キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【今すぐ借りられるカードローン】初心者へのおすすめNo.1は「プロミス」

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    【今すぐ借りられるカードローン】初心者へのおすすめNo.1は「プロミス」
    「事情があって、とにかく今すぐお金を借りたい…」

    そんなときに力になってくれるのは、やっぱりキャッシング専門の「消費者金融会社」
    サラ金(サラリーマン金融の略称)と呼ばれることもありますが、実際のところはパート・アルバイトや自営業者も、申し込みから最短1時間程度で借入可能です。

    この消費者金融会社にはいくつか種類があり、「今日中に現金を借りたい」という希望をかなえるためには極論どこを選んでも問題ありません。
    が、あなたがカードローン初心者、かつ借入をお急ぎなら、一番利用しやすいのは「プロミス」でしょう。

    今回は「とにかく急いでお金を調達したい」というあなたのため、申し込み先候補となる消費者金融会社と各社の違いを簡単にまとめました。
    読み終えていただければあなたに合ったローンを使い、急場をしのぐ方法が分かります。

    消費者金融会社を利用するためには「申込者本人が仕事をしていること」という条件を満たす必要があります。あらかじめご承知おきください。
    (ここで言う「仕事」にはアルバイトも含まれます。また、要審査ではありますが高い収入を得ている必要はありません)
    もしもあなたが「キャッシング枠付きのクレジットカード」をお持ちであれば、こちらを活用することで必要なお金を調達できるかもしれません。
    詳しくは「クレジットカードを使ったキャッシング方法:キャッシング枠の使い方と注意点」のページをご覧ください。
    2018年1月以降、すべての銀行カードローンにおいて即日融資を利用することはできません。(全銀行ローンの審査の際、1営業日以上を要する警察庁へのデータ照会が義務付けられたことによる)

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    「とにかく今すぐ借りたい!」なら、一番使いやすいのは「プロミス」

    「とにかく今すぐ借りたい!」なら、一番使いやすいのは「プロミス」

    「申し込みの当日に借りられる」ことをウリにした消費者金融会社は複数存在しますが……。
    あなたがキャッシング初心者、かつ「とにかくすぐ借りたい」とお考えなら、一番のおすすめは「プロミス」
    まずはそう言える理由について、簡単にお話しさせて頂きます。

    ①最短1時間融資&24時間振込対応で来店なしでも利用しやすい

    「プロミス」キャッシングサービスの基本情報は以下の通りです。

    ★プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社/三井住友銀行グループ)

    上限金利17.8%
    (月あたり1.483%前後)
    利用限度額1万円~500万円
    ※上限は年収の3分の1
    ※初回は50万円以下が多い
    審査スピード最短30分申込~融資に掛かる時間最短1時間程度
    即日融資のための申込リミット目安 21時
    ※審査は22時まで(曜日問わず)
    ※来店申込、インターネット申込共通
    郵送物なし+来店なしの両立OK
    申込条件年齢20~69歳の「ご本人に」安定した収入のある方
    ※専業主婦や無職の申込不可
    ※就業必須(有収入でも無職の方は申込不可)
    その他
    • 初回借入日の翌日から30日間無利息
    • 24時間振込対応(日曜夜間などの例外あり)

    特筆すべきは

    • 来店なしでも21時までの申し込みで即日融資(当日中の融資)を狙える
    • 24時間振込対応(=契約さえ済めば、どこにいてもお金を借りられる)
    • 郵送物なしでも利用しやすい

    といったところ。ついでにアコム等の他社に比べ、金利も0.2%低いです。

    他の消費者金融会社に比べ特にこれと言えるほどのデメリットもありませんから、「今すぐ借りる」ことを目的とするなら「プロミス」を選んで後悔することはないでしょう。

    CHECKプロミスに直撃!即日キャッシングの大前提:申し込みリミット、勤務先休業時の対応他
    CHECKプロミスに電話取材!土日に即日融資を受ける申込タイムリミット&必要書類、注意点他
    CHECKプロミスに聞いた!自動契約機で即日融資を受けるなら21時までに入店を:他注意点も
    CHECKプロミスは時間や曜日を「ほぼ」問わない即日振込に対応!例外時間&その対策も

    ②消費者金融会社らしく、審査通過に高い収入等が求められないのも嬉しい

    プロミスに限らず、正規の(合法の)カードローンを利用するには、各社の独自基準による「審査」に通る必要があります。クレジットカードに申し込んだことがあるのなら、それに近いものとお考えいただくと良いでしょう。
    ……とは言えプロミスの審査は一般的なクレジットカードより大分通りやすいとされ、年収100万円以下、あるいは正真正銘の「ブラック」状態という方の通過例も多数報告されています。

    ★これまでに寄せられた「プロミス」審査通過報告(年収200万円以下、一部抜粋)

     年収職業他社借入限度額備考
    可決60万円学生なし10万円
    • 勤続2ヶ月
    70万円学生なし10万円
    72万円パートなし10万円
    90万円アルバイトなし10万円
    • 勤続6ヶ月
    • 5年以内の強制解約処分
    96万円学生20万円10万円
    • 勤続6ヶ月
    125万円自営業なし10万円
    171万円派遣社員なし10万円
    • プロミスの前にモビットで審査落ち
    • 5年以内に任意整理
    190万円アルバイトなし10万円
    200万円学生50万円10万円
    赤太字:ブラック状態、またはそう推測される要因
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題

    あなたがここに記載されている方と同じか、それ以上の属性(ステータス)をお持ちなら、審査についてさほど不安に思う必要は無いでしょう。

    CHECK「プロミス」申込経験者55名の審査結果と属性・適用限度額一覧

    ★ただしプロミスは、他の消費者金融会社に比べ「他社借入・債務」(他社からの借金あるいはリボ残高)に少し厳しい傾向にあります。
    もしもあなたがすでに年収の30%に届くような債務を負っているなら、プロミスへの申し込みは避けておくのが無難でしょう。

    CHECK他社借入ありの「プロミス」審査経験者18名に聞く!通過者の共通点と審査基準分析

    「60日無利息」「180日間5万円以下無利息」に魅力を感じるなら「レイクALSA」も要チェック

    「60日無利息」「180日間5万円以下無利息」に魅力を感じるなら「レイクALSA」も要チェック

    もしもあなたが「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」といったサービスに魅力を感じるのなら、プロミスよりも「レイクALSA」を選んだ方が良いかもしれません。
    ここからは「プロミス」と同じく即日融資のサービスに優れた「レイクALSA」を紹介させて頂きましょう。

    ①ユーザーサービスはプロミス以上!「レイクALSA」の基本情報

    「レイクALSA」の基本情報は以下の通りです。

    ★レイクALSA

    金利上限18.0%利用限度額1万円~500万円
    ※上限は年収の3分の1
    審査スピード最短30分申込~融資に掛かる時間最短1時間程度
    即日融資のための申込リミット目安21時
    ※審査は22時まで(第三日曜日を除く)
    ※来店申込、インターネット申込共通
    郵送物なし+来店なしの両立OK
    申込条件 (公式HPより)満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
    備考
    • 「60日間無利息(Web申込時のみ)」もしくは「180日間5万円以下無利息サービス」を選択可能
    • 24時間振込対応 (日曜夜間などの例外あり)
    • コンビニ含む全ATMの利用手数料無料
    • 第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで
    • 21時頃までの申し込みで即日融資可(第三日曜日除く)
    • 24時間振込対応
    • 郵送物なしで利用しやすい

    といったメリットはプロミスと共通する上、「レイクALSA」の無利息サービスの内容はプロミス(30日間無利息)を確実に上回ります。加えて全ATMで手数料無料となれば、ユーザーサービス面では完全にこちらが上と言ってしまっても良いでしょう。
    (ちなみにプロミスの提携ATM利用手数料は110円または220円/回)

    ②ただし成約率はプロミスの2/3程度で、審査難易度はやや高いか

    ……それなら何故「レイクALSA」を一番に紹介しなかったかと言うと、このローン、成約率(申込に対する契約完了率)がプロミスに比べかなり低いんですね。2019年10月現在で確認できる最新分だと、プロミス45.2%に対しレイクALSAは30.2%です。

    「成約率」には申込後、途中で契約をキャンセルした人も含まれるでしょうから、これを純粋な「審査通過率」と言い切ってしまうことはできませんが……。
    条件はどこの会社でも同じと考えると、やはりレイクALSAの審査はプロミスに比べ厳しいと言い切ってしまっても差し支えないでしょう。

    ……とは言えこれまでには申告年収100万円のパートの方の審査通過も確認されていますから、「多額の他社借入がある」「ブラック状態」といった明確なマイナス点をお持ちでないのであれば、そのままレイクへ申し込んでも差し支えは無いと考えられます。

    ★これまでに寄せられた「レイクALSA」審査通過報告(年収200万円以下、一部抜粋)

     年収職業他社借入限度額備考
    可決100万円パートなし10万円
    • 2年以内にクレカ1ヶ月~2ヶ月未満滞
    • 安定収入ある配偶者あり
    155万円アルバイト42万円9万円
    192万円会社員3万円20万円
    • 直前に地方銀行のフリーローン審査落ち
    否決200万円契約社員3社計44万円
    +リボ10万円
    審査落ち
    • 借入先の多さが審査落ち理由か
    可決200万円会社員アイフル30万円
    銀行70万円
    20万円
    ※年収100万円未満の方の申込報告(審査落ち含む)は未確認

    CHECKレイクALSA&利用者に聞く!即日審査の流れと注意点、郵送物や勤務先電話の回避他

    近くに店舗があるなら「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」への申し込みも候補に

    近くに店舗があるなら「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」への申し込みも候補に

    基本的なサービス内容に優れるのは「プロミス」「レイクALSA」の2社。
    とは言えあなたのお家や勤務先のお近くに店舗があるのなら、「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」で来店契約を済ませることで、より簡単・スピーディに借入を済ませられる可能性もあるでしょう。

    「24時間振込」を利用できなかったり、郵送物の回避が難しかったり…といった問題は発生するかもしれませんが、「店舗で契約し、そのままカードを受け取りATMで出金する」という方法を取るのであれば、どの申込先を選んでもそこまでの違いはありません。
    (ただしモビットは他社に比べ即日融資のための申込リミットが早いため注意)

    ★大手消費者金融5社の比較

    上限金利郵送物なしでの借入24時間 振込※1即日融資の申込リミット目安
    プロミス17.8%
    (30日間無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    OK~21時
    (ネット、来店)
    レイクALSA18.0%
    (60日間無利息または180日間5万円無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    OK~21時
    (ネット、来店)
    ※第三日曜日除く
    アコム18.0%
    (30日間無利息)
    郵送物回避には来店必須
    口座による
    ~21時半
    (来店)
    ネット申込に関しては口座による
    アイフル18.0%
    (30日間無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    不可~21時
    (来店)
    ~20時
    (ネット)
    SMBCモビット18.0%条件厳しめOK~19時
    (ネット、来店)
    ※1 メンテナンス時間、日曜夜間などの例外あり。また一部金融機関口座は対象外
    申込~借入までに掛かる時間は5社とも「最短1時間」程度(土日祝日を含む)
    ※特に記載のない限りコンビニATM利用時には手数料(110円または220円)発生

    つまり極力早く、便利な借入のためには、

    • インターネット申込→「プロミス」または「レイクALSA」
    • 来店申込→近くに店舗のある業者

    を選べば良い、というわけですね。

    ★ちなみに街中で見かける消費者金融会社の店舗は、十中八九「無人店舗」のものとなります。
    (たまに有人店舗窓口もありますが)
    「アコム」無人店舗(むじんくん)内の様子
    ▲「アコム」無人店舗(むじんくん)内の様子

    各カードローン契約に必要な書類について

    カードローン契約を結ぶ際には、「犯罪収益移転防止法」や「貸金業法」、あるいは各社の独自規定に基づく必要書類を提出する必要があります。
    「プロミス」の例を挙げると以下のようになりますね。(他の消費者金融会社でもほぼ同じです)

    ★「プロミス」の契約に必要な書類

     提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければパスポートまたは健康保険証

    ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと
    来店契約の場合、「健康保険証」のみでの申込不可。以下の住所確認書類を追加で用意すること

    住所確認書類
    • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
    • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
    以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

    • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
    • 社会保険料の領収書
    • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

    ※現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK

    収入証明書類限度額50万円超の場合 またはプロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合以下のいずれか1点

    • 源泉徴収票(最新のもの)
    • 確定申告書(最新のもの)
    • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    • 税額通知書(住民税決定通知書/最新のもの)
    • 所得(課税)証明書(最新のもの)
    勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合
    • 最新の給与明細書
    • 社会保険証、組合保険証など勤務先の確認できる保険証

    その他、応相談

    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    ※主に消費者金融会社、またはクレジットカードのキャッシング枠

    必要な書類を用意できないと、契約・借入を済ませることはできませんのであらかじめご注意ください。

    ちなみに各書類は

    • スマートフォンなどで撮影し、所定の場所にアップロード
    • 店舗に出向き、そこに設置してある自動契約機やスキャナーを使って読み取り・送信


    といった形で簡単に提出可能です。

    まとめ

    まとめ

    ★今すぐお金を借りたい場合の申込先候補

    備考
    来店なし (インターネット契約)プロミス
    • 21時までの申込で即日融資を狙える
    • 24時間振込対応
    • 郵送物を避けやすい
    • 迷ったらここを選んでよい
    レイクALSA
    • 上記に加え「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」「全ATM手数料無料」といった独自サービスあり
    • ただし審査難易度はプロミスよりやや高い
    来店ありお近くの消費者金融会社
    • 申込先候補はプロミス、レイクALSA、アコムアイフルSMBCモビット
    • ただしモビットは即日融資のための申込リミットがやや早い(目安~19時)ため注意

    最も広い層におすすめなのは「プロミス」。ただし無利息サービス内容や立地などを重視するなら、その他の消費者金融会社も申込先候補に入ることでしょう。
    希望する契約方法(来店あり/なし)や審査への自信の有無に応じ、あなたに合った申込先を選んでみてくださいね。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスが初心者にお勧めと言われているひとつが手軽さ。来店不要で21時までに申し込めば即日融資OKは、大きなポイントです。収入要件もさほど厳しくはなく、郵送物も不要とできるので気持ちも楽に!できるだけお得に借りたいのなら、レイクALSAがお勧めです。プロミスに比べて審査は厳しくなるものの60日間無利息、180日間5万円以下無利息なのは大きな魅力です。まずはいくら借りるのか?どんなサービスが欲しいのかを考えて、借入先を選んでいきましょう。

    CHECKプロミスに直撃!即日キャッシングの大前提:申し込みリミット、勤務先休業時の対応他
    CHECKプロミスに電話取材!土日に即日融資を受ける申込タイムリミット&必要書類、注意点他
    CHECKプロミスに聞いた!自動契約機(無人契約機)で即日融資を受けるなら21時までに入店を:他注意点も
    CHECKプロミスは時間や曜日を「ほぼ」問わない即日振込に対応!例外時間&その対策も
    CHECKプロミスに聞いた!毎月の返済額・返済方法:遅れそうなら電話相談で対処可能!
    CHECKレイクALSA&利用者に聞く!即日審査の流れと注意点、郵送物や勤務先電話の回避他


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント