カードローンをはじめて使う人へ:おすすめキャッシング一覧

cardloan-recommended-beginner

はじめてのカードローン、どこに申し込めばいいのかわからない、そんな人に私がオススメしているのは、アコムとプロミス。

アコム (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
  • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
  • カードにクレジット機能が付けられる

アコムの公式サイトで詳細をチェックする!

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

審査落ちする人が少なく、オペレーターの対応にも定評があります。

今回は、はじめての人でも安心して借りられる情報をまとめてみました。はじめての借り入れを考えている方は、ぜひ読んでいってください!

特に、はじめてしか使えないサービスもあるので、ここだけは見逃さないでくださいね。
 ↓↓↓
CHECK初回限定サービスを見逃さないで!

はじめての不安を徹底解消Q&A

はじめてカードローンを使うとなると、不安なことはたくさんありますよね。

①借金地獄に陥ってしまわないか不安

→窓口や電話等で借りる前にお店の方と相談し、計画的なプランで借りられます!

今、日本の法律では借金地獄に陥ってしまわないように、

  • 年収の3分の1以上の融資を禁止
  • 金利の上限設定(10万円以上100万円未満借り入れの時は、最高18%)

と言った対策が立てられています。

つまり、アコムやプロミスなどの「消費者金融」を使うなら、あなたの年収240万円ならば最大でも80万までしか借りられません。

そして実際のところ、最初からそこまでの限度額をもらうことはできず、最初は10万円から最大でもせいぜい50万円程度が相場。
(もちろん、あなたの年収や信用情報によって変わってはきます)

なので、必要な分を必要な期間だけ借りて、毎月少しずつ返済ができるのであれば
借金が膨らみすぎて支払い不可能に、となることはまずありませんよ。 

②利息ってどれくらい払えばいいの?

→消費者金融の場合、実質年率18%が一般的な相場になります。

具体例で説明すると、借入額が10万円の場合は1ヶ月の利息が1479円になる、ということです。

③申し込みってどんなことを聞かれる?

申し込みで聞かれるのはこんな内容です!

  • 氏名、生年月日、連絡先などの個人情報
  • 勤務する会社名、年収、所属部署などの勤務先情報
  • 現住所、家賃、居住形態などの自宅情報
  • 借入希望額、現在の借入件数、申し込んだ理由などの借入情報

申し込みの時に記入する項目は、細かく分けると20~35項目程度。
大手消費者金融の中では、プロミスにだけ最終学歴を記入する場所がある、など質問内容も会社によって少しずつ違うので、気になる金融機関の特設ページも併せて読んでみてください。

大手カードローン会社の申し込みについて、まとめてみました!

④会社に電話されるって本当?

→はい、申告した会社に本当に在籍しているのか確認する電話が行きます。
しかし、消費者金融側の社名は名乗らず、オペレーターの名前だけを用いたやり取りになるので、会社側にバレる可能性は低いです。

また、希望すれば電話の代わりに別の代替手段で対応してくれる会社もあります(アイフルとか、アコムとか!)。

詳しくは在籍確認のページも読んでみてくださいね。

大手カードローン会社の在籍確認についてリサーチしました。
消費者金融なら、電話以外の方法で在籍確認を取ってくれることも多いですよ!

⑤家族にバレることはある?

まずは、どんな時にバレてしまう可能性があるのか、バレてしまうシチュエーションとその対策を知っておきましょう。

★バレるシチュエーションとその解決策

  • 本人確認の電話でバレる
  • →連絡先を携帯電話の番号にしておけば大丈夫

  • 郵送されたカードを発見される
  • →契約機でカードを発行するか、カードレスで申し込む

  • 在籍確認の電話でバレてしまう
  • →バレることはあまりない。でも、どうしても不安なら書類で行ってもらえないか頼んでみる

  • 勧誘の電話やハガキが来てしまう
  • →停止してもらえるようお願いするか、電話や郵便物がない会社を選ぶ

  • 返済が滞ると電話や郵送で連絡が来てバレてしまう
  • →返済は遅れずにきっちりと行うこと

これらの方法を使えば、ほとんどの会社においてカード郵送を省くことができるので、バレる可能性をほぼゼロにすることもできるのです
(カードが郵送で送られてくる場合も、一見してわかりにくい差出人名で届くようにはなっています。
しかし、その名前で検索すると実際は消費者金融から送られていることがわかるので、バレてしまう可能性があります)

家族に借金を隠したい!という方は、『カードローンの家族バレについて』のページも読んでみてください。 

⑥郵便物と電話で連絡されることはある?

→プロミス、アコム、SMBCモビットをはじめ、郵送はなしにできるところがほとんどです。
絶対に郵送でしか受け取れないというケースは、ないこともないですが……大手カードローン会社を選べば、まず大丈夫です。

電話に関しては、多くの会社では基本的に在籍確認の時にかかってきます。

ただ、希望すれば書類で対応してくれる会社もあります。
また、支払いが滞ってしまった場合も電話がかかってきたり返済の督促状が送られてくるので、毎月の支払いはしっかり行っていきましょう!

書類郵送を防ぐ方法について詳しくは、『誰にもバレずにお金を借りる方法』のページで解説しています。

⑦返済ってどうやってすればいいの?

主な方法としては、こういったものがあります。

  • ATMから支払う
  • 口座から引き落としてもらう
  • 銀行口座へ振り込む
  • 窓口で支払う
  • コンビニ端末(Famiポートなど)で支払う

大手の消費者金融の場合は、こんな風に好きな返済方法を選べます。いわゆる「街金」だと、「返済は銀行振り込みのみ」なんてところもザラなので、やっぱり大手は便利です。

ただしコンビニATMや銀行口座への振込み、という形で返済するときは、手数料がとられやすいので気をつけてください。
口座引き落としやインターネットでの返済なら、手数料は掛かりませんよ。

大手カードローン会社の返済方法や手数料をまとめました。

⑧いくら借りれるの?

→その時の条件によって人それぞれですが、消費者金融などからの借入総額を年収の1/3までに抑えないといけない、総量規制というシステムがあるので注意が必要です。(銀行から借入を行う場合は気にしなくてOKです)
詳細はこちら

⑨もし返済できなかったらどうなる?

→家まで取り立て屋が来たり、いかつい外見の人に脅されたりといった、映画によくあるような怖い場面はありません。
しかし、返済できないような金額を借りると債務整理(弁護士などに相談して借金を軽減してもらう手続きのことです)を行う必要が出て、5年~10年は新規の借入ができなくなる可能性もあります。
やっぱり、そんなことは避けたいですよね?

「これだけ借りると返済できないような気がするけど、返すのは先の話だから気にしなくていいかな…」

そんな気持ちで借りてはダメですよ。

詳しくは『債務整理について』または、『プロミスで借りているお金の、返済ができなくなってしまったら……』のページをどうぞ!

⑩土日でもすぐに借りれる?

→条件さえ合えば、24時間365日いつでも借りられます

ただし、審査に対応しているのは、朝の9時〜夜は遅くても21時まで。
その日のうちにお金を手に入れたいなら、申込は20時がタイムリミットだと思っていてくださいね。

CHECK土日祝日にカードローンを利用するには?即日キャッシング可能な金融機関と申し込み方法の完全版

少しだけ具体的にお伝えすれば……

などの金融機関は、土日でもまったく問題なく即日融資を受けられますよ。

ただ、銀行が開いていないので、あなたの口座にお金を振り込んでもらうことはできません
土日祝日には、ローンカードを使い、ATMからお金を引き出しましょう。

⑪審査ってなにされるの?

→個人情報や勤務先・自宅・借入に関する情報を聞かれたり、今までカードローンをどれだけ使ってきたか、今はどれだけ借りているかなどの確認をされます。
また、窓口の場合は直接のやり取りになるので、そこでの印象が審査結果に影響することだってないとは言えません。誠実な対応を心がけましょう。
詳細はこちら

実は、審査のときにはあなたの個人信用情報が照会されます。
個人信用情報とは、あなたがクレジットカードや各種ローンを、どのように利用してきたかという履歴のこと。クレジットヒストリー、略してクレヒスなんて呼ばれることもありますね。

なので、他社でのローンやクレジットカード、携帯電話本体代金の分割支払いが滞っている場合は、これだけで審査に落とされてしまいます

また、審査の最後にはあなたが本当に申告通りの仕事をしているか、勤務先に電話が掛けられます。このことを在籍確認と呼びます。

在籍確認については④会社に電話されるって本当?、あるいは『在籍確認』の特設ページを参考にしてください!

初心者におすすめの各カードローンの審査については、それぞれのページを読んでみてくださいね。

⑫30日間無利息っていう広告、どういう意味?

→契約の翌日、もしくは借入日の翌日から30日間は利息が発生しない、という意味です。
利用する会社ごとに開始日の定義が異なるので、借りる前に確認してみましょう!

例えばアコムなら契約日の翌日から無利息期間開始
プロミスなら初回借入日の翌日から無利息となります。

『初回無利息サービスについて』のページも読んでみてくださいね。

⑬返済に遅れるとどうなるの?

→返済が遅れた時点で遅延損害金が発生したり、延滞が61日以上もしくは3ヶ月以上になると信用情報にキズがつき、それ以降のローン審査に通らなくなったりします。
数日程度の遅延なら待ってくれるケースもあるので、諦める前にまずは利用している会社に相談してみましょう!

たとえば、プロミスなら事前に返済日を30日延ばすことができたりします。詳しくは『プロミスの返済遅れについて』のページへどうぞ。

<返済日を延ばしてもらえた話>

昔、連休が挟まったカレンダーの影響で、給料日の3日前に返済日が来てしまったことがありました。
その時はどうしてもお金が用意できなくなったので、返済日前に電話で連絡してみたんです。

すると、返済期日を過ぎても3日間待ってもらえたんです!
もちろん給料が入ってすぐに返済し、遅れたぶんの遅延損害金を支払うだけで済みました。

たぶん、3日後に給料が入ると明言したおかげで待ってくれたんだと思います。
そう考えると、遅れる理由と支払える日にちを伝えることが、一番重要になりそうですね!

どうやってカードローンを選べばいい?

①金利が低いかどうか

金利が低ければ、それだけ最終的に払う額も減らせます。
一例を挙げると、アコムの金利上限が18%なのに対して三井住友銀行の金利上限は14.5%
金利に関しては、銀行の圧勝と言えますね。

先ほど『30日無利息広告ってどういう意味?』で説明したように、金融機関によっては、金利がかからない「無利息サービス」を提供しているところもあります。

でも、ほとんどが消費者金融(アコム、プロミスなど)で、銀行で無利息サービスを行っているところは、稀です。

だから実は、7ヶ月以下の利用なら、一見低金利な銀行カードローンよりも、無利息サービスを使った消費者金融の方がおトクになることが多いんです。

実例を『銀行カードローンよりもオトクな場合も』で計算しているので読んでみてくださいね。

②審査スピードが速いかどうか

急にお金が必要になった場合、審査に時間がかかってしまうのは極力避けたいですよね。
銀行でも即日融資に対応している会社はありますが、保証業者に審査を任せているケースが多いため、審査に1週間以上かかる場合もあります。

申込金額が高いほど審査も慎重になるので一概には言えません。が、例えばイオン銀行の場合、郵送での申し込みでは通常は書類が届いてから一週間程度で審査の結果を連絡すると公式HPに明記されています。

一方、消費者金融はプロミスやアコムをはじめ、最短30分・遅くとも数時間以内に結果が出る会社がほとんど。
基本的には、消費者金融の方が審査が速いといえます。

30分審査・即日融資OKなカードローンまとめ


消費者金融
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • ③サービスが充実しているかどうか

    消費者金融の中には、借入の際に特別なサービスを利用できる会社もあります。
    例えばプロミスなら、30日間無利息サービスや、女性のオペレーターのみが対応してくれるレディースコールといったサービスが受けられます。
    サービスの豊富さが、消費者金融の一番のウリといえそうですね。

    女性の方を対象とした、サービスについては『レディースキャッシング』ページを、
    主婦の方を対象としたローンについては『主婦のためのキャッシング』ページを読んでみてください! 

    初回限定のサービスを見逃さないで!

    ① はじめての方だけの特権:無利息サービス

    アコムアイフルプロミスなどの一部金融機関は、はじめて契約するときに限り30日間の利息がゼロになります!

    アコム (基本情報)
    実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分
    融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
    備考
    • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
    • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
    • カードにクレジット機能が付けられる

    アコムの公式サイトで詳細をチェックする!

    プロミス (基本情報)
    実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分
    融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

    アイフル (基本情報)
    実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分
    融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
    備考
    • 初回30日間無利息キャッシングサービス
    • 「てまいらず」「配達時間えらべーる」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
    • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

    アイフルの公式サイトで詳細をチェックする!

    つまり30日以内で全額返済できれば、借りたお金をそっくりそのまま返すだけでOK。
    30日を超える場合でも、利息が生まれるのは31日目からだけなんです。

    各社の無利息期間については、『無利息サービス徹底比較』のページで詳しく説明しています。

    ② 銀行カードローンよりもオトクな場合も

    なんと7ヶ月以内で完済できるなら、無利息期間を使った消費者金融の方が、低金利でおなじみのソニー銀行よりも利息が小さくて済むんです!

    実際に計算してみました。

    ★初回30日間無利息のプロミス(金利17.8%)とソニー銀行(13.8%)で
     30万円を借りたときの、利息額比較

      3ヶ月で完済 7ヶ月で完済 1年で完済
    プロミス
    (17.8%)
    ★30日間無利息
    4402円 13,430円 24,710円
    ソニー銀行
    (13.8%)
    6832円 13,672円 22,029円

    7ヶ月を境目にして、
    利用期間が短いほど、無利息期間を使った消費者金融が、
    利用時間が長いほど、低金利の銀行カードローンの方がおトクになるんですね。

    ③10万円を超える借り入れを希望プロミスを選ぼう

    10万円を超える借り入れを希望するなら、オススメはプロミス
    なぜなら、

    • 17.8%というプロミスの金利は、アコムやアイフルの18%よりわずかに低い
    • 他社が「契約日の翌日」から無利息期間が始まるのに対し、
      プロミスは「初回借入日の翌日」からと、無利息期間がムダになりにくい

    という理由があるから。

    まとめると……

    プロミスが一番おトク! 借り入れ額が10万円を超え、
    7ヶ月以内で完済ができる方
    銀行カードローンが一番おトク! 借り入れ額が10万円を超え、
    完済に8ヶ月以上が掛かる方

    借り入れ金額や借入期間に合わせて、おトクなカードローンも変わってくるんですね!

    オススメ度No.1はプロミス

    プロミス (基本情報)
    実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分
    融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

    ①安心の低金利

    先ほど述べたとおり、金利の面ではさすがに銀行にはかないません。
    しかし、先ほど例示したアコムの18%という上限金利が、一般的な消費者金融の相場です。

    そんな中で、プロミスは金利上限17.8%と他社に比べておトクになっています。
    消費者金融では、10万円程度の比較的少額の借入については上限ぴったりの金利が適用されることがほとんどですので、返済額が安くなることはプロミスの利点といえますね。

    ②30日間無利息サービス

    プロミスでは、Web明細を利用してメールマガジンを登録すると、初回利用の翌日から30日間無利息になる、というサービスも行っています。
    あくまで初回借入時だけのサービスですが、上記の金利と合わせてうまく利用すれば、返済の負担を減らせますね。

    ③申し込みはWebでカンタン

    Webだけで全ての手続きができるのもプロミスの特徴です。
    口座振替を選択してカード郵送の希望なしにすれば、店頭に行ったりカードの郵送を待つ必要もなくなり、さらにはカードを作る必要すらなくなることにもなります。
    Web申し込みは利用者からの人気も高く、プロミスの大きなセールスポイントとなっています。

    ④安定の審査通過率

    プロミスの審査通過率は約44%
    銀行カードローンは約20~30%なので、審査に通る確率は銀行の倍近くになっています。
    金利が低いこともあって銀行の審査は慎重になりがちですので、どうしてもすぐに借入がしたい人は審査通過率の高いものを選んだほうが安全ですよね。

    ⑤女性も安心の「レディースコール」

    プロミスには女性オペレーターのみが対応してくれる「レディースキャッシング」というサービスがあります。(詳しくは、プロミスレディースの公式HPをチェックしてくださいね!)

    プロミスレディース (基本情報)
    実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分
    融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 問い合わせから申し込みまで、すべて女性オペレーターが対応
    • カードローンの使い勝手、審査基準などは、プロミスとまったく同じ

    プロミスレディースの公式サイトで詳細をチェックする!

    初めて借入する女性でも安心して相談できるので、プロミスに女性の利用者が多いことも納得ですね。

    ⑥振込融資対応

    ゆうちょ銀行やみずほ銀行、三菱UFJ銀行や各地方銀行などのプロミスが指定する銀行の口座を持っていれば、契約完了後に会員ページから振込先の口座を指定することで、自分の銀行口座に振り込んでもらう形で融資を受けられます。

    さらに、三井住友銀行ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも最短10秒で振り込んでもらえる「瞬フリ」というサービスも受けられます。
    お金を借りる所を他の人に見られたくないという方も、心配する必要はありません!

    ⑦豊富な返済方法

    • インターネットを利用
    • 店舗窓口で支払う
    • ATMを利用
    • 銀行から振り込む

    以上のように返済方法が豊富なので、自分が一番利用しやすいものを選べます。

    ⑧在籍確認が電話なしでも可能

    お金を借りる時に会社へ在籍確認の電話がかかってくることが怖い…という方は多いです。
    しかし、プロミスでは申し込みの際に相談すれば、在籍確認を電話ではなく別の代替手段で行える場合があります!
    事前の連絡と相談が必須ですので、そこは忘れないようにしましょう。

    ⑨3秒仮診断あり

    審査に落ちるのが不安で、なかなか申し込めない人でも安心!
    プロミスの3秒仮診断を用いれば、一切のデメリットなく大まかな審査の可否を調べられます。
    所要時間は3秒どころかほんの一瞬!プロミスは他社に比べて借入診断が当たりやすいので、借りられるか不安な時にはけっこう助かるんです。

    借入診断は、プロミスの公式HPからチェックできますよ!

    オススメ度No.2はアコム

    アコム (基本情報)
    実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分
    融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
    備考
    • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
    • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
    • カードにクレジット機能が付けられる

    アコムの公式サイトで詳細をチェックする!

    ①抜群の審査通過率

    アコムの審査通貨率は、プロミスをも上回る約48%
    大手消費者金融の中では最高水準であり、約2人に1人が審査に通過している計算となります。

    ②安定の審査スピード

    手続きが当日15時までに終わっていれば即日融資が可能。
    14時までに申し込みを終わらせれば、15時までに手続きを終わらせられます。
    審査時間も最短30分、スピーディな手続きもアコムの長所のひとつです。

    ③30日間無利息サービス

    返済期日を「35日ごと」にした場合は、アコムでもプロミスと同じく初回のみ30日間無利息サービスを受けられます。
    ただし、借入日から30日が無利息となるプロミスとは違い、アコムは契約日から30日なので、早めにお金を借りないとそのぶん無利息の期間が無駄になってしまうので気をつけましょう。

    ④楽天銀行の口座があれば、24時間いつでも振込融資可能

    アコムの特色として、楽天銀行の口座さえ持っていれば24時間いつでも最短1分で振込融資を受けられる点があります。
    条件つきではありますが、もし楽天銀行の口座を持っているなら活かさない手はないですね。

    ⑤豊富な返済方法

    アコムもプロミスと同じく、

    • インターネットで支払い
    • ATMを利用
    • コンビニで支払い
    • 窓口から支払い

    以上のように、様々な方法で返済が行えます。
    一番自分に合った形を選んで、無理なく返していきたいですね。

    ⑥3秒仮診断あり

    プロミス同様、アコムにも3秒仮診断が用意されています。
    プロミスに比べて精度が落ちるのであくまで参考程度ではありますが、仮に不合格であっても今後の審査に悪影響を及ぼすことがないので手軽に判断材料にできます。

    詳しくは、アコムの公式HPを見てみてくださいね。

    小額融資におすすめな金融機関だと言えるでしょう。

    オススメ度No.3は アイフル

    アイフル (基本情報)
    実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分
    融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
    備考
    • 初回30日間無利息キャッシングサービス
    • 「てまいらず」「配達時間えらべーる」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
    • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

    アイフルの公式サイトで詳細をチェックする!

    現在、残っている唯一の独立系の消費者金融。
    (他の消費者金融は、銀行の傘下に入っています)

    30日間無利息サービスもあり、良くも悪くもオーソドックスな消費者金融らしいサービスを展開しています。
    アコムについで審査通過率も高く、だいたい2人に1人は審査に通っています。

    2人に1人と聞くと、確率がずいぶん低そうですが……
    審査落ちしてしまった方の中には、書類不備や、年齢制限の対象外、専業主婦(消費者金融では借りられません)などの方も含まれます。

    だから、実際にはそんなに審査を不安に思う必要はありませんよ! –>

    オススメ度No.4はSMBCモビット

    SMBCモビット (基本情報)
    実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
    保証料 なし 審査時間 最短30分 (※)
    融資スピード 最短即日 借入判断 あり(10秒簡易審査)
    備考
    • 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1 (2年連続受賞です!!)
    • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
    • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
    • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
    • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
    • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
    • 無利息サービスなし

    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります


    SMBCモビットの公式サイトで詳細をチェックする!

    ①即日振込融資

    SMBCモビットでは、平日の14時50分までに申し込みを終わらせれば、その日のうちに振込で借入を受けられます。
    また、Webやローン申込機では10秒簡易審査なので、大まかな結果もすぐにわかります。
    この速さ、スピードを大きなウリとするSMBCモビットならではですね!

    ②Web完結なら、おうちでカンタン借入可能

    プロミスと同じく、SMBCモビットでもWeb完結のサービスが利用できます。
    三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座があれば、店頭やATMまで足を運ぶことなく借入できます。

    ただし、SMBCモビットの場合はWeb完結で振り込み融資を受けられるのは平日のみです。
    土日の融資を受けるには契約機に行く必要があるので、気をつけてくださいね。

    でも、残業などで時間が取れないことも多い平日に、寄り道することなくネットだけで手続きを完結させられることは大きなメリットです。

    Web完結は楽かつおトクなので、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を持っている方はぜひご活用下さい!

    ③10秒簡易審査あり

    プロミスやアコム同様、SMBCモビットにも仮診断サービスがあります。
    若干精度に不安はありますが、申し込み前の不安を払拭するためにも積極的に活用していきたいですね。

    まとめ

    いかがでしたか?
    消費者金融は銀行と比べて一長一短がありますが、長所と短所をそれぞれ表にまとめてみました。

    消費者金融の長所
    • 審査通過率が高い
    • 審査スピードが速い
    • サービスが豊富
    消費者金融のデメリット
    • 金利が高い
    • 総量規制の対象となってしまう

    また、一口に消費者金融と言ってもそれぞれの会社ごとに異なる特色や強みを持っています。
    自分の状況に合った会社・合った形式を利用することで申し込みも返済も大幅にラクになるんです。
    多くの選択肢をしっかり見極めて、計画的かつお得にカードローンを利用していきましょう!

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。