【ブライダルローン】結婚式のお金ない…解決方法はコチラ!

    「ブライダルローン(ウエディングローン)」は、結婚式費用や、結婚にかかる費用に使える「目的ローン」のこと。

    普通のカードローンと違うのは、

    • 金利(実質年率)が低い
    • 高額融資の可能性が高い
    • 使い道は「結婚関係の出費」のみ

    ということです。

    場合によっては、「多目的ローン」で様々な用途に使えるお金を借りるのもアリかもしれません。

    今回は、ブライダルローンについての解説をしていきたいと思います!

    ブライダルローンってオススメ?返済が不安…

    ①安定した収入は必須!

    ブライダルローンを利用するためには、申し込み者本人に毎月の収入が必要です。
    収入が高いほど審査に通りやすいので、二人のうち収入が高い方の名義で申し込むのがおすすめ。

    ②カードローンよりも低金利、でも利息はかかる

    ブライダルローンは、通常のカードローンよりも低金利。(カードローンの金利は18%程度のものが多いですが、ブライダルローンは3~7%程度!)
    一番の大きな違いは、ブライダルローンは結婚に関する費用にしか利用できないことです。
    (結婚に関する費用……結婚式や披露宴の経費、指輪購入費、新婚旅行費、準備予算など)

    ★ブライダルローンとカードローンの利息の違い比較
    50万円を借りて、2年間で返済するとき……。

    楽天銀行ブライダルローン
    金利7%
    37,236円
    アコム(カードローン)
    金利18%
    98,900円
    差額 61,664円

    この差は借り入れ額や借り入れ日数が多いほど、広がっていきます。
    ブライダルローンの方がおトクなのがよくわかりますね。

    ちなみに……。
    上の表のように、低金利といっても利息は生まれます。
    ローンをすべて返済するためには、借りた額より大きい金額を返さないといけません。

    ③月々の返済額は収入や借り入れ期間で決まる

    多くのブライダルローンは返済額が人によって違います
    ボーナス返済の有無や借り入れ期間、借り入れ額によって返済額は変わるので、どのローンでも返済の様子はチェックできるようになっています。

    ブライダルローンを決めるときには、シミュレーションを有効活用しましょう!
    ブライダルローンの比較とシミュレーションのURLはこちら

    ④不足分を補う、くらいのつもりで!

    結婚に関係する費用すべてを、ローンでまかなおうとしないように!
    借り入れ額が増えるほど審査は厳しくなります。

    仮に審査に通ったとしても、キャッシング額が多いほどに毎月の負担も大きくなります。
    ある程度新郎新婦の二人で貯金をして、友人などからのご祝儀でまかなえる部分はまかない、両親や親族に相談し、それでも足りない分にブライダルローンを利用する、というのが理想的な形です。

    <コラム>怪しいサイトに注意!

    「ブライダルローン」などのワードで検索を掛けると、いくつもの比較ページがヒットしますが……。
    その中には、はじめてローンを利用する方を狙った悪質なサイトがいくつか見られます。

    その手口は主に、「ブライダルローン」の名前で比較的高金利なカードローンに申し込ませようとするもの。

    カードローンを結婚式に使うこと自体には、まったく問題はありません。なので全く間違った情報ではないのですが……。
    前に言ったように、カードローンはブライダルローンに比べ、とても金利が高いです。
    それに、はじめの限度額は30万円程度であることが多く、結婚式に必要な費用をまかなえません

    ブライダルローンの金利は、高くても7%ほど。この基準を大きく超えるローンを「ブライダルローン」として紹介しているページは、信用しすぎないようにしましょう

    オススメなブライダルローン・多目的ローン比較表

    おすすめのブライダルローンと、多目的ローンを比較してみました。

    多目的ローンとは、目的を問わずに利用できるものの、カードローンと違い一度借りたらあとは返済だけを行うタイプのローンです。追加借り入れができないので、借金地獄に陥る可能性も低いんですね。
    また、利用の際に請求書の提出が求められます。

    便利さではカードローンに劣るものの、ブライダルローンに引けを取らない低金利で、ブライダルローンと同じように利用することができます。
    結婚に関係ない費用もついでに借りてしまいたい、という場合には多目的ローンがおすすめです!

    ★ブライダルローン・多目的ローンのまとめ(月々の最低返済額は100万円を借りた場合)

    金融機関名 金利 限度額 借入期間 月々の最低返済額 使える用途
    楽天銀行
    ブライダルローン
    7.0% 300万円 最長
    8年4ヶ月
    2万円

    シミュレーションはこちら

    結婚費用※
    住信SBIネット銀行
    MR.多目的ローン
    2.975%
    ~4.975%
    1000
    万円
    最長
    10年
    約1万円

    シミュレーションはこちら

    自由
    千葉銀行
    ブライダルローン
    5.20% 500万円 最長
    10年
    約1万円

    シミュレーションはこちら

    結婚費用※
    JACCS
    プレシャンテ
    6.5% 500万円 最長
    7年
    約1万5000円

    シミュレーションはこちら

    結婚費用※
    三井住友銀行
    多目的ローン(無担保)
    5.975% 300万円 最長
    10年
    約1万1000円
    シミュレーションはこちら
    自由
    みずほ銀行
    多目的ローン
    6.6% 300万円 最長
    7年
    約1万5000円
    シミュレーションはこちら
    自由

    ※挙式や披露宴に掛かる費用、結婚指輪や婚約指輪の購入費用、新婚旅行の費用など

    このように多くのローンは、月々の最低返済額が明確に決まっていません
    ブライダルローンや多目的ローンを利用する前には返済額シミュレーションが必須です!

    ブライダルローンの審査が心配!審査基準は?

    ①普通のカードローンより少し厳しいかも…?

    無担保ローンの場合、金利が低いほど審査が厳しい傾向にあります。低金利なブライダルローンは、普通のカードローンよりも少し審査が厳しいんです。

    とは言え、「年収の半分以上の借金がある」「食べていくのもやっと」というような状態でなければ、審査に通過できることがほとんどです。あまり考えすぎる必要はありませんよ!

    ②年収

    ブライダルローンではないものの、ブライダルローンと同じように利用できる「三井住友銀行多目的ローン」「みずほ銀行多目的ローン」の申し込み条件は、「前年度年収200万円以上の方」となっています。

    このことから私は、申し込み者には最低200万円以上の年収はあったほうがいいと予想しています。

    ★二つの多目的ローンよりも少し金利の高い「楽天銀行ブライダルローン」であれば、年収200万円に届かなくても、審査に通る可能性があります。

    ③職業

    千葉銀行ブライダルローンの場合、アルバイトの方は申し込むことができません

    その他のローンにはそう言った制限はないものの、フリーターの方は会社員の方や公務員の方と比べて、審査上不利になりやすいのは確か。

    職業や職種に関わらず、重視されるのは返済能力
    最低200万円の年収と、返済していけるだけの生活のゆとりがあればフリーターの方でもブライダルローンの審査に通ることができます

    ④勤続年数

    「みずほ銀行多目的ローン」を利用するためには2年の勤続年数が必要です。2年以上同じ会社で働いていれば、まったく問題はありません。

    その他のローンに勤続年数についての制限はありませんが、できれば1年はほしいところ。
    転職ではない新社会人の方は、勤続年数によっては審査に落とされてしまう可能性もあります。
    できれば入社後1年が経ってから、申し込みをしましょう。

    ⑤現在の借入総額と借入件数

    三井住友銀行多目的ローンの規約により、現在の借り入れ額+希望借り入れ額が申し込み者の年収の2分の1を超えないようにしましょう。

    例:他社借入が計100万円、ブライダルローンの希望借入額が200万円のとき、申し込み者の年収には600万円以上が必要

    銀行は、他社借り入れ件数よりも、借り入れ総額を重視します。
    とは言えもちろん他社借り入れが少ないに越したことはないので、二人のうち借り入れ件数が少ない方が申し込みをするのがおすすめです。

    ※自動車ローンや住宅ローンは、他社借入に含まれません。

    ⑥過去の金融取引履歴

    クレジットカードやカードローンの支払い延滞履歴が残っている方は、それだけで審査に落ちてしまいます
    ブライダルローンの申し込みは、パートナーにお願いしましょう。

    ブライダルローンの申し込み方法

    ①インターネット申し込み

    • 楽天銀行ブライダルローン 公式HPはこちら
    • 住信SBIネット銀行(多目的ローン) こちら
    • 千葉銀行ブライダルローン こちら
    • JACCS プレシャンテ(ブライダルローン) こちら

       ※会場(結婚式場)を指定してから申し込み

    • 三井住友銀行(多目的ローン) こちら
    • みずほ銀行(多目的ローン) こちら

    以上の金融機関は、インターネット申し込みサービスを行っています。
    24時間いつでも申し込みができるのは、とても便利ですね!

    ②窓口申し込み

    • 千葉銀行ブライダルローン
    • 三井住友銀行(多目的ローン)
    • みずほ銀行(多目的ローン)

    以上の金融機関は、銀行窓口での相談・申し込みが可能です。
    営業時間はどの銀行も、平日9:00~15:00となっています。土日は利用できないので注意!

    ③郵送申し込み

    • 千葉銀行ブライダルローン
    • JACCS プレシャンテ(ブライダルローン)
    • 三井住友銀行(多目的ローン)

    金融機関から書類を送ってもらう必要があり、時間が掛かります。
    インターネット申し込みが可能であれば、そちらの方がおすすめです。

    ④その他

    三井住友銀行多目的ローンは、三井住友銀行内に設置されている「ローン申込機」から申し込みができます!プロミスの「自動契約機」を使ってもOK

    お近くのローン申込機の検索はこちら

    ブライダルローンの返済方法

    金融機関名 口座引落 銀行振込 ATM返済 銀行窓口
    楽天銀行
    ブライダルローン

    別途手数料
    × ×
    住信SBIネット銀行
    MR.多目的ローン

    WEBページでの手続きが必要
    × ×
    千葉銀行
    ブライダルローン

    WEBページでの手続きが必要
    × ×
    JACCS
    プレシャンテ

    電話連絡での手続きが必要
    × ×
    三井住友銀行
    多目的ローン(無担保)
    × ×
    みずほ銀行
    多目的ローン
    × ×

    ※インターネットでの返済は、インターネットバンキングを使った銀行振込のみ

    ブライダルローンの返済は、基本的に口座引き落としのみで行います。 繰り上げ返済(1ヶ月に最低返済額以上のお金を返すこと)を希望する場合は、金融機関に相談したり銀行窓口に向かう必要があったりするのですね。
    ATMでの返済は、どこも取扱っていません。

    ブライダルローンで借り入れした場合の、利息総額シミュレーション

    いろんな銀行・いろんな借り入れ額で、利息を計算してみました!

    ★楽天銀行ブライダルローン
  • 借入額100万円
  • 金利7%
  • 月々3万円を返済
  • 利息総額:118,734円

    返済期間:38ヶ月

    ★JACCSプレシャンテ
  • 借入額50万円
  • 金利6.5%
  • 12回払い
  • 利息総額:17,773円

    毎月返済額:43,145円

    ★三井住友銀行「多目的ローン」
  • 借入額200万円
  • 金利5.975%
  • 24回払い、うちボーナス払い計50万円
  • 利息総額:133,002円
    毎月返済額:66,464円
    ボーナス月返済額:200,937円

    みなさんもライフプランに合わせて、シミュレーションをしてみましょう!
    URLはこちら

    相手に内緒で借りれる?

    ブライダルローンは、内緒で使うことが難しいローンです。
    それでもパートナーに借金を隠したい、という方のためにできる限りの策を教えます!

    ①郵便物に注意

    ブライダルローン・多目的ローンに申し込むと、返済予定表などの関連書類が郵送されてきます
    申し込んだ金融機関によりますが、基本的にはローン関係の郵便物と、外からはわからないように送られてきます。
    「クレジットカードの利用明細」など、言い訳を先に考えておきましょう。

    ②電話番号は携帯を登録すること

    ブライダルローンの連絡は、電話が中心となります。
    申し込みの際、電話番号を記入する箇所がありますが、ここには必ず携帯電話番号を入力するように!
    自宅の固定電話を入力してしまうと、返済が遅れたりしたときに、自宅に電話が掛かってきてしまいます

    <絶対に借金バレしたくない!という方に>

    希望借入額が50万円以下であれば、消費者金融のカードローンを利用したほうがいいかもしれません。
    SMBCモビットやプロミスの「web完結」を使えば、家族や婚約者にローンがバレる可能性はとても低いです。
    ただ、初回から100万円以上借りられることはほとんどないので注意!

    詳しくはこちら

    まとめ

    ブライダルローンは、カードローンと比べとっても低金利!その代わり結婚式関連にしか利用できない
    多目的ローンは、ブライダルローンと同じくらい低金利。用途は結婚式に限定されていないものの、請求書が必要、などカードローンより利便性に劣る
    200万円以上の収入2年以上の勤続年数があれば、審査に通りやすい
    ★返済は口座引き落としが前提。繰り上げ返済希望の方は金融機関に相談を!
    ★申し込みの前に、必ず返済シミュレーションをしよう!

    「ブライダルローン」「多目的ローン」は、使い道や返済方法が不自由な代わりにとても低金利なローンです。
    パートナーにローンを隠すことは、100%不可能ではないものの、利用額によってはかなり難しいかも……。
    できれば夫婦二人で納得した上で、ブライダルローンを利用してくださいね。

    

    

    [milliard]

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント