旭川信用金庫カードローン「ライフサポート」を選びたい理由&問合せに基づく詳細

旭川信用金庫カードローン「ライフサポート」を選びたい理由&問合せに基づく詳細

「出費の増えやすい時期、どこかでちょっとだけお金を借りられれば良いんだけれど……」

そんな旭川信用金庫ユーザーに強い味方となってくれるのが、同金庫の取り扱う「カードローン」商品。
その他のローンとは違い、契約さえ済ませておけば必要な時に必要なだけ使えるから、家計のサポートには打ってつけと言えるでしょう。

今回はそんな「旭信」カードローンについて、2商品から申し込み先を選ぶ基準や実際の問い合わせに基づく契約の流れ等を簡単にまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合った形で今後の生活に安心をプラスする方法が分かります。

<そもそもカードローンって?>

カードローンとは「利用限度額(契約額)の範囲内で、何度でも借りられる」ローン商品を指します。
その他の種類のローンとは異なり、

  • 契約後すぐにお金を借りる必要が無い
  • 限度額未満のお金を借りても問題ないから、今後どのくらいお金が必要になるか分からなくても契約しやすい

といった特性を持つことから、家計のサポートにぴったりと言えるでしょう。

その一方で一括借入型のローンに比べると大きな契約を結びにくい、金利が高くなりやすいというデメリットも。
「決まった目的のために、まとまったお金を1度借りたい」という場合には、その他のローン商品を選んだ方が良いでしょう。

<そもそもカードローンって?>

カードローンとは、「審査の結果、与えられた<限度額>の範囲内で何度でも借り入れのできるローン」を言います。
(限度額は借入限度額、厳密にはちょっと意味が違いますが極度額、契約額と呼ばれることも)
そのため、このローンは「一度にまとまったお金を借りる」ためではなく、「臨時出費のせいで必要になったお金をちょっとだけ借りる」といった使い方がおすすめ。基本的には「生活の足しに」使うための、ちょっとしたサポートサービスだと考えていただけると良いでしょう。
また、最も小型のローン商品とだけあって、担保や保証人、年会費や入会金は必要ありません

旭川信用金庫、2つのカードローンの違いと選び方

旭川信用金庫、2つのカードローンの違いと選び方

まずは旭川信用金庫がどういったカードローン商品を取り扱っているのか、簡単に見てみましょう。

★旭川信用金庫の取り扱いカードローン
金利 限度額 備考
ライフサポートカードローン 8.5%
~13.5%
50万円
~300万円
多くの場合、「きゃっするA」より低金利(=おトク)。
毎月の返済負担3,000円~
来店せず契約可
基本的にはこちらを選んでよい
きゃっするA 6.0%
~14.5%
50万円
~500万円
350万円以上の契約ならこちらがおトク
毎月の返済負担1万円~

※「マイカード」「ゴールド100カードローン」の新規入会受付は終了

★極度額(契約額、多くは限度額に同じ)別の適用金利比較(簡易版)
ライフサポートカードローン きゃっするA
極度額50万円 13.0% 14.6%
極度額100万円 10.5% 13.0%
極度額200万円 9.5% 11.0%
極度額300万円 8.5% 9.0%

現在の取り扱いカードローンは「ライフサポートカードローン」「きゃっするA」の2種類。
どちらも新しく専用ローンカードが発行される(=普通の預金とは別枠で借入・返済を行う)タイプの商品ですから、使い勝手の上で特に違いはありません

というわけで多くの場合では、金利の低い(=同じ金額を同じ期間借りたとき、支払う利息が少なくて済む)「ライフサポートカードローン」を選択して構わないでしょう。
こちらのローンは「きゃっする」と異なり、来店せず契約を結ぶ「Web完結」にも対応しています。

①基本的には金利の低い&Web完結対応の「ライフサポートカードローン」を選んでOK

特に「きゃっするA」を選びたいという理由(詳細後述)が無い限り、申込先には「ライフサポートカードローン」を選んで差し支えありません。

★旭川信用金庫「ライフサポートカードローン」
金利 8.5%
~13.5%
限度額 50万円
~300万円
審査日数 1~2営業日 申込~借入までの日数 1週間~
申込条件
(公式HPより)
次のすべての条件を満たす個人の方とさせていただきます。
(1)共通基準
 ①満20歳以上、満65歳未満の方。
 ②当金庫の営業区域内に居住または勤務する方。
 ③一般社団法人しんきん保証基金の保証を得られる方。

(2)お申し込み極度額(貸越極度額)別の追加基準
 ①お申込み極度額50万円以下の場合・・・・ パート・アルバイト・主婦も可
 ②お申込み極度額50万円超の場合・・・・・・ 安定継続した収入のある方。

Web完結(来店不要のネット契約)条件
  • すでに旭川信用金庫の口座をお持ちであること
  • 運転免許証またはパスポートをお持ちであること

※上記を満たせない場合には、来店での契約が必要です。

★「ライフサポートカードローン」極度額(多くはイコール限度額)別の適用金利
極度額 適用金利
50万円 13.5%
100万円 10.5%
150万円、200万円 9.5%
250万円、300万円 8.5%

極度額(契約額のこと。多くの場合は限度額に同じ)が等しいなら、適用金利は「きゃっするA」より常に低くなります

また、一般に各種ローンは「金利が低いほど審査難易度が高い」とも言われますが……。
営業エリアの限られる信金、地銀などには例外が多く、実際に

  • 極度額50万円以下は安定収入不要(パート・アルバイト・専業主婦可)
  • 毎月の最低負担額が3,000円からと軽い(きゃっするAは1万円~)

という点を見ても、「ライフサポートカードローン」の審査難易度は決して高くないと見て良いでしょう。

以上の理由から、「ライフサポートカードローン」は「きゃっするA」に比べ、審査難易度が低いにもかかわらずおトクに借りやすいローン商品と言えます。

そんな中、強いて「きゃっするA」と比べた問題を挙げるとすれば「毎月の返済額が軽いため、返済を自動引き落としに任せておくと借入が長引きやすい」点でしょうか。
このデメリットは余裕のあるとき、各ATMで追加返済を行えば簡単に解消できますが……。

「お金をあるだけ使ってしまう」「金銭管理に自信がない」という場合には、あえて負担額のやや高い「きゃっするA」を選ぶのもアリかもしれません。
(ただ、本当に毎月の負担を引き上げたいなら「JCB FAITH」等の信販系を選んだ方が良い)

★「50万円」を借りた場合の支払い総額比較
毎月自動引き落としのみで返済 毎月2万円を返済
ライフサポートカードローン
(金利13.5%)
875,892円
(154回/12年10ヶ月)
月1万円→5千円→3千円返済
590,603円
(30回/2年6ヶ月)
きゃっするA
(金利14.6%)
775,042円
(78回/6年6ヶ月)
※月1万円返済
599,843円
(30回/2年6ヶ月)
参考JCB FAITH
(金利12.5%)
617,420円
(42回/3年6ヶ月)
※月1.5万円返済
582,297円
(30回/2年6ヶ月)
▲金利は「ライフサポートカードローン」の方が低いため「同じ金額を借り、毎月同じだけ返す」なら「きゃっするA」よりおトクとなる。

ただし「ライフサポートカードローン」は借入額30万円以下のとき、「きゃっするA」より毎月の引き落とし額が軽い=それだけ借入が減りにくく、余計な利息が発生しがち

★返済と利息の仕組みについて詳しくは以下の項目をご覧ください。

CHECK4.旭川信用金庫カードローンの返済方法とその金額

★毎月の引き落としを元に借入先を選びたい場合には、以下のページをご覧ください。

CHECK25社カードローン徹底比較!最低返済額編:借入額別の金利比較付き

②金銭管理が苦手、あるいは審査に強い自信があるなら「きゃっするA」も候補に

前述のように毎月の返済管理に自信を持てない、あるいは逆に審査に強い自信があるのなら、「きゃっするA」が申し込み先候補となります。

★旭川信用金庫「きゃっするA」
金利 6.0%
~14.6%
限度額 50万円
~500万円
審査日数 1~2営業日 申込~借入までの日数 1週間~
申込条件
(公式HPより)
  • 満20歳以上、満65歳以下の安定した収入のある方。
  • 当金庫の営業区域内に居住または勤務する方。
  • 信金ギャランティ株式会社(保証会社)の保証を得られる方。
  • パート・アルバイトの方、専業主婦の方もOK
    (専業主婦の場合は、配偶者が満69歳以下で安定した収入のある方)
    ※年金収入のみの方はご利用いただけません。

    ★「きゃっするA」極度額(多くはイコール限度額)別の適用金利
    極度額 適用金利
    50万円、70万円 14.6%
    99万円 13.0%
    150万円 12.0%
    200万円 11.0%
    250万円 10.0%
    300万円 9.0%
    350万円 8.0%
    ※ここから「ライフサポート」より低金利
    400万円 7.0%
    450万円 6.5%
    500万円 6.0%

    「きゃっするA」は最高極度額(契約額)が500万円と、ライフサポートカードローン(上限300万円)より高いです。
    この兼ね合いもあって高い金額での契約、具体的には350万円以上の契約を結べるのなら、「きゃっするA」の方がおトクとなるようですね。

    ちなみに全国の信金カードローン(飯能信金岐阜信金他多数)を見る限り、まとまったお金を借りるためには最低でも契約額の2倍の年収が求められやすい様子。350万円を借りるとすれば、最低でも700万円の年収が必要と推測できます。

    ただし収入が十分でも、それだけで「いつでも好きなときに350万円を貸しますよ」という契約を結ぶことは困難なはず。

    というわけで「おトクさ」を理由に「きゃっするA」へ申し込むためには、「350万円を借りて返せるだけの返済能力と、旭川信金からまとまったお金を自由に借りるに値する信用」が必要ということになるでしょう。
    正直なところ不確実なところが多いため積極的にはおすすめしかねますが、審査に自信があるのなら試してみても良いかと思います。

    ★審査を受けてみて、金利が納得いかなければ契約キャンセル、ということも一応可能ではあります。

    ★正直なところ、「きゃっするA」で350万円の契約を結べるような経済能力があるのなら「J.Score」(みずほ銀行とソフトバンクの共同出資による、来店不要のキャッシングサービス)等を使った方がよほど低金利になるかと思います。
    J.ScoreであればAIによるスコア判定により、本申し込み前に適用金利・限度額を確認できますので、先にこちらを試してみるのも良いでしょう。

    <まとまったお金を借りたいのなら「個人ローン」「フリーローン」も要チェック>

    あなたが決まった目的のために、1度だけお金を借りたいとお考えならば、カードローンより「個人ローン(多目的ローン)」「フリーローン」と呼ばれる商品を選んだ方が良さそうです。

    これらのローンは、カードローンと同じく原則使い道自由でありながら、「まとまったお金を一括で借り、その後は分割払いで返済のみを行っていく」タイプの商品。
    使い勝手こそカードローンに劣りますが、

    • 金融機関側の貸付リスクが低いことから、カードローンより大きなお金を借りやすい
    • 毎月の引き落とし回数・金額を事前に決めておけるから、返済を引き落としに任せても損しない
    • 金利が低い(個人ローンの場合)

    といったメリットを持ちます。
    よって「何度でも借りられる」ことを重視しないのなら、こちらの種類のローンを選んだ方が良いでしょう。

    旭川信用金庫が取り扱う「個人ローン」「フリーローン」は以下の通り。

    金利 融資額
    一般個人ローン
    ※お金の使い道を確認できる書類が必要
    4.8%
    ~6.3%
    ※変動金利選択時
    500万円以下
    フリーローン 5.5%
    ~13.0%
    300万円以下
    フリーローンモア 5.8%
    ~13.0%
    300万円以下

    申込の際にパンフレット、見積書などの資金使途確認書類を提示できるのなら、金利の低い「一般個人ローン」を選択できると良いですね。

    旭川信金に聞いた!カードローン契約の流れと必要日数

    旭川信金に聞いた!カードローン契約の流れと必要日数

    申込先のローン商品を決めたら、実際の契約の流れについて見ていきましょう。
    まずは公式HPに記載の無かった借入までの必要日数等について、実際に旭川信用金庫へ問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    カードローンの申し込みから借入までには、どれくらいの時間が掛かりますか?
    オペレーターの回答
    審査に掛かるのは1~2日ほどですが、カードをお送りするところまで含めますと、1週間以上は見て頂く必要があります。
    【管理人】山本
    Web完結と来店契約の間で、借入までの日数に違いはありますか?
    オペレーターの回答
    そうですね、ご来店が必要ありませんからWebの方が早くお手続きが済むとは思います。

    1週間以上は見て頂く必要がある…とは言うものの、この日数は信金カードローンの標準に比べると早い方かと思います。
    それではもう少し詳しく見ていきましょう。

    ★いずれのカードローンも、申し込みの際の郵送物を避けることはできません。
    同居の家族に借り入れを隠したいのなら、それに向いた他社ローン(主に大手消費者金融系)をお選びください。

    ①おおまかな契約の流れ

    契約の流れは「Web完結」を利用するか、そうでないかにより異なります。
    ご希望の契約方法をお選びください。

    CHECKライフサポートカードローン「Web完結」を利用する
    ※旭川信用金庫の口座と運転免許証またはパスポートが必要です
    ※「きゃっするA」はWeb完結に対応していません。

    CHECK一般的な来店契約を利用する

    (1)ライフサポートカードローン「Web完結」の流れ

    ライフサポートカードローン「Web完結」のおおまかな流れは以下の通り。

    ★申込の時点で運転免許証またはパスポートと、旭川信用金庫の預金口座が必要です。

    ライフサポートカードローン
    「Web完結」の流れ

    インターネットから申し込み

    仮審査
    在籍確認の可能性あり

    電話で仮審査結果連絡
    (ここまで1~2営業日)
    メールの案内に従って必要書類の提出

    インターネット上で契約(本申し込み)手続き

    ローンカードの郵送
    (ここまで1~2週間)

    申込から契約まで、一度も店舗に出向く必要が無いというのは素直に嬉しいポイントですね。平日の日中に時間を作れない場合にも有効です。
    (ただし仮審査結果は電話で通達されるため、この電話だけは何とか受ける必要があります)

    もちろん最低限、自由にインターネットを活用できることは最低条件となりますが……。
    やるべきことについてはその都度メールや電話で指示が入るため、手続きの煩雑さについてはそこまで心配しなくて良いでしょう。

    (2)一般的な来店契約の流れ

    「Web完結」を利用しない場合の来店契約の流れは以下の通りです。

    旭川信用金庫カードローン
    来店契約の流れ

    インターネット(または店頭窓口等)で申し込み

    審査
    在籍確認の可能性あり

    電話で仮審査結果連絡
    (ここまで1~2営業日)
    来店日時の取り決め等

    必要書類を持ってお近くの
    旭川信金窓口へ
    契約手続き

    ローンカードの郵送
    (ここまで1~2週間)

    特に珍しい手続きはありません。「ライフサポートカードローン」「きゃっするA」ともにインターネットでの仮申し込みが可能ですので、最初の申込段階ではこれを利用するのが良いでしょう。
    あとは電話の指示に従って行動すればOKです。

    ②カードローン契約に必要なのは原則「本人確認書類」だけ

    旭川信用金庫の公式HPに、必要書類として明記されているのは「本人確認書類」のみ。
    Web完結であれば認められるのは「運転免許証」または「パスポート」のみですが、来店契約であればこれに加え

    • 個人番号カード(写真付きのもの)
    • 住民基本台帳カード(写真付きのもの)
    • 在留カード
    • 健康保険証+公共料金の領収書など

    等も利用できることでしょう。いずれか1点(写真なしの書類を使う場合には2点)を用意しておければOKです。

    これらの書類は

    • Web完結なら書類をスマートフォン等のカメラで撮影し、案内に従ってアップロード
    • 来店契約なら原本を持ち込み

    という形で提出することになります。

    ★その他、来店契約時にはお届け印や通帳が必要になると見込まれます。

    ★審査の状況によっては、本人確認書類以外の書類(収入証明書など)の提出を求められる可能性があります。
    詳しい必要書類については審査結果連絡時に通達がなされることでしょう。

    ③在籍確認は個人名で実施されるとのこと

    カードローンの審査を受ける上で、気になりやすいのが在籍確認。これは一般に、金融機関や保証会社(審査の一部を代行する会社)が虚偽申告やなりすましを防ぐため、申込者の職場に電話を掛ける審査上の一過程を指します。

    この在籍確認、実は金融機関によって方針がバラバラ。
    そこで旭川信用金庫の場合はどうなっているのか、実際に電話して訊いてみました。

    【管理人】山本
    勤務先に電話が掛かってくることはありますか?
    オペレーターの回答
    審査に関することですので詳しくは申し上げられないのですが、ご本人様確認のお電話を差し上げることもございます

    ただ、担当者の個人名で連絡致しますのでさほどご勤務先への影響は無いかと思います。

    というわけで、審査の状況によっては信用金庫(または保証会社)から勤務先に連絡が入るようですね。
    とは言え回答の通り、第三者に要件が知らされることはありませんので、さほど神経質になる必要も無いでしょう。

    ★在籍確認について詳しくは、「大手金融機関に聞いた!実際の在籍確認の会話例」ページをご覧ください。

    ★それでも絶対に電話を避けたい、という場合には在籍確認の電話なしで借りられる他社カードローンをご検討ください。

    契約後の借入は各ATMで

    契約後の借入は各ATMで

    旭川信用金庫との契約が完了し、専用ローンカードを受け取ったなら、いよいよ限度額の範囲内で自由な借入が可能となります。

    出金に利用できるATMはキャッシュカードのそれと変わりありません。
    普段から旭川信用金庫の口座を利用されているのなら、特に困ることもないでしょう。

    ★旭川信用金庫のローンカード・キャッシュカードを利用できるATM

  • 旭川信用金庫ATM(手数料完全無料)
  • セブン銀行ATM(手数料一律108円)
  • イオン銀行ATM ※返済不可
  • 全国の信用金庫ATM
  • その他銀行、労働金庫などのATM ※返済不可の可能性が高い
  • 旭川信金の公式HPには提携ATMが明記されていないため確認できる範囲内で掲載しましたが、おそらく他にも存在するかと思います(ただし手数料が高くなりやすいため非推奨)。

    基本的にはいつ使っても手数料無料の旭川信用金庫ATMを、これが難しいのならセブン銀行のATMを利用できると良いですね。

    ★イオン銀行ATMの利用手数料(画像は同行公式HPより)
    イオン銀行ATMの利用手数料

    その他のATMの利用手数料については、ATMを設置している金融機関の公式HPをご覧ください。

    旭川信用金庫カードローンの返済方法とその金額

    旭川信用金庫カードローンにおける基本の返済方法は、どちらも「毎月10日、旭川信用金庫口座からの自動引き落とし」(10日が土日祝日の場合は翌平日に持ち越し)。
    ただし先にも少し触れた通り、毎月の返済額の決定方法はローン間でやや異なります。

    ★「ライフサポートカードローン」の引き落とし額
    引き落とし前日の借入残高 引き落とし額
    10万円以下 3,000円
    10万円超~30万円 5,000円
    30万円超~50万円 10,000円
    50万円超~100万円 20,000円
    100万円超~200万円 30,000円
    200万円超~300万円 40,000円
    ★「きゃっするA」の引き落とし額
    引き落とし当日の借入残高 引き落とし額
    50万円以下 10,000円
    50万円超~70万円 15,000円
    70万円超~100万円 20,000円
    100万円超~150万円 25,000円
    150万円超~200万円 30,000円
    200万円超~250万円 35,000円
    250万円超~300万円 40,000円
    300万円超~400万円 50,000円
    400万円超~500万円 60,000円

    毎月の引き落とし額は「ライフサポートカードローン」の方が低額となりやすいです。

    ここで重要なのは、引き落としに前後して1ヶ月分の利息が借入残高として組み込まれること。
    金利別の利息の目安額は以下のようになります。

    ★金利別・利息目安額(1ヶ月間、借入残高が変動しない場合)
    借入残高に対する利息目安 10万円/1ヶ月借入時の利息目安
    金利14.6%
    (きゃっするA)
    1.216%前後 1,216円前後
    金利13.5%
    (ライフサポート)
    1.125%前後 1,125円前後
    金利10.5%
    (ライフサポート)
    0.875%前後 875円前後
    金利9.5%
    (ライフサポート)
    0.791%前後 791円前後

    利息額自体は金利の低い「ライフサポートカードローン」の方が軽くなりやすいですが……。
    借入残高が30万円のとき、金利13.5%の「ライフサポートカードローン」にて発生する利息の目安は
    300,000×0.01125=3,375円

    このとき引き落とし額は5,000円ですから、

    • 引き落としにより5,000円の借入清算
    • ただし利息組み入れにより3,375円借入が増える

    結局借入は差額1,625円分しか減らない

    といった事態が起きてしまいます。最初の項目で「ライフサポートカードローン」は放っておくと借入残高が減りにくい、と言ったのはこのせいですね。

    効率よく返済を進めて行くために重要なことは、とにかく「<支払い額ー利息>の差額を増やす」こと。
    そして利息を決定づける金利や借入残高は多くの場合どうにもなりませんので、有効な方法は「毎月の支払い額を増やす」(=極力早く返し切る)この1点のみと言えるでしょう。

    旭川信用金庫では、毎月の引き落としに加え各ATMを使った追加返済(任意返済、繰上返済)が可能です。
    特にあなたが「ライフサポートカードローン」を利用するのであれば、余裕のある時に積極的に追加返済を行うよう心がけてください。

    参考カードローンの金利と利息の仕組み、追加返済の重要性について

    ★ちなみに「きゃっするA」の方も、借入残高によっては引き落とし額の半分以上の利息が発生してしまいます
    (借入額50万円/金利14.5%のとき、引き落とし額1万円に対し利息約6,000円)
    あくまで「ライフサポートカードローン」に比べればまだマシ、という程度の話であり、こちらのローンにおいても追加返済が重要ということは変わりありません。

    まとめ

    まとめ

    ★旭川信用金庫カードローンのまとめ
    ライフサポートカードローン きゃっするA
    金利 8.0%
    ~13.5%
    6.0%
    ~14.6%
    限度額 50万円~300万円 50万円~500万円
    ローンタイプ 専用ローンカードの発行
    審査日数 1~2営業日
    申込みから借入までの日数目安 1週間~
    申込・契約方法 インターネット等から申込
    →インターネット契約
     または来店契約
    →カード送付
    インターネット等から申込
    →来店契約
    →カード送付
    借入方法 旭川信用金庫ATMまたは提携ATMからの出金
    返済方法 毎月10日、旭川信用金庫口座からの自動引き落とし
    ローン概要 極度額と毎月の返済額が同じならこちらの方がおトク
    ATMを使った追加返済の重要性が高い
    350万円以上の契約を結べるならこちらがおトク

    スタンダードなカードローン、2種類を取り扱う「旭川信用金庫」。
    どちらのローンを利用するにしても無駄なくお金を借りるためには、「できる限り早く返す」ことを心掛けられると良いですね。


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。