質屋でお金を借りる方法:金利はキャッシングの約5倍!

質屋でお金を借りる方法:金利はキャッシングの約5倍!
古くから、町の中で大きな役目を果たしていた質屋。今でも、駅や街中で質屋の宣伝を見かけることがありますよね。
そんな質屋ですが、「品物を預けてその査定額を借りるお店」ということは知っていても、金利や利用方法など、詳しいところは謎のまま……。という方も多いのではないのでしょうか?

今回は歴史ある金融業者「質屋」と、カードローンの比較を中心に解説していきます!



質屋ってどんなお店?

質屋ってどんなお店?
広告やCMは何度も見たことがあるけれど、実際何をしている店なのかはよくわからない……。という方も多いと思います。
そもそも質屋とは、どんなお店なのでしょうか?

①質(担保)を持っていくとお金を借りられる!

質屋とは、あなたが持っていく、つまり担保に合わせて相応のお金を貸してくれるお店のこと。
担保とは、ローンが返せなくなった場合に没収される品のことを言います。今はジュエリーやブランド品、腕時計などがよく用いられますね。

「人質」という言葉のもとになっているのもこの「質」という言葉。
江戸時代以前は実際に、質屋に家族らを質として置いていくこともありました。

このように、質屋とは日本の文化にまで、深く影響しているお店なんです。

②借りられる期間は3ヶ月

お店によっても変わって来ますが、多くの質屋でお金を借りられるのは3ヶ月間ととっても短いんです。
この間に全額返済ができれば預けた「質」が戻ってきますし、一部返済ができれば返済期間を延ばすことができます。

ただ、返済ができなかった場合には「質流れ」といって預けた質は質屋のものとなり、店頭に並び、売却されます。

質屋のメリット

質屋のメリット
現代ではお金を借りる方法も随分多様になりましたが、その中でも質屋を利用するメリットとは何なのでしょうか?

①一番の特徴は「返済の必要がない」こと

質屋では、返済をする必要がありません
もし返済ができなかったとしても、「質流れ」によって品物を確保できるので、質屋が損をすることはないからです。もちろん取り立てもありません。この仕組みにより、質屋は古くから栄えてきました。

「それなら、品物に対して不当に低いお金しか借りられないんじゃないの?」と疑問に思う方も多いことでしょうが、やはり他社との競合もあり、低すぎる金額が付けられることも少ないようです。
ただ、同じ品物であっても売却額>借り入れ額となることは多いです。

例:売却であれば12万円と言われたティファニーのブローチを、質入れしようとしたら10万円までしか借りれなかった

②ブラック状態でも問題なく借りられる

質屋が行うのは品物の鑑定だけ。あなた自身の審査は行いません。

この特徴により、消費者金融のローンを踏み倒し中であっても、自己破産の直後であっても、品物さえあればお金を借りることができます。つまり、いわゆるブラック状態であっても、問題なくお金が借りられるのです。

とくに限度額なども決められていないので、あなたの持っている価値ある資産の分だけ利用可能です。  

③質流れになっても、信用情報にキズはつかない

ブラック状態であっても借りられる質屋は、そもそも個人信用情報機関と関係がありません
個人信用情報機関とは、あなたのローンの借り入れ状況や返済状況を記録している場所のこと。ここに悪い情報が載ってる方のことを俗に「ブラック」と呼ぶわけですね。

銀行や消費者金融でお金を借りるときには必ず個人信用情報が照会されるのですが、質屋の場合は関わりがないので、借りたお金を返済せずに質流れとなっても信用情報にキズは付きません

④早ければ30分程度で借り入れ完了

込み具合やお店にもよりますが、早ければ来店から30分程度ですべての契約が完了となります。

スピード融資をウリにしているアコムプロミスでさえ、借り入れまでは最短1時間程度。質屋のスピードがいかに早いか分かりますね。

⑤質屋をおすすめしたいのはこんな方!

  • ブラック、不安定な自営業や年金生活などでカードローンの審査に通らない方
  • その場しのぎで一時のお金を借りたい方
  • 品物を手放さずに、まとまったお金を手に入れたい方
  • 一刻でも早くお金を借りたい方
  • 返済できるかどうか、まだわからない方
  • 品物を売る決心が付かないが、お金も必要という方

質屋のポイントは、「審査不要」「返済の必要がない」「スピーディ」という3点となります。

\ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

質屋のデメリット

質屋のデメリット

反対に、質屋のデメリットを見ていきましょう。

①「月利」制に注意!消費者金融に比べても高金利

質屋は基本的に月利制。
カードローンの金利と同じように見ていると、大変な目に逢うかもしれません。

★金利の仕組み

  10%で10万円を
1年間借りた場合の利息
概要
年利 1万円
  • ・カードローンを含む、ほとんどのローン金利は「年利」
  • ・年利10%の場合、1年間の借り入れで、借り入れ額に対して10%の利息が発生する
  • 月利 12万円
  • ・質屋の金利は「月利」
  • ・月利10%の場合、1ヶ月の借り入れで、借り入れ額に対して10%の利息が発生する
  • 日利 365万円
  • ・使われるのは公共料金の延滞金や、違法業者(闇金)など
  • ・日利10%の場合、1日の借り入れで、借り入れ額に対して10%の利息が発生する
  • 法律で定められた質屋の上限金利は、月利9%
    これは年利(実質年率)に直すと実に109.5%となり、消費者金融の最大金利18%と比べるととても高金利であることがわかります。

    ②基本的には来店が必要

    質屋を利用するためには、来店が必須。

    宅配サービスを行っている質屋もありますが、これらはすべて「買い取り」サービス。
    カードローンとは違い、来店せずに質屋でお金を借りることはできないので気をつけてください。

    というのも、質屋は品物の査定後、借り手の納得後に融資契約を結ぶ、という形を取っています。
    この手続きを踏むためには、どうしても対面でのやり取りが必要なんですね。

    ③価値のある「質」がなければお金を借りられない

    質屋を利用できるのは、借り入れに相応する「質」、つまり担保を預けられる方だけ

    この制度のせいで、古くから「家族や知り合いが勝手に持ち物を質に入れてしまった」というトラブルが多発しています。
    質がなければお金を借りることはできません

    めぼしい持ち物のないブラックの方は、一部の街金債務整理を検討しましょう。

    質屋でお金を借りる方法

    質屋でお金を借りる方法
    質屋でお金を借りる手順をご紹介します!

    ①質屋利用の流れ

    • 来店
    • 職員による査定
    • 査定額に納得したら契約

    質屋利用の手順は、たったこれだけ。あなた自身の審査もないため、30分程度ですべての手続きが完了します。手数料などもかかりません。

    ポイントは、査定額に納得ができなければ契約する必要はないということ。
    現に、質屋ごとに査定額がまったく異なることも多いので、時間に余裕があれば複数店舗を回ってみるのがおすすめです。

    ②商品以外に必要なもの

    どこの質屋でも、運転免許証、健康保険証などの本人確認書類が必要となります。

    これは「古物営業法」という法律で決まっているため、もしも本人確認書類を求めない質屋があれば危険なくらい。
    なりすましや盗品の売却を防ぐための大事な手続きなので、忘れないように気をつけましょう。本人確認書類がなければお金を貸してもらえません。

    \ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

    カードローンと質屋の比較と違い

    カードローンと質屋の比較と違い
    カードローンと質屋の違いは、担保の有無だけではありません!
    実は適用される法律から異なる、まったく別の組織なんです。

    ①金利はカードローンの方がずっと低い

    カードローンの法定上限金利 年20%(借り入れ額10万円未満)
    年18%(借り入れ額10万円~100万円未満)
    年15%(借り入れ額100万円以上)
    質屋の法定上限金利 月9%
    年109.5%

    金利の数字を見ても分かるとおり、法定金利には5倍以上の差があります。

    わかりやすいように、実際に大手同士で支払額を計算してみました。
    ※現実的な条件で比較するため、アコムは月々の最低返済額のみを返済させた上で計算しています。

    ★5万円を3ヶ月借りた場合の利息額比較

    アコム(年18%) 2147円
    大黒屋(年6%) 9000円

    ★20万円を3ヶ月借りた場合の利息額比較

    アコム(年18%) 8728円
    大黒屋(年6%) 30,000円

    短い借り入れ額なのに、こんなに大きな差が生まれてしまいました。
    実際はアコム・大黒屋ともに、はじめての利用であれば1ヵ月分の金利が0円となります。

    ②適用される法律が違う!

    消費者金融・クレジットカードのキャッシングに適用される法律は「貸金業法」ですが、質屋に適用されるのは「質屋営業法」という独自のもの。
    適用される法律が違うせいで、法定金利の上限が異なっているんです。

    そのため、「貸金業法」上の年収の3分の1を超える融資を禁止する「総量規制」という決まりも、質屋には関係ありません。無職であってもお金を借りることができます。

    ちなみに銀行カードローンは「銀行法」といって、また別の法律が適用されます。
    だから、総量規制も関係なく年収の3分の1以上のお金を借りることも可能。とはいえ、それでも年収の半分程度までの借り入れが目安ですが……。
     
    一口にお金を借りるといっても、こんな風に法律上で細分化されているんですね。

    ③質屋の借入期間は、基本的に3ヶ月間

    銀行カードローンなどでは借入期間がとくに決まっていないことも多いのですが、質屋の場合、借入期間は3ヶ月間。これまでに返済がないと質流れとなり、店頭で売却されます。

    1ヶ月以内に1度目の返済期限がやってくるカードローンに比べると、返済期間は長いと言えなくもないのですが……。
    やはり、分割払いと一括払いでは重みが違います。

    ちなみに、利息を支払うことで借入期間を延ばすことも可能(利上げ)。
    5万円を借りているとき、1ヶ月あたりの利息額は3000円(月利6%の場合)となりますが、カードローンの場合は740円程となるので、やはり高金利です。

    ④質屋にはあなた自身の審査がない

    何度か言ったように、質屋にはあなた自身の審査がありません
    個人信用情報に問い合わせを行うこともないので、借金踏み倒し中の方でも問題なし。

    これは質という担保があるからこそできる、質屋独自の特徴となっています。

    ★無審査・無担保をうたう金融機関は違法金融機関、いわゆる闇金なので利用しないように!

    <質屋を利用した方の体験談>

    サラ金4社から借り入れ中で、もう首が回らなくなっていたときに昔買ったブランド品のことを思い出して質入れ。地元の街金の審査にすら落ちたのに、質屋では問題なく借りれました
    ただ、ホームページをちょっと見て来店したら、契約のときに月利だったことに気付いて「うわっ」と思いました。月利はちょっと……。同じ数字だったら年利の実質12倍ってことでしょ?
    借入期間も3ヶ月と短かったので、これはもう取り返せないと思い、売る気はなかったんですが結局売ってしまいました。

    ⑤質屋はものを売るところ、と思ったほうがいいかも……。

    今まで見てきたように、結局質屋は高金利カードローンを利用できるのであれば、あえて質屋をおすすめする理由はありません。

    今はどの質屋も、融資だけでなく買い取りを行うことで、リサイクルショップのような側面を持っています。

    • ブラック状態でカードローンを利用できない
    • 何としてでもお金が必要
    • そこそこ価値のある品物を持っている
    • 3ヶ月以内に全額返済の目処が立っている

    このすべてに当てはまる方であれば、ぜひとも質屋をおすすめしたいのですが、基本的には不用品の売却や中古品の購入に利用するのが良いでしょう。

    やはり今ではより便利な借り入れ方法が生まれているので、金融機関としての質屋は、役割を失いつつあるかもしれませんね。

    <偽装質屋にご注意を>

    質屋を装い、年金を受給している高齢者を狙った犯罪が多く発生しています。

    偽装質屋は、正当な質屋では値段がつかないような価値の低い品物であっても高く査定して、お金を貸してくれます。
    一見良い関係のようですが、高いお金を貸した上で質屋の高金利を利用し、大きな利息を取るのが特徴です。
    これだけなら違法性はないのですが、この業者の多くは年金を担保に設定しています。そして年金から利息を自動で吸い取ってしまいます

    年金を担保とした融資は、国が定めた「独立行政法人福祉医療機構」「日本政策金融公庫」が行う『年金担保貸付』にしか認められていません。この2つの機関以外が行う年金担保融資は、すべて違法です。
    甘い言葉に引っかかってしまわないよう、くれぐれも気をつけてください。

    各カードローンについては、『キャッシングの選び方』『消費者金融会社』『銀行カードローン』『街金』を参考にしてみてください。

    質屋に関するよくある質問と回答

    質屋に関するよくある質問と回答
    質屋についてのQ&Aをまとめてみました!

    Q.高額な借り入れができるのはどんな商品?

    A.基本的にはハイブランドのバッグやジュエリー、腕時計など。
     高いところでは、定価約160万円のロレックスの腕時計が105万円で取引されていました。
     もちろん状態がよく需要が高い商品ほど、高く査定されやすいです。

    Q.5万円借りるにはどんな商品を持っていけばいい?

    A.状態などによるので一概には言えませんが……。
     グランドセイコーの腕時計、ルイ・ヴィトンのハンドバッグ、ティファニーのネックレスなどはよく取引されています。
     でも、同じブランド・商品でも査定額はピンキリ。お店に持っていくまで分からない、というのが実情ですね。

    Q.鑑定額が10万円なら、いくら借りられるの?

    A.会社や商品によっても違いますが、7万円~10万円が目安でしょうか。
     買取額と同じ値段を借りられることもありますが、基本的には買取の方がおトクです。

    まとめ

    まとめ

    質屋は、(担保)さえあればブラックの方でも利用できる借り入れ方法
    ★返済しなくても良い代わりに、預けた質は「質流れ」として店頭に並ぶことに
    ★質屋は独自の法律で、カードローンに比べとても高い金利が許されているので注意
    ★借入期間は基本的に3ヶ月。利息を払うことで延長も可能
    ★カードローンを利用できる環境なら、カードローンを使ったほうがベター
    ★どうしても手放せないものでなければ、質入れより売却がおトク

    長い歴史のある質屋ですが、便利な借り入れ方法がたくさん生まれた今では、あえて利用したい状況は減ってきました。
    基本的にはお金を借りるというよりも、リサイクルショップとしての利用がおすすめです。 

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。