イオン銀行カードローンの返済シミュレーション:低金利=おトクとは限らない!

    「見比べてみると、他の銀行よりも金利が低そうなイオン銀行カードローン。
    実際、他の銀行で借りるよりもおトクなの?」

    上限13.8%という低金利が魅力の「イオン銀行カードローン」。
    一般的な銀行カードローンの上限金利は14.5%程度ですから、この銀行の金利が低めに設定されていることが分かりますね。

    ですが、上限金利が低いからといって、必ずしも他の銀行よりおトクに借りられるわけではありません。
    「狙う限度額」あるいは「毎月の返済額」によっては、一見より高い金利を設定している他の銀行に比べ、多くの利息=サービス料を支払うことにもなってしまうことにもなるんです。

    今回はそんなイオン銀行のカードローンについて、毎月の返済方法や返済金額はもちろん、詳しい金利と利息の関係・返済シミュレーションに至るまで、「イオン銀行の金利・返済」を中心に詳しくまとめてみました。
    読み終えていただければ、イオン銀行の上限金利の低さを活かした賢い利用方法が身に付きますよ!

    イオン銀行カードローンは「低金利」?その答えは<限度額によって変わる>

    「3.8%~13.8%」という金利を設定しているイオン銀行のカードローン。
    「13.8%」という上限金利(最高の金利)は他の銀行に比べても低いですが、実際の返済額はどのように変わってくるのでしょうか?
    詳しくまとめてみました。

    ★イオン銀行カードローン基本情報

    金利 3.8%~13.8% 限度額(貸越極度額) 10万円~800万円
    審査スピード 融資スピード
    その他
  • 運転免許証またはパスポート必須
  • 年収200万円未満の利用者多数
  • (詳細:イオン銀行カードローンの審査について)

    ①そもそも「金利」「利息」ってどういう意味?返済の仕組みを簡単に解説

    金利のお話をする前に、まずは簡単な言葉の意味をチェックしておきましょう。

    利息とは借り入れ先の金融機関、この場合はイオン銀行へ支払うサービス料のことを言います。
    金利とは、この利息を決定付けるための数字のこと。
    簡単に言えば、「金利が低いほど利息は少なくなり、カードローン利用者にとっておトク」というわけですね。
    (借入金額・借入期間が同じ場合)

    今のところはこれだけ覚えてもらえればOKです。

    ②イオン銀行と他社ローンの金利比較

    イオン銀行を含む一般的な銀行カードローンは、利用限度額に応じて金利が決定します。
    そこで実際に、イオン銀行と同じく低めの上限金利を設定している「みずほ銀行」とイオン銀行の金利を比べてみました。

    ★イオン銀行とみずほ銀行の限度額ごとの金利比較

    イオン銀行みずほ銀行
    限度額100万円未満11.8%~13.8%14.0%
    限度額100万円
    ~200万円未満
    8.8%~13.8%12.0%
    限度額200万円
    ~300万円未満
    5.8%~11.8%9.0%
    限度額300万円
    ~400万円未満
    4.8%~8.8%7.0%
    限度額400万円
    ~500万円未満
    3.8%~8.8%6.0%
    限度額500万円
    ~600万円未満
    3.8%~7.8%5.0%
    限度額600万円
    ~700万円未満
    3.8%~5.8%4.5%
    限度額700万円
    ~800万円未満
    限度額800万円3.8%2.0%

    限度額が100万円未満であれば、イオン銀行の方が無条件で低金利
    ただし限度額が100万円以上となると、「イオン銀行の下限金利<みずほ銀行<イオン銀行の上限金利」というように関係性が大きく変わってきます。

    限度額ごとの下限金利(限度額200万円のとき5.8%)がいつも適用されるのであれば、イオン銀行を選ぶに越したことはないのですが……。
    残念ながら、はじめてイオン銀行と契約を結ぶときに適用されるのはほぼ確実に、各限度額ごとの最高金利
    つまり、限度額が100万円未満なら13.8%、限度額が200万円なら11.8%が適用されるというわけですね。

    限度額を変えずに金利を下げるためにはイオン銀行と長い取引を続ける必要があり、その間に発生する利息を考えると決しておトクとは言えません。

    イオン銀行が他の銀行に比べ低金利、というのはあくまでも「限度額が100万円未満」のとき。

    100万円以上の限度額を狙う場合には、他の銀行を選んだ方が金利は低くなりやすくなります。

    ③イオン銀行カードローンは100万円未満の限度額を狙う場合におすすめ!

    みずほ銀行との比較を見ても分かる通り、イオン銀行のカードローンは「100万円未満の限度額を狙う場合」におすすめしたいカードローン。
    そのため安定した年収・審査への自信がある場合に、この銀行は向きませんが……。

    イオン銀行は審査通過のボーダーラインが低く、年収200万円未満のアルバイトの方の通過報告が多く上がっています
    というわけで、100万円以上の限度額をもらうことが難しい、年収300万円未満・あるいはパート・アルバイトといった場合であっても低金利で借りられる、というのがこの銀行最大のメリットなんですね。

    イオン銀行カードローンは、「審査に自信はないけれど、低い金利でお金を借りたい!」というときに最もおすすめしたいローンです。

    CHECKイオン銀行カードローンのメリット・デメリットについてより詳しく解説!
    CHECKイオン銀行カードローンの審査難易度分析

    CHECK年収300万円以上向け:大口融資を狙うなら「オリックス銀行」を要チェック
    CHECK年収300万円以上向け:みずほ銀行で借りられるのは最大「年収の3分の1」(2017年)

    CHECK年収400万円以上向け:上限金利7.99%の「住信SBIネット銀行」って?
    CHECK年収400万円以上向け:低金利ハイクラス・カードローンのまとめ

    イオン銀行における毎月の返済方法・その金額

    それでは、ここからはすでにイオン銀行への申し込みを決めた、あるいは契約中のあなたに向けて、イオン銀行カードローンの返済方法を詳しく解説していきます!

    ①返済日は20日固定・方法は「イオン銀行からの引き落とし」「ATM入金」から選択可

    イオン銀行における返済日は「毎月20日」固定。自由に返済日を設定することはできません。

    毎月の返済方法は「ATM入金」もしくは「イオン銀行口座からの引落し」から選択が可能です。
    このローンの利用にイオン銀行の口座開設は必要ありませんから、単純に「イオン銀行口座を普段から使っているなら自動引落し」「そうでないならATM入金」といった決め方で良いでしょう。

    「ATM入金」を選択した場合には、毎月1日~20日までの間に以下で紹介する最低返済額以上の金額を、ローンカードを使って入金すればOK。

    CHECKイオン銀行公式HP「ATMでのご返済方法」

    「口座引落し」を選択した場合には毎月20日までに、こちらも下で解説する最低返済額以上のお金をイオン銀行普通預金口座に入金しておけば、自動的に返済が行われます。
    また、「口座引落し」を選択した場合であっても、各ATMを使った追加返済が可能ですよ。

    ★毎月20日が土日祝日だった場合、返済日は次の平日に持ち越しとなります。

    ★インターネットバンキングを使った返済には対応していません。(2017年8月現在)

    <返済に利用できるATM一覧>

    イオン銀行カードローンの返済に利用できるATMは、以下のようになります。
     

    ★イオン銀行の返済に利用できるATM一覧

  • イオン銀行ATM【手数料無料】
  • ローソンATM
  • E-netATM(ファミリーマートなど)
  •  

  • みずほ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • 労働金庫ATM【手数料無料】
  •  

  • その他地方銀行、信用金庫、信用組合など
  •  

    セブン銀行ATMは借り入れ・返済ともに未対応ですのでお気をつけください。

     

    ATM利用手数料については、各金融機関ごとに非常に細かく設定されています。

    利用したい提携ATMに検討を付けた上で、以下のページをご覧ください。

     

    イオン銀行公式HP:イオン銀行カードをご利用のお客様

    ②毎月の返済額は1,000円からと超低額

    イオン銀行における、毎月の返済額は以下のようになります。

    ★イオン銀行カードローンの毎月の返済額

    前月末日の借入残高最低返済額(引き落とし額)
    3万円以下1,000円
    3万円超過~5万円2,000円
    5万円超過~10万円3,000円
    10万円超過~20万円5,000円
    20万円超過~50万円10,000円
    50万円超過~100万円15,000円
    100万円超過~150万円25,000円
    150万円超過~200万円30,000円
    ※200万円を超える借り入れについては、イオン銀行公式HPをご覧ください。

    イオン銀行カードローンの返済方式は、借入残高に応じて最低返済額の変わる「残高スライド方式」
    この方式自体は非常に一般的なものなのですが……。

    気になるのが、10万円以下の借り入れについて返済額がやたらと細かく設定されている点。
    この仕様のために借入期間は長引きやすくなるため、返済にはやや注意が必要となります。

    そんな返済上の注意点は、イオン銀行の返済シミュレーションを見ていただければすぐにわかります。
    それでは、詳しく見ていきましょう!

    返済シミュレーションでわかる、毎月の返済額の重要性

    イオン銀行を利用するのなら知っておきたい、その返済の仕組み。
    とは言っても、その仕組みは決して難しいものではありません。返済シミュレーションを通せば、誰でもすぐにチェックできますよ!

    ①10万円を借りた場合の返済シミュレーション

    まずはじめに、イオン銀行で10万円を借り、毎月最低返済額のみで支払いを続けた例を見てみましょう。

    ★2017年3月21日(4月の返済日のちょうど30日前)に借り入れを行ったとします。

    ★実際の返済額とは誤差があります。

    ★イオン銀行(金利13.8%)で10万円を借りた場合のシミュレーション

    当月の返済額徴収される利息額(=サービス料)返済額-利息額返済後の借入残高
    2017年
    4月20日
    3,000円1,134円1,866円98,134円
    5月20日1,113円1,887円96,247円
    2019年
    3月20日
    3,000円592円2,408円49,151円
    4月20日2,000円565円1,435円47,716円
    2020年
    3月20日
    2,000円354円1,646円29,150円
    4月20日1,000円335円665円28,485円
    5月20日327円673円27,812円
    2023年
    2月20日
    1,000円19円981円682円
    3月20日689円682円7円0円
    支払い結果支払総額:133,689円
    (うち利息33,689円)
    支払回数:71回(5年11ヶ月)

    見ての通り、イオン銀行の場合は途中で最低返済額が下がるために、支払回数が無駄に伸びてしまいがちとなります。

    それでは、最低返済額に関わらず月々3,000円を支払い続けた場合には、支払回数はどうなるのでしょうか?計算してみました。

    ★イオン銀行(金利13.8%)で10万円を借りた場合のシミュレーション

    当月の返済額利息額(=サービス料)返済額-利息額返済後の借入残高
    2017年
    4月20日
    3,000円1,134円1,866円98,134円
    5月20日1,113円1,887円96,247円
    2020年
    9月20日
    765円757円8円0円
    支払い結果支払総額:126,765円
    (うち利息26,765円)
    支払回数:41回(3年5ヶ月)

    毎月の返済額を繰り下げないだけでも、支払回数を大きく減らすことができました。
    また、長い目で見た支払総額も7,000円ほど節約できていますね。

    毎月の利息(サービス料)は「借入残高×0.138÷年間日数×借入日数」で計算することができます。(金利13.8%の場合)

     

    毎月の返済額を引き上げることができれば、翌月の借入残高が大きく減り、翌月発生する利息も大きく節約することができます。

    つまり毎月の返済額が大きいほど長い目で見ておトクになる、というわけですね。

    ただでさえ毎月の返済額が低めなのに、借入額が5万円以下・3万円以下となるとさらに負担が軽くなる「イオン銀行」。
    家計には優しいものの、毎月の返済を自動引き落としに任せていたり、求められる金額だけを入金し続けているとなかなかローンが減らない上、利息も大きくなります

    おトクに賢くイオン銀行を利用するためには、毎月の返済方法に関わらず「ATMを使った追加返済」が必須となるわけですね。

    <最低返済額だけで返済を続けたら、金利18.0%のSMBCモビットの方がおトク?!>

    実は10万円を借り、最低返済額だけで返済を続けた場合、金利13.8%のイオン銀行よりも金利18.0%のSMBCモビットの方がおトクになります。

    というのも、「SMBCモビット」で10万円以下を借り入れてる場合の最低返済額は4,000円とイオン銀行よりも高いから。

    それでは、実際に2つの金融機関で10万円を借りた例を見てみましょう。

     

    ★10万円を借り、最低返済額のみで返済を続けた場合の支払総額比較

    イオン銀行(金利13.8%)
    返済額1,000円~3,000円
    133,689円(71回)
    SMBCモビット(金利18.0%)
    返済額4,000円
    126,260円(32回)

    このように、「おトクさ」を考えた場合により重要なのは、金利ではなく毎月の返済額なんですね。

     

    もしもイオン銀行で毎月、ATMを使った追加返済を行う自信がないのなら、「オリックス銀行」など毎月の返済額の引き上げが可能なカードローンを利用することをおすすめします。

     

    ★毎月同じ返済額を返済し続けた場合には、金利の低い方がおトクとなります。

    ②30万円・50万円を借りた場合の返済シミュレーション

    借入額が大きくなると、追加返済を行った場合とそうでない場合の支払総額の差もそれだけ広がってきます。
    ここからは、支払い結果だけを見てみましょう。

    ★イオン銀行(金利13.8%)で30万円を借りた場合の支払総額比較

    毎月最低返済額のみで返済
    (10,000円~1,000円)
    476,579円(117回/9年9ヶ月)
    毎月1万円を返済370,020円(38回/4年2ヶ月)
    毎月3万円を返済320,558円(11回)
    毎月5万円を返済312,688円(7回)

    ★イオン銀行(金利13.8%)で30万円を借りた場合の支払総額比較

    毎月最低返済額のみで返済
    (10,000円~1,000円)
    808,235円(156回/13年0ヶ月)
    毎月1万円を返済748,277円(75回/6年3ヶ月)
    毎月3万円を返済558,298円(19回/1年7ヶ月)
    毎月5万円を返済534,269円(11回)

    毎月の返済額と利息額が強く結びついていることが、よくわかるかと思います。

    比較的金利の低いイオン銀行ではありますが、実は金利よりも重要なのが借入期間・毎月の返済額

    「低金利」というこのローンのメリットを活かすためには、「借りたらできるだけすぐに返す」ことを心掛けられると良いですね。

    イオン銀行の金利・返済に関するよくある質問と回答

    最後に、イオン銀行カードローンの金利・返済についてのよくある質問に回答していきます!

    ①限度額100万円未満のとき、金利は「11.8%~13.8%」とあります。どうすれば11.8%で借りれますか?

    イオン銀行のカードローン、実は2017年の2月に提供が開始された新しいローン商品です。
    そのため、「限度額が変わらない範囲内での金利引き下げ」については十分な情報が出そろっていないものの……。

    似たような制度を採用しているカードローンでは、一般的に「取引が長く、十分な信用を得ており、他社に逃したくないお客さん」に向けて金利の優遇を行っています。
    おそらくは今後、イオン銀行の利用者に向けて金利優遇の案内が届くこともあるでしょう。

    「自分は一度も支払いを延滞したこともないし、イオン銀行のカードローンを利用し続けている!」という場合には、イオン銀行へ金利引き下げの交渉を行ってみるのも良いかもしれませんね。

    イオン銀行コールセンター:0570-000839

    ★原則、契約当初に適用される金利は各限度額ごとの上限金利となります。

    ②返済が遅れたらどうなりますか?

    一般的には電話、あるいは郵送で支払いが確認できなかった、というメッセージが届くことになります。
    また、返済が遅れている間は金利が14.5%に上がるためお気をつけください。(遅延損害金利率)

    返済が遅れそう、あるいは満額の返済が難しい、という場合にはできるだけ早くイオン銀行コールセンターへ相談を行いましょう。
    真摯に話をすれば、電話での催促を待ってくれたり、返済額を引き下げてくれるはずです。

    イオン銀行コールセンター:0570-000839

    ③全額返済(一括返済)の方法を教えてください。

    イオン銀行のコールセンターへ問い合わせを行い、利息額を聞き出した上で所定の口座に振り込みを行う必要があります。

    とは言え、イオン銀行の場合は毎月の自動引落しが行われるため、さほど無理して一括返済を行う必要はありません。
    現在分かっているだけの金額をATMで支払えば、利息は自動引落しで清算可能です。

    まとめ

    ★イオン銀行は上限金利(100万円未満を借りる場合の金利)こそ低いものの、100万円以上の借入には向かない

    ★審査難易度が比較的低めなので、パート・アルバイトでも低めの金利で借りられるのが嬉しい!

    ★毎月の返済は「ATM入金」「イオン銀行口座からの自動引落し」から選択できるものの、どちらもATMを使った追加返済はほぼ必須

    限度額100万円未満のとき、他の銀行に比べ低金利で借りやすいイオン銀行カードローン。
    年収300万円未満、あるいはパート・アルバイトであっても低金利で借りやすいのは嬉しいポイントですね。

    CHECKイオン銀行のメリット・デメリットと利用の流れ、融資スピードや必要書類について
    CHECKイオン銀行カードローンの審査難易度について

    CHECK消費者金融、銀行、信用金庫、JA……。あなたに合ったカードローンはどれ?
    CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント