧ください。

★前提として、アコムの審査に通過するためには「何らかの職業(アルバイト、自営業なども含む)に就いている」必要があります。(参考公式HP
残念ながら、収入源が不労働所得(年金含む)のみにある場合、この会社を利用することはできません
該当する場合には、銀行系カードローン等をご利用ください。

アコム (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
  • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
  • カードにクレジット機能が付けられる

アコムでの審査通過に重要なのは年収よりも「真摯な対応」

まずは、アコムの審査に通過するにあたり収入は重要でない、と言える理由を解説していきます。

①審査通過に高収入は不要!月収5万円+ブラック状態での通過例も

アコムの審査が機械的なものでない、と言える一番の証拠が、実際に寄せられた以下の報告です。

パートで月収5万円、しかも債務整理の後でしたが対応してくれました。生活費が夫持ちというのが良かったのかもしれません。感謝しています。

月収5万円、ということは単純計算で年収60万円。しかも債務整理の後となれば、どう考えても100%ブラック状態です。

おそらくこの記事をご覧になっているあなたは、「この人が審査に通れるなら自分も大丈夫」と思われることでしょう。
ただし、残念ながらこの方より多くの収入を得ており、ブラック状態で無かったとしても、審査に通過できるとは限りません。と言うのも、アコムはじめ消費者金融各社は収入や職業、信用情報といったステータス<以外>の部分を重視するからです。
(信用情報……各種ローンやクレジットカードの利用履歴のこと。これに重度の問題がある状態をブラックと呼ぶ)

★ステータス「以外」を重視する消費者金融会社に対し、銀行カードローンは年収や職業などを重視する傾向にあります。
ある程度の年収(といっても200万円前後からOK)を得ているのなら、より金利などの面で条件の良い銀行系カードローンを選んだ方が良い場面も多いでしょう。

CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧

②審査の際にはかなり細かい聞き取りが行われやすい

アコムは「余裕で審査通過」あるいは「明らかに審査基準に達していない」場合を除き、電話(主に携帯電話)で「申し込み内容の確認」を行います。

申し込み内容の確認とは言いますが、実際のところは「本人確認」そして「経済能力や借入目的の確認」と言った方が正確でしょう。

この電話では、非常に個人的なことを尋ねられるため、イライラしてしまう方も少なくない模様。実際にアコムから尋ねられたという内容を挙げると……

  • お金が必要な理由
  • 現在の経済状況、家庭状況
  • 信用情報に問題がある場合、その理由
  • 他社借入状況
  • 1ヶ月あたりの家賃
  • 月あたりのクレジットカードの支払い額
  • 具体的な仕事の内容
  • 取引先はどこか
  • 前職
  • 家族の連絡先(実際に電話がかけられることはありません)

などなど、本当に細かいですね。正確な意図は不明ですが、「支払い能力の判断」「虚偽申告を見分けるため」あたりが現実的かと思います。もしかすると、催促を行う際に激昂しないかといった確認も兼ねているのかもしれません。

というわけで非常に評判が悪いこの聞き取り過程ですが……。
実は収入が低いなど審査の上で不安要素があるのなら、これがチャンスにもなり得ます。

そもそも審査通過可能性がゼロなら、聞き取りは行われず申し込みの直後に否決メールが届くはず。聞き取りが行われたということは、答えようによっては審査に通過できると期待できるわけですね。

この際、先のパートの方の例のように「生活費は夫が支払っている」と伝えれば、そうでない主婦の方に比べ審査に通りやすくなるのは当然です。
また、遊ぶ金欲しさに契約を希望している人よりも、医療費や葬儀代といったやむを得ない出費のために借り入れを必要としている人の方が、後々きちんと返済してくれる可能性は高いと判断されるでしょう。

そういうわけで、聞かれた質問にきちんと答え、返済の能力と意思があることを示せたのなら、収入が低くても十分に審査通過を狙えます。
審査に不安要素がある場合、これを覆すためには「真摯な受け答え」が何よりも重要と言えるわけですね。

★アコムの審査担当者は毎日何人もの借入希望者と受け答えをしています。
下手に嘘をつくとすぐにバレますし(追撃の質問で詰まるのがオチ)、これが原因となって審査に落とされかねません
そもそも嘘を弾くための聞き取りということもあり、本当にお金が必要な事情があるのなら、自分のステータス等を「盛る」「サバを読む」ことはせず、事実のみを答えるようにしてください。
収入を多く言ったり、アルバイトなのに正社員と言ったりするのは禁物ですよ。

とは言え正直に答えれば100%審査通過、というわけではなく、それなりのアコムの返済方式の場合、限度額10万円なら月5,000円を返済できる程度の)経済能力を認められる必要はあります。
これを支払えない状況なら、そもそも民間企業からお金を借りることを諦めた方が良いでしょう。

CHECK行政による経済的支援について

★有人店舗で申し込みを行うことで機械審査の比重が減り、柔軟な対応を取ってもらえることが期待できます。
審査に強い不安があり、どうしてもお金が必要な状況ならば、こちらの方法もご検討ください。

CHECKアコム公式HP「店舗・ATM検索」

★聞き取り、在籍確認の後であっても否決結果が出ることは多々あります。ご承知おきください。

アコムの審査に通る最低限の条件をチェック!

お金が必要な事情や家庭の状況などによっては、低収入でも十分に審査通過を狙える「アコム」。
とは言え、聞き取りを含む本審査に進むためには機械で行われる仮審査に通過しなければなりません。
この仮審査に通過するために必要と思われる、最低限の条件は以下の通りです。

  • 20歳~70歳である
  • 毎月収入がある(数万円程度と高くなくてもよい)
  • 月数千円を返済できる程度の余裕がある
  • 消費者金融会社、クレジットカード会社での借入額が年収の3分の1に達していない(総量規制)
  • 過去6ヶ月以内にアコムに申し込んでいない
  • 過去にアコム、もしくはアコムに関連する場所で長期延滞などの問題を起こしていない
  • この条件さえ満たしていれば高い確率で、少なくとも聞き取りの段階までには進めるかと思います。
    後は前述の通り、自分の状況を真摯に・的確に伝えるに尽きます。

    ★具体的な契約の流れや必要書類については以下のページをご覧ください。

    CHECKアコムのメリット・デメリットと契約/ローンカード受け取りの流れ・必要書類
    CHECKアコムで即日融資を受ける方法と申込のタイムリミット
    CHECK自動契約機(むじんくん)を使いアコムでキャッシングする流れ
    CHECKアコムに聞いた!必要書類の総まとめ:個人事業主や在籍確認の回避・勤務先の休業時も

    ★無職や専業主婦が、アコムの審査に通過することはできません。

    CHECK【収入の有無別】無職が使えるカードローン・借入方法:審査に抜け道はある?

    まとめ

    アコムのカードローンの審査は収入・職業・信用情報といったステータス「以外」の部分が重視される。
    うまくハマれば低収入+ブラックといった状況でも審査に通過できた例も
    ★重要なのは申し込み後の「申し込み内容確認」の過程。
    あまりに個人的なことを尋ねられるために評判が悪いものの、特にギリギリでの審査通過を狙うならこの聞き取りはチャンスにもなり得る。イライラせずにきちんと事実だけを伝えるよう努めよう

    アコムをはじめとする消費者金融会社は、審査が柔軟な一方でその通過基準が分かりにくいです。(というより担当者の裁量で決まるので基準を設けようがない)
    低収入、信用情報に問題があるといった状態で審査通過を狙うのなら、事実をもとに「返済能力があること」「返済の意思があること」を伝えるよう心がけてみてください。

    ★アコムの審査・契約の流れやその他のよくある質問については、以下のページをご覧ください。

    CHECKアコムの審査の総まとめとよくある質問への回答
    CHECKアコムで即日融資を受ける方法と申込のタイムリミット
    CHECKアコムに聞いた!在籍確認の基本仕様と勤務先への電話を避ける方法
    CHECK開示請求先・個人信用情報機関の選び方と開示書の見方
    CHECK消費者金融会社の徹底比較!(アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビット・レイクALSA)


    この記事でチェックしたカードローン情報

    アコム (基本情報)
    実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分
    融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
    備考
    • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
    • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
    • カードにクレジット機能が付けられる

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。