5項目から割り出す!おすすめの消費者金融会社ランキング

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    5項目から割り出す!おすすめの消費者金融会社ランキング
    「早く借りれて審査にも通りやすいという、消費者金融のカードローンを使いたい。
    けれど似たような会社がいくつもあって、どれに申し込めばいいか……」

    個人向けのキャッシング(現金貸付)サービスを専門に取り扱う「消費者金融会社」
    「プロミス」「アコム」「アイフル」といった有名どころの名前は、きっとどこかで見聞きしたことがあるでしょう。

    結論から言うと、単に「お金を借りる」ことを目的とするなら、どの消費者金融を選んでも構いません
    ただし「少しでもおトクに借りる」「家族に知られず借りる」といった希望を叶えたいのなら、いくつかの会社を見比べた上で申込先を決めたいところ。

    そこで今回は大手消費者金融会社5社を、

    • おトクさ(総支払額の軽さ)
    • 契約の簡単さ
    • 周囲へのバレにくさ
    • 審査の厳しさ
    • 使い勝手(借入・返済)の良さ

    5項目をもとに、客観的な視点から比較しました。
    読み終えていただければ、あなたに合った申込先を見付けられることでしょう。

    事前にチェック!申込の前提条件

    このページで紹介する消費者金融会社を利用するためには、以下の条件をすべて満たす必要があります。

    1. 20歳以上である
    2. 「働いて」収入を得ている(アルバイト可、収入自体は高くなくても良い)
    3. 貸金業者(消費者金融、クレジットカードキャッシング枠)から借りた金額の合計が年収の3分の1に達していない
      (貸金業法上の制限による/総量規制)

    あらかじめご確認ください。

    5項目から割り出す、おすすめの大手消費者金融ランキング

    5項目から割り出す、おすすめの大手消費者金融ランキング
    それでは早速、実際の申込先候補を見ていきましょう。

    ★大手消費者金融5社比較(簡易版)













    使


    1.プロミス
    +
    2.レイクALSA○+
    3.SMBCモビット
    (WEB完結)
    ◎+○+
    4.アコム条件有
    5.アイフル
    ※気になる申込先をクリック/タップすることで、詳細項目をご覧頂けます。

    ①【第1位】迷ったら充実のサービス&高通過率の「プロミス」を選んでOK

    上の比較表をご覧になっても分かる通り、特に大きなデメリットが無く、広い層から申し込みやすいのが「プロミス」です。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2)
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2)
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    (※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    (※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    • 申込~借入まで曜日問わず、最短1時間程度
    • 自宅への郵送物を避けやすい
      (来店なし+郵送物の両立可)
    • アコム等のライバル業者に比べ、やや低金利
      (10万円/30日ごとに約16円低負担)
    • 曜日や時間を問わない振込対応
    • 低年収でも審査に申し込みやすい

    …ということでこのプロミス、消費者金融会社に求められる条件はほぼすべて満たしていると言っても過言ではありません。

    特に致命的と言えるほどのデメリットも見当たらないため、申込先に迷ったら「プロミス」を選ぶべき、と言っても差し支えないでしょう。

    プロミスについてより詳しい情報を見る(クリック/タップで開きます)
    契約方法
    • インターネット(カード発行は選択可)
    • 来店契約(無人店舗/有人店舗)
    • 郵送(原則非推奨)
    • 詳細解説ページあり

    必要書類
    • 本人確認書類(免許証、保険証など)
      ※その他収入証明書などが必要な場合あり
    成約率
    46.9%
    ※2019年10月分
    ※成約率を公開している大手4社中1位
    利息目安
    10万円を30日借りる場合の利息
    (サービス料)
    1,463円
    (金利17.8%)
    0円
    (無利息期間中)
    備考1ヶ月あたりの利息は借入額の1.483%前後
    借入方法
    銀行振込ほぼ24時間対応
    対応金融機関、振込時間は公式HP参照
    ATM出金
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • E-netATM
      (ファミリーマート他)
    • 三井住友銀行ATM
      他、公式HP参照

    ※カードレス契約時に利用できるのは、カードレス取引対応の「セブン銀行ATM」のみ
    提携ATM利用時、手数料発生

    • 取引額1万円以下
       …110円
    • 取引額1万円超
       …220円
    返済方法
    10万円借入時の最低返済額4,000円/月
    30万円借入時の最低返済額11,000円/月
    50万円借入時の最低返済額13,000円/月
    返済方法
    • 口座振替
      (カードレスなら必須)
    • ATM入金
    • インターネット
    • 銀行振込
    • 有人窓口
    返済日
    • 口座振替の場合、原則毎月5日
    • その他の返済方法、または三井住友銀行/ジャパンネット銀行ユーザーは「5日」「15日」「25日」「末日」から選択可

    ②【第2位】はじめての借入ならユーザーサービストップの「レイクALSA」も要チェック

    独自の無利息サービス、「全ATMの手数料無料」といったメリットを持つのが「レイクALSA」(実質旧「新生銀行レイク」)です。
    ユーザーサービス面では「プロミス」の上を行くと言っても良いでしょう。

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    • 申込~借入まで曜日問わず、最短1時間程度
    • 自宅への郵送物を避けやすい
      (来店なし+郵送物の両立可)
    • 曜日や時間を問わない振込対応

    といった利点は「プロミス」と共通。
    また上限金利こそプロミスに比べ0.2%高い(18.0%)ものの、無利息サービスがより優秀であることから、「追加借入を想定しなければ」多くの場合でプロミスより総支払額が安く済みます

    これに「全ATMの手数料が無料である」ことを加えれば、結果的にレイクALSAの方が低負担で済むことも多いでしょう。

    レイクALSAとプロミスの支払総額比較を見る(クリック/タップで開きます)
    5万円を借り、月3千円を返済
    レイクALSAプロミス
    52,369円
    (18回/1年6ヶ月)
    ※180日間5万円以下無利息
    56,852円
    (19回/1年7ヶ月)
    ※30日間無利息
    10万円を借り、月5千円を返済
    レイクALSAプロミス
    113,778円
    (23回/1年9ヶ月)
    ※180日間5万円以下無利息
    117,356円
    (24回/2年0ヶ月)
    ※30日間無利息
    30万円を借り、月1.5万円を返済
    レイクALSAプロミス
    347,142円
    (24回/2年0ヶ月)
    ※60日間無利息
    352,067円
    (24回/2年0ヶ月)
    ※30日間無利息
    50万円を借り、月2万円を返済
    レイクALSAプロミス
    608,476円
    (31回/2年7ヶ月)
    ※60日間無利息
    617,290円
    (31回/2年7ヶ月)
    ※30日間無利息

    ただしこのレイクALSA、プロミスに比べると新規申込に対する「成約率」が非常に低いのが気になるところ。
    (2019年12月現在確認できる最新分において、プロミス46.9%に対しレイク29.8%)

    成約率の中には「申込後、途中でキャンセルした人」も含まれることからこれをイコール審査通過率と言い切ってしまうことはできませんが……。
    条件はどの会社も同様ですから、レイクが他の消費者金融に比べ厳しい審査を行っているのは確かでしょう。

    そのため

    • 自分はブラック状態かもしれない
    • 収入が低く、安定収入ある配偶者も居ない
    • すでに他社でまとまったお金を借りている

    といった理由があり審査に不安を抱えているのなら、レイクへの申込は避けておくのが無難です。

    ★ただしこれまでレイクALSAでは、年収100万円の学生さんの審査通過も確認されています。
    審査が厳しいといってもあくまで消費者金融会社基準ですから、キャッシングの利用が初めてであればそこまで気にする必要もないでしょう。

    レイクALSAについてより詳しい情報を見る(クリック/タップで開きます)
    契約方法
    • インターネット(カード発行は選択可)
    • 来店契約(無人店舗のみ)
    • 郵送(原則非推奨)
    • ▶詳細解説ページあり

    必要書類
    • 本人確認書類(免許証、保険証など)
      ※その他収入証明書などが必要な場合あり
    成約率
    29.8%
    ※2019年9月分
    ※成約率を公開している大手4社中4位
    利息目安
    10万円を30日借りる場合の利息
    (サービス料)
    1,479円
    (金利18.0%)
    0円
    (無利息期間中)
    備考1ヶ月あたりの利息は借入額の1.5%前後
    借入方法
    銀行振込ほぼ24時間対応
    対応金融機関、振込時間は公式HP(PDF)参照
    ATM出金
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • E-netATM
      (ファミリーマート他)
    • 三井住友銀行ATM
    • 他、公式HP参照

    ※カードレス契約時に利用できるのは、カードレス取引対応の「セブン銀行ATM」のみ
    全ATM手数料無料
    (カードレス取引含む)

    返済方法
    10万円借入時の最低返済額4,000円/月
    30万円借入時の最低返済額12,000円/月
    50万円借入時の最低返済額14,000円/月
    返済方法
    • 口座振替
      (カードレスなら必須)
    • ATM入金
    • インターネット
    • 銀行振込
    返済日
    • 口座振替の場合、引き落とし日は14日または27日(選択可)
    • その他の返済方法の場合、返済日は自由に選択可

    ③【第3位】「WEB完結」条件を満たしているなら電話連絡なしの「SMBCモビット」も人気

    「プロミス」「レイクALSA」に比べるとややクセがあるものの、「誰にも知られずに借りたい!」という方に人気があるのが「SMBCモビット『WEB完結』」です。

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい

    審査が不安な 佐藤さん
    実際は最短の審査・融資スピードよりも時間が掛かる事が多いから注意だね
    【管理人】山本
    はい。
    またWEB完結の場合は、申込条件に「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座を返済用口座に指定できる事」も含まれますのでご注意ください
    審査が不安な 佐藤さん
    でも、社会保険証や組合保険証を持っていなくても融通を利かせてくれる場合があるのは嬉しいね!

    「指定口座必須」「原則として指定保険証が必要」といった申込条件こそ厳しいものの、これさえ満たせば在籍確認の電話が掛かってくることはありません
    (※在籍確認の電話……審査の際、金融機関が申込者の勤務先に電話を掛け、勤務先を確認すること。とは言えこの際、用件や社名が第三者に伝えられることはない)

    プロミス等の他社においても、事前相談さえ済ませれば在籍確認の電話を避けられることは多いのですが……。
    「特に相談などをせず、必ず勤務先への電話を避けたい」といった場合には、このSMBCモビット「WEB完結」を選択するのも良いでしょう。
    申込者に安定収入があれば、他社より大きな限度額を獲得しやすいのもポイントです。

    「SMBCモビット」で100万円以上の限度額が適用された例(クリック/タップで開きます)
    ★「SMBCモビット」アンケート結果より
    SMBCモビットでの審査結果(1)
    • 年収300万円
      (~315万円?)
    • 会社員(4年)
    • 他社借入なし
    限度額105万円(金利18%※)
    詳細体験談あり
    SMBCモビットでの審査結果(2)
    • 年収340万円
    • 会社員(3年)
    • 他社借入なし
    限度額100万円(金利18%※)
    詳細体験談あり
    SMBCモビットでの審査結果(3)
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 他社借入なし
    限度額103万円(金利15%)
    詳細体験談あり
    ※出資法・利息制限法のため、実際の借入額が100万円に達せば金利は15%となる

    ★「指定口座の所持」「原則として社会保険証または組合保険証を持っている」という利用条件を満たせない場合でも、SMBCモビット「カード申込」を利用可能です。

    ただしこちらは

    • 単純にサービスや負担額の面でプロミスやレイクに劣る
    • 在籍確認は原則電話(事前相談により避けられるが、それはプロミス等も同じ)
    • 郵送物の回避に事前相談が必要

    といった理由から、「少しでも大きなお金を、消費者金融で借りたい」といった事情が無い限りおすすめはできません。

    SMBCモビットについてより詳しい情報を見る(クリック/タップで開きます)
    契約方法
    • インターネット(WEB完結の場合)
      ▶詳細解説ページあり
    必要書類
    • 本人確認書類(免許証、保険証など)
    • 収入証明書類(源泉徴収票など)
    • 勤務先確認書類(保険証など)
    • 公式HP記載情報と実際に要求される書類に違いがあります。
      詳細解説ページあり

    成約率
    非公開
    利息目安
    10万円を30日借りる場合の利息
    (サービス料)
    1,479円
    (金利18.0%)
    備考1ヶ月あたりの利息は借入額の1.5%前後
    借入方法
    銀行振込24時間とまでは言えないが、時間外振込対応
    対応金融機関、振込時間は公式HP(PDF)参照
    ATM出金カードの発行されない「WEB完結」の場合、利用できるのはカードレス取引対応の「セブン銀行ATM」のみ

    三井住友銀行のATMは手数料無料だが、提携ATM利用時、手数料発生
     

    • 取引額1万円以下
       …110円
    • 取引額1万円超
       …220円
    返済方法
    10万円借入時の最低返済額4,000円/月
    30万円借入時の最低返済額11,000円/月
    50万円借入時の最低返済額13,000円/月
    返済方法
    • 口座振替
      (セブン銀行ATM、銀行振込を使った追加返済可)
    返済日
    • 「5日」「15日「25日」「末日」から選択(WEB完結)

    ④【第4位】来店契約前提なら「アコム」も利用しやすいか

    カードレス取引周辺のサービス導入が遅れているものの、今でも店舗数トップを誇るのが「アコム」です。

    単純に「近所に店舗がある」といった方はもちろん、

    • 消費者金融で唯一、クレジット機能付きカードも取得可
    • 「金融ブラック+他社借入あり」での通過例を複数確認済み

    といった点に魅力を感じるのなら、申込先をここに決めて良いでしょう。

    アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • ご本人に安定した収入がある方

    • 来店契約のみ

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • はじめての借入に選ばれることが多く審査通過率が高め
    • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP)

    【管理人】山本
    「他社借入あり」という方の通過についても確認済みです!

    ……ただし、

    • 自宅への郵送物を避けるには来店契約必須
    • 振込関連はじめ、カードレス取引が苦手
    • 「総支払額の節約」を目的とすると、金利の低い「プロミス」や無利息サービスの優れる「レイクALSA」に劣る

    といったデメリットについてはあらかじめご確認ください。

    アコムについてより詳しい情報を見る(クリック/タップで開きます)
    契約方法
    • 来店契約(無人店舗/有人店舗)
    • インターネット(郵送物の回避不可)
    • 郵送(原則非推奨)
    必要書類
    • 本人確認書類(免許証、保険証など)
      ※その他収入証明書などが必要な場合あり
    成約率
    44.4%
    ※2019年10月分
    ※成約率を公開している大手4社中2位
    利息目安
    10万円を30日借りる場合の利息1,479円
    (金利18.0%)
    0円
    (無利息期間中)
    備考1ヶ月あたりの利息は借入額の1.5%前後
    借入方法
    銀行振込一部金融機関に対し時間外振込対応、
    対応金融機関、振込時間は公式HP(PDF)参照
    ATM出金
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • E-netATM
      (ファミリーマート他)
    • 三菱UFJ銀行ATM
    • 他、公式HP参照

    ※カードレス取引未対応
    提携ATM利用時、手数料発生
     

    • 取引額1万円以下
       …110円
    • 取引額1万円超
       …220円
    返済方法
    10万円借入時の最低返済額5,000円/月
    30万円借入時の最低返済額13,000円/月
    50万円借入時の最低返済額15,000円/月
    返済方法
    • ATM入金
    • インターネット
    • 銀行振込
    • 店頭窓口
    • ※口座振替も可能だが、手続きが面倒

    返済日
    • 原則「前回の返済日から35日後」が次回返済期限
      ※約定日返済も選択可

    ⑤【第5位】「アイフル」も悪くはないが、より優秀な他社の存在は気になる

    最後に紹介するのは「アイフル」ですが……。

    決してユーザーサービスは悪くない(郵送物を避けやすいという意味ではアコムより優秀)ものの、「プロミス」「レイクALSA」といった他社との差別化に悩まされているのが現状と言わざるを得ません。

    アイフル

    アイフル

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%10万〜800万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳以上
    • 仕事をしている
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 年収100万円以下の方の審査通過も確認済み
    • 注:振込対応は平日日中のみ

    基本的には「自宅近くにアイフルの店舗がある」「すでにプロミスやレイクと契約を結んでいる」といった場合に申し込みを検討することとなるでしょう。

    アイフルについてより詳しい情報を見る(クリック/タップで開きます)
    契約方法
    • 来店契約(無人店舗/有人店舗)
    • インターネット(カードの送付は選択可)
    • 郵送(原則非推奨)
    必要書類
    • 本人確認書類(免許証、保険証など)
      ※その他収入証明書などが必要な場合あり
    成約率
    42.9%
    ※2019年10月分
    ※成約率を公開している大手4社中3位
    利息目安
    10万円を30日借りる場合の利息1,479円
    (金利18.0%)
    0円
    (無利息期間中)
    備考1ヶ月あたりの利息は借入額の1.5%前後
    借入方法
    銀行振込平日日中のみ対応
    ATM出金
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • E-netATM
      (ファミリーマート他)
    • 三菱UFJ銀行ATM
    • 他、公式HP参照

    ※カードレス契約時に利用できるのは、カードレス取引対応の「セブン銀行ATM」のみ
    提携ATM利用時、手数料発生
     

    • 取引額1万円以下
       …110円
    • 取引額1万円超
       …220円
    返済方法
    (約定日制選択時)
    10万円借入時の最低返済額4,000円/月
    30万円借入時の最低返済額11,000円/月
    50万円借入時の最低返済額13,000円/月
    返済方法
    • 口座振替
      (カードレスなら必須)
    • ATM入金
    • 銀行振込
    返済日
    • 口座振替の場合、引き落とし日は金融機関による(参考公式HP)
    • その他の返済方法の場合、返済日は自由に選択可
    • 口座振替を利用しない場合は「35日ごと」返済も可

    正規雇用者なら必見!少し高難易度なカードローン

    正規雇用者なら必見!少し高難易度なカードローン
    ここまで紹介してきたローンは、いずれも「年収100万円」の方でも通過可能性のあるものでした。

    ……一方であなたが目安として「安定収入を得ている正規雇用者」であるのなら、一般的な消費者金融ローンを利用するのは少し勿体ないかもしれません。
    ここからは安定収入のある方を対象とした、好条件ローンについて紹介させて頂きます。

    ①「アイフルファーストプレミアムカードローン」は上限9.5%の低金利を実現

    一般ローンの間ではややパッとしない立ち位置の「アイフル」でしたが……。
    実はこの会社は大手消費者金融の中で唯一、安定収入を得ている方を対象とした好条件ローンを取り扱っています。

    申込に必要な最低年収は300万円と高めなものの、使い勝手や借入・返済方法は通常のアイフルと変わりありません。
    よって通常ローンと評価は一転し、「銀行カードローン以下の金利で、消費者金融並みの使い勝手の良さ」を誇る優秀な商品と言って良いでしょう。

    ★アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    金利限度額
    3.0%~9.5%
    ※通常アイフルに比べ上限金利-8.5%
    100万円
    ~800万円
    ※上限年収の3分の1
    審査時間申込~借入に必要な時間
    最短30分
    (土日祝日含む)
    ※ただし通常のアイフルより時間が掛かりやすいとのこと
    最短1時間程度
    (土日祝日含む)
    申込条件
    • 23歳~59歳
    • 仕事をしている
    • 年収300万円以上である(最低限度額と貸金業法の制限に基づく)
    • これまでにアイフルを利用したことがない
    自宅への郵送物を避ける条件
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ポイント
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 振込対応は平日日中のみ
    • その他のサービス内容(返済方法など)は通常のアイフルと同様

    一般的な銀行カードローンの上限金利が14.5%程度であることを考えると、「ファーストプレミアムカードローン」(上限9.5%)の優秀さがよく分かりますね。

    審査通過には最低でも300万円(できればそれ以上)の収入が求められるとは言え、「できる限り低金利で、郵送物なしで(あるいは今日中に)借りたい」という場合には、申込先の筆頭候補になると言っても良いでしょう。

    ★貸金業法の制限により、個人が「貸金業者から、合計年収の3分の1を超えるお金」を借りることはできません
    例:年収300万円の人の場合、貸金業者から借りられるのは「合計」100万円まで

    すでに他社からお金を借りている場合、ファーストプレミアムカードローンの審査通過に要求される収入はより高くなります
    あらかじめご承知おきください。

    ②郵送物が気にならないなら「J.Score」も要チェック

    「自宅への郵送物を避けられない」というデメリットが気にならないのであれば、「J.Score」も申込先候補に加えてみましょう。

    こちらは質問に答えることで算出されるAIスコア(個人スコア)を元に貸付条件が決まる新しい借入サービスで、本申込前に金利・限度額を確認できるのが特徴です。
    上限金利は15%と十分に低いものの、結果的にこれより低い数字が提示されることも多いですね。

    本審査を受けるために必要な「600」のスコアを得ることはやや難しいものの、特に収入制限は設けられていません。
    十分なスコアさえ獲得できたのなら年収300万円以下でも借入可能です。

    J.Score(ジェイスコア)
    J.Score(ジェイスコア)
    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    0.8%~15.0%※10万〜1,000万円最短即日最短即日
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳以上、満70歳以下の国内に居住している方
    • 定期的な収入と返済能力を有する
    • 不可(必ずJ.Scoreリーフレットが送付される)
    ※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。

    ポイント

    • インターネット契約対応
    • 官報情報を閲覧しない

    ポイント
    • 本申込前に貸付条件を確認可
    • 時間外振込対応(プロミス等に比べると限定的、詳細公式HP)
    • カードは発行されないが、ステッカーの郵送拒否不可
    J.Scoreについてより詳しい情報を見る(クリック/タップで開きます)
    契約方法
    インターネットのみ
    必要書類
    • 本人確認書類
      「【A】より2点」、または「【A】より1点と【B】より1点の計2点」をご提出ください。

      【A】

      1. 運転免許証・運転経歴証明書
      2. 健康保険証
      3. パスポート
      4. 個人番号カード(マイナンバーカード)
      5. 在留カード
      6. 特別永住者証明書

      【B】

      1. 住民基本台帳カード
      2. 住民票・住民票記載事項証明書
      3. 戸籍謄本または抄本
      4. 印鑑登録証明書
      5. 所得証明書
      6. 納税証明書・納税通知
      7. 公共料金(水道・電気・都市ガス・NTT・NHK)の領収書

      ※いずれも有効期限内または現在有効である書類のみ受付可能です。
      ※【A】は「氏名」「現住所」「生年月日」の記載があるもの、【B】は「氏名」「現住所」の記載があるご本人名義の書類のみ受付可能です。
      ※【B】で有効期限の記載がない書類の場合、領収日付の押印又は発行年月日の記載があるもので、かつその日付が6ヶ月以内のものに限ります。
      ※【A】に記載された住所と、お申込み時に入力された現住所が異なる場合は、【A】より1点と【B】より現住所が記載されている資料2点の計3点をご提出ください。
      ※公共料金の領収書は、その他の書類で「氏名」「現住所」が確認できている場合に限り、同一世帯(現住所が同じ)のご家族名義でも受付可能です。
      ※学生の方は、「学生証」に加え、【A】より2点、もしくは【A】より1点と【B】より1点の計3点をご提出ください。
      ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」に加え、【A】より1点、もしくは【B】より1点の計2点をご提出ください。

    • 収入証明書類
      年収を確認させていただくため、以下の「収入証明書類」のご提出をお願いする場合がございます。

      1. 源泉徴収票
      2. 住民税決定通知書、納税通知書
      3. 確定申告書
      4. 所得(課税)証明書
      5. 給与明細書

      ※当社との契約金額が50万円を超える場合、または、当社との契約金額が50万円以下となるものの他の貸金業者での利用額を含めた合計金額が100万円を超える場合はご提出ください。
      ※上記の金額にかかわらず、年収を確認させていただくため「収入証明書類」のご提出をお願いする場合がございます。

    成約率
    非公開
    利息目安
    10万円を30日借りる場合の利息1,232円
    (金利15.0%)
    備考1ヶ月あたりの利息は借入額の1%前後
    借入方法
    銀行振込
    返済方法
    (約定日制選択時)
    返済額契約後、会員ページにて確認可
    返済方法
    • 口座振替
      ┗銀行振込、インターネット払いによる追加返済も可
    返済日
    • 引き落とし日は自由に選択可

    ③やや時間は掛かるが「セゾン」「JCB」といった信販会社のローンも優秀

    その他、消費者金融会社ではありませんが「セゾン」「JCB」といった信販会社も好条件のローンを取り扱っていますので、簡単に紹介させて頂きます。
    (法律上では消費者金融会社と同じ、「貸金業者」扱いとなります)

    ★信販会社の好条件ローン
    セゾン
    マネーカードゴールド
    • 上限金利8.47%
    • 最低年収400万円~
    JCB「FAITH」
    • 上限金利12.5%
    • 1回払いなら金利5.0%
    • 年収制限は無いが、やや高難易度
    • 最低限度額50万円
    • パート、アルバイト、自営業者不可

    消費者金融会社に比べ借入に

    • 時間が掛かる(1週間~)
    • 郵送物を避けられない

    といったデメリットは否めませんが……。

    • 金利が低い(上の2社の場合)
    • 在籍確認が行われる場合でも、信販会社名が用いられるため気になりにくい
    • 郵送物も信販会社名で送られ来るため怪しまれにくい

    といった利点は見逃せません。

    特に借入を急がないのであれば、こちらをチェックしてみるのも良いでしょう。

    まとめ

    まとめ

    ★消費者金融サービスの簡易比較













    使


    プロミス
    +
    レイクALSA○+
    SMBCモビット
    (WEB完結)
    ◎+○+
    アコム条件有
    アイフル
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」×
    J.Score
    セゾン「マネーカードゴールド」◎+×
    JCB「FAITH」◎-













    使


    上の比較表をご覧になっても分かる通り、おすすめの申込先はあなたの「返済能力(審査通過への自信)」あるいは「家族バレを防ぎたいか否か」等によって変わってきます。

    とは言え、審査に通過できそうな範囲内で「◎」の多い申込先を選べば大きく後悔することはありません。
    まずはカードローン選びに一番重視したいこと(総負担額の軽さ、郵送物なし等)を決めた上で、希望に合った申込先を選択してみてくださいね。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    おトクさ、簡単さ、バレにくさ、通りやすさ、使い勝手の5つの項目で順位を算出しました。1位に輝いたのはプロミスですが、必ずしも誰にとっての1位になる訳ではありません。自分が借りる場合は、何が一番重要なのかをじっくりと考えて、自分の中のナンバー1を選んでみて下さい。属性が良い場合には、更にお得な条件で借り入れできる会社もあります。目先の情報だけでなく、周囲の情報にも目を配り、よりお得で自分にあった借入先を選んでいきましょう。


    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい