【アイフルビジネスファイナンス】親会社より審査が甘いと言える理由と契約の流れ

    【アイフルビジネスファイナンス】親会社より審査が甘いと言える理由と契約の流れ

    「事業資金を借りたいけれど、銀行の小口融資を受けられる状況じゃない。
    もっと審査に通りやすいところを利用できればいいんだけれど…」

    そんな状況で候補に挙がりやすいのが「アイフルビジネスファイナンス」
    名前通り、大手消費者金融「アイフル」の子会社ですね。

    この会社自体は中小消費者金融会社の括りに入ると思われますが…。
    似たような規模の金融機関に比べると、

    • 融資スピードが比較的早い(2営業日~)
    • 電話対応などが安定して良い
    • セブン銀行ATMなどで何度でも使える「カードローン」を利用できる

    といったメリットを持つのが特徴です。
    もちろん、中小業者らしい「審査が柔軟」という点も大きなポイントですね。

    今回はそんな「アイフルビジネスファイナンス」における、無担保の事業性融資情報について簡潔にまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたがこの会社へ申し込むべきか、もしそうならどのように手続きを進めていくべきかが分かります。

    アイフルビジネスファイナンス株式会社「事業者ローン」
    金利融資額、限度額審査日数
    上限18.0%※1 ※250万円~1000万円
    (ビジネスローン)
    1万円~500万円
    (カードローン)
    最短翌日
    借入までの総日数貸付対象
    最短1日
    • 法人または個人事業主
      ※営業年数制限はありませんが、決算書または確定申告書の提出は必須です。
    ※1審査により決定 ※2融資額100万円以上なら上限15%

    ポイント

      • 法人として契約を結ぶ場合には法人代表者が連帯保証人となること
        (個人事業主の場合は保証人不要)
      • ビジネスローン(一括貸付型)とフリーローン(限度額の範囲内で何度でも借入)を選択可
      • 赤字決算でも応相談

    アイフルビジネスファイナンスは親会社(アイフル)より柔軟審査、そう言える理由は?

    アイフルビジネスファイナンスは親会社(アイフル)より柔軟審査、そう言える理由は?

    アイフルビジネスファイナンス(旧名「ビジネクスト」)は、その名の通り大手消費者金融会社「アイフル」の子会社です。

    が、実はアイフルの方も「事業サポートプラン」という名称のビジネスローンの取り扱いアリ。
    しかも店舗数や利用できるATMの数は「アイフル」の方が多いですから、一見するとあえて「アイフルビジネスファイナンス」を選ぶ意味は無いように思えるのですが…。

    アイフルビジネスファイナンスの公式HPには、「赤字決算でも応相談」といった旨の記載が見られます。

    こちらは親会社である「アイフル」のHPには存在しないことから、アイフルビジネスファイナンスの審査は親会社「アイフル」より柔軟と見て良いでしょう。

    ちなみにこの差異が無かったとしても、一般的に親会社と子会社が同種のローンを取り扱っている場合、審査に通りやすいのは子会社の方です。
    (他の例にクレディセゾンとセゾンファンデックス等)

    Q.赤字決算でも可能か。
    A.過去の財務内容だけでなく現状のご商売に鑑み融資実行の可能性を検討してまいります。営業担当までお気軽にご相談ください。

    アイフルビジネスファイナンス公式HPより)

    CHECKFAQ:親会社(アイフル)のビジネスローンと比べ、金利などに違いはありますか?

    ★ちなみに親会社であるアイフルの、個人向け消費者ローンは、ブラック状態や多重債務者による通過報告も複数確認されています。

    この基準がビジネスローンにも当てはまるかは不明ですが…。
    審査のベースが個人向けローンと同様、かつその審査傾向が子会社であるアイフルビジネスファイナンスにも適用されるなら、申込者の信用情報や他社借入状況に問題があっても、ある程度は許容されると見て良いでしょう。

    参考1分で分かる!アイフル審査通過条件:年収50万円・ブラックでの即日融資口コミも

    アイフルビジネスファイナンス、取り扱いローンの基本情報

    アイフルビジネスファイナンス、取り扱いローンの基本情報

    現行の「アイフルビジネスファイナンス」が取り扱う、無担保ビジネスローンの概要は以下の通りです。

    アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)「事業者ローン」
    金利5.0%~18.0%
    (月あたり~1.5%)
    限度額上限1000万円
    担保不要
    ただし有担保ローンも取り扱いあり
    連帯保証人原則不要
    申し込み名義が法人の場合のみ、代表者の連帯保証が必要
    ┗第三者連帯保証人は不要
    必要日数2営業日~
    必要書類
    • 本人確認書類
      ┗健康保険証+免許証など
    • 収入証明書類
      ┗個人:確定申告書
      ┗法人:決算書
    • その他審査状況に応じた必要書類
    借入タイプいずれかを選択
    (1)カードローン
    ┗限度額の範囲内で何度でも借入可/リボ払いで返済
    (2)一括融資
    ┗一度借りたら回数分割払いで返済のみを行う
    借入方法
    返済方法
    • 銀行振込
    • ATM入金(主にセブン銀行)
      ┗カードローン選択時のみ
      ※自動引き落とし未対応
    申込み条件(公式HPより)法人または個人事業主
    ※お申込時年齢 満20歳〜満69歳まで
    備考
    • 旧名称「ビジネクスト」
    • 赤字決算でも応相談

    金利などの基本の融資条件に、特に目立ったところはありません。
    年18%(月1.5%前後)の上限金利は決して低くはないものの、消費者金融会社としてはごく一般的な数字となります。

    が、中小消費者金融会社は振込での融資にしか対応していないところも多い一方、アイフル子会社という立場を活かしてか「ATMを使って、限度額の範囲内で何度でも借入」という手段に対応しているのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

    「アイフルビジネスファイナンス」への申込みが向いているのは、「最低限の利便性と柔軟な審査の両立」を希望する方と言えます。

    一方、最短即日融資や低金利での融資に期待したいのなら、大手消費者金融会社や銀行系の小口ビジネスローン等を選んだ方が良いだろうと思います。

    CHECK徹底比較!10のビジネスローン一覧:即日融資、低金利、審査が甘い他
    CHECK問合せに基づく「本当に即日融資OKなビジネスローン」とその選び方

    アイフルビジネスファイナンスに聞いた!審査~融資の流れと必要日数、必要書類

    アイフルビジネスファイナンスに聞いた!審査~融資の流れと必要日数、必要書類

    ここからは「アイフルビジネスファイナンス」への申込みを前向きに検討しているあなたに向け、その契約の流れを解説させて頂きましょう。

    ①おおまかな契約の流れ

    まずは公式HPを見ても確認できなかった点について、実際に問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    申し込みから融資が下りるまでにはどれくらいの時間が掛かりますか?
    オペレーターの回答
    仮審査の結果が早ければ当日に出るのですが、そこから早ければ1日2日でご融資が可能です。
    【管理人】山本
    契約手続きはインターネットで済ませられるのでしょうか?
    オペレーターの回答
    いえ、(アイフルビジネスファイナンスが指定する)書類をお書き頂く必要がありますので、審査に通過された後にそちらを郵送いたします。

    ただそれを返送していただくと時間が掛かってしまうので、そちらをメールなどで頂戴できれば最短でご融資が可能です。

    現在「アイフルビジネスファイナンス」はインターネット契約には対応していない模様。
    とは言えプロミス等の大手ですらビジネスローンのネット契約にはいまだ対応できていませんから、これ自体は一般的と言えます。

    以上の問合せの結果を元に、おおまかな契約の流れをまとめると以下のようになりますね。

    アイフルビジネスファイナンス
    無担保ローン契約の流れ

    インターネットから申し込み
    仮審査
    ※おそらくこのタイミングで
    携帯電話等へ申込み確認の連絡あり
    必要書類(後述)の提出
    本審査
    電話で本審査結果連絡
    契約書類の郵送
    記入して返送、もしくはメールなどで送信
    必要額の振込
    (ここまで最短2営業日程度)
    カードローン選択時のみ、カードの送付

    一応融資までに必要なのは2営業日程度…ということになってはいますが、「アイフルビジネスファイナンス」の店舗がある東京都または滋賀県から遠い地域にお住まいであれば、郵送物の関係上、契約までに時間が掛かりやすくなるかも。
    この点についてはあらかじめご承知おきください。

    ★ちなみに中小消費者金融会社は、かなりずさんな電話対応を行うところも多いのですが…。

    これまでアイフルビジネスファイナンスに問い合わせを行ってきたところ、その電話対応は毎回、大手並みかそれ以上に丁寧なものでした。
    この点を加味しても、「アイフルビジネスファイナンス」は選択しやすい申込み先候補だろうと思います。

    ②必要な書類は原則「免許証+保険証+確定申告書(個人の場合)」、ただし融通は利く

    アイフルビジネスファイナンスに、必要書類について問い合わせを行った結果が以下の通りです。

    【管理人】山本
    個人事業主の場合、どういった書類の準備が必要でしょうか?
    オペレーターの回答
    運転免許証と保険証、あとは最新の確定申告書をご準備頂きまして、メール等で送って頂きます。
    【管理人】山本
    運転免許証が無いのですが、大丈夫でしょうか?
    オペレーターの回答
    その場合はマイナンバーカード等でも大丈夫です。
    あと、創業から日が浅い場合などには別の書類のご提出をお願いする場合もあります。

    ということで、基本的には

    • 運転免許証、それが無ければ写真付きの本人確認書類
    • 健康保険証
    • 確定申告書(法人の場合は決算書)

    を用意できれば問題ないようですね。

    また、創業から日が浅い場合(確定申告書を用意できない場合のことでしょう)には別の書類での代替も可能とのことで、必要書類に関しては融通が利くと見てよさそうです。

    ③カードローンタイプを選べばカード到着次第、セブン銀行ATMなどで必要な時に出金可能

    さて、一口に「無担保のビジネスローン」と言っても、アイフルビジネスファイナンスでは

    • ビジネスローン(一括融資型)
    • カードローン(限度額型)

    の2商品が存在します。

    このうち「カードローン」を選んだ場合、契約後にローン専用カードが送られてくる形となりますね。

    その後は、

    のいずれかを使い、審査の結果出された「利用限度額」の範囲内で、自由な借入が可能となります。

    利用できるATMは多くありませんが、そもそもATM出金に対応している中小消費者金融自体が貴重と考えれば十分に優秀と言えるでしょう。

    ★提携ATM利用時には以下のATM手数料が発生します。

    • 取引額1万円以下…110円/回
    • 取引額1万円超 …220円/回

    ★一括融資型のビジネスローンを選んだ場合、原則として追加借入はできません

    が、相談次第では契約内容の変更と再融資を受け入れてもらえる可能性もありますので、もし二度目の融資が必要となった場合には、個別にアイフルビジネスファイナンスへご相談ください。

    アイフルビジネスファイナンス、毎月の返済方法とその金額

    アイフルビジネスファイナンス、毎月の返済方法とその金額

    ここからは、アイフルビジネスファイナンスから借りたお金を返済していく方法についてお話ししていきます。

    ★アイフルビジネスファイナンスの返済方法は、選んだローンのタイプによって異なります。
    検討中のローン情報をご覧ください。

    CHECKビジネスローン(一括融資型/回数分割払い)の返済について知りたい
    CHECKカードローン(限度額型/リボ払い)の返済について知りたい

    ①ビジネスローン(回数分割払い)であれば、指定した回数を元に支払い額が決定する

    一括融資&回数分割払い型の「ビジネスローン」を選んだ場合、毎月の返済額は融資額、そして「契約までに決めた返済回数」によって決定します。

    実際に「いくら借りていくら返すことになるか」については、公式HPのシミュレーターを使ってみるのが早いでしょう。

    CHECKアイフルビジネスファイナンス公式HP「ビジネスローン[元利均等返済]の返済シミュレーション」
    ※「ご返済利率」欄には、
     希望融資額が100万円未満なら18%
     希望融資額が100万円以上なら15%
    を入力することをおすすめします。

    例えば100万円を金利15%で借り、24回で返済しようとするのなら、毎月の支払い額は「48,500円」ということになりますね。

    早く返せばそれだけ月1.5%前後の利息(手数料)も支払わずに済みますので、無理のない範囲で短期間の完済を心掛けたいところです。

    ★一括融資型のビジネスローンでは通常の回数分割払いの他、最長1年間を空けての「一回払い」も可能です。

    ★支払い方法は「銀行振込」です。
    振込手数料は利用者負担となりますのでご承知おきください。また、自動引き落としには対応していません。

    ★回数分割払いを行っている途中での一括返済も可能です。アイフルビジネスファイナンスへお問い合わせください。

    ②カードローン(リボ払い)の場合、毎月の返済額は「借入額の2%+利息」が基本

    あなたが選択したのが「カードローン」タイプである場合、毎月の返済方式は「元金定率リボルビング返済」となります。
    これは、「最終借入額×一定割合(原則2%)+利息」から計算された定額を、毎月支払っていくという意味ですね。
    ちなみに利息は、借入額に対し月1.5%前後が目安となります。

    例:最終借入時の残高が50万円の場合、毎月の返済額は、
    50万×0.02+50万×0.015
    =17,500円程度
    →千円未満切り上げで実際の支払い額は18,000円が目安

    元金を毎月2%ずつ返済していくということで、そのまま支払いを続けていくと(追加借入を行わない場合)完済までに50ヶ月が掛かる計算となりますが…。

    カードローンの場合は

    • セブン銀行ATM
    • アイフルATM

    を使った追加返済がいつでも可能ですから、余裕があるときには積極的に支払いを行い、残高を減らしていけると良いですね。

    CHECKアイフルビジネスファイナンス公式HP「カードローン[リボルビング方式]の返済シミュレーション」

    ★借入の際に利用できた「東京スター銀行」のATMは、追加返済には利用できませんのでご注意ください。

    ★基本の返済方法は「銀行振込」または「各ATM入金」となります。
    自動引き落としには対応していませんのでご注意ください。
    またいずれの方法においても、諸手数料は利用者負担となります。

    ★公式HPの返済シミュレーションや支払い例を見る限り、返済額を割り出すための「一定割合」は原則2%となっているようですが…。
    借入額が大きい場合などには、一定割合が1%に引き下げられることもあるようです。

    FAQ:事業資金以外の目的で利用できますか?

    FAQ:事業資金以外の目的で利用できますか?

    アイフルビジネスファイナンスの事業者ローンの利用目的は、一応「事業性資金」に限られています

    …が、特に資金使途確認書類などの提出を要求されることもありませんし、あなたが個人事業主であるのなら、事業資金とそうでないものの区分が難しいことも多いでしょう。

    ★事業資金ではなく完全にプライベート用の資金を借りたい、という場合には以下のページをご覧ください。

    CHECK自営業者のためのキャッシングガイド:個人事業主に甘い・厳しいカードローンの違いとは
    CHECK【鬼門あり】自営業者のためのカードローン審査情報と申込み先の選び方
    CHECK自営業者が即日融資を受けるには?審査口コミに基づくおすすめカードローン

    FAQ:親会社(アイフル)のビジネスローンと比べ、金利などに違いはありますか?

    「アイフル」と「アイフルビジネスファイナンス」の上限金利はどちらも18%(月1.5%前後)。
    下限金利は「アイフル」の方が低いものの、初回契約時に適用されるのは十中八九で上限金利ですので、金利条件にほとんど違いは無いと見て良いだろうと思います。

    一方、最高限度額は「アイフルビジネスファイナンス」の「ビジネスローン」(1000万円)の方がアイフル(500万円)より高いですが…。

    こちらも初回から500万円超を借りられる方は滅多にいないでしょうから、あまり気にする必要はありません

    ということで、この2つの会社のビジネスローンに貸付条件の差はほとんど無いと言えるわけですが…。

    • 利用できる借入、返済手段
      (アイフルは24時間振込やセブン銀行以外のコンビニATM、自動引き落とし返済を利用可)
    • 融資スピード
      (アイフルは最短1営業日)

    といった方面では親会社である「アイフル」の方が上です。

    先述の通り審査に通りやすいのは「アイフルビジネスファイナンス」の方だろうと思われますが…。
    審査の甘さよりも利便性を意識したいのであれば、子会社より先に「アイフル」への申込みを検討した方が良いでしょう。

    CHECKアイフル公式HP「事業サポートプラン(無担保)」

    ★アイフルビジネスファイナンスの「カードローン」における初回限度額は、アイフルと同様500万円です。
    (一括融資型の「ビジネスローン」は上限1000万円)
    とは言え先述の通り、初回からこんな金額を借りられる方は滅多にいないでしょうからあまり気にする必要はありません。

    アイフル「事業サポートプラン」の基本情報を見る(クリック/タップで開閉)
    アイフル「事業サポートプラン(無担保)」
    金利3.0%~18.0%
    (月あたり~1.5%)
    限度額1万円~500万円
    担保不要
    ただし有担保ローンも取り扱いあり
    連帯保証人申し込み名義が法人の場合のみ、代表者の連帯保証が必要
    ┗第三者連帯保証人は不要
    必要日数原則1営業日
    必要書類
    • 本人確認書類
    • 収入証明書類
      ┗個人:確定申告書
      ┗法人:決算書2二期分
    • 事業内容確認書(個人)
      公式HPでダウンロード可
    • 商業登記簿謄本(法人)

    ※詳細:公式HP参照

    借入タイプカードローン
    (限度額の範囲内で何度でも借入可)
    または一括融資&分割払い
    借入方法
    • ほぼ24時間振込
      ┗詳細:公式PDF
    • ATM出金
      スマホATM対応(セブンイレブン、ローソン)
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
    • 銀行振込

    ※返済額は月4,000円~
    ┗詳細:公式HP

    融資対象個人事業主または法人

    FAQ:ダメ元で審査を受けることに、デメリットはありますか?

    短期間(6ヶ月)の間にあまり多くの金融機関へ申し込みを行うと、一時的に審査に通りにくくなってしまうことはありますが…(いわゆる「申し込みブラック」)。

    1、2社程度の申込みであればほとんど問題はありませんので、それを前提とするなら「ダメ元」での申込みも十分視野に入ると言えるでしょう。

    アイフルビジネスファイナンスについてのまとめ

    アイフルビジネスファイナンスについてのまとめ

    ポイント
    • アイフルビジネスファイナンスは親会社である「アイフル」のビジネスローンと異なり「赤字決算でも応相談」の明記あり。アイフルより柔軟な審査に期待できる
      ┗ただし借入、返済の利便性などはアイフルの方が上
    • 郵送での手続きが必要な都合上、即日融資は不可。契約までには2営業日~が掛かる
    • 限度額の範囲内でATM出金が可能なカードローンと、一括融資&回数分割払い型のビジネスローンは好みや必要性に応じて選ぼう

    親会社に比べ使い勝手の面では後れを取る「アイフルビジネスファイナンス」ですが、審査の柔軟さという意味で差別化要素は十分。

    電話対応の良さ、ATMを使ったキャッシング対応という点を踏まえても、「はじめて中小業者のビジネスローンを利用する」という方には打ってつけの申込み先と言えるでしょう。

    CHECK徹底比較!10のビジネスローン一覧:即日融資、低金利、審査が甘い他
    CHECK問合せに基づく「本当に即日融資OKなビジネスローン」とその選び方

    CHECK【鬼門あり】自営業者のためのカードローン審査情報と申込み先の選び方
    CHECK自営業者が即日融資を受けるには?審査口コミに基づくおすすめカードローン
    CHECK自営業者のためのキャッシングガイド:個人事業主に甘い・厳しいカードローンの違いとは

    アイフルビジネスファイナンス株式会社「事業者ローン」
    金利融資額、限度額審査日数
    上限18.0%※1 ※250万円~1000万円
    (ビジネスローン)
    1万円~500万円
    (カードローン)
    最短翌日
    借入までの総日数貸付対象
    最短1日
    • 法人または個人事業主
      ※営業年数制限はありませんが、決算書または確定申告書の提出は必須です。
    ※1審査により決定 ※2融資額100万円以上なら上限15%

    ポイント

      • 法人として契約を結ぶ場合には法人代表者が連帯保証人となること
        (個人事業主の場合は保証人不要)
      • ビジネスローン(一括貸付型)とフリーローン(限度額の範囲内で何度でも借入)を選択可
      • 赤字決算でも応相談

    アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)「事業者ローン」
    金利5.0%~18.0%
    (月あたり~1.5%)
    限度額上限1000万円
    担保不要
    ただし有担保ローンも取り扱いあり
    連帯保証人原則不要
    申し込み名義が法人の場合のみ、代表者の連帯保証が必要
    ┗第三者連帯保証人は不要
    必要日数2営業日~
    必要書類
    • 本人確認書類
    • 収入証明書類
      ┗個人:確定申告書
      ┗法人:決算書
    • その他審査状況に応じた必要書類
    借入タイプカードローンまたは一括融資
    借入方法
    返済方法
    • 銀行振込
    • ATM入金(主にセブン銀行)
      ┗カードローン選択時のみ
      ※自動引き落とし未対応
    申込み条件(公式HPより)法人または個人事業主
    ※お申込時年齢 満20歳〜満69歳まで
    備考赤字決算でも応相談
    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。