消費者金融の申し込み履歴や延滞・ブラックがすぐわかる信用情報とは

この記事を書いた人
江尻正幸江尻正幸
FP事務所FE&S代表。住宅ローンやカードローンといった借入相談業務を担当。金融商品を一切販売しない中立公平のFPとして相談・執筆・講演を行う。また、大学生・若手社会人向け金融経済・消費者教育にも積極的に取り組む。

「信用情報」という言葉は、借金を考えたことのある人なら誰でも1度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、具体的にどのような内容が記載されているのでしょうか。思いがけない情報が記載されているかもしれないので、審査を申し込むならば事前に確認しておきたいところです。
そもそも、信用情報は以下の企業・団体が中心となって管理しています(図1参照)。 (図1)主な指定信用情報機関一覧 企業・団体名 主な情報提供社 全国銀行協会 個人信用情報センター(KSC) 銀行や信用金庫 株式会社シー・アイ・シー(CIC) クレジット会社や消費者金融会社 株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融会社や保証・リース会社 (筆者作成) それぞれ管理している信用情報を、状況に合わせて交流することもあります。例えば、CICやJICCとの間で特定の個人について照会・回答が行われるのです。もちろん、ここで管理されている情報は本人や代理人が確認することも可能です。

情報開示請求の方法は、郵送・ネット申請など、それぞれ異なりますが、CICとJICCは窓口で直接開示を請求することもできます。このとき、手数料は通常の半額(500円)に収まるので、場合によっては直接取得したほうが安く済むでしょう。

「信用情報を取り扱っているところに行くのは、なんとなく怖い・・・」というイメージを抱かれる方もいらっしゃいますが、どちらの信用情報機関も最寄り駅から近くキレイな場所なので、安心して訪ねることができます。

カードローン審査と信用情報(編集部補足)

住宅ローン審査や自動車ローンなど高額融資を行うローン審査はもちろん、クレジットカード審査やカードローン審査にも信用情報機関に登録されたデータが利用されています。 

金融機関ではローンの申し込みを受けると、まずは信用情報機関に問い合わせを行い申込者の信用情報に事故情報が載ってないか調べます。 

事故情報とは延滞や未払い、債務整理などの返済トラブルをさしますが、事故情報が見つかるとローン審査を通過できない可能性が高くなります。 

一度ブラックになったら一生消えないかという質問を受けることがありますが、回答は「NO」です。データ保存期間が経過すれば情報は消去されます。ただし、借金を完済せずに借り入れたままの状態で放置してしまうと記録は残り続けます。

信用情報の内容とは

では、信用情報にはいったい何が記載されているのでしょうか?

まずは、勤務先や連絡先、住所。これは基本情報として記載されています。また、信用情報機関によって若干異なりますが、ローン契約内容(借入限度額や契約日など)やクレジットカード等の利用額(ショッピング額やキャッシング額など)、未払い借入金残高(次回返済金額や返済回数など)、さらには携帯電話を分割支払いで購入したことなどが登録されています。加えて、こういった情報がどの企業によって提供されたかということも一目でわかるようになっています。

そして、審査に通らない理由として挙げられやすい「延滞情報」も記載されています。期日通りに支払・返済が行われているかが毎月チェックされており、保証人弁済などという情報も細かく管理されているのです。

ところで、もしも事実と異なる情報が自身の信用情報として残されていたら、どのような対応ができるでしょうか。代表的な対応としては、その情報を管理している信用情報機関に問い合わせを行うことです。そうすれば、登録元の企業へ調査を依頼してもらえます。 たとえば、CICで確認した信用情報のうち、身に覚えのないカードローン契約があったならば、CICを通じてそのカードローン会社に確認してもらうのです。

ここまで学んできたように、信用情報には本当に細かい点まで記載されています。少しでも確実な審査通過を目指すならば、事前に自分自身の信用情報を確認しておきましょう。 

参考一般社団法人 全国銀行協会
参考株式会社 シー・アイ・シー
参考株式会社 日本信用情報機構





カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。