【FP監修】アイフルおまとめローン、審査通過者4名に聞いた!5社&総量規制超えでの成功例他

この記事の監修者
飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
アイフルおまとめローン、審査通過者4名に聞いた!5社&総量規制超えでの成功例他

「複数社で借りている借金の返済が厳しい。何とかしてこれを一本化できないかな…」

そんなときに力になってくれる…かもしれないのが、アイフルのおまとめ・借り換え専用ローン。
他の消費者金融会社のおまとめローンとは異なり、銀行カードローンやショッピングリボのおまとめにも対応しているから、様々な債務を一本化しやすいのが特徴となっています。
……とは言えどんなに優秀なローン商品も、「おまとめ」という目的を達成させられないようじゃ意味がありませんよね。

そこで今回はアイフルのおまとめローン利用者を対象にアンケートを実施、実際の審査通過例や感想などを、同ローンの基本情報と一緒にまとめました。
読み終えていただければ、今あなたがこの商品に申し込みを行うべきかが分かります。

★おまとめローン解説(簡易版)

簡単に言えば、「複数の会社でしている借金を、一つの会社からの借金に変えられる」のがおまとめローンです。

おまとめローンの仕組み

A社からの借入 20万円
B社からの借入 10万円
C社からの借入 30万円
アイフルのおまとめローン
「かりかえMAX」を利用
60万円を借入
借りた60万円でA社B社C社への借金を返済
アイフルへの返済(60万円)がスタート

フローチャートで分かる通り、借金の総額は減りません
ですが、

  • 返済日が月1回に減る
  • 一月分の返済額が減る
  • 金利が低くなり、利息額が減る可能性がある

といったメリットがあります。

★より詳しくは、以下のページをご覧ください

CHECKおまとめローンとは:借り入れをまとめるメリット・デメリットと契約の流れ

アイフル (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス
  • 「てまいらず」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

アイフルでの「おまとめ」に成功した4名の体験談

アイフルでの「おまとめ」に成功した4名の体験談

今回は2015年以降、アイフルでの「おまとめ」に成功した方を対象に独自のアンケートを実施、貴重な体験談をお寄せいただきました。
ここではその中でも特に目を引いた体験談を4つだけ、紹介させていただきましょう。

①5社、計190万円全額をおまとめ成功できた例

今回のアンケート回答者の中で、最も多くの件数の借入をまとめられたのが以下のAさんです。

★アイフルユーザーAさんの回答
属性 30代、会社員 申告年収 550万円
申込商品 おまとめMAX 限度額
(おまとめ成功額)
190万円
申込方法 有人店舗窓口 契約方法 契約ルーム(無人店舗)
審査に掛かった時間 2,3日だったかと思います。 申込~契約に掛かった時間 約2週間くらいだと思います。
申込時点での他社借入 アイフルで50万円、アコムで50万円、レイクで30万円、プロミスで30万円、丸井のカードで30万円、合計190万円、全て借り入れ金額上限の状態で申し込みをしました。
おまとめを利用した理由 働いてはいましたが、主にパチンコ・スロットのギャンブルで負けが込んで借金がどんどん増えていきました。当時は自転車操業のような状態で、借金を返済するために借金を繰り返すという状態でした。
申込確認で聞かれたこと 電話はなく、店舗にて手続きを行いましたが、対応は丁寧でした。どういった理由でまとめるかという質問もあったかと思いますが、残念ながら覚えておりません。
在籍確認について 電話があったかはわかりません。書類も提出していませんが、健康保険証を見せて会社の在籍は確認しておりました。
(※アイフルは健康保険証などで勤務先を確認できた場合、電話確認を行いません。参考アイフルの在籍確認について)
信用情報上での不安 特に滞納等はありませんでしたので、心配していませんでした。
オペレーター対応や審査結果への感想 借り換えを行った後のカードは使用不可になると聞いていましたので、私は使用することはありませんでしたが、もし使用する気があったらできたのかということは疑問に感じました。(※できないはずです)
申し込みから契約完了まではとにかく借金を完済しなければという気持ちで必死だったので、スタッフの対応や、審査状況等は祈るような気持だったことだけ覚えております。
おまとめ検討者へのアドバイス 借り換えを申し込みするということは、複数の会社からの借金があるということで、それらを完済させるという意思があれば、審査を行って、利息を少しでも減らして返済したほうがいいと思います。ただ、返済中の再度の借り入れはできませんし、完済後は再度借り入れの申し込みをしなければいけないので、しっかり完済することを決心してから借り換えを行ってください

190万円というおまとめ成功額も、550万円という年収の3分の1を超えていますね。
(おまとめローンは総量規制の例外扱いとなりますから、年収の3分の1を超える契約も可能です)
これだけの多重債務状態からのおまとめ成功は、多くの方に勇気を与えるものとなるでしょう。

というわけでこの例だけを見てもアイフルでは、返済能力さえ認められれば「少なくとも5社までのおまとめ」「年収の3分の1を超える金額のおまとめ」が可能と確認できます。

②年収240万円で3社のおまとめに成功した例

こちらは今回のアンケート回答者の中で、最も低い年収(240万円)を申告しおまとめに成功できたBさんの例です。

★アイフルユーザーBさんの回答
属性 20代、会社員 申告年収 240万円
申込商品 おまとめMAX 限度額
(おまとめ成功額)
90万
申込方法 インターネット 契約方法 インターネット
審査に掛かった時間 3日ぐらい。 申込~契約に掛かった時間 4~5日で完了したと思います。
申込時点での他社借入 アイフル30万・DCMXキャッシング(※現dカード)10万・アコム50万
おまとめを利用した理由 結婚を機にお金の管理をしたく申し込みしました。
申込確認で聞かれたこと 次の日(平日)に女性の方から連絡があり、申込内容の確認後と、担当の男性社員と電話を替わりおまとめローンの流れを説明してくれました。
在籍確認について アイフルを既に利用していたため、保険証の写しでよかったと思います。
信用情報上での不安 ありません。
オペレーター対応や審査結果への感想 男性の方でしたが、やさしく話ししてくださって夜遅い時間帯でも電話対応してくれました。最後まで丁寧な対応をしてくれました。
おまとめ検討者へのアドバイス 対応も良いし、審査も早いし、丁寧な対応でしたので、オススメです。

おそらく先のAさんに比べると余裕のある状況だったのでしょう、オペレーターさんへの好印象もうかがえますね。

また年収が高くないにもかかわらず、希望額全額のおまとめに成功できたという点については、「既にアイフルを利用していた」(=良い顧客情報が残っていた)というのもポイントになっているかもしれません。

③年収の40%のおまとめに成功した例

こちらはアンケート回答者の中で、年収に対し最も大きな限度額(40%)での契約を成功させたCさんの例です。

★アイフルユーザーCさんの回答
属性 20代、公務員 申告年収 500万
申込商品 おまとめMAX 限度額
(おまとめ成功額)
200万
申込方法 インターネット 契約方法 インターネット
審査に掛かった時間 電話があった次の日には結果は出た。 申込~契約に掛かった時間 郵送で詳しいことは送ってきたが忙しいので次の休日に行った。
申込時点での他社借入 銀行から300万
アイフルから100万
おまとめを利用した理由 公立病院勤務だったが、非常勤扱いで給料が安すぎた。
申込確認で聞かれたこと 平日の夜に電話があったが医師であることを告げるととくに何もなかった。
在籍確認について やめてくれと言ったとおり、電話は無かった。
ネットで勤務状況が調べられたからだろうか。
信用情報上での不安 とくにない。
オペレーター対応や審査結果への感想 医者であることを告げると態度が急変した。
おまとめ検討者へのアドバイス 社会的地位を持てばガバガバであると言える。
だが、そうでない人間には厳しいという印象がある。

さすがに借入額400万円全額のおまとめはできなかったようですが、消費者金融会社において年収の40%に値する契約を結べたという例自体、かなり珍しいです。言わずもがな、これは医師という職業への信頼性も関係しているのでしょう。

一般職の方にとってはちょっと身近に感じづらい体験談かもしれませんが……。
「社会的ステータスがあれば、大口のおまとめも可能」ということを確認できただけでも、貴重な例と言えます。

④通常ローン商品の増額申請でおまとめに成功した例

こちらは少し趣向を変えて、アイフルの「キャッシングローン」(普通のカードローン)の増額申請によりおまとめを成功させた例となります。

★アイフルユーザーDさんの回答
属性 20代、会社員 申告年収 350万円
申込商品 キャッシングローン
(増額申請)
限度額
(おまとめ成功額)
50万円
申込方法 インターネット 契約方法 インターネット
審査に掛かった時間 2時間くらい 申込~契約に掛かった時間 約半日くらい
申込時点での他社借入 アイフルで20万円、プロミスで30万円
おまとめを利用した理由 ばらばらで借りてしまったのですが、だんだんややこしくなってきてしまったのでまとめた方が良いかなと思い、おまとめを利用することにしました。
申込確認で聞かれたこと 申し込み確認は名前、住所、電話番号などに間違いがないか、何故おまとめをしようと思ったのか理由を聞かれました。
在籍確認について 在籍確認はなかったと思います。
信用情報上での不安 信用情報に関しては特に心配がないので、大丈夫です。
オペレーター対応や審査結果への感想 オペレーターの対応は気になりませんでしたが、意外と審査結果が出るまでに時間がかかると思い不安になってきました。もしかして落ちるのかもしれないとあせったのを覚えています。
おまとめ検討者へのアドバイス いくつか借金があるなら絶対におまとめは利用した方がいいです。私も2つの会社から借りていたのですが、まとめてからお金の管理がしやすくなりました。

通常カードローンを利用したということで、審査・契約に掛かった時間は先のローン利用者に比べずっと短いですね。
おまとめ専用商品(おまとめMAX、かりかえMAX)ではなく通常ローンを使う際には、

  • 原則年収の3分の1を超える契約不可
  • 追加借入が可能=アイフル側のリスクが大きいため、一括借入型のおまとめMAXに比べると大口の契約を結びにくい

という懸念が生じるため、切羽詰まった状況に置かれている際にはおすすめしかねますが……。
ある程度返済能力に余裕があり、総借入額もさほど高くないのなら、通常ローンの増額をもって「おまとめ」を狙ってみるのもアリかと思います。

CHECKアイフル「増額」成功者4名に聞いた!増額審査の結果&口コミ、増額の流れ

アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」の基本情報と他社ローンとの違い

アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」の基本情報と他社ローンとの違い

4人の利用者の体験談を見て、「自分もおまとめできるかも?」と思ったら、申込先のローンについてもう少し詳しい知識を付けておきましょう。

①「おまとめMAX」「かりかえMAX」の基本情報とその違い

アイフルはおまとめ・借り換え専用ローンとして「おまとめMAX」「かりかえMAX」という2商品を展開しています。
一見紛らわしいですが、その違いは

  • おまとめMAX…すでにアイフルからお金を借りている人向けのおまとめローン
  • かりかえMAX…はじめてアイフルを利用する人向けのおまとめ・借り換えローン

と、非常に単純。というよりどちらか一方しか申し込めませんから、迷いようもありませんね。

ちなみに2つ商品の貸付条件(金利、限度額、返済方法など)はまったく同じ
正直なぜ別商品扱いなのか分かりかねますが、おそらくは事務手続きの都合によるものなのでしょう。

というわけで、「おまとめMAX」「かりかえMAX」共通の基本情報は以下の通りです。

★アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」
金利 3%~17.5% 限度額 1万円~800万円
ローンタイプ 証書貸付
(追加借入不可)
返済回数 最長120回
審査スピード 最短即日
※数日以上かかることが多い
申込~おまとめ完了までの日数 最短即日
※数日以上かかることが多い
申込条件 当社を初めてご利用される方(※「かりかえMAX」のみ)
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
その他
  • 総量規制の例外(年収の3分の1を超える借入可)
  • 貸金業者からの借入に加え、銀行カードローンやショッピングリボ等のおまとめも可

上限金利は通常ローンより0.5%低いとは言え、その差は微々たるもの。消費者金融系らしい金利の高さは受け入れる他ないでしょう。
とは言え契約額が100万円以上になるのなら、15%を超える金利が適用されることはありません(出資法・利息制限法による)。

また「おまとめMAX」「かりかえMAX」はカードローンではなく、証書貸付型ローン(一度借りたら分割で返済のみを行うローン)です。
先にAさんが触れていた通り、契約を結んだ後は、借入残高が減ってきたとしても追加借入を行うことができません。あらかじめご承知おきください。

要は徹底して「今の返済負担を軽減する」「継続的に借金を減らしていく」ための商品というわけですね。

★ただし「追加借入ができない」という点は一概にデメリットとも言えません。
証書貸付型のローンは金融機関にとっての貸付リスクが比較的低いことから、カードローンタイプの商品より大きな契約を結びやすいという利点があります。

★いつでも追加借入ができる状況で「おまとめ」を成功させたい、という場合には大口融資対応の銀行カードローンをご選択ください。とは言え、これを達成するには相応の信用と返済能力が必要です。

CHECKユーザーレビュー700件から見る、大口契約を結びやすいローン
CHECKおまとめ・借り換えにおすすめのローンについて

②他の消費者金融系おまとめローンとは異なり、銀行ローンやショッピングリボもおまとめ可

消費者金融会社がおまとめローンを取り扱う例自体は少なくありません。実際、アコムプロミスもおまとめローンを展開していますが……。

実はこのうち、銀行ローンやショッピングリボのおまとめに対応しているのは(確認できている範囲内で)「おまとめMAX」「かりかえMAX」だけ
他社のおまとめローンは、貸金業者からの借入(消費者金融会社系ローン、またはクレジットカードのキャッシング枠)にしか対応していないんですね。

プロミス公式HPより。銀行カードローンやショッピング枠は対象外
▲プロミス公式HPより。銀行カードローンやショッピング枠は対象外と明記してあります。

アイフル公式HPより。貸金業者からの借入以外にも対応
▲アイフル公式HPより。プロミスとは異なり、貸金業者からの借入以外にも対応しています。

これについて、詳しい事情は不明ですが……。
とりあえずあなたが「貸金業者からの借入」以外の債務(銀行カードローン、ショッピングリボ等)を背負っているのなら、他の消費者金融会社ではなく「アイフル」を選ぶべきと言えるのは確かでしょう。

ちなみに銀行ローンやショッピングリボの「おまとめ」は銀行系ローン(カードローン、フリーローン、おまとめ専用ローン他)でも可能ですが、やはり一般に、審査の柔軟性ではアイフルが上を行くかと思います。

「おまとめMAX」「かりかえMAX」おおまかな契約過程と必要書類

「おまとめMAX」「かりかえMAX」おおまかな契約過程と必要書類

「おまとめMAX」「かりかえMAX」の公式HPを一見する限り、これらのローンはインターネットや無人店舗での契約に対応していないように思えます。

……にもかかわらず、上掲のアンケートでは契約方法に「インターネット」「契約ルーム(無人店舗)」を選択された方が目立ちました。これを受けて、実際にアイフルへ問い合わせを行ってみた結果が以下のようになります。

【管理人】山本
ホームページを見る限り、おまとめローンはインターネットで契約できないように見えるのですが……。
やはり契約方法は「郵送」か「有人店舗窓口での手続き」のみとなるのでしょうか?
オペレーターの回答
いいえ、インターネットでも大丈夫です。お申込みいただきまして、審査結果が出ましたらこちらからご連絡を差し上げ、お手続きという形になります。
状況によってはお近くの無人店舗へご案内することになる場合もございますが……。

ただ、本日連休中ですので審査結果が出るのは週明け以降となります。
また、こちらはおまとめローンの専門部署ではありませんので、もし宜しければ、おまとめローンの専用ダイヤルをお伝え致しましょうか?電話が繋がるのは連休明けとなってしまいますが……。

ということで、「おまとめMAX」「かりかえMAX」もインターネットや契約ルームでの契約手続きが可能なようですね。手続きが簡単に済むに越したことはありませんので、これは嬉しい情報です。
また、この際教えていただいた「おまとめローンの専用ダイヤル」と、その応対時間は以下の通り。

アイフル、おまとめローン専用ダイヤル:0120-008-127(平日9時~18時)

専門部署とのことなので、おまとめ・借り換えについての相談や申込にはこの番号を使うのが良さそうですね。

①参考:インターネット利用時の契約の流れ

インターネット契約対応ということで、基本的な契約の流れは新規申込時とさほど変わりないかと思います。
ここでは一応、新規申し込み時の契約過程を掲載させて頂きましょう。

★「おまとめMAX」「かりかえMAX」は通常ローンとは別商品ですから、以下の契約過程と少し異なる点があるかもしれません。参考程度にご覧ください。

「アイフル」契約の流れ
(インターネット契約)

インターネットまたは電話から申し込み
携帯電話へ申込確認
(聞き取り審査)
在籍確認(勤務先への電話連絡)
※事前相談により書類提出による代用可
メールで仮審査結果連絡
インターネット上で必要書類の提出
メールで本審査結果連絡
メールの内容に従いネット上、郵送、または契約ルームで契約手続き

既存の借入先への支払い清算は、申込者自身が行う場合とアイフルが代行する場合があるようですね(公式HPより)。このあたりは適宜アイフルから指示があるはずですから、それに従うことになるでしょう。

おまとめローンの審査は通常ローンよりも時間が掛かります。少なくとも2~3日は見込んでおいた方が良いでしょう。
また、土日祝日は審査を行っていません。ご了承ください。

②「おまとめMAX」「かりかえMAX」の必要書類

「おまとめMAX」「かりかえMAX」の必要書類は以下の通りです。

★アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」必要書類

  • 原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
    (公式HPいわく「契約書・ATMで取引した際の明細・ご利用代金明細書等」)
  • 本人確認書類(運転免許証、保険証+公共料金の領収書など)
  • 収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書の控えなど)

「他社借入条件などの確認ができる書類」が必要というのは、おまとめローンならではですね。

とは言え最近は、契約書どころかローンカードすら発行されないキャッシング商品も多いはず。
これについてもアイフルに問い合わせてみましたが、「契約書などが無くともお申込みいただけます」とのことでしたので、カードレスタイプのローンを使っていてもさほど不安に思う必要は無いでしょう。

★その他、電話以外の方法で在籍確認を行う場合には、勤務先を確認できる書類(社会保険証や給与明細書など)の準備が必要となります。

★収入証明書(限度額問わず必須)の入手・再入手方法については、以下のページをご覧ください。

CHECK金融機関との契約に使える「収入証明書」の入手・再入手方法について

もしもアイフルの審査に落ちてしまったらどうすればいい?

もしもアイフルの審査に落ちてしまったらどうすればいい?

少なくとも5件までのおまとめ成功例が確認できている「アイフル」ですが、当然ながら100%の確率で審査に通過できるわけではありません
そこでここからは、アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」審査に落ちてしまった場合(あるいは提示された限度額に不満がある場合)に考えられる、「次の手段」を紹介していきます。

①まずは現在借りている、他の業者に相談してみよう

アイフルでの審査に落ちてしまったら、まずは「現在借りている、アイフル以外の業者」に相談を持ち掛けてみると良いでしょう。契約年月が長く、延滞などの問題を起こしていないところほど狙い目です。

貸付や返済を繰り返し、それなりの信頼を築けているのなら、金融機関側も融通を利かせやすいです。
業者によっては「銀行からの借入をまとめられない」等の制限があるかもしれませんが、1社でも借入先を減らせるのならそれに越したことは無いでしょう。

②意外と地銀などのフリーローンを利用できることも

ここからは「現在の契約先すべてに<おまとめ>を断られてしまった」ことを前提に解説していきます。

……さて、ちょっと意外に思われるかもしれませんが、実は地銀や信金の「フリーローン」を使ったおまとめ成功報告は少なくありません。

地域密着型の金融機関は、都市銀行などに比べて柔軟な審査を行っていることが多いです。また、信金に関しては繰り返し利用できるカードローンであってさえ、「年収の2分の1まで契約OK」を明言していることが珍しくないんですね。
その他普段から口座を使っている金融機関であれば、その分だけ融通を利かせてくれる可能性もあります。

というわけでアイフルの審査に落ちてしまったら、「普段から口座を使っている金融機関」あるいは「近所の、あまり規模の大きくない金融機関」を頼ってみると良いでしょう。

ただしアイフルの審査に落ちてしまった後……となると、どうしても「ダメ元」に近い気持ちは必須となりそうです。

CHECK信用金庫カードローン、審査の甘い商品はどう見分ける?公式情報による限度額の目安も
※比較的小規模な地銀カードローンにも当てはまる内容です。

★ちなみに大手地銀の中では、「横浜銀行」「静岡銀行」のフリーローンを使ったおまとめ成功報告が複数確認されています。

③消費者金融系の借入がかさんでいるなら評判の良い「スペース」利用も一考か

アイフルはじめ、大手を到底利用できないような状況の方(ブラック状態かつ多重債務者など)に、最も評判が良いのが「スペース」という小規模な消費者金融会社。
ブラック対応と言うとうさんくさい気もしますが、れっきとした正規業者、かつこの規模の会社にしては電話対応なども上々です。

★スペース
金利 8%~18% 限度額 最高500万円
審査スピード 最短即日~1ヶ月超 融資スピード 最短即日~1ヶ月超
申込条件
(公式HPより)
18歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
その他 まとめられるのは「貸金業者からの借入」だけ
(主に消費者金融会社からの借入、クレカのキャッシング枠)

残念ながら銀行からの借入やショッピングリボには対応できませんが、貸金業者からの借入がかさんでいるのなら申し込みを検討してみても良いでしょう。
大手にしか手を出していないような状況であれば、ほとんどの場合で問題なくおまとめを成功させられるかと思います。

「スペース」について詳しくは、以下のページをご覧ください。

CHECK【おまとめの神】キャッシング「スペース」の審査通過例と注意点【最長2ヶ月】

④本当にどうしようもないなら債務整理も選択肢に

  • 銀行からの借入やショッピングリボの債務が主であり、「スペース」も頼れない
  • そもそもおまとめに成功できたからと言って、今後も返済を続けていける気がしない

……といった場合には、新しい「おまとめ」申込先を探すよりも「債務整理」を検討した方が良いかもしれません。

「債務整理」とは、名前の通り債務を整えるためのシステム。
細かく分けると4つの種類がありますが、最もポピュラーな「任意整理」について簡単に説明すると以下のようになります。

  • 無審査
  • 弁護士や司法書士に依頼して、あなたの借入先に「交渉」してもらう
  • その結果、これから利息が発生しなくなる(=返済した分だけ借入が減る)
  • 最低5年間のブラック入りは免れられない
  • 弁護士や司法書士へ報酬を支払う必要がある(金額は債権者数や依頼先等による)

ブラック入りをはじめとするデメリットは存在しますが、「おまとめローンの審査に通れない」「毎月の返済がしんどい」という状況であれば、こちらを頼ってみるのが得策かもしれません。

任意整理について詳しくは、以下のページをご覧ください。

CHECK【2社を任意整理した体験談】掛かった費用と手続きの流れ、その後の信用情報
CHECK【任意整理とは】メリット・デメリットと整理後の信用情報、よくある質問

★これといった財産が無い、任意整理したところで今後の返済を続けていける気がしない、という場合には最も重い債務整理である「自己破産」も視野に入ります。
どの手段を利用するかは、実際に弁護士や司法書士といった専門家と相談の上で決定していく形となります。詳しくは以下のページをご覧ください。

CHECK債務整理の分類とそれぞれのメリット・デメリット
CHECK低負担&確実な自己破産には「法テラス」を活用しよう!依頼先別の平均費用も

まとめ

まとめ

  • アイフルのおまとめローンでは、「計5社、年収の3分の1を超える債務のおまとめ」をはじめとする複数の審査通過報告が確認されている。
    返済能力さえ認められれば、かなり柔軟に対応してくれると見て間違いなさそう
  • 他の消費者金融会社のおまとめローンとは異なり、銀行からの借入やショッピングリボにも対応してくれるので、これらの債務がある場合にも有力候補に
  • 公式HPには記載が無いが、インターネットや無人店舗(契約ルーム)でも契約可能とのこと。ただし土日祝日は審査を行っていないので注意したい
  • 仮に審査に落ちてしまった後には
    • 「アイフル」以外の、現在契約中の金融機関に相談してみる
    • 地銀や信金のフリーローンへ申込(ただしダメ元)
    • ブラック対応など柔軟性の高い「スペース」へ申込(ただし貸金業者からの借入のみ対応)
    • 債務整理(主に任意整理、場合によっては自己破産なども)

    あたりの行動が有力か

「貸金業者からの借入」以外にも対応してくれるとあって、申込先候補に上りやすいアイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」
特にあなたが以前からアイフルを利用し続けているのなら、半ばダメ元であっても申し込んでみる価値はあるでしょう。

★アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」
金利 3%~17.5% 限度額 1万円~800万円
ローンタイプ 証書貸付
(追加借入不可)
返済回数 最長120回
審査スピード 最短即日
※数日以上かかることが多い
申込~おまとめ完了までの日数 最短即日
※数日以上かかることが多い
申込条件 当社を初めてご利用される方(※「かりかえMAX」のみ)
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
その他
  • 総量規制の例外(年収の3分の1を超える借入可)
  • 貸金業者からの借入に加え、銀行カードローンやショッピングリボ等のおまとめも可
監修者からのコメント
飯田道子先生 飯田道子先生
/ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)
飯田道子先生

飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー(CFP認定・1級)

複数から借り入れがある場合、ひとつにまとめることで管理しやすくなりますし、金利も低くなる可能性があります。検討してみては?アイフルには「おまとめMAX(アイフル利用者向け)」と「かりかえMAX(アイフル未利用者向け)」と言う2つのおまとめローンがラインナップされています。検討してみて下さい。とはいえ必ずしも審査に通る訳ではありません。アイフルでのおまとめがNGだったら、地銀や信金等で相談するのがお勧めです。

この記事でチェックしたカードローン情報


アイフル「キャッシングローン」(株式会社アイフル)
金利 3.0%~18% 限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分(本審査) 融資スピード 最短1時間程度
即日融資のための申し込みリミット
来店なし
20時
※スマホATM(セブン銀行ATM)利用必須
即日融資のための申し込みリミット
来店あり
21時
スマホATM OK
(手数料108円または216円)
郵送物なし&来店なしの両立 OK
成約率 45.0%
(19年2月)
親会社 なし
申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証+公共料金の領収書など)
  • 勤務先を確認できる書類(電話での在籍確認が取れない場合)
  • 収入証明書類(限度額が50万円を超える場合など)
銀行振込での借入
  • 通常の銀行振込(平日9時~15時)

即日着金のためには14:10分までの契約完了&振込申込が必要
(スマホATM含むATMでの借入なら気にしなくてよい)

その他



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
コメント