フクホーの審査は甘い?9名の結果から分析する審査基準:破産5年以内の通過例も

    フクホーの審査は甘い?9名の結果から分析する審査基準:破産5年以内の通過例も

    「ボーナスが出るまで経済的に一時しのぎをしたいが、破産歴のせいで大手は利用できない。
    フクホーという業者なら、ブラックでも借りられるらしいと聞いたけれど…?」

    いわゆる「ブラック対応」の中小業者の中でも知名度の高い「フクホー」。大阪府に店舗を構える会社ですが、遠方からの郵送契約も可能です。

    さて、こういった業者への申込を検討されている方の関心は「どれくらい審査が甘いのか」に集約されることだろうと思いますが……。
    結論から言うとフクホー、かなり審査は柔軟なようで、今回のアンケート調査では「5年以内に自己破産を行ったが審査に通れた」という報告も確認できました。

    今回は実際に「フクホー」へ申し込んだ9名の方へアンケート調査を実施。その審査傾向を分析しました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが「フクホー」での審査結果に期待を抱けるか否かが分かります。

    事前にチェック!申込み条件

    フクホーの申込み条件は以下の通りです。

    ■他社のご返済が現在延滞中や過去のお借入れを放置されている方
    自営業主、会社役員、現在お仕事をされていない方
    ■健康保険証をお持ちでない方
    ■20歳未満66歳以上の方
    ■ご本人以外からのお申込み(他人名義でのお借入れ)

    (フクホー公式HPより引用)

    自営業者に厳しく対応する中小業者は多いものの、フクホーの場合は申込みすら受け付けていませんのでご注意ください。

    また、フクホーの取り扱う商品は多くの中小業者と同様「証書貸付(フリーローン)」方式(1度借りたら返済のみを行うもの)であり、カードローン(限度額の範囲で何度でも借りられるもの)とは異なります。

    9名の「フクホー」審査結果

    9名の「フクホー」審査結果
    それでは早速、実際の「フクホー」審査結果報告を見てみましょう。
    年収順に並べさせていただきましたので、あなたに近い属性の方も見つけやすいかと思います。

    ★スペースの都合上掲載していませんが、いずれもアンケート回答の際に「申込みの事実を証明できる画像」(審査結果メールのスクリーンショット、契約書の写真など)を提出頂いています。
    情報の信憑性は高いと見て良いでしょう。

    「フクホー」申込み者9名の審査結果一覧
    属性審査結果
    • 年収200万円
    • 契約社員(3年)
    • 5年以内に債務整理
    可決
    15万円
    • 年収200万円
    • 会社員(3年)
    • 他社借入10万円(プロミス)
    • 2年以内に各種後払いを1ヶ月程度延滞
    可決
    15万円
    • 年収230万円
    • 会社員(7年)
    • 他社借入2社計40万円(レイク、アプラス)
    • 5年以上前に自己破産
    可決
    9万9000円
    • 年収350万円
    • 会社員(3年)
    • 他社借入2社計60万円(AZ、スペース)
    • 5年以内に自己破産
    可決
    20万円
    • 年収550万円
    • 会社員(30万円)
    • 他社借入150万円(じぶん銀行)
    • 5年以上前に個人再生
    可決
    30万円
    • 年収310万円
    • 契約社員(5年)
    • 任意整理の手続き中、債務100万円程度
    否決
    • 年収330万円
    • 会社員(2ヶ月)
    • 5年以内に自己破産
    否決
    • 年収350万円
    • 自営業(2年)
      そもそもフクホーは自営業者の申込みを受け付けていない
    • 他社借入50万円(アコム)
    • 2年以内に各種後払いを1ヶ月程度延滞
    否決
    • 年収450万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入100万円(三井住友銀行)
    • 5年以内に各種後払いを2ヶ月以上延滞
    否決

    今回アンケートにご協力下さった9名のうち、

    • 可決者は5名
    • 否決者は4名

    という結果になりました。

    属性が同じであれば必ず審査結果が同じになる、というわけではありませんが……。
    あなたに近い状況にある方の可否は、申込みを行う上で大きな参考になるかと思います。

    審査結果から分析する、「フクホー」の審査傾向

    審査結果から分析する、「フクホー」の審査傾向
    ここからは上に紹介したアンケート回答から、「フクホー」の審査傾向を分析していきましょう。

    ①ピックアップ!「自己破産から5年以内+他社借入2件」での通過例

    今回の調査の中で、特に目を引くのが「自己破産から5年以内+他社借入2件」という属性で審査に通過されたAさんの回答。せっかくですから詳しく紹介させて頂きましょう。

    フクホー申込経験者Aさんの、申込を証明する添付画像とアンケート回答

    ▲▼フクホー申込経験者Aさんの、申込を証明する添付画像とアンケート回答

    口コミ

    • 年代:30代
    • 職業:会社員(3年)
    • 年収:350万円

    属性
    • 30代、配偶者と子供あり
    • 年収350万円
    • 会社員(3年)
    • 他社借入2社計60万円
      AZ 10万円、スペース 50万円
    • 5年以内に自己破産
    借入までの所要時間2日間
    (ネット申込み+店舗契約)
    契約内容金利18%、融資額20万円
    提出した書類
    • 源泉徴収票
    • 健康保険証
    • 免許証
    • 給与明細2ヶ月分
    • 住民票
    感想など過去に金融事故を起こしているのでそこが一番不安でしたが、独自の審査と現在の返済能力を考慮していただき可決に至りました。

    過去に金融事故を起こした方でも、中小の消費者金融は現在の返済能力を見て借入ができるとおもいました。
    大手や銀行カードローンではまず無理だと思いますのでどうしても借入がしたい方は中小の消費者金融に申し込んでみると良いと思います。

    備考
    • 申込み確認の際、実家の住所や兄弟の連絡を尋ねられた
    • フクホーの前にセントラルで審査落ち

    「5年以内の自己破産歴」は一般に、ブラック入り条件の中でも最も重いものと見なされます。

    ブラックOKと言われる中小消費者金融会社の中でも、5年以内の破産者を問答無用で否決とするところは少なくありません。実際、この方もフクホーの前に「セントラル」で否決連絡を受けていますね。

    そんな中、このAさんは「フクホー」の審査に通過。プラスポイントと見なされたのは、やはりその安定した生活基盤でしょうか。

    何にせよ、返済能力さえ認められれば破産から5年以内であっても「フクホー」の審査に通過できるのは確かなようです。

    ★ちなみにAさんが「フクホー」以前に利用された「AZ」「スペース」も、破産から5年以内の方の審査通過が複数確認されています。

    ②一方、破産5年以内での審査落ち報告も…

    自己破産の免責が下りて5年を待たず、「フクホー」の審査に通過されたAさん。
    …その一方で今回の調査結果には、Aさんと同じく「自己破産から5年以内」でありながら審査に落ちてしまったBさんの存在がありました。

    明暗が分かれた2名の属性
    可決
    (20万円)
    • 30代、既婚、子供あり
    • 年収350万円
    • 会社員(3年)
    • 他社借入2社計60万円
      (AZ、スペース)
    • 5年以内に自己破産
    否決
    • 30代、単身
    • 年収330万円
    • 会社員(2ヶ月)
    • 5年以内に自己破産

    属性自体にそこまで大きな違いはありません。むしろ他社借入が無い、という点では審査に落ちてしまったBさんの方が優れています。

    この限られた情報の中から無理に明暗を分けた理由を見出そうとするなら、最も大きいと思われるのはやはり「勤続年数」、次いで「単身かそうでないか」でしょうか。

    中小消費者金融会社は、申し込み・契約にあたって年収確認書類を要求することが多いです。

    「今の勤務先での源泉徴収票を用意できない」状況にある場合、フクホーに限らず多くの中小業者の審査は不利に進みやすいと考えて差し支えないでしょう。

    審査に通過されたAさんの勤続年数も3年とさほど長いわけではありませんが……。
    勤続年数の短さによる信用の低さを考えると、Bさんの「この職場で働き始めて2ヶ月」という点はやはり厳しいと言わざるを得ません。自己破産経験者であれば尚更ですね。

    AさんとBさんの審査結果を比べてみると、フクホーは「他社借入」「信用情報」よりも、「生活基盤の安定性」を重視していると見て良いでしょう。

    …とは言え勤続年数や家族構成をすぐにどうこうすることは出来ませんので、傍から見て安定を欠くと見なされやすい状況にあっても、「ダメもとで申込む」ことは十分選択肢に入るかと思います。

    ③「任意整理手続き中」「多額の債務あり+ブラック」のでの通過はやはり難しいか

    上に挙げたBさんと、そもそも申し込み要件を満たしていない自営業者の方を除外した「審査落ち」例は以下の2つです。

    フクホーの審査に落ちてしまった方の属性
    属性審査結果
    • 年収310万円
    • 契約社員(5年)
    • 任意整理の手続き中、債務100万円程度
    否決
    • 年収450万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入100万円(三井住友銀行)
    • 5年以内に各種後払いを2ヶ月以上延滞
    否決

    「任意整理の手続き中」というのは、審査落ち理由として分かりやすいですね。
    さすがに司法書士や弁護士といった方を通しての和解相談真っただ中に、お金を貸してくれる業者はかなり稀かと思います。

    一方で気になるのは、延滞によるブラック状態でこそあるものの年収も十分(450万円)な方の審査落ち。
    似た属性の方の通過例がありましたので比べてみると、以下のようになりました。

    明暗が分かれた2名の属性
    可決
    (30万円)
    • 年収550万円
    • 会社員(30万円)
    • 他社借入150万円(じぶん銀行)
    • 5年以上前に個人再生
      ┗フクホーの審査では加味されない(後述)
    否決
    • 年収450万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入100万円(三井住友銀行)
    • 5年以内に各種後払いを2ヶ月以上延滞

    同じ100万円単位の他社借入を抱えているにもかかわらず、明暗が分かれた理由は単純に、「ブラック状態かそうでないか」でしょうか。もしかすると勤続年数の差も関わっているかもしれません。

    多額の他社借入を補って余りある返済能力があればその限りでないかもしれませんが……。
    基本的にフクホーにおいて、「ブラック状態+多額の他社借入あり」という状況での審査通過は難しいと考えて良いでしょう。

    フクホーは官報情報を閲覧していない

    自己破産や個人再生の記録は、主に消費者金融が加盟する個人信用情報機関「JICC」に5年間残ります。逆に言うと、免責から5年が経てば、個人信用情報を見ても破産歴は確認できないわけですね。

    プロミス等の大手は、自己破産から5年以上が経過した方をも弾くよう、「官報情報を取得する」と公式HPに明記しており、実際に5年以上前の自己破産が理由としか思えない審査落ち報告も上がっているのですが……。

    「フクホー」を含む多くの中小業者の利用規約に、官報情報を閲覧するという記載は見られません

    個人情報保護法により第三者から情報を獲得する際にはその旨の同意を得る必要があるはずですから、記載がないということはそのまま官報情報を見ていない、つまり「5年以上が経過した自己破産・個人再生情報は審査落ちの理由にならない」と言ってしまって良いでしょう。
    (もちろん直接尋ねられた場合などは別ですが)

    やはりフクホーHP内に「官報」の文字は存在しないようでした

    ▲念のためサイト内検索を掛けてみましたが、やはりフクホーHP内に「官報」の文字は存在しないようでした。

    ★ただし「信用情報がまっさら、あるいは明らかな空白期間がある」といったように、間接的に「何かあったな」と判断されてしまうことは十分に考えられます。5年以上前の自己破産・個人再生歴が、100%審査に影響しないとまでは言えません

    ★ちなみに大手業者の中においては「レイクALSA」のみが例外的に、官報情報を取得していないようです。

    「フクホー」の審査通過に期待を抱けそうなら(あるいはダメ元での申込みを決めたなら)、その契約の流れを見てみましょう。
    申し込み方法は

    • インターネット
    • 来店
    • 電話

    の3種類がありますが、即日融資を希望しているのでなければ基本的にはインターネットからの申込がおすすめです。

    「フクホー」契約の流れ

    インターネットから申し込み
    電話による申込確認が入る可能性が高い
    メールまたは電話による(一次)審査結果連絡
    契約書類の受け取り方法確認など
    (最短即日~3営業日)

    郵送、来店、またはセブンイレブンのマルチコピー機を使い
    契約書類の受け取り
    契約書類に記入、必要書類を添えて返送
    (来店の場合はその場で提出)
    担当者が書類を確認し、
    次の案内のための電話を入れた後在籍確認を実施
    フクホー側で承認(二次審査通過)
    融資実行
    (ここまで来店なしの場合、1週間~)

    ※申し込み~契約すべてを店舗で済ませることも可能です。

    フクホーとの契約に必要な書類

    • 本人確認書類(運転免許証、保険証など)
    • 収入証明書類(源泉徴収票、給与明細書など)
    • 住民票の写し(本籍地が記載されているもの)
    • その他、審査の過程で必要と判断されたもの(個別連絡あり)

    大阪府内の店舗に出向けない場合、契約までには最短でも1週間ほどの時間が掛かるとのこと。あらかじめご承知おきください。

    また契約の際には「住民票の写し」の提出を求められます。
    マイナンバーカード、または住民基本台帳カードがあればコンビニでの交付
    も可能ですが、これをお持ちでない場合には市区町村役所に出向く必要があるでしょう。

    「フクホー」との契約の流れについて詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK重度ブラックでも審査通過!「フクホー」総まとめと知っておきたいデメリット

    ★「フクホー」店舗所在地は以下の通りです。

    • 大阪府大阪市浪速区難波中3丁目9番5号 フクホービル1F(営業時間:平日9時~18時)

    店舗への来店が可能であれば、即日融資も十分に狙えます。
    お近くにお住まい、かつお急ぎの場合にはこちらの方法もご検討ください。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 今回の調査結果で分かった「フクホー」の審査傾向は以下の通り。
      • 返済能力さえ認められれば、自己破産から5年以内という重度ブラックでも審査通過が可能
      • 審査の上では他社借入(もちろん程度によるが)や信用情報よりも、「生活基盤の安定性」が重視される傾向が見られる
      • 「ブラック+100万円単位の他社借入あり」という属性での審査通過は厳しめ
      • 5年以上前の個人再生や自己破産はほぼ審査に影響しない
    • 大阪の店舗に出向けない場合、申込み~契約までには時間が掛かりやすい。
      また契約の際には「住民票の写し」が必要となるため注意

    破産5年以内での審査通過が確認されていることから、一般の中小消費者金融に比べ柔軟な審査を行っていると分かる「フクホー」。

    もちろん審査に落ちてしまう方も少なくはありませんが、「信用情報に問題はあるものの生活の基盤はしっかりしている」という方にとっては、有力な申し込み先候補の一つとなってくれることでしょう。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    フクホー

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    7.3%~20.0%5万円〜200万円円3営業日以内
    ※遠方の場合
    1週間
    ※遠方の場合
    申込条件
    • 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

    ポイント

    • 返済能力さえ認められれば、ブラックでも審査通過の可能性あり
    • 大阪の店舗に出向けない場合、申込み~契約までには時間が掛かりやすい

    

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい