カードローン多重債務者でも借りれるローン:おまとめもOK

    多重債務者でも借りれるローンはあります。
    大事なのは、借入件数よりも返済能力。
    返せるアテがあるのであれば、借入は可能。
    おまとめだってできます。
    ということで、今回は多重債務者の方向けに、おまとめに使えるローンをご紹介。

    消費者金融でなら借りれる?

    消費者金融なら、他の会社から借入があっても借りられることが多いです。
    条件は、借入額が年収の3分の1以下であることと、収入が十分であること。

    ただし他社からの借入をまとめたい場合は、金利の低い銀行の方が向いています。

    ①3件以内の借入なら「アイフル」等の消費者金融で通過を狙える

    あなたの現在の借入件数が目安として「3件」以下なら、「比較的他社借入にやさしい会社」で審査通過を狙える…かもしれません。

    これまで実施したアンケート調査によると、他社借入に一番寛容な大手カードローン業者は「アイフル」です。

    ★「アイフル」審査結果より抜粋

    口コミ

    • 年収180万円
    • アルバイト(1年)
    • 他社債務2社計78万円/アコム63万円・ショッピングリボ15万円
    金利18%限度額6.4万円

    口コミ

    • 年収264万円
    • 会社員(8年)
    • 他社借入3社計250万円/常陽銀行50万円・プロミス50万円・筑波銀行150万円
    金利18%限度額22万円
    備考直前にアコム審査落ち

    口コミ

    • 年収286万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務3社計250万円/信金130万円・アコム50万円・ショッピングリボ70万円
    金利18%限度額7万円

    口コミ

    • 年収405万円
    • 公務員(3年)
    • 他社債務4件計320万円/レイクALSA130万円・ショッピングリボ75万円・キャッシングリボ25万円・銀行フリーローン90万円

    口コミ

    • 年収491万円
    • 会社員(6年)
    • 他社借入5件計260万円/うち200万円楽天銀行、その他内訳不明

    口コミ

    • 年収800万円
    • 会社員(22年)
    • 他社債務3社計480万円/楽天銀行350万円・アコム100万円・レイク30万円
    金利18%限度額9万円

    ※ショッピングリボは法律上「借入」扱いにならないため、これを含む場合は他社「債務」と記載

    さすがに借入件数が4件を超えると審査通過は難しくなるようですが…。
    あなたが上に挙げた方と似たような状況にあるのなら、多重債務者の通過実績が多い「アイフル」が筆頭申し込み先候補となることでしょう。

    CHECKアイフルのメリットと気になる点

    また、アイフルに次いで多重債務者の通過報告が多い大手消費者金融は「アコム」「SMBCモビット」あたりですが…。
    「プロミス」は他社より明らかに多重債務者に対する姿勢が厳しいため、該当するところがあるなら避けた方がよさそうです。

    ★参考:アイフル以外の大手消費者金融の審査結果の例

    口コミ

    • 年収240万円
    • 契約社員(2年)
    • 他社借入2社計190万円(いずれも銀行)
    申込先SMBCモビット
    金利18%限度額30万円

    口コミ

    • 年収320万円
    • 会社員(5年)
    • 他社債務2件計30万円(銀行カードローン、ショッピングリボ)
    申込先アコム
    金利18.0%限度額20万円

    口コミ

    • 年収350万円
    • 派遣社員(6ヶ月)
    • 他社借入2社計100万円(いずれも銀行カードローン)
    • 直後にアコムで審査通過
    申込先プロミス

    口コミ

    • 年収360万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入3件計200万円(貸金業者2社100万円、銀行100万円)
    申込先モビット
    金利18.0%限度額10万円

    口コミ

    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務3社計110万円(銀行20万円、貸金業者30万円、リボ60万円)
    申込先アコム
    金利18.0%限度額10万円

    口コミ

    • 年収500万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入1社200万円(銀行から)
    申込先アコム
    金利不明限度額160万円

    ★ちなみにここで言う「他社借入」「他社債務」とは

    • 用途を問わない借入(カードローン、フリーローン)
    • ショッピングリボ

    を指すものであり、住宅ローンや自動車ローン、奨学金などの目的型ローンは審査にほとんど影響しません

    【注意】

    消費者金融を含む「貸金業者」には「総量規制」と呼ばれる法律上の制限が適用されます。
    この制限のため、貸金業者は「貸金業者全体で」個人に対し、年収の3分の1を超えるお金を貸すことができません

     

    例:年収300万円の人の場合、貸金業者から借りられるのは「合計100万円」まで
    =プロミスから50万円、アコムから50万円をすでに借りているなら、返済能力にかかわらず新規借り入れ不可

     
    あらかじめご了承ください。
     
    ちなみに銀行は「貸金業者」ではありませんので、年収の3分の1を超える貸し付けも可能です。
     
    CHECK【多重債務者の即日融資】総量規制対象外/例外となる4つの条件とその他の手段

    ②おまとめには不向き

    最近は、消費者金融でもおまとめローンが組めるところが増えてきています。

    選択肢が増えるのは良いことですが、消費者金融のおまとめローンは最終手段です。
    データをご覧になればわかると思いますが、消費者金融は銀行と比べると、平均的な金利がとても高いんですよね。

    金利の比較
    プロミス楽天銀行カードローン
    4.5~17.8%年1.9%~14.5%

    楽天銀行カードローンの金利
    「年1.9%~14.5%」
    と、プロミスの金利
    「4.5~17.8%」

    を比べれば、金利の差がかなり大きいことは一目瞭然です。

    そもそもおまとめローンの大きな魅力は、金利を安くして月々の負担や返済総額を減らす、ということ。

    それを考えれば、金利が高い消費者金融が「おまとめには不向き」だということがわかってもらえると思います。

    さらに、消費者金融は限度額も少ないので、おまとめするだけの金額が借りられないこともあります。

    もしもおまとめローンを検討しているのであれば、少々審査が不安でも、まずは銀行に申し込むことをオススメしますよ!

    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン

    銀行ローンを使ったおまとめ審査結果報告例
    北日本銀行フリーローンASMO契約内容:
    50万円、14.5%
    • 年収150万円
    • パート(3年)
    • 債務2件、計40万円
    • 安定収入ある配偶者あり
    三菱UFJ銀行「バンクイック」50万円、14.6%
    • 年収250万円
    • 会社員(1年)
    • 債務2件、計50万円
    三菱UFJ銀行「バンクイック」143万円、14.6%
    • 年収400万円
    • 会社員(7年)
    • 債務2件、計143万円
    楽天銀行スーパーローン200万円、14.5%
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 債務2件、130万円
    住信SBIネット銀行カードローン150万円、6.99%
    • 年収500万円
    • 会社員(18年)
    • 債務2件、計100万円

    ③延滞していないのなら、まずは増枠申請

    「延滞もブラックもないから早速ローンを申し込もう!」
    と考える前に、現在すでに利用しているローンの増枠申請をしてみましょう。

    借入件数がこれ以上増えるのはよくないです。

    4件以上になると、家や車を購入したいときなど大きなお金が必要な場面で、借りづらくなってしまいます。

    無理に借入件数を増やすよりも、まず増枠申請をオススメします!

    増枠申請では、こんな点が重点的に見られます。

    キャッシング枠の場合

    • 現在の年収
    • 他社を含めた借入状況
    • 支払い状況と、その履歴

    増枠申請を選ぶもうひとつのメリットは、審査に落ちても信用情報にキズがつかない、ということ。

    つまり、挑戦するだけなら大きなデメリットはないんです。

    自己破産・債務整理をする前に

    ①債務整理は、信用情報にキズがつく

    債務整理を行うと、信用情報に非常に大きなキズが残ります。

    たとえば自己破産であれば、破産後最低でも5~10年間は大手のクレジットカードやローンの審査に通りません。

    お金が必要な時は、金利の高いフクホーやスカイオフィスなどの中小消費者金融に頼るしかないです。

    また10年経った後でも、破産や整理をしてもらった金融機関では利用がほぼ不可能になってしまいます。

    ②返せるのなら、返すべき

    複数の借金がたくさんあると、支払いやおまとめをするのが億劫で、つい債務整理を考えてしまうかもしれません。

    しかし債務整理は長期間にわたって借入が出来なくなるなど、大きなデメリットもあります。

    おまとめや増枠申請がダメでも、まずは家族や知人に頼んでみるなど、とにかく最善を尽くしましょう。

    債務整理は、本当にどうしようもなくなったときだけ考えてください!

    CHECK消費者金融の借金:債務整理したら事故情報が残る?時効はいつ?

    闇金に注意

    ①審査ナシは闇金

    「審査ナシ」は、確実に闇金です!
    絶対に手を出してはいけません。

    多重債務で審査が通らずに困っていると、「審査ナシ」などと言っている金融機関を見つけることがあります。

    お金に困っていると、手を出したくなるかもしれませんが、絶対にダメですよ!

    CHECK消費者金融、街金、サラ金、ヤミ金の違いとは?危険&安全な街金の見分け方

    ②誰でも借りれるマトモな金融機関はない

    普通の金融機関が審査をするのは、わざわざ取り立てなくても、お金を返して欲しいからです。

    審査をしませんと言う闇金は、最初から「お金を返してもらう」という発想がありません。

    なぜなら彼らの目的は、高額な利子だけを延々と脅し取ることだからです。

    まとめ

    ポイント
    • 審査で重要視されるのは、「借入件数よりも返済能力」
    • 3件までなら銀行、4件以上なら消費者金融に申し込む
    • 金利の高い消費者金融はおまとめローンに不向き
    • 債務整理は最終手段
    • 「審査ナシ」は闇金

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。