アイフルの利息返済シミュレーション:9.5%の低金利で借りる方法も

アイフルの利息返済シミュレーション:9.5%の低金利で借りる方法も
「キャッシングを利用するなら、安心して使える有名なところがいいな。
でも、アイフルの金利<3.0%~18.0%>ってどういう意味?」
「CMでやっているような会社は、高金利なんでしょ?」

アイフルを含め、「消費者金融は金利が高い」というイメージは間違ったものではありません
正直に言ってしまうと、「低金利で借りたいのなら、消費者金融よりも銀行を使った方が良い」というのは事実です。
とは言えこれには例外もあり、アイフルが取り扱う特別なカードローン「ファーストプレミアムカードローン」を選択すれば、一般的な銀行カードローンよりずっと低い金利で借り入れが可能。
また、通常のアイフルを利用する場合であっても、毎月の返済を工夫すれば利息(金融機関に支払うサービス料)を大きく節約することもできます。

今回はそんなアイフルのカードローンについて、「年収300万円以上なら利用できる特別なローン」から、「通常のアイフルを上手に、おトクに利用する方法」まで、アイフルの金利と利息に関することがらをすべてまとめてみました。
読み終えていただければ、アイフルに限らずすべてのカードローンをおトクに利用するコツがわかりますよ!

アイフル (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス
  • 「てまいらず」「配達時間えらべーる」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

アイフルの公式サイトで詳細をチェックする!

「低金利で借りる」ことを狙うなら、「通常の」アイフルを選択するべきではない

もしもあなたが「できるだけ低金利でカードローンを利用したい」と考えているのであれば、通常のアイフルこと「アイフル<キャッシングローン>」の利用はおすすめできません
まずは、その理由を解説していきます。

「利息」とはアイフルへ支払われる手数料(サービス料)、「金利」とは利息を計算する材料になる数字のことを言います。
金利が低いほど、利息(=サービス料)は低くなり、利用者にとってはおトクとなります。

①アイフルの金利は「3.0%~18.0%」。ただし契約時はほぼ「18%」

通常のアイフルこと「キャッシングローン」の金利は「3.0%~18.0%」と、ずいぶん開きがあります。
「これだけ幅が広いのであれば、その中間くらいの金利で借りられるんじゃ?」と思ってしまいがちですが……。

残念ながらアイフルとはじめて契約を結ぶとき、適用される金利はほぼ18%と考えておいた方がよさそう。

というのも、初回契約時にはアイフルとの信頼関係がありません。
言ってみればアイフルからすると、「いつ貸したお金を返してくれなくなるか分からない」ことになりますから、「それまでに利息をできるだけ支払ってもらおう」という考え方になるわけですね。
ちなみにこれはアイフルだけではなく、金利に開きのある金融機関すべてに共通する傾向となります。

★18%という金利は、「10万円~100万円未満」を貸し付ける場合の法定上限金利。
つまり、限度額が10万円以上の場合、アコムより金利の高い合法機関は存在しません
(ただし、これはアコムといった大手他社にも共通します。)

★仮に100万円以上の限度額をもらえた場合、適用金利は「利息制限法」により必ず15%以下となります。
ただし、契約時に100万円以上の限度額をもらえることは多くありません。

②取り引きを続けることで、金利を下げてもらえる可能性はあるけれど……。

それではアイフルとの信頼関係を十分に築くことができれば、3.0%といった低金利でお金を借りることができるのでしょうか?

可能性はゼロではありません
もしもあなたがアイフルにとって、「他の会社に逃したくない、良いお客さん」であればあるほど金利は下げてもらえやすくなります。

ただし、そのためにはアイフルで長い期間お金を借り、滞りなく返済し、さらにあなたに十分な社会的ステータスと収入が備わっている必要があります。

……正直に言うと、アイフルで10%未満の低金利でお金を借りられる能力がある人であれば、はじめから銀行などで低金利ローンを組んだ方がよっぽどおトク
すでにアイフルでローンを組んでいるのならまだしも、これからローンの申し込みを行うとき「おトクに借りたい」という目的で通常のアイフルを選ぶことは、到底おすすめできません

CHECKよくある質問:すでにアイフルを利用中の人が、よりおトクに借りる方法を教えてください。

③年収300万円以上なら、特別なアイフル「ファーストプレミアム」をチェック!

ただし、「おトクに借りる」ために向いていないのはあくまでも「通常のアイフル」。

実はアイフル、実に7種類ものローンを取り扱っており、その中には金利の低い「ファーストプレミアムカードローン」という特別な商品も存在するんですね。
高級感のある名前から連想される通り、このローンの審査難易度は通常の「アイフル<キャッシングローン>」に比べずっと高く設定されています。

具体的に言うと、年収300万円未満の場合、審査に通る可能性は0%です。
また、年収300万円以上であっても、安定した収入と生活の基盤がなくては利用することができません。

その代わり金利は「3.0%~9.5%」と、契約時に適用されやすい上限金利で言うと通常のアイフルの約半分
さらに一般的な銀行カードローンの上限金利は14.5%程度ですから、それよりもかなり低金利となります。
実際の支払い額で、見比べてみましょう。

★50万円を借り、毎月15,000円を返済する場合の支払い総額比較

通常のアイフル
(金利18%)
698,327円(47回/3年11ヶ月)
楽天銀行
(金利14.5%)
643,730円(43回/3年7ヶ月)
アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
(金利9.5%)
582,779円(39回/3年3ヶ月)

実に、通常のアイフルと比べた利息額の差は11万円以上
もしもあなたが審査に自信を持っているのなら、通常のアイフルではなく「ファーストプレミアムカードローン」を選択することを強くおすすめします。

CHECKアイフル、7種のカードローン商品の選び方

④低金利での借入を狙うなら、銀行カードローンの検討も:アルバイトでも通過可能性十分

「<ファーストプレミアムカードローン>の審査は自分には難しそう……。他に低い金利で借りる方法はないの?」といったあなたには、「楽天銀行」「イオン銀行」といった比較的審査難易度の低い銀行カードローンがおすすめ。
ちなみに上限金利はそれぞれ「14.5%」「13.8%」となります。(アイフルの上限金利は18%)

銀行カードローン、と言うと「審査が厳しい」といったイメージを持たれがち。
そのイメージに相違ない銀行も確かに存在しますが、現在はどちらかというと審査通過のボーダーラインは下がってきている傾向にあります。
具体的に言うと、上に挙げた金融機関であれば年収200万円未満・かつアルバイトの方であっても多数審査に通過されているんですね。

「できるだけ低金利で借りたいけれど、審査が不安」といった場合には、このように「はじめから金利の低い金融機関」を選択するのが良いでしょう。

CHECK比較的審査難易度低めの銀行カードローンまとめ
CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総まとめ

<通常のアイフルは、「審査に自信のない人」「今日中に借りたい人」におすすめ>

金利の面ではおすすめできない、通常のアイフルこと「キャッシングローン」ではありますが……。
審査難易度に関しては大手消費者金融の中でも低めで、融資スピード・審査スピードにも優れています。(申し込み~借り入れまで、最短1時間程度)

もしも「これまでに他社のローンの審査に落ちてしまった」「とにかく今日中に借りたい」という点に当てはまるのなら、通常のアイフルを選択することをおすすめします。

CHECKアイフルの審査と、その通過条件
CHECK大手金融機関5社に聞いた!即日融資を受ける方法とそのタイムリミット

具体的な利息の金額については、以下の返済シミュレーションで詳しく紹介していますよ。

結局アイフルで借りたら、何倍にして返すことになるの?

カードローン関連でよくいただく質問に、「結局この会社で借りたら、何倍にして返さないといけないの?」といったものがあります。
ですが、実は何倍にして返すことになるか、つまり利息がどれくらい発生するか、というのは「借入先」や「金利」ではなく「毎月の返済額」「借り入れ期間」によるものが大きいんですね。

文字で解説するよりも、実例を見ていただいた方が早いです。それでは、さっそく見ていきましょう!

①10万円を借りた場合のシミュレーションと、返済に関する基礎知識

まずは、アイフル(金利18%)で「10万円」を借りた場合の支払いシミュレーションを2パターンご覧ください。

★2017年4月1日にアイフルで10万円を借り、毎月末に5,000円を返済する場合

当月の返済額 当月の利息 当月の返済に充てられる金額 返済後の借入残高
2017年
4月30日
5,000円 1,479円 3,521円 96,479円
5月31日 1,474円 3,526円 92,953円
6月30日 1,375円 3,625円 89,328円
2019年
3月31日
4,752円 70円 4,682円 0円
返済結果 支払い総額:119,752円
(うち利息19,752円)
支払い回数:24回(2年)
※30日間無利息サービスは考慮しないものとする

★2017年4月1日にアイフルで10万円を借り、毎月末に30,000円を返済する場合

当月の返済額 当月の利息 当月の返済に充てられる金額 返済後の借入残高
2017年
4月30日
30,000円 1,479円 28,521円 71,479円
5月31日 1,092円円 28,908円 42,571円
6月30日 629円 29,371円円 13,200円
7月31日 13,401円 201円 13,200円 0円
返済結果 支払い総額:103,401円
(うち利息3,401円)
支払い回数:4回
※30日間無利息サービスは考慮しないものとする

同じアイフルで、同じ金利(18%)で同じ金額「10万円」を借りたにもかかわらず、支払い総額には約15,000円もの差が発生してしまいました。

このように、同じ会社で同じお金を借りても、毎月の返済金額・借り入れ期間によって支払い総額は変わってくるんですね。
簡単に言えば、「毎月大きなお金を返済するほど、支払い総額は抑えられる」ことになります。

<「支払い額=返済に充てられる金額」ではない!「元利」方式ってどういう意味?>

上の返済シミュレーションを見ても分かる通り、あなたがアイフルへ「返済」として支払うお金は、「あなたの借入返済に充てられるお金」「アイフルへのサービス料=利息」に分けられます。このような返済方式のことを「元利」方式と呼びます。
ですから返済額のうち、利息の割合が高いほどあなたの借入返済に充てられるお金は減ってしまうわけですね。つまり、なかなか借金が減らない、ということになります。

利息は、以下の式で表すことができます。(金利18%の場合)
「借入残高×0.18÷年間日数×借入日数」

2つ目の例で大きく支払い総額(利息総額)を節約できたのは、毎月の返済額自体を引き上げることで、2ヶ月目以降の「借入残高」と、長い目で見た「借入日数」を節約できたから。

とは言え、詳しい仕組みを覚える必要はさほどありません。
「毎月できるだけ大きなお金を返済して、借り入れ期間を縮められたらその分おトク」ということだけ意識できればOKです。

②アイフルから30万円・50万円を借りた場合の支払いシミュレーション

ここからは、簡単に計算結果のみをお伝えしていきます。

★アイフル(金利18%)で30万円を借りた場合の支払い総額

支払期間 支払い総額
毎月11,000円を返済した場合 36回(3年) 388,683円
毎月15,000円を返済した場合 24回(2年) 359,332円
毎月20,000円を返済した場合 18回(1年6ヶ月) 342,404円
毎月50,000円を返済した場合 7回 316,800円

★アイフル(金利18%)で50万円を借りた場合の支払い総額

支払期間 支払い総額
毎月13,000円を返済した場合 58回(4年10ヶ月) 751,057円
毎月20,000円を返済した場合 32回(2年8ヶ月) 631,374円
毎月50,000円を返済した場合 11回 545,806円
毎月80,000円を返済した場合 7回 529,080円

借入額が増えるほど、毎月の支払い額が非常に重要になることが分かります。
ご覧の通り、50万円を借り入れた例では毎月の返済額ごとの支払い総額差は20万円以上に広がってしまいました。
大きな金額を借り入れるときほど、毎月の最低返済額(最少返済額)を気にせず、できる限り借入期間を縮めることが重要だと分かりますね。

③【ファーストプレミアムカードローン】50万円を借りた場合の支払いシミュレーション

それでは、年収300万円以上の方のみ申し込みが可能な「ファーストプレミアムカードローン」の場合、支払い総額はどのように変わってくるのでしょうか?
実際に、「通常のアイフルで50万円を借りた場合」と比較してみました。

★2つのアイフルカードローンで、50万円を借りた場合の支払い総額比較

通常のアイフル(18%) ファーストプレミアム
(9.5%)
毎月13,000円を返済した場合 751,057円 598,587円
毎月20,000円を返済した場合 631,374円 559,353円
毎月50,000円を返済した場合 545,806円 523,005円
毎月80,000円を返済した場合 529,080円 514,895円

同じ金額を借りて、同じ金額を返済していくのであれば、金利が低い方がおトクとなります。

ただしよく見てみると、「毎月13,000円を返済した場合のファーストプレミアム」より、「毎月5万円を返済した場合の通常のアイフル」の方が支払い総額は低くなっています。

長い目で見た支払い総額を抑えたいのであれば、重要なのは「金利」ではなく「毎月の返済金額」「借り入れ期間」となります。
通常のアイフルを利用する場合であっても、返済に工夫を凝らせば、「ファーストプレミアム」よりおトクに利用できることがあるんですね。

アイフルの金利と利息に関する、よくある質問と回答

最後に、アイフルの金利と利息に関するよくある質問に回答していきます!

①プロミスはやや金利が低いですが、返済額で言うとどれくらいの違いがありますか?

大手消費者金融の中で、一社だけやや低い上限金利「17.8%」を設定している「プロミス」
金利が0.2%違うと、「10万円を30日借りるごとに約16円」の利息差が生まれることになりますが……。

3%以上金利の低い銀行カードローンが多数存在することを思うと、「プロミス」と「アイフル」の差について、ほとんど気にする必要はないでしょう。
詳しくは以下のページをご覧ください。

CHECKプロミスはアコムに比べてどれくらいおトクなの?0.2%の金利差に注目!

(上の記事での比較対象はアコムですが、アコムとアイフルの上限金利は変わりません。)

②過払い金って何ですか?今ももらうことができますか?

過払い金とは、簡単に言うと「法律がきちんと整う前に生まれた、<今の基準だと違法になる利息>」のこと。

アイフルの場合、過払い金が発生している可能性のあるのは2007年の7月以前に同社でお金を借りていた人のみとなります。
これからアイフルを利用する方が、過払い金を請求することはできません

③無利息(無金利)サービスって何ですか?

アイフルをはじめて利用する方に限り、「契約日の翌日から、30日間利息が発生しない(金利が0%になる)」サービスのことを言います。
無利息サービスが始まるのは「初回借入日」ではなく「契約日」となるため、お気を付けください。

無利息サービス中に返済を行うことで、支払い額全額が借り入れの清算に充てられます。
(例:無利息サービス中に10万円を返済したら、利息の差し引きがないため借入残高が10万円まるまる削減)

もちろん、無利息サービス中に借入額すべてを返済できたなら、一切アイフルに利息を支払うことなく解約することも可能です。

④すでにアイフルを利用中の人が、よりおトクに借りる方法を教えてください。

主に、以下の方法が挙げられます。

★アイフルユーザーが、よりおトクにカードローンを利用する方法

  • 毎月の返済額を増やし、借り入れ期間を短くして利息を減らす
  • アイフルのコールセンターと交渉を行い、金利を引き下げてもらう(要審査)
  • アイフルの限度額を100万円以上に増額し、限度額を15%以下にする(要審査)
  • 銀行カードローンへの借り換えを行う(要他社審査)

もっとも難易度が低いのは単に「毎月の返済額を増やす」という方法。
ただ、もしもアイフルを利用し1年以上が経っているのなら、コールセンターへ電話を掛けて金利引き下げや増額の提案を行っても良いでしょう。

アイフル利用者向けコールセンター:0570-000-417/077-503-5102(繋がらない場合)

また、確実に金利を下げたいのであれば、楽天銀行など借り換えに対応した銀行カードローンの利用をおすすめします。

CHECKおまとめ・借り換えに利用できるおすすめローンのまとめ

まとめ

★通常のアイフルは「低金利で借りたい」という場合には向かない
ただし、年収300万円以上で生活の基盤がしっかりしているのなら、「ファーストプレミアムカードローン」という低金利商品を要チェック
★大事なのは、金利よりも「借り入れ期間」。
おトクにアイフルを利用したいのなら、毎月の返済を生活に支障のない範囲で、積極的に行おう

一見面倒でわかりにくいカードローンの返済の仕組み。
ですが、実際に利用する場合には「とにかく短期間で返済する」ことだけを意識していればいい……と言っても過言ではありません。
これはアイフル以外のカードローンでも共通する事柄ですから、もしも「もっと金利の低いローンを選びたい」といった場合にも、覚えておけると良いですね。

CHECK「アイフル」毎月の返済日・返済方法とその手数料
CHECK「アイフル」無人店舗「契約ルーム」の使い方
CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧
CHECK比較的審査難易度低めの銀行カードローンまとめ


この記事でチェックしたカードローン情報

アイフル (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス
  • 「てまいらず」「配達時間えらべーる」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

アイフルの公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。