【大口借入向き】ちば興銀「リリーフ」の利点と契約の流れ、あんしんアップとの比較

銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2018」記事をご確認ください。

【大口借入向き】ちば興銀「リリーフ」の利点と契約の流れ、あんしんアップとの比較
「自分の経済状況に合ったカードローンを利用したい」
「専業主婦名義でカードローンの契約を結びたい……」

そんな「千葉興業銀行」ユーザーに向けられたのが「千葉興業銀行カードローン<リリーフ>」
パッと見ではさほど特徴のない普通の銀行系カードローンですが、よく見ると「大口借入」に非常に向いた商品となっており、あなたが安定収入を得ているのならそれに応じた好条件で契約を結びやすいと言えるでしょう。
(一方で専業主婦やフリーター等として申し込みを行う場合、「リリーフ」はごく普通の地銀カードローンに留まります)

今回はそんな「千葉興業銀行カードローン<リリーフ>」について、そのメリット・デメリットや同行カードローン「あんしんアップ」との比較、その他問い合わせ結果に基づく契約の流れなどを簡単にまとめました。
読み終えていただければ、今あなたがこのローンへ申し込むべきか、もしそうならどのような手続きが必要かが分かります。

1分でチェック!千葉興業銀行カードローン「リリーフ」
★1分でチェック!千葉興業銀行カードローン「リリーフ」
金利 ○~◎
(限度額による)
限度額 審査による
(上限1000万円)
審査スピード 3~4営業日 借入可能になるまでの日数目安 2週間~
メリット
  • 年収400万円~、年収の半分程度の限度額が適用される可能性あり
  • さらに限度額に応じた金利引き下げも受けやすい

  • 在籍確認なし
  • 同行「あんしんアップ」との違い
  • より好条件で借りやすい
  • がん保険、生命保険は付かない
  • 契約手続きは「あんしんアップ」の方が手軽
  • ★千葉興銀「リリーフ」は「会社経営者とその家族」「個人事業主」「年金生活者」の申し込みを受け付けていません

    これに該当するのなら、「千葉興業銀行カードローンあんしんアップ」など、その他のローンへの申し込みをご検討ください。

    

    千葉興業銀行カードローン「リリーフ」の基本情報とメリット・デメリット

    千葉興業銀行カードローン「リリーフ」の基本情報とメリット・デメリット

    早速、千葉興業銀行「リリーフ」とはどういったカードローン商品なのか、簡単に見ていきましょう。

    ①上限金利はごく普通ながら、大口借入に関しての手厚さが嬉しい

    千葉興業銀行「リリーフ」の基本情報は以下の通り。

    ★千葉興業銀行カードローン「リリーフ」
    金利 3.9%~14.6% 限度額 30万円~1000万円
    審査スピード 3~4営業日 借入可能になるまでの日数目安 2週間~
    利用条件
    (公式HPより)
  • ご契約時に満20歳以上60歳未満の方。
  • 安定かつ継続した収入のある方(主婦・パート・アルバイトを含む)
    会社経営者(ご家族含む)、個人事業主、年金生活者の方は対象外とさせていただきます。
  • 保証会社(㈱オリエントコーポレーション)の保証が得られる方 。
    (=審査に通る方)
  • 現在、当行に他のカードローンのご契約のない方。
  • ・お住まいまたはお勤め先の居住地が当行本支店の営業地域内にある方。

    ★利用限度額ごとの適用金利と年収要件
    適用金利 年収要件(必要年収)
    30万円、50万円 14.6% なし
    100万円 11.5%
    200万円 7.5% 400万円~
    300万円 600万円~
    400万円 5.5% 800万円~
    500万円 1000万円~
    600万円
    ~1000万円
    3.9%

    基本情報を一見したところではごく普通の地銀ローンなのですが……。
    こちらの「リリーフ」、銀行ローンには珍しく「限度額ごとの年収要件」が明記してありますね。

    多くの銀行が年収に対する適用限度額の基準を公開していない中、千葉興業銀行が明確に、しかも「年収の2分の1(年収400万円~1000万円の場合)」という大枠の貸付対応を公言していることは見逃せません。
    もちろん100%希望の金額を借りられるわけではありませんが、「限度額は審査による」とだけ公表している他のほとんどの銀行に比べれば、いくらか大きな限度額を狙いやすいことでしょう。

    また限度額に対する金利引き下げ幅もなかなか優秀で、特に限度額100万円~600万円くらいの範囲であれば他の地銀・都市銀行に比べてもおトクです。

    ★限度額ごとの貸付金利比較
    限度額50万円 限度額100万円 限度額200万円
    千葉興銀リリーフ 14.6% 11.5% 7.5%
    千葉銀行「クイックパワー<アドバンス>」 14.8% 上限12% 上限12%
    みずほ銀行カードローン ※年 14.0% ※年 12.0% ※年 9.0%
    三井住友銀行カードローン 上限14.5% 上限14.5% 上限12%
    三菱UFJ銀行「バンクイック」 上限14.6% 上限14.6% 上限13.6%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

    というわけでこの「リリーフ」、安定収入(できれば400万円~)のある、そこそこ審査に自信のある方ほどその特色を生かしやすいと言って良いでしょう。

    ……一方、限度額30万円・50万円で契約する場合、他社ローンに比べ特別に優れた点はありません
    とは言え特段損をするわけでもないため、普段から「千葉興業銀行」口座を利用されているのなら、低い限度額で申し込みを進めても差し支えないでしょう。
    ちなみに申込者がパート・アルバイト・専業主婦のいずれかである場合、適用限度額は「30万円」固定となります。

    ②もう一つのちば興銀カードローン「あんしんアップ」との比較

    「千葉興業銀行」へ申し込みを行う上で気になるのが、同行のもう一つのカードローン「あんしんアップ」の存在。こちらはカードローンには珍しい、「がん保障付き生命保険」に加入できることがウリとなっています。
    (簡単に言うと契約者が死亡するか癌にかかった場合、借入が帳消しになる保険)
    こちらのカードローンと「リリーフ」を、簡単に比較してみました。

    ★2つの千葉興業銀行カードローンの比較
    千葉興業銀行「リリーフ」 千葉興業銀行「あんしんアップ」
    金利 限度額50万円以下 14.6% 上限14.8%
    限度額100万円 11.5%
    限度額200万円 7.5% 上限12.5%
    限度額300万円 上限11.8%
    限度額500万円 5.5% 上限8.5%
    限度額 30万円~1000万円 10万円~500万円
    申し込み~借入可能になるまでの日数 2週間~ 2週間~
    契約方法 来店または郵送 インターネット
    毎月の返済方法 千葉興業銀行口座から自動引き落とし 千葉興業銀行口座から自動引き落とし、またはATM入金
    (口座開設不要)
    毎月の返済額 10,000円~
    (借入額50万円以下)
    2,000円~
    (借入額10万円以下)
    団体信用生命保険への加入 不可 可(任意)

    最低限度額、毎月の返済負担の違いを見るに、審査難易度は「あんしんアップ」の方が低いと思われます。審査に自信がないのなら、そちらを選ぶのが無難でしょう。
    一方、金利に関してはどの限度額においても「リリーフ」が優れていますね。

    というわけで基本的に、審査にある程度の自信があり、ローンに付帯する生命保険への加入を特に希望しないのなら、申込先には「リリーフ」を選んで差し支えないかと思います。

    「あんしんアップ」や付帯する保険制度について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKちば興銀あんしんアップ徹底解説!保障付ローンの長所・短所~審査難易度、返済まで

    千葉興業銀行に聞いた!「リリーフ」契約の流れと必要日数

    千葉興業銀行に聞いた!「リリーフ」契約の流れと必要日数

    ここからはカードローン「リリーフ」へ、実際に申し込みを行う流れを見ていきましょう。
    公式HPに情報の無かった「借入可能になるまでの日数」について問い合わせたところ、以下の回答を頂くことができました。

    【管理人】山本
    借入ができるようになるまでにはどれくらいの時間が掛かりますか?

    オペレーターの回答
    審査の回答が出ますのが月末か来月はじめ(電話を掛けた日から3~4営業日後)になります。
    そこから郵送かご来店で契約いただくのですが、またそこからカードをお届けするまでに10日くらい掛かります。
    どれくらい(の日数)…ということになりますと、いつご来店ができるのかといったあたりでも変わってきますね。

    審査結果が出るまでに3~4営業日、すぐに来店契約を行ったとしてもカード到着までに+10日必要となれば、申し込みから借入までには2週間以上掛かると思った方が良さそうです。

    ①おおまかな契約の流れ

    千葉興業銀行「リリーフ」おおまかな契約の流れは以下の通り。

    千葉興業銀行「リリーフ」
    契約の流れ

    インターネットから申し込み

    仮審査
    (3~4営業日)
    ※携帯電話等への申込確認の可能性あり

    電話で仮審査結果連絡
    契約方法(来店または郵送)を伝える

    来店または郵送にて必要書類の提出、契約手続き

    ローンカードの到着
    (ここまで2~3週間程度)

    契約の流れ自体は一般的ですが、いかんせん時間が掛かりやすいですね。
    「2~3週間程度」というのはあくまで審査結果到着後、すぐに「来店」契約を行った場合の所要日数ですので、郵送契約を行う際にはさらに余裕を持って申し込む必要があります。

    借入をお急ぎなら、もう少し短い時間で融資を受けられるカードローンをお選びください。
    銀行系ならおそらく三井住友銀行(最短翌営業日)が最速です。千葉興銀口座を使い返済できるところだと楽天銀行(1週間前後)が有力でしょうか。
    その他もしも即日(申し込み当日)の借り入れを希望されるのなら、消費者金融系カードローンを選ぶ必要がありますね。

    CHECK金利、借入限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧

    ②契約に必要な書類は審査結果連絡時に通達

    千葉興業銀行「リリーフ」の契約に必要な書類は公開されていません。電話での審査結果連絡時、口頭で伝えられるのでしょう。
    というわけでここでは一応、同行「あんしんアップ」の必要書類を参考に掲載させて頂きます。

    ★参考:千葉興業銀行「あんしんアップ」の契約に必要な書類

    本人確認書類
    (全利用者必須)

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 上記以外の公的証明書(氏名・住所・生年月日・顔写真付きのもの)
  • 申込者が外国籍の場合 以下のいずれか一点

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 希望限度額が50万円を超える場合
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 確定申告書
  • 納税証明書(その1・その2)
  • 「あんしんアップ」とは異なり「リリーフ」はすでに千葉興業銀行に口座を持っている方が対象ですので、おそらく本人確認書類は「健康保険証+公共料金の領収書」あたりでも問題ないでしょう。

    ★その他、契約の際にはお届け印などが必要になると思われます。

    ③在籍確認は一切行っていないとのこと

    カードローンの契約を結ぶ上で、どうしても気になるのが在籍確認(勤務先への電話確認)ですが……。
    これについて千葉興業銀行へ問い合わせを行ったところ、以下の回答を頂くことができました。

    【管理人】山本
    審査中に勤務先に電話が掛かってくることはありますか?

    オペレーターの回答
    在籍の確認は行っておりません。連絡先にはご自宅の番号などお選びいただけます。

    というわけで、「リリーフ」を利用する上で在籍確認の心配は不要
    これは「あんしんアップ」の方にも共通する、千葉興業銀行カードローンの特徴となっています。

    契約後の借入は各「ATM」で

    契約後の借入は各「ATM」で

    窓口または郵送での契約手続きが済んだら、ようやく「リリーフ」を自由に使えるようになります。
    このカードローンの借入方法は「ATM出金」のみ。とは言え使えるATMは千葉興業銀行キャッシュカードと共通ですので、さほど困ることも無いでしょう。

    ★「あんしんアップ」の借入に使えるATM

  • 千葉興業銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-netATM(ファミリーマート等)
  • イオン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • その他の提携金融機関ATM
  • ★千葉興業銀行ATMの利用手数料
    平日 8:00~8:45 108円
    8:45~18:00 無料
    18:00~21:00 108円
    土曜日 8:00~8:45 108円
    8:45~14:00 無料
    14:00~21:00 108円
    日曜日、祝日 8:00~21:00 108円
    コスモスクラブ会員(第1ステージ以上)は曜日、時間にかかわらず無料
    ★コンビニATM(セブン銀行、ローソン、E-net)の利用手数料
    平日 0:00~8:00 216円
    8:00~18:00 108円
    18:00~24:00 216円
    土曜日 8:00~8:45 216円
    8:45~14:00 108円
    14:00~21:00 216円
    日曜日、祝日 8:00~21:00 216円
    コスモスクラブ会員(第1ステージ以上)への手数料優遇あり

    手数料の違いを見るに、あなたがコスモスクラブ会員でないのなら極力コンビニATMの利用は避けたいところです。

    その他のATMの利用手数料については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECK千葉興業銀行公式HP「提携ATM」

    「リリーフ」毎月の返済方法とその金額

    「リリーフ」毎月の返済方法とその金額

    他の多くの地銀カードローンと同じく、「リリーフ」における毎月の返済は「千葉興業銀行口座からの自動引き落とし」にて行われます。
    引き落とし日は毎月10日(土日祝日と重なった場合は翌平日)、かつ引き落とし額は以下のように「前月10日の借入残高」に応じ決定する方式ですね。

    ★千葉興業銀行カードローン「リリーフ」引き落とし額
    前月10日の借入残高 当月の引き落とし額
    50万円以下 10,000円
    50万円超~100万円 20,000円
    100万円超~200万円 30,000円
    200万円超~300万円 50,000円
    300万円超~400万円 70,000円
    400万円超~500万円 90,000円
    500万円超~1000万円 100,000円

    借入残高に対する引き落とし額はかなりザックリ設定されています。

    その他知っておきたいのは「リリーフ」の返済方式は「元利」、つまり返済額の中から勝手に利息(手数料)が徴収される方式であること。返済額の分だけ借入額が減るわけではありません

    ちなみに金利14.6%であれば月々の利息額は「借入額の1.217%前後」ですね。
    借入額が50万円なら月の利息は6,000円程度、引き落とし額1万円から半分以上が差し引かれる計算となるため、意外と返済が進みません。

    こんなときのために、「リリーフ」では以下のATMを使った追加返済(繰上返済)が可能となっています。
    早く返せばそれだけ利息も支払わずに済みますので、余裕のある月には積極的な入金を心がけたいところです。

    ★「リリーフ」の繰上返済対応ATM

  • 千葉興業銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-netATM(ファミリーマート等)
  • ゆうちょ銀行ATM
  • ※借入に利用できたATMのすべてが返済に対応しているわけではありません。お気を付けください。

    CHECKカードローンの金利、利息の仕組みと追加返済の重要性について

    まとめ

    まとめ

    千葉興業銀行「リリーフ」最大の特徴は、「年収の2分の1までの限度額が適用される可能性の明示」「限度額に応じた金利引き下げを受けやすい」の2点。
    これにより、安定収入(できれば400万円~)がある方ほど他社に比べ好条件で借りやすいと言える
    ★同銀行のもう一つのカードローン「あんしんアップ」に比べると、金利は優れているが審査難易度はやや高いかも。審査が不安、またはローンに生命保険を付けたいなら「あんしんアップ」の方も要チェック
    ★「あんしんアップ」ともども借入可能になるまでには時間が掛かりやすいが、在籍確認が一切行われないという嬉しいポイントも

    ある程度の年収があれば、他行よりも良い条件での契約に期待できる「リリーフ」。
    このカードローンの特色を生かすためには、可能な限り大きな限度額を狙っていきたいところです。

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。