銀行カードローンの即日融資、停止へ!(2018年1月〜) 審査はどうなる?限度額は?

銀行カードローンの即日融資、停止へ!(2018年1月〜) 審査はどうなる?限度額は?

<2018年1月追記>

最新の銀行カードローンの融資スピードは、こちらの記事を参考にしてください。
CHECK【2018新情報】大手銀行に聞いた最新の審査&融資スピード

9月15日、各新聞社が一斉に報じたことによると「2018年1月より、銀行カードローンが一斉に即日審査・即日融資を取りやめる」見通しが立ったということ。

CHECK産経新聞「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ

以前から銀行カードローンの「貸しすぎ」は問題になっていながら、特に法律の整備などはされていない状況でしたが……。

各銀行カードローンが即日審査・即日融資を取りやめることで、今後のカードローン業界はどのように変わっていくのでしょうか?
専門的な観点から、予測してみました!



銀行カードローンが各方面から批判されている理由は何?

銀行カードローンが各方面から批判されている理由は何?

実は以前より、行政や国会などの各方面から批判を浴びている銀行カードローン。
その理由と、今回の「即日審査取りやめ」に至る過程を解説していきます。

①銀行カードローンの「貸しすぎ」は以前から問題視されていた

アコムプロミスといった消費者金融会社(いわゆるサラ金)やオリコなどの信販会社(クレジットカード会社)は貸金業法という法律に縛られています。

この貸金業法で最も有名なのが「総量規制」に関する項目。
内容は「契約者の年収の3分の1を超えるお金を貸し付けてはならない」というもので、この制限は貸金業者(消費者金融、信販会社)全体に適用されます。
つまり、年収300万円の人がアコムで50万円、プロミスで50万円を借りていたら、貸金業者から追加融資を受けることはできないわけですね。



2017年現在、銀行カードローンの平均上限金利は14.5%程度。消費者金融の18%に比べると、言うまでもなく低金利です。
その上「総量規制の対象外で、大きなお金を借りやすい」さらに「融資スピードも速い」となると、消費者金融ではなく銀行カードローンを使わない理由はほぼありません。実際、銀行での借入残高合計は2017年には消費者金融の2倍以上となっていました。

もともと、「総量規制」が整備されたのも消費者金融業界の「貸しすぎ」が問題となり、自己破産などに陥る人が増えたから。
現在では同じように、銀行が「お金を貸しすぎるせいで返済不能に陥る人が増えているんじゃないのか」といった理由で批判を受けているわけですね。

②消費者金融や信販会社に審査を丸投げしていたことが騒動の原因?

ただし、今回「即日審査取りやめ」の直接の原因となったのは「貸しすぎ」の件のせいではありません。

現在、確認できている限りすべての銀行カードローンに「保証会社」がついています。
保証会社とは名前の通り、契約者の保証人の代わりとなる会社のこと。
何らかの理由で借りたお金を返済できなくなった時に、借金の肩代わり(もしくは一時立て替え)を行ってくれるわけですね。

そして、銀行カードローンを利用できるのは保証会社にとってよりリスクが少ないと判断された人。つまり、現在銀行カードローンの審査はほぼすべて、保証会社が行っているわけです。

銀行、保証会社、契約者の関係性

この保証会社は、主に消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)といった、審査のノウハウを持った組織が選ばれます。
そのこと自体に、さほど問題はないのですが……。

各銀行(とくに地方銀行)の窓口に審査に関する問い合わせを行ってみると、「審査は保証会社が行うので、こちらからは何とも……。」といった回答をもらうことが非常に多いんです。
つまりこの場合、銀行が提供しているカードローンなのに、銀行自体は審査の内容をほとんど把握していないわけですね。
下手をすると、「○○銀行カードローンへの問い合わせ窓口」といった名目で保証会社に繋がる電話番号が掲載されていることさえあります。

今回、「即日審査取りやめ」の直接的な原因となったのは、「大手銀行が保証会社の審査を通し、暴力団関係者に融資を行っていたことが判明した」件のせい。
……とは言え、仮に審査を銀行本体が行っていたからと言って、審査結果が変わったかというと疑問が残るところです。

③「即日審査自粛」の本当の狙いは世間に向けてのアピールでは?

おそらく、今回の「即日審査自粛」の取り決めには

  • 後述の「警察庁へのデーターベース照合」を通し、社会的に正当な融資を行うというアピール
  • 即日審査を取りやめることで新規申し込み者や貸付残高を減らし、「貸しすぎ」に関する批判をかわす

といった二重の狙いがあるのでしょう。

<どうして銀行は、こんなに積極的にカードローンを取り扱っているの?>

実は現在、銀行カードローンのCM放映数は消費者金融の2倍に上るとのこと。
各銀行がこれほど積極的にカードローン商品を推し進める理由とは、一体何なのでしょうか?
 
おそらく、大きな原因となっているのが「マイナス金利政策」。
簡単に言うとあらゆる金利が下がったこの政策のために、銀行経営の大きな柱である「企業への大口融資」や「住宅ローンなどの大口融資」で得られる収益が激減してしまいました。
そこで、一人当たりの貸付額は多くないながらも、14%前後の金利で安定した利息収入を得られるカードローンへ注力するようになったわけですね。
 
また上に図解したように、銀行には保証会社が付いているため、仮に契約者が自己破産を行っても死亡しても、残りの債務は保証会社が支払ってくれます
 
もちろん保証会社を利用するのもタダではありませんが、その代金は金利に含まれている=結局はローンの利用者が支払うことに。
というわけで、カードローンは個人向け融資でありながら、銀行にとって限りなくリスクの低い商売なわけです。

2017年後半~2018年、銀行カードローンの審査はどうなるの?


2017年後半~2018年、銀行カードローンの審査はどうなるの?

即日審査が取りやめられることで、今後の銀行カードローンはどのように変わっていくのでしょうか?

①大口融資の自粛は都市銀行を中心に、今後も続きそう

何度も報じられては消えていく、「銀行カードローン版 <総量規制>」の案。
行政や金融庁の現状の方針は「各銀行の自主規制に期待する」といった形のようで、今すぐに「貸しすぎ」を制御する法律は作られそうにありませんが……。

銀行業界に大きな圧力がかけられていること自体は確かなようで、2017年の上半期から、都市銀行をはじめとする多くの銀行が「大口貸付の自粛」を行っています。
最も分かりやすいのが「みずほ銀行」の発表例で、2016年まで「年収の2分の1まで」と制定していた貸付額を、「最大でも年収の3分の1まで」という形に一気に引き下げました。

「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」、その他「福岡銀行」などの大手地方銀行も、それまで「○百万円まで収入証明書不要」としていたところを「50万円を超える申込の場合は、所得証明が必要」と基準を厳格化。

今後は貸付残高を毎月公表する動きもあるようで、銀行の立場に立ってみると積極的な融資はより難しくなることでしょう。
とくに批判を浴びやすい都市銀行や大手地方銀行で、大きな金額を借りることは今後ますます難しくなっていきそうです。

一方、オリックス銀行などの比較的新鋭の銀行カードローンへ問い合わせを行ったところ、「年収の3分の1を超えるお金を貸すこともある」という回答が。
少なくとも2017年8月現在、インターネット銀行や新鋭の銀行に大きな圧力は掛かっていないようです。
各銀行の足並みには、かなりばらつきがあるようですね。

②【2018年】警察庁へのデータ照合を行うことで、審査には数日以上を要することに

【2018年】警察庁へのデータ照合を行うことで、審査には数日以上を要することに

東京新聞の報道には、以下のような記載がありました。

導入するのは銀行が新規融資の申し込みを受けた場合、預金保険機構を通じて警察庁のデータベースに接続し、反社会的勢力に関係がないかを確認する仕組み。運用が始まれば融資審査に数日ほどかかるようになる。
引用東京新聞「銀行、個人即日融資停止 来年1月 カードローン縮小も」

報道の通り、2018年1月からは審査において警察庁へのデータベース照会が行われるとのこと。

とは言え、現在も「個人信用情報機関」への照会(いわゆる「クレヒス」のチェック)は自動的に行われていますので、なぜ警察庁を通すことで数日以上の時間が掛かるのか?といった点には疑問も残ります。
保証会社頼りの審査が批判されているため、銀行本体が審査に参加することになるのでしょうか?
そうなると、銀行カードローンの審査はやや厳しくなるかもしれませんね。

「前科があると借りられないのか」「足を洗っていても借りられないのか」「そもそもすべての銀行に警察庁データへの照合が義務付けられるのか」といった詳細はいまだ不明となっています。

今後のカードローン業界の動きを予測!

今後のカードローン業界の動きを予測!
最後に、現在の情勢の動きから今後のカードローン業界の展望を予測してみました!

①スピード融資は再び消費者金融の専売特許へ

各新聞社が報じたところによると、警視庁のデータベースへ照合を行うことで審査に数日以上の時間が必要になるとのこと。
なぜ機械的な照合にそこまで時間が掛かるのかは不明ですが、少なくとも現在のように銀行カードローンが「最短30分」といったスピード審査を行うことは難しくなるでしょう。

となると、2018年以降に即日融資を受けるためには、プロミスアコムといった消費者金融会社を選ぶことはほぼ必須になりそう。
貸金業法の改正前(総量規制の制定前)と同じく、スピード融資は再び消費者金融会社の専売特許となるわけですね。

基本的には「早く借りたいなら消費者金融」「低金利で借りたいなら銀行」といった棲み分けが、より明確となることでしょう。

②貸付自粛に伴い、大手銀行カードローンの審査はやや厳しくなりそう

貸付自粛に伴い、大手銀行カードローンの審査はやや厳しくなりそう

過剰な貸付が批判にさらされている銀行カードローン業界。
今後、貸付残高を毎月公表することになると、銀行が1ヶ月当たりの合計貸付額を制限することになると考えられます。

そうなると、銀行はより貸し倒れのリスクが少ない=経済力と信用のある人を優先して融資を行うことになるでしょう。
当然、その分審査通過は難しくなると考えられるわけですね。

この傾向は大手銀行(大手地方銀行含む)でより強くなると予測されます。
店舗数の多い、有名な銀行で借りることは今後どんどん難しくなっていくことでしょう。

③信用金庫などのローンが意外な「抜け道」となる可能性も?

大手銀行が批判の的になっているため、あまり目立つことはありませんが……。
実は各信用金庫や労働金庫、一部のJAもカードローンを積極的に取り扱っています。

警察庁へのデータ照合を行うことを決めたのは「全国銀行協会」ですから、信用金庫などの「銀行でない」金融機関は今回の騒動にほぼ関係がありません。
となると、今後これらの金融機関がスピード融資のノウハウを手に入れたとすれば、銀行よりもより便利に利用できる可能性があるわけですね。

現在、これらの金融機関でお金を借りようとすると少なくとも1週間程度の時間が必要となりますが……。
銀行カードローンの貸付自粛により、カードローンの利用希望者が信用金庫などに流れ着く可能性も高いでしょう。となると、より充実した審査体勢が必要になります。
ここでスピード融資に対応した保証会社を付ける……となると、完全に現在の銀行カードローンと同じ構図が出来上がるわけですね。

信用金庫などのローンには、いまだ大口貸付自粛の動きがほとんど出ていないこともあり、今後は「消費者金融」「銀行」に並ぶ「第三の選択肢」として台頭してくる可能性もゼロではありません。

まとめ

まとめ

★銀行カードローンは2018年1月より、審査中に警察庁データへの照会を行う方針へ。
審査に数日以上の時間を要することになり、実質即日融資停止となる
★大手銀行を中心に貸付自粛の動きが強く出ており、今後はより審査が厳しくなることも考えられる
★今後は「借入を急ぐなら消費者金融」「低金利で借りたいなら銀行」といったように利用者が二分されそう
★総量規制の対象外である信用金庫などのカードローンが、第三の金融機関として台頭してくる可能性も

新鋭銀行やインターネット銀行が今後どうなっていくかなど、いまだ不明点も多いものの……。
大手銀行でお金を借りることは、今後間違いなく難しくなると考えてよいでしょう。

これから2018年にかけて、各銀行カードローンは一斉に商品改定(リニューアル)を行うとも考えられます。
銀行カードローンの利用を検討する場合には、必ず公式HPの最新情報を確認してくださいね。

CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総まとめ



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。