キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

初心者向き・フリーローン徹底解説!カードローンとの違い&メリット・デメリット

    フリーローン デメリット

    「新生活に必要なお金を調達したい。
    いつも使っている銀行は<フリーローン>という、何にでも使えるローンを提供しているらしいけれど…?」

    地方銀行や信用金庫が中心に取り扱う「フリーローン」。基本的には無担保・無保証人で利用できる、名前の通り「使い道を(原則)問われない」ローンを指します。
    ……が、多くの金融機関が並行して取り扱う「カードローン」との違いを明確に説明できる方は、決して多くないでしょう。

    今回はカードローンに比べあまり語られることのない「フリーローン」商品について、そのメリット・デメリットや一般的な契約の流れを簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたが「フリーローン」を利用すべきか否かが分かります。

    紛らわしい「フリーローン」と「カードローン」の違い、説明できますか?

    フリーローン デメリット1

    「フリーローン」「カードローン」はいずれも、一般に「使い道を問われない無担保ローン」を指します。
    ……となると2つの区別が付きにくいのは当たり前ですよね。さらに銀行によっては「多目的ローン」なんていう商品を取り扱っていることもあります。
    これらのローンの、一般的な違いをまとめると大体以下のようになるでしょう。

    ★「使い道自由」なローンの概要と違い
    フリーローン※1
    • 証書貸付型
      (一旦借りたら分割払いで返済)
    • 使い道を問われない※2
    • 一括貸付型なので、カードローンに比べれば大きなお金を借りやすい
    • 金利はカードローンと同じくらい
    • 都市銀行は「りそな銀行」除き取り扱いなし、主に地銀や信金が提供
    カードローン※1
    • 当座貸越型
      (限度額の範囲内で何度でも借入可)
    • 使い道を問われない※2
    • まとまった出費よりは日々の生活のサポートに向く
    • 大体どこの金融機関も取り扱いあり
    多目的ローン※1
    • 証書貸付型
      (一旦借りたら分割払いで返済)
    • 借りたお金の使い道を証明できる書類の提出が必要
    • その代わりフリーローンやカードローンよりも低金利で借りやすい
    ※1 名称は取り扱い金融機関ごとに異なることも多い(ここではりそな銀行基準準拠)
    ※2 銀行取り扱いの場合、事業資金としての利用は禁じられていることが多い

    金融機関ごとに名前が異なることもあるためややこしいのですが、基本的には

    • フリーローン…一回借りたら返済のみを行うローン(=まとまった、1回きりの借入向き)
    • カードローン…限度額の範囲内で何度でも借りられるローン(=生活サポート向き)


    と考えて頂ければ良いでしょう。借りたお金の使い道を証明できるのなら、金利の低い「多目的ローン」を探してみるのも良いですね。

    これらのローンはいずれも「使うべきタイミング」が異なるため、一概にどれが優れていると言い切ってしまうことはできません。

    まずはあなたの希望(一度きりの借入を希望するか、少額を必要に応じて何度でも借りたいか)を今一度見直し、状況に合ったローンタイプを選択してみると良いでしょう。

    CHECK【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方

    ★ローンの分類は、3種すべてのローンを取り扱う「りそな銀行」の基準に準じています。取り扱い金融機関によっては定義や名称が異なることがありますのでご注意ください。

    例えば三井住友銀行の「フリーローン」という名前のローンは、上の表の中だと「多目的ローン」の分類に含まれます。同行にりそな銀行基準における「フリーローン」の取り扱いはありません。

    カードローンと比べた「フリーローン」のメリット・デメリット

    フリーローン デメリット2

    「まとまったお金を一回だけ借りたいか」「必要なお金をそのたび借りたいか」という1点だけで申込先を決められたなら、それはそれで良いのですが……。

    ここからは「これだけの情報ではまだ申込先を決められない」あるいは「フリーローンについてもっと知った上で申し込みたい」というあなたのため、「カードローンと比較したフリーローンの特徴」をより詳しく解説させて頂きます。

    ★フリーローンをカードローンと比較すると
    メリット
    デメリット

    ①カードローンより希望通りの金額で契約を結びやすい

    「カードローン」ではなく「フリーローン」を選ぶ第一のメリットとして挙げられるのが、「カードローンより大きな契約を結びやすい(大きなお金を借りやすい)」というもの。

    理由は単純に、「同じ金額で契約を結ぶ場合の貸し倒れリスクが、カードローンよりも低いから」でしょう。100万円を何度でも貸す契約よりも、100万円を1度貸す契約の方が「貸す側」にとって気軽なことは言うまでもないかと思います。

    また、「カードローンよりフリーローンの方が大口契約を結びやすい」と言える証拠は各銀行の公式HPにも見られますね。一番分かりやすいのは以下の「沖縄海邦銀行」のものでしょうか。

    ご利用極度額
    ご融資金額
    沖縄海邦銀行公式HPより、上:カードローン、下:フリーローンの貸付条件

    少なくともこの沖縄海邦銀行において、年収400万円の方が極力大きなお金を借りたいと考えた場合……。

    カードローンの限度額は最高130万円(同行カードローンの限度額は10万円刻みで設定されるため)であるのに対し、フリーローンを選べば200万円までの契約を結べる可能性があるわけです。

    この他にも

    • フリーローンの方にだけ、大口融資が前提となる「おまとめ」の案内がある
    • フリーローンの方が上限融資額が高い

    …といった差を設けている地銀・信金は少なくありません。
    実際の限度額は審査結果に応じ決まるとは言え、少しでも大きなお金を借りたいのであればカードローンより「フリーローン」を選ぶべき、というのは明白でしょう。

    ★ちなみに「沖縄海邦銀行」と同様の記載(年収に対する融資上限額の差異)は以前「みずほ銀行」公式HPにも見られましたが、現在は削除されているようです。
    (みずほ銀行の取り扱いは「フリーローン」ではなく、使い道を証明できる書類が必要な「多目的ローン」ですが)

    ②「回数分割払い」だから、リボ払い式のカードローンよりも安心

    カードローンと比べた「フリーローン」の一番分かりやすいメリットが「大きな契約の結びやすさ」であるのなら、一番大きなメリットは「放っておいても多額の利息が発生しづらいこと」でしょうか。

    前提として、カードローンの返済方法はいずれも「リボ払い」です。
    これだけで抵抗を感じる方も少なくはないかと思いますが、「リボ払い」とは「借入額(あるいは限度額)に応じ、毎月定額を支払う」という意味に過ぎませんので、これ自体に問題はありません。

    問題は多くのカードローン(特に銀行取り扱いのもの)が毎月の返済額をやたら安く設定していること。
    そしてこの返済を自動引き落としだけに任せておくと、数十年を掛けて多額の利息が発生してしまうことは決して珍しくないんです。

    …これに対し、各「フリーローン」の返済方式は「回数分割払い」。クレジットカード、あるいは自動車ローン等の分割払いを利用したことがあるのならイメージしやすいかと思いますが、「12回」「48回」といった返済回数をあらかじめ指定し、それに応じた金額を支払っていく方式です。

    正直、今の銀行「カードローン」の、「極力返済を長引かせる」返済方式は悪質と言って差し支えないようなもの。
    これに対し、毎月一定の金額を、事前に指定した回数だけ引き落としてもらえるというだけでも、「フリーローン」を選ぶ意味は十分と言えるでしょう。

    もちろんカードローンの方であっても、任意の返済(追加返済)を行うことで利息の節約が可能ではありますが……。
    フリーローンのようにもともと相応の金額を引き落としてもらえるのなら、その手間も掛かりません。

    要は「回数分割型」のフリーローンであれば、特に返済について意識せずともカードローンより損をしづらいわけですね。
    これについては「お金の管理やローンの仕組みについて自信がない場合、フリーローンの方が安全」と言い換えても良いでしょう。

    横浜銀行における、2つのローンの支払総額比較(クリック/タップで開きます)
    文字だけで解説しても分かりづらいかと思いますので、ここでは「横浜銀行」の例を元に比較させて頂きました。
    以下、横浜銀行カードローン/フリーローンで100万円を借りた場合の比較(いずれも金利14.6%)となります。

    ★カードローン・フリーローン比較
    カードローン
    (リボ払い)
    フリーローン
    (分割払い)
    15,000円
    (借入額50万円超~100万円)
    →10,000円
    (借入額40万円超~50万円)
    →8,000円
    (借入額40万円超~50万円)
    →6,000円
    (借入額40万円超~50万円)
    →4,000円
    (借入額40万円超~50万円)
    →2,000円
    (借入額10万円以下)
    指定した返済回数によって異なる
    例:48,296円(24回払い)
    例:27,628円(48回払い)
    例:23,580円(60回払い)
    ▼上の通りの返済を続けた結果の支払総額▼
    カードローン フリーローン
    2,407,193円
    (302回/25年2ヶ月)
    1,159,113円
    (24回払い/2年)
    1,326,139円
    (48回払い/4年)
    1,414,797円
    (60回払い/5年)

    「フリーローン」に対し「カードローン」の返済額が安いこと(そして返済が進むとさらに安くなっていくこと)、返済を自動引き落としに任せた際の総支払額の差がよく分かるかと思います。

    ★返済方式にかかわらず、どのローンも「早く完済すればするほど(=毎月の返済額が重いほど)」利息が安く済みます。

    多くのフリーローンでは、「申込時点」で希望返済回数を伝えることとなります。各返済シミュレーターなどを使い、「無理の無い範囲で、極力早く返しきる返済回数」をあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

    ちなみに上の表内の計算には、カシオ計算機の提供する以下のツールを使用させて頂きました。

    CHECKke!san「ローン返済(毎月払い)」

    半年ごとのボーナス払いを併用したい場合には、以下のツールをご利用ください。

    CHECKke!san「ローン返済(ボーナス併用)」

    ★ちなみに金利を同じくする横浜銀行カードローン・フリーローンの場合、追加返済等を使い2つのローンの毎月の返済額を同額にすれば、利息額も同額となります。
    が、カードローンを使い毎月追加返済を行うことは、返済忘れなどのリスクも負うことになります。
    何より単純に面倒と言わざるを得ません。

    ③ただしカードローンのように「必要に応じ、何度も」利用することはできない

    先に触れた通り、フリーローンとは「一回借りたら分割払いで、返済のみを行うローン」のことです。少なくとも銀行や信金の取り扱うフリーローンの場合、原則として契約中の追加借入は不可能となりますのでご了承ください。

    • 近いうちにまた借入が必要になるかも
    • ちょくちょく発生する生活費の不足を補いたい

    …という場合には、限度額の範囲内で何度でも借りられる「カードローン」の方が向いています。

    ……ただしこれに関しては追加借入ができない分「借金グセ」が付きにくい、というメリットとして言い換えることもできるでしょう。

    「何度でも借りられる」カードローンは毎月の返済負担が軽いこともあって、金銭感覚が狂うきっかけとなりやすいもの。
    お金の管理に自信がないのであれば、「必要な時、1度しか借りられない」フリーローンの方がむしろあなたに合っているかもしれません。

    特に「既存のローンやショッピングリボを一本化したい」という場合には、どうやっても追加借入のできない「フリーローン」の利用を推奨したいところです。

    ④「即日融資」「郵送物なしでの契約」もほぼ不可能

    「追加借入ができない」ことはデメリットであると同時に、「借金グセが付きにくい」というメリットと言い換えることもできましたが……。

    「即日融資や郵送物なしでの契約に対応していない」といったサービス面がカードローンに比べ劣りやすい点は、「フリーローン」の純粋なデメリットと言ってよいでしょう。

    そもそも2018年に全銀行ローンの審査に警察庁データへの照会が義務付けられて以来、すべての銀行カードローンは即日審査に対応できなくなってしまいました

    そしてスピード融資に定評のある大手消費者金融会社は「フリーローン」を取り扱っていませんので、この時点で即日融資は絶望的です。

    こういった事情から基本的に、銀行や信金のフリーローンを利用するにあたっては、申込から1週間~3週間程度の時間が掛かるものと考えて頂くのが無難でしょう。

    また、現在「自宅への郵送物なし」で利用できる銀行・信金のフリーローンは確認されていません

    カードローンであれば「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」等で「郵送物なしの契約」を狙えますが、この2行はいずれも「使い道の証明なしで使える、証書貸付型のローン」を取り扱っていません。
    (三井住友銀行には「フリーローン」という名の多目的ローン(りそな銀行基準)の取り扱いがありますが、問い合わせを行ったところ郵送物の送付は避けられないとのこと)

    以上の内容から、フリーローンは「原則として一緒に暮らしている家族の同意を得た上で、時間に余裕を持って申し込む」ことが前提となります。

    「借入を急ぎたい」「自宅への郵送物送付は困る」という場合には、各「カードローン」商品を利用せざるを得ないでしょう。

    CHECK即日&来店なしでお金借りるならどこがいい?フローチャートで簡単チェック
    CHECK【即日VS銀行】郵送物なしで借りれるカードローンはここだ!おすすめ3選と注意点

    ★ちなみに自宅への郵送物送付こそ避けられないものの、フリーローンを利用するにあたって家族や配偶者の同意は必要ありません。
    (ただし専業主婦の方が申し込む場合に当たっては、例外が存在する可能性あり。事前確認推奨)

    ★いくらかの中小消費者金融は即日融資対応のフリーローンを取り扱っていますが……。
    これらはいわゆる「ブラック」状態の、銀行等から借りられない人を対象としたものですので、普通は選択肢に入りません。

    またこういった業者のフリーローンは「小口融資前提」「一般的にリボ払い」等、銀行の取り扱い商品とは性質が異なります。

    金利設定は金融機関によって異なる

    「カードローン」「フリーローン」の金利設定は金融機関によって異なります。双方のローンを取り扱っている金融機関の場合、そこまで大きな差は設けられていないことが多いのですが……。

    それでも「カードローン」の方が低金利な銀行、「フリーローン」の方が低金利な銀行、どちらも特に珍しくはありません。

    が、先述のようにカードローンの返済方式は「リボ払い」。特に銀行の場合、毎月の返済額はやたら安く設定されていることが多く、積極的に追加返済を行わない限りなかなか借入が減りません。(=知らないうちに多額の利息を取られやすい)

    よって「フリーローン」「カードローン」どちらも利用可能、という状況であれば、仮にやや高金利だったとしても、返済にそこまで気を配る必要のない「フリーローン」の選択を推奨したいところです。

    ★ちなみに特に厳しい利用条件が設けられていない場合、審査難易度についてもそこまで大きな違いはありません。
    審査通過の最低ラインは「年収200万円程度または正社員/信用情報問題や他社借入なし」が目安となることでしょう。
    (他社借入については年収でリカバリーも可能、また自動車ローンや住宅ローン、奨学金はこれに含まれません)

    一般的な銀行フリーローン、契約の流れ

    フリーローン デメリット3

    メリット・デメリットを見比べた上で「フリーローン」への申込を決めたなら、一般的な契約の流れを見てみましょう。

    一般的な地銀・信金フリーローン
    契約の流れ

    インターネットや窓口等で申し込み
    審査
    ※携帯電話に申込確認が入る可能性あり
    ※勤務先に申込確認(在籍確認)が入る可能性あり
    電話やメールで審査結果連絡
    (数営業日~1週間強程度が多い)
    指定された必要書類を持って銀行窓口へ
    (金融機関によっては郵送契約、ネット契約可)
    契約手続き
    振込による融資実行
    (ここまで1週間~3週間程度が多い)
    契約内容の控え等の送付
    半年ごとに明細を送付されることも多い
    (金融機関により異なる)

    契約方法に関しては「窓口への来店必須」としている金融機関、「インターネットでの手続き可」としている金融機関と様々です。
    これに関しては、申込を検討されている金融機関(いつも口座を使っているところで構いません)の公式HPをご覧頂くのが一番早いでしょう。

    また先述の通り、フリーローンを利用するにあたって自宅への郵送物を避けることはできません。
    定期的に利用明細が届くことも多いため、あらかじめご家族に承諾を取っておくことを強くおすすめします。

    参考横浜銀行フリーローンの必要書類
    本人確認書類
    (全利用者必須)
    以下のうちいずれか1つ

    • 運転免許証
    • 健康保険証+住民票または公共料金領収書
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    収入証明書
    (希望融資額が50万円を超える場合)
    以下のうちいずれか1つ

    • 源泉徴収票
    • 納税証明書
    • 確定申告書
    • 住民税決定通知書
    ※必要書類は申込先によって異なる場合があります。

    まとめ

    フリーローン デメリット4

    • 「カードローン」と比べた「フリーローン」のメリット・デメリットは以下の通り。
      • 銀行側の契約リスクが低いから、比較的大きなお金を借りやすい
      • 「回数分割払い(均等方式)」だからリボ払い式のカードローンに比べ安心、かつ追加返済などで気を配る必要もない
      • 追加借入は不可。不便ではあるが、借金癖のきっかけになりづらいとも言える
      • 借入先が主に地銀や信金となるため、即日融資や郵送物の回避は不可
    • 特に「回数分割払い」のメリットは大きく、お金の管理や知識に自信が無くても低リスクで利用しやすいと言える。カードローンとフリーローン、両方を選択できる状況なら「フリーローン」を選びたい
    • 契約の流れ(インターネット契約が可能か、来店契約が必要か等)は申込先によって異なるため、事前に公式HP等をチェックしておくのが良い

    「追加融資不可」「借入までの必要日数」「郵送物の回避不可」といった点で難はあるものの、それさえ気にならないのであればカードローンよりも安心して、低リスクで利用できる「フリーローン」

    医療費、車検や整備代、その他趣味の物品購入など、「一回きりの借入」を希望するのであれば、カードローンよりもこちらを利用すべきと言って良いでしょう。

    CHECK【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方


    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい