キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方
    「車検代が思ったよりもかさんでしまい、手持ちのお金じゃ少し厳しい。
    どこかのフリーローンを使って、何とか乗り切れないかな?」

    こういった場合、あなたが生活するのに十分な収入を得ているのなら、非常にたくさんのローンが申込先候補に入ります。

    もちろん銀行などが取り扱う「フリーローン」という名前の商品もその一つですが……。
    「より低金利に」あるいは「より簡単に」借りたい、という希望があるのなら、もっとあなたに向いた借入先を見つけられそう。

    今回は「お金の使い道を問わないローン」をお探しのあなたのため、基本的な申し込み先の選び方と種類別のおすすめローンをまとめました。
    読み終えていただければ、あなたの目的と希望に合ったローンへ滞りなく申し込みを済ませられるかと思います。

    「用途自由なローン」は大きく分けて3種類、まずはあなたが選ぶべきローンタイプをチェック

    「用途自由なローン」は大きく分けて3種類、まずはあなたが選ぶべきローンタイプをチェック
    それでは早速、おすすめの「フリーローン」を紹介していきましょう!
    と言いたいところなのですが……。

    紛らわしいことに、「フリーローン」という言葉は使う人や金融機関によって
    (1)使い道自由なローンすべて
    (2)使い道自由なローンのうち、一括貸付型の(=カードローンでない)もの
    (3)使い道自由なローンのうち、一括貸付型で、借りたお金の使い道を証明する必要がないもの
    ……という風に意味が変わってきます。

    「フリーローン」を(1)の意味で選びたい人と(3)の意味で選びたい人では、当然おすすめの申込先も変わってくるもの。
    そこでここではあなたが「とにかく使い道自由なローン」を利用したいと考えていると仮定し、その3つの分類をまとめました。

    ★使い道自由なローンの小分類(3種のローンを取り扱うりそな銀行の基準による)

    金利資金使途確認書類※1返済概要
    多目的ローン
    低い
    必須回数分割
  • お金の使い道の証明が必須な代わりに低金利
  • 比較的大きなお金を借りやすい
  • 金利重視ならコレ

    カードローン
    高め
    不要リボ払い※2
  • 借入先を選べば申込当日の融資も可能
  • 限度額の範囲内で何度でも借りられる
  • 使い勝手&スピーディさ重視ならコレ

    フリーローン
    高め
    不要回数分割
  • カードローンよりは大きなお金を借りやすい(ただし多目的ローンほどではない)
  • 資金使途の証明ができない&少しでも大きなお金を借りたいならコレ

    ※1 借りたお金の使い道を証明できる書類。見積書やパンフレットなど。
    ※2 借入残高に応じた定額を毎月支払い。とは言えどの金融機関もATM入金等を通した追加返済可

    ローンの名前は金融機関によって異なるのですが、ここでは3つのローンすべてを取り扱う「りそな銀行」の基準に則らせて頂きました。「フリーローン」はこの場合、先述の(3)の意味になりますね。(使い道自由、一括貸付、かつお金の使い道証明不要)

    「使い道自由」なローンのうち、あなたに向いていそうな申込先は見つかりましたか?
    ここからはローンの分類ごとに、おすすめの申込先を紹介させて頂きます。

    CHECK2.【低金利・資金使途確認アリ】金利6%未満のおすすめ「多目的ローン」
    CHECK3.【簡単・スピーディ・何度でも】使い勝手の良いおすすめ「カードローン」
    CHECK4.【大口&資金使途確認なし】返済しやすいおすすめ「フリーローン」

    【低金利・資金使途確認アリ】金利6%未満のおすすめ「多目的ローン」

    【低金利・資金使途確認アリ】金利6%未満のおすすめ「多目的ローン」
    まずは借入先を選ぶ上で「金利の低さ」を最重視したいあなたにぴったりの「多目的ローン」についてお話ししていきます。

    ★多目的ローンの利用には「資金使途確認書類」(見積書、パンフレット等の借りたお金の使い道を証明できる書類)が必要です。あらかじめご確認ください。

    多くの場合、既存借入のおまとめには利用できません。(ただし例外となる金融機関はあります)

    ①まずは口座を持っている金融機関の取り扱いローンをチェック

    この多目的ローンについて、「おすすめの申込先はココ!」と言い切ってしまえればよいのですが……。

    多目的ローンに限らず、ほとんどの銀行(または信金など)のローンは、「借入先銀行の口座を使った、毎月の返済」が必要となります。
    どんなに条件の良いローンでも、普段使っていない口座を使い返済を行うと入金の手間が掛かりますし、返済忘れのリスクも高くなってしまうもの。
    そのためまずは、「あなたが普段口座を使っている金融機関」が多目的ローンを取り扱っているかチェックしてみると良いでしょう。
    単純に「(金融機関名) 多目的ローン」と検索することで、金融機関によっては簡単に見つけられるかと思います。

    西日本シティ銀行(福岡県)の検索結果▲西日本シティ銀行(福岡県)の検索結果(広告は除外しました)。
    ちなみにこのローン(NCB EZ多目的ローン)の金利は上限4.3%と非常に優秀です。

    ……ただし、多目的ローンを取り扱っていない金融機関(特に地銀)は結構多いもの。
    各銀行のローン一覧ページを見てもそれらしい商品が見つからなかったなら、資金使途確認書類の必要ないフリーローン(ただしやや高金利)、あるいは後述する「みずほ銀行多目的ローン」等への申込みを検討することとなるでしょう。

    ★多目的ローンは「個人ローン」「一般ローン」そして「フリーローン」という名前で取り扱われていることがあります。
    実際、三井住友銀行の取り扱う「フリーローン」商品は、一般的な命名規則に反して「資金使途確認書類必須」となっていますね。フリーローンしか見付けられない、という状況であっても、商品内容を今一度確認してみると良いでしょう。
    また、もちろん資金使途確認書類が不要のものであっても、低金利なローンを利用できそうであればそちらを使っても構いません。

    ★一部、金利とは別に「保証料」が上乗せされるローンも存在します(特にJA取り扱いのものに多い)。
    申し込みを決める前には、「保証料」の項目を今一度ご確認ください。

    ②全国から申し込めるところなら「みずほ銀行」が最も低金利

    普段使っている金融機関が「多目的ローン」を取り扱っていない、それでも何とか低金利で借りたい……という場合には、「新しく口座を作った上で、優秀な多目的ローンを利用する」という方法も選択肢に入ります。
    この際にはもちろんお近くの信用金庫等を使っても良いのですが……。
    全国から申し込める低金利「多目的ローン」をピックアップすると以下のようになりますね。

    ★全国から申し込める低金利多目的ローン

    金利融資額返済期間
    みずほ銀行多目的ローン5.875%
    (変動金利)
    6.500%
    (固定金利)
    10万円~300万円6ヶ月~7年
    三井住友銀行フリーローン(無担保型)5.975%
    (変動金利)
    10万円~300万円1年~10年
    (埼玉)りそな銀行多目的ローン6.975%
    (変動金利)
    ※同行住宅ローン利用者は-3%
    10万円~300万円1年~10年
    ※いずれも提供元銀行の口座開設と、同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    ※三菱UFJ銀行に現在多目的ローンの取り扱いはありません。

    金利重視で申し込み先を選ぶのなら、みずほ銀行のローンが最優先と言って良いでしょう。

    みずほ銀行多目的ローン
    金利5.875%
    (変動金利)
    融資額10万円~300万円
    担保・保証人不要返済期間6ヶ月~7年
    利用条件
    (公式HPより)
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

  • お借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終ご返済時年齢が満71歳未満の方
  • 勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方
  • 前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 資金使途
    (公式HPより)
  • 原則自由(ただし、事業性資金、有価証券投資資金、見積書や契約書等により確認できない資金としてはご利用いただけません)。また、資金使途は確認させていただき、みずほ銀行が認める場合に限ります。
  • お借入金額が100万円超の場合、ローンのお借り入れ後に、お支払済であることが確認できる書類(領収書等)をご提出いただきます。
    (お借入金額が100万円以下の場合でも、ご提出をお願いする場合があります。)
  • その他
  • みずほ銀行の口座開設必須
  • 窓口の他、郵送でも契約可(ただし口座をお持ちでないなら窓口での契約推奨)
  • みずほ銀行住宅ローン利用者はより好条件な専用ローンへ申込可
  • とは言えご覧の通り、みずほ銀行の多目的ローンには「2年」の勤続年数制限が設けられています。
    これを満たせないのなら、近い金利で多目的ローン(名前はフリーローンですが)を取り扱っている「三井住友銀行」(勤続年数制限なし)への申し込みをおすすめします。

    【簡単・スピーディ・何度でも】使い勝手の良いおすすめ「カードローン」

    【簡単・スピーディ・何度でも】使い勝手の良いおすすめ「カードローン」
    ここからは用途自由なローンのうち、「使い道を証明する書類不要」かつ「一回契約すれば、限度額の範囲内で何度でも借りられる」、使い勝手の良い「カードローン」について解説していきます。

    ①即日融資希望なら「プロミス」「レイクALSA」がサービス面で特に優秀

    カードローンは一般に、「契約の簡単さ」「スピーディさ」を重視される方に人気があります。
    このあたりを重視するのであれば、おすすめの申込先は消費者金融(キャッシング専用会社)各社となるでしょう。

    参考大手消費者金融5社比較

    上限金利郵送物なしでの借入24時間
    振込※1
    備考
    プロミス17.8%
    (30日間無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    OK
  • 特にデメリットなし
  • レイクALSA18.0%
    (60日間無利息または180日間5万円無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    OK
  • 全ATMの手数料無料
  • 他社より若干審査厳しい
  • SMBCモビット18.0%条件厳しめ詳細非公開
  • 大口融資に強い
  • 無利息サービスなし
  • アコム18.0%
    (30日間無利息)
    郵送物回避には来店必須
    口座による
  • スマホATM未対応
  • アイフル18.0%
    (30日間無利息)

    あえて希望しない限り郵送物なし
    不可
  • 突出したメリットはない
  • ※1 メンテナンス時間、日曜夜間などの例外あり。また一部金融機関口座は対象外
    申込~借入までに掛かる時間は5社とも「最短1時間」(土日祝日を含む)
    ※特に記載のない限りコンビニATM利用時には手数料(110円または220円)発生、スマホATM対応

    「自宅への郵送物を避けやすい」かつ「24時間振込対応」という点で、ユーザーサービスに優れるのは「プロミス」「レイクALSA」ですね。
    このうち少しでも低金利で借りたいなら「プロミス」を、独自の無利息サービスや全ATMの手数料無料に魅力を感じるなら「レイクALSA」を選ぶと良いでしょう。

    CHECK電話取材に基づく消費者金融・徹底比較!申込先はフローチャートで簡単チェック

    ②極力低金利に借りたいなら、時間は掛かるが銀行系を選んでも◎

    特に借入を急いでいないのであれば、借入先に「銀行」等を選ぶことでいくらか低い金利での借入が可能です。
    (消費者金融会社の上限金利が18%程度であるのに対し、銀行カードローンの上限金利は14.5%程度が多い)

    この場合もまずは、普段口座を使っている金融機関の取り扱いローンをチェックしてみると良いでしょう。多目的ローンと異なり、カードローンは大体どこの金融機関も提供しているはずです。

    ただし金融機関によっては「契約に来店必須」などの制限が設けられていますから、このあたりが気になるのであれば「楽天銀行スーパーローン」をはじめとする口座開設不要型のカードローンを選ぶのも良いですね。

    楽天銀行カードローン(基本情報)
    実質年利1.9%~14.5%限度額10万円~800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設不要
    融資スピード公式HP参照借入判断なし
    申込条件
    事前にご確認ください
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方(※2)
    ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
    ※2 当行が認めた場合は不要です

    おすすめ
    ポイント
    楽天銀行スーパーローンは借り換えに最適◎

    借り換えは金利は低い方が断然お得!
    楽天銀行の借り換えなら、金利1.9%~14.5%
    ネット銀行ならではの金利が嬉しい!

    返済は月々2000円からと負担が軽い◎

    さらに楽天会員なら審査優遇(※)も!
    ※ 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。


    審査が不安な 佐藤さん
    最大で年収の2分の1程度まで借入可(原則として安定収入ある正規雇用者に限る)なんてすごい!
    【管理人】山本
    それだけではなく、任意の金融機関口座を使った引落返済も可能です!
    【管理人】山本
    ただし、「郵送物の回避不可」という点には気を付けてくださいね

    「楽天銀行の口座開設不要」かつ「好きな金融機関の口座を使って毎月の返済ができる」「インターネット上で契約を結べる(来店不要)」ということで、最も広い層から申し込みやすい銀行カードローンと言って良いでしょう。

    CHECKユーザーに聞いた!楽天銀行カードローン、審査・契約の流れ&必要日数、必要書類他

    とは言え「口座を開設してでもおトクに借りたい」といった場合には他にも多くの申込先候補があります。
    詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECKメリットから選ぶ!おすすめ銀行カードローン:低金利、郵送物なし、口座不要他

    目安400万円以上の収入があればスピード・バレにくさ&低金利を一度に叶えられる

    多くの銀行カードローンは「取扱銀行の口座開設必須」「郵送物の回避不可」といった制限を設けています。
    このことから「近所に低金利カードローンを取り扱う信金はあるが、新しく口座を作るのはちょっと…」「家族に知られず借りたいのに…」といった不満を抱かれる方は決して少なくないのですが……。
    もしもあなたに目安400万円以上の収入があるのなら、アイフル「ファーストプレミアムカードローン」を利用することで「低金利&任意の口座での返済&郵送物回避」を並立可能。

    ★アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    金利3.0%
    9.5%
    限度額100万円
    ~800万円
    融資に掛かる時間最短即日郵送物なしでの契約
    郵送物なし+来店なしの両立にも対応
    申込条件
    • 満23歳~59歳の方で一定の年収があり当社を初めてご利用される方
    • 定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
    その他
    • 普通のアイフルカードローンとは別商品
    • カードレス契約対応(この場合の借入方法は銀行振込またはスマホATM)
    • 任意の金融機関口座を使った引落返済可
    • 貸金業法の対象となるため、年収の3分の1を超える借入不可

    デメリットは「一般的なカードローンより審査が厳しい」くらいのものですから、これさえ問題にならないのならそのまま申し込みを決めてしまっても良いでしょう。

    CHECKアイフルファーストプレミアムローン公式HP

    ★通常の「アイフル」カードローンとは別商品です(取り扱う会社は同じです)。
    申込先を間違えないようお気を付けください。

    ★銀行カードローンの中でも三井住友銀行カードローン三菱UFJ銀行「バンクイック」例外的に郵送物の回避が可能です(諸条件あり)。
    「ファーストプレミアムカードローン」の審査に通る自信はないものの、極力低い金利で、郵送物なしで借りたい、という場合に是非ご検討ください。

    【大口&資金使途確認なし】返済しやすいおすすめ「フリーローン」

    【大口&資金使途確認なし】返済しやすいおすすめ「フリーローン」
    ここからは「資金使途確認書類不要」かつ「一括借入型」(一度借りたら返済のみを行う)という特徴を持つ、「フリーローン」(りそな銀行基準の名称)商品の選び方について説明していきます。

    ①まずはお近くの地銀や信金、JA等の取り扱い商品をチェック

    フリーローン選びに関してですが、これも多目的ローンと同じく「口座を持っている金融機関」の公式HPをチェックしてみるのが最優先。まずは「(金融機関名) フリーローン」で検索してみてください。

    「横浜銀行 フリーローン」の検索結果▲「横浜銀行 フリーローン」の検索結果(広告は除外しています)

    これまで確認した限り、ほとんどの地方銀行と信用金庫は「フリーローン」商品を取り扱っています。

  • 使い道を確認できる書類を提出できない(あるいは多目的ローンの利用条件を満たせない)
  • 極力大きなお金を1回借りたい(既存ローンのおまとめ・借り換えを含む)
  • リボ払いでなく、回数分割払い(あらかじめ返済回数を決めて支払い)で返したい
  • といった場合には、普段使っている金融機関のフリーローンへそのまま申し込みを決めて良いでしょう。

    ……ただし「りそな銀行」除く都市銀行、あるいはいくつかのインターネット銀行(楽天銀行、ソニー銀行等)はフリーローン商品を取り扱っていません。
    この場合には後述の、「全国から申し込めるフリーローン」の利用を検討しても良いでしょう。

    ★三井住友銀行の「フリーローン」という名前の商品は、名称に反し「資金使途確認書類」が必須となります。
    (このページ上の分類では「多目的ローン」に属します)

    ②全国から申し込める「イオン銀行フリーローン」は平均よりやや低金利

    全国から申し込めるフリーローンの中だと、「イオン銀行フリーローン」が少しばかり低金利となります。
    「資金使途確認書類なしで、できる限り低金利に借りたい」という場合にはチェックしてみて損はないでしょう。

    イオン銀行フリーローン(アシストプラン)
    金利3.8%
    ~13.5%
    融資額10万円~700万円
    担保・保証人不要返済期間1年~8年
    利用条件
    (公式HPより)
    ご利用になれる方
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
    • ご契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
    • 当行に普通預金口座をお持ちの方
    • 安定かつ継続した収入の見込める方
      原則、前年度税込年収が200万円以上の方
      ※ 年金受給者、学生、無職(専業主婦(夫))の方はご利用になれません。
    • 保証会社であるオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方
    資金使途
    (公式HPより)
    原則自由(事業性資金は除く)
    その他
  • 事務手数料2,750円
  • ただしご覧の通り、このローンを利用するためには「イオン銀行」の口座開設が必須
    これを面倒に感じるなら、普段使っている銀行(あるいは楽天銀行)の「カードローン」で乗り切ることもご検討ください。

    ★ちなみに「住信SBIネット銀行」のフリーローンは上限12.0%とイオン銀行よりも低金利ですが、借入の際に融資金額の2%という高額な手数料が発生するため原則お勧めしかねます。

    「楽天銀行スーパーローン」「住信SBIネット銀行カードローン」等はカードローン商品ではあるものの、フリーローン並みの大口融資(年収の2分の1程度まで)に対応しています。
    普段ご利用の金融機関がフリーローン商品を取り扱っていなかったなら、こちらも併せてご検討ください。

    CHECK【100万円借りたい】高限度額に定評あるカードローン&その他借入方法と必要条件

    まとめ

    まとめ

    ★用途自由なローンの分類と申込先候補のまとめ

    金利資金使途確認書類※1返済申込先候補
    多目的ローン
    低い
    必須回数分割
    カードローン
    高め
    不要リボ払い※2
    フリーローン
    高め
    不要回数分割
    ※1 借りたお金の使い道を証明できる書類。見積書やパンフレットなど。
    ※2 借入残高に応じた定額を毎月支払い。とは言えどの金融機関もATM入金等を通した追加返済可

    「資金使途確認書類を用意できるか」「今日・明日中に借りたいか」といった希望によって、おすすめの申込先ローンは変わってきます。
    まずは「いつ・いくらのお金が必要なのか」確認した上で、あなたに合ったローンを選んでみてくださいね。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    フリーローンをできるだけ低金利で借りたいのなら、狙うべきは各銀行が貸付を行っているフリーローンです。元々、銀行は消費者金融会社のよりも金利は低く設定されているのですが、取引状況次第で金利を割り引いてくれるサービスも実施しているところも。自分の利用している金融機関、身近な金融機関にはどのような商品があるのかをチェックして下さい。自分の住んでいない地域以外でも低金利で利用できる銀行もあります。少し視野を広げて選んでみましょう。


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント