【セディナカードローン】審査が不安なら他社を選ぼう:キャッシング枠との関係は?

    【セディナカードローン】審査が不安なら他社を選ぼう:キャッシング枠との関係は?

    「生活に必要なお金を借りたい。
    普段からクレジットカードを使っている<セディナ>が出しているカードローンなら、安心して使えそうだけれど……」

    4種類のカードローン(ローン専用カード)を取り扱っている信販会社「セディナ」
    正直に言うと審査難易度に関しては未知数で、「本当に審査に不安があるのなら、ちゃんと情報の出揃っている専門の会社を選んだ方がいい」と言わざるを得ません。
    というのもこのカードローン、他社と比べた際にこれといった利点がない=申込者が少ないため、どうしても情報が集まりにくいんですね。

    今回はそんなセディナ取り扱いカードローンの審査について、問い合わせを通じ分かった結果や審査が不安なときに検討すべき申込先などをまとめました。
    読み終えていただければ、あなたに合った申込先を定められるかと思います。

    ★セディナが取り扱う4つのカードローンの概要や違いについては以下のページをご覧ください。

    CHECKセディナカードローンの役立つ新情報まとめ

    セディナカードローンの審査は特別厳しいわけではなさそう、だが……。

    セディナカードローンの審査は特別厳しいわけではなさそう、だが……。

    まずは気になるセディナカードローンの審査基準について、分かる範囲で推測していきましょう。

    ①4つのカードローンの審査通過基準は同じ=月1.4万円の返済能力は基本?

    実際にセディナの窓口に問い合わせを行ったところ、4つのカードローンについて審査難易度に違いはないという回答を頂くことができました。
    そしてこちらがセディナが取り扱う4つのカードローンですが……。

    ★セディナ取り扱いカードローンの簡易比較
    限度額無利息期間毎月の引落とし額
    セディナカードローン初回50万円まで
    (上限200万円)
    7日間3,000円~
    eカードα初回50万円まで
    (上限300万円)
    なし12,000円~
    らぷりカード初回50万円まで
    (上限200万円)
    なし5,000円~
    CF VIPカードローン上限300万円なし14,000円~
    ※貸付金利はいずれも上限18%

    見ての通り、無利息期間の有無や上限限度額、そして毎月の引き落とし額に違いが見られますね。

    気になるのは毎月1.4万円の引き落としを求める「CF VIPカードローン」と、低負担型の「セディナカードローン」の審査基準が同じらしいということ。おそらく同じシステムを通し機械審査結果を行い、特に区別化せず人の手による本審査を済ませているのでしょう。
    毎月最低1.4万円の負担、というのはカードローン業界の中ではかなり重い方ですね。
    (一般的な低難易度銀行カードローンの最低負担額は2,000円ほど。楽天銀行など)

    さて、毎月1.4万円の負担が必要なローンの審査に通れるのは、これを余裕をもってこなしていける方だと推測されます。
    そしてこれと同じ基準を設けているのであれば低負担型の「セディナカードローン」についても、審査通過にそれなりの返済能力が求められる可能性は低くありません

    どのローンにも「パート・アルバイトOK」の記載が見られるため、特別厳しい審査を行っているとまでは思えませんが……。
    求められる水準は「月1.4万円を返済できる能力」と、やや高めに設定されているよう考えた方が良いでしょう。

    とそれらしいことを言ってみましたが、そもそも消費者金融会社レベル、あるいはそれ以上の柔軟な審査を行っているとすればどこかしらで話題になっているはずなんですよね……。
    中小金融機関の情報まで広く集まる掲示板等を見ても、セディナのカードローンが持ち出されることは皆無といって差し支えありません。

    そういうわけでこのカードローンの審査基準は信販会社(クレジットカード会社)のイメージから大きく外れないもの、つまり消費者金融会社より柔軟性の利かない、やや厳しい審査を行っているとみるのが妥当でしょう。少なくともブラック状態での審査通過は難しいかと思います。

    ②基本的には消費者金融などからの借入に抵抗があり「セディナから借りたい」場合向きか

    正直に言ってこのセディナのカードローン、審査に関する情報がほぼありません。
    理由を簡潔に言うと、やはり「申込者が少ないから」でしょう。

    そもそもセディナに限らず、信販会社(クレジットカード会社)のカードローンというものは「消費者金融と同じくらいの金利なのに、消費者金融に比べ審査が厳しい上サービスも劣る」のが基本となっています。
    さらに金利が低い上にアルバイトでも問題なく利用できる銀行カードローンの台頭で、正直わざわざ信販会社のカードローンを選ぶ必要性は薄いと言わざるを得ません。無理にメリットを言うとすれば、毎月の引き落とし額を任意で増額できることくらいでしょうか……。
    しかしそうなると、今度はセディナより貸付条件の良い信販会社系ローンJCB「FAITH」セゾンマネーカードあたりの存在が気になります。

    というわけで、セディナのカードローンを選ぶべきは「新しい会社と契約を結びたくない」「今使っているセディナからしか借りたくない」といった場面に限られそう。
    この場合であってもわざわざカードローンを発行するよりは、現在お持ちのクレジットカードにキャッシング枠を付ける(あるいは増額審査を受ける)方が何かと手軽そうです。金利も変わりませんしね。

    CHECKクレジットカードのキャッシング枠って何?その確認方法と基本的な使い方

    それでもセディナのカードローンを利用したい、という場合の申込先商品の選び方や審査・契約の流れなどについては、以下のページをご覧ください。

    CHECKセディナカードローンの総まとめ:ローンカード別の違いや問合せに基づく在籍確認仕様、カード発行の流れ

    <クレジットカードのキャッシング枠とは審査内容が異なるとのこと>

    私自身ちょうどセディナ発行のクレジットカード(JR東海エクスプレスカード)を持っているので、会員ダイヤルにて審査についての問い合わせを行ってみました。

    【管理人】山本
    セディナカードローンとクレジットカードキャッシング枠の審査難易度に違いはありますか?

    オペレーターの回答
    違い……。入会の方は増額のほうとはちょっと違った審査にはなるとは思うんですけれども、どちらも審査が必要です。
    【管理人】山本
    カードローン契約時の金利はキャッシング枠と変わりありませんか?

    オペレーターの回答
    そうですね。18%が上限になります。

    イマイチ要領を得ない回答ではありますが、とりあえず「カードローン入会審査」と「既存カードにキャッシング枠を付ける(増額する)審査」は別のものとなるようですね。とは言え語り口から察するに、違いと言うほど大きな違いは無いようにも思えます。
    (一般にクレジットカードキャッシング枠の審査は、消費者金融系カードローンの審査に比べ数段難易度が高いとされます)

    というわけでクレジットカードの増額審査に落ちてしまっても、カードローンの方なら通過できる可能性はありそうですが……。
    まあ先述の通り審査難易度は消費者金融会社(あるいは低負担型銀行カードローン)の方が大分低いと思われますので、セディナにこだわる理由が無ければ再チャレンジ先は他社にした方が良いでしょう。

    審査が不安なら情報が出揃っているキャッシング専門会社を選ぶのが無難か

    審査が不安なら情報が出揃っているキャッシング専門会社を選ぶのが無難か

    毎月の引き落とし額や特に審査について話題が起きない点から、セディナの審査に消費者金融会社(キャッシング専門会社)以上の柔軟さは見込めません。
    というわけで、審査に不安があるのなら大手消費者金融会社、あるいは低負担型の銀行カードローンを選ぶのが良いでしょう。

    ★比較的審査通過難易度の低いカードローン
    金利借入までの時間特徴
    アコム上限18%最短1時間ブラック通過例あり
    30日間無利息
    プロミス上限17.8%最短1時間ブラック通過例あり
    30日間無利息
    来店なしの即日融資に強い
    アイフル上限18%最短1時間ブラック通過例あり
    30日間無利息
    SMBCモビット上限18%最短即日ブラック通過例あり
    三菱UFJ銀行バンクイック上限14.6%最短翌営業日アルバイト利用者多数
    UFJ銀行の口座は不要だが持っている方が便利
    楽天銀行上限14.5%1週間程度アルバイト利用者多数
    任意の口座で返済可
    イオン銀行上限13.8%1週間程度アルバイト利用者多数
    運転免許証かパスポートが必要
    参考セディナカードローン上限18%3週間程度難易度未知数
    引き落とし額の増額可
    7日間無利息
    消費者金融会社、信販会社
    銀行カードローン(比較的低難易度のもの)

    信用情報に問題があるのなら(何か事情があってクレジットカード等を作れない状況にあるのなら)、ブラックでの通過例が確認されている会社を選ぶのが良いでしょう。
    特に思い当たるところが無いのなら、幾分か貸付条件の良い銀行カードローンをチェックしたいところ。上に挙げている以外にも、地銀などのローンを使っても良いですね。

    申込先候補を絞るため、以下のページも併せてご覧ください。

    CHECK消費者金融会社の徹底比較!即日融資、ユーザーサービス、審査難易度他
    CHECK全国から申し込める銀行カードローンの審査難易度、必要日数、金利他比較
    CHECK47都道府県の地銀カードローン簡易まとめ

    まとめ

    まとめ

    ★「CF VIPカードローン」の最低返済額、そして審査関連で話題になっていないところを見るに、セディナが特筆すべき柔軟な審査を行っているとは考えにくい
    審査難易度は消費者金融会社や低負担型銀行カードローンに比べ高くなる
    ★消費者金融と比べると高難易度・低サービス、銀行に比べると高金利(比較先によっては高難易度も)というわけで、あえて借入先にセディナのカードローンを選ぶ意味は薄い
    基本的には他社と新規契約を結ぶか、キャッシング枠の審査を受けることを優先したいところ

    一部の例外(低金利・高難易度のJCBのFAITH三井住友カードゴールドローンなど)を除き、どうしてもローン専用の会社や銀行に比べ劣るところの多い信販会社系カードローン。
    セディナの場合、基本的には「セディナから借りる」こと一点を重視したい場合にのみ選ぶことになりそうです。

    CHECKセディナカードローンの総まとめ:ローンカード別の違いや問合せに基づく在籍確認仕様、カード発行の流れ


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント