【口座開設不要カードローン】難易度低めの銀行も!口座開設にメリットはある?

「銀行のカードローンを使ってみたいけれど、普段使いの口座を変えるのは面倒……。」

そんなあなたには、口座開設不要のカードローンがおすすめ。
消費者金融会社(キャッシング専門の会社)はもちろん、多くの銀行も口座開設不要のローン商品を取り扱っています。
ただし一方で、指定された口座を持っていると審査や金利、利用者サービスの面で大きく有利になることも……。

今回は「カードローンと預金口座」をテーマに、口座開設ナシで借りられるカードローンから口座を開設しておくメリットまでを詳しくまとめました。
読み終えていただければあなたが便利に借りるために、預金口座を開設するべきか・そうでないかが分かりますよ!

借り入れ先の普通預金口座を持っていなくても、カードローンは利用できる?

特に「銀行でお金を借りる」となると、毎月の返済は借入先の銀行の、普通預金口座から引き落とされるイメージがありますよね。

確かに住宅ローンなど大きなローンであれば、「借入先=返済口座」が定められていることがほとんどですが……。
カードローンのような小口ローンなら、特に口座開設が求められないことも多いもの。
すべての銀行とは言えませんが、きちんと申し込み先を選べばメインバンクを変えずにお金を借りることができますよ。

CHECK2.特定口座なしで利用できるカードローン一覧

一方で、あなたがすでにどこかの銀行口座をお持ちであれば、同銀行で何らかの優遇サービスを受けられるかもしれません。(残念ながら「ゆうちょ銀行」は例外)

CHECK3.借入先銀行の口座を持っている場合のメリットにも注目

特定口座なしで利用できるカードローン一覧

それでは、実際に指定の口座を開設せずに利用できるカードローンを見ていきましょう!

<口座なしで利用できるのなら、毎月の返済はどうするの?>

一般に、ローンというとクレジットカードのように「自動引き落とし(口座振替)」で返済するイメージがあります。実際、口座開設必須のカードローンは毎月の返済方法が「自動引き落とし」に設定されていることが多いのですが……。

 

特に口座の開設が必要ない、これから紹介するローンの返済方法は、「ATM入金」「振込返済(銀行振込)」が基本となっていることが多いです。この方法なら、支払いに口座開設は必要ありませんね。
ただしATM返済や振込返済は利用手数料が発生しやすいのに加え、自動引き落としに比べると支払い忘れによる延滞リスクが高いもの。口座開設不要の金融機関を利用する場合には、返済日の自己管理を心がけたいものです。

(消費者金融系の会社では、事前にメールで返済日をお知らせするサービスが設けられています。)

 

ちなみに各消費者金融と楽天銀行では、例外的にさまざまな銀行・信用金庫などからの「自動引き落とし」設定が可能
ATMを使った返済に不安がある場合には、これらの金融機関をチェックすると良いでしょう。
ただし楽天銀行の場合、ゆうちょ銀行口座は引き落とし先に指定できません

①即日借入を狙うなら消費者金融系を選ぼう

カードローンと言えば、アコムプロミスといった消費者金融会社(キャッシング会社)を連想される方は多いですね。
そういった大手は即日融資(申し込み当日の貸付)をはじめとする、利用者サービスが充実しているのが特徴。その中には多彩な返済方法も含まれます。

ただしその一方で金利は高いため、おトクな借り入れを狙うなら口座開設不要の銀行カードローンを選択したほうが良いでしょう。
半年以内の短期間・1度きりの借り入れであれば、無利息サービスにより消費者金融のほうがおトクになりやすいです。)

アコム

金利 3.0%~18.0%※ 限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分 融資スピード 最短1時間程度
返済方法 インターネット
ATM入金
自動引き落とし
銀行振込
有人店舗での支払い
自動引き落とし先に指定できる口座 ほとんどの金融機関
(非公開、不安な場合は要問合せ)
その他
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • パート、アルバイト可
  • 楽天銀行の口座があれば、ほぼ24時間365日振込キャッシングを受けられる
  • ※初回契約時に適用されるのは、多くの場合で上限金利(アコムの場合18%)

    プロミス

    金利 4.5%~17.8% 限度額 1万円~500万円
    審査スピード 最短30分 融資スピード 最短1時間程度
    返済方法 インターネット
    ATM入金
    自動引き落とし
    銀行振込
    有人店舗での支払い
    自動引き落とし先に指定できる口座 ほとんどの金融機関
    (非公開、不安な場合は要問合せ)
    その他
  • 初回借入日の翌日から30日間無利息
  • パート、アルバイト可
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座があれば、ほぼ24時間365日振込キャッシングを受けられる
  • アイフル

    金利 3.0%~18.0% 限度額 1万円~800万円
    審査スピード 最短30分 融資スピード 最短1時間程度
    返済方法 ATM入金
    自動引き落とし
    銀行振込
    有人店舗での支払い
    自動引き落とし先に指定できる口座 公式HP参照
    その他
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • パート、アルバイト可
  • 各社の詳細や比較について、詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK消費者金融会社の徹底比較!

    CHECK【アコム】のメリット・デメリットと申し込みから返済まで
    CHECK【プロミス】のメリット・デメリットと申し込みから返済まで
    CHECK【アイフル】のメリット・デメリットと申し込みから返済まで

    CHECK【アコム】毎月の返済金額とその方法
    CHECK【プロミス】毎月の返済金額とその方法
    CHECK【アイフル】毎月の返済金額とその方法

    CHECK【プロミス】注目の新借入方法「アプリローン」について

    ②低金利&口座不要の銀行カードローン

    おそらく、銀行カードローンの優に半分以上が「自社口座開設必須」を掲げていますが……。
    銀行の数自体が非常に多いため、意外と「口座開設不要」銀行カードローンを探すことは難しくありません。
    その代表的な例を紹介していきます!

    ★2018年1月の銀行カードローン・審査システム改定により、どのローンも「審査・融資に数日以上」の時間がかかると考えられます。
    借入をお急ぎの場合には、消費者金融各社をご利用ください。

    楽天銀行スーパーローン

    金利 1.9%~14.5% 限度額 10万円~800万円
    返済方法 【必須】自動引き落とし
    【任意】
  • ATM入金
  • インターネット
  • 銀行振込
  • 自動引き落とし先に指定できる口座 公式HP参照

    ゆうちょ銀行不可

    その他
  • 毎月の返済は自動引き落としで行うが、引き落とし先は選択可
  • 利用残高に応じてポイントがたまる
  • パート、アルバイト可
  • イオン銀行カードローン

    金利 3.8%~13.8% 限度額 10万円~800万円
    返済方法 ・ATM入金
  • 自動引き落とし
  • 自動引き落とし先に指定できる口座 ほとんどの金融機関
    (非公開、不安な場合は要問合せ)
    その他
  • 金利は低めだが運転免許証がない場合、契約に時間がかかる
  • パート、アルバイト可
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」

    金利 1.8%~14.6% 限度額 10万円~500万円
    返済方法 【全利用者可】
  • ATM入金
    【同銀行口座必須】
  • インターネット
  • 自動引き落とし
  • 自動引き落とし先に指定できる口座 三菱UFJ銀行のみ
    その他
  • パート、アルバイト可
  • その他、地方銀行が口座開設不要のローンを取り扱っていることも多いですが……。(第四銀行福岡銀行など)
    口座開設不要の地銀ローンは地銀のメリット(普段使いによる金利優遇など)を受けにくい上、全国規模の銀行に比べるとやや金利が高かったり、使い勝手が悪いことも多いため、積極的にはおすすめしづらいものとなっています。

    また、ゆうちょ銀行カードローン「したく」も口座開設不要ですが……。
    普段からゆうちょ銀行口座を使っていても優遇を受けられない上、金利も高め・融資スピードも遅いと特に利用するメリットはなさそうです。

    <低金利での借り入れを狙うなら口座開設はほぼ必須>

    結論から言うと、一般のカードローンより図抜けて低金利なローンは、ほぼすべて口座開設必須と言って良いでしょう。

    銀行カードローンの上限金利(最高金利)の標準は14.5%程度。上で紹介した「口座開設不要」のローンは、どれもこの基準から大きく外れてはいません。

     

    一方で「口座開設必須」のローンにまで目を向けると、りそな銀行12.475%、中央労働金庫8.475%、住信SBIネット銀行プレミアムコース7.99%(いずれも上限金利)と、非常に金利の低いローンが目立ちます。

     

    おそらく、「口座開設不要」で外部の提携ATM・金融機関を通しお金を返済してもらうことは、貸し手である金融機関にとってコストが掛かる上、お金を回収できないリスクも高いのでしょう。

     

    というわけで、本当に「金利の低さ」を重視するのであれば、どうしても新しい口座の開設は必須となります。

    大きなお金を借り、長期にわたり返済を行いたいという場合には新規口座の開設や、メインバンクの移行を考えた方が良さそうです。

     

    CHECKあなたの街で最も低金利に借りる方法

     

    一方で短期間の借り入れであれば、さほど金利を気にする必要はありません

     

    CHECK金利と利息・返済システムの仕組みを解説!

     

    ★金利と支払い総額の参考1(10万円を借り、月1万円返済する場合)

    アコム(金利18%) 107,416円
    (30日間無利息)

    楽天銀行(金利14.5%)

    107,227円

    りそな銀行(金利12.475%)

    106,144円

    ★金利と支払い総額の参考2(50万円を借り、月1.5万円返済する場合)

    アコム(金利18%) 668,549円
    (30日間無利息)

    楽天銀行(金利14.5%)

    643,730円

    りそな銀行(金利12.475%)

    617,052円

    ③年収400万円以上なら、例外的に口座開設不要&低金利のローンを狙えるかも

    基本的に、口座開設不要の銀行カードローンが並外れて低い金利で融資を行っていることは少ないもの。
    ただしあなたに目安として400万円以上の年収があるのなら、例外的に10%を切る金利で口座を開かず、借り入れが可能かもしれません。

    ★上場企業の会社員や公務員など、「属性」が良ければ年収400万円未満でも十分に通過の可能性があります。

    それでは見ていきましょう!

    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」

    金利 3.0%~9.5% 限度額 100万円~800万円
    審査スピード 最短即日 融資スピード 最短即日
    (有人店舗への来店時)
    返済方法 ATM入金
    自動引き落とし
    銀行振込
    有人店舗での支払い
    自動引き落とし先に指定できる口座 公式HP参照
    その他
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • 三井住友カード「ゴールドローン」(三井住友銀行とは同グループの別会社)

    金利 3.5%~9.8%
    (カードレスなら上限9.2%)
    限度額 最大700万円
    審査スピード 数日程度 融資スピード 1週間~
    返済方法 自動引き落としのみ
    (引き落とし額の増額可)
    自動引き落とし先に指定できる口座 ほとんどの金融機関
    (非公開、不安な場合は要問合せ)
    その他
  • 長期利用で金利引き下げ
  • 毎月の返済額2万円以上
  • 「最低限度額100万円(=100万円を借りるに値しないと審査落ち)」「毎月2万円以上返済」といった点から分かるように、この2社の審査難易度はカードローン業界でもかなり高いもの。
    ただし発行元が銀行でないこともあり、指定口座の開設は一切必要ありません

    この通り、審査通過に自信があるのならぜひともおすすめしたいカードローンとなっています。

    <決して侮れない!利用手数料に注意>

    普通預金口座を利用しないカードローンの場合、借り入れや返済はATMに頼ることが多くなります。
    借り入れ先にもよりますが、ここで気を付けなければならないのが利用手数料

     

    利用手数料は、返済時に利息と一緒に差し引かれます。そのため、手数料の分だけ借入残高が減りが悪くなってしまうわけですね。
    これが積み重なると、発生する利息自体にも少しずつ差が出てきます。つまり手数料が発生すると、手数料より大きなお金を損する形になってしまうわけですね。

     

    口座開設が不要なローンであっても、「指定された金融機関のATMを使う」「振込キャッシングやインターネット返済を使う」など、手数料がかからない借入・返済方法が用意されています。
    どうしても急ぎでお金が必要、という場合を除き、できるだけ借り入れ・返済時の手数料は0円としたいものです。

     

    詳しくは以下のページをご覧ください。

     

    CHECK手数料を抑えれば支払い総額3%カット!手数料の仕組みと注意点

    借入先銀行の口座を持っている場合のメリットにも注目

    ここまでは新しく口座を解説せずに利用できるカードローンを紹介してきましたが……。
    「メインバンクを移さずに借りたい!」という場合には、わざわざ口座開設不要の会社を利用するまでもなく、そのままメインバンクで借りてしまうのも一つの手です。

    特にあなたのメインバンクが地銀や信用金庫であれば、さまざまな恩恵も受けやすいもの。
    それでは、詳しく説明していきます!

    ★ゆうちょ銀行をメインバンクとしている場合、残念ながら特にメリットを受けることはできません。
    口座開設不要の金融機関(もしくはメインバンクの移行)を検討してみてください。

    ①メインバンクのカードローンへ申し込めば金利&審査優遇の可能性あり

    あまり目立たないことも多いですが、地方銀行や信用金庫もカードローン商品を取り扱っています。
    もしもあなたがこれらの金融機関をメインバンク(普段使いの口座)として利用しているのなら、思いがけない優待を受けられるかもしれません。まずはいくつか例を挙げてみましょう。

    七十七銀行「77カードローン」

    七十七銀行「77カードローン」

    東京都民銀行「パーソナルカードローン」

    埼玉縣信用金庫「さいしんカードローン」

    埼玉縣信用金庫「さいしんカードローン」
    また、すでに金融機関と取引のある方専用の低金利ローン商品が設けてあることもありますね。

    長野信用金庫「セットプラン」(金利7.8%)の申し込み条件(一部)

    長野信用金庫「セットプラン」

    このように、あなたが普段から給与を受け取ったり、公共料金の引き落とし先に設定している金融機関であれば、一般的な金融機関よりずっとトクに利用できるかもしれません。
    また、長い間取引を続けているのであればそれだけ信頼も強く、大きなお金を借りられる可能性も上がることでしょう。

    このような優待は、比較的規模の小さい、地域密着型の金融機関ほど充実している傾向にあります。

    口座開設不要のローンの場合、メインバンクユーザーとして大きな恩恵を受けられる可能性は低いです。
    これは審査の際、あなたのユーザー情報が閲覧されないと考えられるから。
    このように、メインバンクで借りるからといって100%優遇を受けられるわけではありません

    ★金利に満足いかなかった場合、審査通過後に契約をキャンセルすることも可能ではありますが、申し込みブラック(多重申込みによる属性悪化)にはお気を付けください。

    ★例外的に楽天銀行スーパーローンは口座を持っていなくても、「楽天会員ランク」に応じて審査優遇を受けることができます。
    詳細楽天銀行スーパーローンの審査について

    ★もしも住宅ローンを利用中の場合、大幅な金利優遇や、住宅ローン利用者専用の商品を利用できることがあります。
    該当する場合は、住宅ローンの借り入れ先に相談してみると良いでしょう。

    ②インターネットバンキングなどで便利なサービスが利用できることも

    利用者が多く、口座を持っていない人相手にも融資を行っているメガバンクや大手地方銀行のカードローンであれば、普段から口座を使っているからといって金利優遇を受けることは難しいものの……。
    金利以外の、例えば「インターネットバンキングを使って手軽に返済が可能」といった、便利なサービスを利用できる可能性は十二分にあります。

    分かりやすいのが三菱UFJ銀行「バンクイック」
    この2つの銀行は、特に口座を開設せずとも問題なく借りられますが……。
    口座を持っていない場合の返済・借入方法は「ATM」に限定される一方で、それぞれの普通預金口座をお持ちであれば「インターネット返済・借入」「自動引き落とし」での返済が可能になります。

    その他、多くの地方銀行ローンで「口座があれば来店不要かつスムーズに申し込み可」(いわゆるWEB完結)というメリットが設けられていることは多いですね。

    「口座開設必須」のローンは低金利なものも多いですが、毎月メイン使いでない口座に入金するのは手間なもの。メインバンクごと移行するとなれば尚更です。
    借り入れ金額や期間にもよりますが、できることなら現在のメインバンクでおトクに・便利に借りたいものですね。

    CHECK全国47都道府県の地方銀行カードローンまとめ
    CHECK信用金庫のカードローンについて

    カードローンと口座に関するよくある質問と回答

    最後に、カードローンと口座についてのよくある質問にお答えしていきます!

    ①口座が必要なローンとそうでないローンはどうすれば見分けられますか?

    公式HPを見ても、意外と「口座開設必須」などと書いてないことは多いもの。
    基本的には「返済方法」「返済金額」といった欄に、<指定口座からの引き落とし>などの文字があれば口座開設必須となります。

    というより特に「口座開設不要」の文字がない場合、ほとんどの場合で口座開設必須と思ってよいでしょう。(消費者金融会社やクレジットカード会社を除く)
    みずほ銀行(口座開設必須)の「商品概要説明書」より。
    ▲みずほ銀行(口座開設必須)の「商品概要説明書」より。
    口座開設義務の有無は、返済に関する項目を見れば分かることが多いです。

    ②普段使い以外の口座を引き落とし先に決めるのは悪手でしょうか?

    毎月忘れず、普段使いでない口座の返済日までに入金が可能であればそうでもありません。
    もちろんメインバンクに比べると引き落とし失敗のリスクは高いですが、借入額などによっては使い勝手よりも金利の低さが重要になることもあるかと思います。

    CHECKあなたの街で最も低金利に借りる方法

    ★引き落としに失敗すると、金融機関から電話がかかってきたり手紙が届いたりします。
    催促を無視し続けた場合には金融ブラック状態入りとなるためお気を付けください。

    ③「カードローン口座」と「普通預金口座」は別ですか?

    銀行カードローンではよく、「カードローン口座」という言葉が使われますが……。
    普通預金口座に対し、一般的には別物です。普通預金が預金残高を示すのに対し、カードローン口座は借入残高を示すわけですね。
    (ただし後述の「口座にセットするカードローン」を除く)

    ④「口座にセットするカードローン」って何ですか?

    地銀や信金では、たまに「口座にセットするローン」が取り扱われています。(名称はまちまちです)

    こちらはカードローン口座と普通預金口座が一緒になったもので、普通預金口座残高が0円を下回ると自動的にキャッシングを行うというもの。これは「自動融資」などと呼ばれます。
    給与振り込みなどでお金が入ると自動的に返済が行われるため金融機関にとってのリスクが低く、審査難易度に対しやたら低金利なことが多いですね。

    このタイプのローンの場合、「随時返済方式」という珍しい返済方式が採用されていることが多いです。返済方法の欄にこの文字があれば、十中八九「口座にセットするカードローン」でしょう。

    詳しくは「広島銀行カードローン」ページ中、「総合口座30」の項目をご覧ください。

    ★取り扱い金融機関や地域は限られます。

    まとめ

    ★消費者金融やクレジットカード会社、一部銀行であれば、指定口座がなくてもカードローンを組める
    高年収者を対象としている一部ローンを除き、口座開設不要のローンはどれも標準的な金利。

    他に比べて低金利での借り入れを希望するのなら、口座開設必須の金融機関を使った方が良い
    ★給与振込先や公共料金の引き落とし先として使っている金融機関で借りれば、金利や利用者サービスの面で優遇を受けられることも多い

    口座を開設しなくても、利用できるカードローンは多いです。特に短期間、ちょっとした借り入れであれば金利も気になりませんので、さまざまな視点からローン選びを行うことができるでしょう。

    一方で長期の借り入れを希望する場合は、新規口座の開設も選択肢の一つとなります。
    あなたに向いた返済方法などをよく考えた上で、申し込み先を決定したいところですね。

    CHECKあなたに合った借入先の選び方

    CHECK消費者金融会社の徹底比較!
    CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧
    CHECK全国47都道府県の地方銀行カードローンまとめ


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。