全国からOK!低金利銀行カードローンランキング:金利10%未満、口座開設不要他

    銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
    もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2020」記事をご確認ください。

    全国からOK!低金利銀行カードローンランキング:金利10%未満、口座開設不要他

    審査が不安な 佐藤さん
    どうせカードローンを利用するなら、金利は低い方が良い。
    消費者金融よりも銀行を選んだ方が、低金利で借りやすいらしいけれど…?

    大手金融機関同士で比べた場合、銀行カードローンの上限金利は消費者金融よりも3~4%ほど低いです。
    よって「低金利で借りたいなら、基本的に銀行がおすすめ」というのは間違いではありませんが……。

    一口に銀行、あるいは消費者金融といっても、そのローンの内容は千差万別。
    そのため「銀行だから」というよりは、各ローンのメリット・デメリットを見比べた上で、あなたに合った1社を選ぶよう心掛けた方が良いでしょう。

    そこで今回は、全国から申し込める低金利カードローンを、その特性と一緒にランキング形式でまとめました。

    【管理人】山本
    読み進めて頂ければ、あなたに合った低金利カードローンが分かります。
    短期間の借り入れなら「無利息サービス」もチェック

    「返せる見込みはあるので、少しの時間だけ借りたい」という場合は、大手消費者金融などが提供している「無利息サービス」も検討した方が良いでしょう。

    「無利息サービス」とは初めて利用する方に限り、一定の期間(多くの場合30日間)利息無しで借りられるサービスの事。無利息サービス期間中に完済できれば、一切利息はかかりません。

    

    CHECK銀行含む全8社の無利息サービス徹底比較!一目でわかるおトクなキャッシング方法

    全国から申し込める低金利・銀行カードローン/その他カードローンランキング

    全国から申し込める低金利・銀行カードローン/その他カードローンランキング

    少なくとも全国からの申し込みを受け付けているカードローンに関して言うと、低金利なものほど「審査が厳しい」「口座開設が必要」といったデメリットが付きまとうもの。

    そこで今回は、各低金利カードローンを申込前に知っておくべき特徴と一緒にまとめました。
    「何とかデメリットを受け入れられそうなローンの中で、一番低金利なもの」が、あなたにピッタリな申込み先と言えるでしょう。

    ★今回は「低金利で借りる」という目的を優先し、銀行の取り扱いでないローンも一緒に紹介しています。

    各ローンの概要(リンク先詳細)
    住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」
    • 上限7.99%
    • 目安年収400万円~
    • 口座開設とそれを使った返済が必須
    セゾンマネーカードゴールド
    • 上限8.49%
    • 年収400万円必須
    • 任意の口座で返済可
    アイフルファーストプレミアムカードローン
    • 上限9.5%
    • 年収300万円必須
    • 任意の口座で返済可
    • 郵送物の回避可
    • 30日間無利息
    J.Score
    • 上限12.0%
    • 任意の口座で返済可
    • 本申込み前に金利と限度額を確認可
    りそな銀行カードローン
    • 上限13.5%
    • 口座開設とそれを使った返済が必須
    ソニー銀行カードローン
    • 上限13.8%
    • 口座開設とそれを使った返済が必須
    イオン銀行カードローン
    • 上限13.8%
    • 任意の口座で返済可
    • 専業主婦可
    みずほ銀行カードローン
    • 上限14.0%
    • 口座開設とそれを使った返済が必須
    銀行(法律上の貸付額制限なし)
    貸金業者(年収の3分の1を超える借入不可)

    ①1位:住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」(上限7.99%)

    全国から申し込めるカードローンの中で、一番上限金利(各ローンが掲げる最高の金利)が低いのは、「住信SBIネット銀行カードローン<プレミアムコース>」です。

     

    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
    金利
    (プレミアム)
    金利
    (スタンダード)
    限度額融資
    スピード
    0.99%~7.99%8.99%~14.79%10万〜1200万円一週間以上
    (口座がないとき)
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~65歳
    • 安定継続した収入がある
    • 外国籍の場合、永住者である
    • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している(同時申込可)
    • すでに同行口座を開設済みの場合のみ可

    ポイント

    • 適用限度額が高い(目安年収の2分の1くらいまで)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    • 審査結果に応じコースが決定される

    適用金利についての詳細を見る(クリック/タップで開閉)
    適用金利
    (プレミアムコース)
    適用金利
    (スタンダードコース)
    限度額
    (契約額)
    10万円~100万円
    7.99%14.79%
    100万円超
    ~200万円
    6.39%
    ~6.99%
    11.99%
    200万円超
    ~300万円
    5.29%
    ~5.99%
    8.99%
    300万円超~500万円4.99%適用なし
    (上限300万円)
    500万円超
    ~700万円
    3.99%
    700万円超
    ~900万円
    2.99%
    900万円超
    ~1000万円
    2.49%
    1000万円超
    ~1100万円
    2.39%
    1100万円超
    ~1200万円
    1.59%
    備考※ミライノカード(住信SBIネット銀行のクレジットカード)保有+同行口座引き落としにより金利0.1%優遇
    ※SBI証券口座保有または住宅ローン利用で金利0.5%優遇

    一般的な銀行カードローンの上限金利は14.5%程度。これと比べると、「プレミアムコース」適用時の「7.99%」という数字の特異性がよく分かるかと思います。

    またネット銀行カードローンらしく、高限度額での契約にも対応しているため、既存ローンのおまとめ・借り換えにも利用しやすいことでしょう。

    ただしその一方、

    • 審査結果によっては高金利な「スタンダードコース」が適用されうる
    • 住信SBIネット銀行の口座開設と、それを用いた毎月の返済が必須

    …といったデメリットの存在は気に掛けておく必要があります。

    住信SBIネット銀行を選ぶべきはこんな人

    • 「プレミアムコース」が適用される自信があり、返済の勝手の悪さよりも「金利が低いこと」を重視したい
    • 既存の借入を低金利で一本化したい、または借り換えたい
    • 普段から住信SBIネット銀行を利用している

    CHECK【住信SBIネット銀行カードローン】低金利・高限度額に隠れたデメリットとは
    CHECK低金利おまとめローンなら住信SBIネット銀行がベスト!ただし…。金額別金利比較も

    参考:これまでの適用コース報告
    契約内容スタンダードコース
    100万円、14.29%
    属性
    • 年収338万円
    • 会社員(2年)
    契約内容プレミアムコース
    150万円、6.99%
    属性
    • 年収400万円
    • 会社員(年数不明)
    契約内容スタンダードコース
    200万円、11.49%
    属性
    • 年収460万円
    • 会社員(年数不明)
    契約内容プレミアムコース
    150万円、6.99%
    属性
    • 年収500万円
    • 会社員(18年)
    • 債務2件、計100万円
    契約内容プレミアムコース
    240万円、5.99%
    属性
    • 年収510万円
    • 会社員(3年)
    • 債務2件、計240万円
    契約内容プレミアムコース
    100万円、7.99%
    属性
    • 年収600万円
    • 会社員(3年)
    • 債務1件、200万円
    契約内容プレミアムコース
    300万円、5.99%
    属性
    • 年収650万円
    • 会社員(年数不明)

    ★もちろんスタンダードコースが適用された際には、申込みのキャンセルが可能です。

    ②2位:セゾンマネーカードゴールド(上限8.47%)

    全国から申し込めるカードローンのうち、「住信SBIネット銀行プレミアムコース」に次いで低金利な商品は、銀行取り扱いのものではありません。

    続いて紹介するのは「セゾンマネーカードゴールド」
    名前の通り、クレジットカードでおなじみの「クレディセゾン」(セゾンカード)が提供するカードローンですね。

    セゾンマネーカードゴールド
    金利融資額
    8.47%
    6.47%
    上限300万円
    口座開設融資までの日数目安
    不要
    任意の口座で返済可
    2週間~
    申込み条件(公式HPより)
    20歳から75歳までの年収400万円(税込)以上の方でご連絡可能な方
    備考
    年収の3分の1以上の借入不可(総量規制/貸金業法による)

    申込みには400万円の年収が必須となりますが……。
    「住信SBIネット銀行」と異なり、好きな口座を使って毎月の返済をこなせるというのは大きなアドバンテージでしょう。

    審査にそれなりの自信があり、返済の勝手を重視したいのであれば、「住信SBIネット銀行」よりもこちらのカードローン(ローン専用カード)が有力な申し込み先候補となりそうです。

    CHECKセゾンマネーカードゴールド公式HP

    マネーカードゴールドを選ぶべきはこんな人

    • 年収400万円以上で、年収の3分の1以上の限度額は不要
    • いつもの口座を使って毎月の返済を済ませたい

    ③3位:アイフルファーストプレミアムカードローン(上限9.5%)

    続く低金利ローンも銀行取り扱いではありません。
    こちらの「アイフルファーストプレミアムカードローン」は大手消費者金融会社「アイフル」が提供する、安定収入を得ている方向けの好条件ローンとなります。

    アイフルファーストプレミアムカードローン
    金利融資額
    3.0%
    ~9.5%
    100万円
    ~800万円
    口座開設融資までの日数目安
    不要
    任意の口座で返済可
    最短即日
    申込み条件(公式HPより)
    満23歳~59歳の方で一定の年収があり当社を初めてご利用される方
    定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

    ※最低限度額100万円。明記は無いが、総量規制の関係上、年収300万円以上必須

    備考
    年収の3分の1以上の借入不可(総量規制/貸金業法による)
    30日間無利息
    来店なし&郵送物回避の両立可能

    利点は大手消費者金融会社らしい、

    • 最短即日融資
    • 30日間無利息
    • 郵送物の回避が可能

    の3つ。
    「好きな口座を使って返済ができる」という点は「セゾンマネーカードゴールド」と共通しますが、こちらのローンには明確な年収制限が無いことから、多少は審査に通りやすいと推測されます。

    「家族に借入を隠したい」「セゾンマネーカードゴールドへの審査通過には少し自信が持てない」といった場合には、このローンへの申込みが優先されそうです。

    CHECKアイフル・ファーストプレミアムカードローンのメリット・デメリット&即日融資の流れ

    ファーストプレミアムカードローンを選ぶべきはこんな人

    • 年収300万円(できれば400万円~)以上で、年収の3分の1以上の限度額は不要
    • いつもの口座を使って毎月の返済を済ませたい
    • 家族に借入を隠したい
    • できる限り早く借りたい

    ★通常のアイフルのカードローン(上限18%)とは申込口が異なりますので、ご注意ください。

    アイフル

    アイフル

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%10万〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳以上
    • 仕事をしている
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 年収100万円以下の方の審査通過も確認済み
    • 注:振込対応は平日日中のみ

    ④4位:J.Score(上限12.0%)

    続いて好条件を掲げるローンも、消費者金融取り扱い。
    こちらの「J.Score(ジェイスコア)」はみずほ銀行とソフトバンクの合弁子会社が取り扱う、新しい形のキャッシングサービスです。

    J.Score(ジェイスコア)
    J.Score(ジェイスコア)
    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    0.8%~12.0%※10万〜1,000万円最短即日最短即日
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳以上、満70歳以下の国内に居住している方
    • 定期的な収入と返済能力を有する
    • 不可(必ずJ.Scoreオリジナルステッカーが送付される)
    ※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。

    ポイント

    • インターネット契約対応
    • セブン銀行ATMを使い入出金可
    • 官報情報を閲覧しない

    「J.Score」について簡単にまとめると、
    1:いくつかの質問に答えてAIスコア(個人スコア)を算出
    2:スコアに応じた貸付条件(金利、限度額)の提示
    3:貸付条件に納得したら本申込みへ
    …といった流れ。
    上限金利は12.0%ですが、実際は「アイフルファーストプレミアムカードローン」等より低い数字が出ることも多いです。

    スコア算出自体は無料で、さほどの手間を掛けず行えます。
    低金利での借入を重視するのであればトライしてみて損はないでしょう。

    CHECK【ジェイスコア】申込前に知っておくべき6つのデメリットと申込み~借入の流れ

    J.Scoreを選ぶべきはこんな人

    • 年収の3分の1以上の限度額は不要で、少しでも低金利で借りられないか確かめたい
    • いつもの口座を使って毎月の返済を済ませたい
    • できる限り早く借りたい

    ⑤5位:(埼玉)りそな銀行カードローン(上限13.5%)

    ここでやっと、住信SBIネット銀行ぶりに登場する銀行取り扱い商品が「(埼玉)りそな銀行カードローン」です。

    ★「りそな銀行」と「埼玉りそな銀行」のカードローンの内容は共通です。

    (埼玉)りそな銀行カードローン
    金利融資額
    3.5%
    ~13.5%
    10万円
    ~800万円
    口座開設融資までの日数目安
    必須1週間程度~
    申込み条件(公式HPより)
    国内にお住まいの方で、以下のすべてを満たす個人のお客さま

    ●申込受付時 満20歳以上、満66歳未満の方(ご利用限度額が200万円超の場合は満60歳未満の方)
    ●継続安定した収入のある方
    ※パート・アルバイトの方もお申込みいただけますが、専業主婦、学生の方はご利用できません。
    ●保証会社の保証が受けられる方

    備考
    総量規制の適用なし
    ┗ただし限度額は高くても年収の3分の1前後が目安
    (埼玉)りそな銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    適用金利についての詳細を見る(クリック/タップで開閉)
    限度額適用金利
    100万円以下13.5%
    150万円
    200万円
    10.0%
    300万円7.0%
    400万円5.5%
    500万円4.9%
    600万円4.5%
    700万円4.0%
    800万円3.5%
    備考:以下のいずれかまたは両方に該当するとき、金利0.5%優遇

    • (埼玉)りそな銀行での住宅ローン利用
    • (埼玉)りそな銀行での給与受取

    一般的な銀行カードローン(上限14.5%程度)に比べればいくらか好条件ですが……。
    (埼玉)りそな銀行に口座をお持ちでない方がわざわざ申し込むべき程の条件かというと疑問が残るところ。

    基本的には普段から(埼玉)りそな銀行を使っている方向けのカードローン商品と言えるでしょう。

    (埼玉)りそな銀行を選ぶべきはこんな人

  • 普段から(埼玉)りそな銀行を使っている
  • ⑥6位:ソニー銀行カードローン(上限13.8%)

    続いて紹介する「ソニー銀行カードローン」も口座開設が必須となる銀行カードローンですね。

    とは言えこちらは、

    という理由から、「わざわざ口座を作って申し込む」ことも選択肢に入ります。

    ソニー銀行カードローン
    金利融資額
    2.5%
    ~13.8%
    10万円
    ~800万円
    口座開設融資までの日数目安
    必須数営業日~
    申込み条件(公式HPより)
    次の条件をすべて満たすかたに限ります。

    • 当社に円普通預金口座をお持ちのかた(同時申し込み可能)
    • お申し込み時のご年齢が満20歳以上65歳未満のかた
    • 原則、安定した収入があるかた
    • 日本国籍のかた、もしくは、外国籍のかたで永住権をお持ちであるかた
    • 保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるかた
    備考
    総量規制の適用なし
    ┗目安最高限度額は年収の3分の1~2分の1(安定収入ある正規雇用者の場合)
    ソニー銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    適用金利についての詳細を見る(クリック/タップで開閉)
    限度額適用金利
    50万円以下13.8%
    60万円
    ~90万円
    12.8%
    100万円9.8%
    150万円9.0%
    200万円8.0%
    300万円6.0%
    400万円5.0%
    500万円4.0%
    600万円3.5%
    700万円3.0%
    800万円2.5%

    上限金利の低さこそ(埼玉)りそな銀行に譲りますが、適用限度額が60万円以上であれば「ソニー銀行」の方が低金利。
    またあまり現実的ではありませんが、限度額500万円以上の場合の適用金利は「住信SBIネット銀行(プレミアムコース)」をも下回りますね。

    ネット銀行の中から申し込み先を選びたい場合には、重要な選択肢となること間違いなしでしょう。

    ソニー銀行を選ぶべきはこんな人

    • 少し返済が不都合であっても銀行から借りたいが、住信SBIネット銀行で「プレミアムコース」が適用される自信がない
    • 普段からソニー銀行を利用している、または使い勝手の良いネット銀行への乗り換えを考えている

    ⑦7位:イオン銀行カードローン(上限13.8%)

    ソニー銀行と同じ「13.8%」の上限金利を掲げるのが「イオン銀行カードローン」

    イオン銀行カードローン
    金利融資額
    3.8%
    ~13.8%
    10万円
    ~800万円
    口座開設融資までの日数目安
    不要
    任意の口座で返済可
    数営業日~
    申込み条件(公式HPより)
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    (1)日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
    (2)ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方
    (3)ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方
    ※パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。
    (4)保証会社であるイオンクレジットサービス(株)またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方

    備考
    ▶総量規制の適用なし
    ┗目安最高限度額は年収の3分の1前後
    適用金利についての詳細を見る(クリック/タップで開閉)
    限度額適用金利
    10万円
    ~90万円
    11.8%
    ~13.8%
    ※審査結果に応じ決定、以下同様
    100万円
    ~190万円
    8.8%
    ~13.8%
    200万円
    ~290万円
    5.8%
    ~11.8%
    300万円
    ~390万円
    4.8%
    ~8.8%
    400万円
    ~490万円
    3.8%
    ~8.8%
    500万円
    ~590万円
    3.8%
    ~7.8%
    600万円
    ~790万円
    3.8%
    ~5.8%
    800万円3.8%

    今回は「金利の低さ」を重視したランキングということで、金利の優遇幅の渋い「イオン銀行」をソニー銀行に続いて紹介する形となりましたが……。

    • 口座開設不要
    • 好きな口座を使って返済ができる

    …という使い勝手の面では「イオン銀行」の方が優秀です。

    限度額50万円までであれば「ソニー銀行」との金利差も付きませんので、これを超える限度額の獲得が難しいなら、具体的に言うと

    • 非正規雇用者である
    • 専業主婦(主夫)である
    • その他、低年収であるなど審査を不安に思う理由がある

    …といった状況であるなら、好きな口座を使って返済ができる「イオン銀行」の方が申し込みやすいことでしょう。

    イオン銀行を選ぶべきはこんな人

    • 50万円を超える限度額の獲得は難しそうだが、極力低金利で借りたい
    • 専業主婦(主夫)である
    • いつもの口座を使って毎月の返済を済ませたい
    • 普段からイオン銀行を利用している

    ⑧8位:みずほ銀行カードローン(上限14.0%)
    最後に紹介するのは、三大メガバンクで唯一のランキング入りとなった「みずほ銀行カードローン」

    みずほ銀行カードローン

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    ※年2.0%~14.0%10万〜800万円2~3営業日1週間~10日
    (すでに口座をお持ちの場合)
    申込条件
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    • ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
    • 安定かつ継続した収入の見込める方
    • 保証会社(※オリコ)の保証を受けられる方

    ※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

    ※住宅ローン利用者は-※年0.5%
    →引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

    ポイント

    • みずほ銀行の普通預金口座の開設必須
    • 「WEB完結」であっても郵送物の回避不可
    • 原則として新規ローンカードの発行は行われず、既存のキャッシュカードに借入機能が付く(希望があれば専用ローンカードの発行も可)
    • 現在は専業主婦の申込不可(「専業主婦OK」は古い情報です)

    適用金利についての詳細を見る(クリック/タップで開閉)
    限度額適用金利
    10万円
    ~90万円
    14.0%
    100万円
    ~190万円
    11.5%
    200万円
    ~290万円
    9.0%
    300万円
    ~390万円
    7.0%
    400万円
    ~490万円
    6.0%
    500万円
    ~590万円
    5.0%
    600万円
    ~790万円
    4.5%
    800万円2.0%
    備考:
    みずほ銀行住宅ローンユーザーは0.5%金利優遇

    ソニー銀行程ではないものの、限度額に応じた金利優遇幅もなかなか優秀ですね。

    …とは言え基本的にはこちらも「りそな銀行」同様、「普段からみずほ銀行を使っている方向け」のローンと言えるでしょう。
    ただし例外的に、「世帯年収重視」の審査に期待したいのであれば、わざわざ口座を作って申し込むことも選択肢に入らないではありません。

    みずほ銀行を選ぶべきはこんな人

    • 普段からみずほ銀行を利用している
    • 親の扶養に入っている
    • 安定収入ある配偶者がいるが、被扶養者ではない。また本人の収入は高くない

    ※安定収入ある配偶者の扶養に入っている状況であれば、みずほ銀行以外でも審査通過を狙える

    CHECKみずほ銀行カードローン、申込前に確認したいメリット・デメリットと契約の流れ

    より低金利で借りたいならこちらもチェック!その他の申込先候補

    より低金利で借りたいならこちらもチェック!その他の申込先候補

    ここからは参考情報として、「全国から申し込めるカードローン」以外を使った低金利借入方法を紹介させて頂きます。

    ①地方銀行や信用金庫が好条件なカードローンを取り扱っていることも

    あなたの身の回りにある、地方銀行や信用金庫といった地域密着型の金融機関が、好条件ローンを扱っていることは、意外と珍しくありません。
    そしてその中には「住信SBIネット銀行プレミアムコース」(上限7.99%)」より金利が低いものも存在します。

    例:

    といった懸念もありますが……。

    特にあなたが普段から地銀や信金、その他の金融機関を利用しているのなら、その取り扱いカードローンをチェックしてみて損はないでしょう。

    ★JAバンクのカードローンは金利とは別に「保証料」が設定されていることが多いです。ご注意ください。

    ②「お金の使い道の証明」が可能なら「多目的ローン」の利用も検討したい

    もしもあなたが見積書、パンフレット、インターネット上の画面、その他の方法で「借りたお金の使い道」を証明できるのであれば……。

    カードローンではなく「多目的ローン」と呼ばれるローンを利用することで、ごく低金利での借入を狙えることでしょう。
    現在こちらのローンを取り扱っているのは、

    • みずほ銀行
    • 三井住友銀行(名称は「無担保フリーローン」)
    • 一部の地方銀行や信用金庫など

    ですね。

    みずほ銀行多目的ローン
    金利融資額
    5.875%
    (変動金利選択時)
    10万円
    ~300万円
    口座開設借入期間
    必須最長7年
    申込み条件(公式HPより)
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま ・お借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終ご返済時年齢が満71歳未満の方 

    • 勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方 
    • 前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が 200 万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方 
    • 保証会社の保証を受けられる方
    備考
    • 資金使途確認書類(借りたお金の使い道を証明できる書類)が必要
      ┗ローンのおまとめには利用不可
    • 証書貸付方式、一度借りたら分割払いで返済のみを行う

    旅行、趣味の物品購入、医療費といった明確な借入理由があるのなら、カードローンよりもこういった、「少し勝手が悪い代わりに低金利」なローン商品を選ぶと良いでしょう。

    CHECK【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方

    ★ローンの名称は金融機関によって異なります。
    ここではカードローン、フリーローン、多目的ローンすべてを取り扱う「りそな銀行」基準に則り解説していますが……。
    「資金使途確認書類が必要な低金利ローン」が必ずしも「多目的ローン」という名称で提供されているとは限りませんのでご注意ください。

    まとめ

    まとめ

    各ローンの概要(リンク先詳細)
    住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」
    • 上限7.99%
    • 目安年収400万円~
    • 口座開設とそれを使った返済が必須
    セゾンマネーカードゴールド
    • 上限8.49%
    • 年収400万円必須
    • 任意の口座で返済可
    アイフルファーストプレミアムカードローン
    • 上限9.5%
    • 年収300万円必須
    • 任意の口座で返済可
    • 郵送物の回避可
    • 30日間無利息
    J.Score
    • 上限12.0%
    • 任意の口座で返済可
    • 本申込み前に金利と限度額を確認可
    りそな銀行カードローン
    • 上限13.5%
    • 口座開設とそれを使った返済が必須
    ソニー銀行カードローン
    • 上限13.8%
    • 口座開設とそれを使った返済が必須
    • 限度額に応じた金利優遇を受けやすい
    イオン銀行カードローン
    • 上限13.8%
    • 任意の口座で返済可
    • 専業主婦可
    みずほ銀行カードローン
    • 上限14.0%
    • 口座開設とそれを使った返済が必須
    備考
    • 地方銀行や信用金庫がより好条件なローンを取り扱っている場合あり
    • 資金使途確認書類を提出できるなら、「多目的ローン」等を使った方が好条件
    銀行(法律上の貸付額制限なし)
    貸金業者(年収の3分の1を超える借入不可)

    ご覧の通り、低金利カードローン=銀行取り扱いのもの…とは限りません。

    また各ローンのメリット・デメリットを踏まえて考えると、やはり

    • 普段使いの口座を使って返済を済ませたいか
    • 審査にどの程度の自信があるか

    といった点も加味した上で、申込み先を選べると良いですね。

    CHECKメリットから選ぶ!おすすめ銀行カードローン7選:低金利、郵送物なし、口座不要他
    CHECK【上限9.5%】郵送物なし&低金利カードローン3選とその選び方
    CHECK【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方

    

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい