キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

初心者必読!「アイフル」申込前に知っておくべき3つのデメリット

    初心者必読!「アイフル」申込前に知っておくべき3つのデメリット
    「今必要なお金を借りるため、広告をよく見かける<アイフル>が気になる。
    けれどこういった業者を使うのは初めてだし、そもそも申し込み先はここでいいのか…」

    どうしても身近な人から、生の声を聞きづらいキャッシング(現金貸付)サービス。はじめて利用するにあたっては、そういった不安が湧いてくるのも当然です。

    結論から言うと、少なくともアイフルを利用するにあたり、理不尽に怖い思いをすることはまずありません「とにかくお金を借りたい」という目的を叶えるためであれば、アイフルを選んで何の問題も無いでしょう。
    ……が、「アイフルより他の会社を選んだ方が良い人」がそれなりに多いのも確かです。

    今回は大手消費者金融会社「アイフル」について、申込前に知っておくべきデメリットと、「デメリットを受け入れた上でアイフルへ申し込むべき人・そうでない人」の違い、その他契約の流れ等をまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたがこの会社を頼るべきか、もしそうならどのように手続きを進めて行けばよいかが分かります。

    1分でチェック!このページの概要

  • 他社と比べた「アイフル」のデメリットは「高金利」「銀行振込をはじめとするユーザーサービスが微妙」「ATM手数料が発生しやすい」の3つ。
  • 一方「最短1時間で借りられる」「郵送物なしで借りやすい」といったメリットは確かなので、こちらを重視するならそのままアイフルへの申し込みを決めて良い
  • →要はおトクさや便利さより「速さ」「バレにくさ」を重視したいときにおすすめ

    アイフル

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%10万〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳以上
    • 仕事をしている
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 年収100万円以下の方の審査通過も確認済み
    • 注:振込対応は平日日中のみ

    申込前に知っておくべき「アイフル」3つのデメリット

    申込前に知っておくべき「アイフル」3つのデメリット

    それでは早速、「アイフル」利用上のデメリットについてお話しさせて頂きましょう。

    事前にチェック!「お金を借りること自体」のデメリット

    アイフルに限らず、「金融機関からお金を借りる」こと自体にもいくつかのデメリットが存在します。考えられるのは以下の3つですね。

    • 借入額や期間に応じた利息(=サービス料)を支払う必要がある(金額については後述)
    • 借入中はローンやクレジットカード等の審査が不利に進む可能性がある
    • もし長期延滞などの問題を起こすと、いわゆるブラック状態になったり、自宅に督促状が届く可能性がある。さらにこれを踏み倒そうとすると訴訟沙汰となることも


    この3つのデメリットに抵抗を感じるなら、そもそも金融機関(銀行含む)からお金を借りること自体を控えた方が良いでしょう。

    一方でアイフルはじめ、正規の金融機関を利用する上で「理不尽に怖い思いをする」ことはありません
    きちんと返済(アイフルの場合、月4千円~)ができている状況ならもちろん、仮に返済が遅れた場合であっても、支払いの意志があればあなたの携帯電話以外へ連絡が取られることは無いはずです。(これを無視すると自宅に督促状が届いたりする可能性はありますが)

    ①金利は「上限18%」(月1.5%程度)と高い

    「金融機関から借りる」こと自体のリスクを受け入れたなら、ここからは「数多くの金融機関から、あえてアイフルを選ぶことについてのデメリット」について解説していきましょう。

    「アイフル」における、最も分かりやすいデメリットはその「高金利」です。
    アイフルが提示する金利は「年3.0%~18.0%」。とは言え多くの人は「18%」の上限金利が適用されるものとお考え下さい。

    基本的に、ローンユーザーにとって金利が低いに越したことはありません
    にもかかわらず、アイフルの提示する「18%」の上限金利は、現在の法律が許す最高の金利(借入額10万円~100万円未満のとき)です。要は借入額10万円以上のとき、アイフルは法律ギリギリの高金利で融資を行っているわけですね。

    となると気になるのが、「年18%」とはそもそもどういう意味なのか、という話ですが……。
    これが意味するのは「1年間同じお金を借りっぱなしだった場合、借入額に対し1年あたり18%の利息(サービス料)が発生する」ということ。例えば100万円を1年、年利18%で借りたなら、18万円の利息が発生するわけですね。

    ……とは言え実際のところ、毎月の返済のことを考えると「1年間同じお金を借りっぱなし」という事態はまず考えにくいです。
    そのため「年利18%」は簡単に12で割ってしまい、月当たりの利息(月利)を算出してみると良いでしょう。
    アイフルの場合は18%÷12=1.5%、つまり月1.5%くらいの利息が発生するというわけです。10万円を1ヶ月借りたなら1,500円くらいの利息が生じる計算になりますね。

    前置きが長くなりましたが、アイフルを利用するにあたって発生する利息(サービス料)は目安として「月あたり、借入額の1.5%」程度(実際は誤差あり)。
    「アイフル」への申し込みを決めるにあたっては、この金利を許容できるか否かが重要になってくることでしょう。

    ちなみに他社ローンの金利設定は以下の通りです。

    ★主なローンの金利(年利・月利)比較
    上限金利
    (年利)
    上限金利を元にした1ヶ月あたりの利息
    (誤差あり)
    備考
    アイフル※18.0%1.5%最短1時間融資
    30日間無利息
    郵送物なしで利用可
    プロミス17.8%約1.483%最短1時間融資
    30日間無利息
    郵送物なしで利用可
    三菱UFJ銀行バンクイック14.6%約1.216%
    三井住友銀行カードローン14.5%約1.208%最短1営業日で融資
    来店契約時、郵送物なし
    みずほ銀行カードローン14.0%約1.166%みずほ銀行の口座開設必須
    借入までは1週間~
    郵送物は避けられない
    アイフルファーストプレミアムカードローン9.5%約0.791%高難易度(最低でも年収300万円~)
    最短即日融資
    30日間無利息
    郵送物なしで利用可
    ※レイクALSAやアコム、SMBCモビットも同じ

    金利の低いローンは「アイフル」よりも借入に時間が掛かったり、郵送物を避けにくくなる傾向にありますが……。(高難易度のファーストプレミアムカードローンは例外)
    それでもできる限りおトクに借りたいのであれば、金利優先で申し込み先を探すことをおすすめします。

    CHECK難易度別!低金利カードローンとその選び方
    CHECK【上限9.5%】郵送物なし&低金利カードローン3選とその選び方

    ★ただしアイフルは初回契約の際、30日間利息が発生しません(=金利0%)。
    「すぐ借りて、すぐに返す」ことが可能なら(原則半年以内に完済できるなら)、銀行カードローンよりもおトクに利用可能でしょう。

    ②他の大手消費者金融と異なり、土日や夕方以降の振込に一切対応していない

    後にもう少し詳しく触れますが、「アイフル」の利用メリットは「融資スピードが速い(最短1時間)」「郵送物なしで借りやすい」の2つ。
    ……が、正直に言うとこのメリットを備える金融機関はほかにもいくつか存在します。そしてアイフル、正直そういった他社に比べると、ユーザーサービス面で後れを取っていると言わざるを得ません。
    特に「プロミス」「レイクALSA」で利用できる「24時間振込」に対応していないのは痛いところです(2019年11月現在)。

    ★大手消費者金融5社の比較
    24時間振込※1 郵送物なしでの借入 即日融資の申込リミット目安
    アイフル不可
    振込対応は平日日中だけ

    あえて希望しない限り郵送物なし
    ~21時
    (来店)
    ~20時
    (ネット)
    プロミスOK
    あえて希望しない限り郵送物なし
    ~21時
    (ネット、来店)
    レイクALSAOK
    あえて希望しない限り郵送物なし
    ~21時
    (ネット、来店)
    ※第三日曜日除く
    アコム
    口座による
    郵送物回避には来店必須~21時半(来店)
    ネット申込に関しては口座による
    SMBCモビットOK条件厳しめ~19時
    (ネット、来店)
    ※1 メンテナンス時間、日曜夜間などの例外あり。また一部金融機関口座は対象外

    正直に言うと、アイフルの使い勝手は「プロミス」「レイクALSA」に劣るのが現状です。
    そのため特にこれといった事情がないなら、2社のいずれかを選択するのをおすすめしたいところですが……。

    参考【今すぐ借りられるカードローン】初心者へのおすすめは「プロミス」「レイクALSA」

    一旦「アイフルが気になる」と思ったら、なかなか他社への申込に気が進まない…といった方も少なくはないでしょう。
    その場合は「アイフルの銀行振込対応は平日日中のみであり、基本の借入方法はATM出金である」ことを承知しておく必要があります。

    ★2019年11月現在、アイフルで当日中の振込融資を受けるには「平日14:10」までに振込依頼を済ませる必要があります。
    通常の銀行営業時間が15時まで、つまり最長50分のタイムラグが発生し得ることを考えると、おそらくアイフルは「自動振込」のシステムを持っていないのでしょう。
    (ちなみにプロミスの振込は申し込みから最短3秒程度で完了します)

    ★一方で振込による借入の際、手数料は発生しません(ただしこれは他社も同様)。

    ③それじゃあATMを使うべきかというと、そちらはそちらで手数料が発生

    振込関連のサービスが、明らかに他社に劣る「アイフル」。そのため、基本の借入はATMを通して行うこととなりますが……。
    ここで再び気になるのが、その出金手数料。具体的には以下の通りです。

    ★大手金融機関カードローンのATM手数料
    取引額1万円以下 取引額1万円超
    アイフル110円
    ※アイフルATMは無料
    220円
    ※同左
    プロミス110円
    ※プロミスATM、三井住友銀行ATMは無料
    220円
    ※同左
    レイクALSA完全無料
    アコム110円
    ※アコムATMは無料
    220円
    ※同左
    SMBCモビット110円
    ※三井住友銀行ATMは無料
    220円
    ※同左
    三菱UFJ銀行バンクイック完全無料
    三井住友銀行カードローン
    ※いずれも大手コンビニATM(セブン銀行、ローソン銀行、E-netATM)利用可

    このように、アイフルではアイフル店舗に設置してあるATM「以外」を利用すると手数料が発生します。

    が、先述の通り振込融資の対応時間の短さを考えると、アイフルで借入を急ぐ場合には手数料発生を我慢してATM出金を利用せざるを得ないことも多いでしょう。
    このあたりの勝手の悪さは「24時間振込」という別の手段のある他社、特に「24時間振込対応+ATM手数料完全無料」レイクALSAと比べた際、大きな欠点と言えます。

    ★ATM手数料は次の返済の際、利息と一緒に徴収されます。
    (=ATM手数料が発生するほど返済額中の「借入清算に充てられるお金」が減り、返済効率が悪くなる)

    それじゃあ「アイフル」から借りるメリットって?アイフルの基本情報

    それじゃあ「アイフル」から借りるメリットって?アイフルの基本情報
    他社に比べるとどうしても、デメリットの目立つ「アイフル」。
    それでは逆に、借入先に「アイフル」を選ぶメリットとは何なのでしょうか?簡単に解説させて頂きます。

    ①アイフル基本情報:最大の魅力は「スピード融資&郵送物なし」の両立

    「アイフル」通常カードローンの基本情報は以下の通りです。

    アイフル

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%10万〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳以上
    • 仕事をしている
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 年収100万円以下の方の審査通過も確認済み
    • 注:振込対応は平日日中のみ

    審査時間は最短30分、融資までに掛かる時間は最短1時間程度(混雑状況によっては長引きます)。
    このスピーディさ、そして「郵送物なしで借りやすい」ことが「アイフル」を使う上での最大のメリットと言えるでしょう。

    ……ただし先述の通り、メリットを同じくするライバル業者(特にプロミスレイクALSA)が存在するのは気になるところです。

    ★郵送物なしで「アイフル」を利用する条件は以下の通りです。

    • インターネット契約+ローンカード発行を希望しない
      (WEB完結/この場合、基本の借入方法はスマホATM)
    • アイフルの店舗(主に無人店舗)でカードを受け取る

    これについては「あえてカードの郵送を希望しない限り、郵送物なし」と言い換えても良いでしょう。

    ★アイフルが取り扱う高難易度・低金利カードローン「ファーストプレミアムカードローン」へ申し込めるのは、「アイフルの利用が初めての方」のみとなります(通常ローンからの切り替え不可)。
    将来的にこちらのローンを利用したいとお考えなら、通常の「アイフル」カードローンへの申し込みも避けておいた方が良いでしょう。

    CHECKアイフル「ファーストプレミアムカードローン」のメリット・デメリットと即日契約の流れ

    ②結局、アイフルへ申し込むべきはどんな人?

    「アイフル」のメリット・デメリットをまとめると、以下のようになりました。

    ★アイフル(通常ローン)のメリット・デメリット
    メリット
  • 申し込みから最短1時間で借りられる
  • あえて希望しない限り、自宅に郵送物が送られてこない
     「郵送物なし+来店なし」の両立にも対応
  • 勤務先への在籍確認の電話を避けやすい(詳細後述)
  • デメリット
  • 高金利(年18%、月1.5%)
  • 銀行振込対応時間は平日日中のみ、さらに申込~振込実行には最長50分のタイムラグあり
  • 銀行振込の勝手の悪さから基本の借入方法は「ATM出金」となるが、こちらは手数料が発生しやすい
  • 「郵送物なし+来店なし+24時間振込」が可能なプロミスレイクALSAと比較するとユーザーサービスが劣る
    (レイクはさらにATM手数料無料)
  • アイフルについて、あなたが「デメリット」よりも「メリット」の方が大きいと感じるのなら、そのまま申し込みを決めてしまって良いでしょう。

    サービス面で優れる「プロミス」「レイクALSA」の存在はやはり気になるところですが……。
    デメリットさえ気にならないのなら、「広告などにより、何となく親近感があるから」「近くに店舗があるから」といった理由で申し込みを決めてもまったく問題ありません。

    アイフルの審査に通っているのはどんな人?

    アイフル…というより全てのカードローン(正規業者取り扱いのもの)と契約を結ぶ際には、その会社独自の「審査」に通る必要があります。
    とは言え消費者金融会社の審査基準は決して厳しいものではありません。実際に「アイフル」の審査通過例をご覧ください。

    ★「アイフル」実際の審査通過例(リンク先に詳細体験談あり)

    申告年収 他社借入 備考
    20代
    学生
    50万円なし
  • 限度額10万円
  • 30代
    会社員
    600万円なし
  • 限度額10万円
  • 5年以内にクレカ2ヶ月以上延滞(推定ブラック状態)
  • このようにアイフルでは、年収が決して高くなくても、ブラック状態でも、返済能力さえ認められれば審査通過の可能性があります。

    ちなみに先に紹介したライバル業者「レイクALSA」は(消費者金融会社の中では)若干審査難易度が高いとされているため、審査に自信がないのなら、これを理由に「アイフル」への申し込みを進めるのもアリでしょう。
    (ただし最新の成約率≒審査通過率はプロミス>アイフル)

    CHECK【アイフル審査の総まとめ】年収50万円で即日融資を受ける条件、必要書類・在籍確認

    「アイフル」基本的な契約の流れ

    「アイフル」基本的な契約の流れ
    ここからはメリット・デメリットの両方を把握した上で「アイフル」への申し込みを検討しているあなたのため、その契約の流れを簡単に紹介させて頂きます。

    ①基本的なインターネット契約の流れ

    現在主流となる「インターネット契約(来店不要)」の流れは以下の通りです。

    「アイフル」契約の流れ
    (インターネット契約)

    インターネットまたは電話から申し込み
    審査を急ぐ場合、
    勤務先への電話を避けたい場合には

    「0120-337-137」へ電話し希望を伝える
    (毎日9時~21時)
    携帯電話へ申込確認
    (聞き取り審査)
    メールで仮審査結果連絡
    インターネット上で必要書類の提出
    メールで本審査結果連絡
    メールの内容に従いネット上で契約手続き
    ※無人店舗に出向いてのカード受取も可能
    「銀行振込」または「スマホATM」※1での借入が可能に
    (ここまで最短1時間程度)
    各ATMで使える
    ローンカードの郵送(希望者のみ、数日後~)

    ※1 スマホATM…ローンカードの代わりにスマートフォンアプリに表示のQRコードを使って「セブン銀行ATM」で入出金を行う方法のこと。

    ローンカードの発送を希望しない場合、借入方法は「振込(平日日中のみ)」「スマホATM(スマートフォンアプリ+セブン銀行ATM)」に限られますのでご注意ください。
    セブン銀行以外のATMを使い入出金を行いたい場合には、郵送、または各店舗でのカード受け取り手続きが必要となります。

    CHECKアイフル公式HP「都道府県からアイフル店舗を探す」

    ★「郵送物なし+来店なし」の両立(WEB完結)には、返済用口座の登録が必要です。
    お手持ちの銀行口座がこれに対応していることを、あらかじめご確認ください。

    CHECKアイフル公式HP「金融機関口座振替日一覧」(口座振替に対応している金融機関の一覧)

    ★即日融資の条件や来店契約(申し込み~契約すべてを店舗で行う場合含む)の詳細については、以下のページをご覧ください。

    CHECKアイフルに聞いた!即日審査には何時までの申込が必要?即日融資の注意点・必要書類も
    CHECKアイフルに聞いた!審査結果が来ない(遅い)ときの対策&即日融資成功の条件

    ★契約後の借入・返済方法については、以下のページをご覧ください。

    CHECK「アイフル」の総まとめ:申し込み~借入・返済まで

    ②アイフルとの契約に必要な書類

    「アイフル」との新規契約に必要な書類は以下の通りです。

    ★アイフルの必要書類
    本人確認書類
    (全利用者必須)
  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • お持ちでなければ以下のうちいずれか

  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証+公共料金の領収書など
  • 書類を使った在籍確認を希望する場合
    勤務先が休業日の場合
    勤務先を確認できる書類
    基本的には「社会保険証」「給与明細」など
    本人確認書類に記載されている住所と、現住所に違いがある場合以下のうちいずれか1点

  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • アイフルから要求のあった場合※収入証明書いずれか1点

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書直近2ヶ月分
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • その他個人事業主は追加書類(確定申告書など)の提出を求められやすい
    ※1 ※アイフルでの限度額が50万円を超える場合、アイフルと他社での借り入れ合計が100万円を超える場合は必須

    一見ごちゃごちゃしていますが、特に在籍確認(後述)に関する希望が無ければ「本人確認書類」のみで契約を済ませられる方が大半でしょう。
    また仮に追加で書類が必要となった場合であっても、インターネット申込であればその都度電話で、アイフルから連絡を入れてもらえます。(この場合の連絡先は、特に希望のない限り携帯電話)

    CHECKアイフルに聞いた!審査時には「収入証明書類」が必要?契約の流れも

    ③在籍確認の電話を避けやすいのは嬉しいポイント

    特に消費者金融会社の審査を受ける際、気になりやすいのが職場への「在籍確認」
    これは無職の方の虚偽申告やなりすましを防ぐため、主に「金融機関が申込者の勤務先に電話を掛ける」形で実施される、審査上の一過程を言います。
    そしてこれはアイフルの場合も例外ではありませんが……。

    実はアイフル、以前から「電話以外の方法、主に書類提出による在籍確認」に積極的。具体的には「社会保険証」「給与明細書」等の「勤務先を確認できる書類」があれば、勤務先への電話を控えてもらえます
    この対応を希望する場合には、申込後にアイフルに電話を掛け、その希望を伝えると良いでしょう。

    アイフルコールセンター:0120-337-137(毎日9時~21時)

    また、特に在籍確認について希望を伝えなくとも、電話確認は「要件や社名を名乗らず、知り合いや顧客を装う形で」実施されます。
    申込者本人がその場に居る必要がないこともあって、この電話のせいで勤務先にキャッシングを知られることはほぼ無いでしょう。

    アイフルの在籍確認について詳しくは、以下の個別ページをご覧ください。

    CHECKアイフル&利用者10人に聞いた!在籍確認と審査の関係、電話の避け方

    ★ただし同様の対応は他の金融機関(プロミス等)でも取ってもらえますので、これをアイフル独自のメリットと言うことはできません。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 「アイフル」他社と比べたデメリットは
      • 高金利(年18%/月1.5%前後)
      • 銀行振込対応が平日日中のみ、かつ最長50分のタイムラグあり
      • 銀行振込の勝手の悪さからATM出金の重要性が高いが、アイフルATM以外だと手数料が掛かる

      の3つ。特に明らかにサービス内容に優れるプロミスレイクALSAの存在は気になるところ

    • 一方でメリットは

      の3つ(ただしプロミス、レイクALSAにも共通)。デメリットよりメリットが大きいと判断したなら、そのまま申し込みを進めてOK

    現状、今一つ「他社との差別化点」に欠けるアイフル。とは言え消費者金融会社に求められる最低限のサービスは満たしています。
    「融資スピード」「家族や勤務先へのバレにくさ」を重視するのであれば、そのまま申し込みを進めてしまっても良いでしょう。

    CHECK「アイフル」の総まとめ:申し込み~借入・返済まで


    この記事でチェックしたカードローン情報

    アイフル

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%10万〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳以上
    • 仕事をしている
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 年収100万円以下の方の審査通過も確認済み
    • 注:振込対応は平日日中のみ

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント