【バンクイックの返済総まとめ】支払額の6割を銀行に徴収されない方法は?

「バンクイックでお金を借りたいけれど、返済の方法がよく分からなくて不安」
「自動引き落としで返済しているのに、なかなか残高が減らない……」

実は三菱UFJ銀行が取り扱う「バンクイック」は、ちょっとした返済の工夫が非常に大事なカードローン。
というのも、毎月バンクイックから請求される金額だけを変えてしていたなら、支払額の最大6割を利息として徴収されてしまうんです。
この場合、借入は支払額の4割程度しか減りません

今回はそんな三菱UFJ銀行「バンクイック」の返済システムについて、この商品を検討中・あるいは契約中のあなたのために出来る限り分かりやすく、そして詳しくまとめました。
読み終えていただければ、できる限りおトクにバンクイックの返済をこなす方法が分かりますよ。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック (基本情報)
実質年利 1.8%~14.6% 限度額 500万円
審査スピード - 口座開設 -
融資スピード - 借入判断 あり
備考
  • 融資スピードが速い!
  • 土日祝日でも融資可能
  • 金利が低いため、おまとめにも最適
  • 審査は同じグループの、アコムが行う

三菱UFJ銀行の公式サイトで詳細をチェックする!

バンクイックでは返済額の半分も借り入れが減らない?!返済の落とし穴にハマらない方法

あなたがバンクイックを利用されるのなら、「返済の仕組み」を知ることは他のカードローン利用者に比べても重要となります。
まずはそう言える根拠と、「支払いと利息のルール」について見ていきましょう。

①金利14.6%なら、返済額の最大6割が利息として徴収されてしまう……。

三菱UFJ銀行「バンクイック」の金利は「1.8%~14.6%」
ここでは最も適用者が多いと思われる、「14.6%」という上限金利を前提として解説していきます。

14.6%という数字は「年利」です。つまり、1年間借りっぱなしだった場合には借入残高に対し、14.6%の利息(サービス料)が発生するわけですね。
ただし実際のところ利息は日割りで計算され、さらに毎月の返済によって借入残高は減っていきますので単純に「利息=借入残高の14.6%」と言うことはできません。

それならどうすれば良いかと言うと……。
年利が14.6%であれば、「10万円を30日借りるごとに、月1,200円の利息が発生」(うるう年でない場合)という分かりやすい指標があります。
(借入残高×0.146÷365×借入日数=利息)

さて、ここで重要になるのがバンクイックにおける毎月の最低返済額。
まずは金利8.1%を超える場合の最低返済額と、それに対する利息額を見てみましょう。

★バンクイックの返済額(金利8.1%超過、うるう年でない場合)

最低返済額 30日ごとの利息
借入残高10万円以下 2,000円 1,200円
(10万円借入時)
借入残高20万円以下 4,000円 2,400円
(20万円借入時)
借入残高30万円以下 6,000円 3,600円
(30万円借入時)
借入残高40万年以下 8,000円 4,800円
(40万円借入時)
借入残高50万円以下 10,000円 6,000円
(50万円借入時)
※50万円を超える借り入れや、金利8.1%以下の場合の返済額については公式HPをご覧ください。

ご覧の通り、バンクイックの利息は最大で最低返済額の6割に達します。
ここで問題になるのが、「返済額の中から、自動的に利息が銀行に支払われる」という点。
ですから10万円を30日間借りて2,000円を払っても、1,200円は銀行に徴収されてしまうので、借入残高は800円しか減らないんですね。

こういった返済方式のことを「元利」と呼びます。バンクイックに限らず、ほとんどのカードローンはこの方式を採用しているのですが……。
バンクイックをはじめとする最低返済額が他行に比べて安いローンほど、「支払っても支払っても残高が減らない」といった事態に陥りやすくなってしまいます。

②毎月の返済額を増やせば、返済期間と利息を簡単にカットできる

それならどうすれば良いかと言うと、意外と対策自体は簡単。

利息は「借入残高」「金利」「年間日数」「借入日数」から決まります。
(借入残高×金利÷年間日数×借入日数=利息)
このうち「金利」「年間日数」はどうしようもなく、「借入日数」は前回返済時からのカウントとなるため原則1ヶ月間。
となると、利用者の判断で増減させやすいのは「借入残高」、つまり借入額ですね。

この借入額をサクサク減らしていければ、それに伴って利息も減っていきます。上の表をご覧になっても、このことはよくお分かりいただけるでしょう。

借入額を減らすために重要となるのは、「毎月の返済額」
つまり毎月多くのお金を返していけば翌月の利息は減り、翌月も多くのお金を返せば翌々月の利息が減り……といった良い循環が生まれるわけですね。
この点については、実例をご覧いただいた方が分かりやすそうです。

★金利14.6%で30万円を借りる場合の支払総額比較

自動引落としのみで返済 548,478円(158ヶ月/13年2ヶ月)
毎月3万円を返済 321,852円(11ヶ月)
差額 226,626円

支払額の半分以上を銀行に徴収されていては、借り入れの減りが悪いのは当たり前。
それなら逆転の発想で、支払額自体を増やしてあげれば借入清算に充てられるお金も大きくなるというわけです。

バンクイックのように、毎月の返済額が軽いカードローンは放っておくと借り入れが長引き、多額の利息が発生しやすくなります。
できるだけおトクにローンを利用するためには、追加返済(繰上返済/随時返済)が必須になると言って良いでしょう。

★どの支払方法においても、追加返済を行う場合に連絡を入れる必要はありません。

返済方法は3種類から好きなものを選択できる

利息を減らすために、追加返済が重要となる「バンクイック」。
ここからはバンクイックの具体的な返済方法について紹介していきます。

★バンクイックの返済方法一覧

手数料 対応時間
ATM入金 無料 0:10~23:50
※月曜1時~5時
 第2土曜21時~翌7時を除く
銀行振込 金融機関による 随時
ただし反映は平日9時~15時のみ
自動引き落とし(口座振替)
※三菱UFJ銀行口座のみ
無料

①【場合により端数可】返済に利用できるATM一覧

バンクイックの返済に使えるATMは以下の通りです。

  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン
  • E-net(ファミリーマートなど)

キャッシュカードの引き出しに利用できるATMに比べると少ないですが、手数料は時間を問わず完全無料なのが嬉しいポイントですね。
平日8:45~18:00の三菱UFJ銀行ATMであれば、硬貨を使った1円単位の返済も可能です。(コンビニATMは時間を問わず不可)

CHECKよくある質問:支払額を全額清算したいのですが、どうすれば良いですか?

入金は即時反映されますが、23:50から20分間はバンクイック関連のATM手続きができません。
返済は余裕をもって行いましょう。

②【端数可】銀行振込での返済は反映時間に気を付けよう

あなたが三菱UFJ銀行口座とそのインターネットバンキング(三菱UFJダイレクト)利用環境をお持ちであれば、月々の返済を「銀行振込」で行うのも良いでしょう。
振込先は、バンクイックの会員ページ(三菱UFJダイレクトとは異なります)から確認できます。

CHECK三菱UFJ銀行公式HP「ログインページ」

ただし「三菱UFJダイレクト」を利用されていないのなら、毎月の返済に手数料のかかる「銀行振込」を使うことはおすすめできません
このとき、銀行振込を利用するのは「端数の支払いをしたいが、対応時間中にUFJ銀行へ行けない」といった状況に限られることでしょう。

また、銀行振込が反映されるのは「平日9:00~15:00」の銀行営業時間内のみ。三井住友銀行などとは異なり、同銀行内の送金(振替)であってもこの制限が変わりません

平日15時以降に振り込んだお金が届くのは、次の平日の朝です。
場合によっては遅延損害金が発生してしまいますので、くれぐれも手続き時間にはお気をつけください。

CHECKよくある質問:返済が遅れるとどうなりますか?

③自動引き落としは三菱UFJ銀行口座&追加返済が必須

その他、バンクイックでは三菱UFJ銀行口座からの自動引き落としも可能ですが……。

この場合、引き落とされるのは毎月の最低返済額のみ。クレジットカードのリボ払いなどとは異なり、引き落とし額を変更することはできません。

先述の通り、バンクイックでは最低返済額のみで支払いを行うと、多額の利息が発生してしまいます。
口座引き落としは「返済を忘れない」ための方法としてはベストですが、この場合ATMや銀行振込を使った追加返済は必須となるでしょう。

★他社口座を使った自動引き落としには対応していません。

★自動引き落としを利用するためには、郵送での手続きが必要です。
詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

CHECK三菱UFJ銀行公式HP「自動支払いによる返済方法」

★引落しは返済日の夜間に行われます。19時(公式HPより)までに必要額を入金しておきましょう。

<毎月の返済期日「35日ごと」を上手に使うためには>

バンクイックの返済期日は、「毎月指定日返済」もしくは「35日ごと」から申し込み時に選択することが出来ます。
▲三菱UFJ銀行公式HPより1
▲三菱UFJ銀行公式HPより

現在あなたが申し込みの検討段階にあり、自動引き落とし(自動支払い)による返済を望まないのなら、この返済期日にはぜひ「35日ごと」を選択してみてください。

「最後の返済から35日ごとに返済期日が来る」というと分かりづらいですが、「毎月×日に返済する」と自分で決めておけば、うっかり支払いを忘れていても5日ほどの猶予を設けられます。
▲三菱UFJ銀行公式HPより2
▲三菱UFJ銀行公式HPより

一方、毎月指定日返済の方では「返済日からさかのぼって14日間以内に支払わなければならない」というルールが気になるところ。
例えば毎月25日を返済日に指定していたとして、当月1日に支払いを行っても当月の返済とは認められず、11日~25日の間にもう一度入金する必要があります。
(1日の返済は追加返済とみなされます)

さらに指定日が土日祝日だった場合、返済日は次の平日に持ち越しとなるため、これと一緒に14日間と言う返済期間もズレることに。
「返済したはずなのに延滞扱いにされた」という事態を防ぐためにも、「35日ごと」返済の選択を強くおすすめします。

★自動引き落としを選択する場合、35日ごと返済の選択はできません。

★「35日ごと」「毎月指定日返済」ともに、返済期日が土日祝日となることはありません。(次の平日へ持ち越し)

★会員ページから、返済日をお知らせするメールの受信設定が可能です。(Eメールサービス)

CHECKよくある質問:返済日は変更できますか?

バンクイックの返済に関するよくある質問と回答

最後に、バンクイックの返済についてよくある質問にお答えしていきます。

①返済が遅れるとどうなりますか?

返済が遅れた時から、遅延損害金が発生します。とは言えバンクイックの場合、遅延損害金利率は「年14.6%」と、通常の上限金利と変わりありません。

少し珍しいのは、遅延が発生した場合「月々の返済額に加え、遅延損害金を入金する必要がある」こと。

Q.返済が遅れてしまった場合の最小返済額はいくらですか?
A.ご返済が遅れてしまった場合の最小返済額は、「借入残高に応じた毎回の返済額」+「遅延損害金」です。
残高照会をするとそれぞれの金額をご確認いただけます。
三菱UFJ銀行公式HPより)

例えば10万円の借入返済が7日間遅れた場合の、遅延損害金は280円ですが……。
(借入残高×0.146÷365×遅延日数=遅延損害金)
この場合、最低返済額2,000円を加えてあなたは「2,280円」の支払い義務を負うわけですね。
余剰は追加返済とみなされるため、コンビニATMを利用し返済するのなら3,000円を支払うことになるでしょう。

★残高照会(遅延損害金の確認含む)はインターネット会員サービスから実施できます。

CHECK三菱UFJ銀行公式HP「ログインページ」

★返済が遅れそうなことが事前に分かっている場合には、銀行へ連絡を入れておくことで電話での催促などを控えてもらえます。ただし、遅延損害金の発生は免れ得ません。

★返済が長期間遅れると個人信用情報にキズが付き、今後のローンやクレジットカードの審査に影響がれることがあります。

CHECKカードローンの延滞・踏み倒し後の流れについて

②当月の返済日はどこで確認できますか?

会員ページ、ATMでの残高照会、電話問い合わせをご利用ください。

CHECK三菱UFJ銀行公式HP「ログインページ」

会員向け電話番号:0120-76-5919(三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店専用ダイヤル)

③返済日は変更できますか?

電話相談次第で対応してもらえます。ただし返済日ギリギリだと認めてもらえない可能性もあるでしょう。

会員向け電話番号:0120-76-5919

④支払額を全額清算したいのですが、どうすれば良いですか?

会員ページもしくは電話で残高照会を実施した上、三菱UFJ銀行ATMもしくは銀行振込で支払いを行いましょう。

★三菱UFJ銀行ATMで1円単位の支払いができるのは、平日8:45~18:00のみとなります。

⑤今いくら借りているか、確かめる方法はありますか?

会員ページ・電話、もしくはATMの残高照会項目で、利用限度額と同時に確認できます。

まとめ

★三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは借入利率(金利)に対し毎月の返済金額が軽いため、追加返済の重要性が非常に高い出来る限り毎月、最低返済額を上回るお金を返済しよう
★毎月の返済方法は手数料無料となる「ATM」もしくは「三菱UFJダイレクトからの銀行振込」の利用がおすすめ。
口座があれば自動引き落としも可能ながら、その他の方法での追加返済は必須
★返済期日は「35日ごと」の選択がおすすめ

バンクイックをはじめとする最低返済額が軽いローンのユーザーは、どうしても借り入れが長引きがち。
利息を減らすためには、生活に無理のない範囲でできる限り積極的な返済を心掛けていきましょう。


この記事でチェックしたカードローン情報


三菱UFJ銀行カードローン バンクイック (基本情報)
実質年利 1.8%~14.6% 限度額 500万円
審査スピード - 口座開設 -
融資スピード - 借入判断 あり
備考
  • 融資スピードが速い!
  • 土日祝日でも融資可能
  • 金利が低いため、おまとめにも最適
  • 審査は同じグループの、アコムが行う

三菱UFJ銀行の公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。