みんなはどうやってカードローンを選んだの?利用者千人への意識調査

2018年3月27日、NTTデータ経営研究所が発表した「カードローン借入にいたる消費者行動調査」
1,076人のカードローンユーザーを相手取ったこの調査は、以前の全国銀行協会による似たようなリサーチに比べ申し込み検討先の会社名が記載されるなど、より具体的な内容となっています。

今回は全文を閲覧しようとするとやや面倒なこの調査について、その概要と新しく分かった事実を抜粋しまとめてみました。

★調査概要(株式会社NTTデータ経営研究所、公式HPより引用)

1. 調査対象:NTTコム リサーチ 消費者クローズド調査
2. 調査方法:非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間:2017年12月5日~2017年12月11日
4. 有効回答者数:1,076人
5. 対象条件: 
 ○20代~50代の男性及び女性
 ○過去3年以内に初めて、または二件目以降のカードローンを契約

★具体的な「カードローンの利用者層」「カードローンの利用動機」については、「カードローンを使っているのはどんな人?全銀協の8万人調査をピックアップ!」のページをご覧ください。

みんなの「申し込み先の決め方」と、実際に検討されている人気カードローン

今回のNTTデータによる調査で、最も特徴的なのは「具体的な検討先・申し込み先の金融機関名」が明記されていること。
まずは全国銀行協会の調査には無いこの情報を中心に据えて、みんなの「借入先の選び方」を見ていきましょう。

①申込先を比較している人は半分以下、意外と金利は重視されない

はじめにご覧いただくのは、「申し込み先を決める際に他社と比較したか、そうでないか」を示すデータです。

NTTデータ公式HPより1
▲NTTデータ公式HPより

見ての通り、新しくカードローンを利用された方ほど申し込み先を比較しない傾向にある模様。
一方、追加借り入れ者・借り換え者と、借り入れを重ね知識を付ている方ほど「比べる」ことを意識しやすいようですね。
(単に、他社借り入れが多いと審査に通りにくくなるという理由もありそうですが……)

そして、「比較せずに申し込んだ」という方にとっての「申し込み先金融機関の決定理由」は以下の通り。
NTTデータ公式HPより2
▲NTTデータ公式HPより

はじめから申し込み先が決まっていた、という方のうち……。
新規契約者はインターネット申し込みが可能だからという「手軽さ」を、
2社目以降の借り入れを行った方・借り換え目的の方は「インターネット広告」をそれぞれ重視した傾向にあるようですね。
一方で「金利が低かったから」という選択理由は借り換え者にこそ多いものの、そうでない方からは案外注視されていないようです。

ちなみに、こちらは「2社以上の中から比較して、申し込み先を決めた」という方の申し込み先決定理由。

NTTデータ公式HPより3
▲NTTデータ公式HPより

慎重派の新規利用者の間では「いくつか比較した中で、最も安心感の強い会社へ申し込む」といった傾向がありますね。
一方で「借入経験者だが、借り換え(おまとめ)を検討するほどではない」という方は借入の手軽さ・バレにくさを、
借り換え利用者は金利の低さに加え、一周して「安心感」を追求する流れにあるようです。
(これには多重債務があると、その分安心の大手を利用しづらくなるという理由もありそうです)

一方、以下は「申し込み先の金融機関に、メインバンク(給与受取などにメインで使っている金融機関)が含まれているかどうか」を示したデータ。
NTTデータ公式HPより4
▲NTTデータ公式HPより

他社と比較せず申込先を決めた理由としては、やはり「普段使っている金融機関だから」が過半数を占めます。(借換え者を除く)
一方さまざまな要素をもとに借入先を選んだ場合、普段使っている金融機関よりもより魅力的な商品に心が動きやすいことが良く分かりますね。
このことから、「ちゃんと比較すればいつも使っている金融機関の商品より、魅力的なローンが見つかることは多い」と分かります。

CHECKカードローンの概要とその選び方

②現在の人気はやはり銀行系、申込先はネット銀行から地銀までバラけやすい

さて、それでは本題の「具体的な人気カードローン」について見てみましょう。
こちらは「実際にカードローン申込を行った金融機関」(複数回答可)を示したデータです。

NTTデータ公式HPより5
▲NTTデータ公式HPより

新規契約者には三菱UFJ銀行が、2社目以降の申込先としては三井住友銀行が突出して人気な模様。
借り換え目的での申し込みについては、「楽天銀行」「地方銀行」への集中が目立ちます。

アンケートを取ったのは2017年12月なので、銀行カードローンの即日融資が廃止される直前。この頃は三菱UFJ銀行も、三井住友銀行も申し込みから最短1時間程度での貸し付けを行っていました。
現在はどうやっても銀行カードローンを借りるためには1営業日以上が必要なことから、分布はややバラけそうですが……。

申込先の選択理由として「安心感」が多く挙げられていることからも、やはり銀行カードローンの立場は強いですね。
ただ、一口に「銀行系」といってもその申込先は都市銀行系・地方銀行系・インターネット銀行系とバラけやすいようです。

ちなみに、新規契約者が「三菱UFJ銀行」を選択している割合が高いのは、単に「三菱UFJ銀行ユーザーの数が多いから」という理由が大きそうです。

★三大メガバンクの個人用口座数(かっこ内は情報源)

三菱UFJ銀行 4000万件
2013年/PDF)
三井住友銀行 2700万件
2017年/PDF)
みずほ銀行 2400万件 ※「個人顧客数」としての発表
2015年/PDF)

全国銀行協会の調査より。
全国銀行協会の調査より。
カードローンだけではなく「クレジットカードのキャッシング枠」まで考慮に入れると、そちらの利用者が銀行カードローンのユーザーを上回るようです。

具体的な申し込み理由から見る、各社の企業イメージ・利用者層

現在、カードローンの借入として人気を集めているのは各銀行です。
それでは、カードローンユーザーはどんな理由をもってその会社への申し込みを決めたのでしょうか?具体的な社名と共に見てみましょう。

NTTデータ公式HPより(申し込み先を比較検討せずに選んだ方/単一選択)
▲NTTデータ公式HPより(申し込み先を比較検討せずに選んだ方/単一選択)

申込先ごとの「決定打の違い」が分かりやすいですね。特に楽天銀行スーパーローンは、積極的な広告事業が功を奏しているとよく分かります。口座不要で利用できるというのもポイントの一つなのでしょう。

一方、三菱UFJ銀行のカードローンの場合は申し込みを決めた理由として、ポスター・看板と言ったアナログ広告が多く挙げられている模様。個人口座数が全国トップであることから考えると、こちらは「自分が持っている口座を使いお金を借りられることを知り、そのまま申し込む」方が多くいらっしゃるのでしょうか。
その他、やはり地方銀行は「安心感」が大きな武器となっている様子。これに対して、消費者金融会社であるアコムは「銀行に比べると簡単に借りられる」というイメージを抱かれがちなようです。

ちなみにこちらは、「申し込み先を比較検討して選んだ」方にとっての「比較対象の」選択理由。

NTTデータ公式HPより(申し込み先を比較検討して選んだ方/単一選択)
▲NTTデータ公式HPより(申し込み先を比較検討して選んだ方/単一選択)

特に「比較せず選んだ」方と比べて特筆すべき差異はありませんが、やはりアコムはCMでの知名度のため比較対象に入りやすいようですね。

最後にこちらは、比較あり・なしを問わない当該金融機関ユーザーの「申し込み先を決めた理由・複数選択」バージョン。(単一選択)
「申し込み先を決めた理由・複数選択」バージョン。(単一選択)

ちょっと見づらいので凝縮してまとめると、以下のようになりました。

★各金融機関ユーザーの重視傾向(☆が多いほど重視、実際のスペックとは無関係)

安心感 金利の低さ 速さ・簡単さ
三菱UFJ銀行 ☆☆☆☆
楽天銀行 ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
地方銀行 ☆☆☆☆
アコム ☆☆☆

「金利が低い」という理由で選ばれている楽天銀行ですが、実際の数字は三菱UFJ銀行と大差ありません。おそらく、この銀行の場合は比較対象が消費者金融会社(アコムプロミスなど)なのでしょう。

このデータを見るに、カードローンの利用者は大きく「都市銀行/メガバンク重視の安心・慎重派」「ネット銀行/消費者金融重視の手軽さ・スピード派」に分けられるように思えます。
あなたがこれからローン選びを行うのなら、おおまかにどちらのタイプを選ぶか考えておくとスムーズに申込先を決められそうです。

まとめ

★特に新規契約者の場合、申し込み先を比較して選んでいる方は意外と少ない。
ただし「比較した結果、メインバンクからの借り入れ割合が減る=メインバンクより良い商品を見つけられる」ことから、今後申し込みを行うなら複数の金融機関で比較を行いたい
★調査中、新規契約者に最も人気が高かったのは「三菱UFJ銀行」バンクイックまたはマイカードプラス)。
同銀行は個人口座数が最も多いことから、利用者は口座を持っている金融機関から借り入れ先を選びやすいことが分かる
★カードローン利用者は、大きく「都市銀行/メガバンク重視の安心・慎重派」「ネット銀行/消費者金融重視の手軽さ・スピード派」に分けられる

その他のローンに比べると小口なためか、皆さん意外と「広告で見たから」「口座を持っているから」程度の理由で比較せずにカードローンを選びがちな模様。
とは言え、借入額によっては0.5%の金利でも支払総額が大きく変わってくることは珍しくありません。
現在カードローンの利用を検討されているのなら、メインバンク以外の金融機関も含めじっくり比較した上で、申し込みを行いたいところです。

CHECKカードローンを使っているのはどんな人?全銀協の8万人調査をピックアップ!
CHECKカードローンの概要とその選び方
CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧




カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。