カードローン多重債務者でも借りれるローン:おまとめもOK

多重債務者でも借りれるローンはあります。

大事なのは、借入件数よりも返済能力
返せるアテがあるのであれば、借入は可能。
おまとめだってできます。

ということで、今回は多重債務者の方向けに、おまとめに使えるローンをご紹介。

おまとめに使いやすいローン一覧

①1~3件なら、銀行ローンで借りれる

銀行での借入と聞くと、審査が厳しいという印象がありますよね。

確かに消費者金融などと比べると審査が通りにくい場合も多いのですが、「多重債務者は絶対にダメ!」 というわけでもありません。

多重債務をしている方でも、3件までの借入なら対応してくれる銀行ローンが結構あるんです。

まずは、多重債務者でも借りられる銀行ローンをご紹介します!

・楽天銀行カードローン【スーパーローン】

楽天銀行カードローン (基本情報)
実質年利 1.9%~14.5% 限度額 800万円
審査スピード 公式HP参照 口座開設 不要
融資スピード 公式HP参照 借入判断 なし
備考

  • 上限年齢62歳
    (パート・アルバイト・専業主婦の方は上限60歳)
  • カードレス不可

楽天銀行の公式サイトで詳細をチェックする!

楽天銀行【スーパーローン】は、銀行のローンらしい低金利と、公式HPに「おまとめとしてもご利用OK!」と明言されているのが安心です!

また、楽天独自のポイント付与サービスも充実しており、借入のしやすさに加えておトクになっていますね。

②4件以上あるなら、消費者金融

お次は、消費者金融を使いやすい順にご紹介します!

・アコム

アコム (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
  • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
  • カードにクレジット機能が付けられる

アコムの公式サイトで詳細をチェックする!

こちらも、他社からの借り入れがある方が審査に通り、10万円の融資が受けられました。

さらに、その10万円を無事返済し終えると、借入上限を20万円に引きあげてもらえました!

このように、きちんと返す姿勢さえあれば、他社借入が複数あっても増額してもらえることがあります。

・プロミス

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

プロミスでは、他社6件から230万円の借り入れがある方が20万円の融資を受けられたことがあります!

他にも、他社5件から120万円借入している状態で10万円の融資をもらえたということも。

・アイフル

アイフル (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス
  • 「てまいらず」「配達時間えらべーる」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

アイフルの公式サイトで詳細をチェックする!

アイフルでは、自己破産から7年が経過し、4件60万円の借入がある方が10万円の融資を受けられたことがあります!

【注意】
いくつか消費者金融のローンを紹介しましたが、ここでひとつ注意点が!

銀行ローンとは違い、消費者金融ローンには「総量規制」という法律が適応されます。

「総量規制」というのは、貸金業者が融資をする際、年収3分の1までしか融資してはいけないという制限です。
例えば年収600万円だとすると、消費者金融は総額200万円までしか融資できないのです。

ただし、例外として、「顧客に一方的に有利な借換えはOK」となっています。

なので、追加融資ではない借り換えおまとめ目的であれば総量規制に引っかかりません。

なぜ銀行で借りられるの?

①おまとめローンは多重債務者向けローン

多重債務をしていると、
「返済日がバラバラで面倒」なんてこともあると思います。

そんな時に頼りになるのが、おまとめローンです!

元々複数借入があることが前提のローンプランですから、多重債務者でも問題なく審査を受けることができます。

多重債務で生活が厳しいという方には、まさにぴったりのローンです。

②保証会社が消費者金融系

各銀行のカードローンでは、保証会社として消費者金融が借入審査行っていることが一般的です。

アコムプロミスなどの大手消費者金融ですね。

「それなら、審査も消費者金融くらい緩くなるのでは?」と思ってしまいますが、審査基準まで緩くなることはありません。

審査の方法は消費者金融に任せられても、基準はあくまで銀行なのです。

コラム<銀行の審査は、保証会社が行っている!>

なぜ金融のプロである銀行が、わざわざ消費者金融を保証会社にして審査を依頼しているの? と疑問に思うかもしれません。

実は、少額の融資に関しては銀行よりも消費者金融の方が経験があり、正確な審査が可能なんです。

そこで銀行は保証料を支払い、消費者金融へ保証と審査を依頼します。

もしも貸した人が延滞などをした場合でも、保証会社である消費者金融が返済してくれるので銀行は損をしません。

消費者金融も、きちんと返済できるお客さんが多い銀行から保証料をもらえるので、両者にとっておいしい話なんですね。

消費者金融でも借りれる?

①消費者金融は4件以上の借入でも借りれる

銀行よりも審査が緩い消費者金融なら、収入が十分であれば、4件以上の借入があっても借りられることが多いです。

しかしもちろん、これまで返済を延滞したことがあったり、今まさに延滞しているなどのマイナス情報がない場合に限ります。

多重債務の審査で重点的に見られるのは、あくまで「支払える収入があるのか」です。

しかし、多重債務者が好ましくないのも事実

通常の審査よりも、延滞遅延などの履歴が厳しくチェックされることは覚悟しておきましょう。

②おまとめには不向き

最近は、消費者金融でもおまとめローンが組めるところが増えてきています。

選択肢が増えるのは良いことですが、消費者金融のおまとめローンは最終手段です。

データをご覧になればわかると思いますが、消費者金融は銀行と比べると、平均的な金利がとても高いんですよね。

楽天銀行カードローンの金利
「年1.9%~14.5%」

と、プロミスの金利
「4.5~17.8%」

を比べれば、金利の差がかなり大きいことは一目瞭然です。

そもそもおまとめローンの大きな魅力は、金利を安くして月々の負担や返済総額を減らす、ということ。

それを考えれば、金利が高い消費者金融「おまとめには不向き」だということがわかってもらえると思います。

さらに、消費者金融は限度額も少ないので、おまとめするだけの金額が借りられないこともあります。

もしもおまとめローンを検討しているのであれば、少々審査が不安でも、まずは銀行に申し込むことをオススメしますよ!

③延滞していないのなら、まずは増枠申請

「延滞もブラックもないから早速ローンを申し込もう!」
と考える前に、現在すでに利用しているローンの増枠申請をしてみましょう。

借入件数がこれ以上増えるのはよくないです。

借入件数が4件以上になると、家や車を購入したいときなど大きなお金が必要な場面で、借りづらくなってしまいます。

無理に借入件数を増やすよりも、まず増枠申請をオススメします!

増枠申請では、こんな点が重点的に見られます。

キャッシング枠の場合

  • 現在の年収
  • 他社を含めた借入状況
  • 支払い状況と、その履歴

さらに、増枠申請を選ぶメリットはもうひとつあります。

それは審査に落ちても信用情報に傷はつかない、ということです。

つまり、挑戦するだけなら大きなデメリットはないんです。

自己破産・債務整理をする前に

①債務整理は、信用情報にキズがつく

債務整理というのは、信用情報に非常に大きなキズを残してしまいます

たとえば自己破産であれば、破産後最低でも5~10年間は大手のクレジットカードやローンの審査に通りません

お金が必要な時は、金利の高いフクホースカイオフィスなどの中小消費者金融に頼るしかないです。

また10年経った後でも、破産整理をしてもらった金融機関では利用がほぼ不可能になってしまいます。

②返せるのなら、返すべき

複数の借金がたくさんあると、支払いやおまとめをするのが億劫で、つい債務整理を考えてしまうかもしれません

しかし債務整理は長期間にわたって借入が出来なくなるなど、大きなデメリットもあります。

おまとめや増枠申請がダメでも、まずは家族や知人に頼んでみるなど、とにかく最善を尽くしましょう。

債務整理は、本当にどうしようもなくなったときだけ考えてください!

闇金に注意

①審査ナシは闇金

「審査ナシ」は、確実に闇金です!
絶対に手を出してはいけません。

多重債務で審査が通らずに困っていると、「審査ナシ」などと言っている金融機関を見つけることがあります。

お金に困っていると、手を出したくなるかもしれませんが、絶対にダメですよ!

②誰でも借りれるマトモな金融機関はない

普通の金融機関が審査をするのは、わざわざ取り立てなくても、お金を返して欲しいからです。

審査をしませんと言う闇金は、最初から「お金を返してもらう」という発想がありません。

なぜなら彼らの目的は、高額な利子だけを延々と脅し取ることだからです。

まとめ

  • 審査で重要視されるのは、「借入件数よりも返済能力」
  • 3件までなら銀行、4件以上なら消費者金融に申し込む
  • 金利の高い消費者金融はおまとめローンに不向き
  • 債務整理は最終手段
  • 「審査ナシ」は闇金

【完全無料&匿名】
借金減額シミュレーターを試す!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。