自動車税の滞納:差し押さえまでは最短4ヶ月、その対策は?

自動車税の延滞

毎年5月に請求される自動車税。車を運転する方にとって、大きな悩みの一つですよね。

実はこの自動車税、滞納を続けると自動車や給与、預金の差し押さえが行われてしまいます。つまり、あなたの車やお金を、自由に使えなくなってしまうんです。

今回は、もしも自動車税を支払わないとどうなってしまうのか?支払いが難しいときの対処法に焦点を当て、詳しく解説して行きますね!

自動車税滞納から差し押さえまでの流れ

自動車税滞納から差し押さえまでの流れ
実際に自動車税を滞納してしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか?
まずは、自動車税滞納後の流れを見ていきましょう。

自動車税滞納後の流れ

自動車税滞納

督促状(とくそくじょう)の送付
(6月中旬頃)

滞納を続けていると
電話や職員の訪問がある場合も

差し押さえを匂わせる
督促状の送付

差押予告書の送付

自動車や給与・預金の差し押さえ
(早ければ10月頃)

自動車税は都道府県の管轄となるので、お住まいの地域によって差し押さえの時期などは変わってきます。

ですが、滞納後1ヶ月少々で車が引き上げられてしまうこともある自動車ローンに比べれば、措置が取られるのは遅めです。

自動車税の支払い期限と支払い金額

自動車税の支払い期限と支払金額
地方によって滞納後の流れに違いのある自動車税ですが、実は支払期限も自治体によって変わって来ます。
それでは、実際いつまでに、いくら支払えば良いのでしょうか?

①自動車税の支払い期限は毎年5月31日(青森県と秋田県は6月30日)

自動車税の支払期限は、毎年5月31日。ただ、青森県と秋田県のみは6月30日
となっています。
4月1日時点で所持している自動車について、毎年5月頃、各都道府県から納税通知書が送られて来ます。

②自家用乗用車の場合、支払い金額は29,500円から

自動車税は、排気量によって変わってきます!

★排気量ごとの自動車税

排気量 自家用 事業用
1.0リッター以下 29,500 7,500
1.0超〜1.5リッター以下 34,500 8,500
1.5超〜2.0リッター以下 39,500 9,500
2.0超〜2.5リッター以下 45,000 13,800
2.5超〜3.0リッター以下 51,000 15,700
3.0超〜3.5リッター以下 58,000 17,900
3.5超〜4.0リッター以下 66,500 20,500
4.0超〜4.5リッター以下 76,500 23,600
4.5超〜6.0リッター以下 88,000 27,200
6.0リッター超 111,000 40,700

自家用車の自動車税は、29,500円~111,000円と大きな開きがあるんですね。

ちなみに、前年の4月1日以降に自動車を購入した場合は月割で請求が行われます。
例:10月にはじめて車を購入した場合、支払金額は半額に

また、トラックを所有している場合は積載量によって税額は変わって来ますが、乗用車に比べて請求額は低めです。

★トラックの積載量ごとの自動車税
トラックの積載量ごとの自動車税

③支払い方法は、銀行振込やコンビニ、クレジットカードで

自動車税の支払方法は、主に銀行振り込みやコンビニ払い
また、今では「Yahoo!公金支払いサービス」などを利用することで、インターネットを通したクレジットカード払いも可能です。

<支払い用紙をなくしてしまったら?>

支払い用紙(納付書)をなくしてしまったら、お住まいの都道府県の県税事務所に連絡し、再発行をしてもらいましょう。
また、車検証を持って県税事務所に向かうことで直接現金支払いも可能です。

ちなみに、支払い期限が過ぎた後各金融機関・県税事務所・自動車税務署でしか支払いができなくなるので注意。
コンビニやクレジットカードなどで便利に支払えるうちに、払っておきましょう。

差し押さえって何?

差し押さえって何?
自動車税を滞納し続けていると、差し押さえが実行されてしまいます。
ドラマなどで聞くこともある「差し押さえ」という言葉、実際はどんな困ったことが起こるのでしょうか?

①差し押さえとは、裁判所が認める強制支払い措置のこと

差し押さえとは、支払うべきお金を支払っていない人に裁判所が行う、強制支払い措置のことを言います。
お金を滞納している人への最終手段として行われます。

②対象は自動車や給与、預金口座など

手取りの4分の1や預金、そして自動車などの資産が自動的に返済に充てられるため、差し押さえが起きてしまえばもう、支払いを拒否することはできません

<給与が差し押さえられると会社にバレる>

給与の差し押さえが起こると、会社に「債権差押通知書」という書類が届きます。
内容は「あなたの会社の従業員に裁判所から差し押さえ命令が下されましたので、該当社員の手取りの4分の1を返済に充ててください」といったもの。

この書類が届いた時点で、会社も債務者、つまり借金を負う立場となるので、支払いを拒否することはできません。
もちろん会社にも自動車税を滞納していることがバレてしまいますので、会社に居づらくなる可能性もあります。

③早い自治体だと、10月頃には差し押さえが始まる!

差し押さえまでの期間は自治体によってバラバラ。
現在では福岡県などが対応が早い傾向にあり、早ければ10月頃に差し押さえが始まります。

また、去年まではなかなか差し押さえを行わなかった自治体であっても、自動車税の回収率を上げるために積極的に差し押さえを行いだす可能性も十分ありますので、「うちの県は大丈夫」などと思わないように!

仮になかなか差し押さえが行われなかった場合でも、自動車税を払っていなければ車検に通らず車を使うことはできなくなりますよ。

自動車税の滞納で困ること

自動車税の滞納で困ること

自動車税滞納のデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

① 延滞金が発生する

自動車税を延滞すると、延滞金(遅延損害金)が発生します。
その金利は、延滞1ヶ月以内なら年2.8%、1ヶ月を超えると年9.1%。(2016年)

34,500円の自動車税(日産マーチなど)を半年間滞納すると、延滞金は約1370円となります。

<延滞金の1000円未満は切り捨て>

延滞金は1000円未満なら切り捨てとなり、支払う必要がありません
延滞金が1000円以上となるのは、日産マーチなどの場合10月頃から

延滞金が発生する時期と、早い自治体で差し押さえが始まる時期は一致します。
どんなに遅くても、10月頃までには自動車税の支払いができるよう心掛けましょう。

差し押さえがなかなか起こらない自治体ほど自動車税を放置しがちになり、その分延滞金が発生しやすいので気を付けてください!

車検を受けるためには、自動車税の納税証明書が必要
自動車税を滞納していれば車検に通らない、というより車検を受けることすらできないので、結果的に自動車に乗れなくなってしまいます

差し押さえが起きなかった場合でも、ここで結局車は使えなくなってしまうので、早めの支払いが必要なんですね。
自動車税を支払わずに、車に乗り続けることはできません

③ 名義変更や廃車はできるが、納税義務は残る

自動車税を滞納中であっても、名義の変更や、車の廃車手続きは可能ですが……。

自動車税の納税義務は、あなたの名前で残ったまま。もちろん延滞金も増え続けて行きます。
忘れたころに差し押さえが起こる可能性も高く、車がなくなれば踏み倒せる、というわけではありませんので注意!

差し押さえを回避するには、どうすれば良い?

差し押さえを回避するは、どうすればいい?
強制的に支払わされるよりは、余裕をもって自分の意思で支払いをしたいもの。とくに給料への差し押さえは、生活に直結するので避けたいですよね。
差し押さえをできるだけ回避する方法をお教えします!

①支払いが難しいのなら、まずは各都道府県税事務所に相談を!

自動車税の支払いが難しい場合は、あなたのお住まいの都道府県税事務所に相談に行ってください!
同じ悩みを抱えている方は多く、ほとんどの場合で分割払いを認めてもらえます

どの程度まで分割してもらえるかは担当者・自動車税額によっても変わってきますが、まずは認めてもらうことが大事。
支払いが難しいかも、と思ったらすでに延滞している状態であっても、都道府県税事務所に相談をしてみましょう。

②カードローンでのその場しのぎは基本的にNG

「○○日までに支払いができなければ差し押さえを行う」という書面が送られて来た場合を除き、キャッシングを利用してのその場しのぎはおすすめできません

なぜなら、アコムなど消費者金融の金利は初回18%程度と、自動車ローン税の延滞金利率(9.1%)よりも高く、毎月の返済も必須となるため後に借金地獄に陥りやすいからです。

また、税金は滞納しても個人信用情報に影響がありませんが、カードローンを滞納すると信用情報にキズが付き、完済後5年まではあらゆるローン・クレジットカードの審査に通らなくなります

以上の理由で、自動車税に限らず税金の支払いをカードローンで行うのは、おすすめできません

自動車税滞納の体験談

自動車税滞納の体験談

若いころ、考えなしに会社を辞めてガスや電気など公共料金の支払いができないほど、お金のない時期がありました。
そんな状態だったものですから、到底自動車税など支払えず、家に来る催告も無視していたものです。最初は何度か県の職員が来ていましたが、そのうち来なくなりました。
車は父から譲り受けたもので、辞職した会社の、出勤にのみ利用していました。
それで、日雇いのアルバイトなどを続けてなんとか公共料金を支払うのに必死で、自動車税のことなど思い出しもしなかったのですが、普段見もしない郵便受けの中に差し押さえ通知が来ているのを見てやっと「ヤバい」と思いましたね。たしか冬のことだったと思います。
これを差し押さえされてしまってはいよいよ父に合わせる顔がないと(私は会社を辞めたことすら隠していたので)県税事務所に向かい、なんとかお金を工面して支払いをしました。
自分の場合は1年足らずの滞納で差し押さえ通知が届いたので、自動車税は比較的滞納に厳しいのでしょうか。
今は無理なく支払い続けています。

まとめ

まとめ

★自動車税の納付期限は5月末日!(青森県・秋田県を除く)
また、どんなに遅くとも差し押さえの始まる10月までには支払いを終わらせよう
差し押さえが始まると、給与や預金、自動車を自由に使えなくなる
★自動車税を払わないと車検を受けられないため、結果的に車に乗れなくなる
★名義変更や売却を行った場合でも、税金の支払い義務は残る!
忘れたころに差し押さえが起こる可能性もあるので、踏み倒しはNG
★一括の支払いが難しい時は、都道府県税事務所に相談すれば分割払いが認めてもらえることが多い

比較的、融通の利きやすい自動車税
相談すれば少しずつ分割で支払うこともできますので、差し押さえを避けるためにも早めに対策を取りましょう!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。