秋田銀行カードローン「スマートネクスト」は平日15時までの契約で即日融資可能!

「よく使っている秋田銀行から借りたいけれど、地方銀行は融資が遅そうだから心配……」
「審査の時、会社に電話がかかってくるのは勘弁!」
秋田銀行のカードローンなら、そんな心配も無用ですよ。

秋田銀行の2種類のカードローンのうち、「あきぎんスマートネクスト」は即日融資(申し込み当日の借り入れ)に対応しているんです。
また、もう一つの「プライムカード」は在籍確認の電話を行っていないので、会社に知られるのが嫌な場合でも安心。
どちらも実際にコールセンターへ問い合わせて確認した内容なので確かです!

とはいえ、金利・審査難易度・融資スピードに大きな違いのある秋田銀行のカードローンは、どちらを選ぶかによって使い勝手が大きく変わってきます。
今回はそんな秋田銀行のカードローンについて、実際の問い合わせで分かった新事実や利用上のメリット・デメリットを詳しくまとめてみました!
読み終えていただければ、秋田銀行カードローンをおトクに利用できますよ!

秋田銀行2つのローンの特徴と選び方

まずは、秋田銀行が取り扱う2つのカードローンについて、あなたに向いているローンはどちらなのか見てみましょう!

★秋田銀行カードローン

あきぎんスマートネクスト プライムカード
上限金利 14.8% 9.8%
限度額 500万円 500万円
融資スピード 最短即日 1週間~10日程度
秋田銀行の口座開設 必須 必須
契約時の来店 不要 必須
審査難易度 低め~中くらい
(パート・アルバイト可)
高め

「あきぎんスマートネクスト」は「プライムカード」に比べ、融資スピードに優れ審査難易度も低め
一方、「プライムカード」は契約に手間が掛かるものの、「あきぎんスマートネクスト」に比べ5%も低い金利での借り入れが可能です。

このように、2つのローンにはそれぞれ異なるメリットがあります。
どちらのローンが優れているとは一概に言えないため、あなたが魅力を感じた方を重点的にチェックしてみてくださいね。

CHECK融資スピードや審査の通りやすさを重視するなら「あきぎんスマートネクスト」
CHECK審査に自信があり、低い金利での借り入れを希望するなら「プライムカード」がおすすめ

「あきぎんスマートネクスト」なら最短即日融資に対応!ただし口座開設は必須

まずは2つの秋田銀行カードローンのうち、より使い勝手に優れた「あきぎんスマートネクスト」について詳しく解説していきます!

①あきぎんスマートネクストの基本情報:上限金利は14.8%とやや高め

秋田銀行「あきぎんスマートネクスト」の基本情報は以下のようになります。

★秋田銀行「あきぎんスマートネクスト」

金利 5.8%~14.8% 限度額 30万円~500万円
審査スピード 最短即日 融資スピード 最短即日
その他 ・秋田銀行の口座開設必須
・来店不要

★「あきぎんスマートネクスト」利用限度額ごとの適用金利

借入極度額(=借入限度額) 適用金利
100万円未満 14.8%
100万円~200万円 12.0%
250万円、300万円 7.8%
400万円 6.8%
500万円 5.8%

最も適用される確率の高い上限金利(最高金利)は14.8%と、一般的な銀行カードローンに比べるとほんの少し高め
(銀行カードローンの平均上限金利は14.5%、14.6%程度)
大きなデメリット、と言えるほどではありませんが、「1円でもおトクに借りたい!」といった場合には向いていません。

CHECK低金利銀行カードローンのまとめ

また、公式HPには「おまとめ・借り換えOK」の文字が見られ、大口の借り入れにも向いているようですが……。
あきぎんスマートネクストの基本情報:上限金利は14.8%とやや高め
▲秋田銀行公式HPより

100万円以上の利用限度額を狙える程度の収入(年収300万円~)がある場合は、より金利の低い秋田銀行「プライムカード」を選択した方がベターとなります。

②秋田銀行の口座を持っていれば、来店不要で即日融資を受けられる可能性も

今回、秋田銀行のカードローンを特集するにあたり実際にコールセンターへ問い合わせを行ってみたところ、「あきぎんスマートネクスト」は即日融資(申し込み当日の融資)に対応していることがわかりました。

詳細秋田銀行カードローン、契約の流れ

とは言え、公式HPでは一切融資スピードに関する記載がないことから、実際のところ即日融資の可能性はあまり高くないと考えられます。
一般的な地銀カードローンに比べるとスピーディな借り入れは可能なものの、即日融資に関しては「今日中に借りられればラッキー」くらいに考えておくと良いでしょう。

ちなみに、インターネットを通して申し込みを行う場合、秋田銀行窓口への来店の必要はありません。(すでに秋田銀行口座をお持ちの場合のみ)

③最低限度額は30万円なので、他の銀行よりもやや大きな信用が必要=審査はさほど甘くない

「あきぎんスマートネクスト」の公式HPには、「パート・アルバイトでも利用OK」「月々の返済は2,000円から」といった文字が並び、いかにも審査難易度が低そうに見えますが……。

よく見てみると、「あきぎんスマートネクスト」の最低「お借入極度額」は30万円
コールセンターに問い合わせてみたところ、「お借入極度額」は「限度額」とまったく同じ意味で、審査に通過すれば30万円の限度額がほぼ保証されるとの答えをもらうことができました。
つまり反対に言えば、30万円の借り入れが可能な人でないと、「あきぎんスマートネクスト」の審査に通過することはできないということですね。

一般的な銀行カードローンの最低限度額は10万円。ですから、「あきぎんスマートネクスト」は他の銀行カードローンに比べ、審査通過のために高い信用が必要だと言うことになります。

★秋田銀行「あきぎんスマートネクスト」の審査通過条件

  • 20歳~69歳
  • 安定した収入がある(年200万円程度あれば安心、アルバイト可)
  • 秋田銀行の口座を開設できる=秋田銀行の営業エリア内に在住
  • 金融ブラック状態でない

「パート・アルバイトOK」「毎月の返済額が低い」といった点から、「厳しい」と言うほどの審査を行っているとは思えませんが……。
審査通過に不安があるのであれば、楽天銀行など最低限度額の低い銀行を選んだ方が安全と言えるでしょう。

CHECK秋田県から申し込みのできるローンと、秋田銀行カードローンの審査難易度比較

「プライムカード」は即日融資不可&来店必須ながら、金利の低さがポイント!

秋田銀行が取り扱うローンのうち、審査難易度が高いながらも圧倒的に借入金利の低い「プライムカード」。
その利用条件とは、一体何なのでしょうか?詳しくみていきましょう!

①プライムカードの基本情報:魅力は上限9.8%の低金利!

秋田銀行「プライムカード」の基本情報は以下のようになります。

★秋田銀行「プライムカード」

金利 5.0%~9.8% 限度額 50万円~500万円
審査スピード 数日程度 融資スピード 1週間~10日程度
その他 ・秋田銀行の口座開設必須
・来店必須
・秋田銀行の住宅ローン利用者は金利1.3%優遇
在籍確認なし

やはり魅力は最大でも9.8%という低金利。
もう一つの秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」に比べると、実に5%もの差があります。

★30万円を借り、月1万円ずつ返済する場合の支払い総額比較

あきぎんスマートネクスト(14.8%) 376,971円
プライムカード(9.8%) 345,521円
差額 31,450円

同じ金額を借り、毎月同じような返済を行った場合、このように金利が低いほど支払い額を節約できますよ。

②特に厳しい申し込み条件はないものの、審査難易度は高め:限度額は最低50万円

2つ以上のカードローンを取り扱う地銀の多くが、より借入金利の低いローンに「年収200万円以上の方のみ申し込み可」「2年以上の勤続年数のある方のみ」といった利用条件を設けています。
一方で、「プライムカード」に特別な利用条件は見られないため、一見すると「あきぎんスマートネクスト」と大きく審査難易度が変わらないようにも思えますが……。

「プライムカード」の最低限度額は50万円。つまり、審査に通過するためには最低でも50万円を借りられるほどの信用が必須となります。
一般的な銀行カードローンの最低限度額は10万円、「あきぎんスマートネクスト」の最低限度額は30万円ですから、これらのローンに比べるとより大きな収入・信用が求められることになりますね。

また、「プライムカード」公式HPには「あきぎんスマートネクスト」のように「パート・アルバイトOK」といった記載がありません。
とくにアルバイトの方の申し込みが禁じられているわけではありませんが、最低限度額が高いこともあって審査通過は難しいと見て良いでしょう。

★秋田銀行「プライムカード」審査通過条件

  • 20歳~63歳
  • 安定した収入がある(会社員・公務員の場合、200万円~)
  • 秋田銀行の口座を開設できる=秋田銀行の営業エリア内に在住

「最低限度額50万円」「あきぎんスマートネクストよりも難易度高め」ということを踏まえると、審査通過に必要な年収は200万円程度でしょうか。

ただしこちらは「1年以上の勤続年数のある、会社員・公務員」の方が申し込む場合の目安となります。
生活が安定していない、と見なされやすい個人事業主や経営者の方が申し込みを行う場合、より大きな年収が必要となることでしょう。

③「リトライ・サービス」を利用すれば、審査に落ちてしまったとき「スマートネクスト」への自動申し込みが可能

「プライムカード」へ申し込みを行う際、「リトライ・サービス」に関する希望を尋ねられることになります。
「リトライ・サービス」とは、「プライムカード」の審査に落ちてしまったとき、自動的に「あきぎんスマートネクスト」への申し込みを行うサービスのこと。
この機能を利用することで、高い確率で秋田銀行カードローンの審査に通過できるわけですね。

「リトライ・サービス」を利用すれば、審査に落ちてしまったとき「スマートネクスト」への自動申し込みが可能
▲秋田銀行公式HPより

ただし、「あきぎんスマートネクスト」は「プライムカード」に比べて高金利
また、「プライムカード」を検討できる収入があるのでしたら、「あきぎんスマートネクスト」よりも良い条件のカードローン(みずほ銀行など)を利用可能ですので、「リトライ・サービス」の利用は慎重に行ってください。

秋田県から申し込みのできるローンと、秋田銀行カードローンの審査難易度比較

「あきぎんスマートネクストの審査に不安がある……。」「プライムカードの審査は不安だけれど、あきぎんスマートネクストはちょっと金利が高い!」といったあなたのために、秋田県から申し込める主なカードローンを審査難易度・金利の面で比較してみました。

★各社の審査難易度目安

主な融資対象 ローンの例 金利
↑高 年収400万円以上
  • 三井住友カード「ゴールドローン」
  • 3.5%~9.8%
    年収250万円以上
  • JA新あきた「スマートカードローン」(タイプA)
  • 6.0%
    秋田銀行「プライムカード」 5.0%~9.8%
    年収200万円~
    または正社員・公務員
  • JA新あきた「スマートカードローン」(タイプC)
  • 9.5%
  • みずほ銀行
  • 3.5%~14.0%
  • 三井住友銀行
  • 4.0%~14.5%
  • オリックス銀行
  • 1.7%~17.8%
    羽後信用金庫「うごしんきゃっする」 5.8%~14.5%
    年収200万円前後
  • 秋田信用金庫「きゃっする」
  • 1.9%~14.5%
  • 秋田銀行「あきぎんスマートネクスト」

  • 北都銀行「カードローン1000」

    秋田信用金庫カードローン

    羽後信用金庫「マネーポケット」

    5.8%~14.8%



    3.5%~13.5%



    10.5%



    9.0%~14.6%
    年収200万円未満
    パート・アルバイト
  • 北都銀行「スピードカードローンNEO」
  • 4.5%~14.6%
  • 羽後信用金庫「うごしんカードローン(随時返済型)」
  • 9.15%
  • 楽天銀行
  • 1.9%~14.5%
  • イオン銀行
  • 3.8%~13.8%
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 1.8%~14.6%
  • アコム
  • 3.0%~18.0%
  • アイフル
  • 3.0%~18.0%
    ↓低 金融ブラック
  • 中小消費者金融
  • 上限金利18%~20%程度
    ※住宅ローン利用者のみ利用可能なローンを除く

    JA新あきたをはじめ、秋田県内の地域密着型金融機関は低金利カードローンを多く取り扱っています。
    どうやら「金利の低さ」を最重要視するのであれば、秋田銀行よりも良い選択肢が存在するようですね。

    とは言え、JAや信用金庫のローンは借入に時間が掛かりやすいため、一長一短と言ったところ。
    「何を重視するか」を考えた上で、あなたに合ったローンを選択してみてくださいね。

    CHECK金利、限度額、審査難易度や融資スピードから見る、銀行カードローンの総一覧

    秋田銀行カードローン、契約の流れ

    公式HPを見ても、審査や融資にかかる時間がさっぱりわからない秋田銀行のカードローン。
    そこで、実際の契約の流れや必要時間をコールセンターに問い合わせてみました!

    ①秋田銀行に聞いた!各カードローン利用の流れ

    秋田銀行2つのカードローンは、利用の流れが大きく異なります。
    気になるローンごとの契約手順をご覧ください。

    CHECK「あきぎんスマートネクスト」利用の流れ
    CHECK「プライムカード」利用の流れ

    (1)「あきぎんスマートネクスト」利用の流れ:運が良ければ来店不要で最短即日融資も!

    公式HPに融資スピードが掲載されていないカードローンは、比較的借り入れに時間が掛かりやすい傾向にあるのですが……。
    問い合わせを行ってみた結果、「あきぎんスマートネクスト」はその例外だとわかりました!

    【管理人】山本
    「スマートネクスト」の借入れまでにはどれくらいのお時間が掛かりますか?
    秋田銀行の回答
    WEB契約でしたら、最短即日でご利用いただけますが、今の時間(15時)でしたら翌日以降となりますね。
    【管理人】山本
    カードが届く前に借り入れができるのでしょうか?
    秋田銀行の回答
    はい。WEB契約でしたら、審査結果がメールで届きますので、そのメールからカードをお届け前の振込融資へのお申し込みをしていただければ。
    【管理人】山本
    会社に電話がかかって来ることはありますか?
    秋田銀行の回答
    必ず、というわけではないのですが、個人名で在籍確認をさせて頂く場合がございます。
    【管理人】山本
    健康保険証などで代用することはできませんか?
    秋田銀行の回答
    申し訳ありません。

    地銀のローンでありながら、来店不要の即日融資に対応しているのは嬉しいですね。
    上記を踏まえた「あきぎんスマートネクスト」利用の流れは以下のようになります。

    「あきぎんスマートネクスト」
    契約の流れ

    (秋田銀行窓口で口座開設)

    インターネットから申し込み

    携帯電話へ申し込み確認電話

    審査
    (最短即日)
    在籍確認の可能性あり

    メールで審査結果連絡

    あなたの秋田銀行口座へ
    希望額を振り込み


    ローンカードの郵送
    (1週間~)

    インターネットで申し込みを行う場合、キャッシュカードの情報で本人確認を行うため、原則必要書類はありません
    あらかじめ口座開設は必須になるものの、ここまで手軽に契約ができるのは嬉しいですね。

    ★カード郵送前の融資には銀行振込を利用するため、即日融資を受けるためには平日15時までに、すべての手続きを完了させる必要があります。
    審査時間があくまで「最短」即日であることも併せて考えると、即日融資の確実性は高いとは言えません
    「確実に今日中に借りたい」といった場合には、夜間まで契約・借り入れの可能な他社ローンを選択した方がベターです。

    CHECK即日融資におすすめなカードローンランキング

    (2)「プライムカード」利用の流れ:契約には来店が必須

    秋田銀行へ「プライムカード」に関する問い合わせを行った結果、以下のような回答をもらうことができました。

    【管理人】山本
    「プライムカード」の借入れまでにはどれくらいの時間が掛かりますか?
    秋田銀行の回答
    大体1週間~10日程度見て頂ければと思います。
    【管理人】山本
    カードが届くまで、借入れをすることはできませんか?
    秋田銀行の回答
    そうですね、ご自宅にカードや通帳届いてからのご利用となります。
    【管理人】山本
    会社に電話がかかって来ることはありますか?
    秋田銀行の回答
    いいえ、そのようなことは行っておりません。
    【管理人】山本
    契約に必要な書類はありますか?
    秋田銀行の回答
    運転免許証や保険証、審査の結果によっては源泉徴収票などご提示求める場合がございます。

    低金利ローンには珍しく、収入証明書の提示は原則不要とのこと。
    また、在籍確認は一切行っていないようですね。

    「プライムカード」
    契約の流れ

    (秋田銀行窓口で口座開設)

    インターネットから申し込み

    審査
    (数日程度)

    電話で審査結果連絡

    必要書類を持って
    秋田銀行窓口へ

    契約手続き

    ローンカードの郵送
    (契約後1週間~)

    ②秋田銀行カードローンの必要書類:「スマートネクスト」は原則書類不要

    秋田銀行における必要書類は、以下のようになります。

    ★秋田銀行カードローンの必要書類

    あきぎんスマートネクスト ・原則不要
    (キャッシュカードの情報をもとに本人確認:WEB申し込み時)
    プライムカード ・運転免許証、保険証などの本人確認書類

    どちらのローンも、審査結果によっては別途、収入証明書類の提出を求められる場合があります。
    その際には、銀行側の指示に従って書類を準備しましょう。

    ③在籍確認の電話は「スマートネクスト」のみ可能性あり

    秋田銀行へ問い合わせを行ったところ、在籍確認の電話(あなたの勤務先への電話確認)は「あきぎんスマートネクスト」のみ実施しているとのこと。
    また、秋田銀行の名前は名乗らずに知り合いを装う形で、個人名で電話を掛けるとのことでした。

    例:田中と申しますが、高橋一郎さんはいらっしゃいますか?

    電話は必須となるわけではなく、あくまでも「保証会社(審査を行う会社)が必要と判断した場合にのみ」行われます。
    そのため、在籍確認なしで審査に通過できることもあるようですね。

    ★ローンプラザへ問い合わせを行ったところ「プライムカード」は在籍確認を行っていないとの回答でした。
    会社に電話を掛けられるのは困る、といった場合にも安心して利用できそうですね。
     

    <秋田銀行カードローンの保証会社はどこ?>

    「あきぎんスマートネクスト」の審査はエム・ユー信用保証株式会社、「プライムカード」の審査は秋田ジェーシービーカード株式会社が行っています。
    前に金融事故を起こしてしまったことがあるのならば、その事故を起こしてしまった金融機関の保証会社をチェックしておきましょう。

    CHECK銀行カードローンと保証会社

    秋田銀行カードローンの借り入れ方法

    それでは、秋田銀行におけるローンカード到着後の借入方法を見ていきましょう!

    ①基本の借入方法はATM:利用できるATMとその手数料

    「あきぎんスマートネクスト」「プライムカード」ともに、基本の借り入れはATMにて行います。利用可能なATMや手数料に違いはありません。

    秋田銀行カードローンの借り入れに利用できるATMとその手数料は、以下のようになります。

    ★秋田銀行のキャッシングに利用できるATM

    ★秋田銀行ATM・一部地銀ATMの利用手数料
    秋田銀行ATM・一部地銀ATMの利用手数料
    秋田銀行ATM・一部地銀ATMの利用手数料2

    ★セブン銀行ATMの利用手数料
    セブン銀行ATMの利用手数料
    (画像は秋田銀行公式HPより/薄い水色で塗られた箇所は利用手数料無料)

    利用手数料に関しては、提携ATMを利用するよりも秋田銀行のATMを使った方がおトクだとわかりますね。

    各地銀・信用金庫ATMの利用手数料は金融機関ごとに細かく設定されています。
    その他の利用手数料について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    秋田銀行公式HP:提携ATM

    ②「プライムカード」のみ「自動融資機能」付き:引き落としの失敗を未然に防げる!

    2つの秋田銀行カードローンのうち、審査難易度高めの「プライムカード」のみ「自動融資」機能が備え付けられています。

    自動融資とは、クレジットカードや公共料金の引き落とし時、本来なら残高不足で支払いができないところ、不足分を自動的に借り入れて補ってくれるサービスのこと。
    例えば、2万円が入っている秋田銀行口座から5万円の引き落としが行われた場合、差額の3万円が自動的に借り入れられるわけですね。

    この機能により、各種支払いの延滞を防ぐことが可能ですが……。
    一方で知らないうちに借入残高が増えてしまうことにもなりかねませんのでお気を付けください。

    秋田銀行カードローンの返済方法

    最後に、秋田銀行における毎月の返済日・返済方法について詳しく解説していきます!

    ①どちらのローンも基本の返済は「毎月5日、秋田銀行口座からの自動引落とし」で行う

    秋田銀行における毎月の返済は、どちらのローンも共通して「毎月5日、秋田銀行口座からの自動引落とし」で行われます。(5日が銀行休業日の場合、引き落としは次の平日に延期)

    ただし、2つのローンでは毎月の引き落とし金額が大きく変わってきます。
    それでは、それぞれの詳しい返済模様について見ていきましょう。

    ②「あきぎんスマートネクスト」の返済は2,000円~と低負担

    「あきぎんスマートネクスト」の毎月の引き落とし額は以下のように決まります。

    ★あきぎんスマートネクストの毎月の引き落とし額

    借入残高 引き落とし額
    10万円以下 2,000円
    10万円超過~30万円 5,000円
    30万円超過~50万円 10,000円
    50万円超過~100万円 15,000円
    100万円超過~200万円 25,000円
    200万円超過~300万円 30,000円
    300万円超過~400万円 40,000円
    400万円超過 50,000円

    返済方式(返済額の決まり方)としては、借入残高に応じ引き落とし額が決定される標準的な「残高スライドリボルビング方式」
    ほとんどの銀行カードローンで採用されている、一般的な方式となります。

    以上の引落としに加え、各種ATMまたは秋田銀行の窓口から追加の返済も可能ですよ。

    ③「プライムカード」は基本返済額に利息が上乗せされる「元金」方式

    「プライムカード」の返済は、基本の返済額に利息が上乗せされる「<元金定額>残高スライドリボルビング方式」
    言葉で説明するよりも実例で見た方が分かりやすいため、まずは以下の表をご覧ください。

    ★プライムカードの毎月の引き落とし額

    基本の返済額 利息額(上乗せ金額)※
    借入残高30万円以下 5,000円 2,416円
    (借入残高30万円×30日)
    借入残高50万円以下 10,000円 4,027円
    (借入残高50万円×30日)
    借入残高100万円以下 20,000円 8,054円
    (借入残高100万円×30日)
    借入残高200万円以下 30,000円 13,150円
    (借入残高200万円×30日)
    借入残高300万円以下 40,000円 17,260円
    (借入残高300万円×30日)
    借入残高400万円以下 50,000円 19,726円
    (借入残高400万円×30日)
    借入残高500万円以下 60,000円 20,547円
    (借入残高500万円×30日)
    ※プライムカードにおける各利用限度額ごとの最大金利で、一ヶ月を30日として計算

    つまり、30万円を30日間借りた場合、翌5日の引き落とし金額は「5,000+2,416=7,416円」となるわけですね。

    このように「元利」方式における毎月の返済額は、非常に分かりにくいものとなっていますが……。
    基本的には「基本返済額の最大1.5倍」程度のお金が引き落とされると考えておけば良いでしょう。

    まとめ

    ★秋田銀行のカードローンは、即日融資可能「あきぎんスマートネクスト」金利の低い「プライムカード」の二種類!
    ★「あきぎんスマートネクスト」はパート・アルバイトOKながら最低限度額が高く、審査難易度は低くない
    ★「プライムカード」は毎月の返済額が分かりにくい「元金」方式を採用しているため、月初めの口座残高には要注意!

    それぞれにメリットのある、秋田銀行のカードローン。
    「できるだけ低金利で借りたいけれど、<プライムカード>の審査に通るか不安……。」といった場合には、審査落ちの際に「あきぎんスマートネクスト」へ自動申し込みが可能な「リトライ・サービス」も検討してみましょう!

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。