キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【学生対応】apple製品を分割払い・ローンで購入する3つの方法とその審査

    【学生対応】apple製品を分割払い・ローンで購入する3つの方法とその審査

    「アップルの製品を新しく購入したいけれど、一括払いじゃちょっと厳しい……。」

    そんな時に利用できるのが「クレジットカードの分割払い」「ローン払い」
    appleの場合は無金利サービスも充実しており、支払い回数が12回までであれば分割手数料無料で支払いをこなすことができます。
    ただし、本当に支払い総額を減らそうと思ったら直営店(Appleストア)で買うより、家電量販店やインターネットで購入したほうが良いことも……。

    今回はApple製品の新規購入をご検討中のあなたのために、専用ローンや分割払い制度、毎月の支払いシミュレーションなどを詳しくまとめました。
    読み終えていただければ、購入を希望している製品を今日にでも手に入れられるかもしれません!

    ★ショッピングローン(物品購入のための独立したローン)の概要については「ショッピングローンについて」のページをご覧ください。

    

    apple製品をローン・分割払いで購入するにはどんな方法がある?

    apple製品をローン・分割払いで購入するにはどんな方法がある?[insert-content-param id0=

    apple製品をローン、または分割払い(とにかく一括払い以外)で購入する主な方法として、以下の3つを挙げることができます。

    ★apple製品のローン・分割購入方法

    apple直営店(オンライン含む)で組めるショップローンの利用
    • 12回払いまで無金利
    • 販売価格は定価
    • 実際の審査はクレジットカード会社「オリコ」が実施
    家電量販店などで組めるショップローンの利用
    • 販売価格が直営店より安いことがある
    • ポイントが貯まりやすい
    • 無金利期間はお店による
    ネットショップなど+クレジットカードの分割支払い
    • 分割払い手数料がかさみやすい
    • 家電量販店より販売価格が安いことがある
    • 分割回数は24回までしか選べないことが多い

    その他「多目的ローンやカードローンの利用」という手もありますが、手間も手数料も掛かるため候補にはならないでしょう。

    購入先の選び方についてですが、特にこだわりや詳しく尋ねたいことがないのならapple直営店は避けた方が良いかと思います。
    これは販売価格が「定価」(メーカー希望価格)となるため、どうしても家電量販店などに比べ高額になりがちだからですね。

    また、「家電量販店とネットショップ、どちらで買えばいいか」という点についてですが……。
    そもそも「激安」をウリにしているショップは、カード払いに対応していないことも多いです。
    運よくカード払い対応のお店を見つけたとしても分割手数料が発生することを考えると、家電量販店と比べどちらがおトクになるかは「場合による」としか言えない模様……。

    その「場合」の判断方法も含め、ここからは詳しく解説していきます!

    <ローンの審査は厳しいの?>

    ★学生さんや未成年者の申し込みについては「よくある質問:学生や未成年でもローンは組めますか?」をご覧ください。


    クレジットカードではなくローンで商品を購入する場合、新しく審査を受けなければなりません
    これは住宅ローンや自動車ローンと同じように、「単独の、新しいローン契約」を結ぶことになるからですね。とは言え住宅ローンなどに比べると金額が小さい分、審査難易度は低くなります。
     
    そしてappleの直営店でローンを組む場合、審査を行うのはappleではなくオリコです。
    これはappleがオリコのショッピングローンを仲介しているに過ぎないから。ビックカメラやヤマダ電機などで購入する場合も同様です。(購入店により、提携先がオリコだったりジャックスだったりします)
     
    この審査はほぼ機械的に行われ、早ければ3分程度で審査通過の連絡が届きます。(オリコ公式HPより)
    これまで問題なくクレジットカード(オリコのものでなくてOK)を利用し続けてきているのなら、審査を不安に思う必要はないでしょう。
    ちなみに法律上、単独でローンを組むためには申込者自身に安定した収入が必要です。(収入は高くなくてもかまいません)
    専業主婦の場合、旦那さん名義でローンを組んでもらうのが良いでしょう。
     
    一方で、クレジットカードの利用履歴が無かったり、延滞履歴が残っていたりすると審査通過は難しくなります。もちろん毎月の支払いが不安になるほど収入が不安定、というのも審査落ちの要因になりますね。
    とは言え、一つの審査に落ちること自体に大きなデメリットはありません(店頭だと恥ずかしいかもしれませんが……)ので、不安があってもとりあえず申し込んでみるのがベストかと思います。
    審査に落ちてしまったら落ちてしまったで、「クレジットカードの分割払いを使う」「お金を貯める」といった対策を立てることができるからですね。
     
    ★その他、審査中に勤務先への電話が必要になることがあります。
    詳しくは「ショッピングローンの契約・返済方法」をご覧ください。
     
    ★apple直営店、ビックカメラ、コジマ、ノジマはすべてオリコのショッピングローンと提携を結んでいます。
    よって、このうちどのお店で購入しても審査難易度に違いはないと考えられます。

    家電量販店とネットショップ、どちらで買うのがおトクなの?

    家電量販店とネットショップ、どちらで買うのがおトクなの?

    一概にどちらがおトク、とは言えない「家電量販店」と「ネットショップ」。
    ここでは「少しでも安く買いたい」という場合、購入先を決める方法を紹介していきます!

    ①支払い回数が長くなりそうなら、「家電量販店の無金利ショップローン」を選ぼう

    実際に「MacBook Pro RetinaディスプレイMPTT2J/A(15インチ、512GB)」を購入する場合を例として、各支払い方法を比べてみました。

    ★24回払いで購入する場合の比較

    販売価格(税込)金利(実質年率)・手数料合計支払額(送料除く)
    ビックカメラ(オンライン)327,013円0%・0円327,013円
    ★16,350ポイント還元
    ビックカメラ(池袋店)323,784円0%・0円323,784円
    ★16,189ポイント還元
    ヤマダ電機(オンライン)312,984円9.49%
    (ショップローン)
    計31,861円
    344,845円
    ★3,130ポイント還元
    apple直営店327,024円5%
    (ショップローン)
    計17,292円
    344,316円
    (ポイントなし)
    ネットショップA※
    +クレジットカード分割払い)
    282,359円14.75%
    (三井住友VISA)
    計45,339円
    327,758円
    ★購入元によってはポイントあり
    ※価格.comに掲載の中から、クレジットカード払い対応のショップ中最安値だったもの
    ※特に記載のない場合、各店舗が提携しているショッピングローンを利用

    30万円程度のMacBookを購入する場合、最もおトクな方法は「ビックカメラの店舗で購入・ショップで組めるローンを利用」となりました。合計支払額が最も安いのに加え、大量ポイントのおまけつきです。

    ビックカメラ・コジマは「オンラインなら24回」「店舗なら60回」まで分割手数料が一切発生しません
    その上ポイント還元率も高いため、12回以上の分割払いを利用したいのならこういった店舗での購入を選びたいところです。

    一方、同じ家電量販店でもヤマダ電機はショッピングローンの金利の高さを考えると、正規店で買うよりも支払い額が高くなってしまうこともある様子。
    24回以上の分割を希望するのなら、「ビックカメラ」か「コジマ」での購入がおすすめです。

    ★ショップで組めるローンの概要と比較については「ショッピングローンについて」のページをご覧ください。

    ★家電量販店の場合、同じ商品であっても販売価格は店舗によって異なる場合があります

    <大きな店舗であれば、旧製品が安く売られていることも>

    この記事を書くにあたり池袋ビックカメラのパソコン館を見てきたところ、以下のようなコーナーが設けられていました。

    Mac旧モデル売り尽くし

    ご覧の通り、新品ながら旧モデルのMacBookが安価で販売されています。

    例えば一番左の製品の定価は16万円程度だった模様。……とは言うものの、大きく書かれているのは税抜き価格ですので実際の割引額は1万円程度ですね。
    驚くような安値…とは言えませんが、大きな家電量販店(パソコン専用だとなお良し)がお近くにあるのならチェックして見ても良いでしょう。

    ②1年以下の短期分割ならネットショップの方がおトクか

    30万円程度の商品を購入した上の例では、「無金利サービスの充実した家電量販店での購入がおトク」という結論が出ましたが……。
    数万円~十数万円程度の支払いであればどうでしょうか。

    結論から言うと……。
    家電量販店に比べネットショップの方が明らかに販売価格が低く、あなたが1年を目安に支払いを終えられそうなら、そのままネットで注文を済ませて良いかと思います。
    これは支払い回数が少ないほど分割払い手数料が発生しづらいからですね。実例を見てみましょう。

    ★iPad Wi-fi 32GB 2017春モデルを購入し、「6回」で支払った場合の支払い総額比較

    販売価格(税込)金利・手数料合計支払額(送料除く)
    ビックカメラ(オンライン)40,813円0%・0円40,813円
    ★1890ポイント還元
    ネットショップB※36,400円13.75%
    (三井住友VISA)
    1,472円
    37,872円
    ※価格.comに掲載の中から、クレジットカード払い対応のショップ中最安値だったもの

    ★iMac “MMQA2J/A”を購入し、「12回」で支払った場合の支払い総額比較

    販売価格(税込)金利・手数料合計支払額(送料除く)
    ビックカメラ(オンライン)130,453円0%・0円130,453円
    ★6040ポイント還元
    ネットショップC※113,815円14.5%
    (三井住友VISA)
    9,131円
    122,946円
    ※同上

    つまり分割払い回数が12回くらいまでなら、「金利が高いというデメリットより、販売価格が安いというメリットが勝っている」状態になりやすいわけですね。

    とは言え、このあたりはケースバイケース。「ネットショップが家電量販店に比べどれくらい安価か」「いくらの商品を購入するのか」といった点が大きくかかわってきます。
    どちらを選べばよいか迷ったら、実際にネットショップ利用時の手数料を計算してみると良いでしょう。以下のツールを使ってみてください。

    CHECKJCBカード公式HP「ショッピング分割払いのシミュレーション」
    ※どのクレジットカードをご利用でも計算可能です。

    ★インターネットショッピングを利用する際には、「カード払いは可能か」を確認した上でご注文ください。

    apple直営店での購入なら「12回払い」までに抑えられると良い

    apple直営店での購入なら「12回払い」までに抑えられると良い

    購入価格は若干高くなるものの、「さまざまなapple製品を試せる」「apple製品に特化した店員さんに質問ができる」といったメリットのあるapple直営店。
    実店舗・インターネット問わず、直営店でショップローンを組むのなら支払い回数は12回までに抑えたいところです。

    その理由は簡単で、直営店で組めるローンは「12回まで手数料無料」だから。
    ちなみに分割回数は60回まで選択でき、金利は以下のように決まっています。

    ★apple直営店ローンの金利

    6回・10回・12回0%
    18回・20回3%
    24回・30回・36回・48回・60回5%

    3%、5%といった金利も、ショッピングローンの中では低いほうですね。
    とは言え販売額自体は高く、ポイントも付きません。
    明らかに損、というほどではないものの、直営店での購入自体が「おトクさ」をさほど重視していない方向けの購入方法と言えるでしょう。

    CHECKapple公式HP「分割でのお支払い」

    ★三井住友カードをご利用であれば、このカードでの分割払いでも12回まで実質無金利で利用できます。
    (後日、手数料が戻ってきます)
    とは言えクレジットカードの利用枠圧迫が気になるのなら、素直にショッピングローンを組んだ方が良いでしょう。

    appleでのローン・分割払いに関するよくある質問と回答

    appleでのローン・分割払いに関するよくある質問と回答

    最後に、appleでのローン・分割払いに関するよくある質問をまとめました。

    ①クレジットカードの分割払いではなく、ローンを利用するメリットとは何ですか?

    メリットは「クレジットカードの利用枠を圧迫しない」「24回を超える支払い回数を設定できる」「店舗によっては無金利で使える」
    デメリットは「新しく審査を受ける必要がある」「口座登録などの手続きが少し面倒」くらいでしょうか。
    審査と言っても、これまで問題なくクレジットカードなどを使ってきた履歴があるのなら3分程度で完了します。

    ★詳しくはショッピングローンについて」のページをご覧ください。

    ②学生や未成年でもローンは組めますか?

    分割回数などにもよりますが、基本的には安定した収入のある成人(主に親権者)を保証人として付ける必要があるかと思います。

    インターネットからの申し込みだと融通が利きづらいので、どこかの店舗へ向かったほうが良いでしょう。家電量販店でも正規店でも構いません。
    店員さんに「親を保証人につけてローンの契約をし、この商品を購入したい」という相談を行えば、何らかの方法を取ってくれますよ。

    スムーズに手続きを進めるため、できれば親御さんに同席してもらえると良いですね。
    それが難しい、という場合であっても、事前に承諾は取っておきましょう。審査を行う会社(オリコなど)から親御さん宛に確認の電話が入るからです。

    ★本人名義でローンを組めるのは18歳からとなります。

    ★どうしても来店が難しい場合、apple公式HPを通した申し込みも可能です。
    この場合、電話(0120-994-994)での手続きが必須になる点にはお気を付けください。おそらく保証人を付ける手続きが必要となるためでしょう。
    (詳細:apple公式HP下部)

    ③店舗に行ったら「残価設定ローン」というものを見かけたのですが、これは何ですか?

    ビックカメラが独自に行っているサービスで、「2年ごとにMacを乗り換える」ことを前提に毎月の支払額を安く済ませるローンのことです。
    芸術系・デザイン系など、常に最新かそれに近いMacが必要な環境なら重宝することでしょう。

    ただしインターネットでは取り扱っておらず、対応店舗は限られます。
    詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKビックカメラ公式HP「Macアップグレードプログラム+」

    まとめ

    まとめ

    ★apple製品の購入先は、主に「直営店」「家電量販店」「ネットショップ」の3種類。
    ★審査はオリコが行う。クレジットカードを毎月問題なく利用しているのなら、審査は3分程度で完了する
    ★直営店は無金利サービス&低金利ローンが揃っているものの、販売価格は定価となるため少しでも安く買いたい場合には向かない
    ★家電量販店は24回以上の分割が必要な、高額商品の購入におすすめ。特に支払いが長引きそうならビックカメラかコジマの店舗で、「60回無金利」ローンを利用したい
    ★販売額は安いものの、クレジットカードの分割払い手数料が発生しやすいのが「ネットショップ」。こちらは1年以下で支払いができる製品におすすめ

    高額製品を購入するときほど、「無金利で支払える」ことが重要になります。
    カード会社が提供するシミュレーターなども活用して、あなたに合った支払い方法を探してみましょう。

    CHECKJCBカード公式HP「ショッピング分割払いのシミュレーション」
    CHECKショッピングローンの概要とよくある質問


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント