消費者金融と銀行カードローンの違い:どっちで借りるべき?

消費者金融と銀行カードローンの違いは、

  • 金利
  • 限度額
  • 審査
  • 借入までのスピード
  • 即日融資ができるか
  • 土日祝日融資ができるか
  • だいたいこんなところに、あります。

    今回は、消費者金融と銀行系カードローン、銀行カードローンの違いを徹底的に検証していきます!

    消費者金融・銀行系カードローン・銀行カードローンとは

    ★三種のカードローンの主な傾向(もちろん例外も多いです!)
    消費者金融 銀行系カードローン 銀行カードローン
    金利
    無利息サービス ×
    限度額
    審査の厳しさ
    審査スピード
    融資スピード
    即日融資
    土日祝日融資

    ①消費者金融

    消費者金融とは、お金を貸すことで利益を得ている会社のことです。いわゆるサラ金ですね。
    一番の大手はアイフル。その他、アイシーローンなどの中小消費者金融が多く存在します。
    以前はプロミスやアコムも消費者金融でしたが、法改正で営業が厳しくなったことなどにより数が大分減ってしまいました。
    総量規制(個人に年収の3分の1以上のお金を貸すことを禁止する法律)の対象金融機関です。

    ②銀行系カードローン

    人によって分け方は変わってくるのですが……。
    このページでは、アコム、プロミス、SMBCモビットなどを「銀行系」と呼んでいきます。

    実はアコムは三菱UFJ銀行の、プロミスは三井住友銀行の子会社なんです。
    金利などの性質は消費者金融と変わりません。
    というより実際には、アコムやプロミスは「銀行傘下の消費者金融」と呼ばれることが多いのですが……。
    このページでは銀行系カードローン、と書いていきますね。

    消費者金融の一種なので、お金を貸すことで利益を得ていることには変わりありません。
    銀行系、と名前が付いていても総量規制の対象となるので、年収の3分の1より大きな金額を借りることはできません。

    また、「プロミス」「アコム」はとくに、返済方法や借入方法が多く、便利なカードローンとして知られています。

    ③銀行カードローン

    「銀行カードローン」とは、三菱UFJ銀行や、三井住友銀行など銀行名のついたカードローンのことです。
    ①②に比べて、低金利で限度額が高いことが多いですが、審査もその分少し厳しめです。
    総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上のお金を借りることもできます。

    金利と無利息サービス

    カードローンを選ぶ大きな理由に、初回30日間無利息キャッシングサービスがあります。
    実施しているのは大手金融機関の中なら、プロミス、アコム、アイフル3社。
    各社をはじめて利用するときに限り、サービスを受けることができます。

    実はこのサービスを使うと、低金利な銀行カードローンよりも利息を抑えられる可能性があるんです。
    どのくらいの差が出るか、計算してみました!

    ★10万円を月に1度返済するときに発生する利息(金利は上限金利)
    30日間で完済 3ヶ月で完済 6ヶ月で完済 12ヶ月で完済
    プロミス
    (17.8%)
    0円 1494円 3666円 8060円
    アコム、アイフル
    0円 1511円 3710円 8166円
    ソニー銀行
    イオン銀行
    (13.8%)
    1134円 2297円 3946円 7206円

    このように借入が半年(正確には7ヶ月)までなら、無利息サービスのあるカードローンのほうがおトクとなります。
    これは借入額が大きくなっても、変わらない法則です。

    どの会社もはじめて利用するのであれば、少しながら金利が低いプロミスがオススメです。

    プロミスの申し込みについてはこちら
    アコムの申し込みについてはこちら
    アイフルの申し込みについてはこちら

    ソニー銀行の審査についてはこちら

    限度額

    ★それぞれの最高限度額比較
    消費者金融 アイフル 500万円
    銀行系カードローン プロミス 500万円
    アコム、SMBCモビット 800万円
    銀行カードローン 三井住友銀行 800万円
    三菱UFJ銀行 500万円
    ソニー銀行 800万円
    イオン銀行 800万円
    オリックス銀行 800万円
    みずほ銀行 800万円

    例外が多いため、あくまで傾向ですが……。
    消費者金融や銀行系カードローンは500万円前後、銀行カードローンは800万円前後となっているところが多いです。

    800万円の限度額を持つ銀行カードローンの内みずほ銀行は、銀行カードローンの中でもとくに積極的に大口融資を行っています。
    みずほ銀行の申し込みについてはこちら

    審査スピード・審査基準・審査の厳しさ

    ★審査スピードと融資スピードの比較
    審査スピード 融資スピード
    アイフル 最短30分(※) 即日OK
    プロミス、アコム
    SMBCモビット
    三菱UFJ銀行
    ソニー銀行 最短60分 ソニー銀行口座を持っている場合のみ
    即日OK。そうでなければ翌日以降
    三井住友銀行
    イオン銀行
    オリックス銀行 数日 数日
    みずほ銀行

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    銀行カードローンは、審査や融資に時間が掛かりやすいです。即日融資に条件があることも多いのが特徴。

    三井住友銀行の申し込みについてはこちら
    三菱UFJ銀行の申し込みについてはこちら

    審査基準については、金利が低いほど審査が厳しい傾向にあります。
    でも実際は、銀行カードローンを利用するにしても、必要最低限の条件※さえクリアしていれば問題ありません

    ※目安としては、「1ヶ月に1度以上の収入があり、他社借入が3件以下、金融事故の記録がない」方

    アイフルの審査についてはこちら
    プロミスの審査についてはこちら
    アコムの審査についてはこちら
    SMBCモビットの審査についてはこちら

    三井住友銀行の審査についてはこちら
    三菱UFJ銀行の審査についてはこちら

    ソニー銀行の審査についてはこちら
    オリックス銀行の審査についてはこちら
    みずほ銀行の審査についてはこちら
     

    即日融資

    ★即日融資OKな金融機関
    アイフル ○  詳しくはこちら
    プロミス ○  詳しくはこちら
    アコム ○  詳しくはこちら
    SMBCモビット ○  詳しくはこちら
    三菱UFJ銀行 ○  詳しくはこちら
    ソニー銀行 △  ソニー銀行口座を持っている場合のみOK
    イオン銀行
    オリックス銀行 ×
    みずほ銀行

    即日融資を受けるためには、各社に合わせた条件を満たす必要があります。
    (例:プロミスで即日融資を受けるためには、21時までに審査を完了させて自動契約機で契約する、など)

    土日祝日の即日融資

    ★土日祝日でも即日融資OKな金融機関
    アイフル
    プロミス △ 「web完結」を選んだ場合は不可
    アコム
    SMBCモビット △ 「web完結」を選んだ場合は不可
    三菱UFJ銀行 ○ ただし土日祝日の受付は17時まで
    ソニー銀行 × 初回振込みキャッシングのみNG 審査受付は17時までOK
    イオン銀行 × 
    オリックス銀行 ×
    みずほ銀行 ×

    ただし、上の表は土日に申し込んで即日融資してもらう場合。
    すでにローンカードが発行されている場合であれば、どの金融機関もATMを使ってキャッシングをすることが出来ます。

    消費者金融で借りるべきなのはこんな人

    ①数回の延滞履歴がある人

    延滞を起こしたことがある方は、どこのローンにも通りにくくなってしまいます
    消費者金融であっても通過するとは限りませんが、銀行カードローンよりは可能性が高いでしょう。

    ②借入件数が5件以上ある人

    消費者金融であれば、審査に通る可能性はあります(ただ、可能性はそんなに高くありません)

    実際は借入件数が3件以上ある方には、新たな借入よりもおまとめをおすすめします。
    おまとめローンについてはこちら

    銀行系で借りるべきなのはこんな人

    ①短期間で少額借りたい人

    プロミスとアコムが実施している、「初回30日間無利息キャッシングサービス」を使えば……。
    七ヶ月以下で完済できるのであれば、銀行よりもおトクです。
    消費者金融のアコムにも無利息サービスはあるので、ぜひ活用してくださいね!

    ②とにかく急いでいる人

    スピーディな融資が得意なので、急いでいる人にはピッタリです。
    土日・祝日もOK!

    ③学生・フリーター・主婦など、収入はあるけれど正社員じゃない人

    学生やフリーターの方でも、審査に通りやすくなっています。

    ④働き始めたばかり・転職したばかりの会社員

    勤続年数が短くても、銀行よりは審査に通りやすいです。

    ⑤借金をまわりに隠したい人

    在籍確認を書類で行うなど、ローンバレの対策が万全です。
    詳しくはこちら

    銀行で借りるべきなのはこんな人

    銀行カードローンは、その他のカードローンと比べてとても低金利
    とくに借入期間が長いのであれば、利息にも大きな差がつきます。

    もしもあなたが、下記の条件を満たすなら、銀行カードローンで借りるべきです!

    ①同じ会社で1年以上働いていて、これまでの事故歴などない人

    勤続年数が1年以上あれば、銀行カードローンにもかなり通過しやすくなります
    もちろん勤続年数1年未満で通過することも可能です。
    また、ほとんどの銀行カードローンがアルバイト・パートの方でも申し込みOKとなっています。

    ②借入件数が3件以内の人

    銀行にもよりますが、借入件数に関しては消費者金融・銀行系ローンに比べて厳しめ
    ゼロに近いほどベターですが、審査落ちとなるボーダーは3件程度です。

    ③専業主婦の人

    専業主婦の方が利用できるのは、銀行ローンだけです。
    ただし、どの銀行も専業主婦OK、ってことではないです。
    ソニー銀行などの銀行ローンを利用しましょう。

    専業主婦の方のキャッシングについてはこちら

    ④多額の借り入れを考えている人

    消費者金融・銀行系カードローンには総量規制という法律上の制限があります。
    これは、個人に年収の3分の1より大きなお金を貸すことを禁止する、というもの。
    銀行には総量規制が適用されませんので、年収の3分の1以上のお金を借りることもできるんですね。

    まとめ

    ★カードローンは「消費者金融」「銀行系カードローン」「銀行カードローン」に分けられる!
     それぞれに傾向があるけれど例外も多いので、必ず一社ごとに確認するように!
    ★「消費者金融」と「銀行系カードローン」に利用上の違いはあまりない
    プロミス、アコム、アイフルなどが行っている初回30日間無利息サービスを使うと……。
    借入期間が7ヶ月以下なら銀行カードローンよりおトクに!
    ★審査が不安なら、消費者金融か銀行系カードローンを選ぼう!
    ★年収の3分の1以上の借入を行うのであれば、銀行カードローン一択!

    カードローンは、状況や目的にあわせて選びましょう!

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。