キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【三菱UFJ銀行バンクイック】メリットに隠れた3つの「デメリット」とは

    【三菱UFJ銀行バンクイック】メリットに隠れた3つの「デメリット」とは

    「趣味関係の出費のため、使い道を問われないカードローンを利用したい。
    いつも使っている<三菱UFJ銀行>のローンなら、安心して申し込めそうだけれど…?」

    三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」は、全国の銀行ローンの中でも非常に高い人気を誇ります。

    もちろん第一の理由は、単に「三菱UFJ銀行ユーザー自体が多い」というものだと思われますが……。
    「自宅への郵送物なしで契約できる」「口座開設なしで利用できる」「比較的審査に通りやすい」といった、銀行ローンにしては珍しいメリットはやはり見逃せないところ。
    ……とは言え、デメリットが何一つないカードローンは存在しないのが実情であり、「バンクイック」へ申し込みを行う前にも目を引くメリットの裏に隠れたデメリットを把握しておくべきと言えます。

    そこで今回は、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の「デメリット」に注目し、その軽減方法や、代わりの申込先候補等を詳しくまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたがデメリットを受け入れた上で「バンクイック」へ申し込むべきか否かが分かります。

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」
    金利1.9%~14.6%限度額10万円~500万円
    審査スピード最短1営業日申込~融資に掛かる時間最短1営業日
    申込条件
    (公式HPより)
    • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
    • 原則安定した収入があるお客さま。

    ※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります

    その他
    • 口座開設不要
    • 「テレビ窓口」を使った「来店契約時」に限り、郵送物なしで契約・利用可(運転免許証必須)

    三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
    実質年利1.8%~14.6%限度額500万円
    審査スピード公式HP参照口座開設 -
    融資スピード公式HP参照借入判断あり
    備考
    • 融資スピードが速い!
    • 土日祝日でも融資可能
    • 金利が低いため、借り換えにも最適
    • 審査は同じグループの、アコムが行う

    「三菱UFJ銀行バンクイック」申込前に知っておくべき3つのデメリット

    「三菱UFJ銀行バンクイック」申込前に知っておくべき3つのデメリット
    それでは早速、「三菱UFJ銀行」の「デメリット」についてお話しさせて頂きましょう。

    ①金利はごく普通、低金利での借入を希望するなら他社を選ぶのが無難

    「バンクイック」は、特におトクさに優れたカードローンではありません

    「バンクイック」の掲げる14.6%という上限金利は、銀行カードローン内において「ごく普通」なもの。
    消費者金融会社(アコムなど、上限金利18%程度)に比べ低金利であるのは確かですが……。
    少しでもおトクに借りたい、という場合にはバンクイックより金利の低い、他社ローンの存在はどうしても気になるところです。

    ★低金利カードローンと三菱UFJ銀行「バンクイック」の比較
    限度額50万円以下限度額100万円限度額200万円
    三菱UFJ銀行「バンクイック」13.6%
    ~14.6%
    10.6%
    ~13.6%
    イオン銀行カードローン11.8%
    13.8%
    8.8%
    ~13.8%
    5.8%
    ~11.8%
    【口座】ソニー銀行カードローン13.8%9.8%8.0%
    【口座】りそな銀行カードローン13.5%
    同行利用状況に応じた金利優遇あり
    10.0%
    ※同左
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    ※目安年収400万円~
    4.5%
    9.5%
    ※最低限度額100万円
    ※借入上限額は年収の3分の1
    4.5%
    ~8.5%
    【口座】住信SBIネット銀行カードローン(プレミアムコース)
    ※目安年収400万円~
    7.99%
    同行利用状況に応じた金利優遇あり
    6.39%
    6.99%
    ※同左
    【口座】:指定口座の開設&同口座を使った返済必須

    特にアイフル「ファーストプレミアムカードローン」は、「口座開設不要」「郵送物なしで契約可」といったメリットが「バンクイック」と重複します。
    あなたが安定収入(目安年400万円~)を得ているのなら、まずはそちらのローンをチェックしてみるのもアリでしょう。

    CHECKアイフル「ファーストプレミアムカードローン」メリット・デメリットと契約の流れ

    ファーストプレミアムカードローンの利用が難しい場合には、口座開設不要で「バンクイック」より0.8%低い上限金利を実現させている「イオン銀行カードローン」が有力な申し込み先候補となりそうです(ただし郵送物の回避は不可)。

    ★ちなみにバンクイックの提示金利は「1.8%~14.6%」。
    このうち下限金利「1.8%」が適用されれば全国的に見ても「超低金利」であることは間違いありませんが……。
    これが適用されるためには「400万円超の限度額+最大限の金利優遇」が必要であり、ほとんどの方にとって現実的ではありません。
    金利優遇の基準が曖昧なこともあって、原則としてカードローンの金利は上限金利(=各社の掲げる最高の金利、バンクイックの場合は14.6%)を基準に比較するのが良いでしょう。

    参考「三菱UFJ銀行バンクイック」限度額ごとの適用金利
    借入限度額適用金利(審査に応じ決定)
    10万円~100万円13.6%~14.6%
    100万円超過~200万円10.6%~13.6%
    200万円超過~300万円7.6%~10.6%
    300万円超過~400万円6.1%~7.6%
    400万円超過~500万円1.8%~6.1%

    もちろん、大きな契約を結ぶ自信がある場合はその限りでないものの……。
    都市銀行系カードローンの限度額は「安定収入のある、審査上のマイナス点を持たない正規雇用者」であってさえ、年収の3分の1か、それをやや上回る程度が目安となります。

    CHECK2.「三菱UFJ銀行バンクイック」ユーザー14名に聞いた、審査結果と契約の感想

    ②郵送物の回避には「来店契約」と「運転免許証の所持」が必須

    「三菱UFJ銀行バンクイック」において、しばしば最大のメリットとされるのが「郵送物なしで契約できる」こと。消費者金融会社でこそ珍しくないこの利点ですが、実は銀行カードローンにおいて非常に珍しいサービスとなっています。
    (口座開設不要&郵送物なしで契約できる銀行ローンは、確認できている限り他に三井住友銀行カードローンのみ)

    ……が、バンクイックの場合、すべての利用者が「郵送物なし」で利用できるわけではありません
    こちらのローンで自宅への郵送物を回避するためには、「テレビ窓口」と呼ばれるブース(三菱UFJ銀行店舗内に設置)内でのカード受取が必須となるのですが……。

    三菱UFJ銀行公式HP テレビ窓口
    ▲三菱UFJ銀行公式HPより

    この「テレビ窓口」利用には、契約時の必要書類とは別に「運転免許証」の提示が求められるんですね。
    要は「バンクイック」を郵送物なしで利用できるのは、「テレビ窓口への来店が可能な、運転免許証所有者だけ」というわけです。

    もちろんこの条件さえ達成できるなら(あるいは自宅への郵送物が気にならないなら)何の差し障りもありませんが……。
    「近くにUFJ銀行店舗が無い」「運転免許を持っていない」かつ「自宅への郵送物を避けたい」という場合には、他社ローンへの申し込みを優先して検討したいところです。

    ★「バンクイック」以外の郵送物を避けやすいカードローン
    上限金利郵送物回避の条件
    三井住友銀行カードローン14.5%来店契約
    またはすでに三井住友銀行口座を持っていること
    プロミス17.8%
    (30日間無利息)
    インターネットカードレス契約(WEB完結)または来店契約
    (=特に希望しない限り郵送物なし)
    レイクALSA18.0%
    (60日間無利息または180日間5万円無利息)
    アコム18.0%
    (30日間無利息)
    来店契約
    アイフル18.0%
    (30日間無利息)
    インターネットカードレス契約(WEB完結)または来店契約
    (=特に希望しない限り郵送物なし)
    SMBCモビット18.0%諸条件あり

    CHECK【即日VS銀行】郵送物なしで借りれるカードローンはここだ!おすすめ3選と注意点

    ③毎月の返済額が軽く、意識的に追加返済を行わないと多額の利息が発生しやすい

    「バンクイック」における、毎月の最低返済額は2,000円(借入額10万円以下のとき)。
    このように当ローンにおける毎月の返済額はかなり軽く、良く言えば家計への負担を抑えて利用しやすいのですが……。

    「毎月の返済額が軽い」ということはすなわち、「それだけ返済に時間が掛かりやすい」つまり「長期にわたり利息が発生しやすい」ということ。
    これについては、実例をご覧頂くのが一番でしょう。

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」で100万円を借りた場合の支払い総額例(金利14.6%)
    毎月最低返済額のみを返済
    (20,000円→18,000円
    →16,000円→(中略)
    →4,000円→2,000円
    2,151,122円
    (281回/21年5ヶ月)
    一貫して毎月3万円を返済1,290,367円
    (44回/3年8ヶ月)
    差額860,755円

    ご覧の通りこのローンで最低返済額、つまり「銀行の請求通り」の支払いを続けていくと、知らないうちに多額の(しばしば借入額以上の)利息を支払うことになってしまいます。

    バンクイックに限ったことではありませんが、ローン利用分に応じた利息(サービス料)は返済の際に自動的に徴収されます(元利)。
    そして金利14.6%のとき、バンクイックで生じる利息は「10万円を30日借りるごとに、ちょうど1,200円」
    一方で10万円を借りているときの「バンクイック」最低返済額は2,000円ですから、実に毎月返済額の6割程度を利息として持っていかれかねないわけですね……。
    (=返済額のうち、元金返済=借入残高の清算に充てられるのは4割程度。この例の場合は800円)

    とは言えこの問題は、上の表を見ても分かる通り「毎月の返済額を増やす」(=元金返済に充てるお金を増やす)ことで対処可能。

    バンクイックでは「ATM入金」(三菱UFJ銀行口座があればインターネットバンキングを使った振替も可)による追加返済(任意返済/繰上返済)が可能です。
    知らないうちに多額の利息を支払ってしまわないため、積極的な追加返済は必須と言っても良いでしょう。

    「バンクイック」最低返済額は以下の通りです。

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」最低返済額(適用金利8.1%超のとき)
    借入残高返済額
    10万円以下2,000円
    10万円超~20万円4,000円
    20万円超~30万円6,000円
    30万円超~40万円8,000円
    40万円超~50万円10,000円
    50万円超~60万円12,000円
    60万円超~70万円14,000円
    70万円超~80万円16,000円
    80万円超~90万円18,000円
    90万円超~100万円20,000円
    ※金利14.6%のとき、発生し得る最高の利息額は「借入残高の6割」程度
    ※100万円を超える借入時、または8.1%以下の金利が適用される場合の最低返済額については、バンクイック公式HPをご覧ください。

    「返済を続けることで借入残高が減ると、返済額も減額される」という仕様のせいで、余計に返済に時間が掛かりやすくなってしまっています。あらかじめご注意ください。

    最低返済額通り返済を続けた場合の、実際の計算例
    ▲最低返済額通り返済を続けた場合の、実際の計算例(一部抜粋)

    ★積極的に追加返済を行っていく自信がないなら、あえて「最低返済額の高いローン」を選んでみるのもアリかもしれません。
    詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK25社カードローン徹底比較!最低返済額編:借入額別の金利比較付き

    ★「バンクイック」の返済についてより詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK【バンクイックの返済総まとめ】支払額の6割を銀行に徴収されない方法と毎月の返済日他

    三菱UFJ銀行の口座開設義務は無いが、口座が無いと借入・返済はやや面倒

    「バンクイック」を利用するにあたり、三菱UFJ銀行の口座を開設する必要はありません。
    ……が、やはり「口座があるに越したことは無い」のは事実で、主に「郵送物なし」を目的に口座なしで申し込みを行った場合、借入・返済方法は以下のように限定されることとなります。

    三菱UFJ銀行の口座あり三菱UFJ銀行の口座なし
    借入方法ATM出金
    インターネットバンキングからの振込
    ATM出金
    返済方法自動引き落とし
    ATM入金
    銀行振込(インターネットまたは電話による手続き)
    ATM入金

    三菱UFJ銀行の口座なしに「バンクイック」へ申し込む場合には、あらかじめご確認ください。

    とは言え利用できるATM自体は多く、借入・返済の際に手数料が生じることもありません。

    CHECKバンクイックの契約について>基本の借入は「ATM出金」で、口座があれば振込融資も可

    「三菱UFJ銀行バンクイック」ユーザー14名に聞いた、審査結果と契約の感想

    「三菱UFJ銀行バンクイック」ユーザー14名に聞いた、審査結果と契約の感想
    今回任意の「銀行カードローン」ユーザーを対象にアンケート調査を実施したところ、最も多くの回答が集まったのが「バンクイック」でした。(次点は楽天銀行スーパーローン)

    というわけで、全国から申し込めるローンの中でも特に人気の高い「バンクイック」ですが……。
    実際の利用者はどのような属性(ステータス)でこのローンの審査に通過し、どういった感想を抱いているのでしょうか。簡単にまとめさせて頂きました。

    ★スペースの都合上掲載しておりませんが、いずれもアンケート回答の際に「会員ページのスクリーンショット」等を添付頂いております。情報の信憑性は高いと言って良いでしょう。

    ①「バンクイック」申込者14名の審査通過データ

    まずはこれまで確認されている、「バンクイック」申込経験者14名の審査通過情報をご覧ください。

    今のところ否決報告は確認されていません。いずれも審査通過例となります。

    ★これまで確認されている「三菱UFJ銀行バンクイック」審査通過データ
    申告年収職業勤続年数他社債務
    (リボ含む)
    適用
    金利
    適用
    限度額
    100万円◇パート
    アルバイト
    2年不明
    ※おそらく他社債務なし、限度額10万円
    220万円パート
    アルバイト
    10年60万円

    • 三井住友銀行50万円
    • プロミス10万円
    14.6%10万円
    240万円契約社員不明不明おそらく
    14.6%
    100万円
    250万円◇会社員
    (非上場)
    1年50万円

    • りそな銀行30万円
    • ショッピングリボ20万円
    14.6%50万円※
    252万円会社員
    (非上場)
    1年未満20万円
    (カレッヂ)
    14.6%30万円※
    260万円会社員
    (上場)
    1年なし14.6%50万円※
    300万円会社員
    (非上場)
    1年35万円

    • 地方銀行カードローン30万円
    • ショッピングリボ5万円
    14.6%120万円
    300万円◇会社員
    (非上場)
    1年なし13.6%?50万円※
    350万円◆契約社員8年70万円

    • アコム40万円
    • クレカキャッシング30万円
    14.5%40万円
    400万円会社員
    (非上場)
    5年180万円

    • アコム50万円
    • レイク30万円
    • ショッピングリボ100万円
    12.0%10万
    400万円会社員
    (非上場)
    7年143万円

    • クレカキャッシング73万円
    • ショッピングリボ70万円
    14.6%130万円
    450万円会社員
    (非上場)
    5年なし10.60%200万円※
    700万円会社員
    (上場)
    8年120万円
    (アコム)
    14.60%50万円
    950万円会社員
    (非上場)
    31年リボ2社
    銀行カードローン1社
    (詳細不明)
    7.1%240万円※
    (推定おまとめ)
    ※:2017年3月の、全国銀行協会「申し合わせ」(簡単に言うと各銀行への「貸しすぎ」を控えるよう要請する通達)より前の審査結果
    ◇:配偶者による生活費負担あり
    ◆:配偶者以外(主に両親)による生活費負担あり

    意外と他社借入のある方の申し込みが目立ちますね。ちなみに銀行カードローンにおいて、「年収220万円、アルバイト、他社借入2件60万円」という属性で可決結果が出るのは珍しいです。(類似の属性の方は楽天銀行で審査落ち)
    年収100万円での審査通過が確認されていることもあって、銀行カードローン内だけで比べたなら審査は割と柔軟な方と考えて良いでしょう。

    また2017年3月の「申し合わせ」後も100万円を超える限度額の適用報告は複数確認されており、返済能力さえ認められれば高限度額も十分に狙って行けそうです。
    (とは言え高限度額を最重視するなら楽天銀行住信SBIネット銀行あたりの選択推奨)

    ②「バンクイック」ユーザー7名の自由な感想

    ここではアンケートに回答して下さった14名の中から、年齢も属性もバラバラな7名の方の「感想」を紹介させて頂きます。

    ★三菱UFJバンクイックユーザー7名による審査結果・契約の感想
    契約条件感想
    20代
    年収220万円
    アルバイト(10年)
    他社借入2社60万円
    限度額10万円
    (金利は不明、おそらく14.6%)
    借りては返す、借りては返すの繰り返しになっている現状
    40代
    年収250万円
    会社員(1年)
    安定収入ある配偶者あり
    他社借入1件30万円
    +リボ1社20万円
    限度額50万円
    金利14.6%
    返済がコンビニATMでも手数料なしで返済できるのは良かった。
    20代
    年収252万円
    会社員(1年未満)
    他社借入1件20万円
    限度額30万円
    金利14.6%
    審査結果で(希望)枠通り借りられたのは良かった。30万円満額キャッシングしても返済額は月6000円ほどだった為、そこまで圧迫されることはなかった。
    延滞時は銀行の為か非常に厳しいです、他も延滞した経験がありますが、期日を過ぎるとしつこいぐらい電話が何回もかかってきます
    40代
    年収300万円
    会社員(1年)
    限度額50万円
    金利13.6%
    待ち時間もそんなになく審査は終わったと思います。UFJ銀行のATMで24時間返済できるので便利だと思います。
    30代
    年収300万円
    会社員(1年)
    他社借入30万円+リボ残高5万円
    安定収入ある配偶者あり
    限度額120万円
    金利14.6%
    審査結果はすぐに分かった(※現在は不可)し、対面せず作れた。
    もともと給与口座を持っていた銀行なので返済も引き落としで便利。
    30代
    年収700万円
    会社員(8年)
    他社借入1社120万円
    限度額50万円
    金利14.6%
    特にその後連絡もなく、その日の朝に返済の引き落としができなかった場合にメールでお知らせが来るので返済を忘れないで済む
    50代
    年収950万円
    会社員(31年)
    複数の他社借入あり(詳細不明)
    限度額240万円
    金利7.1%
    やはり勤務先への電話や自宅への郵便物は抵抗感が高く、それらがない業者を選んでしまう。
    ※いずれも信用情報問題なし
    ※特に記載のない限り、他社借入なし

    このローンの利用の感想としては、「返済の際の勝手の良さ」が口座所有者を中心に多く聞かれますね。
    あまり良くない感想の内容も「借りては返すの状態になってしまった」「延滞すると催促がうるさい」といった、バンクイックというより利用者側の事情によるものですので、先述のように「積極的に追加返済ができる範囲内での借入」であれば、そこまで不安に思わなくても良いでしょう。

    ……とは言えこのあたりの返済管理に自信がないのなら、やはり毎月の返済額が軽い(=意識的に返済しないと借入残高が減りにくい)「バンクイック」の利用はリスキーと言えそうです。

    「三菱UFJ銀行バンクイック」申し込み~借入の流れ

    「三菱UFJ銀行バンクイック」申し込み~借入の流れ
    ここからは、各デメリットを把握した上でやはり「バンクイック」へ申し込みたい、というあなたのため、おおまかな契約の流れを解説させて頂きます。

    ①おおまかな契約の流れ

    「バンクイック」における基本の契約の流れは以下の通り。ここでは需要の高い、「来店契約」の流れを紹介させて頂きます。

    「三菱UFJ銀行バンクイック」
    来店契約の流れ

    インターネットから申し込み
    必要書類のインターネット提出
    電話またはメールで審査結果連絡
    (ここまで最短1営業日)
    お近くの三菱UFJ銀行「テレビ窓口」
    「テレビ窓口」を使い契約手続き、カード受取
    ※運転免許証必須
    併設のATM(または提携ATM)を使い自由な借入が可能に
    利用明細などの送付なし

    ※テレビ窓口を使わず、インターネット上で契約手続きを済ませ郵送でカードを受け取ることも可能です。(郵送受取なら運転免許証不要/ただし借入可能になるまでには申し込みから1週間~の日数が掛かります)

    審査に必要な時間は「最短1営業日」と銀行カードローンにしてはスピーディ。
    2018年から全銀行ローンに警察庁データ照会が義務付けられた影響により、現在「バンクイック」で「即日審査」「即日融資」を叶えることはできませんのでご承知おきください。

    ★「テレビ窓口」設置場所については以下の公式HPをご覧ください。

    CHECK三菱UFJ銀行公式HP「店舗・ATM検索>テレビ窓口」

    ★テレビ窓口の営業時間は「平日9時~18時」「土曜日10時~18時」(日曜日休業)です。
    通常の銀行窓口に比べれば利用しやすいものの、大手消費者金融会社の無人店舗や三井住友銀行の「ローン契約機」に比べると営業時間が限定的である点にはご注意ください。

    ★「テレビ窓口」での申し込みも可能ですが、即日審査を受けられない今、わざわざ申し込みのためだけに店舗を訪れるメリットはありません。

    ②バンクイックの契約に必要な書類

    「バンクイック」の契約に必要な書類は以下の通りです。

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」の必要書類
    審査前に提出全利用者
    本人確認書類いずれか1点
    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • 個人番号カード(マイナンバーカード)
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード(写真付き)
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    希望限度額が50万円を超える場合
    収入証明書類いずれか1点
    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 住民税決定通知書
    • 納税証明書その1、その2
    テレビ窓口本人確認書類運転免許証

    「テレビ窓口」でなく「郵送」でカードを受け取る場合には、「健康保険証」1枚での契約も可能でしょう。

    各書類は原則「スマートフォンなどで撮影した書類を、所定の場所にアップロード」する形で、簡単に提出することができます(他FAXやテレビ窓口、郵送による書類提出も可)。

    ★収入証明書類として認められるのは、「前年度の年収を確認できるもの」のみとなります。
    給与明細はこれに該当しません。あらかじめご確認ください。
    (=50万円超の契約を狙えるのは勤続1年以上の、前年度年収を提出できる方のみ)

    CHECK【職業別】すぐ分かる!収入証明書類の入手方法とよくある質問

    ③在籍確認は「銀行名を名乗る形」で実施される

    カードローンの契約を結ぶにあたって、気になりやすいのが「在籍確認(勤務先確認)」
    バンクイックはこれについて公式HPにて、「審査の際に勤務先へ電話を掛けることがある」と明記していますが……。

    これについてもう少し詳しく知るべく、実際に「バンクイック」窓口へ電話を掛けてみました。

    【管理人】山本
    審査の際、勤務先に電話が掛かってくることはありますか?
    バンクイックの回答
    はい、お勤めの方であればお勤め先にお電話を、三菱UFJ銀行の名前でご連絡させて頂いております。
    【管理人】山本
    社会保険証の提出などをもって電話の代わりとすることはできませんか?
    バンクイックの回答
    審査の一環とさせて頂いておりますので…申し訳ありません
    (2019年10月問い合わせ分)

    というわけで確認が必要な場合、利用者の意思にかかわらず電話連絡が行われる、というのがバンクイックの方針なようですね。これ自体は銀行カードローンにおいてまったく珍しくない対応です。

    その一方で、「銀行名を名乗って在籍確認を行う」というカードローンは少数派。
    ですが「三菱UFJ銀行と言えばカードローン」と考える方はまずいないでしょうから、勤務先へのキャッシングバレを気にするのなら「銀行名を名乗った在籍確認」はむしろメリットと言えそうです。

    「銀行から何の用事?」と聞かれても、「資産運用の宣伝」「キャッシュカードを失くしてしまったので」といったごまかしも利きやすいことでしょう。

    ★実際の利用者による、在籍確認に関する感想

    • 審査の過程で職場に確認の電話が入ったが、「三菱UFJ銀行ですが…」とかかってきたようで気まずかった。(40代)
    • 職場確認があるかどうかが非常に不安だったが、結果「三菱UFJ銀行の方からお電話」という形で電話が入り、周りの目を気にすることなく電話できた。(20代)

    ★それでも絶対に勤務先に電話が掛かってくるのは避けたい、という場合には以下のページをご覧ください。

    CHECK在籍確認なしのカードローンはどこ?会社への電話連絡なし&低金利のカードローンを徹底調査

    ④基本の借入は「ATM出金」で、口座があれば振込融資も可

    「テレビ窓口」、もしくは「郵送」でカードを受け取ったなら、利用限度額の範囲内で自由な借入が可能となります。
    具体的な借入方法は「ATM出金」「銀行振込」の2種類。とは言え「銀行振込」を利用できるのは「三菱UFJ銀行」口座をお持ちの場合に限られますのでご注意ください。

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」の借入方法
    手続き方法概要
    ATM出金
    • 利用できるATMは以下の4種
       ○三菱UFJ銀行ATM
       ○セブン銀行ATM
       ○ローソンATM
       ○E-netATM(ファミリーマート等)
    • いずれも手数料無料、返済にも利用可
    銀行振込インターネット会員ページからの振込依頼
    • 振込先は「三菱UFJ銀行」口座のみ
    • 当日振込対応には14時までの振込手続き必須
      (振込申込~反映までにタイムラグあり、24時間振込や自動振込のサービスなし)
    電話を使った振込依頼

    振込先が限られるわりに、三井住友銀行のような即時振込・24時間振込に対応していないのはやや気になるところ。
    あなたが三菱UFJ銀行の口座をお持ちであっても、借入を急ぎたいなら「ATM出金」を利用した方が良いでしょう。

    ATMに関しては三菱UFJ銀行のものに加え、大手コンビニATMまでも常時手数料無料で利用可能となっています。これは素直に嬉しいポイントですね。

    ★ATMの操作方法や振込依頼方法について詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECK三菱UFJ銀行公式HP「お借入方法」

    まとめ

    まとめ

    • 「三菱UFJ銀行バンクイック」利用上のデメリットは以下の通り。
       ○金利は平凡で、おトクさ重視ならより優れたローンが他にある
       ○郵送物の回避に条件あり(来店契約+運転免許証の所持)
       ○毎月の最低返済額が安く、意識的な返済を行わないと多額の利息が発生しやすい
       ○三菱UFJ銀行の口座が無くても利用できるが、借入・返済の方法は限られる
    • 一方で利用上のメリットは「口座開設なし・郵送物なしで契約できる貴重な銀行ローン」「銀行系の中では比較的審査に通りやすい」「三菱UFJ銀行ユーザーなら返済の勝手が良い」といったところ

    指定口座を開設することなく、広い層から申し込みやすい「三菱UFJ銀行バンクイック」
    実際に人気の高いローンではありますが、申し込みの際にはメリットばかりを追いかけず、「意識的な返済と、そのための自己管理の重要性が高い」といったデメリットをしっかり把握しておきたいところです。

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」
    金利1.9%~14.6%限度額10万円~500万円
    審査スピード最短1営業日申込~融資に掛かる時間最短1営業日
    申込条件
    (公式HPより)
    • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
    • 原則安定した収入があるお客さま。

    ※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります

    その他
    • 口座開設不要
    • 「テレビ窓口」を使った「来店契約時」に限り、郵送物なしで契約・利用可(運転免許証必須)


    この記事でチェックしたカードローン情報


    三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
    実質年利1.8%~14.6%限度額500万円
    審査スピード公式HP参照口座開設 -
    融資スピード公式HP参照借入判断あり
    備考
    • 融資スピードが速い!
    • 土日祝日でも融資可能
    • 金利が低いため、借り換えにも最適
    • 審査は同じグループの、アコムが行う

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント