初心者も1分解決!メリットから選ぶおすすめカードローンの決定版

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    初心者も1分解決!メリットから選ぶおすすめカードローンの決定版

    「今必要なお金を借りるためにカードローンを使ってみたいけれど、似たようなローンがいっぱいあってどれを選べばいいか分からない…」

    プロミス、アコム、各銀行…など、多くの金融機関が提供している「カードローン」サービス。
    「限度額(借入可能額)の範囲内で、何度でもお金を借りられる」という基本システムはどれも同じですが…。
    これだけ似たようなローンがいっぱいあると、どれを選べばいいか分かりませんよね。

    そこで今回は「難しいことなしに、自分に合ったカードローンが知りたい」というあなたのため、初心者向けのおすすめ申込み先をピックアップ。あなたが重視したいメリット別にまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが選ぶべきカードローンが分かります。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    1分で即分かる!あなたに合ったカードローン

    1分で即分かる!あなたに合ったカードローン

    「難しいことなしに、自分に合ったカードローンが知りたい!」とお考えなら、以下の表の中から申込み先を選んでみると良いでしょう。

    重視ポイント別・おすすめカードローン
    重視ポイントおすすめ申込み先
    即日融資
    土日祝日OK
    家族にバレない
    審査に通りやすい
    契約が簡単
    プロミス
    特にデメリットがなく、一番無難
    レイクALSA
    無利息期間が長い
    アイフル
    勤務先への電話なし
    低金利
    安心感
    契約が簡単
    ┗一部例外あり
    いつもの銀行のカードローン
    三井住友銀行
    バレにくさも○
    三菱UFJ銀行
    銀行の中では低難易度

    もちろん他にもカードローンを取り扱っている金融機関はたくさんありますが…。
    その中から特に優秀なもの、便利なシステムを備えているものをピックアップすると、意外と選択肢は多くありません。

    ここからは各候補についてもう少し詳しく説明させて頂きますが、もし上の情報だけで十分なら、そのまま申込みを進めてしまって良いだろうと思います。

    CHECK【プロミス】について詳しく見る
    CHECK【レイクALSA】について詳しく見る
    CHECK【アイフル】について詳しく見る
    CHECK【いつもの銀行のカードローン】について詳しく見る
    CHECK【三井住友銀行カードローン】について詳しく見る
    CHECK【三菱UFJ銀行カードローン】について詳しく見る

    【即日融資】【バレにくさ】【審査の通りやすさ】重視ならキャッシング会社のカードローンが◎

    【即日融資】【バレにくさ】【審査の通りやすさ】重視ならキャッシング会社のカードローンが◎

    ここからは、

    • 土日祝日含め、契約スピード◎
    • 家族にバレにくい
    • 審査に通りやすい
    • 契約が簡単

    といった特性を持つキャッシング会社(消費者金融会社)のカードローンについて、もう少し詳しく解説させて頂きます。

    CHECK①広くおすすめしやすいのは「プロミス」
    CHECK②短期・少額借入なら「レイクALSA」
    CHECK③「在籍確認なし」に注目したいなら「アイフル」
    CHECK④参考:アコムとSMBCモビット

    ①特にデメリットが無く、広くおすすめしやすいのは「プロミス」

    キャッシング会社(消費者金融会社)の中でもユーザーサービスが優秀で、最も多くの人におすすめしやすいのが「プロミス」です。

    プロミス
    金利4.5%
    17.8%
    (月1.483%程度)
    限度額
    (借入可能額)
    1万円~500万円
    ※初回は50万円までが一般的
    初回特典初回借入日の翌日から30日間無利息(金利0%)
    自宅への郵送物以下の場合なし
    (1)来店契約
    (2)ネット契約+口座登録+カードレス契約
    (3)ネット契約+アプリで本人確認+カードレス契約
     ┗運転免許証または在留カードが必要
    勤務先への電話
    在籍確認
    原則あり(担当者個人名)
    事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間最短1時間程度
    借入方法(1)ほぼ24時間振込
    ┗日曜夜間など例外あり
    (2)ATM出金(各コンビニOK)
    ┗カードレス契約の場合は不可
    返済方法(1)自動引き落とし(口座振替)
    (2)インターネットバンキング
    (3)ATM入金(各コンビニOK)
    (4)銀行振込
    (5)有人店舗窓口
    審査傾向
    その他・備考
    • 三井住友銀行グループ

    ご覧の通りプロミスは、

    • 最短1時間で借入OK
    • 自宅への郵送物を避けやすい
    • 借入、返済方法も充実
    • 複数の他社借入さえなければ審査に通りやすい

    …ということで、キャッシング会社に求められる条件はすべてクリアしていると見てよいでしょう。

    そして以下で紹介するライバル業者(レイクALSAやアイフル)に比べると、プロミスは、

    • 若干ながら金利が低い
    • 引き落とし先口座に選択できる金融機関数が多い
    • インターネットバンキングを使った返済対応

    といったメリットを持ちます。

    「レイクALSA」「アイフル」に比べると、これ!といった特徴に欠けると言えなくもないですが…。
    全体が高水準にまとまった、人を選ばない申込み先として一番に名前が挙がるのは確かでしょう。

    ★つまり…

    「プロミス」は、キャッシング初心者に求められるサービスをすべて備えたカードローン。
    迷ったらここを選んでOK!

    CHECK【2021年最新】プロミスに聞いた!即日融資&審査の条件と申込みタイムリミット【来店あり/なし】
    CHECK【初心者向け】プロミスの審査は「借入が初めてなら」決して厳しくない

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    ②最長180日間無利息で借りられる「レイクALSA」は短期・少額借入なら要チェック

    「プロミス」と並んでユーザーサービスに優れるキャッシング会社が「レイクALSA」です。

    レイクALSA
    金利4.5%
    ~18.0%
    (月1.5%程度)
    限度額(借入可能額)1万円~500万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典初回契約日の翌日から、

    • 60日間無利息
       ┗Web申込以外なら30日
    • 180日間5万円以下無利息
      のいずれかを選択
    自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
    (1)来店契約時
    (2)ネット契約+口座登録
    三井住友銀行は未対応
    (3)ネット契約+アプリで本人確認+カードレス契約
     ┗運転免許証が必要
    勤務先への電話
    在籍確認
    原則あり(担当者個人名)
    事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間最短1時間程度
    借入方法(1)ほぼ24時間振込
    ┗日曜夜間など例外あり
    (2)ATM出金(各コンビニOK)
    ┗カードレス契約の場合は不可
    返済方法(1)自動引き落とし(口座振替)
    (2)インターネットバンキング
    (3)ATM入金(各コンビニOK)
    (4)銀行振込
    審査傾向年収100万円未満でも通過可
    ただし他の大手より成約率(≒審査通過率)がやや低い。ブラック等の事情があるなら避けるのが無難
    その他・備考
    • 新生銀行グループ

    特徴はやはり、

    • 180日間5万円以下(=5万円分)無利息
    • 60日間全額無利息(※ネット申込時限定)

    の、選べる初回無利息特典

    「プロミス」はじめとするライバル業者の無利息特典は「30日間(全額)」ですから、特に無利息特典を活かしやすい、短期または少額の借入には打ってつけと言えるでしょう。

    一方、

    • 三井住友銀行や楽天銀行口座のネット登録に対応していない
      (=同行ユーザーは来店なし+郵送物なしで契約しづらい)
    • プロミスに比べると、土日の振込に対応している金融機関がやや少ない(詳細公式HP
      といった懸念についてはあらかじめ確認しておく必要があります。

    ★つまり…

    「レイクALSA」は優秀な無利息特典のおかげで、短期・少額の借入におすすめ。
    ただし「来店なし+郵送物なし」で契約したい三井住友銀行ユーザー等は要注意

    CHECK【初心者向け】レイクALSAの審査では何を見られる?契約の流れ&15名の審査結果
    CHECK【2021年版】レイクALSAに聞く!即日融資/即時振込の3条件:在籍確認含む審査の流れも

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    ③「在籍確認なし」に注目したいなら「アイフル」は見逃せない

    もしもあなたがこれまでの情報をご覧になって、「勤務先への電話」という欄が気になっているのなら、一番優先されるのは「アイフル」への申し込みかもしれません。

    アイフル
    金利3.0%
    ~18.0%
    (月1.5%程度)
    限度額(借入可能額)1万円~800万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典はじめての方なら初回契約日の翌日から最大30日間無利息(金利0%)
    自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
    (1)来店契約時
    (2)ネット契約+口座登録
    一部ネット銀行等は対象外
    勤務先への電話
    在籍確認
    原則なし
    申込み~融資の所要時間最短25分
    ※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
    ※WEB申込なら最短25分融資も可能です。
    借入方法(1)ほぼ24時間振込
    ┗日曜夜間など例外あり
    (2)ATM出金(各コンビニOK)
    ┗カードレス契約の場合は不可
    スマホATM取引(アプリを使ったカードレス取引)を含む
    返済方法(1)自動引き落とし(口座振替)
    (2)ATM入金(各コンビニOK)
    (3)銀行振込
    ※インターネット返済未対応
    審査傾向
  • 低年収(100万円未満)、ブラック状態、多重債務者いずれにも比較的寛容
  • カードローンの審査に通るため、多くの場合で必須となるのが「在籍確認」
    これは「申込み者の申告した勤務先情報が、本当に正しいかどうか」を金融機関が確かめる審査過程のことで、一般に電話を使って行われるのですが…。

    アイフルは在籍確認を行う際は事前に携帯電話へ連絡し、電話をしても良いか確認してくださいます。

    ★アイフルへの問い合わせ結果より

    【管理人】山本
    もし在籍確認が必要になった場合には、事前に連絡がありますか?
    オペレーターの回答
    はい、その場合でしたらお客様の携帯電話の方にご連絡を入れさせて頂きますが、(勤務先への電話の代わりに)メールで(勤務先確認)書類をご提出いただく対応も可能です。

    アイフル以外の会社を選んでも、在籍確認のせいで借入が知られることのないよう、十分に配慮は取ってくれますが…。
    (社名を名乗らず個人名で電話を掛ける、用件を第三者に伝えない、相談次第で電話を控えてくれる等)

    どうしても勤務先に掛かってくる電話が気になるのであれば、アイフルを選ぶのも十分にアリでしょう。

    ★つまり…

    「アイフル」は「勤務先への電話連絡」を避けたい場合におすすめ

    CHECK【2021年版】1分で分かる!アイフルで即日融資を狙えるのは何時まで?必要書類と注意点も
    CHECK1分で分かる!アイフル審査通過条件:年収50万円・ブラックでの即日融資口コミも

    その他、審査の柔軟さも他の会社に比べ高いため、何らかの理由(ブラック状態など)で審査に自信を持てない場合にもおすすめです。

    審査に自信があるならアイフル「ファーストプレミアムカードローン」は是非チェックしたい

    もしもあなたが最低300万円以上の年収と、審査への自信を持ち合わせているのなら…。

    「プロミス」「レイクALSA」や各銀行カードローンよりもおすすめしたいのが、アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    その名称から推測される通り、こちらはアイフルが提供する「高難易度・好条件」なハイクラスカードローンですね。

    「ファーストプレミアムカードローン」の特徴は何といっても、上限9.5%の超低金利。ちなみに普通のアイフルの上限金利は18%、一般銀行カードローンの上限金利は14.5%程度です。

    この金利の低さにもかかわらず、ユーザーサービスは普通の「アイフル」カードローンと共通(「在籍確認なし」含む)。
    つまり銀行より低い金利で、キャッシング会社ならではのユーザーサービスを受けられるというわけで、審査にさえ通れるのなら筆頭申込み先候補となること間違いなしです。

    アイフル

    アイフル

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1,000円〜800万円※1
    最短25分※2最短25分※2※3
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 郵送物の回避が容易
    • 初めての方最大30日間無利息(金利0%)
    • 年収100万円以下の方の審査通過も確認済み
    • 口座振込なら原則365日24時間借入可能

    ※1※2※3(クリック/タップで開きます)

    ※1
     一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
    ※2
     お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
     WEB申込なら最短25分融資も可能です。
    ※3
     受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。

     ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は、源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

    ④参考:アコムとSMBCモビットのカードローンについて

    上に挙げた会社以外で挙げられる大手キャッシング会社には「アコム」「SMBCモビット」がありますが…。

    正直なところ現在この2社は人を選ぶ要素が強く、「初心者がはじめに申し込む」カードローンとしては微妙かもしれません。


    大手キャッシング会社の簡易比較
    金利
    無利息
    郵送物回避備考
    プロミス特になし
    レイクALSA三井住友銀行ユーザーは注意
    アイフル在籍確認なし
    アコム郵送物回避できない銀行多め
    振込融資が限定的
    SMBCモビット無利息特典なし
    郵送物回避の条件厳しい
    限度額高め
    • 近くにアコムの店舗がある(アコム)
    • 少しでも大きなお金を借りたい(モビット)

    という場合には、もちろんこの2社への申込みも選択肢に入りますが…。

    「初心者に、広くおすすめできる」という点ではやはり「プロミス」等の方が上でしょうから、ここでは軽い紹介程度に留めさせて頂きます。

    CHECK43名の審査結果から分析!アコムの審査に通る5つの条件と即日融資の受け方
    CHECK即日融資は苦手?SMBCモビットを選ぶ意味とおすすめ最速カードローン

    【低金利】【安心感】重視なら「いつもの銀行」のカードローンをチェックしたい

    【低金利】【安心感】重視なら「いつもの銀行」のカードローンをチェックしたい

    ここからは、

    • 低金利
    • 安心感

    を重視し「銀行」を借入先に選びたいというあなたのため、具体的な申込み先候補についてお話しさせて頂きます。

    ①申込み先に銀行を選べば、プロミス等よりも低金利で借りられる

    銀行カードローンの金利(年利)は一般に、上限14.5%程度(月当たりに直すと1.208%程度)。
    プロミスの上限金利は17.8%ですから、同じお金を同じ期間を借りた場合、実に3割程度の利息(手数料)を節約できる計算になりますね。

    例:10万円を1ヶ月借りるとき、

    • プロミスの利息は月1,483円前後
    • 一般銀行の利息は月1,208円前後

    その代償として、

    • 申込み~借入までに1週間以上を要することが多い(日数は申込み先銀行による)
    • 審査が若干厳しい(とは言え借入が初めて、かつ自活しており、ブラック状態でなければほぼ問題なし)
    • 自宅への郵送物を避けられないことが多い

    といったデメリットはありますが…。
    こちらさえ気にならないようであれば、申込み先には「銀行」を選んでしまって良いでしょう。

    となると次に考えるべきは「どの銀行に申し込むか」ですが…。

    「郵送物を避けたい」「できる限り早く借りたい」といった希望が特に無いのなら、「普段口座を使っている銀行」で構いません。
    (信金やJAバンクの口座を使っているならそちらのカードローンでもOK)

    現在は多くの銀行がインターネットでの契約に対応したカードローンを取り扱っています。
    そのため多くの方が「いつもの銀行」を使い、難なく必要なお金を借りられることでしょう。

    ★ただし一部銀行・金融機関は契約の際に来店手続きを要求します。あらかじめご承知おきください。

    CHECK全110の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    ★審査に自信があるのなら、一般的な銀行カードローンよりもアイフル「ファーストプレミアムカードローン」はじめとする高難易度カードローンの方が、良い条件で借りられるかもしれません。
    詳細については以下のページをご覧ください。

    CHECK【上限10%未満】おすすめ低金利カードローンランキングの決定版!【口座不要】

    ②「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」は例外的にスピードやバレにくさにも優れる

    キャッシング会社(プロミス等)に比べると、「低金利な代わりに、バレにくさや融資スピードの方面で融通が利かない」という特性を持ちがちな銀行カードローン。

    が、申込み先に「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」を選べば気になる点を解消できるかもしれません。
    というのもこの2行は、

    • 自宅への郵送物なし(来店契約時に限る)
    • 最短1営業日融資(諸条件あり)

    という銀行カードローンには珍しい特徴を持っているんですね。

    いずれも口座開設不要ですので、「できる限り低金利で、でも家族に知られず(あるいはできる限り早く)借りたい」という場合には、この2行への申込みがおすすめとなります。

    三井住友銀行カードローン
    金利1.5%
    ~14.5%
    (月1.208%程度)
    限度額(借入可能額)10万円~800万円
    口座開設不要
    (ただし口座があった方が便利ではある)
    自宅への郵送物三井住友銀行支店内に設置の「ローン契約機」を使った契約時のみ、郵送物なし
    勤務先への電話
    在籍確認
    銀行判断で実施(三井住友銀行名)
    事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間最短1営業日
    (来店契約時、またはすでに三井住友銀行口座をお持ちの場合)
    借入方法(1)ATM出金(各コンビニOK)
    (2)ほぼ24時間振込
    ┗三井住友銀行ユーザーのみ
    (3)自動融資
    (何らかの引き落とし失敗時に自動借入)
    ┗三井住友銀行ユーザーのみ
    返済方法(1)ATM入金(各コンビニOK)
    (2)自動引き落とし(口座振替)
    ┗三井住友銀行ユーザーのみ
    (3)インターネットバンキング
    ┗三井住友銀行ユーザーのみ
    審査傾向
  • 年収問わず正規雇用者、あるいは非正規でも200万円前後の年収を得ているなら十二分に審査通過を狙える
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
    金利1.8%
    ~14.6%
    (月1.216%程度)
    限度額(借入可能額)10万円~500万円
    口座開設不要
    (ただし口座があった方が便利ではある)
    自宅への郵送物三菱UFJ銀行支店内に設置の「テレビ窓口」を使った契約時のみ、郵送物なし
    要運転免許証
    勤務先への電話
    在籍確認
    銀行判断で実施(三菱UFJ銀行名)
    申込み者都合での回避は不可
    申込み~融資の所要時間最短1営業日
    (来店契約時に限る/要運転免許証)
    ※来店しない場合、1週間~
    借入方法(1)ATM出金(各コンビニOK)
    (2)銀行振込(平日日中のみ)
    ┗三菱UFJ銀行ユーザーのみ
    返済方法(1)ATM入金(各コンビニOK)
    (2)自動引き落とし(口座振替)
    ┗三菱UFJ銀行ユーザーのみ
    (3)インターネットバンキング
    ┗三菱UFJ銀行ユーザーのみ
    審査傾向
    • 年収200万円未満のアルバイトといった方の通過報告が多い

    銀行の中では難易度低め

    来店契約を前提とするのなら、基本的に「店舗が近い方」を選んで差し支えないでしょう。

    ただし三菱UFJ銀行「バンクイック」の方は来店契約に運転免許証が必須となりますので、これをお持ちでないのなら申込み先は「三井住友銀行カードローン」に絞られそうです。

    CHECK申込前にチェック!三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット&審査通過データ
    CHECK【三菱UFJ銀行バンクイック】メリットに隠れた3つの「デメリット」とは

    TIPS:カードローンを利用する上で知っておきたいデメリットや注意点

    TIPS:カードローンを利用する上で知っておきたいデメリットや注意点

    はじめてカードローンを利用する場合、どうしても気になるのがそのデメリットやリスク。
    これについて結論からまとめると、以下のようになります。

    カードローンを利用する上でのリスクとデメリット

    • 利息(手数料)を取られる
      ┗プロミスの場合、月1.483%程度
    • 預金と同じように使える便利さゆえ、金銭感覚がくずれるきっかけになりうる

    言うまでもなく、怖いのは2つ目の方ですね。

    預金と同じ感覚で使えてしまうカードローンは、その便利さゆえに「借りたお金」をも自分のお金と錯覚させる危険を持っています。

    このため、「カードローンを使ってお金を借りている」状態が基本となってしまい、どんどん債務を重ねてしまう人は決して珍しくありません。

    逆に言うと、「借りたお金は借りたお金であることを忘れず、できる限り早く返す」ことさえ徹底できれば、特にカードローンの利用を怖がる必要はないのですが…。

    「限度額の範囲内で、預金と同じように借りられる」ローンに危険を感じるのなら、回数分割払いで返済のみを行う「フリーローン」等を選んだ方が安全かもしれませんね。

    ★つまり…

    カードローンを安全に利用するコツは、「必要最低限のだけを借りて、できる限り早く返す」こと

    CHECKよくある質問1:毎月の返済額はどれくらいですか?また、借入後すぐに全額返済することはできますか?
    CHECK【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方
    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    一般的なカードローン、申込み~借入までの流れと必要書類(WEB完結の場合)

    一般的なカードローン、申込み~借入までの流れと必要書類(WEB完結の場合)

    インターネット契約(WEB完結)を用いる場合の、一般的な流れは以下のようになります。

    一般的なカードローン契約の流れ

    インターネットから申込み
    審査開始
    金融機関からの確認連絡
    ※不要な場合あり
    必要書類のアップロード、口座登録等
    在籍確認
    (アイフルは不要)
    メールや電話で審査結果連絡
    インターネット上で契約手続き
    振込融資
    ローンカードの送付
    (キャッシング会社の場合、希望者のみ)

    申込み先によって若干異なることはありますが、大まかな流れはどこも大体同じ。
    何かやるべきことがあればその都度メールや電話で連絡が入りますので、「何をすればいいかわからない」ということはほぼ無いでしょう。

    また、契約に必要な書類は原則として「本人確認書類」。運転免許証はじめとする、写真付きの本人確認書類があればほぼ問題ありません。

    とは言え写真付きの本人確認書類をお持ちでなくても、大手業者のインターネット契約を選ぶ分には、特に問題なく契約を結べるのが一般的です。

    プロミス必要書類(「金融機関口座でかんたん本人確認」の場合)
    本人確認書類
    (全利用者)
    以下のうちいずれか1点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート
      ┗住所記載があるもの
    • マイナンバーカード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    • 住民基本台帳カード
    住所証明書類
    ※本人確認書類の記載住所と現住所に違いがある場合
    以下のうちいずれか1点

    • 公共料金の領収書
    • 住民票の写し
    • 国税や地方税の領収書
    • 社会保険料の領収書

    ※発行から6ヶ月以内のものに限る

    ※その他、審査状況や他社借入状況によって収入証明書の提出を要求される場合あり

    ★例外的に「アイフル」は、返済用口座の登録が可能なら必要書類なしとなっています。
    (審査の結果、収入証明書が必要になった場合などを除く)

    ★無人店舗を使った来店契約時の必要書類や契約の流れについては以下のページをご覧ください。

    CHECK「来店あり」で即日融資を受ける方法と申込み先の選び方について

    Q1:毎月の返済額はどれくらいですか?また、借入後すぐに全額返済することはできますか?

    Q1:毎月の返済額はどれくらいですか?また、借入後すぐに全額返済することはできますか?

    毎月の返済額は借入先のカードローンによって異なりますが、ここでは一例として「プロミス」のものを紹介させて頂きましょう。

    プロミスの最低返済額(引き落とし額)
    最終借入時の借入残高引落し額
    (最低返済額)
    5万円2,000円
    10万円4,000円
    15万円6,000円
    20万円8,000円
    30万円11,000円
    40万円
    50万円13,000円
    ※厳密な決定方法については公式HP参照

    契約の過程で(または契約後に)返済用口座の登録を済ませられたなら、借入額に応じた定額を、毎月「自動引き落とし」で支払っていく形となりますね。
    (口座登録をせず、ATMや振込で都度返済することも可能です)

    また、上に挙げたような引き落とし額はあくまで「最低支払額」。
    ATMや銀行振込、インターネットバンキング等を使った追加返済・一括返済はいつでも可能ですので、「借りっぱなし」の状況を避けるためにも積極的に活用したいところです。

    ★もちろん「借入の翌日に全額返済」といった対応も可能です。
    また利息(手数料)は日割りで請求されますので、借入期間が短ければ短いほど、利息を支払わずに済むということになりますね。

    もちろん各キャッシング会社の無利息期間中に全額返済を済ませられれば、一切利息を支払うことなく返済義務を果たせます。

    Q2:限度額(借入可能額)は審査によって決まるそうですが、目安はありますか?

    このページで挙げたような大手のカードローンに関して言えば、

    • パート、アルバイト
      …10万円~高くても30万円程度
    • 正規雇用者
      …30万円~50万円程度
       場合によっては100万円~

    となるのが一般的です(ブラック状態、他社借入などのマイナス要素がない場合に限る)。

    とは言えこのあたりは会社によって方針が異なりますので、「少しでも大きなお金を借りたい」とお考えならば、その希望に合った申込み先を選んだ方が良いでしょう。

    CHECK【カードローンの借入限度額とは】22の体験談から割り出す申込み先別・限度額目安も
    CHECKパート・アルバイトが50万円借りるには?高限度額カードローン情報とFAQ

    ★50万円を超える契約には「収入証明書」の提出を要求されるのが一般的です。あらかじめご確認ください。

    CHECK【職業別】すぐ分かる!収入証明書類の入手方法とよくある質問

    Q3:総量規制って何ですか?

    カードローンについて調べていると、よく見かける「総量規制」という言葉。
    これは簡単に言うと、「例え複数の会社と契約を結んだとしても、合計で年収の3分の1を超えるお金を借りることはできない」というルールのことを言います。

    例:年収300万円の方の場合、借りられるのは「合計100万円」まで。
    すでに「アイフル」で100万円を借りているなら、新たな借入は不可

    …とは言え実際のところ、このルールが適用されるのは貸金業者、つまりキャッシング会社(消費者金融)やクレジットカードのキャッシング枠だけ。

    銀行カードローンには関係のないルールですので、申込み先を選べば年収の3分の1を超える借入も特に問題なく可能です。

    CHECK貸金業法って何? 総量規制対象外のキャッシングのコツ
    CHECK【多重債務者の即日融資】総量規制対象外/例外となる4つの条件とその他の手段

    Q4:専業主婦でも借りられますか?

    大手キャッシング会社、都市銀行のカードローンはいずれも専業主婦の方の申込みを受け付けていません

    とは言え、

    あたりの申込み先を選べば、専業主婦名義であっても問題なく契約可能。
    また配偶者の同意や保証も不要となっています。

    ★被扶養者であってもパートなどでご自身の収入を得ているのなら、大手キャッシング会社や都市銀行カードローンへの申込みが可能です。
    この場合も配偶者の承諾などは必要ありません。

    初心者向け・おすすめカードローンのまとめ

    初心者向け・おすすめカードローンのまとめ

    重視ポイント別・おすすめカードローン
    重視ポイントおすすめ申込み先
    即日融資
    土日祝日OK
    家族にバレない
    審査に通りやすい
    契約が簡単
    プロミス
    特にデメリットがなく、一番無難
    レイクALSA
    無利息期間が長い
    アイフル
    勤務先への電話なし
    低金利
    安心感
    契約が簡単
    ┗一部例外あり
    いつもの銀行のカードローン
    三井住友銀行
    バレにくさも○
    三菱UFJ銀行
    銀行の中では低難易度
    備考
    カードローンを上手に使うコツは「必要最小限を借りて、できる限り早く返す」こと
    ┗借入の翌日に全額返済してもOK

    重視したいメリット(融資スピード、低金利など)さえ決まっていれば、意外と申込み先選びは難しくありません。

    まずはあなたがどんなカードローンを使いたいかを決めた上で、その希望に合った金融機関を選択できると良いですね。

    CHECK1分で分かる!あなたへのおすすめ銀行カードローン5選:審査が甘い・低金利・郵送物なし他
    CHECK1分で分かる!消費者金融の比較とあなたに合ったカードローン:審査が甘い、在籍確認なし他
    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    カードローンを選ぶときの大まかな判断材料としては、借りたことを家族にバレしたくない、できるだけ金利を抑えたい等を考えてみましょう。
    家族バレを避けたいのなら、消費者金融がお勧めです。金利は高めですが審査は早く、当日融資も可能です。
    できるだけ金利を抑えたいなら、銀行を検討して下さい。ただ家族バレしやすく、融資までの審査に時間が掛ってしまいます。
    いずれにしてもどのような目的で借りたいのか、どのように返済するのかを考えて、借入先を選んでみましょう。

    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい