カードローン審査で勤務先情報はどう使われる?在籍確認(会社への電話)なしのカードは?

カードローン審査で勤務先情報はどう使われる?在籍確認(会社への電話)なしのカードは?
「カードローンへ申し込もうと思ったけれど、何でこんなに事細かに勤務先情報を入力しないといけないの?」

カードローンの申し込み時には、勤務先名や勤務先電話番号に加え、細かな業種や社員数といった情報まで尋ねられることが珍しくありません。
もちろんこれは無意味なことではなく、入力された勤務先情報は審査に活用されます。
その中でも、利用者にとって最も抵抗を抱きやすいのが在籍確認、つまり金融機関から勤務先への電話確認となるでしょう。

今回は「カードローンの審査と勤務先」の関係について、勤務先情報が審査に及ぼす影響や在籍確認の概要・電話の避け方などを詳しくまとめました。
読み終えていただければ、それぞれの質問項目に納得した上で申し込みを進めることができますよ。



カードローンの審査で「勤務先情報」は何に使われる?

カードローンへ申し込む際、やたら細かく尋ねられることの多い「勤務先情報」。
例えば消費者金融会社「プロミス」でインターネット申込みを行う際の入力項目は、勤務先に関するものだけでも以下のようになります。

  • 雇用形態
  • 勤務先名(フリガナ付き)
  • 郵便番号
  • 勤務先住所(フリガナ付き)
  • 所属部署
  • 勤務先電話番号
  • 社員数
  • 入社年月
  • 最終学歴
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種

こんなに細かく勤務先の情報を入力することなんて、滅多にありませんよね。
それではこの情報入力が審査においてどんな意味を持つのか、詳しく解説していきます!

①利用者にとって気になるのは審査時の「在籍確認」、ただし会社に直接申し込みがバラされることはない

はじめてカードローンの申し込みを行うにあたり、勤務先情報の入力欄を見て不安に思うことは「会社に連絡が入るんじゃないか?」という点ですよね。残念ながら、多くの金融機関で勤務先への電話連絡は実施されます

とは言え、会社に直接「○○さんがウチでお金を借りたいと言っているのですが」と確認を取るものではありません。
あなたがちゃんと申告通りの勤務先に勤めていることを確かめるため、社名や用件は名乗らずに「○○さんはいらっしゃいますか?」という風に、知り合いを装って電話を掛けてくることが多いですね。
銀行など、消費者金融会社以外のカードローンを利用される場合には「××銀行の△△と申しますが……」といったように電話が入ることも多いです。

在籍確認において、あなた以外の従業員さんにあなたの借り入れについて伝えられることはありません。仮に用件を尋ねられても、「知り合いのものですが、携帯に掛けても繋がらなかったので」といったように上手にごまかしてくれます。
というわけで勤務先情報の入力は必須になるものの、金融機関から直接勤務先に借り入れがバラされることはありません

CHECK勤務先への電話なしで借りられるカードローンはない?
CHECK在籍確認の電話をうまくごまかす方法には何がある?

ちなみに、わざわざこのような電話確認が行われる理由は「無職の方などの虚偽申告を見破り、審査に通させないため」ですね。

★詳しくは「在籍確認の概要・会話例とよくある質問」ページをご覧ください。

<特に消費者金融会社の審査だと、電話などで細かな仕事内容を聞かれることも>

多くの消費者金融会社と一部の銀行カードローンでは、在籍確認の他に携帯電話などへ「申し込み確認」の電話が入ることがあります。

申し込み確認とは言うものの、こちらはかなり詳しい「聞き取り」調査となることが多い模様。
特に他社借入が多いなど「審査に通過できるか微妙なライン」の方ほど、突っ込んだ質問をされやすくなります。

この聞き取りのうち、勤務先関連のものを挙げるとすれば「どういった会社に勤め、どういった仕事をしているのか」「主な取引先はどこか」「賞与はあるか」といったもの。アルバイトなどだと「時給はいくらか、一日どれくらい働いているか」などを尋ねられることもありますね。

これらの質問にうまく答えられないと、虚偽申告を疑われ、審査に落とされる可能性があります。
特に消費者金融会社へ申し込みを検討している場合には、自身の勤務状況を頭の中で整理しておくと良いでしょう。

参考プロミスの審査に通っているのはどんな人?審査は「聞き取り」重視か

★多くの銀行カードローンは収入重視の審査を行っており、突っ込んだ質問が飛んでくることは少ないようです。(ただし静岡銀行など例外あり)

②失業リスクの低い大企業勤めや公務員ほど審査は有利になりやすい

それでは、「在籍確認」以外の勤務先情報は審査にどういった影響を与えるのでしょうか?

結論から言うと、大企業勤めや公務員の方、勤続年数が長い方ほど審査は有利になります。
これは失業のリスクが低い=貸し手にとって貸したお金を回収できなくなるリスクが低いから。
その他、看護師さんなど就職先に困らないと判断される資格職は、審査の上で有利になると言われていますね。

とは言え、カードローンの審査くらいであれば零細企業勤めであっても問題はありません。
もちろん申し込みの審査難易度によるところはありますが、一般的な消費者金融会社・大手銀行カードローンであれば「安定性のある勤務先に、長い期間務めているほど大きなお金を借りやすくなる」くらいに思っておくと良いでしょう。
零細勤めだから審査に落ちる、といったことはほぼありません。申し込み先によってはパート・アルバイトでもOKです。
(すでに他社から多くのお金を借りている、勤務先が今にも倒産しそう、といった状況であれば話は別ですが……)

③その他、支払い延滞を起こすことで勤務先へ電話が掛かってくる可能性あり

あなたの勤務先情報は「在籍確認を実施するため」「審査結果を出すため」にしか使われないことが多いです。
ただし、例外としてあなたが支払い延滞を起こした挙句、携帯電話などへの催促を無視し続けた場合、勤務先へ電話が入ることがあります。

もちろん毎月支払いをこなしていれば、あるいは延滞を起こしたとしても真摯に対応すれば勤務先にまで連絡が入ることは少ないものの……。
支払い延滞にはこういったデメリットもある、ということは覚えておくと良いでしょう。

CHECKカードローンの支払い延滞とそのデメリットについて

★支払い延滞時も、在籍確認と同じく社名や用件を伝えられることはありません。

★一部のカードローンでは、利用明細や契約書類の郵送先やその他の連絡先を勤務先に任意設定することができます。

<勤務先情報を入力せずに借りられる方法はないの?>

残念ながら、申し込み者本人の勤務先情報を入力せずに借りられるローンは今のところ見たことがありません
もちろん専業主婦の方や不労働所得のある方は別ですが、お勤めの方がお金を借りるためには勤務先情報の入力は必須と言えるでしょう。これはカードローンに限らず、自動車ローンや住宅ローンなどでも共通です。

とは言え、消費者金融会社などに勤務先情報を伝えるのに抵抗があるのなら、現在お持ちのクレジットカードのキャッシング枠などを使ってみるのも良いでしょう。
残念ながら金利は高く、「安心感がある」「キャッシング枠が付いていればすぐに使える」以外のメリットは特にありませんが、このメリットを最重視したいのであれば一考の余地はあります。

CHECKクレジットカードのキャッシング枠について

\ 銀行カードに借り換えて支払いを楽にしよう!/

勤務先への電話なしで借りられるカードローンはない?

カードローンを使う上で、やっぱり気になるのが電話を使った「在籍確認」
用件や社名は伝えられないと言っても名指しで電話が掛かってくるのが不自然な職場は少なくありませんし、電話を取った方がカードローン経験者であればキャッシングを感づかれてしまう可能性もゼロではありません。

そんな利用者の不安に応えて、一部の金融機関では「電話以外の方法での在籍確認」を実施しています。
こういった会社であれば、申込時に相談を持ち掛けることで柔軟な対応を取ってくれることでしょう。具体的に言うと「勤務先へ電話を掛けない代わりに、社会保険証の提出を要求される」ことが最も多いようですね。

また、ごくごく一部ではありますが「在籍確認を一切行っていないカードローン」も存在します。
こういった「電話なしで借りられる可能性のある会社」をまとめました。

★在籍確認を行っていないカードローン

金利 その他
りそな銀行クイックカードローン 9.0%~12.475%
  • 全国から申し込めるパート、アルバイトOKのカードローンの中では最も低金利か
  • 審査難易度はやや高い
  • りそな銀行の口座開設必須(同時開設可)
セブン銀行ローンサービス 15%
  • セブン銀行の口座開設必須(同時開設可)
SMBCモビット 3.0%~18.0%
銀行カードローン
消費者金融・クレジットカード会社系カードローン

★「相談次第で」電話以外の方法での在籍確認が可能なカードローン

金利 その他
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
  • 以下の会社に比べると審査難易度は高め(会社員なら問題なし)
アイフル 4.5%~18.0%
  • SMBCモビットの「WEB完結」なら電話連絡を避けやすい
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
  • 審査結果次第で電話が必要になる可能性あり
  • (この場合、契約中断可)

プロミス 4.5%~17.8%
セゾン「マネーカード」 15%
  • 電話は避けやすいが、融資までに時間が掛かる
銀行カードローン
消費者金融・クレジットカード会社系カードローン

各社の電話の避け方や基本仕様については、個別ページをご覧ください。

★その他、申し込みのできる地域は限られますが以下の地銀カードローンも電話なしでの借り入れが可能です。

★在籍確認の電話なしで借りられる地方銀行カードローン

在籍確認なし
相談次第で勤務先への電話なし 武蔵野銀行「むさしのスマートネクスト」

その他にも電話なしで借りられる金融機関は多数存在すると思われます。(特に地銀や信用金庫など)
電話を避けたいのであれば、お近くの金融機関へ相談してみるのも良いでしょう。

CHECK全国47都道府県の地銀カードローンまとめ

★掲載しているのは取材当時(2017年~2018年)の情報となります。
在籍確認に関する仕様が変更されることもありますので、事前に電話で確認を入れておくことをおすすめします。

<「必要であれば在籍確認を行う」ってどういうこと?>

銀行カードローンの窓口へ在籍確認について質問を行うと、「審査の結果、必要と判断されましたらお電話をおかけいたします」という回答をもらうことが多いです。

実際どれくらいの割合で電話が掛かってくるのか、という点においては金融機関の間でかなり差がありますが……。
「口座開設必須」カードローン(地銀、信金など含む)の場合、申し込み先の金融機関で毎月の給与を受け取っていれば、在籍確認が必要になることは少ないことでしょう。
これは金融機関側があなたの口座情報を簡単に調べられ、毎月きちんと収入を得ていることを確認できるからですね。

とは言え、「口座の有無や利用状況とは関係なしに、100%電話を掛ける」という金融機関も少なくはありません。(特に審査の大部分を他の会社に外注している場合)
結局のところ、不安があるのなら事前確認を行うか、在籍確認なしで利用できるカードローンを選んだ方が良いでしょう。

専業主婦が申し込みを行う場合を含め、配偶者の勤務先情報は不要

申し込み者の勤務先情報を入力しなくても良いカードローンは、今のところ見つかっていません。おそらく存在しないんじゃないかと思います。(闇金などになるとまた別ですが)

ただし、必須となるのはあくまで「申し込み者の」勤務先情報。
専業主婦の方がカードローンへ申し込む場合であっても、申し込み者が収入の高くないパートであっても、配偶者の勤務先情報は入力さえ求められないことが多いです。
この場合、金融機関側は何の情報も得られないわけですから、当然配偶者の職場に連絡が向かうこともありません

ただ、例外的に「ジャパンネット銀行」は専業主婦の方が申し込みを行う場合、配偶者の職場へ同意確認を兼ねた在籍確認を行います。
今のところ確認できているのはこの銀行だけですが……。
「専業主婦として申し込みを行うのに、配偶者の勤務先情報を求められた」という場合には配偶者の勤務先へ、在籍確認が行われる可能性を意識しておいた方が良さそうです。不安があれば、申し込み先に問い合わせを行ってみるのがベストでしょう。

CHECK専業主婦のためのカードローン

\ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

自営業者が申し込みを行う場合の勤務先の記入方法と在籍確認

SMBCモビットは自営業者・個人事業主であっても問題なく申し込み・契約が可能です。


▲ SMBCモビット公式サイトより

他の消費者金融や銀行カードローンについても、自営業者・個人事業主の申し込みも受け付けてはいますが、SMBCモビットは申込資格に「自営業の方も利用可能です」と明記されているので安心です。

ただ、自営業者が申し込みをする場合について、在籍確認に関する仕様は特に決まっていない模様。必要書類とともに担当者の判断に任せられる点が多いようですね。

【管理人】山本
個人事業主が申し込みを行うとき、在籍確認はどうなりますか?
SMBCモビットの回答
担当のものと話し合っていただいて、ご自宅兼勤務先へのお電話掛けさせていただいたり、書類を提出していただく形になるかと思います。

モビットに聞いた!在籍確認の基本仕様とカンタンに電話を避ける2つの方法より)

他にも、他の消費者金融会社と同じく、自営業を偽った申し込みを防ぐため「事業内容を確認できる書類」の提出を求められることは多いでしょう。
SMBCモビットの場合はフォーマットがあらかじめ用意されているため、これと確定申告書などを併せて提出していきます(必要になった場合、担当者から連絡が入ります。)

CHECKSMBCモビット公式HP「営業状況確認のお願い」(PDF)

固定電話が無くても申し込み自体は可能ですが、この場合は複数の書類提出を求められる可能性が高くなります。
これは固定電話の無い個人事業主だと主張する虚偽申告を防ぐためですね。

結局のところ、何が必要になるかは「担当者と相談するまで分からない」という形になってしまいますが……。
スムーズな審査のためには、あらかじめ「確定申告書」や「納品書」「請求書」などを用意しておくと良いでしょう。

まとめ

★カードローンへの申込時、やたら細かく尋ねられる勤務先情報は延滞時を除き、原則「審査結果(主に利用限度額)を出すため」「在籍確認を行うため」にのみ使われる
★不正申込を防ぐため金融機関からあなたの勤務先に連絡が入るものの、直接第三者に借り入れがバラされることはない。担当者の個人名を名乗るなどして、用件が分からないように電話が掛かってくる
★在籍確認の電話なしで借りられる金融機関自体は少なくない。どうしても電話を避けたいなら、そういったカードローンを使ってみよう!ただし事前相談必須のものも多いので注意
★申込者本人の勤務先情報は必須ながら、配偶者の情報は原則不要。専業主婦が申し込みを行う場合であっても、配偶者の勤務先へ電話がかけられる会社は少ない

勤務先情報の入力項目の多さには面食らうこともありますが、金融機関から直接借り入れがバラされることはまずありません。(少なくとも正規の大手企業を利用する場合)
結局のところ、会社バレを防ぐために最も大事なことは「毎月の返済をきちんと行う」こととなるでしょう。

CHECK在籍確認の概要と会話例、よくある質問について
CHECK在籍確認なしで借り入れできるカードローンのまとめ
CHECK在籍確認の電話はどうやってごまかせる?

CHECK【在籍確認の電話なし&低金利】りそな銀行カードローンについて
CHECK【在籍確認を避けやすい&即日融資可】アイフルの総まとめ




カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。