電気代を滞納してしまったら:止められるのは20日後から。復旧は?

電気代を滞納してしまったら:止められるのは20日後から。復旧は?

電気は私達の生活に不可欠。とは言え、一人暮らしでも毎月4000円前後を支払うのは大変ですよね。
なんとかこの費用をカットできれば、とは思いますが……。

残念ながら、電気代を支払わずに電気を使うことはできません
それどころか、支払期限までにお金を払えないと延滞金が発生し、損をするばかりなんです。

今回は、「もしも電気代を滞納するとどうなるの?」という疑問を中心にお答え・解説して行きます!
電気代を払えなくなりそう……という方も必見ですよ。



電気代滞納から送電停止までの流れ

電気代滞納から送電停止までの流れ

電気代滞納の流れ

電気代滞納

支払期限を過ぎると、延滞金が発生

支払期限の20日~40日後
送電ストップ

その後も電気代を支払わないと
裁判を起こされる可能性も……。

電気代を滞納していると、支払期限の20日~40日後には送電ストップとなってしまいます。

と違って、電気は生きていくのに必須、と言うわけではありません。
そのため、比較的早く利用停止処分となってしまうんです。

支払期限を過ぎると、延滞金が発生する!

支払期限を過ぎると、延滞金が発生する!

払えないからと言って電気代を滞納すると、延滞料金が発生してどんどん泥沼にはまって行く危険も……。

①延滞金の年利は約11%

延滞金の年利は約11%
TEPCO 公式サイトより引用

上の画像の「振替予定日」が支払期限。
会社や契約方法、支払い方法によって書き方が変わることも多いですが、請求書には必ず書いてあります

この期限までに支払うことができないと、年利約11%、日利0.03%の延滞金が発生することに……。
延滞金は、延滞していなければ払う必要のないお金。そのため、延滞は損しか生まないことになります。

東京電力、東北電力、関西電力に限り、10日目まで延滞金は発生しません

②延滞するほど、支払額は増えていく

★延滞金の発生例(滞納した電気代を4000円とする)

総支払額
延滞ナシ 4000円
20日間延滞 4024円
60日間延滞 4072円
180日間延滞 4216円
2年間延滞 4876円

見ての通り、延滞金自体は高いものではありませんが……。

引っ越しをして住所を変えても、電気代の請求は止まりません
どうせいつか支払うことになるなら、早めに返済しておいたほうが良いんですね。

\ 銀行カードに借り換えて支払いを楽にしよう!/

送電がストップされるのは、1度目の支払期限の20日~40日後

送電がストップされるのは、1度目の支払期限の20日~40日後

電気代を滞納していると、一定期間後に送電ストップ、つまり電気を利用できなくなってしまいます!

①支払期限は2つある

実は電気代の支払期限は2つあります。

1つ目は、毎月届く請求書に書いてあるもの。業者が電気の使用量をチェックする「検針日」の30日後ですね。
そして、この請求書に書いてある期限どおりに支払いができないと、2度目の請求書が送られてくるんです。

②1度目の支払期限から20日が経つと、送電停止の可能性あり

1度目の支払期限から20日が経つと、送電停止の可能性あり

2度目の請求書に書いてある支払期限(最終期限日)までにお金を払わないと、あなたの家の電気はストップします

2度目の請求書に書いてある支払期限は、1度目の請求書、つまりいつもの支払期限の20日~40日後
送電ストップを回避するためには、延滞金を含めた請求額全額を支払う必要があるんです。

★各電力会社による送電ストップまでの日数目安

電力会社名 1度目の支払期限から、送電停止までの日数
北海道電力 20日
東北電力 20日
北陸電力 20日~40日
東京電力 30日
中部電力 30日
関西電力 20日
中国電力 40日
四国電力 30日
九州電力 40日
沖縄電力 30日

会社によっては送電停止の前に、送電停止を知らせる通知書が届きます。

<送電を止められてしまったら?>

電気を復旧させるためには、全請求額を急いでコンビニなどで支払いの上、契約している電力会社に電話を掛けましょう。
夜間の申請であれば翌日の対応となることもありますが、基本的には1時間~3時間程度で再び電気を使えるようになります。

支払いをしない限りは、電気の利用は止められたまま
水と違い、電気を使えないことで死に至ることは少ないですが……。(凍死や熱中症の危険はあります)

  • 洗濯をすべてコインランドリー、または手洗いで行う
  • 携帯電話は利用できないか、外食チェーンや各携帯ショップなど、外部で充電するしかない
  • 日が沈んでからの活動は困難


など、電気代節約のメリットよりもデメリットの方が遥かに大きいです。
人里離れた場所で、自給自足の生活をする決意でもしない限り、電気なしでの生活は勧められません。

③クレジットカードで支払いをしていない限り、信用情報に問題はない

クレジットカードで支払いをしていない限り、信用情報に問題はない

電力会社は、金融機関ではありません。
そのため、電気代を滞納し続けたとしても個人信用情報にキズは付きません。つまり、今後のローンやクレジットカードの審査に悪影響はない、と言うことですね。

ただし、クレジットカードで支払いをしている方は例外
滞納から2ヶ月が経つことで、電気の停止とともに5年間、新しい審査に通ることは難しくなります。

電気代を滞納し続けると、裁判を起こされることも

電気代を滞納し続けると、裁判を起こされることも

何とかして電気代を踏み倒したい……。でも、逃げ続けるのは危険です!

①引っ越しても請求は止まらない

電気代を滞納している物件から引っ越しをしても、引っ越し先に請求は送られて来ます。これは、住民票のデータを参考にしているため。

住民票を移さなければ、請求は止まりますが……。
新しい街で郵便物を受け取れない、選挙権を得られない、公共施設や公共サービスを利用できないなどのデメリットがあります。
実質的には、「夜逃げ」をしたのと同じ状態になります。

②滞納額が大きいと、裁判の可能性あり

滞納額が大きいと、裁判の可能性あり

滞納額が高額(数万円以上)になると、裁判を起こされる可能性があります。
実際に電気代を踏み倒した中小企業の責任者などを相手に、電力会社は裁判を起こしています。

裁判を起こすのにはお金が必要なので、一般家庭や一人暮らしの方を訴えることは滅多にありませんが……。
お金があるのに払わない、など悪質だと認められた場合、その限りではありません

ちなみに、もし裁判を起こされてしまった場合、どう転んでもあなたは支払いから逃れられません……。
良くて分割払い、悪くて給料や貯金、財産の差押さえ、と言う処分を受けることになります。

\ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

電気代を支払えないときには、どうすればいい?

電気代を支払えないときには、どうすればいい?

電気代を払えず、送電停止の危機……。そんな場合の対処方法を教えます!

①相談すれば送電停止を延期してもらえるかも

電力会社や担当者によっては、電話で相談することで送電停止を1週間程度延期してもらえる可能性あり!
どうしても支払えない、と言うときにはできるだけ早めに、電力会社に相談をしましょう。

ただし、このときには「○○日までには支払います」と断言する必要があります。
日雇いのバイト1日だけでも、1ヵ月分の電気代はまかなえるので、なんとかしてお金を作りましょう。

②返済期限前なら、アンペア数を下げておこう

返済期限前なら、アンペア数を下げておこう
TEPCO 公式サイトより引用

これは翌月からしか使えないテクニックなのですが……。

契約アンペア一度に使える電気の総量を小さくすることで、電気代を節約することができます!
契約アンペア数は、請求書の他、ブレーカーを見ることでも確認可能。
返済期限前なら、アンペア数を下げておこう2

TEPCO 公式サイトより引用

必要なアンペア数の目安は「東京電力エナジーパートナー公式HP:わが家のアンペアチェック」で見ることができますよ!
10アンペア下げることで、毎月300円程度、基本料金が低くなります

ただし、契約アンペアを下げるとブレーカーが飛びやすくなるので注意してください。
10アンペアの契約だと、炊飯器や電子レンジを一台利用することも難しいです。

③カードローンを利用できるのは、収入がある方だけ

うっかりお金を使いすぎて、電気代の支払いができない……。

そんな方は、カードローンでの一時しのぎがおすすめ。プロミスアコムなどの大手消費者金融を使えば、30日間無利息で利用できます。
支払先は電力会社から金融機関に変わるものの、実質1ヶ月ほど支払期限が延びる形になるんですね。

ただし、カードローンの利用ができるのは継続的な収入のある、20歳以上の方だけなので注意。

まとめ

まとめ

電気代は、公共料金の中でもストップされやすい
★一度目の支払期限を過ぎると延滞金が発生
 金額は大きくないものの、滞納するほどデメリットばかり増えていくので早めの支払いを!
料金滞納・踏み倒しや夜逃げデメリットは、メリットより遥かに大きい
★収入があり、一時しのぎができれば良いのであればカードローンでのキャッシングがおすすめ
★電気を復旧させるためには、請求額を全額支払い後、電力会社に電話を掛けよう!

電気は私達の生活に必要なもの。
どうしても電気料金を払えない!と言う方は日雇いでのアルバイト、もしくは生活保護を検討するのもアリでしょう。



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。