あなたも借りれるカードローン:闇金以外にブラックOKの金融機関はないの?

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    あなたも借りれるカードローン:闇金以外にブラックOKの金融機関はないの?
    「大手金融機関の審査に落ちてしまった」「携帯電話の料金を延滞し続けて、お金が必要なのにどこの審査にも通らない!」という方にとって、魅力的な「誰にでも貸します」の文面。

    あからさまにアヤしい見た目の通り、無審査でのキャッシングをうたう広告はほぼ確実に違法業者、いわゆる闇金によるものです。

    今回は「金融ブラック入りしちゃったかも……。」「大手の審査に落ちてしまった!」という方のために、闇金に手を出さずに利用できるキャッシング方法について解説していきます。

    あなたは「金融ブラック状態」?まずはブラック入りの条件をチェック

    あなたが「金融ブラック状態」か、そうでないかによっておすすめできるキャッシング方法は変わってきます。
    まずはあなたの現在の状況を確認してみましょう!

    ①金融ブラック入りの条件

    あなたのローンの利用状況は、個人信用情報機関という場所で保存されています。
    しばしば噂される、「ブラックリスト」というものは存在しません
    大手金融機関の審査に100%落ちてしまう「金融ブラック状態」は、以下の情報が個人信用情報機関に記録されることで陥ってしまいます。

    ★「ブラック状態」に陥ってしまう要因とその期間

    要因ブラック期間
    2~3ヶ月以上の延滞
    (ローン、クレジットカード、携帯電話料金関連など)
    契約終了から5年
    債務整理5年
    強制解約5年

    ★ブラック状態とまでは行かないけれど、審査に通りにくくなってしまう要因

    要因審査に通りにくくなる期間
    短期間で複数のローン申し込み
    (2~3ヶ月で3件以上が目安)
    最後の申し込みから半年間
    現在解消済みの3ヶ月未満の延滞
    ※CIC加盟の金融機関(大手消費者金融など)のみ
    2年間

    一つでも思い当たる方は、プロミスなど大手の金融機関の審査に通ることは難しいかもしれません。

    ②ブラック期間が明けるまで、金融ブラック状態から抜けることはできない……。

    残念ながら、一度ブラック状態に陥ってしまうとブラック期間が明けるまで、大手金融機関の利用は不可能となります。
    例えば一度強制解約の目にあうと、その後5年間はどこの大手消費者金融・各銀行のローン審査に通ることはできないんですね……。

    そのため金融ブラック状態、あるいはそれに近い状態の方がどうしてもキャッシングを利用したいのなら、一部の小規模金融機関を利用することになります。

    詳細:3.一部の小規模金融機関であれば、ブラック状態でも借りられる可能性あり

    金融ブラックについてより詳しく知りたい方は、「金融ブラックについて」のページをご覧ください。

    年収の3分の1近くまで借りている方は、おまとめローンの検討を

    消費者金融やクレジットカード会社は「貸金業法」という法律によって制限されています。
    カードローンについて調べていると散見される「総量規制」は、貸金業法内の一項目。これは個人に対し融資を行う場合、年収の3分の1を超える貸付を禁止する、というもの。
    つまり年収300万円の方を相手にした場合、100万円を超えるお金を貸すことはできないんです。

    さらにこの総量規制は借り入れ額の合計に掛けられるため、借り入れ先を2社に分けても3社に分けても、借り入れのできる合計額には変わりありません
    あなたの借り入れ情報は個人信用情報機関で全金融機関に共有されているため、誤魔化すことも不可能です。

    というわけで、法律をきちんと守る金融機関を利用する場合、あなたがブラック状態であるかどうかに関わらず年収の3分の1を超えるお金を借りることはできません
    十分な返済能力があれば、貸金業法が適用されない銀行カードローンを利用できる可能性はありますが、大きな借り入れのある状態で審査に通るのはかなり大変……。

    すでに総量規制ギリギリまで借りている、と言う方はおまとめローンを利用して借金の削減を目指すことをおすすめします。他社借り入れが増えるほどに毎月の負担は重くなりますし、いつまでも新しい会社の審査に通ることはできないからです。


    参考楽天銀行のおまとめローンについて
    参考アイフルのおまとめローンについて

    ブラック状態でない方は、大手金融機関を選ぼう!

    ブラック入りの条件を満たしていなかった方は、まず大手消費者金融の審査を受けてみましょう。
    中小企業に比べると、単純に便利さやユーザーサポートの点で大きく優れているからです。

    ①大手金融機関の審査に通る最低条件

    大手消費者金融の審査に通過する主な最低条件は以下の通り。

    ポイント
    • 20歳~70歳
    • 毎月収入がある(アルバイト収入でもいいので、あまり月によって大きな差がないとベター)
    • 今までに申込先の金融機関で金融事故を起こしていない(延滞、強制解約など)
    • 金融ブラック状態でない

    年収は100万円程度でも、審査に通った例は多数あります。収入額自体は審査通過にあまり影響しません。
    ただし年収が低い場合、他社借り入れが1件でもあると審査通過は難しくなります

    ※無職の方は合法の金融機関で借り入れを行うことはできません。アルバイトを始めるか、派遣会社に登録するなど、収入源を確保してから申し込みを行いましょう。

    ※専業主婦の方は専業主婦OKの銀行カードローンが利用できますよ。

    ②審査通過率が高いのは、プロミス?それともアイフル?

    まずは、各社の公式発表による審査通過率に関しての有力なデータを見てみましょう。(2018年9月現在)

    ★各社の契約率・成約率一覧

    アイフル46.3%
    プロミス45.9%

    ★2017年1月時点での価格.comの最新50レビューをもとに算出した利用者データ
     利用者の平均年収(目安)※パート・アルバイトの割合会社員・公務員の割合
    プロミス336万円20%62%
    アイフル343万円16%64%
    SMBCモビット349万円14%70%
    楽天銀行カードローン348万円20%62%
    ※年収200万円未満のデータは150万円として計算

    ブラック状態ではないけれど審査が不安、あるいはすでに銀行系カードローンやプロミスの審査に落ちてしまった、という方は「アイフル」を狙ってみましょう。

    「申し込みブラック」に注意!大手金融機関は申し込み情報を重視する

    個人信用情報機関は、あなたの金融機関への申し込み情報を6ヶ月間分保存しています。
    実は大手消費者金融はこの申し込み情報を非常に重視する傾向にあり、短期間で3社以上の会社へ申し込んでいる場合、それだけで審査に通りにくくなってしまいます「申し込みブラック」とは、こんな困った状態のことを指すんです。

    思い当たる方は最後の申し込みから半年が経った後、新たに他社への申し込みを行ってください。
    「今すぐに借りたい!」という方はこの後解説する一部の小規模金融機関を利用する手もありますが、サポート体制や安心度は大手に大きく劣ります。

    一部の小規模金融機関であれば、ブラック状態でも借りられる可能性あり

    一部の小規模消費者金融、いわゆる「街金」であればブラックであっても融資を行っていることもありますが……。

    やはり大手に比べるとデメリットが大きく、堂々とおすすめはしづらいんです。
    小規模金融機関のデメリットには、一体どのようなものがあるのでしょうか。

    ①「ブラックでも借りられた」という口コミの多い金融機関一覧

    多くの小規模金融機関の中で、とくにブラック状態の方への融資実績が大きい金融機関をまとめてみました。

    以下で紹介するのは、小規模ながらすべて法律の範囲内での貸し付けを行っている金融機関となります。

     金利限度額即日融資
    アロー15.0%~19.94%200万円
    AZ7.0%~20.0%1000万円京都の店舗へ来店可能な方のみ
    ハローハッピー10.0%~18.0%50万円
    もみじファイナンス15.0%~20.0%50万円不可
    ライオンズリース15.0%~20.0%300万円
    北海道キャネット
    ★北海道在住の方のみ対象
    15.0%~20.0%300万円
    (初回50万円)
    北海道の店舗へ来店可能な方のみ

    意外と選択肢は豊富な一方、どれも金利は高め。

    とは言え借り入れ限度額が10万円以上となる場合には、利息制限法により金利は最大でも18%となります。

    「ブラックでも借りられた」という口コミの多い金融機関一覧

    ▲「ハローハッピー」公式HPより。言い換えると返済能力さえあれば、ブラックでもOKということを意味します。

    ②ただし「電話応対がひどい」「個人情報を横流しされたかも」といった悪評も……。

    中小消費者金融の利用体験談には、「電話対応がひどい」「脅迫のような電話が来た」「契約後、無言電話やセールスの電話、DMが増えた」というものが珍しくありません。

    実際に私も小規模金融機関に電話問い合わせを行った際、とても接客業とは思えない横柄な態度で、脅迫のような応対をされた経験があります。

    もちろんすべての金融機関の応対がひどい、というわけでもありませんし、電話応対が良ければ優良企業、というわけでもありません。
    また、同じ金融機関であっても「ひどい対応」「丁寧な対応」とレビューがハッキリ分かれていることもあります。

    基本的に、中小消費者金融に確実に、大手と同じ対応を望むことはほぼ不可能。また、合法とは言えない組織とつながっている可能性もゼロではありません
    どうしてもお金が必要という場合は、こういったことを理解した上で申し込むようにしてくださいね。

    ★中規模消費者金融「セントラル」は電話対応が良好だと評判ですが、上に挙げた金融機関ほど柔軟な審査を行っているわけではありません。
    ブラック未満の方、あるいはブラックになった理由が任意整理など軽めの債務整理である方なら、検討してみてください。

    ★中小消費者金融は、一般的にコンビニATMなどを使ったキャッシングに対応していません。
    基本的には銀行振込で取引を行うため、いつでも好きな時にお金を借りることはできません。

    「闇金」って何?「誰でも貸します」には接触しないで!

    お金に困っているときほど魅力的に映る、「誰にでも貸します」「無審査キャッシング」の文字。

    でも、見るからに怪しい広告には、絶対近づかないで!その理由を解説します。

    ①「闇金」とは、違法な貸付業者のこと

    闇金とは、違法な貸付業者の俗称。
    現在利息制限法で定められている金利(借り入れ額が10万円未満のとき、最大20%)より高い金利で貸し付けを行うのはすべて闇金です。

    もちろん大手を振って宣伝を行うことはできないため、金利を伏せて「誰にでも貸します」「無審査で貸します」といった魅力的な文面を使い、お金に困っている人を誘うのが常套手段。

    無審査で貸してくれるのは確かなのですが、その後は法外な利息の請求や脅迫、個人情報の悪用に悩まされることになってしまいます。

    ②「10日で5割」は実質年率で表すと2億%を超える?!

    「闇金」と呼ばれる組織で使われる「トイチ」「トゴ」といった用語。
    これは「十日で一割」「十日で五割」の略称であり、闇金による法外な金利を表します。
    ちなみに合法な金融機関の場合、金利は最大でも「1年で2割」。これだけでも大きな差があることがわかりますが……。

    闇金の場合、一般的な金融機関と違い多くが複利制。複利とは、簡単に言うと利息に利息が付く計算方法のことで、言うまでもなくとんでもないスピードで借り入れ額が膨らみます。

    「複利」で「トゴ」の場合、実質年率は2億%を超えることに……。当然支払えるはずはありません。

    闇金はどうして、お金に困っている人に無条件でお金を貸し付けるのでしょうか?当然ボランティアではありません。
    その理由を考えてみると、闇金を利用してはならない理由がよくわかるはずです。

    詳細:無審査キャッシングに注意!闇金ってどんな組織なの?

    闇金に引っかかってしまったら、早急に法的手段を

    非合法的な金融機関に引っかかってしまった場合、あなたは法律で保護されます
    闇金側からは「契約書があるから逃れられない」といった脅しが掛かることも多いですが、実際は闇金の被害者が裁判で勝訴している例も多いもの。
    闇金に引っかかってしまったら、早急に弁護士や司法書士へ相談を行ってください。
    行政サービス「法テラス」を使えば、少し予約に時間は掛かりますが無料での相談が可能です。

    参考:法テラス公式HP

    ただし実際に契約を結んだ場合、相手が闇金であっても利息制限法に接さない利息(年20%まで)と元金の返済義務は消えませんのでご注意ください。

    ③闇金に手を出すくらいなら、債務整理の検討も

    闇金に手を出すことを考えるくらい切羽詰まった状態であるなら、債務整理の検討も考えられます。
    債務整理とは、法律に基づいた多重債務者の救済措置のこと。
    借金が帳消しになる代わりにデメリットも大きい「自己破産」が最も有名ですが、メリット・デメリットともに軽い手段も存在します。

    借金がいよいよ返せない、おまとめローンの審査にも通らない、という方はここで一度、リセットを図ってみるのも良いでしょう。

    詳細:債務整理について

    ただし、自己破産での免責(借金の帳消し)を2回以上認めてもらうことは難しいのでご了承ください。

    まとめ

    ポイント
    • ブラック状態ではない方はまず「アイフル」といった大手消費者金融機関を狙ってみよう!
    • ブラック状態、またはそれに近い状態の方が次に狙うのは中小消費者金融。ただし安心感や便利さでは大きく劣る
    • 「誰でも貸します」「無審査キャッシング」を掲げているのは闇金!連絡は絶対にNG

    違法業者に手を出すと、今後の人生が台無しになるような取り返しのつかないことになりかねません。
    大手消費者金融の審査に通らない、という方は自分の行動に責任をもってこれからの行動について考えてみてください。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)
    飯田道子先生

    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー(CFP認定・1級)

    携帯やクレジットカードを2~3カ月滞納した経験がある、債務整理や強制解約された人は契約終了から5年間は個人信用情報機関に情報が載ってしまうため、いわゆるブラックな状態になります。もちろん、お金の借入はできません。借入金が多くて大変だというのなら、ブラックになる前におまとめローンを検討しましょう。小規模金融機関の中にはブラックでも審査OKなところもありますが、金利が高く、さまざまなトラブルも耳にします。大切なことは借りることより返すこと。ブラックになったら収入をあげる方法を考えることが先決です。
    

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい