【FP監修/口コミ】アイフル利用者4名に18の質問!審査、即日融資、在籍確認、限度額他

この記事の監修者
飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

【口コミ】アイフル利用者4名に18の質問!審査、即日融資、在籍確認、限度額他
「どうしてもお金が必要。
家の近くにあるアイフルが気になるけれど、サラ金を使うのはやっぱり怖い……」

結論から言うと、アイフルのような大手を利用して理不尽に怖い思いをすることはありません。
「借りたお金をちゃんと返す」ことさえ徹底していれば周囲に知られずキャッシングすることも容易ですし、仮に返済が遅れてしまっても自宅に怖い人が来て……なんてことはまず無いです。
……と書いてしまうのは簡単ですが、これだけじゃイマイチ信ぴょう性に欠けますよね。

そこで今回は実際の「アイフル」ユーザー4名に、それぞれ18項目ものアンケートを実施。
年収や職業、契約できた限度額(借入上限額)からオペレーター対応、契約後の使い勝手に至るまで、利用者にしか分からない詳細を調査してみました。
読み終えていただければ、「アイフル」をより具体的、そして身近な存在に感じられることかと思います。

アイフル (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス
  • 「てまいらず」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

事前にチェック!「アイフル」審査・契約の流れ

それでは早速、アイフル利用者の口コミを見ていきましょう!
と言いたいところなのですが……。

今回は審査上のかなり細かい点まで伺ったこともあり、口コミの内容をしっかり把握するためには少しばかり事前知識を仕入れておきたいところ。
というわけで、今一度「アイフル」契約の流れを確認しておきましょう。

「アイフル」契約の流れ(インターネット契約)

インターネットから申し込み
(即日融資希望なら目安20時まで)
携帯電話へ申込確認
(聞き取り審査)
在籍確認(勤務先への電話連絡)
※相談次第で回避可
※前後する可能性あり
メールで仮審査結果連絡
インターネット上で必要書類の提出
メールで本審査結果連絡
メールの内容に従いネット上で契約手続き
「銀行振込」または「スマホATM」※1での借入が可能に
(ここまで最短1時間程度)
※当日中の銀行振込には平日14:10までの借入手続き必須
各ATMで使える
ローンカード発行(希望者のみ)

※1 スマホATM…ローンカードの代わりにスマートフォンアプリに表示のQRコードを使って「セブン銀行ATM」で入出金を行う方法のこと。

こちらはインターネット契約の流れですが、無人店舗(契約ルーム)を利用する場合であってもやるべきことは大して変わりません。

とりあえず知っておくべきは

  • 申込みの後、電話で「申込確認」という名の聞き取り審査が行われる
  • (わりとプライベートなことを聞かれやすいです)

  • 審査の過程で「在籍確認」という、勤務先への電話確認が行われる
  • (アイフルの名前や用件が第三者に伝えられることは無い。また相談次第で回避可)

  • 契約には本人確認書類、その他必要に応じた書類が必要
<<アイフルの契約に必要な書類を見る(クリック/タップで開きます)>>
★アイフルの必要書類
本人確認書類
(全利用者必須)
  • 運転免許証、運転経歴証明書
    お持ちでなければ以下のうちいずれか
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証+公共料金の領収書など
  • 書類を使った在籍確認を希望する場合
    勤務先が休業日の場合他
    アイフルと相談の上で決定
    基本的には「社会保険証」「給与明細」など
    本人確認書類に記載されている住所と、現住所に違いがある場合 以下のうちいずれか1点
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • アイフルから要求のあった場合※ 収入証明書いずれか1点
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書直近2ヶ月分
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 個人事業主の場合 事業を確認できる書類
    (取引先への領収書、請求書など)
    ※アイフルでの限度額が50万円を超える場合、アイフルと他社での借り入れ合計が100万円を超える場合は必須

    その他、審査の状況によっては上に無い書類の提出を求められる可能性があります。

    くらいでしょうか。

    その他契約の流れと直接の関係はありませんが、

    • 審査の結果、提示された「限度額」の範囲でお金を借りられる(全カードローン共通)
    • 年収の3分の1を超えるお金は借りられない(総量規制、全消費者金融共通)

    といったルールも知っておく必要がありますね。

    アイフルの審査過程や流れ、通過基準について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK【アイフル】審査・契約の流れの総まとめ:申込確認、在籍確認の電話、書類提出他

    CHECKアイフル&アイフルユーザーに聞いた!「在籍確認」の内容とその回避

    アイフルユーザー4名に18の質問!審査から契約後の使い勝手まで

    おおまかな契約の流れを把握したところで、4名のアイフルユーザーの体験談を見ていきましょう!
    今回は「2015年~2019年の間に、はじめてアイフルとの契約を結んだ方」を対象に、18項目から成る独自のアンケートを取らせて頂きました。

    ①年収50万円、学生アルバイトの場合

    まずは今回のアンケートの中で、元も低い申告年収で審査に通過されていた方を紹介させて頂きます。

    年齢 20代 職業 学生(パート・アルバイト)
    申告した年収 50万円 契約限度額 10万円
    申込方法 電話 審査後の契約方法 インターネット
    審査に掛かった時間 半日くらい。 契約までに掛かった時間 半日くらい。
    申込を行った時間 土曜日の13時くらい
    申込時点での他社借入 なし
    アイフルを選んだ理由 近くにあったため。
    借入が必要だった理由 サッカーをしており、急な遠征にてお金が必要になったため。
    申込確認で尋ねられたこと 電話のタイミングで利用用途、
    家賃の有無、仕送りがどのくらいあるか聞かれました。
    在籍確認の感想 バイト先名と電話番号を聞かれ、その日の夜に確認の電話が入っていました。アイフルという名前は伏せられて電話が来てたようです。
    オペレーター対応の感想 丁寧な話し方で不快感はなかったです。
    審査過程や結果に関する感想 必要な額で審査し、貸していただき、分からないことも電話すれば分かりやすく答えていただきましたので、満足です。
    契約後の使い勝手について 貸出機?(※ATM)さえあればカードで自由自在に貸し借りができるので非常に便利です。利子も規定範囲以内に返せば無料(※1)でしたし、活用しやすかった。
    アイフルへの申込を検討されている方へ 返す計画まで明確にたてて、活用すれば問題なく使えると思います。
    ※1 「30日間無利息サービス」のこと。アイフルの場合、初回契約日の翌日から数えて30日以内は利息(=利子、手数料)が発生しない。

    学生さんの体験談は貴重ですね。生活状況を詳しく尋ねる「申込確認」においても、仕送りという学生利用者ならではの質問が実施されています。
    申告年収は50万円とかなり低いですが、おそらく仕送りあるいは奨学金といったその他の収入源があったこと、あるいは家賃を親御さんが支払っていたなどの事情があり、審査に通過できたものでしょう。

    必要額を借りられたということもあり、アイフルに対してのイメージも上々な模様。
    この例からは借入目的がしっかり定まっており、返済能力が備わっているのなら、決して年収が高くなくとも審査通過を見込めることが分かります。

    ②家賃を滞納してしまった会社員の場合

    アイフル公式HPいわく、アイフルユーザーの64.9%は会社員。また利用者の年代で一番多いのは30代(27.7%)となっています。
    ここではそんなボリューム層に位置する方の体験談を見てみましょう。

    年齢 30代 職業 会社員(正社員)
    申告した年収 320万 契約限度額 20万円
    申込方法 契約ルーム(無人店舗) 審査後の契約方法 契約ルーム(無人店舗)
    審査に掛かった時間 2時間ぐらい 契約までに掛かった時間 3時間ぐらい
    申込を行った時間 日曜日夜18時くらい
    申込時点での他社借入 ほかからの借入はありません。
    アイフルを選んだ理由 家の近くに店舗があったから
    借入が必要だった理由 家賃が払えず強制的な契約解除になりそうだったので、やむを得ず借りました。
    申込確認で尋ねられたこと 申込申請後少しして電話連絡がありましたが、仕事内容、家族構成、ほかに借金があるか、どのように返していくかなどプライベートなことも含めて結構聞かれました。
    在籍確認の感想 勤務先への連絡はなく、前年の収入証明書などいくつか書類を提出しただけで済みました。
    (参考アイフルの在籍確認について)
    オペレーター対応の感想 丁寧な対応と接客で、現実的な返済プランを組んでくれたので安心して相談できました。
    審査過程や結果に関する感想 申し込みをしてからの審査は最低限の提出物だけで非常にスムーズにすすみました。プライベートなことも聞かれましたが、予想以上に簡単に手元にお金が入ったことを考えるとそれも仕方ないと思いました。
    契約後の使い勝手について 多少返済が遅れてしまったことも正直有りましたが、電話が頻繁にかかってきただけでドラマで見るような「家に押し入ってのむちゃくちゃなとりたて」のようなものは無く、どうしても期日通りに返済できない場合なども相談にのってもらえました
    アイフルへの申込を検討されている方へ 丁寧な対応と無理のない返済スケジュールを組んでもらえるのが嬉しいです。また、プライベートなことを聞かれるなど「そこまで聞く必要有るのかな」と思うことはありますが、審査のスムーズさなど考えて気軽にお金が手元に入り、生活の助けになることを考えるととても気楽に使えると思います。

    賃貸契約を強制解除されそう…ということは少なくとも2,3ヶ月分の家賃を滞納してしまっていたのでしょう。
    詳しい家庭の事情などは分かりませんが、返済にも遅れが生じていることから、年収のわりにギリギリの生活を余儀なくされていたと判断できます。申込確認が厳しくなってしまったのも、このあたりが原因でしょう。
    (基本的に申込確認は、返済能力が危ういと判断されるほどプライベートに突っ込んだ内容となります)

    とは言えその後は20万円の契約に無事成功、かつ延滞時の対応にも不満はない様子。
    よってこの例では「尋ねられた(しばしばプライベートな)内容にきちんと答えれば、支払い能力に不安があってもアイフルの審査に通過できる」ことが分かりますね。
    何らかの事情で審査に不安があるのなら、かなり参考になるかと思います。

    ③生活費の借入が必要だった派遣社員の場合

    こちらも30代のアイフルユーザーによる体験談。先に挙げさせて頂いた方とは異なり、雇用形態は「契約社員」です。

    年齢 30代 職業 契約社員
    申告した年収 250万円 契約限度額 15万
    申込方法 契約ルーム(無人店舗) 審査後の契約方法 契約ルーム(無人店舗)
    審査に掛かった時間 1時間ぐらい 契約までに掛かった時間 2時間ぐらい
    申込を行った時間 金曜日の夜だったと思います。
    申込時点での他社借入 ほかは有りません。
    アイフルを選んだ理由 自宅近くにあったから。
    借入が必要だった理由 収入面で厳しく、生活が困難になったから。
    申込確認で尋ねられたこと 申込して短時間で仕事や家族環境をきかれました
    在籍確認の感想 職場への確認はなく、個人情報含めた資料提出で済みました。
    オペレーター対応の感想 丁寧な言葉遣い無理のない返済プランを考えてもらえたりと、親切な対応が好印象でした。
    審査過程や結果に関する感想 提出書類も少なく、非常にスムーズに進みました。とくに何か難しいことはなく、任せておくだけでした
    契約後の使い勝手について 少し返済を送れたこともありましたが、電話が何度もかかってきただけで家に押しかけられることなどはありませんでした。
    アイフルへの申込を検討されている方へ 手軽に利用できるし、簡単に、且つ「無理なく返済できる」ということなどとても使いやすいと思います。

    という点は、前掲の方と共通しますね。

    そして「生活が困難になった」という借入理由を見るに、この方も決して返済能力に余裕があったわけではありません。また契約社員という肩書は、どうしても正社員に比べると審査上不利に働きそうなものですが……。
    こういった状況下にあってもアイフルから尋ねられた内容に正直に答えていけば、さほど問題なく契約を結べることが分かります。

    ④年収700万円、ただし多重債務を負う会社員の場合

    こちらはちょっとイレギュラーかもしれない、「安定収入があるのに審査上の不安を抱える」利用者の例となります。

    年齢 30代 職業 会社員(正社員)
    申告した年収 700万円 契約限度額 50万円
    申込方法 有人店舗窓口 審査後の契約方法 有人店舗窓口
    審査に掛かった時間 覚えていない 契約までに掛かった時間 1時間くらい
    申込を行った時間 月曜日の午後2時ごろ
    申込時点での他社借入 プロミス200万円、アコム100万円
    アイフルを選んだ理由 テレビCMで知っていた
    他社にも借り入れがあった。利息を払いたかった。
    申込確認で尋ねられたこと 有人店舗で申し込んだので、申し込み確認の電話はなかったように思う。
    在籍確認の感想 目の前で電話していた。企業名は名乗らず、自分がその日に会社を休んでいることを確認していた。
    オペレーター対応の感想 有人窓口だったが、テキパキとした説明でわかりやすかった。
    審査過程や結果に関する感想 自分のような多重債務者でも、会社勤めさえしていれば審査は簡単に通るものなのだと思った。
    契約後の使い勝手について 1か月くらい経ったところで、すぐに限度額増額などの売り込みがあった。結局、それに乗っかってしまい、その後、厳しい自転車操業となってしまうのだが。利息は延滞していないのでトラブルを経験したことはない。
    アイフルへの申込を検討されている方へ 借りすぎに注意してほしい。特に公務員だったり、大手と呼ばれる会社の社員にはどんどん貸してくれるようなので、勘違いしないように

    他社借入を計300万円とご記入いただきましたが、総量規制(貸金業者の貸付合計が個人の年収の3分の1を超えてはならない)のことを考えるとこれはおそらく各社でもらえた限度額のことでしょう(=実際の借入額はもう少し低い)。年収700万円であれば、貸金業者からの貸付合計額は234万円を超えないはずです。
    とは言え増額案内や真摯なアドバイスを見るに口コミの信ぴょう性は高いと判断し、ここに掲載させて頂きました。

    さて、自転車操業(借りたお金で借金を返すような状況)を経験されたというだけあって、この方の言葉には重みがありますね。

    ある程度年収や社会的ステータスのある方には、業者側もたくさんお金を貸したい(そしてその分の利息を手に入れたい)もの。しかしこれに乗ってしまうと、金銭感覚が狂うきっかけになりかねないというのが恐ろしいところです。

    他社借入額にかかわらず、それなりの返済能力を有しているのなら、大口契約や増額の案内に簡単に乗ってしまわないよう、自制が求められることでしょう。

    ⑤「オペレーター対応」「返済」についての口コミは上々

    実は今回、詳しく取り上げた4名の方以外にも「アイフル」の情報をお聞かせいただいたのですが……。
    その中でも多くの利用者口コミに共通した内容が以下の通り。

    • 審査では「それ関係ある?」ということまで聞かれる(申込確認)
    • オペレーターが優しい。対応が良い。
    • 無理なく返せるし、返済が遅れた場合の取り立ても怖くないので使いやすい。

    申込確認については詳細ページをご覧いただくこととして……。
    (ちなみにここで尋ねられた内容は、「審査結果を出すため」以外に用いられません)
    とにかく「オペレーター対応」「返済の勝手」についての評判は上々。今回取った十数件のアンケートのうち、不平の声は一つも確認できませんでした

    というわけで少なくともアイフルを利用するにあたり、高圧的な対応をされたり、無茶な返済を強いられることは無さそう。
    このあたりの安心感から、アイフルははじめてキャッシングを利用する場合にも選択しやすいと言って良いでしょう。

    ★具体的な返済方法については、以下のページをご覧ください。
    実際の審査では「毎月1万円まで返せる」といった希望を伝えることで、限度額を調整してもらうこともできるでしょう。

    CHECKアイフルの総まとめ>毎月の返済方法とその金額について

    <審査・契約に掛かってる時間、長くない?>

    上に挙げた4名の方の「申し込みから契約までにかかった時間」をピックアップしてみると……。

    • 半日くらい
    • 3時間くらい
    • 2時間くらい
    • 1時間くらい

    と結構バラつきがあります。
    一応アイフルは「申し込みから契約まで、最短1時間」程度のはず(コールセンターへの問い合わせによる)ですが、審査状況や混み具合によって必要時間は大きく左右されるようですね。

    そのためもしもあなたが1分でもスピーディな審査・契約を希望するのなら、アイフルに直接その旨を伝えた方が良いでしょう。公式HPでは「お急ぎの方は申込の直後に電話連絡を」といった記載が見られますので、これに従うのが良いかと思います。

    ちなみにアイフルへの問い合わせによると、

    • インターネット申込み&契約+「スマホATM」での借入なら、毎日20時
    • (※スマートフォンアプリと「セブン銀行ATM」を利用する必要あり、申込直後の電話連絡推奨)

    • 来店申し込み+ATMでの借入なら毎日21時

    までの申し込みで、即日契約を狙えるとのことでした。


    まとめ

    ポイント
    • アイフルの契約の流れは、原則として「申込→申込確認→在籍確認→仮審査結果連絡→書類提出→本審査結果連絡→契約→借入」(インターネット申込時/ここまで最短1時間程度)。
    • 実際の申込者に共通する口コミは、
    • 申込確認で結構プライベートなことを聞かれる
    • オペレーターさんは優しい
    • 返済の勝手が良い。無理なく返せる
    • といったもの。
      よってアイフルでは審査中、置かれた現状をきちんと正直に伝えれば、あとはほとんど不安なく契約~返済が可能。(ただし借りすぎには注意)

    電話対応が優れているからか、実際のユーザーにも好印象を抱かれている様子のアイフル。
    そんな中で聞かれる「借りすぎ」への警告にはしっかり耳を傾けた上、必要な金額だけを借りられるよう心掛けられると良いですね。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    何かを判断するときに役立つのが口コミ。アイフルの利用者に行ったアンケートによると、一見するすると関係なさそうなことまで尋ねられたと言うものがあります。これは、ステータスよりも返済能力重視たるゆえんでしょう。あと多くの方が、オペレーターが優しかったと言っています。会社の窓口となる人が優しいのは借りる側からすると落ち着きますよね。契約までの時間には違いはありますが、これはステータスや返済能力、申し込み経路の違い等が考えられます。全体的に好意的な口コミの多いアイフル。参考にして下さい。


    CHECK【アイフル】審査・契約の流れの総まとめ:申込確認、在籍確認の電話、書類提出他
    CHECK電話取材で分かった「アイフル」のメリットと気になる点:即日融資、在籍確認他


    この記事でチェックしたカードローン情報


    アイフル「キャッシングローン」(株式会社アイフル)
    金利 3.0%~18% 限度額 1万円~800万円
    審査スピード 最短30分(本審査) 融資スピード 最短1時間程度
    即日融資のための申し込みリミット
    来店なし
    20時
    ※スマホATM(セブン銀行ATM)利用必須
    即日融資のための申し込みリミット
    来店あり
    21時
    スマホATM OK
    (手数料108円または216円)
    郵送物なし&来店なしの両立 OK
    成約率 45.0%
    (19年2月)
    親会社 なし
    申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    必要書類
    • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証+公共料金の領収書など)
    • 勤務先を確認できる書類(電話での在籍確認が取れない場合)
    • 収入証明書類(限度額が50万円を超える場合など)
    銀行振込での借入
    • 通常の銀行振込(平日9時~15時)

    即日着金のためには14:10分までの契約完了&振込申込が必要
    (スマホATM含むATMでの借入なら気にしなくてよい)

    その他

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。