消費者金融の返済額は年収の何%までが適正か

    この記事を書いた人
    瀧澤宏行瀧澤宏行
    瀧澤ファイナンシャルプランナー事務所代表。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅建 の資格を活かし、住宅ローン・教育資金・老後資金・保険など、ご家庭のお金に関すること全般でアドバイスしています。

    ローンの返済額について

    ローンの返済額について考えてみたいと思います。
    年収に対するローンの年間総返済額の事を「返済負担率」といいます。 「返済負担率」という言葉を初めてお聞きになった方もいらっしゃると思いますが、お金を借り入れる方にとっては大切な知識ですので覚えておいていただきたい言葉です。

    この返済負担率という指標ですが、住宅ローンを借りる時などに年収のOO%までが上限と多くの場合決められています。住宅ローンの中でも「フラット35」という返済期間中はずっと金利の変わらないタイプのローンですと年収400万円以上なら年収(税込)の35%まで、400万円未満だと30%までと決められているので、これ以上多い融資希望額を申請してもローン審査には通りません。

    例えば年収300万円の人なら年間30%までの返済ですので、年間の総返済額は90万円までのローンとなります。月々の返済額にしますと75,000円までです。

    フラット35について(編集部補足)

    フラット35は、住宅金融支援機構と銀行などの民間金融機関が手を結んだ住宅ローンです。

    フラット35は借り入れ時に全返済期間の借入利率と返済金額が決定する「全期間固定金利」のローンです。申し込み時に完済までのイメージをつかみやすいので、ローン初心者に人気です。

    こういった基準はお金を借りる人が破たんしないようにもちろん決められているのですが、年収300万円の人も実際の手取り額は減りますので、目安としては手取り金額の25%未満が安定的に返済していける金額として良いと思います。

    例として計算しますと、年収300万円ならおおよそ手取り金額は240万円です。240万円の25%は60万円となりこれが年間返済金額の合計です。月々にしますと5万円になります。 いかがでしょうか? 手取20万円なら5万円くらいまでの返済が適当だなという感覚はないでしょうか?
    今回示しました返済負担率は住宅ローンの借入時に他にローンのない方の返済負担率です。住宅ローンを借りてはいないが、カードローン・オートローンなどを合わせて自分の年収(手取りベース)で25%以内に収まるような計画的返済ができる借り入れにしたいと感じます。

    キャッシングの返済の中で残高スライド制リボルビング方式というものがあります。借入残高に応じて支払い金額がスライドしてくるものです。ある程度の借入金額になれば返済金額も増えてきますので、先にお伝えした割合を考えて借入を行うと良いと思います。

    またもう一つの目安としては、収入から支出(生活に必要なお金)を引いた残りのうち70%以上が返済に回っているとしたら要注意です。手取20万円で生活費12万円残り8万円の場合8万円の70%ですから56,000円を超えている返済は要注意という事です。 

    ローンというと返済金額や利息のことに気を取られがちですが、ローン自体は「時間を先取りして早く自分の物にできるという良いシステムだと思います。「便利に使って計画的に返済!」これが一番ですね。

    カードローンの返済方式(編集部補足)

    カードローン会社返済方式利用限度額
    アコム元利定率リボルビング方式最高800万円
    プロミス残高スライド制リボルビング方式最高500万円
    三菱UFJ銀行カードローン残高スライドリボルビング方式最高500万円
    三井住友銀行カードローン残高スライド方式による返済10万円~最高800万円
    オリックス銀行カードローン残高スライドリボルビング方式最高800万円

    ※カードローン申込には、身分証明書や借入額によっては源泉徴収票などの収入証明書の提出が必要です。


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント