アコム徹底解説:申込、審査から返済・解約まで

    アコム徹底解説:申込、審査から返済・解約まで詳しく説明【カードローンガイド】〜 アコムは審査通過率No.1!限度額の目安や毎月の返済額、他社との比較

    「はじめてのアコム」というフレーズが有名なアコム

    一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率は高い傾向にあります。
    実際、私が独自に行った調査では、収入が高くなくても、すでに他社借入があっても、アコムの審査に通過できた例もありました。

    アコムの店舗へ行けるならば20時半頃までに来店すれば最短即日で借りる事が可能です。
    はじめてのカードローンで急いでいるなら、第一候補となるのがアコムです。

    アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短30分程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 18歳~72歳
    • ご本人に安定した収入がある方

    • 来店契約のみ

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです
      (2021年4月度新規貸付率41.2%/アコムマンスリーレポートより)
    • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP

    ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

    はじめにチェック!そもそもアコムのカードローンってどんなサービス?

    はじめにチェック!そもそもアコムのカードローンってどんなサービス?

    アコムが提供するカードローンのサービス内容は以下の通りです。

    1分でチェック!アコムのカードローン
    基本サービス
    審査の結果もらえる限度額(利用可能枠)の範囲内で、何度でも自由にお金を引き出せる
    (方法はATM出金、または銀行振込)
    類似サービスと比べた特徴
    (1)最短30分程度で借入OK
    (2)自宅への郵送物なしで借りられる
      ┗ただし一部条件あり
    (3)来店不要
    (4)店舗数が多い
    (5)大手消費者金融で唯一、独自審査基準のクレジットカードを発行
    (6)他社と比べても柔軟な審査
    (7)金利は高め(月1.5%前後)
    (8)ライバル他社に比べると「来店なしでの即日融資」が苦手
     ┗土日祝日に振込を受けられるのは指定口座をお持ちの方だけ
    (9)三菱UFJ銀行グループ

    特徴となるのは、以下の2点です。

    • 最短30分程度で融資
    • 他人に知られず借りられる

    また店舗数も多いため、来店契約を考えているならば「アコムの店舗が一番近くにあるから」というのも、アコムを選ぶ理由になります。

    アコム
    金利3.0%
    ~18.0%
    (月1.5%程度)
    限度額1万円~800万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典初回契約日の翌日から30日間無利息(金利0%)
    自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
    (1)来店契約時
    (2)ネット契約+口座登録
    みずほ銀行、りそな銀行、楽天銀行などは対象外
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    原則あり(担当者個人名)
    事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間最短30分程度
    即日融資リミット目安来店なし:
    お手持ちの口座や申し込み曜日によって異なる
    場合によっては即日融資不可
    来店あり:
    20時半頃
    借入方法
    • 銀行振込
      土日祝日の振込対応は5銀行のみ
    • ATM出金
      ┗スマホATM対応
      (セブン銀行)
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • インターネット返済
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
      (セブン銀行)
    • 銀行振込
    審査傾向
    ▶低年収(100万円未満)、ブラック状態、多重債務者いずれにも比較的寛容
    ┗ブラック+他社借入ありでの通過例も複数確認
    その他・備考
    • 三菱UFJ銀行グループ
    • クレジットカード(ACマスターカード)の発行対応
      ┗ただし自動リボ&低還元なので要注意。(審査通過を期待したい方以外は非推奨)

    最大の利点は「20時半頃までの来店で即日融資OK」か

    最大の利点は「20時半頃までの来店で即日融資OK」か

    多くの金融機関がカードローンを取り扱う中、アコムの第一の特徴と言えるのが「20時半頃までに来店すれば、曜日を問わず即日契約&借入が可能」という点。
    このメリットはアコムの、「店舗数が多い」という特徴とも相性が良いですね。

    必要書類を持って、20時半頃までに店舗に行けばローン契約ができる」というのは、「今すぐお金を借りたい」という方にはありがたい仕組みと言えます。

    ちなみに来店契約の場合、自宅への郵送物は発生しません。
    家族に知られず借りたいという場合にも有効だということですね。

    CHECK方法別・アコムで即日融資を受ける流れと必要書類

    ★その一方で、「来店なしでの即日融資」は他社(プロミス等)に比べ苦手となっています。あらかじめご承知おきください。

    CHECKただしライバル他社に比べると「来店なしでの即日融資」は苦手なので注意

    他社との主な差別化点は「独自基準でのクレジットカード発行OK」

    他社との主な差別化点は「独自基準でのクレジットカード発行OK」
    とは言え実際のところ、曜日を問わない即日融資に対応している金融機関は「アコム」以外にも複数存在します。

    そんな中、「アコムにしかない」メリットとして挙げられるのが、独自基準でクレジットカードを発行しているという点でしょうか。

    アコムが提供するクレジットカードの名前は「ACマスターカード」
    正直こちらは低還元の上にリボ専用、さらに支払いが不便とサービス面ではデメリットだらけなのですが……

    一般のクレジットカードに比べると、信用情報(※)に問題があっても審査に通過しやすいということで、「普通のカードを作れない」方には人気の1枚となっています。

    信用情報…クレジットカード、各種ローンをはじめとする「後払い」サービスの利用履歴のこと。審査の際に必ずチェックされる。

    参考【初心者向け】ブラックリストとは?ブラック条件&期間と確認方法を簡単解説
    ACマスターカードの盤面(表)

    ACマスターカード
    年会費無料
    還元率0.25%
    (キャッシュバック)
    国際ブランドmastercard
    その他
    • リボ払い専用、増額引き落とし不可
      ┗実質一回払いにはATM等を使った手動支払いが必要
    • ETCカードの利用不可
    • 必ずキャッシング枠(通常のアコムカードローン)が付く
      ┗審査結果によってはローン専用カードの発行となる
    備考
    基本的には「アコムのカードローンにクレジット機能が付いたもの」と考えてOK

    ★ちなみに消費者金融「SMBCモビット」もクレジットカードを提供していますが…。
    そちらは「三井住友カード」社との提携となっており、審査を行うのも三井住友カード。
    アコム発行の「ACマスターカード」のような、審査の柔軟性には期待できません。

    ただしライバル他社に比べると「来店なしでの即日融資」は苦手なので注意

    ただしライバル他社に比べると「来店なしでの即日融資」は苦手なので注意

    そんなアコムではありますが、事前に確認しておきたいのが「来店なしでの契約や融資に弱い」という点。
    このあたりはライバル業者、「プロミス」と比べてみると分かりやすいでしょう。

    アコムとプロミスのサービス比較
    アコム
    借入
    • 土日の即日振込に対応しているのは5銀行への振込時だけ
      ┗三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行
    • 平日においても、上5銀行以外への振込は17:30までのみ対応
    • 「スマホATM」はセブン銀行ATMのみ対応
      ┗カードなしで入出金するサービス
    • →「指定5銀行の口座がない」もしくは「セブン銀行ATMが近くにない」と、土日祝日は「アコムへの来店なし+即日融資」の実現不可

    郵送物「みずほ銀行」「楽天銀行」等の
    ユーザーは「来店なし+郵送物なし」の両立不可
    詳細アコム公式HP
    プロミス
    借入
    • ほとんどの金融機関に対し「ほぼ24時間振込」を実現
      ┗土日含む。ただし日曜夜間は例外
    • 「スマホATM」対応(セブン銀行、ローソン銀行ATM)
    • →曜日問わず19時頃までの申込みで「来店なしでの即日融資」OK

    郵送物ほとんど誰でも「来店なし+郵送物なし」を実現可能

    アコムが「来店なしでの契約や借入」に弱いことは明らかですね。

    以上は2022年2月現在の情報であり、そのうち改善される可能性は高いかと思いますが…。

    少なくとも現時点において、

    • 指定5銀行の口座を持っていないと、土日に振込融資を受けられない
    • 指定5銀行の口座を持っていても、みずほ銀行や楽天銀行のユーザーは「来店なし+郵送物なし」を両立できない

    といった点については把握しておく必要があります。

     

    アコム、契約後の振込対応時間
    楽天銀行口座宛て毎日ほぼ24時間
    以下の銀行口座宛て

    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • みずほ銀行
    • ゆうちょ銀行
    平日:
    ほぼ24時間
    土日祝:
    9時~20時
    その他の主な金融機関宛て
    (一部例外あり)
    平日9時~17時半
    土日祝は振込不可

    ★とは言え「来店でのカード受取+ATMを使った出金」が可能であれば、上のデメリットについてそこまで気にする必要はありません。

    金利は実質「月1.5%」前後と考えておくと分かりやすい

    アコムの提示金利は「年3%~18%」ではありますが…。
    実際のアンケート調査結果などを見る限り、初回契約時に適用されるのは十中八九、上限金利である「年18%」と考えて良いでしょう。

    この数字を12で割り、月あたりの金利に直すと「1.5%」
    要は1ヶ月お金を借りると、借入額に対し1.5%程度の利息(サービス料)が発生するわけですね。
    (実際には誤差があります)

    例:アコムで10万円を、1ヶ月借りた場合、利息は1,500円前後

    この金利を許容できるかどうかが、「アコム」への申込みを決めるポイントとなりそうです。

    詳細初心者でも1分で分かる!アコムの金利・利息システムと損をしない返済方法

    ★ちなみにアコムの金利は他の消費者金融(アイフルなど)と比べ大差ありませんが…。
    銀行カードローン等に比べると、いくらか高いと言わざるを得ません。

    例:三菱UFJ銀行「バンクイック」の上限金利は年14.6%、月あたり1.2%前後

    金利の低さを重視するのであれば、別のカードローンを選んだ方が良いでしょう。
    ただし銀行カードローンを使い、即日融資を受けることはできません。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他

    初回30日間は金利0%

    あなたが「アコム」を初めて利用するのなら、契約日の翌日から30日間の無利息サービスが適用されます。
    この間、金利は0%となり利息は発生しません

    審査は比較的寛容で、「低年収」「信用情報に問題アリ」という方の通過報告多数

    審査は比較的寛容で、「低年収」「信用情報に問題アリ」という方の通過報告多数

    その他、アコムの特徴として挙げられるのがその「審査傾向」。

    カードローンを利用するためには、その金融機関独自の審査に通過する必要があるわけですが…。
    アコムはその基準が比較的寛容、つまり審査に通りやすい傾向にあります。

    実際の「アコム」審査結果報告より抜粋
    属性契約内容
    • 年収40万円
    • パート(1年)
    • 5年以内にクレカ等の長期延滞
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収250万円
    • 会社員(2年)
    • 2年以内に1ヶ月以上のクレカ等延滞
    • 5年以内にクレカ等の強制解約処分
    • 5年以内に債務整理
    • 金利18%
    • 限度額16万円
    • 直前にモビットで審査落ち
    • 年収350万円
    • 契約社員(0年)
    • 他社債務2社計100万円
      ┗銀行50万円
      ┗リボ残高50万円
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 直前にプロミスで審査落ち
    • 年収400万円
    • 会社員(5年)
    • 他社債務3社計130万円
      ┗銀行20万円
      ┗貸金業2社50万円
      ┗リボ残高60万円
    • 2年以内に1ヶ月以上のクレカ等延滞
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 直前にモビットで審査落ち
    • 年収400万円
    • 会社員(2年)
    • 他社債務2社計80万円
      ┗銀行20万円
      ┗リボ残高60万円
    • 2年以内に1ヶ月以上のクレカ等延滞
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 直前にプロミス、モビットで審査落ち

    ご覧の通り、アコムでは、

    • 年収40万円かつブラック状態
    • 複数の他社借入あり
    • ブラック状態かつ他社借入あり

    といった、他社ではなかなか見られないような審査通過報告が多いです。

    特に「年収の低さ」「信用情報問題」を理由に審査に不安を抱えているのなら、大手の中でも「アコム」は選択しやすい一社だと言えるでしょう。

    参考いわゆる「ブラック」と見なされる要因
    (1)何らかの後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、分割払いなど)を2ヶ月以上延滞し、その解消・解約から5年以内である
    (2)何らかの後払いサービスで、5年以内に強制解約処分を受けた
    (3)5年以内に債務整理をした
    ┗任意整理の場合は残債の「清算」から5年以内となる場合あり
    ┗5年以内の個人再生・自己破産だとアコム含む大手の利用は厳しいので注意

    ★ただし無職や専業主婦の方がアコムを利用することはできません
    これはアコムが、申込み条件として「働いて収入を得ていること」を設定しているためです。

    方法別・アコムで即日融資を受ける流れと必要書類

    ここからは、アコムを使って即日融資(申込当日の貸付)を受ける条件や流れについてお話しさせて頂きます。

    ①「来店あり」で即日融資を受ける場合

    基本的にアコムでは、全国の無人店舗に設置してある自動契約機「むじんくん」を使った「来店あり」での契約が推奨されます。

    その流れと必要な準備は以下の通り。

    アコム来店申込みの流れ

    必要書類を持って
    20時半頃までにお近くの自動契約機へ
    その場で申し込み手続き
    直通オペレーターとのやりとり
    必要書類のスキャン等
    在籍確認
    ※事前相談により回避可
    その場で契約内容(金利、限度額等)の確認
    納得できたなら契約
    その場でアコムカードの発行
    併設のATM等を使い借入
    (自宅への郵送物等なし)
     

    アコム、来店契約時の必要書類
    本人確認書類(全利用者必須)
    以下からいずれか1点

    • 運転免許証
    • 健康保険証+住所確認書類(公共料金の領収書など)
      ┗健康保険証のみを提出、後日郵送物送付による住所確認も可
    • パスポート
      ┗2020年2月3日以前に発行された、住所が記載されているものに限る
    • マイナンバーカード
    収入証明書類
    ※希望限度額50万円超の場合、
    他の貸金業者からの借入額+アコムでの希望限度額が100万円を超える場合などに必要
    以下からいずれか1点

    • 源泉徴収票
    • 税額決定通知書
    • 確定申告書
    • 所得証明書
    • 給与明細(2ヶ月分)

    店舗に入った後は、自動契約機の画面や直通オペレーターの指示に従い手続きを進めていけばOK。
    スムーズに審査が進めば、申込から最短30分程度でカード発行&借入が可能かと思います。

    また時間に余裕があるなら、事前にインターネットで申込み&仮審査を済ませておくことで、無人店舗内での待ち時間を減らすことができます。

    ▲実際の自動契約機(むじんくん)の様子
    参考アコムへの問い合わせ結果
    【管理人】山本
    何時頃までの申込みであれば、今日中に契約を結べますか?
    オペレーターの回答
    ご契約の方法によっても変わってくるのですが…。
    お近くに店舗がございましたら20時半頃までのご来店で本日中のお手続きが可能です。

    ②「来店なし」で即日融資を受ける場合

    ライバル他社に比べると苦手にしている…とは言え、アコムにおいても「来店なし」での契約は可能です。

    アコム インターネット契約の流れ

    インターネットから申し込み
    審査開始
    必要書類のアップロード
    ※アコムから確認の連絡が入ることが多い
    ※即日契約のためには
    書類提出を19時(土日は17時)までに
    済ませること
    在籍確認
    ※事前相談で回避可
    審査結果連絡
    (毎日9時~21時)
    インターネット上で契約手続き
    振込でキャッシング
    (ここまで最短30分程度)
    振込対応時間は限定的なので注意
    ATMで使えるローンカードの送付
    ※返済用口座の登録で回避可
    (みずほ銀行など未対応)
    アコム、ネット契約時の必要書類
    本人確認書類(全利用者必須)
    以下からいずれか1点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート
    • マイナンバーカード

    ※スマホアプリを使い提出する場合

    収入証明書類
    ※希望限度額50万円超の場合、
    他の貸金業者からの借入額+アコムでの希望限度額が100万円を超える場合などに必要
    以下からいずれか1点

    • 源泉徴収票
    • 税額決定通知書
    • 確定申告書
    • 所得証明書
    • 給与明細(2ヶ月分)

    即日契約の条件は「19時までの仮審査完了&書類提出」ということで、遅くとも18時頃までには申込みを済ませる必要があるでしょう。

    ただし先述の通り、アコムの振込時間はかなり限定的です。
    指定5銀行の口座をお持ちでない場合には十分ご注意ください。

    アコム、契約後の振込対応時間
    楽天銀行口座宛て毎日ほぼ24時間
    以下の銀行口座宛て

    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • みずほ銀行
    • ゆうちょ銀行
    平日:
    ほぼ24時間
    土日祝:
    9時~20時
    その他の主な金融機関宛て
    (一部例外あり)
    平日9時~17時半
    土日祝は振込不可

    参考アコムへの問い合わせ結果

    【管理人】山本
    インターネットでの申し込む場合、今日中に契約を結べますか?

    オペレーターの回答
    インターネットの方でしたら、19時※までに本人確認書類をご提出いただけましたらお手続きは可能ですが…。
    お振込み先の銀行によっては本日中のご融資が難しいこともございます。
    ※土日は17時までとのこと

    勤務先に電話が掛かってくる?アコムの「在籍確認」仕様について

    勤務先に電話が掛かってくる?アコムの「在籍確認」仕様について

    アコムの審査では、申込み・契約方法を問わず在籍確認(勤務先確認)が必須となります。

    その方法は主に電話、つまりあなたの勤務先に「アコム」が電話を掛けてくる形となるわけですが…。

    このとき、アコムが社名や用件を第三者に伝えることはありません。
    電話は担当者の個人名を使い、知り合いやお客さんを装うような形で掛けられますのでご安心ください。

    また目的はあくまで「あなたがその勤務先に勤めていると確認すること」ですので、あなた自身が電話を受ける必要もありません。

    誰かが「●●は本日お休みです」等と対応してくれれば、それで在籍確認は完了となります。

    詳細アコムに聞いた!勤務先への在籍確認は「電話一本」で回避可能…かも:家族にはバレない?

    ★アコムの場合、あなたの勤務先の休業時間帯に申し込みを行うと「一旦審査は通過となり、後日改めて在籍確認」が行われることが多いようですね。

    ★どうしても電話を掛けられるのは困る、という場合には、「事前相談+勤務先を確認できる書類の提出」による回避が可能です。
    (勤務先を確認できる書類…勤務先から発行された保険証、最新の給与明細など)

    契約後の「アコム」借入方法

    アコムでの借り入れ方法

    アコムとの契約後に利用できる借入方法は以下の通りです。

    アコムの借入方法
    ATM出金
    ※来店または郵送によるカード受取必須
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • E-netATM(ファミリーマート等)
    • アコムATM(※手数料無料)
    • 三菱UFJ銀行ATM
    • イオン銀行
    • その他一部の地方銀行ATMなど
    • アコムATM除き以下の手数料発生
      • 取引額1万円以下…110円/回
      • 取引額1万円超過…220円/回
    銀行振込
    • 土日祝日の振込対応は以下の5銀行宛てのみ
      • 楽天銀行
      • 三菱UFJ銀行
      • 三井住友銀行
      • みずほ銀行
      • ゆうちょ銀行
    • その他銀行への振込は平日「9時~17時半」
    • 振込手数料は無料

    銀行振込の制限については再三触れている通りですね。
    指定銀行口座をお持ちでない場合、土日祝日の借入にはカードを使ったATM出金が必須となります。
    ご承知おきください。

    アコム、毎月の返済方法とその金額

    アコムにおける毎月の返済額は、「最後にお金を借りたときの借入残高」に応じ決定します。
    銀行カードローン等とは異なり、追加返済を行うまで毎月の最低返済額は変わりません。

    アコムの毎月の最低返済額の例
    最終借入時の借入額最低返済額
    5万円3,000円
    10万円5,000円
    20万円9,000円
    30万円13,000円
    40万円12,000円
    ※一旦下がる仕様
    50万円15,000円
    75万円23,000円
    100万円30,000円

    毎月の返済日は、

    • 毎月所定日
      ┗口座振替の場合は毎月「6日」固定
    • 前回の返済から35日以内

    のいずれかから選択可能。

    また返済日以外も、ATMやインターネットを使った追加返済が可能となっていますね。
    このとき、事前の連絡などは不要です。

    基本的には返済忘れを防ぐため、「口座振替+余裕があればATMやインターネットで追加返済」という方法で、返済を進めていくことをおすすめします。

    詳細初心者でも1分で分かる!アコムの金利・利息システムと損をしない返済方法

    証拠付き!実際に「アコム」を利用した方の口コミ評判・体験談

    証拠付き!実際に「アコム」を利用した方の口コミ評判・体験談
    ここでは参考情報として、実際の「アコム」利用者による口コミ体験談を紹介させて頂きます。

    ①年収100万円、学生アルバイトの審査通過口コミ・体験談

    まず紹介するのは、「学生アルバイト」という決して信用が高いとは言えない状況で審査に通過された方の体験談。

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    属性
    • 年収100万円
    • 学生アルバイト(3年)
    契約内容
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    借入理由
    バイトを一旦怪我で休むことになり、その月の生活費として10万円必要で申し込みました。
    翌年に社会人になり、年収が上がったことでアコムから増額審査の連絡が来て、再度審査を受け、限度額が50万円に増えました。
    感想など
    返済が滞りそうな時は電話をかけなくてもインターネットで10日間延長することができるので便利です。また、それ以上延滞になりそうな場合でも柔軟に対応してくれます。

    この方の例をご覧になっても分かる通り、アコムを利用する上で高い収入や社会的ステータスは必要ありません

    またこの方が触れている通り、アコムは期日通りの返済が難しい場合の対応についても評判が良いですね。

    ②携帯料金延滞によるブラック状態での審査通過口コミ・体験談

    続いて紹介するのは、携帯電話料金延滞によるブラック状態で「アコム」の審査に通過できたという方の例。

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    属性
    • 年収300万円
    • アルバイト(1年)
    • 5年以内に携帯料金を2ヶ月以上延滞
    契約内容
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    借入理由
    なんでかは忘れたが金欠になりお金が必要になった。
    感想など
    思っていたより親切だと思うが、返済計画がわかりにくかったと思う。2年で完済できるものだと思っていて借りたので、未だに返済できてないのは残念。私の確認不足でもあるが、返済についての説明や相談口があればよかった。

    いわゆるブラック状態ということで、一般的なクレジットカードや高難易度カードローンへの審査通過は難しかったかと思いますが…。

    このようにアコムであれば、さほどの問題なく契約が可能です。
    (さすがに自己破産5年以内といった状況だと厳しいですが)

    さて、口コミにおいて気になる点はやはり返済に関する苦言でしょうか。

    アコムに限らず、カードローンの返済方法は「リボ払い」。
    短期間で返済を進めるためには、最低返済額にかかわらず、積極的に「追加返済」を行うことが非常に重要となります。
    あらかじめご承知おきください。

    FAQ:家族に知られずアコムを利用できますか?


    自宅への郵送物なしで、アコムと契約を結ぶ方法は以下の通りです。

    アコムで郵送物を避ける条件

    1. 店舗(自動契約機(むじんくん)、または有人店舗)でカード受け取り
    2. ネット契約+返済用口座登録、かつローンカードの発行を希望しない
      ┗ただしみずほ銀行、楽天銀行ユーザー等は不可

    来店でのカード受取が可能なら、さほど問題はないものの…。

    「来店なし」で郵送物を避けたい場合には、お手持ちの銀行口座が「ネット上での口座登録」に対応していることを、事前にご確認ください。

    …とは言えアコムの振込時間制限などを考えると、「来店なし+郵送物なし」を狙いたいなら、素直にプロミスあたりを選んだ方が良いように思えます。

    ★また契約方法にかかわらず、「毎月の支払いを延滞+アコムからの連絡を無視」した場合には、自宅に督促状が届く可能性があります。

    FAQ:アコムの返済が遅れてしまったらどうなりますか?

    まずはあなたの携帯電話に、アコムから連絡が入ります。
    このとききちんと次回の返済の約束を取り付けられたなら、それ以上のアコムからの連絡はほとんどないでしょう。

    返済方法は通常と変わりません。
    延滞中は「遅延損害金利率」として、金利が20%に上がります。

    ただしアコムからの連絡を無視し続けた場合や、返済の約束を反故にした場合などには、

    • 自宅や勤務先への電話連絡
    • 自宅への督促状送付
    • ブラック状態入り(延滞2ヶ月~)
    • 訴訟

    …といった対応が取られる可能性があります。

    参考三井住友銀行に聞いた!カードローン返済遅れ時に取るべき対応&程度別の延滞ペナルティ

    FAQ:アコムは既存債務の「おまとめ」に利用できますか?

    禁止はされていないため、可能と言えば可能ですが

    • 金利が高い
    • 総量規制の対象
      (=他の貸金業者と合わせて、年収の3分の1超の借入不可)

    という点を考えると、「おまとめ」目的でアコムに申し込むべき方はかなり限られます。

    アコムにはおまとめ専用ローンがありますので、既存債務の一本化を希望するならそちらを使った方が良いでしょう。

    ただしアコムの「おまとめローン」でまとめられるのは、貸金業者からの借入(=消費者金融からの借入またはクレジットカードのキャッシング枠等)のみとなります。

    CHECKアコム&審査通過者に聞いた!アコムおまとめローンの実態とFAQ:在籍確認、他社解約他

    アコムカードローンについてのまとめ

    アコムのカードローンの特徴(再掲)
    基本サービス
    審査の結果もらえる限度額(利用可能枠)の範囲内で、何度でも自由にお金を引き出せる
    (方法はATM出金、または銀行振込)
    類似サービスと比べた特徴
    (1)最短30分程度で借入OK
    (2)自宅への郵送物なしで借りられる
      ┗ただし一部条件あり
    (3)来店不要
    (4)店舗数が多い
    (5)大手消費者金融で唯一、独自審査基準のクレジットカードを発行
    (6)他社と比べても柔軟な審査
    (7)金利は高め(月1.5%前後)
    (8)ライバル他社に比べると「来店なしでの即日融資」が苦手
     ┗土日祝日に振込を受けられるのは指定口座をお持ちの方だけ

    インターネットを通した契約や融資が苦手ということで、正直サービス面では後れを取っている「アコム」。

    ではありますが、

    • 独自基準のクレジットカードを作れる
    • ブラック状態に比較的寛容
    • 店舗数が多い

    といった「アコムならでは」の利点が存在するのは確か。

    振込制限はじめとするデメリットが問題にならないなら、申込先をこの会社に決めてしまっても良いでしょう。

    CHECK初心者でも1分で分かる!アコムの金利・利息システムと損をしない返済方法
    CHECKアコム&審査通過者に聞いた!アコムおまとめローンの実態とFAQ:在籍確認、他社解約他

    アコム
    金利3.0%
    ~18.0%
    (月1.5%程度)
    限度額1万円~800万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典初回契約日の翌日から30日間無利息(金利0%)
    自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
    (1)来店契約時
    (2)ネット契約+口座登録
    みずほ銀行、りそな銀行、楽天銀行などは対象外
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    原則あり(担当者個人名)
    事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間最短30分程度
    即日融資リミット目安来店なし:
    お手持ちの口座や申し込み曜日によって異なる
    場合によっては即日融資不可
    来店あり:
    20時半頃
    借入方法
    • 銀行振込
      土日祝日の振込対応は5銀行のみ
    • ATM出金
      スマホATMによる出金は未対応
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • インターネット返済
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
    • (セブン銀行)

    • 銀行振込
    審査傾向
    ▶低年収(100万円未満)、ブラック状態、多重債務者いずれにも比較的寛容
    ┗ブラック+他社借入ありでの通過例も複数確認
    その他・備考
    • 三菱UFJ銀行グループ
    • クレジットカード(ACマスターカード)の発行対応
      ┗ただし自動リボ&低還元なので、審査の甘さに期待したい方以外は非推奨

    この記事でチェックしたカードローン情報

    アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短30分程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 18歳~72歳
    • ご本人に安定した収入がある方

    • 来店契約のみ

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです
      (2021年4月度新規貸付率41.2%/アコムマンスリーレポートより)
    • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP

    ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。