「希望限度額が低いほどカードローン審査は甘くなる」の嘘・本当&申込先別の審査対策

「希望限度額が低いほどカードローン審査は甘くなる」の嘘・本当&申込先別の審査対策

「特にこれと言った目的なくカードローンの申し込みを考えているけれど、やっぱり希望額が大きいほど審査が厳しくなるのかな?」

結論から言うと、これは申込先の金融機関や審査担当者によります

年収や職業といったステータスを元に審査を行うことの多い銀行系は、希望限度額(利用枠)にかかわらず審査に通過できることも多いのですが……。
個人の事情に応じ柔軟な対応を見せる消費者金融会社系の審査では、無計画な印象が悪い結果を招くことも珍しくはないでしょう。

今回は「審査通過が不安だけれど、極力大きなお金を借りたい」というあなたのため、申込先金融機関別の対応方法をまとめました。
読み終えていただければ、少しばかり高い確率であなたの希望に合った契約を結べるようになるかと思います。

消費者金融会社への申込なら、希望限度額は必要最低限に抑えておくのが無難

消費者金融会社への申込なら、希望限度額は必要最低限に抑えておくのが無難

アコムプロミスといった消費者金融会社の審査には、「電話などで個別の事情を確認しながら、それに応じた回答(審査結果)を出す」という特徴があります。
これは

  • バイトの時給やシフトの入り具合を事細かく聞かれた
  • 前に他社で借りたときの状況や家庭の状況など、とにかくプライベートなことまで尋ねられる

  • という審査経験者の(しばしば恨み混じりの)報告、そして

  • ブラック状態、月収5万円のパート主婦の審査通過
  • (アコム)

  • 債務整理後、残債を返している状況の中で審査通過
  • (プロミス)

    といった例を見ても明らかでしょう。

    というわけで大手消費者金融会社は一般に、年収や職業、信用情報といった「目に見えるステータス」よりも「電話などの聞き取りにより得た、個人の細かな情報」を重視し審査を行う傾向にあるわけですが……。
    この聞き取り審査の際、必ずと言って良いほど尋ねられるのが「借りたお金の使い道」です。

    当たり前のことではありますが、お金を貸す側の立場から見れば「特に理由なくお金を借りたい人」よりも「明確な目的・理由があり、どうしてもお金を必要としている人」の方が信頼できます。同じ収入・生活状況でも、お金の借入理由によって審査結果が分かれることはまったく珍しくないでしょう。

    そしてもちろん、これに少なからず関わってくるのが申込時の「希望限度額」(希望借入額)。

    例えば「7万円の家賃を支払えずに困っている」という人がいたとして……。
    あなたが審査担当者だとしたら、「必要なのは7万円だけど折角なら30万円借りたい」という人より、「7万円でいいから貸してほしい」という人の方が真摯、あるいはきちんと返済してくれそうといった印象を受けませんか?

    聞き取りを行う担当者の裁量(自己判断)で審査結果の決まりやすい消費者金融会社において、意外と無視できないのが「担当者の心象」、つまり申込者に抱くイメージです。
    というわけで、あなたが「今絶対に借りなければならないお金があり、その金額が決まっている」のならば、希望限度額=必要額とした上で申し込みを行うのが無難でしょう。これならば審査時の聞き取りもスムーズに進むかと思います。

    少しでも消費者金融会社での審査通過率を上げたいのなら、「明確で切実な借入目的」を持った上、「借入目的に応じた金額で申し込む」ことをおすすめします。
    また審査時の聞き取りでは、尋ねられた内容に落ち着いて・真摯に回答することを心がけてください。

    ……とは言うものの、実際のところ「希望限度額」がここまでシビアに審査結果を左右することは稀かも。
    ある程度余裕を持って審査に通過できる状況なら、借りたお金の使い道や希望限度額が曖昧でも、契約を結べることはさほど珍しくないでしょう。(この場合は担当者の判断で限度額が決まります)

    要は収入が低い、他社借入が多い、ブラック状態であるなどの理由で審査通過が危うい人ほど「真摯さ」「切実さ」が求められるわけですね。

    ★大手消費者金融会社とは言うものの、「レイクALSA」

  • 他社より10%以上、公式HPに掲載の成約率(申込数に対する契約成立率)が低い
  • ブラックでも通過できたと言う報告が見られない

  • という理由から、銀行寄りの審査基準を設けていると推測されます。
    柔軟な審査を求めているのなら、ここは申込み候補から外した方が良いでしょう。
    ちなみにここ6ヶ月くらいの平均で見ると、大手消費者金融会社のうち一番成約率が高いのは「アイフル」です。

    <アイフルの情報を見る(クリック/タップで開きます)>

    ★アイフル「キャッシングローン」(株式会社アイフル)

    金利 3.0%~18% 限度額 1万円~800万円
    審査スピード 最短30分(本審査) 融資スピード 最短1時間程度
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店なし)
    20時
    ※スマホATM(セブン銀行ATM)利用必須
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店あり)
    21時
    スマホATM
    (セブン銀行ATMでのカードレス出金)
    OK
    (手数料108円または216円)
    郵送物なし&来店なしの両立 OK
    成約率 45.0%
    (19年2月)
    必要書類 本人確認書類
    申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    銀行振込での借入 ・通常の銀行振込(平日9時~15時)
    ※即日振込のためには14:10分までの契約完了&振込申込が必要
    (スマホATM含むATM出金は問題ナシ)
    その他
  • 申込前または直後の相談で在籍確認の電話の回避可能
  • 30日間無利息サービス
  • 高難易度低金利ローンも取り扱いあり
    (アイフルファーストプレミアムカードローン、上限金利9.5%)
  • 契約の流れや借入方法、返済方法等に関する詳細については以下のページをご覧ください。

    CHECK電話取材で分かった「アイフル」のメリットと気になる点:即日借り入れ、在籍確認他

    CHECK「成約率」(≒審査通過率)から見る審査の甘い消費者金融系カードローン:現在の狙い目はアイフルか

    ★その他、審査時の「聞き取り」(申込確認/本人確認)について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK他社と比較したアコムの審査基準は?体験談から見る大手消費者金融の審査傾向
    CHECK【利用者は語る】消費者金融は店頭申込で通過率アップ?カードローンの申込と審査
    CHECK【嘘、盛り、サバ読み】カードローン審査にコツはある?低収入でも通過するには
    CHECK【体験談から分かる】プロミスの審査に通る人・落ちる人:重要なのは「誠意ある回答」
    CHECK【プロミスの審査と他社借入】年収の半分以上の債務で通過できた例も!可決の条件は?

    <収入証明書の持ち込みで限度額がアップする可能性も>

    以前プロミスユーザーへインタビューを行った際、以下のような情報を頂くことができました。

    【管理人】山本
    限度額はいくらでしたか?
    プロミスユーザー O様
    一回提示されたのは15万円だったんですけれど、収入証明書などを出せばアップの審査を受けられるという感じでした。
    「プロミスキャッシング経験者に直撃!65の質問と体験談:限度額、審査の詳細他」より

    別の会社でも似た報告がいくつか確認されていることから、消費者金融会社の一般論として「収入証明書を提示できれば、高い限度額が適用されやすい」と言ってしまって良いでしょう。
    よって希望限度額を借りるのに不安があるのなら、「直近2ヶ月分の給与明細(あれば賞与明細も)」「源泉徴収票」といった収入証明書類をあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

    参考金融機関との契約に使える「収入証明書」の種類と入手・再入手方法

    ★貸金業法の制限上、貸金業者からの借入額合計が年収の3分の1を超えることは原則としてできません。(貸金業者……一般に消費者金融会社、信販会社など。銀行は含まず)このルールは一般に「総量規制」と呼ばれますね。
    例えば年収150万円なら、貸金業者から借りられる合計額は50万円。仮にすでに他社で20万円を借りているとするなら、新規契約で結べる上限額はどうやっても30万円です。

    総量規制の適用されない場面(緊急時の医療費など)について詳しくは、以下の個別ページをご覧ください。

    CHECK【総量規制の例外・除外・対象外】年収の3分の1超を借りる要件

    ★新規契約額(限度額)が50万円を超える場合、もしくは別の貸金業者の借入額と合計し100万円を超える場合には、収入証明書の提出が必須となります(貸金業法による)。

    自営業者は限度額にかかわらず、確定申告書などの収入証明書の提出を求められやすいです。お気を付けください。

    CHECK【私用・事業用・兼用】個人事業主向けカードローンの選び方と、申込&審査の注意点

    一方、銀行や信販会社の審査なら最大限度額を入力しておいてもさほどの問題は無さそう

    一方、銀行や信販会社の審査なら最大限度額を入力しておいてもさほどの問題は無さそう

    個人の事情を汲んで審査回答を行う消費者金融会社に対し……。
    銀行や信販会社(クレジットカード会社)、信用金庫などは年収や勤続年数、勤務先、信用情報といったステータス面を元に、審査結果を出す傾向にあります。
    実際これらの金融機関では電話での聞き取りが一切行われなかったり、行われたとしても仮審査の後、「なりすましでないか」程度の軽い確認となることが珍しくありません。(もちろん例外はありますが)

    実際、各銀行への問い合わせ結果を見ても、申込者の希望限度額はそこまで重視されていないように思えます。

    【管理人】山本
    限度額は大体、年収の何%くらいまで頂けるといった目安はありますか?
    オペレーターの回答
    総合的な判断になりますので、年収おいくらですといくらまでといった目安はお伝えできかねてしまいます、申し訳ありません。
    【管理人】山本
    年収の三分の一まで、といった制限はないのでしょうか?
    オペレーターの回答
    そうですね、それは大丈夫です。年収など、お客様の情報を総合的に判断して限度額をお出しします。
    「オリックス銀行カードローンの審査徹底分析!難易度高めだが限度額も大きめ?!」より

    【管理人】山本
    収入の何%くらいまで借りられる、といった目安はありますか?
    オペレーターの回答
    限度額についてはお客様のご希望の極度額に応じて審査させて頂き、審査の結果その極度額で通過となるか、減額、という形になります。
    借入のできる最大額はあくまでも審査結果による、としか言えないのですが、年収の40~60%程度と聞いております。
    「イオン銀行に聞いた!カードローン、即日ネット契約の条件と限度額の目安」より

    【管理人】山本
    来店が必要、といった点以外に2つのカードローンに違いはありますか?
    オペレーターの回答
    「沖縄大好き」は枠(利用限度額)がお客様自身で決められず、保証会社がお出しするんですが、「しあわせのカードローン」はお客様自身で希望枠を設定していただき、それに応じて審査することができますので、もし○○円借りたい、というご希望があれば「しあわせのカードローン」の方が良いかと思います。
    「琉球銀行カードローンの総まとめ:契約の流れ~返済まで」より

    琉球銀行の「沖縄大好きカードローン」は申込者の希望借入額が考慮されない最たる例ですね。
    また、「イオン銀行」あたりの申し込みフォームを見ても、希望借入額がそれほど重視されていないことが分かります。

    イオン銀行カードローンの申し込みフォーム
    ▲イオン銀行カードローンの申し込みフォーム。

    1万円単位で希望額を入力する消費者金融会社とは対照的に、最高限度額の800万円が一番上に表示されています。(=銀行側はできる限り大きな限度額で申し込んでほしいと考えている)

    というわけで多くの場合、銀行(または信販会社、信金等)のカードローンでは申込者が希望限度額をいくらに設定しようと、さほど審査結果に影響はしないと思われます。
    多くの場合、あなたの希望にかかわらず「銀行が決めた限度額」が提示されることでしょう。

    また銀行カードローンは多くの場合、消費者金融会社とは異なり限度額あがるほどに金利の優遇を受けられます。
    仮に大口の枠で申し込みを行い、電話確認にてその理由を聞かれたとしても、「できる限り低い金利で借りたいので」と答えれば納得してもらえることでしょう。(実際に高い限度額が適用されるかは別問題ですが)

    <大口借入を狙うなら、狙い目は「インターネット銀行」「地域密着型の金融機関」>

    現在、カードローンの大口契約を狙うのなら狙い目は「インターネット銀行」「地域密着型の、比較的小規模な金融機関」(第二地銀、信金など)と思われます。

    と言うのも2017年の3月、全国銀行協会は各銀行カードローンの「貸しすぎ」批判を受け、「申し合わせ」を発表。これは簡単に言うと「申込者の経済状況を正確に把握することなく、大きなお金を貸すな」「年収の3分の1を上限とした貸付制限も要検討」という内容のものでした。

    これについて明らかに影響が大きかったのが各都市銀行、次いで大手地銀。
    これらの銀行は申し合わせから間もなく、「50万円超の借入時に収入証明書の提出必須」といった制限を設け(これ以前は300万円まで年収証明書不要、といった文面もよく見られました)、みずほ銀行はじめとする一部の銀行は明確な貸付上限を制定するに至りました。また大手地銀「静岡銀行」ユーザー等からはこのタイミングで大きなお金を借りづらくなった、という愚痴も聞かれますね。

    その一方で、あまり「申し合わせ」の影響を受けていないと思われるのがインターネット銀行(楽天銀行住信SBIネット銀行等)や比較的小規模な地方銀行です。
    前者はいまだに年収の2分の1くらいまで借りれた、という報告が聞かれますし(インターネット銀行は全銀協の正式会員でない、という理由もありそう)、後者は「限度額300万円まで収入証明書不要」の文面が今も公式HPに残っていたりします。
    また信用金庫やJA、労働金庫などはそもそも銀行でないので「申し合わせ」に従う必要がありません

    そういうわけで少しでも高い確率で大口契約を成功させたいのなら、多くの店舗を設置する銀行よりも「インターネット銀行」「地域密着型の金融機関」への申し込みを検討してみると良いでしょう。

    CHECK700人の借入データに基づく、大きなお金を借りやすいカードローン
    CHECK借入限度額別・カードローン金利比較!大口対応の会社とその選び方

    ★例外として、横浜銀行カードローンは大手地銀でありながら今でも大口融資に積極的な姿勢を見せています。

    まとめ

    まとめ

    1. 消費者金融会社の審査結果は担当者の裁量で決まりやすい。「担当者に与えるイメージ」が審査結果を左右することから、少しでも審査通過率を上げたいのなら「お金が必要な理由を正直に伝え、必要最低限の希望借入額を申し出る」のがベストか
    2. 一方で銀行や信販会社、信金などは個人の事情よりステータスを重視、かつ「申込者の希望にかかわらず、金融機関(あるいは保証会社)の判断で限度額を決める」という傾向が強い。
      限度額が高いほど金利優遇を受けやすいということもあり、この場合はとりあえず一番高い限度額を選択しておいても問題なさそう。満額を借りられなくても、金融機関(保証会社)があなたに合った限度額を提示してくれる

    希望限度額が審査結果を左右するか否かは、あなたの申込先や置かれた状況によって変わってきます。
    「とにかく絶対に必要額を借りる(消費者金融会社)」「できる限り良い条件で借りる(銀行等)」のどちらを重視したいかに応じ、申込先や希望限度額を決定できると良いですね。

    CHECKあなたに合ったカードローンの選び方
    CHECKカードローンの審査中に掛かってくる2度の電話(申込確認、在籍確認)について


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。