「au WALLET スマートローン」を使うべきはどんな人?利点・欠点を徹底解説

「au WALLET スマートローン」を使うべきはどんな人?利点・欠点を徹底解説

2019年4月下旬より提供予定の、au系キャッシングサービス「au WALLET スマートローン」
名前からイメージされる通り、このローンでは主にスマートフォンを使ったスムーズな申し込み&契約を実現。
競争の激しいキャッシング業界ではありますが、「とにかく手軽に借りたい」といったauユーザーにとって、有力な選択肢となることは間違いないでしょう。

今回は「au WALLET スマートローン」を提供開始予定の「KDDIフィナンシャルサービス」プレスリリース情報を元に、今わかっているメリット・デメリットや類似サービスとの比較結果をまとめました。

★au WALLET スマートローン
金利 8%~18%
(審査により決定)
利用限度額 1万円~50万円
(審査により決定)
申込条件
  • 「au WALLET クレジットカード」をお持ちでないお客さま
  • au 携帯電話、auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約のお客さま
  • 入会受付時、満20歳以上70歳以下のお客さま
  • 毎月の安定した収入があるお客さま
  • 会社員、公務員、個人事業主、アルバイト・パート、年金受給者(年金以外に安定した収入のある方)
  • 現住所が国内にあるお客さま
  • 対応機種 iOS 8.0以上/Android™ 5.0以上

    そもそも「au WALLET スマートローン」ってどんなサービス?

    そもそも「au WALLET スマートローン」ってどんなサービス?

    まずは2019年4月上旬現在分かっている「au WALLET スマートローン」の特長についてお話ししていきます。

    ①1回契約を結んだら、限度額(最高50万円)の範囲内でいつでもお金を引き出せる

    「au WALLET スマートローン」とは、簡単に言うと「一回契約を結んだら、限度額の範囲内で何度でもお金を借りられる」サービス。
    (限度額=借入上限額。審査によって個別に決定される。このローンの場合は上限50万円)
    この点だけで言えば銀行などの提供するカードローンと同じですが、「スマートローン」には現金を引き出すためのカードが存在しません

    それならどうやって借入を行うかと言うと、その方法は

  • au WALLET残高へのチャージ
  • スマホATM
    (カードの代わりにスマートフォン画面上に表示されるQRコードを使い、お金を出し入れするサービス。セブン銀行ATMのみ利用可)
  • 任意の銀行口座への振込
    (平日15時以降や土日祝日への対応についてはまだ不明)
  • の3つ。状況に合わせて、その都度好きなものを選んでかまいません。

    とは言えスマホATMや銀行振込は他の会社のカードローンでも利用できるので、どうせ「au WALLET スマートローン」を利用するのなら「au WALLET残高へのチャージ」に意味を見出したいところですね(詳細後述)。

    「カードが存在しない」キャッシング契約は「いろんなATMでいつでも借入・返済ができない」というデメリットを持つ一方で、

  • カードがきっかけで借入が周囲に知られることが無い
  • 不正利用のリスクが減る
  • といったメリットを持ちます。

    ★ちなみに「カードが存在しない」借入方法自体はプロミスレイクALSAといった大手消費者金融、ソフトバンク(とみずほ銀行)が出資する「J.Score」にも共通する内容で、今どき特に珍しいものではありません。

    ②「au WALLETプリペイドカード」他、au系サービスと組み合わせて便利に使えるのが嬉しい

    先の内容と重なりますが、「au WALLET スマートローン」最大の特徴は「au WALLET残高」へのチャージが可能なこと。
    この「au WALLET残高」とは主に「au WALLETプリペイドカード」のチャージ残高を指しますが、4月9日からサービス開始の「au PAY」でもご利用いただけるようですね。

    au WALLETプリペイドカード…事前にチャージして「Mastercard」加盟店(クレジットカードを利用できるほとんどのお店)で利用できる無審査カード。auと新しく契約を結ぶと特典で貰えたりする。

    au PAY…auが提供するQRコード決済サービス。アプリ上のQRコードをお店の人に読み取ってもらい「au WALLET残高」から支払い。(詳細公式HP)

    まあ正直「借りてまでチャージするか?」という疑問は拭えませんが……。
    単に現金を借りて現金で支払うよりは「au WALLETポイント」の貯まるプリペイドカードやau PAYを使った方がいくらかおトク(いずれも200円ごとに1ポイント還元)。
    Mastercardやau PAYの加盟店で支払いを行いたいのなら、au WALLET残高へのチャージを利用する機会もあるでしょう。

    「au WALLETスマートローン」自体がクレジットカードを作れない方向きということもあり、特にクレジットカードの代用品として使いやすい「au WALLETプリペイドカード」との相性は良いかと思います。

    CHECKau WALLETプリペイドカード公式HP

    ③auの登録情報をそのまま使えるから、申し込みも手軽

    「au WALLETプリペイドカード」への申し込みは4月下旬から公開予定の公式HPから、auのIDを使って行うこととなります。

    このauIDにはあなたの氏名や住所等、引き落とし口座情報等が保存されているはず。
    そして「au WALLET プリペイドカード」ならこれをそのまま利用できるから、一から申し込みを行わなければならない他社ローンに比べ、申込みの手間を軽減できるわけです。

    また、インターネット契約が基本かつカードも発行されないと言うことで、郵送物などが送られてくることも原則無いようですね。
    このことから「同居の家族に知られず借りたい」という需要に応えられる商品としても期待できそうです。
    「KDDIフィナンシャルサービス」プレスリリース情報
    「KDDIフィナンシャルサービス」プレスリリース情報より

    一方、気になるのが「申し込みから借入可能になるまでの必要日数」ですが……。

    競合することになる大手消費者金融会社、あるいはJ.Score等の存在を考えると、これらの会社より借入に時間が掛かるというのは考えにくいところ。
    今の段階では正式な発表を待つ他ありませんが、おそらくは早ければ最短1時間、そうでなくとも最短即日での融資に期待できることでしょう。

    <「じぶん銀行カードローン」とは限度額で棲み分けか>

    au系の既存のカードローンサービスには「じぶん銀行カードローン」が挙げられます。
    まあ正直この「じぶん銀行カードローン」、銀行系のわりには高金利(上限17.5%)、かつ使い勝手が特別優れているわけでもないので、そこまで広くおすすめできるものではないのですが……。
    もしもあなたが「じぶん銀行」口座をお持ちで、かつこれを普段から利用しているのなら、申込の選択肢に入らないでもありません。
    このとき「au WALLET スマートローン」と「じぶん銀行カードローン」のどちらを選ぶべきかは、原則として希望借入額に応じ決定することとなるでしょう。

    ★au系キャッシングサービスの簡易比較

    au WALLET スマートローン じぶん銀行カードローン
    金利 8%~18%
    (審査結果による)
    2.2%~17.5%
    (審査結果による)
    限度額 最高50万円
    (審査結果による)
    最高800万円
    (審査結果による)
    融資スピード 最短即日(推定) 最短2営業日
    その他 カードレス
    au WALLETへのチャージ可
    総量規制の対象外(年収の3分の1超の借入可)

    簡単に言うと、「手軽さを求めるならau WALLETスマートローン」「既存ローンのおまとめ含む、50万円超の借入を狙うならじぶん銀行」を選ぶのが良い、というかんじですね。それぞれメリットが異なりますので、あまり競合はしないかと思います。

    CHECK【低難易度】初心者お断り?じぶん銀行カードローンの特性とデメリット【おまとめ向】

    ちなみに金利は若干じぶん銀行の方が低いですが、これを重視するなら最初から他社ローン(カードレスなら上限12%のJ.Score等)を選んだ方がずっと良いでしょう。

    参考あなたの街で最も低金利に借りられる金融機関の探し方

    類似サービスと比べた「au WALLET スマートローン」のデメリット

    類似サービスと比べた「au WALLET スマートローン」のデメリット

    ここからは今わかっている「au WALLET スマートローン」の懸念について解説していきます。

    ①キャッシング枠付きの「au WALLETクレジットカード」を作れるのなら、それで済んでしまいそう

    正直キャッシング枠付きの「au WALLET クレジットカード」を作れるのなら、「au WALLETスマートローン」を使う意味はほぼ無いかと思います。
    (キャッシング枠…クレジットカード内に付与された現金借入枠。原則として希望制)

    というのも「au WALLET クレジットカード」は

  • ポイントを貯めながら「au WALLET残高」にチャージできる
    (スマートローンだとポイントどころか逆に利息を取られる)
  • スマートローンと同じく銀行振込で借りられる
  • キャッシング機能があれば、セブン銀行以外の多くのATMでも借りられる
  • プリペイドカードに無い分割払い、リボ払い等の機能あり
  • 高い確率で適用される上限金利はほぼ同じ(むしろクレジットの方が0.05%低い)
  • 表にまとめるとこんな感じです。

    ★au WALLETスマートローンと「au WALLET クレジットカード」の比較

    au WALLETスマートローン au WALLET クレジットカード
    カードの有無 なし
    プリぺイドカードが作れる
    あり
    出金方法 スマホATM
    銀行振込(セブン銀行のみ)
    銀行振込(キャッシング機能があれば、セブン銀行以外でも可)
    上限金利 18.0% 17.95%
    チャージのとき 利息を取られる ポイントがたまる
    その他 分割払い、リボ払いができる

    というわけで、スマートローンのほぼ上位互換
    唯一「スマホATM」機能はスマートローンに譲りますが、そもそも普段からクレジットカードをサイフに入れておけば、わざわざアプリを使ってお金を引き出す必要もありません。

    クレジットカードのキャッシング枠の審査は、いわゆるカードローンなどに比べると少し厳しい傾向にありますが……。
    これを作れるのなら、機能の制限される「au WALLETスマートローン」への申し込みはほぼ選択肢に入らないでしょう。

    というわけで「au WALLETスマートローン」は、何らかの理由でクレジットカードの審査に通らない人向けの商品となりそうです。
    (正確な難易度についてはまだ分かりませんが……。
    金銭のやり取りのみを行う一般的なローン専用商品が、商品やサービスの絡むクレジットカードより高難易度となることはほぼありません)

    CHECKクレジットカードのキャッシング枠について

    CHECKauフィナンシャル公式HP「クレジットカードローン」

    ★スマートローンの申込条件上、「au WALLETクレジットカード」の契約を結ぶとスマートローンを利用できなくなります(二重で契約を結ぶ意味はありませんが)。
    この条件一つを見ても、「au WALLETスマートローン」とクレジットカードのターゲット層が区別されていることが分かりますね。

    ★「au WALLET残高」へのチャージを特に希望しないのなら、他社クレジットカードのキャッシング枠を利用しても構いません。
    今キャッシング枠をお持ちでなくても、増額審査を受けることでこれを手に入れられる可能性があります。

    ②金利は法定上限、無利息サービスも無く決しておトクとは言えない

    「au WALLETスマートローン」、正直おトクさの上でのメリットはゼロです。

    スマートローンにおける18%という上限金利は、10万円~100万円未満を借りる際の法定上限金利、つまり法律で認められる最高の金利

    これ自体は珍しくもなんともないのですが……。
    同じく上限18%で貸付を行っている「アコム」「レイクALSA」等は「30日間無利息(2社共通)」「180日間5万円以下無利息(レイクALSA)」といったおトクなサービスを提供しているのに対し、「au WALLETスマートローン」の発表内容にこういった内容は見受けられません
    また、特に「レイクALSA」と比べると、利用できるサービス内容の違いも少し気になるところです。

    ★au WALLETスマートローンと「レイクALSA」の比較

    au WALLETスマートローン レイクALSA
    金利 8%~18%
    (審査の上で決定)
    4.5%~18%
    (審査の上で決定)
    限度額 1万円~50万円 1万円~500万円
    融資スピード 不明 最短1時間程度
    銀行営業時間外の振込融資 不明 約500行対応(PDF)
    ローンカードの発行 無し 任意
    使えるATM セブン銀行ATM セブン銀行ATM
    ※ローンカードを発行すればその他のATMも利用可
    ATM利用手数料
    (スマホATM)
    108円
    (出金額1万円以下)
    216円
    (出金額1万円超)
    無料
    一方と比べた差別化点 「au WALLET残高」への直接チャージ可能
    auIDの情報を使うことで申込時の入力箇所を減らせる
    30日間無利息または180日間5万円以下無利息(選択可)
    以上の内容より「au WALLETスマートローン」はおトクさよりもその他のメリット、主に「au WALLET残高への直接チャージ」「auIDを使って申し込みを省略できる」「auグループという安心感」あたりを重視する場合に、申込の候補となるでしょう。

    逆に言うとau WALLETならではのメリットに魅力を感じないのなら、レイクALSAはじめ他社ローンを選択した方が良さそうです。

    CHECK消費者金融会社の徹底比較!

    ★ただし実際にサービスが開始されることにより、現時点では不明な「au WALLETスマートローン」独自のメリットが発見される可能性は十分に存在します。続報をお待ちください。
    (特に期待できるのは在籍確認なしでの契約/auユーザーのみを貸付対象としている=ある程度の信用が前提となっていることから)

    ★審査結果によっては「au WALLETスマートローン」で金利優遇を受けられる可能性もあります。

    まとめ

    まとめ

    「au WALLET スマートローン」1回契約を結べば限度額の範囲内で何度でもお金を借りられる、au系のカードレス・キャッシングサービス。
    ★借入方法は「スマホATM」「銀行振込」「au WALLET残高へのチャージ」の3つだが、どうせなら他社ローンで利用できない「au WALLET残高へのチャージ」に意味を見出したいところ。
    基本的にはau WALLETプリペイドカード(またはスマホ決済サービス「au PAY」)ユーザー向き
    ★一方、サービス内容としてはキャッシング枠付き「au WALLETクレジットカード」のほぼ下位互換となってしまう。クレジットカードを作れそうならそっちを作ろう
    ★現時点ではおトクさに関するサービスは見受けられない
    基本的には「au WALLET残高への直接チャージ」「auIDを使って申し込みを省略できる」「auグループという安心感」を重視する場合に選択することとなるか

    申し込めるのがauユーザーに限られる割には、正直そこまでパッとしない気もする「au WALLET スマートローン」ですが……。
    「会員制・カードレスローン」に前例が無いことを考えると、正式なサービス開始後に新たなメリットが発見される可能性は十分。
    小口ローンの利用を検討されているauユーザーのあなたは、もしも可能であれば、このカードの受付開始&それに伴う具体的な情報公開まで待機しておきたいところです。

    ★借入方法、返済方法、契約の流れなどに関する詳細は、サービス開始後に掲載予定です。


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。