1分で分かる!あなたへのおすすめ銀行カードローン5選:審査が甘い・低金利・郵送物なし他

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    1分で分かる!あなたへのおすすめ銀行カードローン5選:審査が甘い・低金利・郵送物なし他
    「必要なお金を借りるなら、消費者金融よりも銀行が良い。
    と言っても似たようなカードローンが多くて、一体どれを選べばいいか…」

    非常に競争の激しいカードローン業界において、そんな疑問が生じるのはもっとも。
    …ではありますが、よく見ると多くのカードローンの中にも、確かに優劣が存在します。

    そこで今回は、安心して申し込みやすい「銀行」取り扱いのカードローンの中から特に優秀・特徴的なものをピックアップ。あなたに合った申込み先の選び方をまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    

    1分でチェック!あなたに合ったおすすめ銀行カードローンはどれ?

    1分で分かる!あなたへのおすすめ銀行カードローン5選:審査が甘い・低金利・郵送物なし他
    全国に何百と存在するカードローン。その中から申込み先を選ぶには、まずあなたが「一番重視したいポイント」を決めるのがベストです。

    ということで、まずは重視ポイント別の申込み先候補を簡単にまとめさせて頂きました。

    ★1分でチェック!あなたに合った銀行カードローン
    重視ポイント申込み先候補
    審査が甘い
    郵送物なし※
    スピーディ※
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    郵送物なし
    スピーディ
    24時間振込※
    在籍確認の電話回避
    三井住友銀行カードローン
    低金利
    いつもの口座で返済OK
    専業主婦OK
    イオン銀行カードローン
    24時間振込
    いつもの口座で返済OK
    在籍確認の電話回避
    専業主婦OK
    新生銀行スマートカードローンプラス
    低金利※
    高限度額
    住信SBIネット銀行カードローン
    いつもの口座で返済OK
    審査が甘い※
    専業主婦OK※
    いつも使っている銀行のカードローン
    ※適用に条件あり(詳細後述)

    まずは「重視ポイント(他行との差別化点)」を見比べ、最も魅力的に感じた申込み先をチェックしてみると良いでしょう。

    ここからは、各申込み先候補についてもう少し詳しく解説させて頂きます。

    【三菱UFJ銀行バンクイック】は審査甘め&口座開設不要&郵送物回避OKで申し込みやすい

    【三菱UFJ銀行バンクイック】は審査甘め&口座開設不要&郵送物回避OKで申し込みやすい

    • アルバイト+他社借入ありなど、低めの属性の方の審査通過報告が多い
    • 口座開設不要
    • 運転免許証があれば郵送物なし&スピーディに契約可

    といった特性を持つのが「三菱UFJ銀行」のカードローン「バンクイック」です。

    三菱UFJ銀行バンクイック

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.8%~14.6%10万〜500万円
    ※1
    最短1営業日最短1営業日
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳〜64歳の国内に居住する個人の方
    • 原則、安定した収入がある
    • 保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
    • 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象
    • テレビ窓口契約
      (運転免許証必須)

    ポイント

    • 各三菱UFJ銀行店舗に設置してある「テレビ窓口」を使ったカード受取で郵送物なし
    • 「テレビ窓口」営業時間は以下の通り(※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。)
      • 平日9時~20時
      • 土・祝10時~18時
      • 日曜日10時~17時
    • 三菱UFJ銀行の口座不要
      (ただし口座があった方が借入・返済は便利)(※1

    ※1)※50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。

    ★三菱UFJ銀行バンクイック
    必要書類本人確認書類2点
    または本人確認書類1点+住所確認書類等
    詳細バンクイックの契約に必要な書類
    その他
    • 低めの属性の方の審査通過報告が多い
    • 「テレビ窓口」を使わない場合は融資まで1週間~

    三菱UFJ銀行の口座開設は不要、とは言え口座があればもっと便利に使えるということで、

    • 審査に通りやすい銀行をお探しの他行ユーザー
    • 三菱UFJ銀行ユーザー

    の両方にとって利用しやすいカードローンと言って良いでしょう。

    参考三菱UFJ銀行「バンクイック」審査通過者データ
    属性契約内容
    • 年収100万円
    • パート
    • 金利14.6%
    • 限度額10万円
    • 年収220万円
    • アルバイト(10年)
    • 他社借入2件計60万円
    • 金利14.6%
    • 限度額10万円
    • 年収300万円
    • 会社員(1年)
    • 他社債務2社35万円
      (地銀カードローン30万円、リボ5万円)
    • 金利不明
    • 限度額120万円
    • 年収400万円
    • 会社員(5年)
    • 他社債務3社180万円
      (貸金業者2社80万円、リボ100万円)
    • 金利14.6%
    • 限度額50万円
    • 年収700万円
    • 会社員(8年)
    • 他社借入1社120万円
    • 金利14.6%
    • 限度額50万円

    とは言え金利はごく普通(年14.6%の場合、1ヶ月あたり借入額に対し1.216%程度の利息発生)ですので、借入条件の良さを求めるのであれば、後述の「イオン銀行」などへの申込みが優先されます。

    CHECK三菱UFJ銀行「バンクイック」の審査に通る条件は?審査落ちの原因とその後の対応も

    【三井住友銀行カードローン】は郵送物を避けやすくスピーディ&口座開設も不要

    【三井住友銀行カードローン】は郵送物を避けやすくスピーディ&口座開設も不要
    銀行カードローンでありながら、「他人に知られず借りやすい」という点で優れるのが「三井住友銀行カードローン」です。

    三井住友銀行 カードローン
    三井住友銀行 カードローン
    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.5%~14.5%10万〜800万円最短1営業日※最短1営業日※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳以上満69歳以下
    • 収入がある
    ※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
    ※ローン契約機の受付時間は9:00-18:00(12月31日から1月3日を除く)です。(※店舗によって受付時間が異なる場合がございます)

    ポイント

    • 各三井住友銀行店舗に設置してある「ローン契約機」を使ったカード受取で郵送物なし
    • ローン契約機受付時間は9:00-18:00(12月31日から1月3日を除く)
      ※店舗によって受付時間が異なる場合がございます
    • 三井住友銀行の普通預金口座開設不要
      (ただし口座があった方が借入・返済は便利)

    ★三井住友銀行カードローン
    必要書類写真付き本人確認書類1点
    または本人確認書類1点+住所確認書類等
    その他
    • 運転免許証がなくても自宅への郵送物を避けられる
    • 事前相談により、勤務先への電話確認(在籍確認)を避けられる

    というのは三菱UFJ銀行「バンクイック」と比べた際の、大きな差別化点と言えるでしょう。

    また三井住友銀行ユーザーであれば24時間いつでも、インターネットバンキングを通して借入・返済が可能というのも嬉しいところ。

    • 他人に知られず銀行カードローンを利用したい他行ユーザー
    • 三井住友銀行ユーザー

    のどちらにも、おすすめしやすい申込み先と言えます。

    ちなみに三菱UFJ銀行のように属性の低い方の審査通過報告が目立つ…といったことはありませんが、審査は決して特別厳しいものではなく、

    • 非正規でも200万円程度の年収がある
    • 年収を問わず正規雇用者である
    • 安定収入ある配偶者の扶養に入っている
      (ただし専業主婦の申込みは不可)

    といった属性であれば、(多額の他社借入などの問題が無い限り)十二分に審査通過を狙えるでしょう。

    CHECK三井住友銀行のカードローン審査基準と在籍確認:通過してるのはどんな人?

    参考三井住友銀行の審査報告データ
    属性契約内容
    • 年収220万円
    • 会社員(2年)
    • 金利14.5%
    • 限度額30万円
    • 年収250万円
    • 派遣社員(0年)
    • 他社借入3件計118万円
    審査落ち
    • 年収260万円
    • 自営業(2年)
    • 他社借入1件30万円
    • 金利14.5%
    • 限度額50万円

    低金利重視なら【イオン銀行カードローン】:口座開設不要&いつもの口座で返済OK

    低金利重視なら【イオン銀行カードローン】:口座開設不要&いつもの口座で返済OK
    あなたが一般的な銀行カードローンよりも低い金利でお金を借りたいとお考えなら、最も広くおすすめできるのが「イオン銀行カードローン」

    こちらの特徴は、

    • 上限13.8%という低めの金利
      参考三菱UFJ銀行は上限14.6%)
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済に対応

    の2つで、要は「誰でも、低い金利で借りやすい」わけですね。

    ★イオン銀行カードローン
    金利3.8%~13.8%
    (目安月あたり1.15%)
    限度額10万円~800万円
    融資スピード1週間程度~
    郵送物回避不可
    口座開設不要
    イオン銀行、または任意の金融機関口座で返済可
    (一部例外あり)
    必要書類顏写真付きの本人確認書類必須
    申込み条件(公式HPより)
    • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
    • ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
    • ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。
      ※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。
    • 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。

    ただしカードローン利用には最低1点の顔写真付きの本人確認書類が必須となりますので、あらかじめご承知おきください。

    また、自宅への郵送物や、勤務先への在籍確認電話を避けることはできません。
    (とは言え電話を取った第三者に社名や用件が伝えられることはありません。詳細当該ページ

    ★ちなみに少し審査が厳しくても差し支えないのなら、

    といった申込み先も視野に入ります。
    各審査基準などの詳細については以下のページをご覧ください。

    CHECK「実際の借入金利が低い順」24カードローン一覧:各ローンの代償デメリットも

    契約後の利便性(24時間振込)重視なら【新生銀行】が一番優秀

    契約後の利便性(24時間振込)重視なら【新生銀行】が一番優秀
    「契約後の借入・返済の利便性」という意味で優れるのは、新生銀行「スマートカードローンプラス」です。

    ★新生銀行「スマートカードローンプラス」
    金利4.5%~14.8%
    (目安月あたり1.233%)
    限度額1万円~500万円
    融資スピード2~3営業日
    郵送物新生銀行ユーザーがインターネットバンキングから申し込む場合に限り無し
    (問合せにより確認)
    口座開設不要
    任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    必要書類本人確認書類2点
    または本人確認書類1点+住所確認書類等
    申込み条件(公式HPより)
    • お申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下であること。
    • 本人または配偶者に安定した収入のあること
      (パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。)
    • 日本国内に居住していること。
    • 日本国籍をお持ちか、外国籍で日本語が理解でき、永住権または特別永住権をお持ちであること。
    • 新生銀行の指定保証会社である新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることができること。
    その他

    「任意の口座へほぼ24時間振込」というのは消費者金融会社(プロミス等)においてこそ一般的なものの、銀行カードローンで実現させているのはこの「スマートカードローンプラス」だけ

    任意の口座を使った返済にも対応ということで、借入後の使い勝手の良さを重視するなら、筆頭候補の銀行カードローンと言えます。

    CHECK新生銀行スマートカードローンプラス徹底解説!問合せに基づく詳細&独自メリット他

    審査に自信があるなら超低金利&高限度額を狙える【住信SBIネット銀行】も候補に

    審査に自信があるなら超低金利&高限度額を狙える【住信SBIネット銀行】も候補に
    あなたが審査に自信があり、かつ「高限度額・低金利」での契約を何より重視するのなら、申込み先候補に挙がるのが「住信SBIネット銀行カードローン」

    こちらのローンの特性は、審査結果によって

    • プレミアムコース(上限金利7.99%)
    • スタンダードコース(上限金利14.79%)

    のいずれかが適用されることとなっています。

    住信SBIネット銀行「カードローン」
    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
    金利
    (プレミアム)
    金利
    (スタンダード)
    限度額融資
    スピード
    0.99%~7.99%8.99%~14.79%10万〜1200万円一週間以上
    (口座がないとき)
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~65歳
    • 安定継続した収入がある
    • 外国籍の場合、永住者である
    • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している(同時申込可)
    • すでに同行口座を開設済みの場合のみ可

    ポイント

    • 適用限度額が高い(目安年収の2分の1くらいまで)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    • 審査結果に応じコースが決定される

    ★住信SBIネット銀行カードローン
    必要書類本人確認書類1点(保険証可)
    詳細住信SBIネット銀行の必要書類
    その他
    • 適用コースは審査を受けるまで分からない
      ┗「スタンダード(上限14.79%)」適用時のキャンセルも可
    • 年収の2分の1程度までの高額契約に対応(おまとめ・借り換え可/総量規制対象外)

    「プレミアムコース」適用を狙えるのは、目安として年収400万円~500万円以上の方。

    • 口座開設とそれを使った返済必須
    • 審査を受けるまで適用コースが分からない

    といった特性上、決して無難な申込み先とは言えませんが…。

    ある程度審査に自信があり、「使い勝手の悪さより借入条件の良さ」を重視したい(あるいはもともと住信SBIネット銀行ユーザーである)ならば、候補に入れてみても良いだろうと思います。

    CHECK【住信SBIネット銀行カードローン】低金利・高限度額に隠れたデメリットとは

    ★「プレミアムコース」より若干金利は高くなりますが、

    はいずれも「口座開設不要・任意の金融機関で返済可」です。

    いずれも審査難易度は高めですが、低金利と利便性を両立させたいのであれば、こちらも併せてチェックしてみてください。

    その他の主な銀行カードローン一覧

    その他の主な銀行カードローン一覧
    「自分が普段使っている銀行が挙げられていない!」というあなたのために、ここでは「全国から申し込める、その他の銀行カードローン」情報をまとめて紹介させて頂きます。

    ★その他の主な銀行カードローン
    上限金利特徴
    りそな銀行カードローン13.5%
    • 同行口座開設、それを用いた引落とし必須
    • 埼玉りそな銀行も同内容
    ソニー銀行カードローン13.8%
    • 同行口座開設、それを用いた引落とし必須
    • 専業主婦OK
    • 限度額ごとの金利優遇◎
    みずほ銀行カードローン14.0%
    • 同行口座開設、それを用いた引落とし必須
    • 銀行にしては低属性者の通過例が多い
      ┗審査は世帯収入重視?
    楽天銀行スーパーローン14.5%
    • 任意の口座で返済可
    • 専業主婦OK
    • 最大で年収の2分の1程度の高限度額
    三菱UFJ銀行「マイカードプラス」14.6%
    • 同行口座開設、それを用いた引落とし必須
    • 原則在籍確認なし
    • 限度額30万円
    • 「バンクイック」とは別商品なので注意
    セブン銀行カードローン15.0%
    • 同行口座開設、それを用いた引落とし必須
    • 原則在籍確認なし
    • 限度額上限50万円
    auじぶん銀行カードローン17.5%
    • 口座開設不要だが引落しは同行口座のみ
    • 最大で年収の2分の1程度の高限度額
    • 借り換え目的のauユーザーなら上限12.5%
    オリックス銀行カードローン17.8%
    • 任意の口座で返済可
    • 限度額100万円~団信加入可
    • 最大で年収の2分の1程度の高限度額
    PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)カードローン18.0%
    • 同行口座開設、それを用いた引落とし必須
    • 金利のわりに審査も厳しめで原則非推奨
    • 初回30日間無利息
    • 最大で年収の2分の1程度の高限度額

    「りそな銀行」「ソニー銀行」「みずほ銀行」あたりは口座開設が必須ということで個別での紹介を見送らせて頂きましたが、口座さえあればかなり重要な申込み先候補に挙げられるでしょう。

    その他、何らかの理由で「いつもの銀行」などを利用できないようであれば、任意の金融機関口座を使った返済が可能な「楽天銀行」もチェックして損はないだろうと思います。

    ★地方銀行を含む、全銀行カードローン情報については以下のページをご覧ください。

    CHECK全112の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    おすすめ銀行カードローンとその選び方のまとめ

    おすすめ銀行カードローンとその選び方のまとめ

    ★このページで挙げたおすすめ銀行カードローン5選
    上限金利特徴
    三菱UFJ銀行「バンクイック」14.6%
    • 口座開設不要だが引落しは同行口座のみ
    • 銀行にしては低属性者の通過例が多い
    • 来店契約時、自宅への郵送物なし
      ┗要運転免許証
    • 最短翌日融資
      ┗要運転免許証
    三井住友銀行カードローン14.5%
    • 口座開設不要だが引落しは同行口座のみ
    • 来店契約時、自宅への郵送物なし
    • 最短翌日融資
    • 在籍確認の電話の回避相談可
    • 同行ユーザーへ24時間振込
    イオン銀行カードローン13.8%
    • 任意の金融機関口座で引き落とし返済可
    • 写真付きの本人確認書類が必要
    • 専業主婦OK
    新生銀行スマートカードローンプラス14.8%
    • 任意の金融機関へ24時間振込
    • 任意の金融機関口座で引き落とし返済可
    • すでに口座があれば郵送物なし
    • すでに口座があれば振込手数料などの優待あり
    住信SBIプレミアム7.99%
    • 同行口座開設、それを用いた引落とし必須
    • 目安年収400万円~
      審査結果によってはスタンダード(上限14.79%)適用
    • 最大で年収の2分の1程度の高限度額
    • すでに同行口座があれば郵送物なし

    一口におすすめと言っても、申込選びに優先するポイントは人それぞれ。
    まずは「低金利」「家族へのバレにくさ」など、何かしらの重視ポイントを決めた上で、あなたに合ったカードローンを絞り込んでいけると良いですね。

    CHECK全112の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう
    CHECK「実際の借入金利が低い順」24カードローン一覧:各ローンの代償デメリットも

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    消費者金融に比べ、低金利で借り入れできるのが銀行カードローンの魅力です。
    とはいえ、その内容は会社ごとに違います。周囲にバレにくい、24時間振込対応ありなど、自分がこだわっているポイントを明確にし、銀行を選んでいくと良いでしょう。
    また、給与の振込みや公共料金などの引き落としをしている銀行の場合、表示されている金利より優遇されることもあります。気になる銀行があったら特徴を確認し、自分にあった銀行を選びましょう。
    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。