【証拠付】アンケート調査に基づく「ブラックでも借りれた」消費者金融10選

    【証拠付】アンケート調査に基づく「ブラックでも借りれる」消費者金融10選
    「正真正銘のブラック状態だけれど、事情があってお金が必要。
    でももう大きい会社じゃ借りられないだろうし…」

    確かに今のところ、ブラック状態でも借りられる「銀行」ローンは確認されていません

    …が、意外と「プロミス」「アコム」といった大手消費者金融会社では、「破産から5年以内」といった状態でない限り十分に審査通過を狙えます
    またこういった大手業者の利用が難しければ、知名度こそ高くなくても法律に基づいた融資を行う「中小消費者金融会社」を使い、ピンチを乗り切ることもできるでしょう。

    今回は実際の申込経験者へのアンケート調査をもとに、「ブラックでも借りられた」金融機関情報をまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    このページで紹介する消費者金融会社は、いずれも「貸金業法」の制限に基づき融資サービスを行っています。

    同法の制限により、すでに貸金業者(主に消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠)から「合計、年収の3分の1」に達するお金を借りている方は、新しく審査に通過することができません(総量規制)。
    あらかじめご確認ください。

    事前にチェック!あなたは本当にブラック状態?(クリック/タップで開きます)
    審査に通りやすいとされる申込を探している方の中には、「自分をブラック状態だと思い込んでいただけの人」が少なくありません。
    一般に、「ブラック」入り、またはそれに近い状況に数えられる要因は以下の通りです。

    ブラック入りの主な要因
  • 何らかの後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、携帯電話端末の分割払いなど)を2ヶ月以上延滞し、その「完済・清算」から5年以内である
  • 何らかの後払いサービスで、5年以内強制解約処分を受けた
  • 5年以内債務整理をした
    (特に自己破産は重く見られやすい)
  • ※代表的な内容のみ記載

    2ヶ月に満たない延滞であればブラック状態には含まれません。1ヶ月程度の延滞があると「ブラック未満の信用情報のキズ」が付くことはありますが、消費者金融会社を利用する分であれば、そこまで審査に影響することもないでしょう。

    もしもあなたが「ブラック状態」でないようならば、サービス内容(即日融資が可能か、自宅への郵送物を避けやすいか)を元に申込先を選んで差し支えありません。

    CHECK電話取材に基づく消費者金融6社徹底比較!申込先はフローチャートで簡単チェック

    ★ただし日数にかかわらず、「他社ローン延滞中」という問題は、審査の上で非常に重く見られます。これは特に審査が甘いとされる中小消費者金融会社であっても同様です。

    「携帯電話料金延滞中」「クレジットカード延滞中」という状況下での通過例はたまに見られるものの……。
    「他社の<借入の>返済が滞っている状態で、新しくお金を借りることはほぼ不可能」と考えて頂いて差し支えないでしょう。

    大手消費者金融におけるブラック状態の方の通過例

    大手消費者金融におけるブラック状態の方の通過例
    新たな借入先を探している方のうち、大手金融機関は「ブラックお断り」だと考えている方は少なくありません。
    ただし複数の申込経験者にアンケート調査を行ったところ、実際の審査はどうやらもう少し融通が利くようでした。

    それでは詳しく見ていきましょう。

    ①他社借入無しならユーザーサービス優秀な「プロミス」が筆頭候補

    大手消費者金融会社のうち、いわゆる「ブラック」状態の方の審査通過例が複数見られるのは「プロミス」「アコム」「アイフル」の3社です。

    この3社の中で、ユーザーサービスに優れるのは、インターネット契約に強く「24時間振込」にも対応している「プロミス」
    「他社借入あり+ブラック状態」での通過はほぼ不可能なようですが、そうでないのなら申込先はここに決めてしまって良いでしょう。

    ★実際の「プロミス」利用者アンケートより

    属性 契約内容
  • 年収90万円
  • アルバイト
  • 勤続6ヶ月
  • 5年以内に強制解約
  • 限度額10万円
    金利17.8%
  • 年収171万円
  • 派遣社員
  • 5年以内に任意整理
  • 年収300万円
  • 会社員
  • 5年以内に長期延滞
  • 年収350万円
  • 自営業
  • 他社借入30万円
  • 5年以内に長期延滞
  • 5年以内に強制解約
  • 審査落ち
  • 年収1585万円
  • 会社員
  • 他社借入290万円
  • 5年以内に長期延滞
  • ※スペースの都合上掲載していませんが、いずれもアンケート回答時に「契約を事実と証明できる画像」を確認しています。

    ★実際の「プロミス」利用者アンケートより

    プロミス利用者の結果報告(1)
  • 年収90万円
  • アルバイト
  • 勤続6ヶ月
  • 5年以内に強制解約
  • 可決、限度額10万円(金利17.8%)

    プロミス利用者の結果報告(2)
  • 年収171万円
  • 派遣社員
  • 5年以内に任意整理
  • 可決、限度額10万円(金利17.8%)

    プロミス利用者の結果報告(3)
  • 年収300万円
  • 会社員
  • 5年以内に長期延滞
  • 可決、限度額10万円(金利17.8%)

    プロミス利用者の結果報告(4)
  • 年収350万円
  • 自営業
  • 他社借入30万円
  • 5年以内に長期延滞
  • 5年以内に強制解約
  • ▶審査落ち

    プロミス利用者の結果報告(5)
  • 年収1585万円
  • 会社員
  • 他社借入290万円
  • 5年以内に長期延滞
  • ▶審査落ち

    ただし上の例の通り、仮にブラック状態で審査に通過できたとしても、限度額は「10万円」に固定されることがほとんどと言えそうです。

    年収90万円、ブラック状態の方の詳細体験談を見る(クリック/タップで開きます)
    ▲申込の事実を証明する契約内容確認書
    ▲申込の事実を証明する契約内容確認書
    (自動契約機にて受け取り)
    申込時期 契約方法
    2019年1月 自動契約機
    (申込~契約)
    年代職業
    30代 アルバイト
    申告年収勤続年数
    90万円 6ヶ月
    家族構成家賃負担
    単身、親と同居 なし
    他社借入生活補助など
    なし 家族が生活費の一部またはすべてを支出
    信用情報
    5年以内に各「後払い」サービスで強制解約処分
    契約金利契約限度額
    17.8% 10万円
    感想
    バイトで1年も働いていなかったので正直借りれなかったらどうしようという不安が大きかったです。

    申し込みから審査が終わるまでの時間も早くて、即日で借りれたので本当に感謝しています。

    「プロミス」の詳細情報を見る(クリック/タップで開きます)
    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    仮審査最短15秒
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。
    詳しくはこちらをご確認ください

    ポイント

    • スマホなら最短15秒で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    その他のメリット・デメリット

    ブラック状態での通過例を複数確認
    (ただし他社借入がない方に限る)
    官報情報閲覧あり、5年以上前の自己破産が理由と思われる審査落ち報告あり
    24時間振込(一部例外あり)
    自宅への郵送物を避けやすい
    30日間無利息

    CHECK【2019年版】プロミスのメリット&デメリット徹底解説!プロミス取材他、確かな情報に基づく審査や即日融資の条件も
    CHECK【初心者向け】プロミス申込前に知っておくべき5つのデメリット&金利の仕組み

    プロミスは審査の際に官報情報を閲覧します。そしてこれまでにも「5年以上前に自己破産、その他審査上のマイナス点なし」という方の審査落ち報告が寄せられています。

    このため時期にかかわらず、過去に自己破産を起こしたことがあるのなら、プロミスへの申し込みは避けた方が良いでしょう。

    ちなみに大手の中では唯一「レイクALSA」が官報閲覧の旨を明記していないため、自己破産から5年が経過していれば審査に通過できる可能性があります。

    ②「アコム」では他社借入あり+ブラックでの通過例を複数確認

    「プロミス」に比べるとサービス面では一歩遅れる一方、「ブラック+他社借入あり」という方の通過例がいくつか確認されているのが「アコム」です。

    ★実際の「アコム」利用者アンケートより

    属性 契約内容
  • 年収200万円
  • アルバイト
  • 他社借入20万円
  • 5年以内に長期延滞
  • クレカ延滞中
  • 限度額20万円
    金利18.0%
  • 年収200万円
  • 会社員
  • 他社債務計90万円
    (リボ2社)
  • クレカ延滞中
  • 限度額10万円
    金利18.0%
  • 年収250万円
  • アルバイト
  • 他社借入10万円
  • 5年以内に債務整理
  • 限度額16万円
    金利18.0%
  • 年収300万円
  • 契約社員
  • 他社借入10万円
  • 携帯料金延滞中
  • 限度額10万円
    金利18.0%
    ※スペースの都合上掲載していませんが、いずれもアンケート回答時に「契約を事実と証明できる画像」を確認しています。

    ★実際の「アコム」利用者アンケートより

    アコム利用者の結果報告(1)
  • 年収200万円
  • アルバイト
  • 他社借入20万円
  • 5年以内に長期延滞
  • クレカ延滞中
  • 可決、限度額20万円(金利18%)

    アコム利用者の結果報告(2)
  • 年収200万円
  • 会社員
  • 他社債務計90万円(リボ2社)
  • クレカ延滞中
  • 可決、限度額10万円(金利18%)

    アコム利用者の結果報告(3)
  • 年収200万円
  • 会社員
  • 他社債務計90万円(リボ2社)
  • クレカ延滞中
  • 可決、限度額10万円(金利18%)

    アコム利用者の結果報告(4)
  • 年収250万円
  • アルバイト
  • 他社借入10万円
  • 5年以内に債務整理
  • 可決、限度額16万円(金利18%)

    アコム利用者の結果報告(5)
  • 年収300万円
  • 契約社員
  • 他社借入10万円
  • 携帯料金延滞中
  • 可決、限度額10万円(金利18%)

    プロミスではいずれも審査落ちとなってしまった「ブラック+他社借入あり」という方の通過例が複数確認されていることから、アコムはプロミスよりも信用情報問題に寛容と見て良いでしょう。

    また、この会社はローン専用カードに加えクレジット機能付きカード(ACマスターカード)を発行しています。
    任意整理等を理由にクレジットカードを失ってしまった場合にも、「アコム」は有力な申し込み先候補となってくれることでしょう。

    ……ただし「郵送物回避に来店必須」「土日祝日に振込を受けられる金融機関は限定的」といったデメリットについては、あらかじめ把握しておきたいところです。

    年収200万円、ブラック状態の方の詳細体験談を見る(クリック/タップで開きます)
    申込の事実を証明する会員ページスクリーンショット
    ▲申込の事実を証明する会員ページスクリーンショット
    申込時期契約方法
    2017年10月 ACマスターカード
    (クレジットカード)
    年代 職業
    20代 アルバイト
    申告年収 勤続年数
    200万円 6ヶ月
    家族構成 家賃負担
    単身、親と同居 なし
    他社借入生活補助など
    アイフル20万円 家族が生活費の一部またはすべてを支出
    信用情報
  • 5年以内にクレジットカードを2ヶ月以上延滞(申込時清算済)
  • 申込時点でクレジットカード1ヶ月延滞中
  • 債務整理手続き中?
  • 契約金利契約限度額
    17.8%
    (キャッシング枠)
    20万円
    (キャッシング枠)
    10万円
    (ショッピング枠)
    感想
    ライフカードの返済を延滞しており、カード会社の方から債務整理の提案を頂いたので債務整理を行っていた為、審査が不安だったがアコムは通った。
    「アコム」の詳細情報を見る(クリック/タップで開きます)
    アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • ご本人に安定した収入がある方

    • 来店契約のみ

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • はじめての借入に選ばれることが多く審査通過率が高め
    • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP)


    その他のメリット・デメリット

    「ブラック+他社借入あり」での審査通過を複数件確認
    クレジット機能付きカード(ACマスターカード)も選択可
    (ただし審査結果によってはローン専用カードの発行となる)
    官報情報閲覧あり
    時間外振込はプロミスに比べ限定的(詳細公式HP)
    初回30日間無利息

    ③上の2社をすでに利用済みなら「アイフル」も要チェック

    「プロミス」「アコム」とすでに契約を結んでいる、あるいは直近で審査に落ちてしまった、といった状況で申込先候補となるのが「アイフル」です。

    ★実際の「アイフル」利用者アンケートより

    属性 契約内容
  • 年収600万円
  • 会社員
  • 5年以内に長期延滞
  • 限度額10万円
    金利18.0%
    アイフル利用者の結果報告
  • 年収600万円
  • 会社員
  • 5年以内に長期延滞
  • 可決、限度額10万円(金利18%)

    当サイトの実施したアンケート調査では、ブラック状態の方の通過例は上の1件に留まっていますが……。

    インターネット掲示板等において、ブラック状態での「アイフル」通過報告を見付けることはさほど難しくありません。

    「アコム」とは異なり「来店なし+郵送物なし」での契約にも対応しているため、この点を理由に申し込みを決めるのも良いでしょう。

    「アイフル」の詳細情報を見る(クリック/タップで開きます)
    アイフル

    アイフル

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%10万〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳以上
    • 仕事をしている
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 年収100万円以下の方の審査通過も確認済み
    • 注:振込対応は平日日中のみ


    SMBCモビット、レイクALSAは避けておくのが無難

    ここまでに挙げた「プロミス」「アコム」「アイフル」の他に、大手消費者金融として挙げられるのが「SMBCモビット」「レイクALSA」ですが……。

  • SMBCモビット
  •  ┗ブラック状態での否決報告が非常に多い
     ┗元従業員へのインタビューにおいても「ブラック状態は即否決」といった回答あり

  • レイクALSA
  •  ┗公式HPに記載されている「成約率(申込に対する契約締結率)がプロミスやアコム、アイフルに比べ常時10%ほど低い(=審査難易度が高い)

    といった理由から、ブラック状態での申し込みは控えておくのが無難でしょう。

    何らかの理由で「プロミス」「アコム」「アイフル」への申込が難しいのであれば、後述の中小消費者金融会社への申込をご検討ください。

    破産から5年以内、または大手へ申し込み済みなら中小消費者金融をチェック

    破産から5年以内、または大手へ申し込み済みなら中小消費者金融をチェック
    何らかの事情で先述の大手3社への申込が難しい、あるいは他社借入の多さなどを理由に審査通過に自信が持てないのであれば、次に検討すべきが「中小消費者金融会社」

    ここで紹介する業者は一般的な知名度こそ低いものの、いずれも都道府県などの許可を得た正規業者です。安心してご覧ください。

    ①最初に検討したいのは「セントラル」「ライフティ」

    中小消費者金融をはじめて利用するのであれば、最初に選びたいのが「セントラル」「ライフティ」といった会社。

    一般に中小業者のローンは「証書貸付」型、つまり「一度借りたら返済のみを行うローン」なのですが……。
    この2社は例外的に、「セブン銀行ATM」を使った随時の借入・返済が可能な「カードローン」を取り扱っています。

    後述の業者のように、「自己破産から5年以内」といった属性での審査通過は難しいようですが、それに至らない状況(ブラック+他社借入あり等)であれば強い味方となってくれることでしょう。加えてこの2社は電話対応の良さにも定評がありますね。

    ★2社の中でも特に「セントラル」

  • 店舗数が多い(=即日融資や郵送物なしでの契約を狙いやすい)
  • 官報情報を閲覧しない(=5年以上前の自己破産や個人再生が問題になりにくい)
  • 上限金利がライフティより低い
  • といった理由で優先度が高いです。

    「セントラル」の詳細情報を見る(クリック/タップで開きます)

    ★セントラル

    金利 限度額
    4.8%
    ~18.0%
    10万円
    ~300万円
    審査スピード 融資スピード
    最短即日最短即日
    申込条件
  • 20歳以上
  • 定期的な収入と返済能力を有する
  • 郵送物回避条件
  • 来店契約
  • 店舗設置場所
    公式HP参照
    (自動契約機17件、有人店舗窓口2件)
    その他
  • インターネット契約対応
  • セブン銀行ATMを使い入出金可
  • 官報情報を閲覧しない
  • 申込先
    セントラル公式HP
    「ライフティ」の詳細情報を見る(クリック/タップで開きます)

    ★ライフティ

    金利 限度額
    8.0%
    ~20.0%
    1千円
    ~800万円
    審査スピード 融資スピード
    最短即日最短即日
    または1週間~
    ※書類送付前の融資が可能か否かは審査結果による
    申込条件
  • 20歳~69歳
  • 定期的な収入と返済能力を有する
  • 郵送物回避条件
  • 回避不可
  • その他
  • 初回35日無利息
  • 店舗営業なし
  • セブン銀行ATMを使い入出金可
  • 官報情報閲覧あり
  • 申込先
    ライフティ公式HP

    ②破産から5年以内での通過例が多い5社

    もしもあなたが重度ブラック状態、具体的には

  • 破産から5年以内
  • ブラック状態かつ総量規制ギリギリの借入がある
  • 等の状況に置かれているのなら、中小業者の中でも特に審査が柔軟とされる会社への申込を検討することとなるでしょう。

    ただしここまで来ると、使い勝手の良さや電話対応等について過度に期待することはできません。
    「借りられればそれでいい」、かつ「借りられれば確実に現状を改善できる」という場面でのみ、申し込みをご検討ください。

    ★破産から5年以内での通過例がある業者

    AZ
  • 郵送物なしでのインターネット契約対応
  • 国保加入者には厳しい?
  • アムザ
  • 郵送物なしでのインターネット契約対応
  • 在籍確認なし
  • アルバイトOKの記載あり
  • その代わり必要書類が非常に多い(参考公式HP)
  • エイワ
  • 来店必須&小口融資前提
  • 店舗数は多い(参考公式HP)
  • キャネット
  • 居住地域により申込先が変わる(以下公式HP)
  •  ▶北海道
     ▶近畿
     ▶九州、沖縄または東北

  • 記載のない地域ならどこでも利用可。特に柔軟審査に定評があるのは北海道キャネット
  • スペース
  • 大口契約やおまとめに定評あり
  • その代わり審査に時間が掛かりやすい(最長1ヶ月超)
  • ★他にも多くの中小消費者金融会社が存在します。
    その他の申込先をお探しの場合には、以下のページも参考にしてみてください。

    CHECK20社・5項目で見る消費者金融一覧:安心の大手からブラック対応中小業者まで

    中小業者は「審査が甘い」より「基準が異なる」と言う方が適当

    中小消費者金融、特に「AZ」のような破産直後でも契約を結べる可能性のある業者は、しばしば「審査が甘い」と形容されます。
    ただしこれはあまり正確な表現とは言えません

    確かに中小業者は信用情報に大きな問題のある方に融資を行うことも多いです。
    ただしその際、前提となりやすいのが「正規雇用者であること」「一定以上の返済能力があること」

    中小業者の場合、自営業者や非正規雇用者(主に国保加入者)への当たりはしばしば大手業者や銀行よりも厳しいです。実際、これまでには「AZの審査落ち後、三井住友銀行の審査に通った」という報告まで確認されていますね。

    「パート・アルバイトOK」の記載がある「アムザ」の場合はその限りでないかもしれませんが……。

    原則として、中小業者が柔軟な審査を行ってくれるのは「一定以上の安定性と返済能力があると判断される人」のみ。
    あなたがアルバイターや自営業者であるなら、かえって大手業者を利用した方が審査通過を狙いやすいかもしれません。

    ★本当にどこからも借りられない状況であれば、任意整理などの活用をご検討ください。

     

    まとめ

    ★ブラックでの通過例が見られる業者10選

    プロミス
  • 郵送物を避けやすい
  • 24時間振込
  • ブラック+他社借入があると審査通過困難
  • アコム
  • ブラック+他社借入ありでの通過例複数
  • クレジットカードも作れる
  • アイフル
  • 郵送物を避けやすい
  • セントラル
  • 中小ながら、セブン銀行ATMで随時の入出金可
  • 店舗数多い
  • ライフティ
  • 中小ながら、セブン銀行ATMで随時の入出金可
  • AZ
  • 郵送物を避けやすい
  • アムザ
  • 郵送物を避けやすい
  • アルバイトOKの明記
  • 在籍確認なし
  • 必要書類が多い
  • エイワ
  • 店舗数多いが来店必須
  • キャネット
  • 居住地域によって申込先が異なるため注意
  • スペース
  • 大口融資やおまとめに定評あり
  • ただし審査に時間が掛かりやすい
  • 大手消費者金融会社(ブラック通過例あり)
    中小業者のうち、サービスに優れるもの
    中小業者のうち、破産5年以内での通過例が見られるもの

    一口に「ブラック状態」といっても、その程度や他社借入の有無によって申込先候補は変わってきます。

    あなたの置かれた状況を今一度見直し、できる限り便利に使えるローンを選択できると良いですね。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい