アメックスカードのキャッシング機能は撤廃済み:その他の好条件キャッシング方法とは

    アメックスカードのキャッシング機能は撤廃済み:その他の好条件キャッシング方法とは
    「ちょっとした入用のためにキャッシングサービスを利用したい。けれど自分のアメックスカードにはキャッシング枠が付いていないみたい…」

    結論から言うと、現行のアメックス社が発行するカードにキャッシング枠が付いているものはありません
    そのためアメックスカード・ホルダーがキャッシング、つまり現金借入サービスを利用するためには、アメックス以外の会社を使う必要があります。

    もちろんここで、アメックスの他にお持ちであろうクレジットカードのキャッシング機能を使っても良いのですが…。

    アメックスの会員であるということは、それなりの返済能力をお持ちであるハズ。
    となれば、普通のキャッシングサービスより少し高難易度な商品を選ぶことで、より好条件での借入が可能となるでしょう。

    今回はある程度審査に自信のあるアメックス・ホルダーのあなたのため、「少し高難易度かつ好条件」なキャッシングサービス情報をまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたに合った申込み先が分かります。

    事前にチェック!「アメックスカード」の定義

    このページで言う「アメックス」カードとは、アメリカン・エキスプレス社が発行するクレジットカードに限られます。
    (ANAアメックス等の提携カードを含む)

    「アメックスのブランドを冠してはいるが、別のカードが発行しているカード」、具体的に言うと、

    • JALアメックス
    • 三菱UFJニコス(アメックスブランド)
    • セゾン・アメックス
    • 楽天カード(アメックスブランド)

    等をご利用の場合は、発行元カード会社のキャッシングサービス情報をご確認ください。

    アメックスカードのキャッシングサービスは2012年6月30日に終了済み

    冒頭でも触れた通り、アメリカン・エキスプレス社が発行するクレジットカードへのキャッシングサービス提供は2012年6月をもって終了済み。

    早速ではございますが、来る2012年6月末日をもちまして、弊社カードのキャッシング・サービス、「エキスプレス・キャッシュ」を終了させていただくことになりましたので、下記の通りご案内申しあげます。

    (当時の公式発表より引用)

    一応アメックス社、貸金業者としての登録自体は済ませているようですが…。

    現在のところは現在ローン専用カードなども発行していませんから、アメックス社からの借入はどうやっても不可能と考えて良いでしょう。

    サブカードを使ったキャッシングの利用はアメックスユーザーにとって損となるかも

    さて、アメックスのカードで借入が出来ないとなると、真っ先に思い付くのが「サブカードを使ったキャッシング」になるだろうと思います。

    おそらくアメックスホルダーの方はVISA等、他ブランドのサブカードをお持ちだろうと思いますが…。
    ここからはサブカードを使ったキャッシングが、一般にお勧めできない理由についてお話しさせて頂きましょう。

    ①一般的なクレジットカードのキャッシングサービス金利はアコム等と同じ

    一般的なクレジットカードのキャッシング金利は年18%(月1.5%程度)。
    これは消費者金融「アコム」「アイフル」等のカードローン上限金利とまったく同じ数字となります。

    …というよりアコムやプロミスなどのカードローンでは初回30日間の無利息(金利0%)特典(アイフルの場合は初めての方最大30日間無利息)を利用できますので、一般的なクレジットカードはアコム等に比べても損をしがちと言って差し支えありません。

    ②アメックスに入会できる程度の属性があるなら好条件なキャッシングサービスを選びたい

    さて、一般的なクレジットカードの金利はアコム等の消費者金融と同じ。

    ですがアコムやアイフルのサービスは決して属性が高いとは言えない方、具体的に言うと「年収50万円のアルバイター」等でも利用可能となっています。
    あなたが安定収入を得ているアメックスホルダーであるのなら、アコムやアイフルと同条件で借りることは少し勿体ないと言わざるを得ないでしょう。

    もちろん単にお金を借りることだけを目的とするのなら、サブカードのキャッシング枠を使っても差し支えは無いのですが…。

    せっかくある程度の支払い能力をお持ちであるなら、アコムやアイフルより高難易度な代わりに好条件(低金利)なキャッシング専用サービスの選択をおすすめしたいところです。

    ★とは言えもちろん、

    • 借入がごく短期間である
    • 高金利を加味して考えても、新規契約が面倒

    といった場合には、お手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用されても差し支えはありません。

    ③ただし海外キャッシングを利用したいなら各クレジットカードを使う必要あり

    一般的なクレジットカードのキャッシングサービスを利用することは、ある程度の支払い能力を持つアメックスホルダーにとって勿体ないことではありますが…。

    これはあくまで日本国内でお金を借りる場合の話。
    あなたがもしも、海外でキャッシングサービスを使い現地通貨を引き出したいとお考えなら、お手持ちのカードのキャッシングサービスをご利用ください。

    理由は簡単で、これから解説するようなローン専用カード(カードローン)にはVISAやMastercardといった国際ブランドが付いておらず、海外キャッシングを利用できないからですね(JCB発行の「FAITH」含む)。

    参考三井住友カード公式HP「海外でもキャッシング!」

    安心&信頼のJCB「FAITH」(上限12.5%)はリボ払いに抵抗があっても利用しやすい

    さて、ここからは実際にアメックスホルダーの方へおすすめできる、「難易度高め&低金利」なキャッシングサービスを紹介させて頂きましょう。

    ①JCBの安心感に加え、上限12.5%の低金利が嬉しい

    まず触れさせて頂くのは、言わずと知れた大手カード会社「JCB」のローン専用カード「FAITH(フェイス)」です。

    JCB「FAITH」
    金利限度額
    4.4%
    ~12.5%
    ※1回払いなら5%
    50万円
    ~500万円
    ※ただし年収の3分の1超は不可
    申込み条件(公式HPより)
    20歳以上58歳以下で、ご本人がお勤めで毎月安定した収入のある方

    ※以下の方は申込不可

    • 個人の給与収入を示す書類をお持ちでない方(個人事業主の方など)
    • 学生、パート・アルバイトの方
    • 現在のお借入合計残高(住宅・自動車ローンは除く)が年収の3分の1を超えている方
    ※年会費は完全無料です。

    申込み条件は一般的なカードローン(ローン専用カード)より厳しいですが、多くのアメックスホルダーの方にとっては問題ないでしょう。
    (ただし自営業者・個人事業主の申し込みを受け付けていない点については注意)

    このカードの利点は何といっても、「JCB」発行の安心感、そして上限12.5%(月あたり1.04%程度)の低金利ですね。

    一般的なクレジットカードキャッシング枠の上限金利は18%ですから、同じお金を同じ期間借りた場合の利息を約3割カットできる計算になります。

    ★FAITHの申込み~お届けまでには1週間ほどの時間を要することが多いです。
    借入をお急ぎであれば、後述のアイフル「ファーストプレミアムカードローン」等をお選びください。

    ②珍しい「一回払い」対応&高めの負担額でリボ払いに抵抗があっても利用しやすい

    さて、この「FAITH」はローン専用カード(カードローン)ではありますが…。
    信販会社「JCB」が発行するということで、「金利」以外の特性は一般的なカードローンというよりクレジットカードのキャッシング枠に近いです。

    その特性を具体的に挙げると、

    • 元金方式(毎月一定の返済額に、利息をプラスして請求する方式)の採用
      ┗=毎月一定額ずつ返済額が減る
    • 月々の返済負担が重め(1.5万円+利息~/残高スライド方式選択時)
    • 「翌月一回払い」対応

    といったところでしょうか。

    「毎月の返済負担額が重め」という性質上、もちろん毎月の返済負担を抑えたいという方にこのカードは向きません。

    が、

    • 返済額の中から自動的に利息を徴収
    • 一回払いのためにはATM入金などの手続きが必要

    といった特性を持つ一般的なカードローンに比べると、

    • 毎月の返済負担が重めだから、支払いを自動引き落としに任せていても返済が短期間で済みやすく、無駄な利息が発生しづらい
    • 毎月一定額ずつ借入残高が減るので、返済が進んでいることが分かりやすい
    • 一回払いに手間が掛からない

    …といった利点を持つことから、このJCB「FAITH」はリボ払い(定額払い)に抵抗があっても利用しやすいカードと言って良いでしょう。

    参考50万円借入時の他社カードとの引き落とし額比較
    JCB「FAITH」15,000円+利息※
    →計20,200円程度
    (残高スライド方式選択時)
    クレディセゾン「マネーカードゴールド」14,000円
    (この中から毎月自動的に利息徴収/元利方式)
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」13,000円
    (同上)
    住信SBIネット銀行カードローン8,000円
    (同上)
    ※JCB「FAITH」の利息は月あたり「借入残高の1.04%」が目安

    CHECKJCB公式HP「FAITH」

    ★通常の引き落とし返済の他、ATMや銀行振込を使った追加返済(随時返済/繰上返済)も可能です。

    三井住友カードのローン専用カードはどう?

    JCBと並ぶ国産大手カード会社として「三井住友カード」社が挙げられますが…。

    こちらの会社が提供するローン専用カード「三井住友カードゴールドローン」は金利の引き上げが行われ、「低金利」と言い切ることが難しくなってしまいました(上限15%)。

    よって極力好条件での借入を狙うのであれば、あなたが三井住友カード会員であってさえ、選択肢には入りづらいだろうと思います。

    信販会社系で最も低金利なのはクレディセゾン「マネーカードゴールド」(上限8.47%)

    続いて紹介するのはこちらも大手信販会社である「クレディセゾン」の上位ローン専用カード、「マネーカードゴールド」です。

    クレディセゾン「MONEY CARD GOLD(マネーカードゴールド)」
    金利限度額
    6.47%
    8.47%
    最高300万円
    ※ただし年収の3分の1超は不可
    申込み条件(公式HPより)
    20歳から75歳までの年収400万円(税込)以上の方でご連絡可能な方
    ※年会費は完全無料です。

    ゴールドと銘打つだけあって年収要件は住宅ローン並み。多くのカードローン(ローン専用カード)の中でもかなり難易度が高い方と言って良いでしょう。

    が、その難易度の高さに応じ、上限金利は(現在確認できている限り)信販会社のローン専用カード中最も低い数字となっています。
    参考JCB「FAITH」の上限金利は12.5%)

    審査に自信があり、金利の低さを重視して申込み先を選びたいのであれば、このカードは非常に重要な選択肢となってくれることでしょう。

    ただし返済方法はいわゆる「リボ払い」(定額払い)一択、かつJCB「FAITH」に比べれば月当たりの負担も軽いため、早く借入を片付けてしまいたい場合にはATM入金等を使った追加返済が必要となります。

    CHECKクレディセゾン公式HP「MONEY CARD GOLD(マネーカードゴールド)」

    特別なアイフル「ファーストプレミアムカードローン」(上限9.8%)は30日の無利息サービス付き&即日融資対応

    消費者金融会社のカードローンというと、一般に高金利なものですが…。

    その例外として第一に挙げられるのが、アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    名前から想像される通り、こちらは「アイフル」の提供する高難易度・低金利カードローンですね。

    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    金利限度額
    3.0%
    9.5%
    100万円
    ~800万円
    ※ただし年収の3分の1超は不可
    ※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります
    ※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
    申込み条件(公式HPより)
    満23歳~59歳の方で一定の年収があり当社を初めてご利用される方
    定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
    ※最低年収300万円~
    その他
    • 最短即日融資(申込の当日に融資)
    • 初回最大30日間無利息(金利0%)
    • 来店なし&郵送物なしでの契約可
      ┗この場合、ローンカードは発行されない
    ※年会費は完全無料です。

    上限金利の低さはクレディセゾン「マネーカードゴールド」にわずかばかり劣るものの、JCB「FAITH」よりは優秀。申込み条件や限度額を見る限り、審査難易度についても同様と見て良いでしょう。

    こちらのローンの特性は、何と言ってもキャッシング特化の会社である消費者金融ならではのユーザーサービスですね。

    特に、

    • 出来る限り早く借りたい
    • 家族に知られず(郵送物なしで)借りたい

    といった場合には、申込み先の筆頭候補になってくれるだろうと思います。

    ★もちろん各ATMで使えるローンカードを、郵送にて受け取ることも可能です。

    CHECKアイフル・ファーストプレミアムカードローンのメリット・デメリット&即日融資の流れ

    金利の低さで選ぶなら住信SBIネット銀行「プレミアムコース」(上限7.99%)もおすすめ

    あなたがキャッシングサービスを選ぶ上で、「金利の低さ」を何よりも重視するのであれば、選択肢に挙がるのが住信SBIネット銀行のカードローン。

    こちらの審査を受け、2つの金利コースのうち「プレミアムコース」が適用されたなら、あなたは上限7.99%というクレディセゾン「マネーカードゴールド」を下回る金利での借入が可能となります。

    住信SBIネット銀行カードローン
    金利限度額
    0.99%
    ~14.79%
    ※プレミアムコース適用なら上限7.99%
    10万円
    ~1200万円
    ※安定収入があれば年収の2分の1程度まで契約可
    申込み条件(公式HPより)
    次の条件をすべて満たす個人のお客さま

    • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
    • 安定継続した収入のあること
    • 外国籍の場合、永住者であること保証会社の保証を受けられること
    • 当社の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
    その他
    • 住信SBIネット銀行の口座開設と、それを使った毎月の引き落とし返済必須
    • 毎月の引き落とし額がやたらに低いので、支払いを放置していると多額の利息が発生しやすい(=追加返済の重要性が非常に高い)
    • 審査結果によっては金利高めのスタンダードコース(上限14.79%)が適用される
    ※年会費は完全無料です。

    …が、気になるのはやはりそのデメリット。
    特に「毎月の返済用口座が住信SBIネット銀行に限られる」というのは、普段別の口座を使っている方にとって厳しい条件と言わざるを得ないでしょう。

    また、「毎月の返済負担が軽い」(=追加返済を行わないと支払いが長引き、利息が膨らみやすい)という特徴は、リボ払いに不慣れな方にとってはリスキーなものともなり得ます。

    とは言え、

    • (プレミアムコース適用時の)圧倒的な低金利
    • 貸金業法に縛られないため、年収の3分の1を超える契約が可能

    といった利点を持つのは確かですので、「審査に自信があり、貸付条件を最優先で申込み先を選びたい」という場合にはこちらが筆頭候補になってくるだろうと思います。

    CHECK【住信SBIネット銀行カードローン】低金利・高限度額に隠れたデメリットとは
    CHECK低金利おまとめローンなら住信SBIネット銀行がベスト!ただし…。金額別金利比較も

    住信SBIネット銀行「カードローン」
    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
    金利
    (プレミアム)
    金利
    (スタンダード)
    限度額融資
    スピード
    0.99%~7.99%8.99%~14.79%10万〜1200万円一週間以上
    (口座がないとき)
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~65歳
    • 安定継続した収入がある
    • 外国籍の場合、永住者である
    • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している(同時申込可)
    • すでに同行口座を開設済みの場合のみ可

    ポイント

    • 適用限度額が高い(目安年収の2分の1くらいまで)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    • 審査結果に応じコースが決定される

    地方銀行や信用金庫のローン商品もチェックしてみよう

    ここまで挙げたキャッシングサービスは、いずれも日本全国から申し込めるものでしたが…。

    意外と地方銀行や信用金庫、JAや労働金庫などが、目を見張るような好条件カードローンを提供していることは珍しくありません。

    例えば西日本シティ銀行の「V-CLASS」というカードローンの上限金利は7.1%と、住信SBIネット銀行のプレミアムコースをも下回りますね。

    西日本シティ銀行「V-CLASS」
    金利限度額
    年3.0%
    7.1%
    (変動金利)
    50万円
    ~1,000万円
    申込み条件(公式HPより)
    以下の条件を全て満たされる方

    1. 満20歳以上満64歳以下
    2. 以下のいずれかに該当される方
      • 前年度税込年収400万円以上の給与所得者または会社代表者の方
      • 当行または他社様で住宅ローンをご契約の方(または新たにご契約いただける方)
    3. お取引店のお近くにお住まい、またはお勤めの方
    4. 保証会社の保証が受けられる方
    その他
    • 西日本シティ銀行ですでにカードローンを契約している場合は、契約時に他のカードローンを解約する必要がある
    • 東京都内、大阪府内の店舗での取り扱いは無し

    地域密着型のカードローンは原則として、

    • その金融機関の口座開設と、それを使った毎月の返済が必須
    • 毎月の返済負担がクレジットカード会社等に比べると軽い(=追加返済の必要性が高い)

    といった特性を持ってはいるものの…。

    まずはあなたが普段から使っている金融機関のカードローン情報をチェックしてみても、損はないだろうと思います。

    CHECK全112の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    ★とは言え一般的な銀行カードローンの上限金利は14.5%前後。
    「いつもの金融機関」が特に低金利な商品を取り扱っていないようであれば、上に挙げた高難易度・低金利キャッシングサービスの利用が推奨されます。

    アメックス・ホルダーにおすすめの高難易度・低金利キャッシングサービスまとめ

    主な高難易度・低金利キャッシングサービス
    JCB「FAITH」
    • 上限12.5%
    • 自営業者不可
    • この中では一番低難易度か
    • 一回払い対応、重めの返済負担が特徴
      ┗リボ払いに抵抗があっても利用しやすい
    セゾン「MONEY CARD GOLD」
    • 上限8.47%
    • 要年収400万円~
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    • 上限9.5%
    • ┗初回は30日間0%

    • 要年収300万円~
    • 即日融資対応
    • 郵送物なし、ローンカードなしで契約可
    住信SBIネット銀行カードローン
    • 上限14.79%
      ただし「プレミアムコース」適用なら7.99%
      ┗目安年収400万円~
    • 住信SBIネット銀行の口座開設とそれを使った引き落とし返済が必須
    • 年収の3分の1を超える契約可
    • 返済管理の重要性が高い
    ※すべて年会費・入会金無料
    ※特記が無い限り、融資上限額は年収の3分の1(総量規制/貸金業法)
    ※特記が無い限り、任意の金融機関口座を使った返済可

    高難易度・低金利のキャッシングサービスはご覧の通り、それぞれに個性があります。
    それぞれのメリット・デメリットを見比べた上で、あなたに合った申込み先を選んでみてくださいね。

    住信SBIネット銀行「カードローン」
    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
    金利
    (プレミアム)
    金利
    (スタンダード)
    限度額融資
    スピード
    0.99%~7.99%8.99%~14.79%10万〜1200万円一週間以上
    (口座がないとき)
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~65歳
    • 安定継続した収入がある
    • 外国籍の場合、永住者である
    • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している(同時申込可)
    • すでに同行口座を開設済みの場合のみ可

    ポイント

    • 適用限度額が高い(目安年収の2分の1くらいまで)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    • 審査結果に応じコースが決定される

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい