消費者金融の年齢制限、何歳なら審査通過して借入できる?

age-limit-judge_2

消費者金融には年齢制限があります。
じゃあ、いったい何歳から何歳までの人がお金を借りられるのでしょうか。今回は消費者金融の年齢制限についてはもちろん、年齢制限に引っかかってしまったときの対処法までまとめました。

未成年の人、高齢の人は必見です!

消費者金融に年齢制限はある?

借りられるのはだいたい20歳~70歳まで

多くの消費者金融では、融資を受けられるのは20歳から69歳までと定められています。金融機関によって多少の差はありますが、基本的に未成年者と年金生活者は、消費者金融を利用することが出来ません。
しかし、もちろん例外は多々存在します

なぜ、年齢制限があるの?

金融機関にとって一番大切なことは、貸したお金を必ず返してもらうことなんですね。そのため、金融機関はできるだけ生活の安定した人にお金を貸したいと考えています。
学業のかたわらアルバイトをしている学生や、医療費などが必要となりやすい高齢者の方にお金を貸すことは、金融機関にとって心配な融資となってしまうんですね。

また、未成年者が親権者の同意無しに結んだ契約は、お金を借りた後であっても取り消すことが出来ると法律で定められています。これは、金融機関にとって非常にコワいこと。
このような返済のトラブルを未然に防ぐため、消費者金融には年齢制限が設けてあります

審査で年齢をごまかすのは絶対NG!

それならば、年齢をごまかしてお金を借りてしまおうとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
残念ながら、すぐにバレます
なぜならお金を借りる際には、必ず審査が必要なんですね。この際、保険証など本人確認書類が必要となります。そしてこの本人確認書類を偽造するなど、悪質なごまかしが見られた場合、犯罪となってしまう可能性もありますので必ず正しい年齢を書くようにしましょう。

また、書類に嘘を書いたことがバレてしまうと金融機関はあなたを信頼してくれなくなってしまいます。そうなると、大きな額の融資を受けることが出来なくなったり、新しいクレジットカードを作るときに審査に通らなかったりと、後々まで残る傷となってしまいます。年齢に限らずどの項目も、本人確認書類と同じ、正しい情報を伝えるようにしましょう。

金融機関別、借りられる年齢一覧表

消費者金融
消費者金融名 年齢制限
アコム 20歳以上~69歳以下
プロミス 20歳以上~69歳以下
プランネル 20歳以上~79歳以下

銀行
銀行名 年齢制限
みずほ銀行 20歳以上~65歳以下
オリックス銀行 満20歳以上69歳未満
三井住友銀行 20歳以上~69歳以下
三菱UFJ銀行 20歳以上~64歳以下
りそな銀行 20歳以上~65歳以下
※すべて無担保のカードローンでの比較

ご覧のように、銀行よりも消費者金融の方が年齢制限がゆるい傾向にあることがわかりますね。
特に、「ブランネル」の年齢制限は上限が79歳と、とても高くなっています。71歳以上の方が、無担保でローンを組みたいと考えたとき候補となるのは、プランネルのみとなります。
(年金を担保とする、年金受給者のための、行政による融資機関は存在します。詳しくはコチラ

年齢制限に引っかかったときのコツ

未成年の方の場合

消費者金融と銀行、それぞれのカードローンの年齢制限を比較してみましたが、どこも最低年齢は20歳と指定されていました。
しかし、10代の方であっても借りられるローンは存在します。それではそれぞれを比較してみましょう。

(1)学生ローン

「学生ローン」は未成年の最大の味方。ただし、すべての学生ローンが18歳からの融資を行っているわけではありませんので必ず年齢制限を確認して、手続きを行うようにしましょう。
以下が現在18歳からの融資を行っている学生ローンの例となります。

銀行
名前 年齢制限 融資額 金利 その他
アイシーローン 18歳以上 1万~50万円 年10%~20% 首都圏在学・在住限定のみ
カレッヂ 18歳以上 1000円~50万円 年15%~17% 地方OK
フレンド田 18歳以上 1万~50万円 年15%~17% 地方OK

以上の金融機関は18歳からの方を対象に融資を行っていますが、原則的に未成年の方の契約には、親権者の同意や保証人が必要となります。また、18歳であっても高校生は学生ローンで融資を受けることが出来ません

(2)目的ローン

代表的なものに「自動車ローン」「運転免許ローン」が挙げられます。
その名の通り、使用用途を指定されたローンです。他のローンと異なり、自動車ローンであれば自動車を購入するために、運転免許ローンであれば運転免許を取得するためにしか、お金を使用できません。
しかし、これらは学生でなくとも融資を受けることが出来ます。以下がローンの例となります。

銀行
名前 年齢制限 融資額 金利 使用用途
JAバンク「マイカーローン」 18歳以上 500万円以内 店舗により変動
(参考:JA大阪 年1.5%~5.575%)
車の購入や修理、運転免許の取得
足利銀行「マイカーローン」 18歳以上 10万~500万円 年2.7%~3.9% 車の購入や修理、運転免許の取得
※JAバンクのマイカーローンは融資にあたり、勤続年数1年以上が必要です。

目的を限定したローンは、そうでないローンより金利が格段に低くなっていることが分かります。
こちらのローンは学生ローンに比べ、融資に安定した収入が必要となるなど、条件が厳しいですが、ローンを借りる目的が免許の取得や自動車の購入にあるのなら、非常にオススメです。

銀行
名前 年齢制限 融資額 金利 使用用途
エポスカード「運転免許クレジット」 18歳以上
(高校3年生可)
運転免許取得経費 年13.2% 運転免許の取得

また、エポスカードの運転免許クレジットは、金利が高くなっている代わりに高校3年生への融資が可能です。アルバイトをしているに越したことはありませんが、学生を対象としている分、先に挙げたマイカーローンに比べ安定した収入が無くとも審査に通りやすいローンとなっています。

このように、同じ目的ローンにもそれぞれ長所や短所が見られます。
しかしどのローンも、未成年の方の契約には原則、親権者の同意や保証人が必要となりますのでお気を付けください。

(3)クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには、ショッピング枠の他にキャッシングという枠が設けられています。これがいわゆるローン枠ですね。

今では、学生や10代を対象としたクレジットカードも多く作られています。しかしその場合、審査の結果利用出来る上限額は5万円など低い数字に設定されてしまいますのでご了承ください。最初は0と設定されてしまう場合もあります。

しかし、10代の社会人の方が、目的を限定されないローンを組みたいと考えるときには、クレジットカードのキャッシング枠が最も有力な候補となるでしょう
金利の目安は年18.0%(楽天銀行)程度と高めに設定されています。また、リボ払いにはくれぐれもお気を付け下さい

いかがでしたか?ローンにもいろいろな種類・特色があることがお分かり頂けましたでしょうか。
それでは未成年の方向けに、用途に合わせてオススメローンをピックアップしてみました。

  • 車に関係する費用のためのローンなら、圧倒的金利の安さの「マイカーローン」
  • あなたが学生であり、さまざまな用途にローンを使いたいのなら「学生ローン」
  • あなたが社会人で、さまざまな用途にローンを使いたいのなら「クレジットカードのキャッシング枠」

どのローンを選ぶにしても、無理のない返済計画を立てて、賢く利用してくださいね!

年金収入で借りる場合

年金収入で借りる場合

(1)消費者金融

先述の通り、年金収入のみで生活する方が消費者金融からローンを受けることは、基本的に難しいと考えて下さい。金融会社にとっては、医療費などの急な出費によって、返済不能に陥ることが心配なためですね。

しかし!年金であっても「安定した収入」とみなされる場合があります。ここでは高齢者を対象とした融資を行っている、金融機関について解説致します。

■プランネル

先ほど比較した消費者金融機関の年齢制限の中、最も高い上限を設定したのが「プランネル」でした。
79歳まで融資可能という通り、もちろん年金で生活されている方を融資の対象としています。

また、年金に加えアルバイトや不動産などでの収入があれば、さらに選択肢が広がります

(2)行政融資

行政融資
先ほど少しだけ触れたように、今まで紹介したローンはすべて担保を必要としないローンでした。
実は、受給している年金を担保に、行政から融資を受けることが出来ます。そのシステムについてご紹介致します。まずは消費者金融とどう違うのか、比較してみましょう。

銀行
金利 融資スピード 保証人
行政融資 2.0% 圧倒的に安い 3週間前後 必要
消費者金融 4.5%~18.0% 即日から 不要
(※融資額とありますが、法律により年収の3分の1より大きなお金を借りることは出来ません。)
▼10万円を12回払いで借りたときの利子総額
行政融資 1,087円
プランネル 10,016円

ご覧のように、年金と言う担保があるために非常に金利が低くなっています
融資スピードには隔たりがあるものの、とにかく金利を下げたい、利息を減らしたいと思う方は行政融資を受けるのがオススメです。

行政融資詐欺に気をつけて!

気を付けてほしいのは、年金を担保にした融資を行うことが出来るのは、国が定めた機関のみとなっていること。

取り扱っているのは「独立行政法人 福祉医療機構」「株式会社 日本政策金融公庫」のみ。
年金を担保にしているとだけあって、詐欺が多く発生しています。
行政融資を申し込む場合は、最寄の銀行や信用金庫、日本政策金融公庫の支店へ実際に行ってみるのが確実です。
貼りチラシなどは100%詐欺。騙されないように気を付けてください!

(3)持ち家がある方にオススメ「リバースモーゲージ」

持ち家がある方にオススメ「リバースモーゲージ」

さて、年金を担保に融資を申し込む方法を説明して参りましたが、もし年金の他に担保となるものがあるのなら、もちろんそれを利用することも可能です。
今注目を集めている、新しい融資の形が「リバースモーゲージ」。なんと月々、借りたお金を返済する必要がありません。
リバースモーゲージの仕組みをまとめました。

  1. 持ち家を担保に入れる。
  2. 持ち家の資産価値の中で融資を受ける。
     (家の価値が2000万円であれば2000万円までを自由に借りることが出来る)
     このとき借りたお金は返さなくて良い。
  3. ローン契約者がお亡くなりになった時、銀行が担保であった家を没収・売却することで返済完了とする

家をお子様などに相続させる予定が無いのであれば、非常に魅力的なローンと言えるでしょう。
リバースモーゲージは、三井住友銀行やみずほ銀行など、大手銀行で取り扱われています。
一般的なローンとは一線を画す、新しいローンなので単純な比較は難しいですが、お子様やご家族の方と相談の上、検討してみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ローンを利用する際の手助けになりましたでしょうか。

それぞれのローンには一長一短の特徴があります
あなたの状況に一番合う、一番負担にならないローンを上手に選び、利用してくださいね!




カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。