アイフルの審査は甘い?ワケアリ5人の体験談:年収50万、他社借入、ブラック他

アイフルの審査は甘い?ワケアリ5人の体験談:年収50万、他社借入、ブラック他

「今必要なお金をどこかから借りたいけれど、給料も低くて審査に通過できるか不安……」

結論から言うと「アイフル」はじめ消費者金融会社の審査では、年収や勤務形態といった属性、いわゆるステータスよりも「個人の事情」「返済能力」が重要となります。

だから決して審査に自信を持てない状況であっても、月数千円くらいの返済ができるのなら、十分に審査通過に期待できると言えるわけですね。
実際、アイフルでは「収入が低くて」「すでに他社で借りていて」、さらには「ブラック状態で」といった不安を抱えながら、審査に通過できたという報告が確認されています。

今回はアイフルへの申込を検討中のあなたのため、実際のアイフルユーザーの「審査に自信が無かったけれど通過できた」体験談を調査&まとめました。
読み終えていただければ、あなたがアイフルへの審査通過に期待を持てるか判断できるかと思います。

アイフル (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス
  • 「てまいらず」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

アイフルの審査では収入はじめとする「属性」よりも「個人の事情」が重要

アイフルの審査では収入はじめとする「属性」よりも「個人の事情」が重要

まずは実際の体験談を見ていく前に、アイフルにおける審査の前提知識についてお話しさせて頂きましょう。

最初に触れた通り、アイフル…というより大手消費者金融会社の審査は収入、勤務形態といったステータス(属性)よりも「個人の事情」が重視されます。

この「個人の事情」はインターネット上の申し込みフォームからはほとんど確かめることができません。
それならどうやって審査結果を出すのかと言うと、あなたが申し込みを行った後にはアイフルから個別の事情を聞き取るための電話が掛かってくるんですね。この過程は主に「申込確認」「本人確認」などと呼ばれます。
(これは勤務先に行われる在籍確認とは異なり、携帯電話はじめとする任意の電話番号宛てに掛かってきます)

ここで尋ねられるのが

  • アイフルでの借入を希望した、具体的な理由
  • 家族構成(他に収入のある家族がいるか等)
  • 仕事の内容(時給制なら時給、週当たりの勤務時間など)
  • 他社での借入の有無
  • 今後、1ヶ月あたりどれくらいの返済が可能か

  • ……といったかなり個人的なコト。

    こういった個人的な事情を元に、アイフルの担当者が「この人は貸したお金を返していける」と判断したなら、晴れて審査通過と相成るわけです。

    つまりどういうことかと言うと……。
    仮にあなたが「申込確認」を通し信用を得られたなら、何らかの事情で審査に不安を抱えていたとしてもアイフルとの契約が可能
    具体的には「こういう事情でお金が必要で、毎月このようにお金を作って、毎月このように返す」と自信を持って答えられるのなら、さほど審査に不安を抱く必要は無いかと思います。

    ……とは言えこれが難しくても、1社の審査に落ちることにさほどのデメリットはありませんので、どうしてもお金が必要な事情があるのならダメ元で申し込んでみるのもアリでしょう。

    ★申込確認の電話について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKアイフル利用者に聞いた!申込確認の電話とは:事情を正直に話すのが審査通過のカギ

    ★アイフルを利用できるのは「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方」に限られます(アイフル申込条件より)。
    自身で収入を得ていない専業主婦(主夫)、または無職の方は何をどうやっても審査通過不可です。ご承知おきください。

    CHECK収入の有無別・無職でも利用できるカードローン/借入方法について

    ★貸金業法の制限により、すでに貸金業者(主に消費者金融会社、クレジットカード会社)で年収の3分の1に達するお金を借りているのなら、アイフルと契約を結ぶことは原則できません。
    例外について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK【総量規制の例外・除外・対象外】年収の3分の1超を借りる要件

    アイフルユーザーに聞いた!「審査に不安があったけれど通過できた」体験談

    アイフルユーザーに聞いた!「審査に不安があったけれど通過できた」体験談

    さて、基本的な「アイフル」審査通過を把握したら、ここからは「審査に不安があったけれど通過できた」という実際の体験談をご覧いただきましょう。

    以下は「2015年~2019年に、はじめてアイフルを利用したユーザー30名」を対象としたアンケートのうち、特に審査に不安のあったという方の回答をピックアップしたものとなります。

    ①「申告年収50万円」で審査に通過できた学生Aさんの体験談

    今回アンケートにお答えくださった方のうち、最も申告年収が低かったのがこのAさん。
    「50万円」という申告年収で審査に通過できたという体験談は、かなり貴重なのではないでしょうか。

    ★アイフルユーザーAさんの回答

    属性 20代、学生 申告年収 50万円
    適用金利 18% 適用限度額 10万円
    申込方法 電話 契約方法 インターネット
    審査に掛かった時間 半日くらい。
    (申込:土曜日の13時くらい)
    申込~契約に掛かった時間 半日くらい。
    借入が必要だった理由 サッカーをしており、急な遠征にてお金が必要になったため。
    アイフルを選んだ理由 近くにあったため。
    申込時点での他社借入 なかったです。
    信用情報上での不安 ありませんでした。
    申込確認で聞かれたこと 電話のタイミングで利用用途、家賃の有無、仕送りがどのくらいあるか聞かれました。
    在籍確認について バイト先名と電話番号を聞かれ、その日の夜に確認の電話が入っていました。アイフルという名前は伏せられて電話が来てたようです。
    オペレーターへの感想 丁寧な話し方で不快感はなかったです。
    審査結果への感想 必要な額審査し、貸していただき、分からないことも電話すれば分かりやすく答えていただきましたので、満足です。
    申込者へのアドバイス 返す計画まで明確にたてて、活用すれば問題なく使えると思います。

    これはアイフルが、「個別の事情を重視し審査結果を出す」ことを示す好例ですね。
    「家賃の有無や仕送りを尋ねられた」という回答からは決して高くない収入の中、アイフルへの返済に充てられるお金がどれくらい存在するか確認を取っていることが分かります。この確認を取った結果、問題なく返済できると判断され審査に通過できたわけですね。おそらくこのAさんの場合、学生ということで年50万円のアルバイト収入以外にも、仕送りや奨学金といった収入源があったのでしょう。

    この例だけを見ても、アイフルが収入などのステータスだけを根拠に審査結果を出していない=「低収入」はそれだけでは審査落ちの理由にならないことが分かるかと思います。

    ちなみに言うまでも無く、Aさんとは異なり「家賃も生活費も自分で支払わなければならない」という状況で申告できる年収が50万円なら、どうやっても審査通過は不可能かと思います。
    (この場合はそもそもアイフルよりも行政支援を頼るべきですが)

    ②「低収入」「勤続年数1年未満」が不安だったBさんの体験談

    こちらはAさんとは異なり、仕送りなどの支援が無いと思われる状況で審査に不安を抱えていたBさんの例。
    借入の理由も「家賃の支払いが間に合わない」という、切実なものでした。

    ★アイフルユーザーBさんの回答

    属性 20代、会社員 申告年収 150万円
    適用金利 18% 適用限度額 10万円
    申込方法 インターネット 契約方法 インターネット
    審査に掛かった時間 1時間くらい
    (申込:水曜朝10時頃)
    申込~契約に掛かった時間 4時間くらい
    借入が必要だった理由 家賃の支払いが間に合わないため5万円必要だった
    アイフルを選んだ理由 スマホで申し込みが完結してカードがいらないから
    申込時点での他社借入 なし
    信用情報上での不安 収入が低いことと在籍1年未満であることが不安でした。
    申込確認で聞かれたこと 申し込んで30分しないうちに携帯に電話がかかってきて「**さんの携帯電話ですか?」と聞かれたのちにアイフルだと名乗り、それから私の生年月日を聞かれました。借り入れの目的は特に聞かれませんでした。
    在籍確認について 職場からは何も言われませんでした。
    オペレーターへの感想 怖い人が出てきて個人的なことを色々聞かれると思いましたが、必要事項だけを事務的に淡々と聞かれたので怖い感じはしませんでした。
    審査結果への感想 優先して審査をしてもらえる番号に電話をしたので審査がとても早く、当日中にふりこまれて助かりました。限度額は10万円ですが家賃以外に使うことはなかったので特に困ることはありませんでした。
    申込者へのアドバイス 友達などにお金を借りて人間関係を壊すくらいならアイフルのような正規の業者を利用した方が安心できると思いました。
    計画的に使えばとても便利なので、あまり不安にならなくても大丈夫です。

    申告年収200万円未満、かつ勤続年数1年未満となると、決して高属性とは言えないハズですが……。
    Bさんの場合、特に借入の理由も尋ねられなかったとのこと。また特にいろいろ個人的なことも尋ねられなかった様子ですので、意外と余裕で審査に通過できたのではないかと思います。
    (申込確認の質問は、審査通過がギリギリの人ほど突っ込んだ内容のものとなります)

    これについて考えられる理由と言えば、やはり「会社員(正社員)」の肩書でしょうか。他社借入が一切ない、クリーンな状態であったのも大きそうですね。
    あなたが会社員、かつはじめての借入であれば、年収や勤続年数はさほどの障害にならないようです。

    ★今回アンケートにお答えくださった方の中に「年収200万円未満、アルバイト」の方はいらっしゃいませんでしたが……。
    アイフルと似た審査基準を設けている「アコム」では、「申告年収120万円、アルバイト、かつ金融ブラック」状態で審査に通過できた方が確認されています。
    最低限の返済能力があるのならBさんのような正社員でなくとも、審査通過に差し障りは無いでしょう。

    参考【アコム利用者へインタビュー】クレカ審査に通らないブラックでも30万円を借りられた体験談

    ③他社借入2件で審査に通過できたCさん、Dさんの体験談

    「低年収」に次いで、審査が不安な理由として挙げられやすいのが「他社借入」。
    今回お取りしたアンケートの中では、以下のCさんの例がこれを抱えていらっしゃいました。

    ★アイフルユーザーCさんの回答

    属性 30代、契約社員 申告年収 200万円
    適用金利 18% 適用限度額 20万円
    申込方法 インターネット 契約方法 インターネット
    審査に掛かった時間 約一時間。
    (申込:日曜昼頃)
    申込~契約に掛かった時間 2〜3時間程度だったと思います。
    借入が必要だった理由 他社のクレジットカードの支払いが滞りそうになり、5万円程必要になったため。
    アイフルを選んだ理由 大手のため安心感があった。
    申込時点での他社借入 セゾンカードとアプラスにて40万ほど借り入れがありました。
    信用情報上での不安 他社クレジットカードでの借り入れがあり、二回ほど入金し忘れて、支払いに遅れたことがあったので心配していました。
    申込確認で聞かれたこと インターネットで申し込みをした30分くらい後に電話があり、希望融資金額や他社での借り入れ額等を聞かれました。
    在籍確認について 書類提出で代用されたので、在籍確認は省かれました。
    (参考アイフルでの在籍確認の回避について)
    オペレーターへの感想 親切で、説明なども丁寧にしてくださいました。
    審査結果への感想 インターネットで契約できるので手軽で、電話での確認事項もややこしいこともないので、利用しやすいと感じました。利用額についても、ほぼ希望通りで満足でした。
    申込者へのアドバイス 大手の会社なので、特に不安に思うこともなく、対応も親切なので安心して利用できると思います。

    「借り入れ」と断言されていることから、セゾンとアプラスでの40万円はショッピングリボ残高ではなく「キャッシング」の利用分と見て良いでしょう。

    信販会社(クレジットカード会社)のキャッシングと、消費者金融会社の貸付に法律上の違いはありません。よってCさんの状況は「既にプロミスとアコムで40万円を借りている」状況とほぼ同じと見て差し支えナシ。
    となると既存借入40万円+アイフルでの新規借入額20万円で、Cさんは貸金業法に基づく貸付上限(年収の3分の1)にかなり近い数字まで借りられたことになります。
    (年収200万円のCさんの場合、貸金業者で借りられるのは合計約66万円まで/総量規制)

    Cさんがこれ以上、貸金業者で新規契約を結ぶのは困難ですが……。
    正社員でなくともここまで借り入れを重ねられたというこの例に、勇気づけられる方も少なくは無いでしょう。

    ……とは言えもちろん借入は計画的に!
    また同じステータスの方がCさんと同じような契約を結べるとは限りません。それこそここに書かれていない、「実家暮らしだから自由に使えるお金が多い」「安定収入のある配偶者がいる」といった要因が絡んでいるかもしれませんからね。

    ★ちなみに「クレジットカードの支払い遅れ」のせいで審査に不安があったとのことですが、数日程度の延滞であればほとんどの場合、個人信用情報上の差し障りはありません
    (目安として原則2ヶ月以上の延滞でブラック入り、数週間~2ヶ月未満の延滞でブラック未満のキズが付く。このブラック未満のキズをいつ付けるかは、金融機関の判断に任される)

    参考個人信用情報の概要と開示、その見方について

    ★参考として、「高収入かつ重い他社借入」を抱えるDさんの例も紹介させて頂きます。

    ★アイフルユーザーDさんの回答

    年齢 30代、会社員 申告年収 700万円
    適用金利 (確認取れず) 契約限度額 50万円
    申込方法 有人店舗窓口 審査後の契約方法 有人店舗窓口
    審査に掛かった時間 覚えていない 契約までに掛かった時間 1時間くらい
    借入が必要だった理由 他社にも借り入れがあった。利息を払いたかった。
    アイフルを選んだ理由 テレビCMで知っていた
    申込時点での他社借入 プロミス200万円、アコム100万円
    (※満額借入だと貸金業法の制約上、審査に通過できないハズなので、おそらくこれは各社における契約限度額)
    信用情報上での不安 他社も利息だけは滞らせていないので不安はなかった
    申込確認で聞かれたこと 有人店舗で申し込んだので、申し込み確認の電話はなかったように思う。
    在籍確認について 目の前で電話していた。企業名は名乗らず、自分がその日に会社を休んでいることを確認していた。
    オペレーターへの感想 有人窓口だったが、テキパキとした説明でわかりやすかった。
    審査結果への感想 自分のような多重債務者でも、会社勤めさえしていれば審査は簡単に通るものなのだと思った。
    その他感想 1か月くらい経ったところで、すぐに限度額増額などの売り込みがあった。結局、それに乗っかってしまい、その後、厳しい自転車操業となってしまうのだが。利息は延滞していないのでトラブルを経験したことはない。
    申込者へのアドバイス 借りすぎに注意してほしい。特に公務員だったり、大手と呼ばれる会社の社員にはどんどん貸してくれるようなので、勘違いしないように

    やはり「借りすぎ」のリスクは非常に高いです。
    必要ないお金を借りてしまいかねないのなら、審査通過後に掲示された限度額を下げてもらうようお願いするのも一考でしょう。

    ④金融ブラック状態で通過できたEさんの体験談

    アンケート回答者のうち、「信用情報に不安があった(ブラックかもしれない)」と答えた方はそれなりに多かったのですが……。
    その理由をよくよく見ると、ブラック状態とは判断しかねるものがほとんど
    (ブラック状態とは関係の無い家賃や光熱費の支払い遅れ、信用情報に影響ないと思われる数日程度のカード延滞など)

    結局、正真正銘の「ブラック状態」でのアイフル通過例は、以下のEさんのもののみでした。アンケートを取った時期が異なるため、質問項目が少ない点についてはご容赦ください。

    ★ブラック状態Eさんのアンケート回答

    属性 30代、会社員 申告年収 600万円
    アイフルを選んだ理由 全ての消費者金融に申し込んでここだけ通った為
    約10年前に元妻が私の名前でクレジットカードでキャッシングを行い返済が滞っていた為、私自身がブラックリスト入りになりました。当時の借入金はすべて2年前に完済しており、実際にブラックリストの人間の与信はどうなのか興味があり申し込んでみる事に。
    クレジット会社は全滅、大手消費者金融も軒並みNGのなかなぜかアイフルさんだけは10万円まで融資OKに。電話で応対してくれた男性のオペレータも感じ良く対応してくれたので好印象でした。
    今は借り入れは必要ありませんがもしもの時はアイフルさんに頼らせていただきます。

    要はブラック状態であっても、返済能力さえ認められれば審査に通過できる可能性があるというわけですね。大手=ブラックNGとまとめられてしまうことは多いですが、これは誤りです。

    いわゆる「ブラック」入りの要件等について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKアイフル審査と信用情報:完全ブラック状態での通過体験談&よくある勘違いも
    CHECK金融事故(ブラック)として記録される主な要因と対処:まずは個人信用情報を確認しよう
    CHECK個人信用情報の概要とその開示について

    まとめ

    まとめ

    • アイフル審査で重視されるのは、収入や勤務形態といったステータスでは無く「個人の事情」。だから収入が低くても(年収50万円まで確認)、返済能力さえ認められれば審査に通過できる
    • 多重債務者、ブラック状態の申込者にも同じことが言える。
      とにかく審査結果の判断は「アイフル」担当者に任されるため、申込確認の際に現状を素直に伝えるのが良い

    ステータスではなく個人の事情に応じ審査結果を出すアイフルだから、一概に「年収○○円以上なら審査に通過できる」「他社借入が×件あると審査に通過できない」…などと言うことはできません

    とは言えアイフルが銀行などのカードローンに比べ、柔軟に審査結果を出してくれるのは確か
    どうしてもお金が必要な事情があるのなら、まずは現状を正直に伝え、判断を仰いでみると良いでしょう。

    CHECKアイフル利用者に聞いた!申込確認の電話とは:事情を正直に話すのが審査通過のカギ

    CHECK【アイフル】審査・契約の流れの総まとめ:申込確認、在籍確認の電話、書類提出他
    CHECK電話取材で分かった「アイフル」のメリットと気になる点:即日融資、在籍確認他


    この記事でチェックしたカードローン情報


    アイフル「キャッシングローン」(株式会社アイフル)
    金利 3.0%~18% 限度額 1万円~800万円
    審査スピード 最短30分(本審査) 融資スピード 最短1時間程度
    即日融資のための申し込みリミット
    来店なし
    20時
    ※スマホATM(セブン銀行ATM)利用必須
    即日融資のための申し込みリミット
    来店あり
    21時
    スマホATM OK
    (手数料108円または216円)
    郵送物なし&来店なしの両立 OK
    成約率 45.0%
    (19年2月)
    親会社 なし
    申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    銀行振込での借入
    • 通常の銀行振込(平日9時~15時)

    即日着金のためには14:10分までの契約完了&振込申込が必要
    (スマホATM含むATMでの借入なら気にしなくてよい)

    その他

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。