老後生活が危険!消費者金融の融資枠は早く確保!

この記事を書いた人
田端政弘田端政弘
司法書士事務所での不動産登記業務、不動産会社の営業経験を活かし、2012年1月にFP事務所を開業。「住宅購入専門FP」として、初めて住宅購入をサポートしています。住宅ローンの借換えセミナー、生命保険見直しセミナーなども主催しています。


先日定年を迎えました。家族のために無我夢中で働いてきましたが、これからは自分のために時間を使っていこうと思います。



老後の生活資金

仕事ばかりに生きてきた人間なので、どうしても時間を持て余してしまいます。何か趣味を見つけたいものですが、やはり先立つものはお金です。貯蓄と年金だけではなかなかおいそれと浪費するわけにはいきません。

老後の生活資金は貯蓄と年金に頼ることになりますが、消費税の増税などによって家計の負担は増すばかりです。そればかりか年金の支給金額も減らされ、我々シニアにとっては苦しい状況となっています。働こうにも働き口がありません。

\ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/
\ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

定年しても借り入れできる?


もしものとき、お金を借り入れることができれば安心です。しかし、定年を迎えていてもカードローンの借り入れができるのか疑問に思っている方は少なくないことでしょう。キャッシングを申し込むにあたっては「年収が審査されるはずだから、職に就いていなければ審査に落ちてしまうのではないか」と。
結論から言えば、定年していてもカードローンは利用できます主婦や学生が独自の審査で借り入れができるのと同じことで、保有する資産や銀行との取引実績などが考慮され、融資が受けられる可能性があります。ただし、年金収入だけで職に就いていないと返済能力が低く貸し倒れのリスクが高いと判断されて、どうしても融資額は低くなってしまいます。また、70歳を超えると年齢制限で申し込みを受け付けてもらえない買ったり、審査が厳しくなるといった傾向があります。

消費者金融と銀行カードローンどっちが借りやすい?(編集部補足)

消費者金融のようなカードローン会社では年金を収入とみなさないことが多いため、年金暮らしの人は契約が難しいのが現状です。(銀行カードローンであれば、年金受給者でも申し込める可能性があります。)

もちろん、パートやアルバイト、所有不動産の家賃収入などがあれば消費者金融でも借り入れ可能です。

また、現金が必要だからといってクレジットカードで購入した商品と引き換えにお金を受け取るカード現金化は、高い金額で買った商品を安く買い叩かれるだけなのでオススメしません。

若いうちにカードを作る

ここまで見てきたように定年してからカードローン審査を受けるとなると色々な問題があるので、できることならクレジットカードやローンカードは若いうちに作っておきたいところです。今は必要なくてもそのうちきっと役に立つ日がやってきます。とくに、担保や保証人なしで借入れできるローンカードがあれば安心して老後を送ることができるでしょう。





カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。