地方銀行カードローンは都市銀行より低金利?特徴・口コミと審査難易度の見分け方

    地方銀行カードローンは都市銀行より低金利?特徴・口コミと審査難易度の見分け方

    「いつも口座を使っている地方銀行のカードローンが気になるけれど、インターネット上にもあまり情報がなくて申し込んでいいか不安…」

    申し込みエリアが制限されていることも多く、都市銀行などに比べ情報が少ない地方銀行のカードローン。
    実際のところ「地方銀行のカードローン」は数が多すぎて、一概にこういう特徴を持つとは断言しづらいのですが…。
    地域限定だからこそ、都市銀行よりも好条件で借りやすいローンが多いことは確かです。

    そこで今回は地方銀行・第二地方銀行合わせて100行が取り扱うカードローンの特徴や、申込前に押さえておきたい注意点、貴重な口コミ体験談等をまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが「いつもの銀行」へ申し込むべきかが分かります。

    このページでは地方銀行カードローン全般の特徴や、申込前に知っておきたい注意点等についてお話ししています。
    すでに申込み先候補としたい銀行が決まっているのであれば、以下のページをご覧ください。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他

    地方銀行のカードローンって?上手に使えば都市銀行よりずっと好条件に借りられるかも

    地方銀行のカードローンって?上手に使えば都市銀行よりずっと好条件に借りられるかも

    まずは都市銀行や消費者金融のカードローンと比べた、地方銀行カードローンの特性について簡単にお話しさせて頂きます。

    ①金利やサービスは銀行や商品によってバラバラで一概にこうとは言えない

    地方銀行のカードローン、と括ってしまうのは簡単ですが…。

    日本の地方銀行は2021年現在、第一地方銀行・第二地方銀行合わせて全100行。
    おそらくそのすべてがカードローンを提供していることを考えると、当然ながら性質にはバラつきがあります。

    これについては実際に、福岡県を本拠地とする2つの銀行のカードローン商品を見比べてみると分かりやすいでしょう。

    性質が異なる地銀カードローンの例
    福岡銀行カードローン
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要
    • 来店不要
    • ローン専用カード発行
    北九州銀行
    「ミニカードローン」
    • 上限金利10.5%
    • 口座開設必須
    • 来店手続き必須
    • ローンカードが発行されず、北九州銀行口座に「マイナスの残高」を作れる機能が付く

    ということで、実際のところ「地方銀行のカードローンの特性はこう」と言い切ってしまうことはできません。

    こう言っては身も蓋もないかもしれませんが…。
    あなたが普段使っている金融機関のローンがどういう性質を持つかは、各行の公式HPなどを見ないと分からないという形になります。

    ★ただし申込みから契約・借入まで「郵送物なし」で利用できる地方銀行カードローンは確認されていません
    「郵送物を避けられない」という一点については、地銀共通の特徴と言えるでしょう。
    (とは言え都市銀行やネット銀行にまで範囲を広げても、郵送物なしで借りられるカードローンはごく一部ですが)

    ②銀行によっては地域限定商品ならではの低金利で借りられる

    ということで、取り扱い銀行や商品によって性質が大きく変わる地方銀行のカードローンですが…。
    運が良ければ、あなたが普段使っている銀行が、驚くほど低金利なカードローンを取り扱っている…かもしれません。

    銀行カードローンにおける標準的な上限金利は14.5%程度。実際、多くの地方銀行(+都市銀行、ネット銀行)もこのくらいの金利でサービスを提供していますが…。

    エリア限定で提供される地銀は全国から申し込める都市銀行やネット銀行に比べ、挑戦的な商品を打ちだしやすい模様。

    もしもあなたが普段使っている銀行が好条件なローンを提供していたなら、積極的に活用していきたいところです。

    …とは言え目に見えて好条件なローンには年収制限などが設けられている(=審査難易度が高い)ことも多いため、あらかじめご確認ください。

    超低金利な地銀カードローンの例
    池田泉州銀行「MaxⅤ」
    • 上限金利5.95%
    • 以下の申込み条件あり
      • 年収400万円以上
      • 勤続2年以上
      • 池田泉州銀行を2年以上利用
      • 池田泉州銀行で給与受取

      等、指定のサービスのいずれか1つを利用している

    千葉銀行「プレミアクラス」
    • 上限金利5.5%
    • 以下の申込み条件あり
      • 年収600万円以上
      • 勤続3年以上
      • 千葉銀行で住宅ローンまたは給与受取を利用している 他
    西日本シティ銀行「V CLASS」
    • 上限金利7.1%
    • 年収400万円以上または住宅ローンを利用していること
      ┗西日本シティ銀行のものでなくてもよい

    ★ここでは上限金利8%を下回る超低金利ローンのみを掲載しましたが、金利10%~13%くらいであれば、(エリア制限を除き)特に厳しい条件なく利用できることも多いです。

    ★低金利なローンは地域密着型の、小規模な金融機関ほどよく見られます。
    そのため実際には地方銀行よりも、信用金庫等の方がこの傾向は強いかもしれません。気になるのであれば、お近くの信金の情報等をチェックしてみるのも良いでしょう。

    ③「普段その銀行口座を使っている」ことを理由に金利優遇を受けられることも

    地方銀行カードローン利用者がその申込み先を選んだ理由は、十中八九「その金融機関を普段から使っているから」だろうと思います。

    そしてこの「普段の銀行から借りる」ことで、思わぬメリットを受けられる…かもしれないのも地銀カードローンの特徴の一つですね。

    と言うのも、「普段、どのくらいその地銀を活用しているか」に応じた金利優遇を実施している地方銀行はしばしば見られます。

    参考:七十七銀行カードローン金利優遇条件
    標準金利11%(この時点で低め)から、以下の条件に応じた優遇
    消費者ローン・住宅金融支援機構-0.7%
    給与振込・年金受取-0.7%
    総合口座(定期預金10万円以上)-0.5%
    積立預金・財形預-0.5%
    77カード利用
    (クレジットカード)
    -0.4%
    5大公共料金・学費自動振替(2項目以上)-0.3%
    すべてに該当-3.1%
    また上とは別個に、同行住宅ローンユーザーの適用金利は年4.8%(通常-6.2%)

    またこれほど分かりやすい条件が整っていなくても、「その銀行の利用実績がある」ことで、金利・審査優遇を狙える例は珍しくありません。
    (同じステータスの方に比べ低金利で借りやすい、高限度額を獲得しやすいなど)

    もちろん「いつもの銀行」を使ったからといって100%好待遇を受けられるとは限りませんが…。

    一見して特別好条件なローンでなくても、「お得意様」であることを理由に優遇を受けられる可能性があるのは嬉しいところです。

    ★ちなみに「一応審査を受けてみて、金利や限度額に満足がいけばそのまま契約、そうでなければ別の好条件ローンへ申し込み直す」といった対応も可能です。

    注意!銀行によっては「来店必須」「契約に時間が掛かる」というデメリットを持つことも

    注意!銀行によっては「来店必須」「契約に時間が掛かる」というデメリットを持つことも

    さて、運が良ければ、あるいは「お得意様」であることを理由に金利優遇等を受けられれば、都市銀行等に比べても好条件で借りやすい地方銀行のカードローンなのですが…。

    その一方で、

    • ローンによっては契約の際に来店が必要
    • ローンによっては申込み~借入までに3週間以上の日数が掛かる

    といったデメリットを持つこともさほど珍しくはありません。

    もちろん来店不要で、申込み~借入まで1週間程度で済む地銀カードローンも存在するため、一概には言えないところではあるのですが…。

    • 銀行営業時間(平日9時~15時)に来店手続きが難しい
    • 2週間以内に借りたい

    といった場合には、必ず申込み先のローンについての情報を確認しておきたいところです。

    特に地銀の場合、好条件なカードローンほど来店手続きを求められやすい傾向にありますのでご注意ください。

    ★ちなみに来店不要なローンであれば、公式HPにそう書いてあることが多いです。
    「来店不要」「WEB完結」などの文字が見られない場合には、来店が必要かもしれないと思った方が良いでしょう。
    (その他インターネット契約は不可だが郵送契約ならOK、というパターンもあります)

    ★土日窓口を設置している銀行であれば、銀行営業時間中でなくても来店手続きが可能な場合があります。
    このあたりの詳細については直接銀行にお問い合わせください。

    ★各カードローン商品の詳細については以下のページをご確認ください。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他

    審査難易度はピンキリ、ただし「申込み条件」を見ればある程度推測できる

    審査難易度はピンキリ、ただし「申込み条件」を見ればある程度推測できる

    貸付条件も契約手続きの方法もバラバラな地方銀行カードローン。
    当然ながら審査難易度もピンキリで、パート・アルバイトでも問題なく利用できるものから、非常に高難易度な商品まで幅広く見受けられます。

    が、おおまかな審査難易度を推測することは、意外と難しくありません。

    最も大きなポイントとなるのは各カードローンの「申込み条件」。
    これがゆるいカードローンは「足切り」対象がハッキリしていないということで、低めの年収でも十分に審査通過を狙えます

    一方、収入や勤続年数等について制限のあるカードローンは、それ未満の条件の方は審査通過可能性がないということで、その分高難易度だと判断できるわけですね。

    地銀カードローンの申込み条件の比較
    申込み条件ゆるめ
    常陽銀行「キャッシュピット」HPより)
    • ご契約時年齢が20歳以上75歳未満の方
    • 安定継続した収入のある方(パート・アルバイトの方もご利用いただけます。)
    • 保証会社アコム株式会社の保証を受けられる方(≒審査に通る方)
    • 茨城県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都に居住または勤務されている方
    申込み条件が厳しい
    西日本シティ銀行「V CLASS」HPより)
    以下の条件を全て満たされる方

    • お申込時の年齢が満20歳以上満64歳以下の方
    • 以下のいずれかに該当される方
      • 前年度税込年収400万円以上の給与所得者または会社代表者の方
      • 当行または他社様で住宅ローンをご契約
        の方(または新たにご契約いただける方)。
    • お取引店のお近くにお住まい、またはお勤めの方
    • 保証会社の保証が受けられる方

    この他、公式HP上に

    • パート、アルバイトといった方への案内
    • 毎月の返済額が軽いことのアピール

    が見られるようなカードローンは、審査や返済能力に自信がない方を申込対象としているため、審査難易度が低いと推測されます。コストを掛けて審査を行う銀行側に、「どうせ審査に落ちてしまう人」を申し込ませるメリットはありませんからね。

    ということで収入等に自信がないのであれば、

    • 申込み条件がゆるい(収入や勤続年数に関する制限がない)
    • 審査や返済能力に自信がない方へのPRが見られる

    カードローンを優先的に選びたいところです。

    参考:一般的な銀行カードローンの審査通過目安

    以下のいずれかを満たしていること

    1. 正規雇用者である
    2. 非正規であっても、年200万円程度の収入を得ている
      ┗銀行によってはより低い年収でも可
    3. 配偶者の扶養に入っている
      ┗銀行によっては親の扶養でも可
      ┗銀行によっては専業主婦の申込みが不可となっているため注意

    ※年収制限、勤続年数制限等のないローンの場合に限る
    ※ブラック状態、多重債務者などを除く

    CHECK【年収100万円~】銀行カードローン申込者50名に聞いた!審査の甘い銀行と体験談

    一般的な地方銀行カードローンにおける審査・契約の流れ~返済について

    一般的な地方銀行カードローンにおける審査・契約の流れ~返済について

    ここからは地銀カードローンへの申込前に知っておきたい、契約の流れや借入・返済方法について、簡単に解説していきます。

    ①一般的なカードローン契約の流れ

    申込み先によってもちろんバラつきはあるものの、一般的な地方銀行カードローンにおける審査・契約の流れをまとめると以下のようになります。

    一般的な地銀カードローン 契約の流れ

    インターネットや店舗から申し込み
    審査
    ※携帯電話等へ連絡が入る可能性あり
    在籍確認の可能性あり
    インターネットまたは来店・郵送で
    必要書類提出、契約手続き等
    ローンカードや契約関連書類の送付
    (ここまで2週間程度が多い)

    基本的に、何かやるべきこと(書類の準備など)があればその都度メールや電話で連絡が入りますので、それに従って対応すれば特に困ることも無いでしょう。

    ちなみに必要書類は多くの場合、運転免許証などの「本人確認書類」(+場合によっては収入証明書類)程度となります。
    インターネット契約対応のカードローンなら、「本人確認書類をスマートフォンなどで撮影+アップロード」といった形で提出できることでしょう。

    ★来店契約が必須となるカードローンであれば、お届け印や通帳などが必要となることも多いです。

    CHECK体験談から見る!銀行カードローンの審査通過条件と申込み~返済の流れ

    ②勤務先へ電話確認が入る可能性も

    多くのカードローンでは審査の過程で在籍確認(勤務先確認)が実施されます。目的はなりすましや、無職の人の虚偽申告の防止ですね。

    そして地方銀行の場合、在籍確認の方法は十中八九「電話」。つまりあなたの勤務先に、銀行または保証会社が直接電話を掛けてくる形となります。

    地方銀行の場合、在籍確認電話の名乗り方には「担当者の個人名」が使われるのが一般的。
    これは実際のところ、審査の一部~大部分を委託されている「保証会社」が在籍確認を行うケースが多いためですね。

    例:○○(担当者個人名)と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?

    とは言えこの在籍確認の過程で、電話を受けた第三者に用件が伝えられることはありません。
    また申込者本人が電話を受ける必要もありませんので、多くの場合この電話確認はごく簡単に、滞りなく完了することでしょう。

    ★多くの地方銀行は「審査上、必要と判断された場合」にのみ在籍確認を行います。
    普段からその銀行の住宅ローンを利用している場合などには、在籍確認が不要となることも少なくないでしょう。

    ★横浜銀行など、ごく一部の地方銀行カードローンでは、事前相談等を行うことで勤務先確認電話の回避が可能です。
    (逆に言うと、ほとんどの銀行カードローンは電話の回避の相談に応じてくれません)

    ★どうしても勤務先に電話を掛けられるのは困る、という場合には以下のページを参考にしてみてください。

    CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法:家族や勤務先に内緒でカードローンを使うコツとは

    ③契約後の借入方法は「ATM出金」が基本

    一般的な地方銀行カードローンでは契約締結後、郵送(簡易書留が多い)でローンカードが届きます。
    これが到着したら審査の過程で獲得した「利用限度額」の範囲内で、自由な出金が可能となるわけですね。多くの場合で、使えるATMはその銀行のキャッシュカードと共通となります。

    また銀行によっては、インターネットバンキング等を使った借入に対応していることも。
    「ATM出金」以外の方法を事前に確認しておくことで、よりカードローンを活用しやすくなるかもしれませんね。

    ★申込先によっては新たにローンカードが発行されず、「お手持ちのキャッシュカードに借入機能が付く」形での契約となります。
    とは言えこの場合も、契約内容等を知らせる郵送物の送付は避けられません。

    ④毎月の返済方法は「自動引き落とし」が一般的

    一部例外がないわけではないものの、ほとんどの地方銀行カードローンにおける返済方法は「借入先銀行口座からの自動引き落とし」となります。

    引き落としの金額は銀行や商品によって異なりますが、ここでは一例として「横浜銀行」の例を挙げさせて頂きましょう。

    横浜銀行カードローンの返済額
    前月の引き落とし後の借入残高当月の引き落とし額
    10万円以下2,000円
    10万円超
    ~20万円
    4,000円
    20万円超
    ~30万円
    6,000円
    30万円超
    ~40万円
    8,000円
    40万円超
    ~50万円
    10,000円
    50万円超
    ~100万円
    15,000円
    100万円超
    ~150万円
    20,000円
    150万円超
    ~200万円
    25,000円

    借入額に対する毎月の引き落とし額は、このようにかなり低めに設定されているのが一般的。
    さらに返済が進み借入残高が減れば、引き落とし額も減少します。

    …とは言えこれは一概に良いこととは言えず、返済を引き落としに任せていると借入がやたら長引き、知らないうちに多額の利息を取られてしまうことにも繋がります。

    どの銀行もATM等を使った「追加返済」に対応しているはずですから、毎月の最低返済額(引き落とし額)にかかわらず、できる限り積極的に・短期間で返済できるよう努めていけると良いですね。

    横浜銀行から100万円を借りる場合の比較(金利14.6%)
    毎月自動引き落としのみで支払い
    (月1.5万円
    →月1万円
    →月8千円
    →月6千円
    →月4千円
    →月2千円)
    2,407,193円
    (302回/25年2ヶ月
    毎月5万円を支払い1,153,100円
    (24回/2年0ヶ月)
    差額1,254,093円

    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    ★ちなみに自動車ローンや住宅ローンと異なり、追加返済そのものに手数料は発生しません。
    (ただしATM利用手数料が発生する場合はあります)

    実際の地銀カードローンユーザーの口コミ評判・体験談

    実際の地銀カードローンユーザーの口コミ評判・体験談

    特定の地方銀行の「信憑性のある」口コミ・体験談を見つけることは容易ではない、というよりそもそもネット上に情報が存在しないことも多いのですが…。

    ここでは参考例として、これまで寄せられた一部地銀ユーザーの体験談を紹介させて頂きます。

    CHECK①栃木銀行カードローン
    CHECK②千葉銀行「クイックパワー<アドバンス>」
    CHECK③百五銀行カードローン(自営業者)
    CHECK④宮崎銀行カードローン「おまかせくん」

    ①栃木銀行カードローンの口コミ評判・体験談

    まずはごくスタンダードな特性を持つ「栃木銀行カードローン」における、こちらもスタンダードな属性の方の口コミ体験談を見てみましょう。

    カードローン利用明細票を撮影したもの

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    申込先栃木銀行カードローン
    属性
    • 年収400万円
    • 会社員(19年)
    契約内容
    • 金利14.5%
    • 限度額30万円
      (その後50万円に増額)
    感想など
    HP記載の通りの手順で滞りなく申し込み、審査が行われて契約することが出来ました。不安点は、「ローン専用カード」が郵送でしか受け取れない事、半年に一度利用明細が郵送されてくる事。家族などにバレたくない方にはマイナス点です。

    利息は銀行ならではの低金利で良いのですが。毎月の返済も、50万円までの借り入れなら1万円と楽です。

    先述の通り、地方銀行のカードローンは自宅への郵送物を避けることができません。この方のように何かしらの事情があって家族に借入を隠したい場合には、素直に郵送物なしで使えるローンを選んだ方が良いだろうと思います。

    一方、「栃木銀行」での契約のスムーズさには高評価を出されていますね。
    この銀行のようにインターネット契約に対応している商品を選択できれば、手間を掛けることなくローンカードの受け取りが可能です。

    ②千葉銀行「クイックパワー<アドバンス>」の口コミ評判・体験談

    続いては大手地方銀行「千葉銀行」の、一般向けカードローン「クイックパワー<アドバンス>」の口コミ評判です。

    ちばぎんマイアクセス インターネットバンキング 残高・取引明細照会のページ

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    申込先千葉銀行「クイックパワー<アドバンス>」
    属性
    • 年収350万円、会社員(13年)
    • 他社借入190万円
       ┗三菱UFJ銀行バンクイック50万円
    •  ┗アコム140万円

    契約内容
    • 金利14.8%
    • 限度額70万円
    感想など
    銀行系というだけで他の消費者金融に比べると気持ち的に安心感はありました。

    審査に要する時間も他社と比べても大幅な差がある感じでもありません。返済額も金利が低く借り入れ額に応じて一律の金額になっているので返済負担は少ないと思います。

    こちらは年収の半分以上の他社債務を抱えて審査に通過できた貴重な例でもありますね。
    一般的な銀行ではこの属性で、しかも新規限度額70万円という条件で審査に通過することは難しいですから、もしかすると「普段から千葉銀行を使っていること」がプラスに働いたのかもしれません。

    …というのはあくまで憶測ですが、この方のように審査上の不安要素がある場合にも、「いつもの地銀」は重要な選択肢となってくれることでしょう。

    ③百五銀行カードローンの口コミ評判・体験談

    続いては審査が不利に進みやすい、自営業者の方の地銀カードローン体験談。
    申込先は百五銀行のカードローンですね。

    百五マイカード

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    申込先百五銀行カードローン
    属性
    • 申告年収300万円
    • 自営業(2年)
    契約内容
    • 金利14%程度
      (おそらく14.7%)
    • 限度額50万円
    感想など
    自営してまだ2年半しか経っておらず、信用がないので審査が通るか不安だった 
    正直、申告したほど年収がなかったので不安でしかなかった。

    ホームページ上ではネットでらくらく申し込めて手間がかからないような説明だったのに、結局何回も電話でやり取りさせられ、在職確認もあった。 

    ただ借り入れも返済も好きなときにでき、毎月の定期的な返済も2000円と少しずつでいいので気が楽だ。

    備考
    この後三重銀行、第三銀行、中京銀行すべてで審査落ちとのこと

    「他社借入のある自営業者」はかなり審査が不利に進みやすいため、その後の審査落ちがはこれが原因でしょう。
    とは言え初回となる百五銀行では、問題なく50万円の契約を結べたとのことでした。
    とは言えその契約過程はあまりスムーズとは言えなかったようですね…。

    ④宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の口コミ評判・体験談

    続いては「宮崎銀行」カードローンの利用者体験談。

    書類「ご利用限度額 増額のご案内」を撮影したもの

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    申込先宮崎銀行カードローン「おまかせくん」
    属性
    • 年収210万円
    • 会社員(3年)
    • 同行フリーローンで20万円借入中
    契約内容
    • 金利14.5%
    • 限度額50万円
    感想など
    既に20万の借り入れがあったので審査がどこまで通るのか心配だった。しかし、フリーローンを契約した段階でカードローンの案内もされていたので契約は出来そうだと思っていた。
    審査も口座を持っていればネットからでも出来て、使い勝手もよく便利であった。

    もともと宮崎銀行のフリーローンを利用していたとのことで、この銀行との関わりはかなり強かったようですね。
    「年収210万円、既存債務あり」という状況で新たに50万円の契約に成功できたことには、この利用実績が大いに関わっていそうです。

    地域別の主な地方銀行カードローン一覧

    地域別の主な地方銀行カードローン一覧

    ここからは全国の地方銀行カードローンについて、地域別に、ごく簡単に紹介させて頂きます。

    ★特記が無い限り、

    • 来店不要
    • 口座開設必須、かつ毎月の返済方法はその銀行口座からの引き落とし

    となります。
    また、いずれも郵送物の回避には対応していません。

    ★五十音順の、より詳しいカードローン情報については以下のページをご覧ください。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他

    北海道・東北地方の地銀カードローン情報を見る
    北海道北海道銀行「ラピッド」
    • 上限14.95%
    北洋銀行「スーパーアルカ」
    • 上限14.7%
    • 口座開設不要
    • なぜか引き落とし返済未対応なので注意
    青森県青森銀行「Aキャッシング」
    • 上限14.5%
    みちのく銀行「トモカ」
    • 上限14.0%
      ┗ただし限度額30万円~金利引き下げ
    岩手県岩手銀行「エルパス」
    • 上限14.6%
    東北銀行「inos」
    • 上限14.0%
    北日本銀行「クイカ」
    • 上限14.8%
    • 初回30日間無利息
    • 口座開設不要
    • 引き落とし返済未対応
    北日本銀行「ASUMO」
    • 上限14.8%
    • 無利息特典は付かないが、引き落とし返済対応なので北日本銀行ユーザーにはこちらが使いやすいか
    宮城県七十七銀行「77カードローン」
    • 上限11.0%
    • 申込み条件厳しめ
    七十七銀行「77スマートネクスト」
    • 上限14.8%
    • 77カードローンより審査甘い
    仙台銀行カードローン
    • 上限14.5%
    秋田県秋田銀行「プライムカード」
    • 上限9.8%
    • 来店必須
    秋田銀行「あきぎんスマートネクスト」
    • 上限14.8%
    北都銀行「カードローン1000」
    • 上限13.5%
    • 来店必須
    北都銀行「スピードカードローンNeo」
    • 上限14.6%
    • 来店手続きを避けたいならこちら
    北都銀行「スーパーアシスト」
    • 上限14.6%
    • 来店必須で利点なし
    山形県荘内銀行「カードローン1000」
    • 上限13.5%
    • 来店必須
    荘内銀行「カードローンWeb」
    • 上限14.6%
      ┗ただし限度額30万円~金利引き下げ
    • 来店を避けたいならこちら
    荘内銀行「<ドリームコンシェル>カードローンプラン」「べんリッチプラス」
    • 上限14.6%
    • 来店必須で上の2商品に比べて利点なし
    山形銀行カードローン
    • 上限14.6%
    きらやか銀行「Webカードローン」
    • 上限11.0%
    • 要年収90万円
    福島県東邦銀行「TOHOスマートカードローン」
    • 上限14.6%
    東邦銀行「あんしんプラス」
    • 上限4.5%
    • 同行住宅ローン利用者限定
    • 来店必須
    福島銀行「ニューイーベ」
    • 上限13.8%
    • 他にも商品はあるがニューイーベとの差別化点に欠けるので割愛
    大東銀行カードローン「Web契約型」
    • 上限14.5%
    • 引き落とし返済不可
    • 30日間無利息
    大東銀行カードローン「来店契約型」
    • 上限14.0%
    • 引き落とし返済可能だが来店必須
    関東地方の地銀カードローン情報を見る
    茨城県常陽銀行「キャッシュピット」
    • 上限14.8%
    • 口座不要
    筑波銀行カードローン
    • 上限14.6%
    栃木県足利銀行「モシカ」
    • 上限14.8%
    栃木銀行カードローン
    • 上限14.5%
    • もう一つ「マックス」という商品があるがそちらを選ぶ意味はない
    群馬県群馬銀行「すまいるパートナー」
    • 上限9.975%
    群馬銀行「ナイスサポートカード」
    • 上限14.5%
    • 上のローンより低難易度か
    東和銀行「とんとん」
    • 上限14.6%
    東和銀行「スピード王MAX」
    • 上限14.6%
    • 30日間無利息
    • 金利優遇幅が狭いので審査に自信があるなら「とんとん」優先か
    埼玉県埼玉りそな銀行
    • 上限13.5%
    武蔵野銀行「スマートネクスト」
    • 上限14.8%
    武蔵野銀行「シグナス」
    • 上限10.0%
    • 要年収300万円~、その他条件あり
    • 来店必須
    千葉県千葉銀行クイイックパワー<アドバンス>
    • 上限14.8%
    千葉銀行「マイワレット」
    • 上限14.8%
    • クイックパワー<アドバンス」に無い引き落とし失敗の防止機能付き
      ┗ただし若干高難易度かも
    千葉銀行「プレミアクラス」
    • 上限5.5%
    • 要年収600万円~、その他申込み条件が非常に厳しい
    千葉興業銀行「あんしんアップ」
    • 上限14.8%
    • カードローンには珍しく団信加入可
    • 口座不要
    千葉興業銀行「リリーフ」
    • 上限14.6%
    • 個人事業主不可
    京葉銀行「そっけつくん」
    • 上限14.0%
    京葉銀行カードローン
    • 上限13.0%
    • 来店必須
    京葉銀行カードローン「カードローンⅡ型」
    • 上限4.5%
    • 同行住宅ローンユーザー限定
    東京都きらぼし銀行カードローン
    • 上限12.5%
    東京スター銀行カードローン
    • 上限14.6%
    東日本銀行「ゆあポケットⅡ」
    • 上限14.5%
    • 来店必須
    東日本銀行「ホームカードⅡ」
    • 上限6.975%
    • 住宅所有者専用(同行住宅ローンユーザーでなくてもよい)
    • 勤続1年~必須
    • 来店必須
    東日本銀行「BIZポケット」
    • 上限13.5%
    • 個人事業主、法人代表者向け
    • 要営業2年
    • 来店必須
    神奈川県横浜銀行カードローン
    • 上限14.6%
    神奈川銀行「マイサポート」
    • 上限11.3%
    • 要年収180万円
    • 来店必須
    神奈川銀行「住宅サポートカードローン」
    • 上限6.0%
    • 同行住宅ローンユーザー専用
    中部地方の地銀カードローン情報を見る
    新潟県第四北越銀行「バックアップ」
    • 上限14.8%
    • ASCAより利用できる借入方法が多い
    第四北越銀行「ASCA」
    • 上限14.8%
    • 口座不要
    大光銀行「LUXZO」
    • 上限14.0%
    大光銀行「たいこうカードローンEX」
    • 上限12.0%
    • 要年収180万円
    • 要勤続1年~
    • 来店必須
    富山県北陸銀行「スーパーNOW<EX>」
    • 上限14.6%
    北陸銀行「スーパーNOW<ゴールド>」
    • 上限11.8%
    • 北陸銀行で給与または年金を受け取っている方限定
    北陸銀行「クイックマン」
    • 上限14.95%
    • 口座不要
    • 自動引き落としによる返済不可
    富山銀行「スピード王MAX」
    • 上限14.6%
    富山銀行カードローン
    • 上限11.0%
    • 要勤続2年
    • 来店必須
    富山銀行「とやまポケットローン」
    • 上限14.5%
    • 来店必須、あえて選ぶ意味なし
    富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」
    • 上限13.8%
    富山第一銀行「ファーストカード」
    • 上限9.5%
    • 申込み、契約で2度来店が必要
    • 要年収120万円
    • 要勤続1年~
    富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」
    • 上限5.5%
    • 住宅所有者限定
      ┗本人名義でなくてもよい
    • 来店必須
    石川県北國銀行カードローン「DAY SMART」
    • 上限9.5%
    福井県福井銀行カードローン
    • 上限14.6%
    • 口座不要
    福井銀行「カードローンプレミアム」
    • 上限8.0%
    • 同行住宅ローン利用者専用
    福邦銀行カードローン
    • 上限14.6%
    • 口座不要
    山梨県山梨中央銀行「waku waku Smart」
    • 上限14.5%
    山梨中央銀行「waku waku エブリ」
    • 上限13.5%
    • 来店必須
    長野県八十二銀行「はちにのかん太くんカード」
    • 上限14.5%
    • 口座不要
    • 引き落とし返済不可
    八十二銀行「ニューマイティー」
    • 上限13.575%
    • 来店必須
    長野銀行「リベロ」
    • 上限14.5%
    岐阜県大垣共立銀行「ザ・マキシマム」
    • 上限12.0%
    十六銀行「Q-LOAN」
    • 上限14.6%
    静岡県静岡銀行「セレカ」
    • 上限14.5%
    • 45日分利息キャッシュバック
    スルガ銀行カードローン
    • 上限14.9%
    • 口座不要
    • カードローンには珍しく団信に加入可
    清水銀行「しみずピアカードローン」
    • 上限9.8%
    • 要運転免許証
    清水銀行「トクトクカードローン」
    • 上限6.775%
    • 要運転免許証
    • 清水銀行で給与振込または住宅ローンを利用している方専用
    • 来店必須
    清水銀行「ナイスカードローン」
    • 上限11.0%
    • 要運転免許証
    • 来店必須
    • この他にも商品があるが、選択肢には入らない
    静岡中央銀行「CSカードローン」
    • 上限14.6%
    • もう一つ類似商品があるが、原則選択肢に入らない
    愛知県愛知銀行「リブレ」
    • 上限13.5%
    愛知銀行「ユー」
    • 上限10.5%
    • 来店必須
    • 申込に諸条件あり
    • 「愛」という商品もあるが、この商品のほぼ下位互換
    名古屋銀行「新ミニマム」
    • 上限10.5%
    • 来店必須
    • 申込に諸条件あり
    中京銀行「C-style」
    • 上限14.5%
    中京銀行「ハイステージ」
    • 上限7.5%
    • 来店必須
    • 要年収300万円
    近畿地方の地銀カードローン情報を見る
    三重県三十三銀行カードローン
    • 上限14.5%
    百五銀行カードローン
    • 上限14.7%
    百五銀行「マイカードエクセレント」
    • 上限7.475%
      (給与振込利用者)
    • 上限4.725%
      (住宅ローン利用者)
    • 申込に諸条件あり
    滋賀県滋賀銀行「サットキャッシュ」
    • 上限14.9%
    京都府京都銀行カードローン
    • 上限14.5%
    大阪府関西みらい銀行カードローン
    • 上限12.475%
    池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」
    • 上限14.5%
    池田泉州銀行「パッとサッと」
    • 上限14.0%ード一体型」
    • 来店必須
    池田泉州銀行「Max V」
    • 上限5.95%
    • 申込に諸条件あり
    兵庫県但馬銀行カードローン
    • 上限14.5%
    みなと銀行カードローン
    • 上限14.0%
    奈良県南都銀行「キャッシュクイック」
    • 上限14.95%
    • 口座不要
    南都銀行「E-PACK」
    • 上限14.0%
    • アルバイト不可、キャッシュクイックより若干高難易度か
    • 引き落とし失敗防止機能
    和歌山県紀陽銀行「カードローンプラス」
    • 上限14.9%
    中国地方の地銀カードローン情報を見る
    鳥取県鳥取銀行カードローン
    • 上限14.5%
    島根県山陰合同銀行カードローン
    • 上限14.5%
    島根銀行「ウェブ de Canカードローン」
    • 上限14.5%
    島根銀行「しまぎんカードローン」
    • 上限14.5%
    • 来店必須
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    島根銀行「スーパーパックカードローン」
    • 上限8.2%
    • 申込に諸条件あり
    • 他にも商品はあるが選択肢に入らない
    岡山県中国銀行「コ・レ・カ」
    • 上限14.5%
    中国銀行「カードローンミニ」
    • 上限10.0%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    トマト銀行「Q-Li」
    • 上限14.5%
    トマト銀行「MAX」
    • 上限12.5%
    • 来店必須
    • 申込に諸条件あり
    トマト銀行「トマト・サンクスカードローン」
    • 上限7.8%
    • 来店必須
    • 給与受取または住宅ローン契約者のみ利用可
    • 他にも商品はあるが選択肢に入らない
    広島県広島銀行「マイライフプラス(カード型)」
    • 上限13.475%
    広島銀行「総合口座プラス30」
    • 上限9.625%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    • 要年収120万円
    • その他公務員専用カードローン等あり
    もみじ銀行「マイカードもみじ君」
    • 上限14.5%
    もみじ銀行「ミニカードローン」
    • 上限10.5%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    • 来店必須
    もみじ銀行「マイカードプレミアム」
    • 上限11.25%
    • 申込に諸条件あり
    • 来店必須
    山口県山口銀行「マイカードやまぐち君」
    • 上限14.5%
    山口銀行「ミニカードローン」
    • 上限10.5%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    • 来店必須
    山口銀行「マイカードプレミアム」
    • 上限11.25%
    • 申込に諸条件あり
    • 来店必須
    西京銀行「チョットポケット」
    • 上限14.78%
    • 来店必須
    西京銀行「住パックカードローン」
    • 上限6.75%
    • 同行住宅ローンユーザー限定
    • 来店必須
    四国地方の地銀カードローン情報を見る
    徳島県阿波銀行「スマートネクスト」
    • 上限14.8%
    阿波銀行「パワーアップカードローン」
    • 上限14.4%
    • 来店必須
    • スマートネクストに無い自動融資機能あり&キャッシュカードに借入機能が付く
    徳島大正銀行「SaSaっとカードローンα」
    • 上限8.5%
    • 同行で給与受取中または住宅ローン契約者専用
    徳島大正銀行「SaSaっとカードローン」
    • 上限11.5%
    徳島大正銀行「カードローンパートナー」
    • 上限12.0%
      (随時返済型)
    • 来店必須
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる「随時返済型」の選択推奨
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    香川県百十四銀行「114スマートネクスト」
    • 上限14.5%
    百十四銀行「114ニューカードローン」
    • 上限12.0%
    • 来店必須
    百十四銀行「住宅ローンプラス」
    • 上限7.9%
    • 同行住宅ローンユーザー限定
    • 来店必須
    香川銀行「PaPaっとカード」
    • 上限14.6%
    愛媛県伊予銀行「新スピードカードローン」
    • 上限14.5%
    • 口座不要
    • 「SAFETY」という商品もあるが保証会社以外ほぼ同じ
    愛媛銀行カードローン「ひめぎんアプリカードローン」
    • 上限13.8%
    • 来店不要
    • アプリを使った借入、返済や残高確認に対応
    愛媛銀行カードローン「ひめぎんクイックカードローン」
    • 上限14.6%
    • 来店不要
    • 口座開設不要
    • 30日間無利息
    • 他にも商品はあるが選択肢に入らない
    高知県四国銀行「フリーカードローン」
    • 上限13.3%
    • 「4’s」という商品もあるが原則選択肢に入らない
    高知銀行「こうぎんカードローンモア・プラス」
    • 上限13.0%
    高知銀行「こうぎん随時返済型カードローン」
    • 上限12.5%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    • 来店必須
    九州・沖縄地方の地銀カードローン情報を見る
    福岡県福岡銀行カードローン
    • 上限14.5%
    • 口座不要
    • 「FFGカードローン」という商品もあるが原則選択肢に入らない
    西日本シティ銀行「NCBアプリ カードローン」
    • 上限11.0%
    西日本シティ銀行「キレイのトビラ」
    • 上限12.95%
    • 女性専用だがアルバイト、専業不可
    • 多様な店舗やサービスで優遇特典あり
    西日本シティ銀行「V CLASS」
    • 上限7.1%
    • 申込みに諸条件あり
    福岡中央銀行「The Prime」
    • 上限14.5%
    • 来店必須
    • もう1つ商品はあるが性質に大差なし
    筑邦銀行カードローン
    • 上限13.95%
    筑邦銀行「ミニカードローン」
    • 上限13.0%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    • 来店必須
    筑邦銀行「住まいるカードローン」
    • 上限9.5%
    • 住宅ローン利用者限定カードローン
      ┗借入先は筑邦銀行でなくてもよい
    • 来店必須
    北九州銀行「マイカードきたきゅう君」
    • 上限14.5%
    北九州銀行「ミニカードローン」
    • 上限10.5%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    • 来店必須
    北九州銀行「マイカードプレミアム」
    • 上限11.25%
    • 申込に諸条件あり
    • 来店必須
    佐賀県佐賀銀行カードローン
    • 上限14.6%
    佐賀銀行「カードローンNeoca」
    • 上限7.0%
    • 申込みに諸条件あり
    佐賀銀行「おきがるポケットカードローン」
    • 上限14.6%
    • 引き落とし失敗への自動補填機能
    • 来店必須
    佐賀共栄銀行「パワフル」
    • 上限14.5%
    • 来店必須
    • 類似商品は多いが「プレミアム」を選べないならこれでよい
    佐賀共栄銀行「きょうぎんカードローンプレミアム」
    • 上限6.0%
    • 申込みに諸条件あり
    • 来店必須
    長崎県十八親和銀行カードローン
    • 上限14.6%
    長崎銀行「プレミアA」
    • 上限14.95%
    長崎銀行「V-CLASS」
    • 上限11.1%
    • 申込みに諸条件あり
    • 来店必須
    • 「マイ・ファースト」という商品もあるが選択肢に入らない
    熊本県肥後銀行「WEBカードローン」
    • 上限14.0%
    肥後銀行「Back Up」
    • 上限14.0%
    • 来店必須
    肥後銀行「Best Assist」
    • 上限7.15%
    • 要年収400万円
    • 来店必須
    熊本銀行カードローン
    • 上限14.5%
    • 口座不要
    • 「FFGカードローン」という商品もあるが原則選択肢に入らない
    大分県大分銀行「ハッピーカードローン」
    • 上限14.5%
    • 口座不要
    大分銀行「随時返済型カードローン」
    • 上限13.4%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    • 来店必須
    豊和銀行「Smartカードローン」
    • 上限14.0%
    • 来店必須
    豊和銀行「ほうわレディースカードローン」
    • 上限9.8%
    • 女性限定
    • 来店必須
    豊和銀行「ほうわHigh Classカードローン」
    • 上限14.0%
    • 最低限度額510万円、超高難易度?
    • 来店必須
    宮崎県宮崎銀行「おまかせくん」
    • 上限14.5%
    宮崎銀行「SaKuLa」
    • 上限14.6%
    • 来店必須
    • 在籍確認なし
    宮崎太陽銀行「おたすけA」
    • 上限13.8%
    鹿児島県鹿児島銀行「かぎんカードローン」
    • 上限14.5%
    • 引き落とし型、鹿児島銀行ユーザーならこちら推奨
    鹿児島銀行「かぎんカードローンS」
    • 上限14.5%
    • 口座不要
    • 引き落とし返済不可
    南日本銀行「WAZZECA-S」
    • 上限14.5%
    南日本銀行「モチット」
    • 上限14.5%
    • 引き落とし失敗時の自動補填機能付き
    • ただし「WAZZECA-S」より低限度額(上限50万円)
    沖縄県琉球銀行「しあわせのカードローン」
    • 上限13.5%
    琉球銀行「カードローンプレミアム」
    • 上限3.9%
    • 琉球銀行住宅ローン利用者専用
    • その他公務員専用ローンあり
    沖縄銀行「プラスワン」
    • 上限8.5%
    • 預金口座にマイナス残高を作れるようになる
      (=給与振込などで残高が減るので、無駄な利息が発生しづらい)
    • 来店必須
    沖縄銀行「チェキット」
    • 上限14.6%
    沖縄銀行「カトレアカードローン・セレクト」
    • 上限3.9%
    • 沖縄銀行住宅ローンユーザー限定
    • 来店必須
    • その他選択肢に入らない商品、公務員専用商品あり
    沖縄海邦銀行「ハッピーカードローンSmart」
    • 上限13.5%
    • その他選択肢に入らない商品、公務員専用商品あり

    今回は一応上限金利のみを記載しましたが…。

    その銀行の利用状況等によって優遇を受けられることも多いため、「いつもの銀行」の商品が一見微妙であったとしても、公式HP情報などを確認しておくことをおすすめします。

    地銀への申込前に確認しておきたい、全国から使える低金利&口座不要カードローン

    地銀への申込前に確認しておきたい、全国から使える低金利&口座不要カードローン

    ここまでお話ししてきた通り、運が良ければ、あるいは金利優遇を受けられれば、好条件での契約を見込める地方銀行のカードローンですが…。

    もしもあなたが、

    • 審査に自信がある
    • 普段使っている地銀の貸付条件がイマイチ

    といった状況にあるのなら、「全国から申し込める優秀なカードローン」を選んだ方が良いかもしれません。

    高難易度・低金利な貸金業系カードローン
    住信SBIネット銀行「プレミアムコース」上限金利7.99%
    • 住信SBIネット銀行の口座開設必須、他行ユーザーにとっては使い勝手が悪い
    • 審査に応じ「プレミアム」「スタンダード」を振り分け
    • 「プレミアム」適用目安は年収400万~500万円から
    • すでに口座があれば郵送物なし
    クレディセゾン「マネーカードゴールド」上限金利8.47%
    • 最低年収400万円~
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」上限金利9.5%
    • 最低年収300万円~
    • 即日融資対応
    • 30日間無利息
    • 郵送物なしで契約可
    • 在籍確認なし
    JCB「FAITH」上限金利12.5%
    • 年収制限はないが、アルバイトや自営業者の申込不可
    イオン銀行カードローン上限金利13.8%
    • 口座開設不要、かつ好きな金融機関の口座で返済可
    • 写真付きの本人確認書類が必須
    • 専業主婦○
    銀行系カードローン
    貸金業者系カードローン(年収の3分の1を超える契約不可)

    全国から申し込める商品の中で最も上限金利が低いのは住信SBIネット銀行「プレミアムコース」ですが…。
    審査・使い勝手の方面でのデメリットを考慮すると、申し込みやすいのはアイフル「ファーストプレミアムカードローン」あたりでしょうか。

    低金利を重視するのであれば、「いつもの地銀に申し込んでみて、提示された金利を見てから他社へ申し込むかどうかを決める」といった方法を取るのも良いだろうと思います。

    何にせよ、「いつもの地銀」にピンとくる商品が無かった場合には、上のような申込先も併せてチェックしてみると良いでしょう。

    

    FAQ:家族に知られず(郵送物なしで)地銀から借りることはできますか?

    FAQ:家族に知られず(郵送物なしで)地銀から借りることはできますか?

    先にも触れた通り、郵送物なしで利用できる地方銀行カードローンは未確認です。

    契約時の郵送物を何とかごまかせたとしても定期的に利用明細を送ってくる銀行が多いこともあり、家族に借入を隠したいのであれば、その目的に合ったカードローン(消費者金融または都市銀行取り扱いのもの)を選んだ方が良いでしょう。

    CHECK「郵送物なし」の銀行カードローンは原則2つだけ:家族に知られず契約する流れ&条件
    CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法:家族や勤務先に内緒でカードローンを使うコツとは

    FAQ:カードローンとよく似た、フリーローンという商品があるようなのですが…。

    地銀において、カードローンと並行して取り扱われていることが多い「フリーローン」
    このタイプのローンは申込み条件や金利がカードローンと全く同じで、一見すると何が違うのか分からないものも珍しくありません。

    が、カードローンとフリーローンの違いはその「借入・返済システム」にあります。

    カードローンとフリーローンの違い
    カードローン
    • 審査の結果与えられた利用限度額の範囲内で、何度でも借りられる
    • 返済はリボ払い(定額分割払い)
      ┗金額については各公式HP等参照
    フリーローン
    • 一度借りたら返済のみを行う
    • 回数分割払い(12回払い等、任意に決定可)
    共通
    • 無担保、無保証人
    • 原則として用途は自由
    • お金の使い道の証明不要
      (一部例外除く)

    ということで、預金と似た感覚で何度でも借りたいなら「カードローン」を、
    決まった目的のために一度だけお金を借りたいなら「フリーローン」を選ぶのが無難でしょう。

    またカードローンの返済はリボ払い(定額分割払い)ですので、

    • お金の管理に自信がない
    • リボ払いに抵抗がある

    という場合にも、フリーローンの選択が優先されそうです。

    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    FAQ:同じ銀行に、似たようなカードローンがいくつもあるようなのですが…。

    地方銀行でたまに見受けられるのが、

    • 一切区別がつかないようなカードローンを複数取り扱っている
    • 同じ銀行なのに、Aカードローンよりも明らかに劣るBカードローンが存在する

    といった例。

    そしてこういう状況の銀行へ問い合わせてみると、大体返ってくるのが「保証会社が違います」という回答です。

    …が、保証会社がどこであるかはほとんどの利用者によって関係ありません

    そのため似たようなカードローンが存在する場合でも、公式HP等を見て、わずかでもメリットが多そうなもの(来店不要である、若干金利が低いなど)を選んでしまって良いでしょう。

    よくわからなければ、実際に銀行へ問い合わせを行い、おすすめを聞いてみるのも良いだろうと思います。

    参考:愛媛銀行カードローンの例
    愛媛銀行カードローン「ひめぎんアプリカードローン」
    • 上限金利13.8%
    • 来店不要
    • アプリを使った借入、返済や残高確認に対応
    愛媛銀行カードローン「ひめぎんクイックカードローン」
    • 上限金利14.6%
    • 来店不要
    • 口座開設不要
    • 30日間無利息
    愛媛銀行カードローン「ひめぎんカードローンサポート」
    • 上限金利14.6%
    • 上の2つの商品ではなく、あえてこのローンを選ぶ意味は一切見当たらない
    愛媛銀行カードローン「ひめぎんスマートカードローン」
    • 上限金利14.8%
    • 同上

    地方銀行カードローンについてのまとめ

    地方銀行カードローンについてのまとめ

    ポイント
    • 一口に地方銀行カードローンといっても、その性質は商品によってバラバラ
      申込を決める前には貸付条件、そして「来店必須かどうか」等を確認しておきたい
      ┗ただし郵送物なしの地銀は未確認
    • エリア限定ということもあり、都市銀行等にはない挑戦的な商品が取り扱われていたり、「普段からその銀行を使っている」ことで優遇を受けられたりすることは多い。
      運が良ければとても好条件で借りられるかも
    • 審査難易度は「申込み条件」等を見て大体は判別できる。「申し込みやすさ」へのアピールが見られるローンは狙い目
    • 低金利での借入を狙うなら、地銀と一緒に「全国から申し込める高難易度ローン」の存在もチェックしておきたい

    数が多すぎることから、一概にこうとは言えない地方銀行のカードローン。

    とは言え「普段の銀行で借りる」ことは、使い勝手の良さや安心感、そして金利・審査面で優遇を受けられる可能性があるという意味でメリットが多いです。
    まずはいつも使っている地方銀行のカードローン情報をチェックしてみて損はないでしょう。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他
    CHECK1分で分かる!あなたへのおすすめ銀行カードローン5選:審査が甘い・低金利・郵送物なし他
    CHECK体験談から見る!銀行カードローンの審査通過条件と申込み~返済の流れ
    CHECK【年収100万円~】銀行カードローン申込者50名に聞いた!審査の甘い銀行と体験談

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。